Database Automatic Tuning - Get

データベースの自動チューニングを取得します。

GET https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.Sql/servers/{serverName}/databases/{databaseName}/automaticTuning/current?api-version=2021-02-01-preview

URI パラメーター

Name In Required Type Description
databaseName
path True
  • string

データベースの名前。

resourceGroupName
path True
  • string

リソースが含まれているリソース グループの名前。 この値は、Azure リソース マネージャー API またはポータルから取得できます。

serverName
path True
  • string

サーバーの名前。

subscriptionId
path True
  • string

Azure サブスクリプションを識別するサブスクリプション ID。

api-version
query True
  • string

要求で使用する API のバージョン。

応答

Name Type Description
200 OK

データベースの自動チューニング プロパティが正常に取得されました。

Other Status Codes

エラー応答: ***

  • 400 FeatureDisabledOnSelectedEdition - ユーザーは、現在のデータベース エディションで無効になっている機能を使用しようとしました。

  • 400 InvalidIdentifier - 識別子に NULL または無効な Unicode 文字が含まれている。

  • 400 SystemDatabasesNotSupported - ユーザーがシステム データベースの自動チューニング情報を取得しようとしました。

  • 400 DataWarehouseNotSupported - 自動チューニングは、SQL Data Warehouse。

  • 404 DatabaseDoesNotExist - 要求されたデータベースが見つかりませんでした

  • 404 SubscriptionDoesNotHaveServer - 要求されたサーバーが見つかりませんでした

  • 404 SubscriptionDoesNotHaveElasticPool - 要求されたエラスティック プールが見つかりませんでした

  • 404 OperationIdNotFound - ID を持つ操作が存在しません。

  • 405 NotSupported - この機能はサポートされていません。

  • 409 競合 - 要求の競合のため、要求を処理できない。

  • 409 OperationCancelled - 操作はユーザーによって取り消されました。

  • 409 OperationInterrupted - 同じリソースに対する別の操作によって中断されたため、リソースに対する操作を完了する必要がありました。

  • 500 OperationTimedOut - 操作がタイム アウトされ、自動的にロールバックされました。 操作をやり直してください。

  • 503 ServiceTemporarilyUnavailable - 機能は一時的に使用できません。

Get a database's automatic tuning settings

Sample Request

GET https://management.azure.com/subscriptions/c3aa9078-0000-0000-0000-e36f151182d7/resourceGroups/default-sql-onebox/providers/Microsoft.Sql/servers/testsvr11/databases/db1/automaticTuning/current?api-version=2021-02-01-preview

Sample Response

{
  "id": "/subscriptions/c3aa9078-0000-0000-0000-e36f151182d7/resourceGroups/default-sql-onebox/providers/Microsoft.Sql/servers/testsvr11/databases/db1/automaticTuning/current",
  "name": "current",
  "type": "Microsoft.Sql/servers/databases/automaticTuning",
  "properties": {
    "desiredState": "Auto",
    "actualState": "Auto",
    "options": {
      "forceLastGoodPlan": {
        "desiredState": "Default",
        "actualState": "On",
        "reasonCode": 2,
        "reasonDesc": "AutoConfigured"
      },
      "createIndex": {
        "desiredState": "Default",
        "actualState": "On",
        "reasonCode": 2,
        "reasonDesc": "AutoConfigured"
      },
      "dropIndex": {
        "desiredState": "Default",
        "actualState": "Off",
        "reasonCode": 2,
        "reasonDesc": "AutoConfigured"
      },
      "maintainIndex": {
        "desiredState": "Default",
        "actualState": "Off",
        "reasonCode": 2,
        "reasonDesc": "AutoConfigured"
      }
    }
  }
}

定義

AutomaticTuningDisabledReason

必要な状態と実際の状態が異なる場合は、理由の説明。

AutomaticTuningMode

必要な状態の自動チューニング。

AutomaticTuningOptionModeActual

自動チューニング オプションの実際の状態。

AutomaticTuningOptionModeDesired

自動チューニング オプションの望ましい状態。

AutomaticTuningOptions

個々のアドバイザーの自動チューニング プロパティ。

DatabaseAutomaticTuning

データベース レベルの自動チューニング。

AutomaticTuningDisabledReason

必要な状態と実際の状態が異なる場合は、理由の説明。

Name Type Description
AutoConfigured
  • string
Default
  • string
Disabled
  • string
InheritedFromServer
  • string
NotSupported
  • string
QueryStoreOff
  • string
QueryStoreReadOnly
  • string

AutomaticTuningMode

必要な状態の自動チューニング。

Name Type Description
Auto
  • string
Custom
  • string
Inherit
  • string
Unspecified
  • string

AutomaticTuningOptionModeActual

自動チューニング オプションの実際の状態。

Name Type Description
Off
  • string
On
  • string

AutomaticTuningOptionModeDesired

自動チューニング オプションの望ましい状態。

Name Type Description
Default
  • string
Off
  • string
On
  • string

AutomaticTuningOptions

個々のアドバイザーの自動チューニング プロパティ。

Name Type Description
actualState

自動チューニング オプションの実際の状態。

desiredState

自動チューニング オプションの望ましい状態。

reasonCode
  • integer

必要に応じて理由コードと実際の状態が異なる場合。

reasonDesc

必要な状態と実際の状態が異なる場合は、理由の説明。

DatabaseAutomaticTuning

データベース レベルの自動チューニング。

Name Type Description
id
  • string

リソースの ID

name
  • string

リソース名。

properties.actualState

自動チューニングの実際の状態。

properties.desiredState

必要な状態の自動チューニング。

properties.options

自動チューニング オプションの定義。

type
  • string

リソースの種類。