Q# を使った量子の基本Quantum basics with Q#

このクイックスタートでは、量子ビットの操作および測定を行い、重ね合わせともつれの効果を示す、Q# プログラムの作成方法を説明します。In this Quickstart, we show you how to write a Q# program that manipulates and measures qubits and demonstrates the effects of superposition and entanglement. このガイドでは、QDK をインストールし、プログラムをビルドして、そのプログラムを量子シミュレーターで実行する方法を示します。This guides you on installing the QDK, building the program and executing that program on a quantum simulator.

量子のもつれを示すため、Bell というアプリケーションを記述します。You will write an application called Bell to demonstrate quantum entanglement. Bell という名前は、ベル状態を表しています。これは、量子の重ね合わせともつれの最も簡単な例を表すために使用される、2 つの量子ビットの特定の量子の状態です。The name Bell is in reference to Bell states, which are specific quantum states of two qubits that are used to represent the simplest examples of superposition and quantum entanglement.

前提条件Pre-requisites

コーディングを開始する準備ができたら、続行する前に次の手順を実行してください。If you are ready to start coding, follow these steps before proceeding:

  • 任意の言語および開発環境を使用して、Quantum Development Kit をインストールするInstall the Quantum Development Kit using your preferred language and development environment
  • 既に QDK をインストールしている場合は、バージョンが最新であることを確認するIf you already have the QDK installed, make sure you have updated to the latest version

QDK をインストールしなくても、説明を読み進めることで Q# プログラミング言語の概要と量子コンピューティングの最初の概念を理解することができます。You can also follow along with the narrative without installing the QDK, reviewing the overviews of the Q# programming language and the first concepts of quantum computing.

Q# を使った量子ビットの動作のデモDemonstrating qubit behavior with Q#

簡単な量子ビットの定義を思い出してください。Recall our simple definition of a qubit. 従来のビットでは単一のバイナリ値 (0、1 など) が保持されるのに対し、量子ビットの状態は同時に 0 と 1 の重ね合わせになることができます。Where classical bits hold a single binary value such as a 0 or 1, the state of a qubit can be in a superposition of 0 and 1 simultaneously. 概念的には、量子ビットは空間内の方向 (ベクトルとも呼ばれます) と考えられます。Conceptually, a qubit can be thought of as a direction in space (also known as a vector). 量子ビットは、任意の方向にすることができます。A qubit can be in any of the possible directions. 2 つの従来の状態とは、0 を測定する確率が 100% になる方向と、1 を測定する確率が 100% になる方向のことです。The two classical states are the two directions; representing 100% chance of measuring 0 and 100% chance of measuring 1. この表現は、ブロッホ球によってより正式に視覚化されます。This representation is also more formally visualized by the bloch sphere.

測定の動作により、2 進法の結果が生成され、量子ビットの状態が変わります。The act of measurement produces a binary result and changes a qubit state. 測定では、0 または 1 のバイナリ値が生成されます。Measurement produces a binary value, either 0 or 1. 量子ビットは重ね合わせ (あらゆる方向にある) の状態から古典的状態のいずれかになります。The qubit goes from being in superposition (any direction) to one of the classical states. その後、介在する操作なしで同じ測定を繰り返すと、同じ 2 進数の結果が生成されます。Thereafter, repeating the same measurement without any intervening operations produces the same binary result.

複数の量子ビットはもつれさせることができます。Multiple qubits can be entangled. もつれのある 1 つの量子ビットを測定すると、もう一方の量子ビットの状態に関する知識も更新されます。When we make a measurement of one entangled qubit, our knowledge of the state of the other(s) is updated as well.

これで、Q# がこの動作を表現する方法を説明できるようになりました。Now, we're ready to demonstrate how Q# expresses this behavior. 考えられる最も単純なプログラムから始め、量子の重ね合わせと量子のもつれを表すように構築します。You start with the simplest program possible and build it up to demonstrate quantum superposition and quantum entanglement.

セットアップSetup

Microsoft の Quantum Development Kit を使用して開発されたアプリケーションは、次の 2 つの部分で構成されます。Applications developed with Microsoft's Quantum Development Kit consist of two parts:

  1. 1 つ以上の量子アルゴリズム。Q# 量子プログラミング言語を使用して実装します。One or more quantum algorithms, implemented using the Q# quantum programming language.
  2. ホストプログラム。Python や C# などのプログラミング言語で実装します。メイン エントリ ポイントとして機能し、Q# 操作を呼び出して量子アルゴリズムを実行します。A host program, implemented in a programming language like Python or C# that serves as the main entry point and invokes Q# operations to execute a quantum algorithm.
  1. アプリケーションを格納する場所を選択します。Choose a location for your application

  2. Bell.qsという名前でファイルを作成します。Create a file called Bell.qs. このファイルには、Q# コードが含まれます。This file will contain your Q# code.

  3. host.pyという名前でファイルを作成します。Create a file called host.py. このファイルには、Python ホスト コードが含まれます。This file will contain your Python host code.

Q# 操作を記述するWrite a Q# operation

私たちの目標は、Q# を使って量子ビットを操作してその状態を変更するための、特定の量子の状態にある 2 つの量子ビットを準備し、重ね合わせともつれの効果を示すことです。Our goal is to prepare two qubits in a specific quantum state, demonstrating how to operate on qubits with Q# to change their state and demonstrate the effects of superposition and entanglement. ここでは、量子ビットの状態や操作、測定について示しつつ、少しずつ構築していきます。We will build this up piece by piece to demonstrate qubit states, operations, and measurement.

概要: 以下に示す最初のコードは、Q# で量子ビットを操作する方法を示しています。Overview: In the first code below, we show you how to work with qubits in Q#. ここでは、量子ビットの状態を変換する 2 つの操作、MX を紹介します。We’ll introduce two operations, M and X that transform the state of a qubit.

このコード スニペットでは、量子ビットをパラメーターと見なす操作 Set が定義されています。もう 1 つのパラメーター desired は量子ビットが目的とする状態を表しています。In this code snippet, an operation Set is defined that takes as a parameter a qubit and another parameter, desired, representing the state that we would like the qubit to be in. 操作 Set は、操作 M を使用して、量子ビットに対する測定を実行します。The operation Set performs a measurement on the qubit using the operation M. Q# では量子ビットの測定では常に Zero または One のどちらかが返されます。In Q#, a qubit measurement always returns either Zero or One. 測定値が目的の値と等しくない値を返す場合は、量子ビットを "反転" させます。つまり、X 操作を実行します。これにより、量子ビットの状態は、測定で ZeroOne を返す確率が逆になる新しい状態に変更されます。If the measurement returns a value not equal to a desired value, Set “flips” the qubit; that is, it executes an X operation, which changes the qubit state to a new state in which the probabilities of a measurement returning Zero and One are reversed. Set 操作の効果を示すため、TestBellState 操作を追加します。To demonstrate the effect of the Set operation, a TestBellState operation is then added. この操作では、Zero または One を入力として受け取り、その入力で Set 操作を何回か呼び出して、Zero が量子ビットの測定から返された回数と One が返された回数をカウントします。This operation takes as input a Zero or One, and calls the Set operation some number of times with that input, and counts the number of times that Zero was returned from the measurement of the qubit and the number of times that One was returned. 当然ながら、TestBellState 操作のこの最初のシミュレーションでは、Zero がパラメーターとして設定された量子ビットのすべての測定で Zero を返し、One がパラメーターとして設定された量子ビットのすべての測定で One を返すことが想定されます。Of course, in this first simulation of the TestBellState operation, we expect that the output will show that all measurements of the qubit set with Zero as the parameter input will return Zero, and all measurements of a qubit set with One as the parameter input will return One. さらに、重ね合わせともつれを示すコードを TestBellState に追加します。Further on, we’ll add code to TestBellState to demonstrating superposition and entanglement.

Q# 操作コードQ# operation code

  1. Bell.qs ファイルの内容を次のコードに置き換えます。Replace the contents of the Bell.qs file with the following code:

    namespace Quantum.Bell {
        open Microsoft.Quantum.Intrinsic;
        open Microsoft.Quantum.Canon;
    
        operation Set(desired : Result, q1 : Qubit) : Unit {
            if (desired != M(q1)) {
                X(q1);
            }
        }
    }
    

    この操作により、量子ビットが従来の状態に設定されます。つまり、Zero が 100% 返されるか、One が 100% 返されるかのどちらかです。This operation may now be called to set a qubit to a classical state, either returning Zero 100% of the time or returning One 100% of the time. Zero および One は、量子ビットの測定結果として考えられる 2 とおりの結果を表す定数です。Zero and One are constants that represent the only two possible results of a measurement of a qubit.

    Set 操作で量子ビットが測定されます。The operation Set measures the qubit. 量子ビットが目的の状態にある場合は、Set をそのままにしておきます。それ以外の場合は、X 操作を実行することで量子ビットの状態が目的の状態に変更されます。If the qubit is in the state we want, Set leaves it alone; otherwise, by executing the X operation, we change the qubit state to the desired state.

Q# 操作についてAbout Q# operations

Q# 操作は、量子のサブルーチンです。A Q# operation is a quantum subroutine. つまり、量子操作を含む呼び出し可能なルーチンです。That is, it is a callable routine that contains quantum operations.

操作の引数は、かっこ内にタプルとして指定します。The arguments to an operation are specified as a tuple, within parentheses.

操作の戻り値の型は、コロンの後に指定します。The return type of the operation is specified after a colon. この場合、Set 操作には戻り値がないため、Unit を返すように設定されています。In this case, the Set operation has no return, so it is marked as returning Unit. これは、F# における unit の Q# 版にあたります。C# では void、Python では空のタプル (Tuple[()]) とほぼ同じです。This is the Q# equivalent of unit in F#, which is roughly analogous to void in C#, and an empty tuple (Tuple[()]) in Python.

最初の Q# 操作では、次の 2 つの量子操作を使用しました。You have used two quantum operations in your first Q# operation:

  • 量子ビットの状態を測定する M 操作The M operation, which measures the state of the qubit
  • 量子ビットの状態を反転させる X 操作The X operation, which flips the state of a qubit

量子操作により、量子ビットの状態が変換されます。A quantum operation transforms the state of a qubit. 従来の論理ゲートの類義語として、量子操作の代わりに、量子ゲートが話題になることがあります。Sometime people talk about quantum gates instead of operations, in analogy to classical logic gates. これは初期の量子コンピューティングでは、アルゴリズムが単なる理論上の構成要素であり、古典コンピューティングの回路図に似た図で視覚化されていたことに端を発します。This is rooted in the early days of quantum computing when algorithms were merely a theoretical construct and visualized as diagrams similarly to circuit diagrams in classical computing.

Q# テスト コードの追加Add Q# test code

  1. Bell.qs ファイルの名前空間内、Set 操作の終了後に次の操作を追加します。Add the following operation to the Bell.qs file, inside the namespace, after the end of the Set operation:

    operation TestBellState(count : Int, initial : Result) : (Int, Int) {
    
        mutable numOnes = 0;
        using (qubit = Qubit()) {
    
            for (test in 1..count) {
                Set(initial, qubit);
                let res = M(qubit);
    
                // Count the number of ones we saw:
                if (res == One) {
                    set numOnes += 1;
                }
            }
            Set(Zero, qubit);
        }
    
        // Return number of times we saw a |0> and number of times we saw a |1>
        return (count-numOnes, numOnes);
    }
    

    この操作 (TestBellState) では、count 回ループし、指定された initial 値を量子ビットに設定して、結果を測定 (M) します。This operation (TestBellState) will loop for count iterations, set a specified initial value on a qubit and then measure (M) the result. これにより、測定した 0 と 1 の数がいくつあるかの統計情報が収集され、呼び出し元に返されます。It will gather statistics on how many zeros and ones we've measured and return them to the caller. ここでは、もう 1 つの必要な操作を実行しています。It performs one other necessary operation. 他のユーザーがこの量子ビットに既知の状態を割り当てることができるよう、終了する前にこの量子ビットを既知の状態 (Zero) にリセットします。It resets the qubit to a known state (Zero) before returning it allowing others to allocate this qubit in a known state. この操作は、using ステートメントに必須です。This is required by the using statement.

Q# の変数についてAbout variables in Q#

既定では、Q# の変数は不変です。バインド後に変数の値を変更することはできません。By default, variables in Q# are immutable; their value may not be changed after they are bound. let キーワードは、不変変数のバインドを示すために使用します。The let keyword is used to indicate the binding of an immutable variable. 操作の引数は常に不変です。Operation arguments are always immutable.

先ほどの例の numOnes のように、値を変更できる変数が必要な場合は、mutable キーワードを使用して変数を宣言できます。If you need a variable whose value can change, such as numOnes in the example, you can declare the variable with the mutable keyword. 可変変数の値は、set ステートメントを使用して変更できます。A mutable variable's value may be changed using a set statement.

どちらの場合も、変数の型はコンパイラによって推論されます。In both cases, the type of a variable is inferred by the compiler. Q# では、変数に型の注釈は必要ありません。Q# doesn't require any type annotations for variables.

Q# の using ステートメントについてAbout using statements in Q#

using ステートメントも Q# に特有です。The using statement is also special to Q#. これは、コードのブロックで使用するために量子ビットを割り当てる場合に使用されます。It is used to allocate qubits for use in a block of code. Q# では、複雑なアルゴリズムの有効期間全体にわたってリソースが固定されるのではなく、すべての量子ビットが動的に割り当てられ、解放されます。In Q#, all qubits are dynamically allocated and released, rather than being fixed resources that are there for the entire lifetime of a complex algorithm. using ステートメントは、ブロックの最初で一連の量子ビットを割り当て、ブロックの最後でその量子ビットを解放します。A using statement allocates a set of qubits at the start, and releases those qubits at the end of the block.

ホスト アプリケーション コードの作成Create the host application code

  1. host.py ファイルを開き、次のコードを追加します。Open the host.py file and add the following code:

    import qsharp
    
    from qsharp import Result
    from Quantum.Bell import TestBellState
    
    initials = (Result.Zero, Result.One)
    
    for i in initials:
      res = TestBellState.simulate(count=1000, initial=i)
      (num_zeros, num_ones) = res
      print(f'Init:{i: <4} 0s={num_zeros: <4} 1s={num_ones: <4}')
    

ホスト アプリケーション コードについてAbout the host application code

Python ホスト アプリケーションには、次の 3 つの部分があります。The Python host application has three parts:

  • 量子アルゴリズムに必要な引数を計算します。Compute any arguments required for the quantum algorithm. この例では、count は 1000 に固定され、initial が量子ビットの初期値になっています。In the example, count is fixed at a 1000 and initial is the initial value of the qubit.
  • インポートした Q# 操作の simulate() メソッドを呼び出し、量子アルゴリズムを実行します。Run the quantum algorithm by calling the simulate() method of the imported Q# operation.
  • 操作の結果を処理します。Process the result of the operation. この例では、res が操作の結果を受け取ります。In the example, res receives the result of the operation. ここでの結果は、シミュレーターが測定した 0 の数 (num_zeros) と 1 の数 (num_ones) のタプルになります。Here the result is a tuple of the number of zeros (num_zeros) and number of ones (num_ones) measured by the simulator. 2 つのフィールドを取得するためにタプルを分解し、結果を出力します。We deconstruct the tuple to get the two fields, and print the results.

ビルドおよび実行Build and run

  1. ターミナルで次のコマンドを実行します。Run the following command at your terminal:

    python host.py
    

    このコマンドは、Q# 操作をシミュレートするホスト アプリケーションを実行します。This command runs the host application, which simulates the Q# operation.

結果は次のようになります。The results should be:

Init:0    0s=1000 1s=0   
Init:1    0s=0    1s=1000

重ね合わせ状態を作成するPrepare superposition

概要 では、Q# が重ね合わせで量子ビットをどのように配置するかを見てみましょう。Overview Now let’s look at how Q# expresses ways to put qubits in superposition. 量子ビットの状態は、0 と 1 の重ね合わせにできることを思い出してください。Recall that the state of a qubit can be in a superposition of 0 and 1. これを行うには、Hadamard 操作を使用します。We’ll use the Hadamard operation to accomplish this. 量子ビットが従来の状態のいずれか (測定で常に One または Zero を返す) である場合、Hadamard (H) 操作によって、量子ビットの測定で 50% の Zero および 50% の One を返す状態に量子ビットが配置されます。If the qubit is in either of the classical states (where a measurement returns Zero always or One always), then the Hadamard or H operation will put the qubit in a state where a measurement of the qubit will return Zero 50% of the time and return One 50% of the time. 概念上、量子ビットは ZeroOne の中間にあると考えることができます。Conceputually, the qubit can be thought of as halfway between the Zero and One. ここで、TestBellState 操作をシミュレートすると、測定後の結果は、ほぼ同数の ZeroOne を返します。Now, when we simulate the TestBellState operation, we will see the results will return roughly an equal number of Zero and One after measurement.

まず、量子ビットを反転してみます (量子ビットが Zero の状態にある場合は One になり、その逆も同様になります)。First we'll just try to flip the qubit (if the qubit is in Zero state will flip to One and vice versa). これは、TestBellState で測定する前に X 操作を実行することで実現されます。This is accomplished by performing an X operation before we measure it in TestBellState:

X(qubit);
let res = M(qubit);

これで結果 (F5を押した後) は逆転します。Now the results (after pressing F5) are reversed:

Init:Zero 0s=0    1s=1000
Init:One  0s=1000 1s=0

ただし、これまでに説明したものはすべて従来型の操作です。However, everything we've seen so far is classical. 量子的な結果を取得してみましょう。Let's get a quantum result. 必要なのは、先ほどの実行の X 操作を H すなわち Hadamard 操作に置き換えることだけです。All we need to do is replace the X operation in the previous run with an H or Hadamard operation. これは、量子ビットを 0 から 1 まで完全に反転させるのではなく、半分だけ反転します。Instead of flipping the qubit all the way from 0 to 1, we will only flip it halfway. TestBellState の行を置き換えると、次のようになります。The replaced lines in TestBellState now look like:

H(qubit);
let res = M(qubit);

結果はさらに興味深いものになります。Now the results get more interesting:

Init:Zero 0s=484  1s=516
Init:One  0s=522  1s=478

測定するたびに、従来型の値が要求されますが、量子ビットは 0 と 1 の中間にあるため、(統計的に) 半分が 0、半分が 1 になります。Every time we measure, we ask for a classical value, but the qubit is halfway between 0 and 1, so we get (statistically) 0 half the time and 1 half the time. これは__重ね合わせ__と呼ばれる現象で、これによって初めて量子状態を実際に観測できます。This is known as superposition and gives us our first real view into a quantum state.

もつれ状態を作成するPrepare entanglement

概要: では、Q# がどのように量子ビットのもつれを表現するかを見てみましょう。Overview: Now let’s look at how Q# expresses ways to entangle qubits. まず、最初の量子ビットを初期状態に設定してから、H 操作を使用してそれを重ね合わせに配置します。First, we set the first qubit to the initial state and then use the H operation to put it into superposition. 次に、最初の量子ビットを測定する前に、Controlled-Not を表す新しい操作 (CNOT) を使用します。Then, before we measure the first qubit, we use a new operation (CNOT), which stands for Controlled-Not. 2 つの量子ビットに対してこの操作を実行した結果、最初の量子ビットが One である場合には 2 番目の量子ビットが反転されます。The result of executing this operation on two qubits is to flip the second qubit if the first qubit is One. これで、2 つの量子ビットがもつれ状態になります。Now, the two qubits are entangled. 最初の量子ビットの統計情報は変わっていませんが (測定後、50-50 の確率で Zero または One)、2 番目の量子ビットを測定すると、最初の量子ビットを測定した結果と__常に__同じになります。Our statistics for the first qubit haven't changed (50-50 chance of a Zero or a One after measurement), but now when we measure the second qubit, it is always the same as what we measured for the first qubit. この CNOT が 2 つの量子ビットをもつれさせ、片方に何かが起きると、もう片方にも同じことが起こるようになっています。Our CNOT has entangled the two qubits, so that whatever happens to one of them, happens to the other. 測定を反対にしても (最初の量子ビットの前に 2 番目の量子ビットを測定する)、同じことが起こります。If you reversed the measurements (did the second qubit before the first), the same thing would happen. 最初の測定値はランダムであり、2 回目の測定値は最初に検出されたものと完全に一致します。The first measurement would be random and the second would be in lock step with whatever was discovered for the first.

まず、TestBellState で 1 つではなく 2 つの量子ビットを割り当てる必要があります。The first thing we'll need to do is allocate 2 qubits instead of one in TestBellState:

using ((q0, q1) = (Qubit(), Qubit())) {

これにより、TestBellState で測定 (M) する前に、新しい操作 (CNOT) を追加できます。This will allow us to add a new operation (CNOT) before we measure (M) in TestBellState:

Set(initial, q0);
Set(Zero, q1);

H(q0);
CNOT(q0, q1);
let res = M(q0);

最初の量子ビットを初期化するために別の Set 操作を追加し、開始時に常に Zero 状態になるようにしました。We've added another Set operation to initialize the first qubit to make sure that it's always in the Zero state when we start.

また、2 番目の量子ビットを解放する前にリセットする必要があります。We also need to reset the second qubit before releasing it.

Set(Zero, q0);
Set(Zero, q1);

完全なルーチンは、次のようになります。The full routine now looks like this:

    operation TestBellState(count : Int, initial : Result) : (Int, Int) {

        mutable numOnes = 0;
        using ((q0, q1) = (Qubit(), Qubit())) {
            for (test in 1..count) {
                Set (initial, q0);
                Set (Zero, q1);

                H(q0);
                CNOT(q0,q1);
                let res = M(q0);

                // Count the number of ones we saw:
                if (res == One) {
                    set numOnes += 1;
                }
            }
            
            Set(Zero, q0);
            Set(Zero, q1);
        }

        // Return number of times we saw a |0> and number of times we saw a |1>
        return (count-numOnes, numOnes);
    }

これを実行すると、以前とまったく同じ 50-50 の結果が得られます。If we run this, we'll get exactly the same 50-50 result we got before. しかし、ここで興味深いのは、2 番目の量子ビットが測定される最初の量子ビットに対してどのように反応するかです。However, what we're interested in is how the second qubit reacts to the first being measured. この統計情報は、新しいバージョンの TestBellState の操作で追加します。We'll add this statistic with a new version of the TestBellState operation:

    operation TestBellState(count : Int, initial : Result) : (Int, Int, Int) {
        mutable numOnes = 0;
        mutable agree = 0;
        using ((q0, q1) = (Qubit(), Qubit())) {
            for (test in 1..count) {
                Set(initial, q0);
                Set(Zero, q1);

                H(q0);
                CNOT(q0, q1);
                let res = M(q0);

                if (M(q1) == res) {
                    set agree += 1;
                }

                // Count the number of ones we saw:
                if (res == One) {
                    set numOnes += 1;
                }
            }
            
            Set(Zero, q0);
            Set(Zero, q1);
        }

        // Return number of times we saw a |0> and number of times we saw a |1>
        return (count-numOnes, numOnes, agree);
    }

新しい戻り値 (agree) は、最初の量子ビットの測定値が 2 番目の量子ビットの測定値と一致した回数を追跡します。The new return value (agree) keeps track of every time the measurement from the first qubit matches the measurement of the second qubit. また、ホスト アプリケーションを適切に更新する必要があります。We also have to update the host application accordingly:

import qsharp

from qsharp import Result
from Quantum.Bell import TestBellState

initials = {Result.Zero, Result.One} 

for i in initials:
    res = TestBellState.simulate(count=1000, initial=i)
    (num_zeros, num_ones, agree) = res
    print(f'Init:{i: <4} 0s={num_zeros: <4} 1s={num_ones: <4} agree={agree: <4}')

これを実行すると、驚くような結果が得られます。Now when we run, we get something pretty amazing:

Init:Zero 0s=499  1s=501  agree=1000
Init:One  0s=490  1s=510  agree=1000

概要で述べたように、最初の量子ビットの統計情報は変わっていませんが (50-50 の確率で 0 または 1)、2 番目の量子ビットを測定すると、最初の量子ビットを測定した結果と__常に__同じになります。これは、もつれ状態にあるからです。As stated in the overview, our statistics for the first qubit haven't changed (50-50 chance of a 0 or a 1), but now when we measure the second qubit, it is always the same as what we measured for the first qubit, because they are entangled!

これで、最初の量子プログラムが作成できました。Congratulations, you've written your first quantum program!

次の手順What's next?

グローバーの検索のクイックスタートでは、最も人気のある量子コンピューティング アルゴリズムの 1 つである、グローバーの検索をビルドして実行する方法を示しています。また、量子コンピューティングに関する実際の問題を解決するために使用できる Q# プログラムの優れた例を提示しています。The QuickStart Grover’s search shows you how to build and run Grover search, one of the most popular quantum computing algorithms and offers a nice example of a Q# program that can be used to solve real problems with quantum computing.

Get Started with the Quantum Development Kit」(Quantum Development Kit の概要) では、Q# と量子コンピューティングのその他の学習方法も紹介しています。Get Started with the Quantum Development Kit recommends more ways to learn Q# and quantum programming.