ChaosReplicaRemovalScheduledEvent

レプリカエラーのスケジュールされたイベントを削除します。

Properties

名前 種類 必須
EventInstanceId string (UUID) はい
Category string いいえ
TimeStamp String (日時) はい
HasCorrelatedEvents boolean いいえ
PartitionId string (UUID) はい
ReplicaId integer (int64) はい
FaultGroupId string (UUID) はい
FaultId string (UUID) はい
ServiceUri string はい

EventInstanceId

: string (uuid)
必須: はい

FabricEvent インスタンスの識別子。


Category

: 文字列
必須: いいえ

イベントのカテゴリ。


TimeStamp

: string (日付/時刻)
必須: はい

タイムイベントがログに記録されました。


HasCorrelatedEvents

: ブール値
必須: いいえ

使用可能な既存の関連イベントがあることを示します。


PartitionId

: string (uuid)
必須: はい

パーティションを一意に識別するために Service Fabric によって使用される内部 ID。 これは、サービスの作成時にランダムに生成された GUID です。 パーティション ID は一意であり、サービスの有効期間中は変更されません。 同じサービスが削除され、再作成された場合、そのパーティションの Id は異なります。


ReplicaId

: integer (int64)
必須: はい

ステートフルサービスレプリカの Id。 ReplicaId は、パーティションのレプリカを一意に識別するために Service Fabric によって使用されます。 パーティション内で一意であり、レプリカの有効期間中は変更されません。 レプリカが削除され、同じパーティションに対して別のレプリカが同じノード上に作成されると、その id に対して異なる値が取得されます。場合によっては、ステートレスサービスインスタンスの id がレプリカ id とも呼ばれます。


FaultGroupId

: string (uuid)
必須: はい

障害グループの Id。


FaultId

: string (uuid)
必須: はい

エラーの Id。


ServiceUri

: 文字列
必須: はい

サービス名