DateTime 値の書式設定

Azure Storage DateTime値は、協定世界時 (UTC) の値として表す必要があります。 UTC 形式は ISO 8601で記述されています。

受け入れられた ISO 8601 UTC 形式

次の ISO 8601 UTC 形式は、現在 Azure Storage で受け入れられています。 日付の値は必須ですが、時刻の値は省略可能です。

  • YYYY-MM-DD
  • YYYY-MM-DDThh:mm<TZDSuffix>
  • YYYY-MM-DDThh:mm:ss<TZDSuffix>

これらの形式の日付値の場合、 YYYY は4桁の年表現、は MM 1 から始まる2桁の月表現、 DD は1から始まる2桁の日を表します。

省略可能な時刻値が含まれている場合は、 T 日付値から時刻値を区切るためにリテラル指定子が必要です。 時刻値の場合、 hh は24時間表記の時間表現で、は2桁の mm 分表現で、 ss は2桁の秒表現です。 これらの各値は、0から始まる整数として表されます。

時刻の値に秒が含まれている場合は、必要に応じて、パターンに従って秒の小数部の小数点以下桁数を7桁まで含めることもでき hh:mm:ss[.f{1,7}] ます。 このパターンは、Azure Storage api、ツール、およびクライアントライブラリでサポートされています。 秒の小数部の値を区切るには、コンマではなくピリオドを使用する必要があります。

タイムゾーンサフィックス (省略可能) を含める場合は <TZDSuffix> 、次のいずれかの形式で表す必要があります。

  • Z時刻値が UTC 時刻で表されることを指定するリテラル値。
  • UTC 時刻からの時間バイアスを示すオフセット。 オフセットには、正のオフセットの先頭 + と負のオフセットの先頭が必要です - 。 オフセットの値は、-23:59 ~ + 23:59 の範囲で指定する必要があります。

結合された UTC 形式の例を次に示します。 最初に日付を指定し、次にリテラル値を指定し T ます。これにより、time 要素の開始が指定されます。 文字列の末尾にあるリテラル値は、 Z 時刻が UTC で表されていることを示します。

2020 年11月16日の午前 4:25:03 における日付/時刻の値は、UTC 時刻では次のように表されます。

2020-11-16T04:25:03Z

東部標準時を東部標準時 (EST) で表すには、UTC の5時間前に、値にオフセットを追加します。

2020-11-16T04:25:03-05:00

関連項目

Azure Storage REST API リファレンス