キュー サービス REST API

キュー サービスは、ストレージ アカウントへのアクセス権を持つクライアントによって読み取られるメッセージを格納します。

キューに格納できるメッセージの数に制限はありません。2011-08-18 以降のバージョンを使用している場合の各メッセージのサイズは最大 64 KB です。 それより前のバージョンでは、メッセージの最大サイズは 8 KB です。 メッセージは通常、キューの末尾に追加され、キューの先頭から取得されます。ただし、先入れ先出し (FIFO: first in, first out) 動作は保証されません。

64 KB を超えるメッセージを格納する必要がある場合は、メッセージ データを BLOB として格納またはテーブルに格納し、データへの参照をメッセージとしてキューに格納できます。

キュー サービスの REST API には、次の表に示す操作があります。

操作 説明
キュー サービスのプロパティを設定する キュー サービスのプロパティを設定します。
キュー サービスのプロパティを取得する キュー サービスのプロパティを取得します。
キューの一覧表示 指定したアカウントのすべてのキューを一覧表示します。
プレフライト キュー要求 実際の要求を送信する前に、キュー サービスのクロス オリジン リソース共有 (CORS) ルールをクエリします。
Get Queue Service Stats キュー サービスのレプリケーションに関連する統計情報を取得します。 読み取りアクセスの地理冗長レプリケーションがストレージ アカウントで有効なとき、この操作は 2 次拠点のエンドポイントでのみ使用できます。
キューの作成 指定したアカウントの下位に新しいキューを作成します。
キューの削除 キューを削除します。
Get Queue Metadata ユーザー定義のメタデータを含むキューのプロパティを返します。
キュー メタデータの設定 キューにユーザー定義メタデータを設定します。
Get Queue ACL キューに指定された、保存されているアクセス ポリシーの詳細を返します。
Set Queue ACL 共有アクセス署名で使用できるキューの保存されているアクセス ポリシーを設定します。
Put Message メッセージをキューに追加し、必要に応じてメッセージの表示タイムアウトを設定します。
メッセージの取得 キューからメッセージを取得し、コンシューマーから参照不可にします。
Peek Messages メッセージの可視性は変更せずに、キューの先頭からメッセージを取得します。
メッセージの削除 指定したメッセージをキューから削除します。
メッセージのクリア すべてのメッセージをキューからクリアします。
メッセージの更新 メッセージの表示タイムアウトまたはメッセージの内容、あるいはその両方を更新します。

このセクションの内容

キュー サービスの概念

キューに対する操作

メッセージに対する操作

参照

Storage Services REST