時間とタスクの進捗状況を記録するためのポリシーを設定するSet up policies for capturing time and task progress

Project Web App で時間とタスクの進捗状況に使用できる標準の設定の一部に加えて、組織がどのように機能するかを微調整できる、より詳細なポリシーもあります。In addition to some of the standard settings available for time and task progress in Project Web App, there are also some more granular policies that let you fine-tune how your organization will work.

組織に適した設定を選択するときには、変更する必要がある2つの点が異なります。When choosing the right settings for your organization, there are two different spots where you'll need to make changes. 最初に、設定  設定アイコン > PWA 設定に進みます。Start by going to SettingsSettings icon > PWA Settings.

そこから、一部の設定は [ タイムシートの設定および既定値] の下に表示されます。From there, some of the settings will be under Timesheet Settings and Defaults.

タイムシートの設定および既定値

その他の設定は 、[タスクの設定と表示] の下にあります。Other settings will be under Task Settings and Display.

タスクの設定および表示

ポリシーPolicies 設定する場所Where to set them 設定対象What to set
チームメンバーは、超過時間と支払い対象外の時間を送信できますか。Can team members submit overtime and non-billable time?
タイムシートの設定および既定値Timesheet Settings and Defaults
[ Project Web App 表示] で、[ タイムシートは標準の超過時間と支払い対象外時間管理を使用 する] チェックボックスをオンにします。Under Project Web App Display, select the The timesheet will use standard Overtime and Non-Billable time tracking check box.
タイムシートは、標準の超過時間と支払い対象外の時間管理を使用します。The timesheet will use standard Overtime and Non-Billable time tracking
報告される時間数の制限を取得しましたか?Got limits on how much time can be reported?
タイムシートの設定および既定値Timesheet Settings and Defaults
会計システム、顧客、またはその他の内部要因によって、報告される時間の割合に関するポリシーが必要になることがあります。Accounting systems, customers, or other internal factors may require that you have policies around how much time can be reported.
時間単位のレポートの制限では、タイムシートあたりの最大時間タイムシートの最小時間、1日の最大時間を設定できます。Under Hourly Reporting Limits, you can set Maximum Hours per Timesheet, Minimum Hours per Timesheet, and Maximum Hours per Day.
時間管理のデータ入力の制限Time tracking data entry limits
チームメンバーが事前に作業を報告できるかどうか。Can team members report work ahead of time?
タイムシートの設定および既定値Timesheet Settings and Defaults
既定では、チームメンバーは、将来の期間について実績作業時間を送信できません。By default, team members can't submit actual work for future time periods. 組織で実際に発生するまでの時間を報告できる場合は、[タイムシートポリシー] の下にある [今後の時間報告を許可する] チェックボックスをオンにします。If your organization is okay with reporting hours before they actually happen, select the Allow future time reporting check box, under Timesheet Policies.
今後の時間レポートを許可するAllow future time reporting
チームメンバーは、最上位レベルのサマリータスクに対して時間を報告することができますか。Can team members report time against top-level summary tasks?
タイムシートの設定および既定値Timesheet Settings and Defaults
Project Web App では、タスクを他のタスクの下にインデントすることができます。また、インデントされたタスクに対して行った作業は、その領域で行われたすべての作業を要約するために、最上位レベルのタスクにロールアップされます。In Project Web App, tasks can be indented below other tasks, and the work done on the indented tasks will roll up to the top-level task to summarize all of the work done in that area. たとえば、タスクリストは次のようになります。For example, your task list might look like this:
ホワイトペーパーを作成するProduce white paper
リサーチの件名Research subject
コンテンツの書き込みWrite content
コンテンツをレビューするReview content
フィードバックの組み込みIncorporate feedback
コンテンツの発行Publish content
通常、チームメンバーは、インデントされたタスクの作業時間を報告します。これらの時間は、最上位レベルのサマリータスク ("ホワイトペーパー") にロールアップします。Typically, team members report work on the indented tasks, and those hours roll up to the top-level summary task ("Produce white paper"). ただし、一部の組織では、チームメンバーがサマリータスクに費やした時間を報告できるようにすることをお勧めします。However, in some organizations, it might make sense to allow team members to report time spent on the summary task, too.
チームメンバーがサマリータスクに費やした時間を報告できるようにする場合は、[タイムシートポリシー] の下にある [トップレベルの時間報告を許可する] チェックボックスをオンにします。If you want team members to be able to report time spent on summary tasks, select the Allow top-level time reporting check box, under Timesheet Policies.
トップレベルの時間レポートを許可するAllow top-level time reporting
プロジェクト管理者が実際の時間を変更したくない場合Don't want project managers changing actual hours?
タスクの設定および表示Task Settings and Display
[ ユーザーの更新を保護する] で、[タスク とタイムシートを使用してタスクの更新のみを許可する] を選択します。Under Protect User Updates, choose Only allow task updates via Tasks and Timesheets.
タスクとタイムシートを使用してタスクの更新のみを許可するOnly allow task updates via Tasks and Timesheets
タイムシートからタスクの進捗状況にコピーされるすべての種類の作業時間を希望していますか?Want all types of work copied from timesheets to task progress?
タスクの設定および表示Task Settings and Display
チームメンバーは、自分のタスクの進捗状況にタイムシートの時間をインポートして、完了した作業の量についての情報を得ることができます。Team members can import their timesheet hours into their task progress, to get a jump on filling out how much work they've finished. 既定では、標準の行の 分類 (タイムシートの [ 請求カテゴリ] 列) を使用する作業のみがインポートされます。By default, only work that uses the standard line classification (in the Billing Category column of a timesheet) will be imported.
チームメンバーがタイムシートをインポートするときに、すべてのカテゴリのすべての作業をタスクの進捗状況にコピーする場合は、[ユーザーによる更新を保護する] の下にある [すべてのタイムシート行の分類をインポートする] チェックボックスをオンにします。If you want all work across all categories to be copied to task progress when a team member imports a timesheet, select the Import all timesheet line classifications check box, under Protect User Updates.
すべてのタイムシート行の分類をインポートするImport all timesheet line classifications
チームメンバーは、タスクの進捗状況レポートの時間枠を設定できますか?Can team members set the time frame for a task progress report?
タスクの設定および表示Task Settings and Display
タスクの進捗状況はタイムシートとは異なり、特定の会計期間を必ずしも反映する必要はありません。Task progress is different from timesheets, in that it doesn't necessarily need to reflect a specific accounting period. チームメンバーがタスクの進捗状況を報告する日付を選択できるようにする場合は、[ユーザーによる更新を保護する] の [タスクの更新に対してユーザー設定の期間を定義できるようにする] チェックボックスをオンにします。If you want team members to be able to choose what dates they're reporting task progress for, select the Allow users to define custom periods for task updates check box, under Protect User Updates.
ユーザーがタスク更新のカスタム期間を定義できるようにするAllow users to define custom periods for task updates