Configuration Manager のパッケージとプログラムPackages and programs in Configuration Manager

適用対象: System Center Configuration Manager (Current Branch)Applies to: System Center Configuration Manager (Current Branch)

Configuration Manager は、Configuration Manager 2007 で使用されていたパッケージとプログラムを引き続きサポートします。Configuration Manager continues to support packages and programs that were used in Configuration Manager 2007. 次のいずれかのツールまたはスクリプトを展開する場合、パッケージおよびプログラムを使用する展開は、アプリケーションよりも適切な場合があります。A deployment that uses packages and programs might be more suitable than an application when you deploy any of the following tools or scripts:

  • コンピューターにアプリケーションをインストールしない管理ツールAdministrative tools that don't install an application on a computer
  • 継続的に監視する必要がない "1 回限り" のスクリプト"One-off" scripts that don't need to be continually monitored
  • 定期的なスケジュールに従って実行され、グローバルの評価版を使用できないスクリプトScripts that run on a recurring schedule and can't use global evaluation

ヒント

Configuration Manager コンソールのスクリプト機能を使用することを検討してください。Consider using the Scripts feature in the Configuration Manager console. 先述のいくつかのシナリオでは、パッケージやプログラムを使用する代わりに、スクリプトの方がソリューションとして優れている可能性があります。Scripts may be a better solution for some of the preceding scenarios instead of using packages and programs.

以前のバージョンの Configuration Manager からパッケージを移行する場合、Configuration Manager 階層に展開できます。When you migrate packages from an earlier version of Configuration Manager, you can deploy them in your Configuration Manager hierarchy. 移行が完了したら、パッケージは、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースの [パッケージ] ノードに表示されます。After migration is complete, the packages appear in the Packages node in the Software Library workspace.

これらのパッケージは、ソフトウェア配布を使用する場合と同じように変更および展開できます。You can modify and deploy these packages in the same way you did by using software distribution. 定義に基づくパッケージの作成ウィザードは、レガシ パッケージをインポートするために Configuration Manager に残っています。The Import Package from Definition Wizard remains in Configuration Manager to import legacy packages. 公開通知は、Configuration Manager 2007 から Configuration Manager 階層に移行するときに、展開のために変換されます。Advertisements are converted to deployments when you migrate from Configuration Manager 2007 to a Configuration Manager hierarchy.

注意

Package Conversion Manager を使用して、パッケージとプログラムを Configuration Manager アプリケーションに変換します。Use Package Conversion Manager to convert packages and programs into Configuration Manager applications.

バージョン1806以降では、Package Conversion Manager は Configuration Manager と統合されています。Starting in version 1806, Package Conversion Manager is integrated with Configuration Manager. 詳細については、Package Conversion Manager に関するページを参照してください。For more information, see Package Conversion Manager.

パッケージでは、配布ポイント グループや監視など、Configuration Manager の新機能をいくつか使用できます。Packages can use some new features of Configuration Manager, including distribution point groups and monitoring. Configuration Manager のパッケージとプログラムを使用して、Microsoft Application Virtualization (App-v) アプリケーションを展開することはできません。You can't deploy Microsoft Application Virtualization (App-V) applications with packages and programs in Configuration Manager. 仮想アプリケーションを配布するには、これを Configuration Manager アプリケーションとして作成します。To distribute virtual applications, create them as Configuration Manager applications. 詳細については、「 app-v 仮想アプリケーションの展開」を参照してください。For more information, see Deploy App-V virtual applications.

パッケージとプログラムを作成するCreate a package and program

パッケージとプログラムの作成ウィザードを使用するUse the Create Package and Program wizard

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [アプリケーション管理] を展開して [パッケージ] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Application Management, and select the Packages node.

  2. リボンの [ホーム] タブの [作成] グループで、 [パッケージの作成] を選択します。In the Home tab of the ribbon, in the Create group, choose Create Package.

  3. パッケージとプログラムの作成ウィザード[パッケージ] ページで、次の情報を指定します。On the Package page of the Create Package and Program Wizard, specify the following information:

    • 名前: 最大 50 文字でパッケージの名前を指定します。Name: Specify a name for the package with a maximum of 50 characters.

    • 説明: 最大 128 文字でパッケージの説明を指定します。Description: Specify a description for this package with a maximum of 128 characters.

    • 製造元: Configuration Manager コンソールでパッケージを識別しやすいように、製造元の名前を指定します。Manufacturer (optional): Specify a manufacturer name to help you identify the package in the Configuration Manager console. この名前は 32 文字以下にします。This name can be a maximum of 32 characters.

    • 言語: 最大 32 文字でパッケージの言語バージョンを指定します。Language (optional): Specify the language version of the package with a maximum of 32 characters.

    • バージョン (オプション): 最大 32 文字でパッケージのバージョン番号を指定します。Version (optional): Specify a version number for the package with a maximum of 32 characters.

    • このパッケージにソース ファイルを含める: クライアント デバイスにソース ファイルが必要かどうかを示します。This package contains source files: This setting indicates whether the package requires source files to be present on client devices. 既定では、ウィザードはこのオプションを有効にせず、Configuration Manager はパッケージの配布ポイントを使用しません。By default, the wizard doesn't enable this option, and Configuration Manager doesn't use distribution points for the package. このオプションを選択する場合は、配布ポイントに配布するパッケージコンテンツを指定します。When you select this option, specify the package content to distribute to distribution points.

    • ソース フォルダー: パッケージにソース ファイルが含まれる場合は、 [参照] を選択して [ソース フォルダーの設定] ダイアログ ボックスを開き、パッケージのソース ファイルの場所を指定します。Source folder: If the package contains source files, choose Browse to open the Set Source Folder dialog box, and then specify the location of the source files for the package.

      注意

      サイト サーバーのコンピューター アカウントには、指定するソース フォルダーへの読み取りアクセス許可が必要です。The computer account of the site server must have read access permissions to the source folder that you specify.

    • バージョン 1906 以降では、クライアントでコンテンツを事前キャッシュする場合は、パッケージのアーキテクチャ言語を指定します。Starting in version 1906, if you want to pre-cache content on a client, specify the Architecture and Language of the package. 詳細については、「コンテンツの事前キャッシュを構成する」を参照してください。For more information, see Configure pre-cache content.

  4. パッケージとプログラムの作成ウィザード[プログラムの種類] ページで、作成するプログラムの種類を選択し、 [次へ] を選択します。On the Program Type page of the Create Package and Program Wizard, select the type of program to create, and then choose Next. コンピューターデバイス用にプログラムを作成することも、この手順をスキップして後からプログラムを作成することもできます。You can create a program for a computer or device, or you can skip this step and create a program later.

    ヒント

    既存のパッケージに新しいプログラムを作成するには、最初にパッケージを選択します。To create a new program for an existing package, first select the package. [ホーム] タブの [パッケージ] グループで、 [プログラムの作成] を選択し、プログラムの作成ウィザードを開きます。Then, in the Home tab, in the Package group, choose Create Program to open the Create Program Wizard.

標準プログラムを作成するCreate a standard program

  1. パッケージとプログラムの作成ウィザード[プログラムの種類] ページで、 [標準プログラム] を選択してから、 [次へ] を選択します。On the Program Type page of the Create Package and Program Wizard, choose Standard Program, and then choose Next.

  2. [標準プログラム] ページで、次の情報を指定します。On the Standard Program page, specify the following information:

    • 名前: 最大 50 文字でプログラムの名前を指定します。Name: Specify a name for the program with a maximum of 50 characters.

      注意

      プログラム名はパッケージ内で一意である必要があります。The program name must be unique within a package. プログラムを作成した後でその名前を変更することはできません。After you create a program, you can't modify its name.

    • コマンド ライン: このプログラムの起動に使用するコマンド ラインを入力するか、 [参照] を選択してファイルの場所を参照します。Command Line: Enter the command line to use to start this program, or choose Browse to browse to the file location.

      ファイル名の拡張子を指定しない場合、Configuration Manager は .com、.exe、および .bat の拡張子を使用しようとします。If you don't specify an extension for a file name, Configuration Manager attempts to use .com, .exe, and .bat as possible extensions.

      クライアントがプログラムを実行すると、Configuration Manager は次の場所でファイルを検索します。When the client runs the program, Configuration Manager searches for the file in the following locations:

      • パッケージ内Within the package
      • ローカルの Windows フォルダーThe local Windows folder
      • ローカル % path%The local %path%

      ファイルが見つからない場合、プログラムは失敗します。If it can't find the file, the program fails.

    • スタートアップ フォルダー (オプション): 最大 127 文字でプログラムの実行元フォルダーを指定します。Startup folder (optional): Specify the folder from which the program runs, up to 127 characters. このフォルダーには、クライアント上の絶対パスを指定できます。This folder can be an absolute path on the client. また、パッケージを含む配布ポイントフォルダーを基準とした相対パスを指定することもできます。It can also be a path that's relative to the distribution point folder that contains the package.

    • 実行: クライアント コンピューターでプログラムを実行する際のモードを指定します。Run: Specify the mode in which the program runs on client computers. 次のいずれかのオプションを選択します。Select one of the following options:

      • 標準: システムとプログラムの既定に応じた通常モードで動作します。Normal: The program runs in the normal mode based on system and program defaults. このモードが既定値です。This mode is the default.

      • 最小化: クライアント デバイスで最小化した、プログラムを実行します。Minimized: The program runs minimized on client devices. インストール状況は、通知エリアやタスク バーに表示される場合があります。Users might see installation activity in the notification area or on the taskbar.

      • 最大化: クライアント デバイスで最大化、プログラムを実行します。Maximized: The program runs maximized on client devices. ユーザーにはすべてのインストール動作が表示されます。Users see all installation activity.

      • 非表示: プログラムの実行がクライアント デバイスで非表示にします。Hidden: The program runs hidden on client devices. ユーザーにはインストール動作が一切表示されません。Users don't see any installation activity.

    • プログラムの実行条件: プログラムを、ユーザーがサインインしているときのみ実行するか、サインインしているユーザーがいないときのみ実行するか、またはユーザーがクライアント コンピューターにサインインしているかどうかに関係なく実行するかを指定します。Program can run: Specify whether the program runs only when a user is signed in, only when no user is signed in, or regardless of whether a user is signed in to the client computer.

    • 実行モード: プログラムを管理者のアクセス許可で実行するか、現在サインインしているユーザーのアクセス許可で実行するかを指定します。Run mode: Specify whether the program runs with administrative permissions or with the permissions of the user who's currently signed in.

    • プログラムのインストールの表示および対話をユーザーに許可する: この設定を使用して (使用可能な場合)、ユーザーがプログラムのインストールと対話できるかどうかを指定します。Allow users to view and interact with the program installation: Use this setting, if available, to specify whether to allow users to interact with the program installation. このオプションは、次の条件が満たされている場合にのみ使用できます。This option is only available if the following conditions are met:

      • プログラムの実行設定は、ユーザーがログオンしていない場合、またはユーザーがログオンしているかどうかにかかわらず、Program can run setting is Only when no user is logged on or Whether or not a user is logged on
      • 実行モード設定は管理者権限で実行するRun mode setting is to Run with administrative rights
    • ドライブ モード: ネットワーク上でこのプログラムを実行する方法に関する情報を指定します。Drive mode: Specify information about how this program runs on the network. 次のいずれかのオプションを選択します。Choose one of the following options:

      • UNC 名で実行する: プログラムを UNC (汎用名前付け規則) の名前で実行するように指定します。Runs with UNC name: Specify that the program runs with a Universal Naming Convention (UNC) name. この設定が既定です。This setting is the default.

      • ドライブ文字が必要: プログラムの場所を完全に修飾するためにドライブ文字が必要であることを指定します。Requires drive letter: Specify that the program requires a drive letter to fully qualify its location. この設定で Configuration Manager クライアントで利用可能なドライブ文字を使用できます。For this setting, Configuration Manager can use any available drive letter on the client.

      • 特定のドライブ文字が必要: プログラムの場所を完全に修飾するために指定した特定のドライブ文字が必要であることを指定します。Requires specific drive letter: Specify that the program requires a specific drive letter that you specify to fully qualify its location. 例: Z:For example, Z:. クライアントが指定されたドライブ文字を既に使用している場合は、プログラムは実行されません。If the client is already using the specified drive letter, the program doesn't run.

    • ログオン時に配布ポイントに再接続する: ユーザーがサインインしたときに、クライアントが配布ポイントに再接続するかどうかを示します。Reconnect to distribution point at log on: Indicate whether the client reconnects to the distribution point when the user signs in. 既定では、ウィザードはこのオプションを有効にしません。By default, the wizard doesn't enable this option.

  3. パッケージとプログラムの作成ウィザード[要件] ページで、次の情報を指定します。On the Requirements page of the Create Package and Program Wizard, specify the following information:

    • 別のプログラムを最初に実行: このパッケージとプログラムが実行される前に実行されるパッケージとプログラムを特定します。Run another program first: Identify a package and program that runs before this package and program runs.

    • プラットフォームの要件: [任意のプラットフォームで実行可能] または [指定したプラットフォームでのみ実行可能] を選択します。Platform requirements: Select This program can run on any platform or This program can run only on specified platforms. 次に、このパッケージとプログラムをインストールするためにクライアントが必要とする OS バージョンを選択します。Then choose the OS versions that clients must have to install this package and program.

    • 推定ディスク空き領域: プログラムをコンピューターで実行するために必要なディスク領域を指定します。Estimated disk space: Specify the amount of disk space that the program requires to run on the computer. 既定の設定は [不明] です。The default setting is Unknown. 必要に応じて、0以上の整数を指定します。If necessary, specify a whole number greater than or equal to zero. 値を設定する場合は、値の単位も選択します。If you set a value, also select units for the value.

    • 許容最長実行時間 (分) : プログラムをクライアント コンピューターで実行する最長時間を指定します。Maximum allowed run time (minutes): Specify the maximum time that you expect the program to run on the client computer. 既定値は 120 分です。The default value is 120 minutes. 0より大きい整数のみを使用してください。Only use whole numbers greater than zero.

      重要

      このプログラムを展開するのと同じコレクションでメンテナンス期間を使用する場合、[許可された最長実行時間] がスケジュールされたメンテナンス期間より長いと、競合が発生する可能性があります。If you use maintenance windows on the same collection to which you deploy this program, a conflict could occur if the Maximum allowed run time is longer than the scheduled maintenance window. 最長実行時間を [不明] に設定した場合、プログラムはメンテナンス期間中に実行を開始します。If you set the maximum run time to Unknown, the program starts to run during the maintenance window. メンテナンス期間が終了した後も、必要に応じて引き続き実行されます。It then continues to run as needed after the maintenance window is closed. 最長実行時間を、使用可能なメンテナンス期間よりも長い特定の期間に設定した場合、クライアントはプログラムを実行しません。If you set the maximum run time to a specific period that's greater than the length of any available maintenance window, then the client doesn't run the program.

      この値 [不明] に設定すると、Configuration Manager によって許容最長実行時間が 12 時間 (720 分) に設定されます。If you set this value to Unknown, Configuration Manager sets the maximum allowed run time as 12 hours (720 minutes).

      注意

      プログラムが最長実行時間を超えた場合、次の条件が満たされた場合、Configuration Manager はそのプログラムを停止します。If the program exceeds the maximum run time, Configuration Manager stops it if the following conditions are met:

      • [管理者権限で実行する] オプションを有効にします。You enable the option to Run with administrative rights
      • プログラムのインストールの表示および対話をユーザーに許可するオプションを有効にしません。You don't enable the option to Allow users to view and interact with the program installation

デバイス プログラムを作成するCreate a device program

  1. パッケージとプログラムの作成ウィザード[プログラムの種類] ページで、 [デバイスのプログラム] を選択してから、 [次へ] を選択します。On the Program Type page of the Create Package and Program Wizard, select Program for device, and then choose Next.

  2. [デバイスのプログラム] ページで、次の設定を指定します。On the Program for Device page, specify the following settings:

    • 名前: 最大 50 文字でプログラムの名前を指定します。Name: Specify a name for the program with a maximum of 50 characters.

      注意

      プログラム名はパッケージ内で一意である必要があります。The program name must be unique within a package. プログラムを作成した後でその名前を変更することはできません。After you create a program, you can't modify its name.

    • コメント (省略可能): 最大 127 文字でデバイス プログラムのコメントを指定します。Comment (optional): Specify a comment for this device program with a maximum of 127 characters.

    • ダウンロードフォルダー: パッケージソースファイルを格納するデバイス上のフォルダーの名前を指定します。Download folder: Specify the name of the folder on the device in which it will store the package source files. 既定値は \Temp\ です。The default value is \Temp\.

    • コマンドライン: このプログラムを開始するために使用するコマンドラインを入力します。Command Line: Enter the command line to use to start this program. ファイルの場所を参照するには、[参照] を選択します。To browse to the file location, choose Browse.

    • コマンド ラインをダウンロード フォルダーで実行する: ダウンロード フォルダーからプログラムを実行するには、このオプションをオンにします。Run command line in download folder: Select this option to run the program from the download folder.

    • コマンド ラインを次のフォルダーで実行する: プログラムの実行に別のフォルダーを指定するには、このオプションをオンにします。Run command line from this folder: Select this option to specify a different folder from which to run the program.

  3. [要件] ページで、次の設定を指定します。On the Requirements page, specify the following settings:

    • 推定ディスク空き領域: ソフトウェアに必要なディスク空き領域を指定します。Estimated disk space: Specify the amount of disk space that's required for the software. クライアントは、プログラムをインストールする前に、モバイルデバイスのユーザーにこの値を表示します。The client displays this value to mobile device users before they install the program.

    • ダウンロードプログラム: モバイルデバイスがこのプログラムをいつダウンロードできるかについての情報を指定します。Download program: Specify information about when the mobile device can download this program. [直ちに][高速ネットワーク経由のみ] 、または [デバイスがドッキングされているときのみ] を指定できます。You can specify As soon as possible, Only over a fast network, or Only when the device is docked.

    • 追加要件: このプログラムの追加の要件を指定します。Additional requirements: Specify any additional requirements for this program. ソフトウェアをインストールする前に、ユーザーにこれらの要件が表示されます。Users see these requirements before they install the software. たとえば、ユーザーをプログラムを実行する前に、その他のすべてのアプリケーションを閉じる必要があることを通知できます。For example, you could notify users that they need to close all other applications before running the program.

パッケージとプログラムを展開するDeploy packages and programs

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [アプリケーション管理] を展開して [パッケージ] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Application Management, and select the Packages node.

  2. 展開するパッケージを選択してください。Select the package that you want to deploy. リボンの [ホーム] タブの [展開] グループで、 [展開] を選択します。In the Home tab of the ribbon, in the Deployment group, choose Deploy.

  3. ソフトウェアの展開ウィザード[全般] ページで、展開するパッケージとプログラムの名前を指定します。On the General page of the Deploy Software Wizard, specify the name of the package and program that you want to deploy. パッケージとプログラムを展開するコレクションと、任意のコメントを選択します。Select the collection to which you want to deploy the package and program, and any optional comments.

    パッケージ コンテンツをコレクションの既定の配布ポイント グループに保存するには、 [このコレクションに関連付けられている既定の配布ポイント グループを使用する] オプションを選択します。To store the package content on the collection's default distribution point group, select the option to Use default distribution point groups associated to this collection. このコレクションを配布ポイント グループに関連付けなかった場合、このオプションは使用できません。If you didn't associate this collection with a distribution point group, this option is unavailable.

  4. [コンテンツ] ページで、[追加] を選択します。On the Content page, choose Add. このパッケージとプログラムのコンテンツを配布する配布ポイントまたは配布ポイントグループを選択します。Select the distribution points or distribution point groups to which you want to distribute the content for this package and program.

  5. [展開設定] ページで、次の設定を構成します。On the Deployment Settings page, configure the following settings:

    • [目的] : 次のいずれかのオプションを選択します。Purpose: Choose one of the following options:

      • [利用可能]: ユーザーは、発行されたパッケージとプログラムをソフトウェアセンターで確認し、必要に応じてインストールできます。Available: The user sees the published package and program in Software Center and can install it on demand.

      • [必須] : パッケージとプログラムは、構成されたスケジュールに従って自動的に展開されます。Required: The package and program is deployed automatically, according to the configured schedule. ソフトウェアセンターでは、展開ステータスを追跡し、期限前にインストールすることができます。In Software Center, you can track its deployment status and install it before the deadline.

      注意

      デバイスに複数のユーザーがサインインしている場合、パッケージとタスク シーケンスの展開がソフトウェア センターに表示されない場合があります。If multiple users are signed into the device, package and task sequence deployments may not appear in Software Center.

    • [ウェイクアップパケットを送信する]: 展開の目的を [必須] に設定し、このオプションを選択した場合、サイトは最初にインストールの期限時にコンピューターにウェイクアップパケットを送信します。Send wake-up packets: If you set the deployment purpose to Required and select this option, the site first sends a wake-up packet to computers at the installation deadline time. このオプションを使用する前に、Wake On LAN 用にコンピューターを構成します。Before you can use this option, configure computers for Wake On LAN. 詳細については、Wake On LAN を構成する方法に関するページを参照してください。For more information, see How to configure Wake on LAN.

    • インストールの期限後、クライアントが従量制のインターネット接続を使用してコンテンツをダウンロードできるようにする (追加料金が生じる可能性があります)Allow clients on a metered Internet connection to download content after the installation deadline, which might incur additional costs

    注意

    [ユーザーのプライマリ デバイスにソフトウェアを事前に展開する] オプションは、パッケージとプログラムを展開するときには使用できません。When you deploy a package and program, the option to Pre-deploy software to the user's primary device isn't available.

  6. [スケジュール] ページで、このパッケージとプログラムをクライアントデバイスに展開するタイミングを構成します。On the Scheduling page, configure when to deploy this package and program to client devices.

    このページのオプションは、展開操作を [利用可能] または [必須] のどちらに設定するかによって変わります。The options on this page vary depending on whether you set the deployment action to Available or Required.

    必要な展開の場合は、[再実行の動作] ドロップダウンメニューからプログラムの再実行の動作を構成します。For Required deployments, configure the rerun behavior for the program from the Rerun behavior drop-down menu. 次のオプションを選択します。Choose from the following options:

    再実行の動作Rerun behavior [説明]Description
    展開されたプログラムを再実行しないNever rerun deployed program クライアントはプログラムを再実行しません。The client won't rerun the program. この動作は、プログラムが最初に失敗した場合、またはプログラムファイルが変更された場合にも発生します。This behavior happens even if the program originally failed or if the program files are changed.
    プログラムを常に再実行するAlways rerun program 展開がスケジュールされている場合、クライアントは常にプログラムを再実行します。The client always reruns the program when the deployment is scheduled. この動作は、プログラムが既に正常に実行されている場合でも発生します。This behavior happens even if the program has already successfully run. これは、プログラムを更新するときに繰り返し展開する場合に便利です。It's useful with recurring deployments when you update the program.
    前回失敗した場合に再実行するRerun if failed previous attempt 展開がスケジュールされているときは、以前に実行を試みたときに失敗した場合のみ、クライアントによってプログラムが再実行されます。The client reruns the program when the deployment is scheduled, only if it failed on the previous run attempt.
    前回の試行に成功した場合は再実行するRerun if succeeded on previous attempt 以前にクライアントで正常に実行された場合にのみ、クライアントによってプログラムが再実行されます。The client reruns the program only if it previously ran successfully on the client. この動作は、プログラムを定期的に更新するときに繰り返し展開する場合に便利です。更新ごとに、前の更新プログラムが正常にインストールされている必要があります。This behavior is useful with recurring deployments when you routinely update the program, and each update requires the previous update to be successfully installed.
  7. [ユーザー側の表示と操作] ページで、次の情報を指定します。On the User Experience page, specify the following information:

    • [割り当てられたプログラムの個別の実行をユーザーに許可する] : ユーザーは、スケジュールされているインストール時刻に関係なく、このソフトウェアをソフトウェア センターからインストールできます。Allow users to run the program independently of assignments: Users can install this software from Software Center regardless of any scheduled installation time.

    • [ソフトウェアのインストール] : 構成されたメンテナンス期間外でソフトウェアをインストールできます。Software installation: Allows the software to be installed outside of any configured maintenance windows.

    • [システムの再起動 (インストールの完了に必要な場合)] : ソフトウェアのインストールを完了するためにデバイスの再起動が必要な場合は、構成されたメンテナンス期間外でこの操作を実行することを許可します。System restart (if required to complete the installation): If the software installation requires a device restart to finish, allow this action to happen outside of any configured maintenance windows.

    • [埋め込みデバイス] : 書き込みフィルターが有効になっている Windows Embedded デバイスにパッケージとプログラムを展開する場合、一時的なオーバーレイにパッケージとプログラムをインストールするように指定し、後で変更をコミットできます。Embedded devices: When you deploy packages and programs to Windows Embedded devices that are write-filter-enabled, you can specify that they install packages and programs on the temporary overlay and commit changes later. あるいは、インストールの期限またはメンテナンス期間中に変更をコミットします。Alternately, commit the changes on the installation deadline or during a maintenance window. インストールの期限またはメンテナンス期間中に変更をコミットする場合は、再起動が必要になります。再起動すると、デバイスに変更が保持されます。When you commit changes on the installation deadline or during a maintenance window, a restart is required, and the changes persist on the device.

      注意

      パッケージまたはプログラムを Windows Embedded デバイスに展開するときに、デバイスを構成されたメンテナンス ウィンドウを持つコレクションのメンバーであることを確認します。When you deploy a package or program to a Windows Embedded device, make sure that the device is a member of a collection that has a configured maintenance window. Windows Embedded デバイスにパッケージとプログラムを展開する場合にメンテナンス期間を使用する方法の詳細については、「Windows Embedded アプリケーションの作成」を参照してください。For more information about how maintenance windows are used when you deploy packages and programs to Windows Embedded devices, see Creating Windows Embedded applications.

  8. [配布ポイント] ページで、次の情報を指定します。On the Distribution Points page, specify the following information:

    • 展開オプション: 現在の境界グループ内の配布ポイントを使用する場合のクライアントのアクションを指定します。Deployment options: Specify the action that a client when it uses a distribution point in its current boundary group. また、クライアントが近隣の境界グループまたは既定のサイト境界グループの配布ポイントを使用している場合は、このアクションを選択します。Also select the action for the client when it uses a distribution point from a neighbor boundary group or the default site boundary group.

      重要

      配布ポイントからプログラムを実行するように展開オプションを構成する場合は、パッケージのプロパティの [データアクセス] タブで、[このパッケージのコンテンツを配布ポイントのパッケージ共有にコピーする] オプションを必ず有効にしてください。If you configure the deployment option to Run program from distribution point, make sure to enable the option to Copy the content in this package to a package share on distribution points on the Data Access tab of the package properties. それ以外の場合は、パッケージを配布ポイントから実行することはできません。Otherwise the package is unavailable to run from distribution points.

    • [既定サイトの境界グループからの配布ポイントの使用をクライアントに許可する] : このコンテンツが現在または近隣の境界グループの配布ポイントから使用できない場合は、このオプションを有効にして、サイトの既定の境界グループ内の配布ポイントを試せるようにします。Allow clients to use distribution points from the default site boundary group: When this content isn't available from any distribution point in the current or neighbor boundary groups, enable this option to let them try distribution points in the site default boundary group.

  9. ウィザードを完了します。Complete the wizard.

展開を選択すると、 [監視] ワークスペースの [展開] ノードおよび [パッケージ展開] タブの詳細ウィンドウに展開が表示されます。View the deployment in the Deployments node of the Monitoring workspace and in the details pane of the package deployment tab when you select the deployment. 詳しくは、「パッケージとプログラムを監視する」を参照してください。For more information, see Monitor packages and programs.

パッケージとプログラムを監視するMonitor packages and programs

パッケージおよびプログラムの展開を監視するには、「アプリケーションの監視」で詳しく説明されている、アプリケーションを監視する場合と同じ方法を使用できます。To monitor package and program deployments, use the same procedures that you use to monitor applications as detailed in Monitor applications.

また、パッケージとプログラムには、パッケージとプログラムの展開状況の情報を監視できる、複数の組み込みレポートも含まれています。Packages and programs also include a number of built-in reports, which enable you to monitor information about the deployment status of packages and programs. これらのレポートのレポート カテゴリをある ソフトウェアの配布-パッケージとプログラムソフトウェアの配布-パッケージとプログラムの展開ステータスです。These reports have the report category of Software Distribution – Packages and Programs and Software Distribution – Package and Program Deployment Status.

Configuration Manager でのレポートの構成方法に関して詳しくは、「Configuration Manager のレポート」をご覧ください。For more information about how to configure reporting in Configuration Manager, see Reporting in Configuration Manager.

パッケージとプログラムを管理するManage packages and programs

[ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースで、 [アプリケーション管理] を展開して [パッケージ] ノードを選択します。In the Software Library workspace, expand Application Management, and select the Packages node. 管理するパッケージを選択し、管理タスクを選択します。Select the package that you want to manage, and then choose a management task.

事前設定コンテンツ ファイルの作成Create Prestage Content File

事前設定コンテンツファイルの作成ウィザードを開き、パッケージコンテンツを含むファイルを作成します。Opens the Create Prestaged Content File Wizard, to create a file that contains the package content. リモート配布ポイントにパッケージを手動でインポートするには、このファイルを使用します。Use this file to manually import the package to a remote distribution point. このアクションは、サイト サーバーと配布ポイント間のネットワーク帯域幅が低い場合に便利です。This action is useful when you have low network bandwidth between the site server and the distribution point.

プログラムの作成Create Program

プログラムの作成ウィザードを開き、このパッケージに新しいプログラムを作成します。Opens the Create Program Wizard, to create a new program for this package.

エクスポートExport

パッケージのエクスポート ウィザードを開き、選択したパッケージとそのコンテンツをファイルにエクスポートします。Opens the Export Package Wizard, to export the selected package and its content to a file. ファイルを別の階層にインポートするには、このファイルを使用します。Use this file to import the file to another hierarchy.

パッケージとプログラムをインポートする方法については、「パッケージとプログラムを作成する」を参照してください。For information about how to import packages and programs, see Create packages and programs.

[展開]Deploy

ソフトウェアの展開ウィザードを開き、選択したパッケージとプログラムをコレクションに展開します。Opens the Deploy Software Wizard, to deploy the selected package and program to a collection. 詳しくは、「パッケージとプログラムを展開する」を参照してください。For more information, see Deploy packages and programs.

コンテンツの配布Distribute content

コンテンツの配布ウィザードを開き、パッケージとプログラムのコンテンツを選択した配布ポイントまたは配布ポイントグループに送信します。Opens the Distribute Content Wizard, to send the content for a package and program to selected distribution points or distribution point groups.

配布ポイントの更新Update distribution points

配布ポイントを選択されたパッケージやプログラムの最新のコンテンツで更新します。Updates distribution points with the latest content for the selected package and program.

関連項目See also