新しいポートフォリオ分析の作成Creating a new portfolio analysis

概要: Project Web アプリケーションを使用して、プロジェクトポートフォリオの単一分析にプロジェクトポートフォリオ、リソース共有、および優先度設定のメカニズムを統合する方法について説明します。Summary: Learn how to combine the project portfolio, resource pool, and prioritization mechanism into a single analysis of the project portfolio using the Project Web Application.

適用対象: Project Online、Project Server 2016、Project Server 2013Applies to: Project Online, Project Server 2016, Project Server 2013

ポートフォリオ分析は、特定された作業依頼と利用可能なリソースのバランスを取るための構造化手法です。Portfolio analysis is a structured technique to balance identified work requests and available resources. Project Web App (PWA) を使用すると、いくつかの機能でポートフォリオ分析を行うことができます。The Project Web App (PWA) enables portfolio analysis with several features:

  • プロジェクトポートフォリオ定義Project portfolio definition

  • リソース共有元の定義Resource pool definition

  • プロジェクトの優先度設定Project prioritization

これらの機能は、特定のシナリオを作成するために組み合わせることができます。These features may be combined to create specific scenarios. たとえば、1つのシナリオでは、年間の資金調達レベル $2000万が想定されている場合があります。For example, one scenario may assume annual funding levels of $20,000,000. その他のシナリオでは、$1000万の資金調達レベルが想定される場合があります。Other scenarios may assume funding levels of $10,000,000. 一部のシナリオでは、拡張の優先度を設定できます。Some scenarios may prioritize growth. 他のシナリオでは、リスク軽減の優先度を設定できます。Other scenarios may prioritize risk mitigation.

これらのシナリオを評価し、最適なプロジェクトの選択を定義するプロセスは、ポートフォリオ分析と呼ばれます。The process of assessing these scenarios and defining an optimal selection of projects is known as portfolio analysis. ポートフォリオ分析は Project Web アプリケーションの中心的な機能であり、project Online およびサポートされているバージョンの Project Server で利用できます。Portfolio analysis is a core feature in the Project Web Application, and is available in Project Online and supported versions of Project Server.

Project Web アプリケーションでのポートフォリオ分析のサンプル

ポートフォリオ分析の計画Planning for a portfolio analysis

ポートフォリオ分析を開始する前に、次の手順を実行する必要があります。The following steps should be performed before starting a portfolio analysis.

  1. プロジェクトとプロジェクト提案を定義します。Define your projects and project proposals.

  2. これらのプロジェクトの主要なコスト要素 (総コスト、資本費用、運用コストなど) を定義します。Define the key cost elements of these projects (i.e., total cost, capital expense, operational expense, etc.).

  3. オプションこれらのプロジェクトとプロジェクト提案をサポートするために必要な作業を定義します。(Optional) Define the work required to support these projects and project proposals.

  4. オプションプロジェクトポートフォリオを提供するために使用できるリソースのプールを定義します。(Optional) Define the available pool of resources that will be delivering the project portfolio.

  5. ポートフォリオの優先度設定メカニズムを定義します。Define your portfolio prioritization mechanism(s). PWA では、ビジネスドライバーの使用と手動の優先度設定の方法をサポートしています。PWA supports the use of business drivers as well as manual prioritization methods.

ポートフォリオ分析の作成Create a portfolio analysis

分析オプションが表示されているメニューバー

ポートフォリオ分析の作成を開始するには、次の手順を実行します。To get started creating a portfolio analysis:

  1. Project Web App で、左側のナビゲーションメニューの [ ポートフォリオ分析] リンク をクリックします。In the Project Web App, click on Portfolio Analyses Link in the left navigation menu.

  2. [ 新規] ボタン をクリックして、新しい分析を作成します。Click on the New Button to create a new analysis.

  3. 次の表のオプションごとにフィールドに値を設定します。Populate the fields per the options in the table below.

  4. プロジェクトの強制/強制除外オプションを構成します。Configure the project Force-in and Force-out options.

  5. プロジェクトの優先度を割り当てるには、次の画面に移動します。Move to the next screen to assign project priorities.

新しいポートフォリオ分析フォーム

新しいポートフォリオ分析フォームを次のように入力します。Complete the New Portfolio Analysis Form as follows:

アイテムItem NotesNotes
名前Name このポートフォリオ分析のわかりやすい名前を入力します。Type a descriptive name for this portfolio analysis. たとえば、この analysis 2019 マーケティングの予算計画を呼び出すことができます。For example, you can call this analysis 2019 Marketing Budgeting Planning.
説明Description このポートフォリオ分析の説明を入力します。Type a description for this portfolio analysis.
部門Department 省略可能。Optional. 部署を選択すると、その部署に関するユーザー設定フィールドとリソースのみ分析に利用できるようになります。If you select a department, only custom fields and resources for that department will be available for the analysis. 部署を選択しない場合は、すべてのフィールドとリソースが使用可能になります。If you don't select a department, all fields and resources will be available.
優先度設定の種類Prioritization Type プロジェクトの優先度設定にビジネス ドライバー (推奨) とユーザー設定フィールドのどちらを使うかを選択します。Choose whether to use business drivers (recommended) or custom fields to prioritize your projects. [ビジネスドライバー] を選択した場合は、使用する優先度設定をドロップダウンリストから選択します。If you choose business drivers, then choose the prioritization set that you want to use from the drop-down list.
優先度を設定するプロジェクトPrioritize these projects [プロジェクトの選択] をクリックして、このポートフォリオ分析に含めるプロジェクトを選択します。Click Select Projects to choose the projects that you want to include in this portfolio analysis.
分析プライマリ コスト制約Analysis Primary Cost Constraint プロジェクトの全体的な予算に使用するユーザー設定フィールドを選択します。Choose the custom field that you want to use for the project's overall budget.
リソース計画 (オプション)Resource Planning (optional) このポートフォリオ分析にリソース計画を含める場合は、このチェック ボックスをオンにします。リソース計画が機能するには、プロジェクトにリソース割り当てが含まれている必要があります。Select this check box if you want to include resource planning in this portfolio analysis. Your projects must include resource assignments for this to work.
プロジェクトの ""強制的に選択"" オプションと ""強制的に除外"" オプションのエイリアスAlias project Force-in and Force-out options このセクションのオプションを使用して、強制入力/出力オプションをカスタマイズします。Use the options in this section to customize force in/out options.

ポートフォリオ分析フォームのリソース計画オプション

[リソース計画] オプションがオンになっている場合、フォームは次のフィールドで展開されます。If the Resource Planning option is checked, the form will expand with the following fields:

アイテムItem NotesNotes
計画期間と計画粒度Planning Horizon and Granularity リソース スケジュール情報をポートフォリオ分析で利用できる期間の日付範囲を選択します。Choose the date range for which resource scheduling information will be available for the portfolio analysis.
リソースの役割のユーザー設定フィールドResource role custom field リソースの役割を定義するユーザー設定フィールドを選択します。Choose the custom field that defines the resource's role.
リソースのフィルター処理Resource filtering このポートフォリオ分析に使用できるリソースを部署または RBS 値でフィルター処理する場合に指定します。Specify if you want to filter the resources that are available to this portfolio analysis by department or RBS value.
分析外のプロジェクトに対するリソース利用可能時間の影響Resource capacity impact for projects outside the analysis このポートフォリオでのリソース利用可能時間に影響する仮予約の割り当てが必要な場合に選択します。Choose if you want proposed assignments to affect resource availability in this portfolio.
プロジェクトの開始日と終了日Project start and finish dates プロジェクトの開始日と終了日にプロジェクト スケジュールを使用するか、それともユーザー設定フィールドを使用するかを選択します。Choose if you want to use the project schedule for project start and finish dates, or custom fields.

強制/強制のエイリアスの定義Defining force-in and force-out aliases

このプロセスの後半では、プロジェクトをポートフォリオ分析の対象にすることができます。Later in this process, you will be able to force projects into and out of the portfolio analysis. たとえば、組織では、新しく定義された規制要件を満たすためにプロジェクトが必要であると判断する場合があります。For example, an organization may decide that a project is required to meet newly defined regulatory requirements. この組織では、プロジェクトがポートフォリオに「強制的に」表示されることがあります。That organization may "force in" the project into the portfolio. シナリオの制約に関係なく、プロジェクトが選択されます。Regardless of scenario constraints that project will be selected.

強制インおよび強制アウトオプション

同様に、組織は、ポートフォリオからプロジェクトを "強制アウト" することもできます。Similarly, the organization may also "force out" projects from the portfolio. たとえば、重役は、このプロジェクトを現在の年間計画の一部として実行しないことを宣言しています。For example, an executive has declared that we will not do this project as part of the current annual planning. その後、プロジェクトを強制的に実行します。We would then force out the project.

組織は、これらの強制/強制アウトオプションのフレンドリ名を定義することができます。Organizations may define friendly names for these force in/force out options. たとえば、組織では "force in" を「法令遵守、経営幹部の選択など」という名前に変更することができます。For example, an organization may rename "force in" as "regulatory compliance, executive selection, etc."

強制/強制除外オプションの名前を変更するには、ユーザーは新しい値を使用してルックアップテーブルを作成する必要があります。To rename force in/force out options, the user will need to create a look up table with the new values. その参照テーブルは、ポートフォリオ分析の作成時に [強制] および [強制アウト] オプションに割り当てられる場合があります。That lookup table may be assigned to the Force In and Force Out options upon creation of the portfolio analysis.

プロジェクトの優先度設定Prioritize projects

ポートフォリオ分析の作成時にビジネスドライバーの優先度設定が選択された場合、選択された各ビジネスドライバーに対して選択されたすべてのプロジェクトがこの画面に表示されます。If business driver prioritization was selected when the portfolio analysis was created, this screen will display all of the selected projects against each of the selected business drivers. 一部のプロジェクトは、既にビジネスドライバーにマッピングされている場合があります。Some projects may have already been mapped to business drivers. この画面を使用して、各プロジェクトが適切にマップされたことを確認できます。You can use this screen to confirm that each project has been mapped appropriately.

ビジネスドライバーの優先順位付けマップ

各プロジェクトが少なくとも1つのビジネスドライバーに一致していることを確認するために、各行を視覚的にスキャンします。Visually scan each row to confirm that each project is aligned with at least one business driver. 各列をスキャンして、各ビジネスドライバーが適切に表現されていることを確認してください。Scan each column to confirm visually that each business driver is represented appropriately:

  • プロジェクトに配置されていないドライバーはありません。No driver is not aligned to a project.

  • すべてのプロジェクトは1つのドライバーにのみ配置されます (つまり、ドライバーが表示されます)。All projects are only aligned to a single driver (i.e., the driver is overrepresented).

各プロジェクトは、次のオプションに従ってドライバーにマップできます。Each project may be mapped to a driver according to the following options:

  • 評価なし (マッピングなし)No rating (no mapping)

  • なしNone

  • Low

  • Moderate

  • ストロングStrong

  • 極度Extreme

この手順では、分析内の各プロジェクトの相対的な優先度を計算します。This step will calculate the relative priority of each of the projects within the analysis.

優先度を確認するReview priorities

プロジェクトは、計算された優先度の順序で表示されるようになります。The projects are now displayed in the order of the calculated priority. ポートフォリオの全体的な値は、100% として計算されます。The overall value of the portfolio is calculated as 100%. 各プロジェクトは、100% のポートフォリオ値の比率を表します。Each of the projects represent a fraction of the 100% portfolio value.

プロジェクト名と優先度の割合のサンプルテーブル名

ポートフォリオ分析プロセスは、利用可能な財務およびリソース投資に対して、配信できる最大値を決定するのに役立ちます。The portfolio analysis process will help you determine the maximum value that can be delivered for the available financial and resource investments.

ポートフォリオのコストを分析する準備ができました。You are now ready to analyze the portfolio cost.

ポートフォリオ分析ウィザードのページ間を移動して、ポートフォリオ分析を作成したときに選択した設定を変更するには、[分析] リボンの [ 移動 ] セクションのコントロールを使用します。Use the controls in the Navigate section of the Analysis ribbon to move between the pages of the portfolio analysis wizard and change the settings that you chose when you created the portfolio analysis.

ナビゲーションオプションのスクリーンショット

コントロールControl 説明Description
プロパティの定義Define Properties [プロパティの定義] をクリックすると、新しいポートフォリオ分析ウィザードの先頭ページに移動します。このページで、ドライバーの優先度設定、選択済みのプロジェクト、プライマリ コスト制約などの設定を変更できます。Clicking Define Properties takes you to the first page of the new portfolio analysis wizard, where you can change settings including the driver prioritization, the selected projects, and the primary cost constraint.
プロジェクトの優先度設定Prioritize Projects [プロジェクトの優先度設定] をクリックすると、新しいポートフォリオ分析ウィザードのプロジェクトの優先度設定ページに移動します。このページで、ポートフォリオ内のプロジェクトに関するビジネス ドライバーの設定を変更できます。Clicking Prioritize Projects takes you to the project prioritization page of the new portfolio analysis wizard, where you can change any of the business driver settings for the projects in the portfolio.
優先度の確認Review Priorities [優先度の確認] をクリックすると、このポートフォリオ内のプロジェクトの優先度の一覧に移動します。この一覧で、ビジネス ドライバーの設定に基づいたポートフォリオ内のプロジェクトの優先度の設定内容を確認できます。Clicking Review Priorities takes you to the priority list for the projects in this portfolio, where you can see how the projects in the portfolio have been prioritized based on the business driver settings.
コストの分析Analyze Cost [コストの分析] をクリックすると、コストの分析ページに移動し、リボンの [ポートフォリオ選択] セクションと [プロジェクト] セクションが有効になります。このページで、プロジェクトやコストのオプションを分析して、投資に対して最高の収益を得ることができます。Clicking Analyze Cost takes you to the cost analysis page and enables the Portfolio Selection and Projects sections of the ribbon, where you can analyze project and cost options to get the best return on your investment.
リソースの分析Analyze Resources [リソースの分析] をクリックすると、リソースの分析ページに移動します。このボタンは、[タイムフェーズ プロジェクトのリソース要件を、組織のリソース最大利用可能時間と比較して分析する] オプションを選択した場合のみ利用できます。Clicking Analyze Resources takes you to the resource analysis page. This button is available if you chose the Analyze time-phased project resource requirements against organizational resource capacity option.

これで、ポートフォリオシナリオの評価を開始する準備が整いました。You are now ready to begin assessing portfolio scenarios.