Python 用 Azure Storage ライブラリAzure Storage libraries for Python

概要Overview

Python コードから管理ライブラリを使って、Azure Storage アカウントの作成、更新、管理のほか、アクセス キーの照会と再生成を行うことができます。Create, update, and manage Azure Storage accounts and query and regenerate access keys from your Python code with the management libraries.

ライブラリをインストールするInstall the libraries

クライアントClient

Azure Storage クライアント ライブラリは、Blob、File、Queue、Table の 4 つのパッケージで構成されます。Azure Storage Client Libraries consist of 4 packages: Blob, File, Queue and Table. Blob パッケージをインストールするには、次のコマンドを実行します。To install the blob package, run:

pip install azure-storage-blob

管理Management

pip install azure-mgmt-storage

Example

from azure.storage.blob import BlockBlobService

blob_service = BlockBlobService(account_name, account_key)

blob_service.create_container(
    'mycontainername',
    public_access=PublicAccess.Blob
)

blob_service.create_blob_from_bytes(
    'mycontainername',
    'myblobname',
    b'<center><h1>Hello World!</h1></center>',
    content_settings=ContentSettings('text/html')
)

print(blob_service.make_blob_url('mycontainername', 'myblobname'))

サンプルSamples

Python で Azure Blob Storage を使用するGet started with Azure Blob Storage in Python Azure Storage 内のファイルとオブジェクトの作成、読み取り、更新、制限付きアクセス、削除を行います。Create, read, update, restrict access, and delete files and objects in Azure Storage.
Python で Azure Queue Storage を使用するGet started with Azure Queue Storage in Python Azure Storage キューからのメッセージの挿入、ピーク、取得、削除を行います。Insert, peek, retrieve and delete messages from Azure Storage queues.
Azure Storage アカウントを管理するManage Azure Storage accounts ストレージ アカウントの作成、更新、削除を行います。Create, update , and delete storage accounts. ストレージ アカウント アクセス キーを取得および再生成します。Retrieve and regenerate storage account access keys.

アプリで使用できるその他のサンプル Python コードも参照してください。Explore more sample Python code you can use in your apps.