Resource Groups - Create Or Update

リソース グループを作成または更新します。

PUT https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourcegroups/{resourceGroupName}?api-version=2020-06-01

URI パラメーター

Name In Required Type Description
resourceGroupName
path True
  • string

作成または更新するリソースグループの名前。 には、英数字、アンダースコア、かっこ、ハイフン、ピリオド (末尾を除く)、および許可されている文字と一致する Unicode 文字を含めることができます。

Regex pattern: ^[-\w\._\(\)]+$

subscriptionId
path True
  • string

ターゲットサブスクリプションの ID。

api-version
query True
  • string

この操作に使用する API バージョン。

要求本文

Name Required Type Description
location True
  • string

リソース グループの場所。 リソース グループの作成後に変更することはできません。 サポートされている Azure の場所のいずれかである必要があります。

managedBy
  • string

このリソースグループを管理するリソースの ID。

properties

リソースグループのプロパティ。

tags
  • object

リソースグループに関連付けられているタグ。

応答

Name Type Description
200 OK

OK-新しいリソースグループに関する情報を返します。

201 Created

Created-新しいリソースグループに関する情報を返します。

Other Status Codes

操作が失敗した理由を説明するエラー応答。

セキュリティ

azure_auth

Azure Active Directory OAuth2 Flow

Type: oauth2
Flow: implicit
Authorization URL: https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/authorize

Scopes

Name Description
user_impersonation ユーザーアカウントの権限を借用する

Create or update a resource group

Sample Request

PUT https://management.azure.com/subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000000/resourcegroups/my-resource-group?api-version=2020-06-01
{
  "location": "eastus"
}

Sample Response

{
  "id": "/subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000000/resourceGroups/my-resource-group",
  "name": "my-resource-group",
  "location": "eastus",
  "properties": {
    "provisioningState": "Succeeded"
  }
}
{
  "id": "/subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000000/resourceGroups/my-resource-group",
  "name": "my-resource-group",
  "location": "eastus",
  "properties": {
    "provisioningState": "Succeeded"
  }
}

定義

CloudError

リソース管理要求に対するエラー応答。

ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

ErrorResponse

エラー応答

ResourceGroup

リソース グループの情報です。

ResourceGroupProperties

リソースグループのプロパティ。

CloudError

リソース管理要求に対するエラー応答。

Name Type Description
error

エラー応答
失敗した操作のエラーの詳細を返すすべての Azure Resource Manager Api に対する一般的なエラー応答。 (これは、OData エラー応答形式にも従います)。

ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

Name Type Description
info
  • object

追加情報。

type
  • string

追加情報の種類。

ErrorResponse

エラー応答

Name Type Description
additionalInfo

エラーの追加情報。

code
  • string

エラー コード。

details

エラーの詳細です。

message
  • string

エラー メッセージ。

target
  • string

エラーターゲット。

ResourceGroup

リソース グループの情報です。

Name Type Description
id
  • string

リソースグループの ID。

location
  • string

リソース グループの場所。 リソース グループの作成後に変更することはできません。 サポートされている Azure の場所のいずれかである必要があります。

managedBy
  • string

このリソースグループを管理するリソースの ID。

name
  • string

リソース グループの名前。

properties

リソースグループのプロパティ。

tags
  • object

リソースグループに関連付けられているタグ。

type
  • string

リソースグループの種類。

ResourceGroupProperties

リソースグループのプロパティ。

Name Type Description
provisioningState
  • string

プロビジョニングの状態。