Managed Instances - Create Or Update

マネージド インスタンスを作成または更新します。

PUT https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.Sql/managedInstances/{managedInstanceName}?api-version=2021-02-01-preview

URI パラメーター

Name In Required Type Description
managedInstanceName
path True
  • string

マネージド インスタンスの名前。

resourceGroupName
path True
  • string

リソースが含まれているリソース グループの名前。 この値は、Azure リソース マネージャー API またはポータルから取得できます。

subscriptionId
path True
  • string

Azure サブスクリプションを識別するサブスクリプション ID。

api-version
query True
  • string

要求で使用する API のバージョン。

要求本文

Name Required Type Description
location True
  • string

リソースの場所。

identity

マネージインスタンスの Azure Active Directory id。

properties.administratorLogin
  • string

マネージインスタンスの管理者ユーザー名。 は、マネージインスタンスの作成時にのみ指定できます (作成には必須です)。

properties.administratorLoginPassword
  • string

管理者のログインパスワード (マネージインスタンスの作成に必要)。

properties.administrators

サーバーの Azure Active Directory 管理者。

properties.collation
  • string

マネージインスタンスの照合順序。

properties.dnsZonePartner
  • string

このマネージインスタンスの作成後に共有する DNS ゾーンを持つ別のマネージインスタンスのリソース id。

properties.instancePoolId
  • string

このマネージサーバーが属しているインスタンスプールの Id。

properties.keyId
  • string

暗号化に使用するキーの CMK URI。

properties.licenseType

ライセンスの種類。 使用可能な値は、' LicenseIncluded ' (新しい SQL ライセンスを含む通常価格) と ' BasePrice ' (独自の SQL ライセンスを取り込むための割引された価格) です。

properties.maintenanceConfigurationId
  • string

このマネージインスタンスに適用するメンテナンス構成 id を指定します。

properties.managedInstanceCreateMode

データベース作成のモードを指定します。

既定: 通常のインスタンスの作成。

復元: 特定の時点に一連のバックアップを復元することによって、インスタンスを作成します。 RestorePointInTime と SourceManagedInstanceId を指定する必要があります。

properties.minimalTlsVersion
  • string

最小 TLS バージョン。 使用可能な値: ' None '、' 1.0 '、' 1.1 '、' 1.2 '

properties.primaryUserAssignedIdentityId
  • string

既定で使用されるユーザー割り当て id のリソース id。

properties.proxyOverride

インスタンスへの接続に使用される接続の種類。

properties.publicDataEndpointEnabled
  • boolean

パブリックデータエンドポイントが有効かどうか。

properties.restorePointInTime
  • string

新しいデータベースを作成するために復元されるソースデータベースの特定の時点 (データ形式) を指定します。

properties.sourceManagedInstanceId
  • string

このインスタンスの作成操作に関連付けられたソースマネージインスタンスのリソース識別子。

properties.storageAccountType

このインスタンスのバックアップを格納するために使用されるストレージアカウントの種類。 オプションは、LRS (LocallyRedundantStorage)、ZRS (ゾーン)、GRS (GeoRedundantStorage) です。

properties.storageSizeInGB
  • integer

ストレージのサイズ (GB 単位)。 最小値:32。 最大値: 8192。 32 GB のインクリメントのみが許可されます。

properties.subnetId
  • string

マネージインスタンスのサブネットリソース ID。

properties.timezoneId
  • string

タイムゾーンの Id。 使用できる値は、Windows でサポートされているタイムゾーンです。 Windows では、id を含むサポートされているタイムゾーンの詳細が KEY_LOCAL_MACHINE \SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Time Zones の下のレジストリに保存されます。 これらのレジストリ値を取得するには、SELECT name を sys.time_zone_info から timezone_id として照会し、SQL Server を使用します。 Id の一覧は、PowerShell で [TimeZoneInfo]:: GetSystemTimeZones () を実行して取得することもできます。 有効なタイムゾーン id の例としては、"太平洋標準時" または "W" があります。 ヨーロッパ標準時 "。

properties.vCores
  • integer

仮想コアの数。 使用可能な値: 8、16、24、32、40、64、80。

properties.zoneRedundant
  • boolean

マルチ-az が有効になっているかどうか。

sku

マネージインスタンスの SKU。 Sku.name の使用可能な値: GP_Gen4、GP_Gen5、BC_Gen4、BC_Gen5

tags
  • object

リソース タグ。

応答

Name Type Description
200 OK

マネージドインスタンスが正常に更新されました。

201 Created

マネージドインスタンスが正常に作成されました。

202 Accepted

同意

Other Status Codes

エラー応答: * * *

  • 400 SubscriptionNotFound-要求されたサブスクリプションが見つかりませんでした。

  • 400 HkCannotSwitchToInactive-メモリ最適化オブジェクトがあるため、データベースは価格レベルの更新を続行できません。 このようなオブジェクトを削除してから、もう一度お試しください。

  • 400 Managedinstanceinvalidstoragesizelessfrom Currentsizeused-ストレージサイズが無効です。ストレージサイズの上限 ( {0} gb) は、現在使用されているストレージの容量 (gb) を下回ってい {1} ます。 ストレージサイズの上限を高く指定してください。

  • 400 InstanceTimezoneUpdateNotSupported-インスタンスのタイムゾーンの更新はサポートされていません。

  • 400 CreateManagedInstanceWithNonDefaultTimezoneNotSupported-既定以外のタイムゾーンを持つ Managed Instance の作成はサポートされていません。

  • 400 ManagedInstanceIpAddressRangeLimit-操作を実行するための十分な数の IP アドレスがサブネット内にないため、マネージインスタンスの作成/スケーリングを実行できません。

  • 400 VnetDelegationNotAllowed-ユーザーが、委任されたサブネットに管理対象サーバーを挿入しようとしました。

  • 400 Subnethasresourcesoftype-ユーザーが異なる種類のリソースを持つサブネットで MI を作成しようとしました。

  • 400 UpdateManagedServerWithMaintenanceWindowNotAllowed-メンテナンス期間設定の Managed Instance の更新は許可されていません。

  • 400 VnetPrepareNIPFailed-ユーザーが NetworkIntentPolicy と競合するサブネットを準備しようとしました。

  • 400 InvalidUsername-指定されたユーザー名に無効な文字が含まれています。

  • 400 ManagedInstanceDeprecatedHardwareFamily-ハードウェアの生成を非推奨の生成に変更する {0} ことはできません。

  • 400 ManagedInstanceBackupStorageTypeNotSupported-Backup ストレージ型パラメーターは、インスタンスの更新操作では許可されていません。

  • 400 InvalidParameterValue-パラメーターに無効な値が指定されました。

  • 400 Instancepoolnotenoucapacity-インスタンスプールに十分な容量がありません

  • 400 ServerNotFound-要求されたサーバーが見つかりませんでした。

  • 400 ManagedInstanceZoneRedudantFeatureNotSupported Eredundant 機能は、選択したサービスレベルではサポートされていません。 詳細については、aka.ms/sqlmi-service-tier-characteristics を参照してください。

  • 400 ManagedInstanceZoneRedudantFeatureCantBeEnabled-マネージインスタンスを作成すると、ゾーンを有効にする機能は使用できません。 詳細については、aka.ms/sqlmi-high-availability を参照してください。

  • 400 ManagedInstanceZoneRedudantFeatureCantBeDisabled-マネージインスタンスを作成すると、ゾーンを無効にすることはできません。 詳細については、aka.ms/sqlmi-high-availability を参照してください。

  • 400トークンツールは、指定されたトークンが長すぎます。

  • 400 ' ' {0} のメモリ使用量がクォータを超えているため、ManagedInstanceSloUpdateFailed ' ' 操作を成功できません {1} 。

  • 400 Managedinstancelocalstorageの Lodisabled-ローカルストレージを使用したマネージインスタンスの SLO の更新はまだサポートされていません。

  • 400 Invalidlogin-指定されたログイン名が無効です。

  • 400 RegionDoesNotSupportVersion-ユーザーが、そのサーバーバージョンがサポートされていない場所に、指定されたバージョンのサーバーを作成しようとしました。

  • 400 PasswordTooShort-指定されたパスワードが短すぎます

  • 400 PasswordTooLong 指定されたパスワードが長すぎます。

  • 400 PasswordNotComplex-指定されたパスワードが複雑ではありません。

  • 400 GatewayInvalidEdition-' {0} ' は、このバージョンの SQL Server の有効なデータベースエディションではありません。

  • 400 Invalidsubnet Resourceid-マネージインスタンスの作成または更新に指定されたサブネットリソース ID が無効です。

  • 400 SubscriptionNotFound-要求されたサブスクリプションが見つかりませんでした。

  • 400 InvalidLocation-無効な場所が指定されました。

  • 400 VnetInWrongRegion-仮想ネットワークのリージョンが正しくありません。

  • 400 InvalidServerName-無効なサーバー名が指定されました。

  • 400 VnetAddressRangeError-仮想ネットワークのアドレス範囲が無効です。

  • 400 VnetConfigIsNotAllowed-仮想ネットワークの構成は許可されていません。

  • 400 InvalidCollation-照合順序が無効です。

  • 400 InvalidIdentifier-識別子に NULL または無効な unicode 文字が含まれています。

  • 400 ManagedInstanceClassicVnetNotSupported をクラシック仮想ネットワークに参加させることはできません。 Managed Instance

  • 400 AlterDbDeactivatedNotSupported- {0} {1} 予期しない遅延のため、サーバー ' '、データベース ' ' のデータベース操作に失敗しました。 もう一度やり直してください。

  • 400 RegionDoesNotAllowProvisioning-選択された場所は、新しい Windows Azure SQL Database サーバーを受け付けていません。 これは後で変更される可能性があります。

  • 400 VnetConfigHasNsg-ユーザーが、ネットワークセキュリティグループを使用して、管理されたサーバーサブネットを挿入しようとしました。

  • 400 VnetConfigHasNoUdr-ユーザーが既定のユーザー定義ルートテーブルを使用せずに、管理対象サーバーのサブネットを挿入しようとしました。

  • 400 VnetConfigHasInvalidUdr-ユーザー定義ルートテーブルが無効な管理対象サーバーサブネットをユーザーが挿入しようとしました。

  • 400 VnetConfigHasInvalidDns-ユーザーが、無効なカスタム DNS を使用して、管理対象サーバーのサブネットを挿入しようとしました。

  • 400 VnetConfigHasServiceEndpoints-ユーザーがサービスエンドポイントを使用して、管理されたサーバーサブネットを挿入しようとしました。

  • 400 VnetSubnetIsInUse-ユーザーが、空ではない管理対象サーバーサブネットを挿入しようとしました。

  • 400 VnetSubnetIsLocked-ユーザーが、ロックされたスコープ内にある管理対象サーバーサブネットを挿入しようとしました。

  • 400 VnetSubnetIsGateway-ユーザーが、ゲートウェイサブネットである管理対象サーバーサブネットを挿入しようとしました。

  • 400 VnetSubnetIsUnknown-ユーザーが、存在しない管理対象サーバーサブネットを挿入しようとしました。

  • 400 VnetSubnetConflictWithIntendedPolicy-ユーザーが IntendedPolicy と競合している管理対象サーバーサブネットを挿入しようとしました。

  • 400 Nameexists が存在します-指定された名前は既に存在します。

  • 400 ManagedInstanceInvalidEditionForSku-指定されたエディション {0} は、指定された SKU と一致しません {1} 。

  • 400プロビジョニングが無効になっています-リソース操作の承認者からのエラーメッセージをそのままで、変更せずに表示します

  • 400 ManagedInstanceInvalidLicenseType-指定されたライセンスの種類 {0} が無効です。

  • 400 Managedinstanceの Loinprogress-"マネージドインスタンス '. ' のサービス階層の変更が進行中であるため、操作を完了できませんでした {0} 。 Please wait for the operation in progress to complete and try again." (進行中の操作が完了するまでしばらく待ってから、やり直してください。)

  • 400 VnetResourceNotFound-リソースが見つかりません: ' {0} '。

  • 400 InvalidTimezone-タイムゾーンが無効です。

  • 400 UnableToResolveRemoteServer-サーバー名または DNS 接続に問題があるため、リモートパートナーサーバー名を解決できませんでした。

  • 400 InstanceCollationUpdateNotSupported-ユーザーは Managed Instance のインスタンスの照合順序を変更できません。

  • 400 CreateManagedInstanceWithNonDefaultCollationNotSupported-User は、照合順序 ' SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS ' を使用してのみ Managed Instance を作成できます。

  • 400 ManagedInstanceOperationInProgress-操作が進行中のため、操作を完了できませんでした {0} 。 実行中の操作が完了するまで待ってから、もう一度お試しください。

  • 400 ManagedInstanceExceedMaxAzureStorage-General Purpose インスタンスの割り当て済みストレージの合計サイズを超えてしまうため、操作を完了できませんでした {0} 。 データベースファイルの数を減らしてから、操作をやり直してください。

  • 400 ManagedInstanceHasGeoReplica-インスタンスで geo レプリケートされたセカンダリインスタンスが構成されているため、操作を完了できませんでした。

  • 400 Invalidmanagedserverdnsゾーンパートナー-作成要求で指定された geo プライマリマネージインスタンスのリソース URI が無効です。 プロパティの形式が/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/{resourceProviderNamespace}/managedInstances/{managedInstanceName} であることを確認してください。

  • 400 MiGeoRestoreWithWrongBackupStorageRedundancy は Geo-Restore、LRS/ZRS バックアップストレージの冗長性を持つマネージインスタンスでは許可されていません。

  • 400プロビジョニングが無効になっています-リソース操作の承認者からのエラーメッセージをそのままで、変更せずに表示します

  • 400 AadOnlyAuthenticationIsEnabled-Azure Active Directory 認証のみが有効になっています。 システム管理者に問い合わせてください。

  • 400 ManagementServiceFeatureDisabled-ユーザーが無効になっている機能を使用しようとしました。

  • 400 MismatchingResourceGroupNameWithUrl-指定されたリソースグループ名が Url 内の名前と一致しませんでした。

  • 400 MismatchingSubscriptionWithUrl-指定されたサブスクリプションは、Url のサブスクリプションと一致しませんでした。

  • 400 InvalidMinimalTlsVersion-最小 TLS バージョンが無効です。

  • 400 InvalidResourceId-リソース識別子が無効です。

  • 400 InvalidParameterValue-パラメーターに無効な値が指定されました。

  • 400 InvalidMaintenanceWindowSettings-メンテナンス期間の設定が無効です。

  • 400 InvalidMaintenanceWindowProperty-無効なメンテナンスウィンドウプロパティが指定されました。

  • 400 InvalidMaintenanceWindowPropertyNull-必須プロパティが null のメンテナンス期間が無効です。

  • 400 InvalidMaintenanceWindowTypeWithPropertySpecified-メンテナンスウィンドウの種類で特定のプロパティを指定することはできません。

  • 400 AadOnlyAuthenticationIsEnabled-Azure Active Directory 認証のみが有効になっています。 システム管理者に問い合わせてください。

  • 400 InvalidExternalAdministratorLogin-外部管理者のログイン名が無効か、存在しません。

  • 400 InvalidExternalAdministratorSid-外部管理者オブジェクト id が無効か、存在しません。

  • 400 InvalidExternalAdministratorTenantId-外部管理者のテナント id が無効か、存在しません。

  • 400 Externaladministrator Principaltype-外部管理者プリンシパルの種類が無効か、存在しません。 ユーザー、アプリケーション、またはグループから選択してください。

  • 400 MissingExternalAdministratorWithAadOnlyAuth-Azure AD 認証のみを使用するには、外部管理者の詳細を入力してください。

  • 404 ServerNotInSubscription-指定されたサーバーが指定されたサブスクリプションに存在しません。

  • 404 ManagedInstanceNotInSubscriptionResourceGroup-指定されたマネージインスタンスは、指定されたリソースグループとサブスクリプションに存在しません。

  • 404 OperationIdNotFound-Id の操作が存在しません。

  • 404 ResourceDoesNotExist-' ' という名前のリソース {0} は存在しません。 続行するには、有効なリソース名を指定してください。

  • 404 ResourceNotFound-要求されたリソースが見つかりませんでした。

  • 405 InvalidVcoreValue-vCore の値 {0} が無効です。 有効な vCore 値を指定してください。

  • 405 InvalidHardwareGenerationValue-ハードウェア生成 {0} が有効ではありません。 有効なハードウェア生成値を指定してください。

  • 405 InvalidStorageSizeValue-"ストレージのサイズが無効です: {0} GB。 ストレージのサイズは、 {1} {2} gb 単位で gb 単位で指定する必要があり {3} ます。

  • 409 OperationCancelled-操作はユーザーによって取り消されました。

  • 409 OperationInterrupted れました-リソースに対する操作は、同じリソースに対する別の操作によって中断されたため、完了できませんでした。

  • 409は、現在サーバーの操作が進行中であるため、Tingserveroperation が競合しています。

  • 409 SubscriptionDisabled-サブスクリプションが無効です。

  • 409サーバーが既に存在しています-サーバー名が重複しています。

  • 409 ServerOverridePreconditionFailed- {0} サーバー ' ' の物理 db またはインスタンス ' {1} ' {2} が現在 ' Ready ' または ' 非アクティブ化 ' 状態ではないため、カテゴリ ' ' に対するサーバーオーバーライドを適用できませんでした。

  • 409 ServerDisabled-サーバーが無効になっています。

  • 409 ManagedInstanceIsBusy-サーバー ' {0} ' は現在ビジー状態です。 数分待ってから、再試行してください。

  • 409 ServerQuotaExceeded-クォータを超えているため、サーバーをサブスクリプションに追加できません。

  • 409は、現在マネージインスタンスの操作が進行中であるため、Tingmanagedinstanceoperation が競合しています。

  • 409 MiDropFailedOnAuthLocks-ユーザーが、リソースにロックが適用されているサブネットの最後の Managed Instance を削除しようとしました。

  • 409 MiCreateFailedNonDelegatedSubnet-ユーザーが Managed Instance または Managed Instance プールを、Microsoft .Sql/managedInstances に委任されていないサブネットに展開しようとしました。

  • 429 SubscriptionTooManyCreateUpdateRequests-使用可能なリソースによって処理できる最大要求数を超える要求。

  • 429 SubscriptionTooManyRequests-使用可能なリソースによって処理できる最大要求数を超える要求。

  • 429は、現在サブスクリプションの操作が進行中であるため、Tingsubscriptionoperation 操作を競合しています。

  • 429 SubscriptionTooManyCreateUpdateRequests-使用可能なリソースによって処理できる最大要求数を超える要求。

  • 429 SubscriptionTooManyRequests-使用可能なリソースによって処理できる最大要求数を超える要求。

  • 429 SubscriptionTooManyCreateUpdateRequests-使用可能なリソースによって処理できる最大要求数を超える要求。

  • 429 SubscriptionTooManyRequests-使用可能なリソースによって処理できる最大要求数を超える要求。

  • 429は、現在サブスクリプションの操作が進行中であるため、Tingsubscriptionoperation 操作を競合しています。

  • 500 OperationTimedOut-操作がタイムアウトし、自動的にロールバックされました。 操作をやり直してください。

  • 500 GatewayInternalServerError-サーバーで予期しない例外が発生しました。

  • 503 TooManyRequests-使用可能なリソースによって処理できる最大要求数を超える要求。

  • 503 TooManyRequests-使用可能なリソースによって処理できる最大要求数を超える要求。

  • 503 TooManyRequests-使用可能なリソースによって処理できる最大要求数を超える要求。

  • 504 RequestTimeout-サービス要求が、許可されたタイムアウトを超えました。

  • 504 RequestTimeout-サービス要求が、許可されたタイムアウトを超えました。

  • 504 RequestTimeout-サービス要求が、許可されたタイムアウトを超えました。

Create managed instance with all properties
Create managed instance with minimal properties

Create managed instance with all properties

Sample Request

PUT https://management.azure.com/subscriptions/20D7082A-0FC7-4468-82BD-542694D5042B/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.Sql/managedInstances/testinstance?api-version=2021-02-01-preview
{
  "tags": {
    "tagKey1": "TagValue1"
  },
  "location": "Japan East",
  "sku": {
    "name": "GP_Gen5",
    "tier": "GeneralPurpose"
  },
  "properties": {
    "administratorLogin": "dummylogin",
    "administratorLoginPassword": "PLACEHOLDER",
    "subnetId": "/subscriptions/20D7082A-0FC7-4468-82BD-542694D5042B/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/vnet1/subnets/subnet1",
    "vCores": 8,
    "storageSizeInGB": 1024,
    "licenseType": "LicenseIncluded",
    "collation": "SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS",
    "dnsZonePartner": "/subscriptions/20D7082A-0FC7-4468-82BD-542694D5042B/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.Sql/managedInstances/testinstance",
    "publicDataEndpointEnabled": false,
    "proxyOverride": "Redirect",
    "minimalTlsVersion": "1.2",
    "timezoneId": "UTC",
    "instancePoolId": "/subscriptions/20D7082A-0FC7-4468-82BD-542694D5042B/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.Sql/instancePools/pool1",
    "maintenanceConfigurationId": "/subscriptions/20D7082A-0FC7-4468-82BD-542694D5042B/providers/Microsoft.Maintenance/publicMaintenanceConfigurations/SQL_JapanEast_MI_1",
    "storageAccountType": "GRS",
    "administrators": {
      "principalType": "User",
      "login": "bob@contoso.com",
      "sid": "00000011-1111-2222-2222-123456789111",
      "tenantId": "00000011-1111-2222-2222-123456789111",
      "azureADOnlyAuthentication": true
    }
  }
}

Sample Response

{
  "sku": {
    "name": "GP_Gen5",
    "tier": "GeneralPurpose",
    "capacity": 8,
    "family": "Gen5"
  },
  "properties": {
    "fullyQualifiedDomainName": "testinstance.1b4e2caff2530.database.windows.net",
    "administratorLogin": "dummylogin",
    "subnetId": "/subscriptions/20D7082A-0FC7-4468-82BD-542694D5042B/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/vnet1/subnets/subnet1",
    "state": "Ready",
    "provisioningState": "Creating",
    "vCores": 8,
    "storageSizeInGB": 1024,
    "licenseType": "LicenseIncluded",
    "collation": "SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS",
    "publicDataEndpointEnabled": false,
    "proxyOverride": "Redirect",
    "minimalTlsVersion": "1.2",
    "dnsZone": "1b4e2caff2530",
    "timezoneId": "UTC",
    "instancePoolId": "/subscriptions/20d7082a-0fc7-4468-82bd-542694d5042b/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.Sql/instancePools/pool1",
    "maintenanceConfigurationId": "/subscriptions/20D7082A-0FC7-4468-82BD-542694D5042B/providers/Microsoft.Maintenance/publicMaintenanceConfigurations/SQL_JapanEast_MI_1",
    "storageAccountType": "GRS",
    "administrators": {
      "principalType": "User",
      "login": "bob@contoso.com",
      "sid": "00000011-1111-2222-2222-123456789111",
      "tenantId": "00000011-1111-2222-2222-123456789111",
      "azureADOnlyAuthentication": true
    }
  },
  "location": "japaneast",
  "tags": {
    "tagKey1": "TagValue1"
  },
  "id": "/subscriptions/20d7082a-0fc7-4468-82bd-542694d5042b/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.Sql/managedInstances/testinstance",
  "name": "testinstance",
  "type": "Microsoft.Sql/managedInstances"
}
{
  "sku": {
    "name": "GP_Gen5",
    "tier": "GeneralPurpose",
    "capacity": 8,
    "family": "Gen5"
  },
  "properties": {
    "fullyQualifiedDomainName": "testinstance.1b4e2caff2530.database.windows.net",
    "administratorLogin": "dummylogin",
    "subnetId": "/subscriptions/20D7082A-0FC7-4468-82BD-542694D5042B/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/vnet1/subnets/subnet1",
    "state": "Ready",
    "provisioningState": "Creating",
    "vCores": 8,
    "storageSizeInGB": 1024,
    "licenseType": "LicenseIncluded",
    "collation": "SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS",
    "publicDataEndpointEnabled": false,
    "proxyOverride": "Redirect",
    "minimalTlsVersion": "1.2",
    "dnsZone": "1b4e2caff2530",
    "timezoneId": "UTC",
    "instancePoolId": "/subscriptions/20d7082a-0fc7-4468-82bd-542694d5042b/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.Sql/instancePools/pool1",
    "maintenanceConfigurationId": "/subscriptions/20D7082A-0FC7-4468-82BD-542694D5042B/providers/Microsoft.Maintenance/publicMaintenanceConfigurations/SQL_JapanEast_MI_1",
    "storageAccountType": "GRS",
    "administrators": {
      "principalType": "User",
      "login": "bob@contoso.com",
      "sid": "00000011-1111-2222-2222-123456789111",
      "tenantId": "00000011-1111-2222-2222-123456789111",
      "azureADOnlyAuthentication": true
    }
  },
  "location": "japaneast",
  "tags": {
    "tagKey1": "TagValue1"
  },
  "id": "/subscriptions/20d7082a-0fc7-4468-82bd-542694d5042b/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.Sql/managedInstances/testinstance",
  "name": "testinstance",
  "type": "Microsoft.Sql/managedInstances"
}

Create managed instance with minimal properties

Sample Request

PUT https://management.azure.com/subscriptions/20D7082A-0FC7-4468-82BD-542694D5042B/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.Sql/managedInstances/testinstance?api-version=2021-02-01-preview
{
  "sku": {
    "name": "GP_Gen4",
    "tier": "GeneralPurpose"
  },
  "properties": {
    "administratorLogin": "dummylogin",
    "administratorLoginPassword": "PLACEHOLDER",
    "subnetId": "/subscriptions/20D7082A-0FC7-4468-82BD-542694D5042B/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/vnet1/subnets/subnet1",
    "vCores": 8,
    "storageSizeInGB": 1024,
    "licenseType": "LicenseIncluded"
  },
  "location": "Japan East"
}

Sample Response

{
  "sku": {
    "name": "GP_Gen4",
    "tier": "GeneralPurpose",
    "capacity": 8,
    "family": "Gen4"
  },
  "properties": {
    "fullyQualifiedDomainName": "testinstance.1b4e2caff2530.database.windows.net",
    "administratorLogin": "dummylogin",
    "subnetId": "/subscriptions/20D7082A-0FC7-4468-82BD-542694D5042B/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/vnet1/subnets/subnet1",
    "state": "Ready",
    "provisioningState": "Creating",
    "vCores": 8,
    "storageSizeInGB": 1024,
    "licenseType": "LicenseIncluded",
    "collation": "SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS",
    "publicDataEndpointEnabled": false,
    "proxyOverride": "Redirect",
    "dnsZone": "1b4e2caff2530"
  },
  "location": "japaneast",
  "tags": {},
  "id": "/subscriptions/20d7082a-0fc7-4468-82bd-542694d5042b/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.Sql/managedInstances/testinstance",
  "name": "testinstance",
  "type": "Microsoft.Sql/managedInstances"
}
{
  "sku": {
    "name": "GP_Gen4",
    "tier": "GeneralPurpose",
    "capacity": 8,
    "family": "Gen4"
  },
  "properties": {
    "fullyQualifiedDomainName": "testinstance.1b4e2caff2530.database.windows.net",
    "administratorLogin": "dummylogin",
    "subnetId": "/subscriptions/20D7082A-0FC7-4468-82BD-542694D5042B/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/vnet1/subnets/subnet1",
    "state": "Ready",
    "provisioningState": "Creating",
    "vCores": 8,
    "storageSizeInGB": 1024,
    "licenseType": "LicenseIncluded",
    "collation": "SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS",
    "publicDataEndpointEnabled": false,
    "proxyOverride": "Redirect",
    "dnsZone": "1b4e2caff2530"
  },
  "location": "japaneast",
  "tags": {},
  "id": "/subscriptions/20d7082a-0fc7-4468-82bd-542694d5042b/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.Sql/managedInstances/testinstance",
  "name": "testinstance",
  "type": "Microsoft.Sql/managedInstances"
}

定義

AdministratorType

サーバー管理者の種類。

IdentityType

ID の種類。 リソースのリソース プリンシパルを自動的に作成して割り当てるには、Azure Active Directoryを 'SystemAssigned' に設定します。

ManagedInstance

マネージド Azure SQLインスタンス。

ManagedInstanceExternalAdministrator

Active Directory 管理者のプロパティ。

ManagedInstanceLicenseType

ライセンスの種類。 指定できる値は、'LicenseIncluded' (新しい SQL ライセンスを含む通常価格) と 'BasePrice' (独自の SQL ライセンスを持ち込む場合は割引された AHB 価格) です。

ManagedInstancePecProperty

マネージド インスタンスでのプライベート エンドポイント接続

ManagedInstancePrivateEndpointConnectionProperties

プライベート エンドポイント接続のプロパティ。

ManagedInstancePrivateEndpointProperty
ManagedInstancePrivateLinkServiceConnectionStateProperty
ManagedInstanceProxyOverride

インスタンスへの接続に使用される接続の種類。

ManagedServerCreateMode

データベースの作成モードを指定します。

既定値: 通常のインスタンスの作成。

復元: 特定の時点にバックアップのセットを復元することで、インスタンスを作成します。 RestorePointInTime と SourceManagedInstanceId を指定する必要があります。

PrincipalType

サーバー管理者のプリンシパルの種類。

ResourceIdentity

リソースの id 構成を Azure Active Directory します。

Sku

ARM リソース SKU。

StorageAccountType

このインスタンスのバックアップを格納するために使用されるストレージ アカウントの種類。 オプションは、LRS (LocallyRedundantStorage)、ZRS (ZoneRedundantStorage)、GRS (GeoRedundantStorage) です。

UserIdentity

Azure Active Directoryの ID 構成を作成します。

AdministratorType

サーバー管理者の種類。

Name Type Description
ActiveDirectory
  • string

IdentityType

ID の種類。 リソースのリソース プリンシパルを自動的に作成して割り当てるには、Azure Active Directoryを 'SystemAssigned' に設定します。

Name Type Description
None
  • string
SystemAssigned
  • string
UserAssigned
  • string

ManagedInstance

マネージド Azure SQLインスタンス。

Name Type Description
id
  • string

リソースの ID

identity

マネージド Azure Active Directory ID を指定します。

location
  • string

リソースの場所。

name
  • string

リソース名。

properties.administratorLogin
  • string

マネージド インスタンスの管理者ユーザー名。 マネージド インスタンスが作成されている場合にのみ指定できます (作成に必要です)。

properties.administratorLoginPassword
  • string

管理者ログイン パスワード (マネージド インスタンスの作成に必要)。

properties.administrators

サーバー Azure Active Directory管理者。

properties.collation
  • string

マネージド インスタンスの照合順序。

properties.dnsZone
  • string

マネージド インスタンスが含む Dns ゾーン。

properties.dnsZonePartner
  • string

作成後にこのマネージド インスタンスが共有する DNS ゾーンを持つ別のマネージド インスタンスのリソース ID。

properties.fullyQualifiedDomainName
  • string

マネージド インスタンスの完全修飾ドメイン名。

properties.instancePoolId
  • string

このマネージド サーバーが属するインスタンス プールの ID。

properties.keyId
  • string

暗号化に使用するキーの CMK URI。

properties.licenseType

ライセンスの種類。 指定できる値は、'LicenseIncluded' (新しい SQL ライセンスを含む通常価格) と 'BasePrice' (独自の SQL ライセンスを持ち込む場合は割引された AHB 価格) です。

properties.maintenanceConfigurationId
  • string

このマネージド インスタンスに適用するメンテナンス構成 ID を指定します。

properties.managedInstanceCreateMode

データベースの作成モードを指定します。

既定値: 通常のインスタンスの作成。

復元: 特定の時点にバックアップのセットを復元することで、インスタンスを作成します。 RestorePointInTime と SourceManagedInstanceId を指定する必要があります。

properties.minimalTlsVersion
  • string

最小 TLS バージョン。 使用できる値: 'None'、'1.0'、'1.1'、'1.2'

properties.primaryUserAssignedIdentityId
  • string

既定で使用されるユーザー割り当て ID のリソース ID。

properties.privateEndpointConnections

マネージド インスタンス上のプライベート エンドポイント接続の一覧。

properties.provisioningState enum:
  • Accepted
  • Canceled
  • Created
  • Creating
  • Deleted
  • Deleting
  • Failed
  • NotSpecified
  • Registering
  • Running
  • Succeeded
  • TimedOut
  • Unknown
  • Unrecognized
  • Updating
properties.proxyOverride

インスタンスへの接続に使用される接続の種類。

properties.publicDataEndpointEnabled
  • boolean

パブリック データ エンドポイントが有効かどうか。

properties.restorePointInTime
  • string

新しいデータベースを作成するために復元されるソース データベースの特定の時点 (ISO8601 形式) を指定します。

properties.sourceManagedInstanceId
  • string

このインスタンスの作成操作に関連付けられているソース マネージド インスタンスのリソース識別子。

properties.state
  • string

マネージド インスタンスの状態。

properties.storageAccountType

このインスタンスのバックアップを格納するために使用されるストレージ アカウントの種類。 オプションは、LRS (LocallyRedundantStorage)、ZRS (ZoneRedundantStorage)、GRS (GeoRedundantStorage) です。

properties.storageSizeInGB
  • integer

ストレージ サイズ (GB 単位)。 最小値: 32。 最大値: 8192。 32 GB の増分のみ許可されます。

properties.subnetId
  • string

マネージド インスタンスのサブネット リソース ID。

properties.timezoneId
  • string

タイムゾーンの ID。 使用できる値は、Windows でサポートされているタイムゾーンです。 Windows では、id を含むサポートされているタイムゾーンの詳細が KEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Time Zones の下のレジストリに保持されます。 これらのレジストリ値は、SELECT name AS SQL Server FROM クエリを実行して、timezone_idを使用sys.time_zone_info。 Id の一覧は、PowerShell で [System.TimeZoneInfo]::GetSystemTimeZones() を実行して取得できます。 有効なタイムゾーン ID の例として、"Pacific Standard Time" または "W" があります。 ヨーロッパ標準時"。

properties.vCores
  • integer

仮想コアの数。 使用できる値: 8、16、24、32、40、64、80。

properties.zoneRedundant
  • boolean

multi-az が有効かどうか。

sku

マネージド インスタンス SKU。 使用できる値: sku.name、GP_Gen4、GP_Gen5、BC_Gen4、BC_Gen5

tags
  • object

リソース タグ。

type
  • string

リソースの種類。

ManagedInstanceExternalAdministrator

Active Directory 管理者のプロパティ。

Name Type Description
administratorType

サーバー管理者の種類。

azureADOnlyAuthentication
  • boolean

Azure Active Directory認証のみを有効にします。

login
  • string

サーバー管理者のログイン名。

principalType

サーバー管理者のプリンシパルの種類。

sid
  • string

サーバー管理者の SID (オブジェクト ID)。

tenantId
  • string

管理者のテナント ID。

ManagedInstanceLicenseType

ライセンスの種類。 指定できる値は、'LicenseIncluded' (新しい SQL ライセンスを含む通常価格) と 'BasePrice' (独自の SQL ライセンスを持ち込む場合は割引された AHB 価格) です。

Name Type Description
BasePrice
  • string
LicenseIncluded
  • string

ManagedInstancePecProperty

マネージド インスタンスでのプライベート エンドポイント接続

Name Type Description
id
  • string

リソースの ID

properties

プライベート エンドポイント接続のプロパティ

ManagedInstancePrivateEndpointConnectionProperties

プライベート エンドポイント接続のプロパティ。

Name Type Description
privateEndpoint

接続が属するプライベート エンドポイント。

privateLinkServiceConnectionState

プライベート エンドポイント接続の接続状態。

provisioningState
  • string

プライベート エンドポイント接続の状態。

ManagedInstancePrivateEndpointProperty

Name Type Description
id
  • string

プライベート エンドポイントのリソース ID。

ManagedInstancePrivateLinkServiceConnectionStateProperty

Name Type Description
actionsRequired
  • string

プライベート リンク サービスの接続の説明。

description
  • string

プライベート リンク サービスの接続の説明。

status
  • string

プライベート リンク サービスの接続状態。

ManagedInstanceProxyOverride

インスタンスへの接続に使用される接続の種類。

Name Type Description
Default
  • string
Proxy
  • string
Redirect
  • string

ManagedServerCreateMode

データベースの作成モードを指定します。

既定値: 通常のインスタンスの作成。

復元: 特定の時点にバックアップのセットを復元することで、インスタンスを作成します。 RestorePointInTime と SourceManagedInstanceId を指定する必要があります。

Name Type Description
Default
  • string
PointInTimeRestore
  • string

PrincipalType

サーバー管理者のプリンシパルの種類。

Name Type Description
Application
  • string
Group
  • string
User
  • string

ResourceIdentity

リソースの id 構成を Azure Active Directory します。

Name Type Description
principalId
  • string

Azure Active Directory プリンシパル id。

tenantId
  • string

Azure Active Directory テナント id。

type

Id 型。 リソースの Azure Active Directory プリンシパルを自動的に作成して割り当てるには、これを ' SystemAssigned ' に設定します。

userAssignedIdentities

使用するユーザー割り当て id のリソース id

Sku

ARM リソース SKU。

Name Type Description
capacity
  • integer

特定の SKU の容量。

family
  • string

サービスのハードウェアの世代が異なる場合は、同じ SKU に対して、ここでキャプチャできます。

name
  • string

SKU の名前 (通常は文字 + 番号コード)(P3 など)。

size
  • string

特定の SKU のサイズ

tier
  • string

特定の SKU のレベルまたはエディション (Basic、Premium など)。

StorageAccountType

このインスタンスのバックアップを格納するために使用されるストレージ アカウントの種類。 オプションは、LRS (LocallyRedundantStorage)、ZRS (ZoneRedundantStorage)、GRS (GeoRedundantStorage) です。

Name Type Description
GRS
  • string
LRS
  • string
ZRS
  • string

UserIdentity

Azure Active Directoryの ID 構成を作成します。

Name Type Description
clientId
  • string

クライアントAzure Active Directory ID。

principalId
  • string

Azure Active Directory ID。