Azure Cosmos DB の一般的な REST 応答ヘッダーCommon Azure Cosmos DB REST response headers

次の応答ヘッダーは、SQL API からのすべての応答に共通です。The following response headers are common to all responses from the SQL API:

ヘッダーHeader 説明Description
Content-TypeContent-Type Content-typeapplication/jsonです。The Content-Type is application/json. SQL API は、常に標準の JSON 形式で応答本文を返します。The SQL API always returns the response body in standard JSON format.
日付Date 応答操作の日時。The date time of the response operation. この日時形式は、RFC 1123 の日時形式に準拠し、協定世界時で表されます。This date time format conforms to the RFC 1123 date time format expressed in Coordinated Universal Time.
etagetag Etagヘッダーは、取得したリソースのリソースetagを示します。The etag header shows the resource etag for the resource retrieved. Etagは、応答本文の _etagプロパティと同じ値を持ちます。The etag has the same value as the _etag property in the response body.
-ms-activity-idx-ms-activity-id 操作の一意の識別子を表します。Represents a unique identifier for the operation. これにより、の値がエコーされ、トラブルシューティングのために一般的に使用されます。This echoes the value of the x-ms-activity-id request header, and commonly used for troubleshooting purposes.
x-ms-content-pathx-ms-alt-content-path リソースへの代替パス。The alternate path to the resource. リソースは、システムによって生成された Id またはユーザーが指定した Id を使用して、REST でアドレス指定できます。Resources can be addressed in REST via system generated IDs or user supplied IDs. x-ms-content-path は、ユーザーが指定した Id を使用して構築されたパスを表します。x-ms-alt-content-path represents the path constructed using user supplied IDs.
x-ms-continuationx-ms-continuation このヘッダーは、クエリ (または読み取りフィード) の実行の中間状態を表し、応答で返された結果とは別の結果がある場合に返されます。This header represents the intermediate state of query (or read-feed) execution, and is returned when there are additional results aside from what was returned in the response. クライアントは、を含む要求ヘッダーを使用して要求を再送信できます。Clients can resubmitted the request with a request header containing
x-ミリ秒の値。the value of x-ms-continuation.
x-ms-item-countx-ms-item-count クエリまたは読み取りフィード要求に対して返される項目の数。The number of items returned for a query or read-feed request.
x-ミリ秒要求-課金x-ms-request-charge これは、次のような正規化された要求の数です。This is the number of normalized requests a.k.a. 操作の要求ユニット (RU)。request units (RU) for the operation. 詳細については、「Azure Cosmos DB の要求ユニット」を参照してください。For more information, see Request units in Azure Cosmos DB.
x-ms-resource-quotax-ms-resource-quota アカウント内のリソースに割り当てられたクォータを表示します。Shows the allotted quota for a resource in an account.
x-ms-resource-usagex-ms-resource-usage アカウント内のリソースの現在の使用カウントを表示します。Shows the current usage count of a resource in an account. リソースを削除すると、削除後のリソースの数が表示されます。When deleting a resource, this shows the number of resources after the deletion.
-ms-再試行-ミリ秒x-ms-retry-after-ms 初期操作が HTTP 状態コード429を受信し、スロットルされた後に、操作の再試行を待機するミリ秒数。The number of milliseconds to wait to retry the operation after an initial operation received HTTP status code 429 and was throttled.
x-ミリ秒-schemaversionx-ms-schemaversion リソーススキーマのバージョン番号を表示します。Shows the resource schema version number.
x-ms serviceversionx-ms-serviceversion サービスのバージョン番号を表示します。Shows the service version number.
x-ms-session-tokenx-ms-session-token 要求のセッショントークン。The session token of the request. セッションの一貫性を確保するために、クライアントは、対応するコレクションに対して行われる後続の操作のために、クライアントがこの要求をエコー要求ヘッダーを使用してエコーする必要があります。For session consistency, clients must echo this request via the x-ms-session-token request header for subsequent operations made to the corresponding collection.

参照See also