Python 用 Azure ネットワーク ライブラリAzure Network libraries for python

概要Overview

Azure Virtual Network を使用して、Azure リソースに接続できます。また、それらのリソースをオンプレミスのネットワークに接続することもできます。Azure Virtual Network allows you to connect Azure resources, and also connect them to your on-premises network.

Azure Virtual Network の概要については、「最初の仮想ネットワークの作成」を参照してください。To get started with Azure Virtual Network, see Create your first virtual network.

管理 APIManagement APIs

Management API を使用して、Azure 仮想ネットワークを検査、管理、構成します。Inspect, manage, and configure Azure virtual networks with the management APIs.

他の Azure Python API とは異なり、ネットワーク API は個別のパッケージに明示的にバージョン管理されています。Unlike other Azure python APIs, the networking APIs are explicitly versioned into separage packages. パッケージ情報はクライアント コンストラクターで指定されているため、これらのパッケージを個別にインポートする必要はありません。You do not need to import them individually since the package information is specified in the client constructor.

pip を使用して管理パッケージをインストールします。Install the management package with pip.

pip install azure-mgmt-network

Example

仮想ネットワークと関連するサブネットを作成します。Create a virtual network and an associated subnet.

from azure.mgmt.network import NetworkManagementClient

GROUP_NAME = 'resource-group'
VNET_NAME = 'your-vnet-identifier'
LOCATION = 'region'
SUBNET_NAME = 'your-subnet-identifier'

network_client = NetworkManagementClient(credentials, 'your-subscription-id')

async_vnet_creation = network_client.virtual_networks.create_or_update(
    GROUP_NAME,
    VNET_NAME,
    {
        'location': LOCATION,
        'address_space': {
            'address_prefixes': ['10.0.0.0/16']
        }
    }
)
async_vnet_creation.wait()

# Create Subnet
async_subnet_creation = network_client.subnets.create_or_update(
    GROUP_NAME,
    VNET_NAME,
    SUBNET_NAME,
    {'address_prefix': '10.0.0.0/24'}
)
subnet_info = async_subnet_creation.result()

サンプルSamples

Azure Virtual Network のサンプルの完全な一覧を表示します。View the complete list of Azure Virtual Network samples.