Profiles - List Resource Usage

指定された CDN プロファイルにあるエンドポイントのクォータと実際の使用状況を確認します。

POST https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.Cdn/profiles/{profileName}/checkResourceUsage?api-version=2019-12-31

URI パラメーター

Name In Required Type Description
profileName
path True
  • string

リソースグループ内で一意の CDN プロファイルの名前。

resourceGroupName
path True
  • string

Azure サブスクリプション内のリソースグループの名前。

Regex pattern: ^[-\w\._\(\)]+$

subscriptionId
path True
  • string

Azure サブスクリプション ID。

api-version
query True
  • string

クライアント要求で使用する API のバージョン。 現在のバージョンは2017-04-02 です。

応答

Name Type Description
200 OK

OK です。 要求は成功しました。

Other Status Codes

操作が失敗した理由を説明する CDN エラー応答。

セキュリティ

azure_auth

OAuth2 Flow を Azure Active Directory します。

Type: oauth2
Flow: implicit
Authorization URL: https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/authorize

Scopes

Name Description
user_impersonation ユーザーアカウントの権限を借用する

Profiles_ListResourceUsage

Sample Request

POST https://management.azure.com/subscriptions/subid/resourceGroups/RG/providers/Microsoft.Cdn/profiles/profile1/checkResourceUsage?api-version=2019-12-31

Sample Response

{
  "value": [
    {
      "resourceType": "endpoint",
      "unit": "count",
      "currentValue": 0,
      "limit": 25
    }
  ]
}

定義

ErrorResponse

エラー応答は CDN サービスが受信要求を処理できないことを示します。 この理由は、エラーメッセージに示されています。

ResourceUsage

リソース使用状況の確認 API の出力。

ResourceUsageListResult

リソース使用状況の確認 API の出力。

ErrorResponse

エラー応答は CDN サービスが受信要求を処理できないことを示します。 この理由は、エラーメッセージに示されています。

Name Type Description
code
  • string

エラー コード。

message
  • string

操作が失敗した理由を示すエラー メッセージ。

ResourceUsage

リソース使用状況の確認 API の出力。

Name Type Description
currentValue
  • integer

指定されたリソースの種類で使用される実際の値。

limit
  • integer

指定されたリソースの種類のクォータ。

resourceType
  • string

使用法が提供されるリソースの種類。

unit
  • string

使用量の単位です。 例: Count。

ResourceUsageListResult

リソース使用状況の確認 API の出力。

Name Type Description
nextLink
  • string

次の一連のカスタムドメインオブジェクトを取得するための URL (存在する場合)。

value

リソースの使用状況の一覧。