Device - Abandon Device Bound Notification

このメソッドは、クラウドからデバイスへのメッセージを破棄します。
このメソッドは、クラウドからデバイスへのメッセージを破棄します。 メッセージを完了、拒否、または破棄する場合に、競合状態を解決するために、メッセージを受信したときに取得した Etag を指定する必要があります。 破棄されたメッセージは、デバイスに再配信するためにデバイス メッセージ キューに戻されます。 詳細については、「 https://docs.microsoft.com/azure/iot-hub/iot-hub-devguide-messaging 」を参照してください。 現在、ヘッダーでの Etag の使用は RFC 7232 に準拠していません。 この問題の修正は現在、バックログに含まれます。 この機能は、標準の階層 IoT Hub でのみ使用できます。 詳細については、「適切な IoT Hub 層を選択する」を参照してください。 IoT Hub VNET 関連https://docs.microsoft.com/en-us/azure/iot-hub/virtual-network-support)の機能については、API バージョン '2020-03-13' を使用してください。これらの機能は、現在、米国東部、米国西部 2、および米国南中部のリージョンでのみ一般公開されています。 5月末までに、これらの機能をすべての地域に拡大するために積極的に取り組んでいます。 API の残りの部分については、API バージョン '2019-10-01' を引き続き使用してください。

POST https://fully-qualified-iothubname.azure-devices.net/devices/{id}/messages/deviceBound/{etag}/abandon?api-version=2020-03-13

URI パラメーター

Name In Required Type Description
etag
path True
  • string
id
path True
  • string

デバイス ID。

api-version
query True
  • string

API のバージョン。

応答

Name Type Description
204 No Content

コンテンツなし