Express Route Ports - Get

要求された ExpressRoutePort リソースを取得します。

GET https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.Network/ExpressRoutePorts/{expressRoutePortName}?api-version=2021-03-01

URI パラメーター

Name In Required Type Description
expressRoutePortName
path True
  • string

ExpressRoutePort の名前。

resourceGroupName
path True
  • string

リソース グループの名前。

subscriptionId
path True
  • string

Microsoft Azure サブスクリプションを一意に識別するサブスクリプションの資格情報。 サブスクリプション ID は、全ての修理依頼についてURI の一部を生じさせます。

api-version
query True
  • string

クライアント API バージョン。

応答

Name Type Description
200 OK

要求が成功しました。 操作は、要求された ExpressRoutePort リソースを返します。

Other Status Codes

操作に失敗した理由を説明するエラー応答。

セキュリティ

azure_auth

OAuth2 Flow を Azure Active Directory します。

Type: oauth2
Flow: implicit
Authorization URL: https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/authorize

Scopes

Name Description
user_impersonation ユーザーアカウントの権限を借用する

ExpressRoutePortGet

Sample Request

GET https://management.azure.com/subscriptions/subid/resourceGroups/rg1/providers/Microsoft.Network/ExpressRoutePorts/portName?api-version=2021-03-01

Sample Response

{
  "name": "portName",
  "id": "/subscriptions/subid/resourceGroups/rg1/providers/Microsoft.Network/expressRoutePorts/portName",
  "type": "Microsoft.Network/expressRoutePorts",
  "location": "westus",
  "properties": {
    "provisioningState": "Succeeded",
    "peeringLocation": "peeringLocationName",
    "bandwidthInGbps": 100,
    "provisionedBandwidthInGbps": 0,
    "mtu": "1500",
    "encapsulation": "QinQ",
    "etherType": "0x8100",
    "allocationDate": "Friday, July 1, 2018",
    "links": [
      {
        "id": "/subscriptions/subid/resourceGroups/rg1/providers/Microsoft.Network/expressRoutePorts/portName/links/link1",
        "name": "link1",
        "properties": {
          "provisioningState": "Succeeded",
          "routerName": "router1",
          "interfaceName": "Ethernet 0/0",
          "patchPanelId": "patchPanelId1",
          "rackId": "rackId1",
          "connectorType": "LC",
          "adminState": "Disabled"
        }
      },
      {
        "id": "/subscriptions/subid/resourceGroups/rg1/providers/Microsoft.Network/expressRoutePorts/portName/links/link2",
        "name": "link2",
        "properties": {
          "provisioningState": "Succeeded",
          "routerName": "router2",
          "interfaceName": "Ethernet 0/0",
          "patchPanelId": "patchPanelId2",
          "rackId": "rackId2",
          "connectorType": "LC",
          "adminState": "Disabled"
        }
      }
    ],
    "circuits": []
  }
}

定義

CloudError

サービスからのエラー応答。

CloudErrorBody

サービスからのエラー応答。

ExpressRouteLink

ExpressRouteLink

ExpressRouteLinkAdminState

物理ポートの管理の状態。

ExpressRouteLinkConnectorType

物理ファイバーポートの種類。

ExpressRouteLinkMacSecCipher

Mac セキュリティ暗号。

ExpressRouteLinkMacSecConfig

ExpressRouteLink Mac セキュリティ構成の定義。

ExpressRouteLinkMacSecSciState

Sci モードが有効/無効です。

ExpressRoutePort

ExpressRoute ポート

ExpressRoutePortsEncapsulation

物理ポートでのカプセル化方法。

ManagedServiceIdentity

リソースの id。

ProvisioningState

現在のプロビジョニング状態。

ResourceIdentityType

リソースに使用される id の種類。 種類 "SystemAssigned、UserAssigned" には、暗黙的に作成された ID とユーザー割り当て ID のセットの両方が含まれます。 種類が ' None ' の場合、仮想マシンからすべての id が削除されます。

SubResource

別のサブリソースへの参照。

UserAssignedIdentities

リソースに関連付けられているユーザー id の一覧。 ユーザー id ディクショナリキー参照は、"/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/{identityName}" という形式の ARM リソース id になります。

CloudError

サービスからのエラー応答。

Name Type Description
error

クラウドエラーの本文。

CloudErrorBody

サービスからのエラー応答。

Name Type Description
code
  • string

エラーの識別子。 コードは不変であり、プログラムによって使用されることを意図しています。

details

エラーに関する追加情報の一覧。

message
  • string

エラーを説明するメッセージ。ユーザーインターフェイスに表示するのに適しています。

target
  • string

特定のエラーの対象。 たとえば、エラーのプロパティの名前です。

ExpressRouteLink

Name Type Description
etag
  • string

リソースが更新されるたびに変更される、一意の読み取り専用の文字列。

id
  • string

リソースの ID

name
  • string

親の子ポートリソース間で一意である子ポートリソースの名前。

properties.adminState

物理ポートの管理の状態。

properties.connectorType

物理ファイバーポートの種類。

properties.interfaceName
  • string

Azure router インターフェイスの名前。

properties.macSecConfig

ExpressRouteLink Mac セキュリティ構成の定義。
MacSec の構成。

properties.patchPanelId
  • string

物理ポートからパッチパネルポートへのマッピング。

properties.provisioningState

Expressroute リンクリソースのプロビジョニングの状態。

properties.rackId
  • string

物理パッチパネルからラックへのマッピング。

properties.routerName
  • string

物理ポートに関連付けられている Azure ルーターの名前。

ExpressRouteLinkAdminState

物理ポートの管理の状態。

Name Type Description
Disabled
  • string
Enabled
  • string

ExpressRouteLinkConnectorType

物理ファイバーポートの種類。

Name Type Description
LC
  • string
SC
  • string

ExpressRouteLinkMacSecCipher

Mac セキュリティ暗号。

Name Type Description
GcmAes128
  • string
GcmAes256
  • string
GcmAesXpn128
  • string
GcmAesXpn256
  • string

ExpressRouteLinkMacSecConfig

ExpressRouteLink Mac セキュリティ構成の定義。

Name Type Description
cakSecretIdentifier
  • string

Mac security CAK キーを含む keyvault シークレット識別子 URL。

cipher

Mac セキュリティ暗号。

cknSecretIdentifier
  • string

Mac security CKN key を含む keyvault シークレット識別子 URL。

sciState

Sci モードが有効/無効です。

ExpressRouteLinkMacSecSciState

Sci モードが有効/無効です。

Name Type Description
Disabled
  • string
Enabled
  • string

ExpressRoutePort

ExpressRoute ポート

Name Type Description
etag
  • string

リソースが更新されるたびに変更される、一意の読み取り専用の文字列。

id
  • string

リソースの ID

identity

ExpressRoutePort の id (構成されている場合)。

location
  • string

リソースの場所。

name
  • string

リソース名。

properties.allocationDate
  • string

承認時に使用される物理ポート割り当ての日付。

properties.bandwidthInGbps
  • integer

調達ポートの帯域幅 (Gbps)。

properties.circuits

この ExpressRoutePort リソースにプロビジョニングされている ExpressRoute 回線を参照します。

properties.encapsulation

物理ポートでのカプセル化方法。

properties.etherType
  • string

物理ポートのイーサの種類。

properties.links

ExpressRouteLink Sub-Resources
ExpressRoutePort リソースの一連の物理リンク。

properties.mtu
  • string

物理ポートペアの最大転送単位。

properties.peeringLocation
  • string

ExpressRoutePort が物理的にマップされているピアリングの場所の名前。

properties.provisionedBandwidthInGbps
  • number

関連回線の帯域幅の合計 Gbps。

properties.provisioningState

Express route ポートリソースのプロビジョニングの状態。

properties.resourceGuid
  • string

Express route ポートリソースのリソース GUID プロパティ。

tags
  • object

リソース タグ。

type
  • string

リソースの種類。

ExpressRoutePortsEncapsulation

物理ポートでのカプセル化方法。

Name Type Description
Dot1Q
  • string
QinQ
  • string

ManagedServiceIdentity

リソースの id。

Name Type Description
principalId
  • string

システムに割り当てられた id のプリンシパル id。 このプロパティは、システムによって割り当てられた id に対してのみ提供されます。

tenantId
  • string

システムによって割り当てられた id のテナント id。 このプロパティは、システムによって割り当てられた id に対してのみ提供されます。

type

リソースに使用される id の種類。 種類 "SystemAssigned、UserAssigned" には、暗黙的に作成された ID とユーザー割り当て ID のセットの両方が含まれます。 種類が ' None ' の場合、仮想マシンからすべての id が削除されます。

userAssignedIdentities

リソースに関連付けられているユーザー id の一覧。 ユーザー id ディクショナリキー参照は、"/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/{identityName}" という形式の ARM リソース id になります。

ProvisioningState

現在のプロビジョニング状態。

Name Type Description
Deleting
  • string
Failed
  • string
Succeeded
  • string
Updating
  • string

ResourceIdentityType

リソースに使用される id の種類。 種類 "SystemAssigned、UserAssigned" には、暗黙的に作成された ID とユーザー割り当て ID のセットの両方が含まれます。 種類が ' None ' の場合、仮想マシンからすべての id が削除されます。

Name Type Description
None
  • string
SystemAssigned
  • string
SystemAssigned, UserAssigned
  • string
UserAssigned
  • string

SubResource

別のサブリソースへの参照。

Name Type Description
id
  • string

リソースの ID

UserAssignedIdentities

リソースに関連付けられているユーザー id の一覧。 ユーザー id ディクショナリキー参照は、"/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/{identityName}" という形式の ARM リソース id になります。

Name Type Description