FileService に対する操作

リソースには、 FileService ストレージアカウント内のすべてのファイル共有に適用される特定の管理設定 Azure Files が用意されています。 FileServiceリソースはストレージアカウントリソースの子であり、ストレージアカウントにはと呼ばれるリソースが1つしかあり FileService default ません。

リソースを操作するには、次の2つの方法があり FileService ます。

  • しないストレージリソースプロバイダー (Microsoft. Storage)。 Azure Resource Manager を通じて管理するためのコントロールプレーン API を提供します。
  • 古いを管理するための追加の HTTPS エンドポイントを提供する FileREST API FileService

特定の理由がない限り、すべての管理アクティビティに対してコントロールプレーン API (ストレージリソースプロバイダー) を使用する必要があります。 を管理するための Api FileService は、従来の理由でデータプレーンを介して公開されます。 管理アクションを実行するデータプレーン Api は完全にサポートされており、次のような状況で使用できます。

  • これらの Api を既に使用しているレガシアプリケーションまたはサービスがある。
  • 非常に大規模な要件があります。ストレージリソースプロバイダーによって提供されるコントロールプレーン API は、FileREST API よりもはるかに低い拡張性を備えています。

の新しいパラメーターとアクションは、 FileService FileREST で公開されている場合でも、データプレーン REST sdk に追加されない可能性があります。 コントロールプレーン Sdk を使用して、パラメーターとアクションにアクセスします。

Azure Files の API のセキュリティ領域の詳細については、「 Azure Files REST API」を参照してください。

管理 API

このセクションでは、次のトピックを扱います。

アクション コントロールプレーン API (Microsoft Storage) データプレーン API (FileREST) SMB ファイル共有で使用可能 NFS ファイル共有で使用可能
Get FileService ファイルサービスのプロパティの取得 はい はい
一連 FileService ファイルサービス-サービスのプロパティの設定 Set File Service Properties はい はい
Preflight File Request -- Preflight File Request はい はい

関連項目