検索管理

管理操作REST API管理Azure Cognitive Searchプログラムでアクセスできます。

  • 検索サービスを作成または削除する
  • 作成、再生成、または取得 api-keys (クエリキーまたは管理者キー)
  • レプリカとパーティションの追加または削除 (容量の調整)
  • プライベート エンドポイントを使用する検索サービスを構成する

インデックスの作成やクエリなど、他のすべてのタスクでは、代わりに [検索] サービス REST API使用します

プログラムでサービスを完全に管理するには、次の 2 つの API が必要 です。ここに記載されている REST API の管理 Azure Cognitive Search と、一般的な Azure Resource Manager REST API。 Resource Manager API は、サブスクリプション データのクエリや地理的な場所の一覧の表示など、サービス固有ではない汎用操作に使用されます。

Connectエンドポイントに接続する

接続を設定する場合は、エンドポイント からResource Managerします https://management.azure.com 。 HTTP 要求には、Resource Managerエンドポイント、サブスクリプション ID、プロバイダー ( Microsoft.Search )、および API バージョンが含まれます。 操作は、要求の本文で指定されます。

完全に指定されたエンドポイントには、次のコンポーネントがあります。

https://management.azure.com/subscriptions/[subscriptionId]/resourceGroups/[resourceGroupName]/providers/Microsoft.Search/searchServices/[serviceName]?api-version=2020-08-01

管理 REST API の呼び出しには、次のクライアントが一般的に使用されます。

Azure Portal を使用することもできます。

認証とアクセス制御

管理権限は、Azure Active Directory (AD) で伝達されます。 ベスト プラクティスは、個々のユーザーではなくグループにロールを割り当てる方法です。 サブスクリプション所有者またはグローバル管理者がこれらの割り当てを管理します。 詳細については、「グループにロールを 割りAzure AD割り当てる」を参照してください

検索サービス管理の場合、サポートされているロールには、所有者、共同作成者、閲覧者が含まれます。 完全な一覧については、「ロールベースの 承認」を参照してください

他の SDK の管理 API

REST API は、最初にAzure Cognitive Search、プログラミング モデルに対する変更が REST API に反映されます。

別の方法として、次の Azure SDK が含まれます。この SDK は、個別のリリース スケジュールで個別に更新されます。

こちらもご覧ください