System Center Configuration Manager のバージョン 1702 の新機能What's new in version 1702 of System Center Configuration Manager

適用対象: System Center Configuration Manager (Current Branch)Applies to: System Center Configuration Manager (Current Branch)

System Center Configuration Manager の現在のブランチの更新プログラム 1702 は、以前にインストールされておりバージョン 1602, 1606 または 1610 を実行しているサイトを対象とする、コンソール内の更新プログラムとして利用可能です。Update 1702 for System Center Configuration Manager current branch is available as an in-console update for previously installed sites that run version 1602, 1606, or 1610. また、新しい展開をインストールするときに使用する基準のバージョンとしても利用可能です。It is also available as a baseline version you can use when installing a new deployment.

ヒント

新しいサイトをインストールするには、Configuration Manager の基準バージョンを使用する必要があります。To install a new site, you must use a baseline version of Configuration Manager.
詳細については、下記のリンクをクリックしてください。Learn more about:

次の各セクションでは、Configuration Manager のバージョン 1702 で導入された変更点および新機能について詳しく説明します。The following sections provide details about changes and new capabilities introduced in version 1702 of Configuration Manager.

非推奨の機能とオペレーティング システムDeprecated features and operating systems

「System Center Configuration Manager から削除された機能と非推奨の機能」で適用する前のサポートに関する変更点について説明します。Learn about support changes before they are implemented in removed and deprecated features.

バージョン 1702 では、次の製品のサポートを廃止します。Version 1702 drops support for the following products:

  • SQL Server 2008 R2 (サイト データベース サーバー用)。SQL Server 2008 R2, for site database servers. サポートの廃止が最初に発表されたのは、2015 年 7 月 10 日でした。Deprecation of support was first announced on July 10, 2015. 使用している Configuration Manager のバージョンが 1702 より前のバージョンである場合、このバージョンの SQL Server は引き続きサポートされます。This version of SQL Server remains supported when you use a Configuration Manager version prior to version 1702.
  • Windows Server 2008 R2 (サイト システム サーバーとほとんどのサイト システムの役割用)。Windows Server 2008 R2, for site system servers and most site system roles. サポートの廃止が最初に発表されたのは、2015 年 7 月 10 日でした。Deprecation of support was first announced on July 10, 2015. 使用している Configuration Manager のバージョンが 1702 より前のバージョンである場合、このバージョンの Windows は引き続きサポートされます。This version of Windows remains supported when you use a Configuration Manager version prior to version 1702.
  • Windows Server 2008 (サイト システム サーバーとほとんどのサイト システムの役割用)。Windows Server 2008, for site system servers and most site system roles. サポートの廃止が最初に発表されたのは、2015 年 7 月 10 日でした。Deprecation of support was first announced on July 10, 2015.
  • Windows XP Embedded (クライアント オペレーティング システムとして)。Windows XP Embedded, as a client operating system. 廃止が最初に発表されたのは、2015 年 7 月 10 日でした。Deprecation was first announced on July 10, 2015. 使用している Configuration Manager のバージョンが 1702 より前のバージョンである場合、このバージョンの Windows は引き続きサポートされます。This version of Windows remains supported when you use a Configuration Manager version prior to version 1702.

サイトのインフラストラクチャSite infrastructure

Configuration Manager コンソールでの検索機能の強化の内容を次に示します。The following are improvements to using search in the Configuration Manager console:

  • オブジェクトのパス:Object Path:
    多くのオブジェクトがオブジェクトのパスという名前の列をサポートするようになりました。Many objects now support a column named Object Path. 検索時に、この列を表示結果に含めると、各オブジェクトへのパスを表示できます。When you search and include this column in your display results, you can view the path to each object. たとえば、[アプリケーション] ノードでアプリの検索を実行し、さらにサブノードも検索する場合、結果ウィンドウの オブジェクトのパス列には、返された各オブジェクトへのパスが表示されます。For example, if you run a search for apps in the Applications node and are also searching sub-nodes, the Object Path column in the results pane will show you the path to each object that is returned.
  • 検索テキストの保持Preservation of search text:
    検索テキスト ボックスにテキストを入力した後で、検索対象をサブノードから現在のノードに切り替えた場合 (逆の場合も)、入力したテキストは保持されるようになったため、新しい検索でテキストを再入力せずにそのまま使用できます。When you enter text into the search text box, and then switch between searching a sub-node and the current node, the text that you typed will now persist and remain available for a new search without having to reenter it.

  • サブノードを検索するかどうかの選択の保持Preservation of your decision to search sub-nodes:
    現在のノードまたはすべてのサブノードを検索するために選択するオプションは、作業するノードを変更しても保持されるようになりました。The option that you choose for searching the current node or all sub-nodes now persists when you change the node you are working in. この新しい動作により、コンソール内を移動するたびに、オプションを再設定する必要がなくなりました。This new behavior means that you do not need to constantly reset this decision as you move around the console. 既定では、コンソールを開くと、オプションは現在のノードのみを検索する設定となります。By default, when you open the console the option is to search only the current node.

Configuration Manager コンソールからフィードバックを送信するSend feedback from the Configuration Manager console

コンソール内のフィードバック オプションを使用すれば、開発チームに直接フィードバックを送信することができます。You can use the in-console feedback options to send feedback directly to the development team.

[フィードバック] オプションは、次の場所に表示されます。You can find the Feedback option:

更新プログラムとサービスの変更Changes for Updates and Servicing

更新プログラムとサービスの変更を次に示します。The following are changes for Updates and Servicing:

  • ノードの場所 Node location
    バージョン 1702 をインストールすると、[管理] の下に [更新プログラムとサービス] ノードが最上位ノードとして表示されます。After installing version 1702, the Updates and Servicing node appears as a top-level node under Administration. [クラウド サービス] の子ノードではなくなりました。It is no longer a child node below Cloud Services.

  • 新しい更新プログラムの状態New update states
    コンソール内で使用可能な更新プログラムを確認する場合、次の 2 つの状態が表示されるようになりました。When you view available updates in the console, there are two new states:

    • インストールが可能 - これは、ダウンロードが完了していて、いつでもインストールできる状態にある更新プログラムです。Available for install - This is an update that has been downloaded and ready to install.
    • ダウンロードの準備ができました - この更新プログラムは使用できますが、まだダウンロードされていません。Ready for download - This update is available, but has not been downloaded. この更新プログラムのダウンロードを選択することもできますが、より新しい更新プログラムによって置き換えられています。You can choose to download this update, but it has been superseded by a more recent update.
  • 簡単になった更新プログラムの選択Simpler update choices
    次の更新時に、お使いのインフラストラクチャで複数の更新プログラムが適用対象になった場合、最新の更新プログラムのみがダウンロードされます。The next time your infrastructure qualifies for two or more updates, only the latest update is downloaded. たとえば、現在のサイト バージョンが、リリースされている最新バージョンよりも 2 つ以上古い場合、その最新の更新プログラム バージョンのみが自動的にダウンロードされます。For example, if your current site version is two or more older than the most recent version that is available, only that most recent update version is downloaded automatically.

    リリース済みのその他の更新プログラムが最新バージョンではない場合でも、ダウンロードしてインストールすることができます。You can choose to download and install the other available updates, even when they are not the most current version. 古い更新プログラムをダウンロードした場合、その更新プログラムは新しい更新プログラムで置き換えられたという警告が表示されます。If you download an older update, you will receive a warning that the update has been replaced by a newer one. [ダウンロード可能] と表示される更新プログラムをダウンロードするには、コンソールで更新プログラムを選択し、[ダウンロード] をクリックします。To download an update that is Available to Download, select the update in the console and then click Download.

  • 古い更新プログラムのクリーンアップの改善 Improved cleanup of older updates
    サイト サーバー上の ‘EasySetupPayload’ フォルダーから不要なダウンロードを削除する自動クリーンアップ機能を追加しました。We added an automatic clean-up function that deletes the unneeded downloads from the ‘EasySetupPayload’ folder on your site server. クリーンアップ機能は、バージョン 1702 で導入されているため、更新プログラムのロールアップや今後の更新プログラムのバージョンなど、後続の更新プログラムをインストールした後で動作し始めます。Because this is introduced with version 1702, cleanup begins to work after installing a subsequent update like an update rollup or future update version.

データ ウェアハウス サービス ポイントData Warehouse service point

データ ウェアハウス サービス ポイントを使用して、Configuration Manager 展開の長期的な履歴データを格納およびレポートできるようになりました。Use the Data Warehouse service point to store and report on long-term historical data for your Configuration Manager deployment.

データ ウェアハウスでは、最大 2 TB のデータをサポートし、変更追跡にはタイムスタンプが使用されます。The data warehouse supports up to 2 TB of data, with timestamps for change tracking. データの格納は、Configuration Manager サイト データベースからデータ ウェアハウス データベースへの自動化された同期によって達成されます。Storage of data is accomplished by automated synchronizations from the Configuration Manager site database to the data warehouse database. この情報には、レポート サービス ポイントからアクセスできます。This information is then accessible from your Reporting Services point.

詳細については、「データ ウェアハウス サービス ポイント」を参照してください。For more information, see The Data Warehouse service point.

ピア キャッシュの改善Peer Cache improvements

バージョン 1702 以降、ピア キャッシュ ソース コンピューターが次のいずれかの条件を満たす場合、ピア キャッシュ ソース コンピューターはコンテンツの要求を拒否するようになります。Beginning with version 1702, a peer cache source computer will reject a request for content when the peer cache source computer meets any of the following conditions:

  • バッテリ低下モードの場合。Is in low battery mode.
  • コンテンツの要求時に CPU 負荷が 80% を超えている場合。CPU load exceeds 80% at the time the content is requested.
  • ディスク I/O の AvgDiskQueueLength が 10 を超えている場合。Disk I/O has an AvgDiskQueueLength that exceeds 10.
  • 新たにコンピューターに接続できない場合。There are no more available connections to the computer.
    詳細については、「Configuration Manager クライアントのピア キャッシュ」 の「Limited access to a peer cache source」 (ピア キャッシュ ソースへのアクセスの制限) を参照してください。For more information, see Limited access to a peer cache source in Peer Cache for Configuration Manager clients.

さらに、3 つの新しいレポートがレポート ポイントに追加されます。Additionally, three new reports are added to your reporting point. これらのレポートを使用すれば、問題のあった境界グループ、コンピューター、コンテンツなど、拒否されたコンテンツ要求に関する詳細を把握することができます。You can use these reports to understand more details about rejected content requests, including which boundary group, computer, and content was involved. ピア キャッシュ トピックの 「Monitoring」 (監視) を参照してください。See Monitoring in the peer cache topic.

コンテンツ ライブラリのクリーンアップ ツールContent library cleanup tool

コンテンツが既にアプリケーションに関連していない場合は、コンテンツ ライブラリのクリーンアップ ツール を使用して、配布ポイントから該当するコンテンツを削除します。Use the content library cleanup tool to remove content from distribution points when that content is no longer associated with an application.

Azure Government Cloud で OMS コネクタを使用するUse the OMS connector with the Azure Government cloud

OMS コネクタを使用すれば、Microsoft Azure Government Cloud 内の OMS Log Analytics に接続することができます。You can use the OMS connector to connect to OMS Log Analytics in Microsoft Azure Government cloud. そのためには、OMS コネクタが Government Cloud と連携するように構成ファイルを変更してから OMS コネクタをインストールする必要があります。This requires you to modify a configuration file before you install the OMS connector so that the connector can work with the Government cloud. 詳細については、「Use the OMS connector with the Azure Government cloud」 (Azure Government Cloud で OMS コネクタを使用する) を参照してください。For more information, see Use the OMS connector with the Azure Government cloud.

境界グループへのソフトウェア更新ポイントの追加Software update points are added to boundary groups

バージョン 1702 以降では、クライアントは境界グループを使用して、新しいソフトウェアの更新ポイントを検索します。また、現在のソフトウェアの更新ポイントにアクセスできなくなっている場合は、フォールバックして新しいソフトウェアの更新ポイントを検索します。Beginning with version 1702, clients use boundary groups to find a new software update point, and to fallback and find a new software update point if their current one is no longer accessible. ソフトウェアの更新ポイントをそれぞれ異なる境界グループに追加して、クライアントで検索できるサーバーを制御できます。You can add individual software update points to different boundary groups to control which servers a client can find. 詳細については、境界グループの構成に関するトピックのソフトウェアの更新ポイントの記述を参照してください。For more information, see software update points in the configuring boundary groups topic.

コンプライアンス設定Compliance settings

iOS 用の新しいコンプライアンス設定New compliance settings for iOS

Microsoft Intune で使用できるように整合させるために、iOS デバイス用の新しい設定を多数追加しました。We've added many new settings for iOS devices to match those available with Microsoft Intune. 使用可能な設定をすべて掲載した一覧については、「Intune で管理されている iOS および Mac OS X デバイスの構成項目を作成する方法」 を参照してください。For a list of all available settings, see Create configuration items for iOS and Mac OS X devices managed with Intune.

アプリケーション管理Application Management

ビジネス向け Windows ストアのアプリのサポート強化Improved support for Windows Store for Business apps

オンラインでライセンスされたアプリを、ビジネス向け Windows ストアから、Configuration Manager クライアントを使用して管理する Windows 10 PC に展開できるようになりました。You can now deploy online licensed apps from the Windows Store for Business to Windows 10 PCs that you manage using the Configuration Manager client. 詳細については、「ビジネス向け Windows ストアからのアプリの管理」 を参照してください。For more information, see Manage apps from the Windows Store for Business.

アプリケーションをインストールする前に実行中の実行可能ファイルを確認するCheck for running executable files before installing an application

展開の種類の [プロパティ] ダイアログ ボックスの [インストールの処理] タブで、実行可能ファイルが実行中の場合、その展開の種類のインストールをブロックする実行可能ファイルの 1 つを指定できるようになりました。In the Properties dialog box of a deployment type, on the Install Behavior tab, you can now specify one of more executable files that, if running, will block the installation of the deployment type. ユーザーは、その展開の種類をインストールするには、実行中の実行可能ファイルを終了する必要があります (または、展開の目的が必須の場合は自動的に終了することができます)。The user must close the running executable file (or it can be closed automatically for deployments with a purpose of required) before the deployment type can be installed.

アプリケーションの展開が [使用可能] で、エンド ユーザーがアプリケーションをインストールしようとすると、インストールを続行する前に、指定した実行中の実行可能ファイルを終了するようにユーザーに求めます。If the application was deployed as Available, and an end user tries to install an application, they will be prompted to close any running executables you specified before they can proceed with the installation.

アプリケーションの展開が [必須] で、オプション [[展開の種類プロパティ] ダイアログ ボックスの [インストールの処理] タブで指定した実行中の実行可能ファイルをすべて自動的に閉じる] がオンの場合、アプリケーションのインストール期限に達したときに、指定した実行可能ファイルが自動的に閉じられることを通知するダイアログ ボックスが表示されます。If the application was deployed as Required, and the option Automatically close any running executables you specified on the install behavior tab of the deployment type properties dialog box is selected, they will see a dialog box which informs them that executables you specified will be automatically closed when the application installation deadline is reached.

ハイブリッド MDM でのアプリケーション管理の強化App management improvements for hybrid MDM

オペレーティング システムの展開Operating system deployment

スタンドアロン メディアの有効期限の設定Expire stand-alone media

スタンドアロン メディアを作成する場合に、メディアに対して、必要に応じて開始日と有効期限を設定するための新しいオプションが追加されました。When you create standalone media, there are new options to set optional start and expiration dates on the media. これらの設定は既定では無効になっています。These settings are disabled by default. スタンドアロン メディアが実行される前に、この日付はコンピューター上のシステム時刻と比較されます。The dates are compared to the system time on the computer before the stand-alone media runs. システム時刻が開始時刻より前か、有効期限より後の場合、スタンドアロン メディアは開始されません。When the system time is earlier than the start time or later than the expiration time, the stand-alone media is not started. これらのオプションは、New-CMStandaloneMedia PowerShell コマンドレットを使用して利用することもできます。These options are also available by using the New-CMStandaloneMedia PowerShell cmdlet. 詳細については、スタンドアロン メディアの作成に関するトピックを参照してください。For details, see Create stand-alone media.

タスク シーケンス ステップでのパッケージ ID の表示Package ID displayed in task sequence steps

パッケージ、ドライバー パッケージ、オペレーティング システム イメージ、ブート イメージ、またはオペレーティング システム アップグレード パッケージを参照するすべてのタスク シーケンス ステップで、参照されるオブジェクトのパッケージ ID が表示されるようになりました。Any task sequence step that references a package, driver package, operating system image, boot image, or operating system upgrade package will now display the package ID of the referenced object. タスク シーケンス ステップでは、アプリケーションの参照時にオブジェクト ID が表示されます。When a task sequence step references an application, it will display the object ID.

スタンドアロン メディアでの追加のコンテンツのサポートSupport for additional content in stand-alone media

スタンドアロン メディアで追加のコンテンツがサポートされるようになりました。Additional content is now supported in stand-alone media. 追加のパッケージ、ドライバー パッケージ、およびアプリケーションを選択し、タスク シーケンスで参照される他のコンテンツと共にメディアにステージングすることができます。You can select additional packages, driver packages, and applications to be staged on the media along with the other content referenced in the task sequence. 以前は、タスク シーケンスで参照されるコンテンツのみがスタンドアロン メディアにステージングされていました。Previously, only content referenced in the task sequence was staged on stand-alone media. 詳細については、スタンドアロン メディアの作成に関するトピックを参照してください。For details, see Create stand-alone media.

ハードウェア インベントリでの UEFI 情報の収集Hardware inventory collects UEFI information

新しいハードウェア インベントリ クラス (SMS_Firmware) とプロパティ (UEFI) は、コンピューターが UEFI モードで起動しているかどうかを判別するのに役立ちます。A new hardware inventory class (SMS_Firmware) and property (UEFI) are available to help you determine whether a computer starts in UEFI mode. コンピューターが UEFI モードで起動している場合、UEFI プロパティは TRUE に設定されています。When a computer is started in UEFI mode, the UEFI property is set to TRUE. これはハードウェア インベントリでは既定で有効になっています。This is enabled in hardware inventory by default. ハードウェア インベントリの詳細については、「ハードウェア インベントリを構成する方法」を参照してください。For more information about hardware inventory, see How to configure hardware inventory.

影響の大きいタスク シーケンスに関するソフトウェア センターの警告メッセージの改善Improvements to Software Center warning messages for high-impact task sequences

このリリースでは、影響の大きい展開タスク シーケンスに関するソフトウェア センターの警告メッセージについて、次の点が改善されています。This release includes the following improvements to Software Center warning messages for high-impact deployment task sequences:

  • タスク シーケンスのプロパティで、危険性が高い展開として、オペレーティング システム以外のタスク シーケンスを含め、任意のタスク シーケンスを構成できます。In the properties for the task sequence, you can now configure any task sequence, including non-operating system task sequences, as a high-risk deployment. 特定の条件を満たす任意のタスク シーケンスは、影響度大として自動的に定義されます。Any task sequence that meets certain conditions is automatically defined as high-impact. 詳細については、「System Center Configuration Manager の危険度の高い展開を管理するための設定」を参照してください。For details, see Manage high-risk deployments.
  • タスク シーケンスのプロパティでは、影響の大きい展開について既定の通知メッセージを使用するか、独自のカスタム通知メッセージを作成することができます。In the properties for the task sequence, you can choose to use the default notification message or create your own custom notification message for high-impact deployments.
  • タスク シーケンスのプロパティでは、ソフトウェア センターのプロパティ (再起動を必須にする、タスク シーケンスのダウンロード サイズ、推定実行時間など) を構成できます。In the properties for the task sequence, you can configure Software Center properties, which include make a restart required, the download size of the task sequence, and the estimated run time.
  • インプレース アップグレードの既定の影響の大きい展開のメッセージには、アプリ、データ、および設定が自動的に移行されると表示されるようになりました。The default high-impact deployment message for in-place upgrades now states that your apps, data, and settings are automatically migrated. 以前のバージョンでは、オペレーティング システムのインストールに関する既定のメッセージには、すべてのアプリ、データ、および設定が失われると表示されていましたが、これはインプレース アップグレードの場合は該当しない内容でした。Previously, the default message for any operating system installation indicated that all apps, data, and settings would be lost, which was not true for an in-place upgrade.

詳細については、影響の大きいタスク シーケンス設定の構成に関するトピックを参照してください。For details, see Configure high-impact task sequence settings

タスク シーケンスが失敗した場合に前のページに戻るReturn to previous page when a task sequence fails

タスク シーケンスを実行し、エラー害が発生した場合に、前のページに戻ることができるようになりました。You can now return to a previous page when you run a task sequence and there is a failure. これより前のリリースでは、エラーが発生すると、タスク シーケンスを再起動する必要があります。Prior to this release, you had to restart the task sequence when there was a failure. たとえば、次のシナリオでは [前へ] ボタンを使用できます。For example, you can use the Previous button in the following scenarios:

  • Windows PE でコンピューターを起動する場合、タスク シーケンスが使用できるようになる前に、タスク シーケンス ブートス トラップ ダイアログ ボックスが表示される場合があります。When a computer starts in Windows PE, the task sequence bootstrap dialog might display before the task sequence is available. このシナリオで [次へ] をクリックすると、タスク シーケンスの最終ページが表示され、使用できるタスク シーケンスがないことを示すメッセージが示されます。When you click Next in this scenario, the final page of the task sequence displays with a message that there are no task sequences available. ここで、[前へ] をクリックすれば、使用できるタスク シーケンスをもう一度検索することができます。Now, you can click Previous to search again for available task sequences. タスク シーケンスが使用可能になるまで、このプロセスを繰り返すことができます。You can repeat this process until the task sequence is available.
  • タスク シーケンスを実行しても、依存するコンテンツ パッケージが配布ポイントでまだ使用できない場合、タスク シーケンスは失敗します。When you run a task sequence, but dependent content packages are not yet available on distribution points, the task sequence fails. 存在しないコンテンツを配布するか (そのコンテンツがまだ配布されていない場合)、またはコンテンツが配布ポイントで使用できるようになるまで待機してから、[前へ] をクリックしてコンテンツでタスク シーケンスを検索します。You can now distribute the missing content (if it wasn’t distributed yet) or wait for the content to be available on distribution points, and then click Previous to have the task sequence search again for the content.

利用可能な展開とタスク シーケンスのコンテンツを事前キャッシュするPre-cache content for available deployments and task sequences

バージョン 1702 以降、利用可能な展開とタスク シーケンスのコンテンツを事前キャッシュする機能を使用できるようになりました。Beginning in version 1702, for available deployments of task sequences, you can choose to use pre-cache content. コンテンツの事前キャッシュ機能には、クライアントが展開を受信してすぐに適用可能なコンテンツのみをダウンロードできるようにするオプションが用意されています。Pre-cache content gives you the option to allow the client to only download the applicable content as soon as it receives the deployment. したがって、ユーザーがソフトウェア センターで [インストール] をクリックすると、コンテンツはローカルのハード ドライブ上にあるため、コンテンツは準備完了の状態にあり、インストールが迅速に開始されます。Therefore, when the user clicks Install in Software Center, the content is ready and the installation starts quickly because the content is on the local hard drive. 詳細については、「Configure pre-cache content」 (コンテンツの事前キャッシュを構成する) を参照してください。For details, see Configure pre-cache content.

インプレース アップグレード時に BIOS から UEFI に変換するConvert from BIOS to UEFI during an in-place upgrade

Windows 10 Creators Update では、EFI 対応ハードウェアのハード ディスクのパーティションを再分割するプロセスを自動化する簡単な変換ツールが導入され、変換ツールは Windows 7 から Windows 10 へのインプレース アップグレード プロセスに統合されます。Windows 10 Creators Update introduces a simple conversion tool that automates the process to repartition the hard disk for UEFI-enabled hardware and integrates the conversion tool into the Windows 7 to Windows 10 in-place upgrade process. このツールをオペレーティング システムのアップグレード タスク シーケンスと、ファームウェアを BIOS から UEFI に変換する OEM ツールと組み合わせて使用する場合、Windows 10 Creators Update へのインプレース アップグレード時にコンピューターを BIOS から UEFI に変換することができます。When you combine this tool with your operating system upgrade task sequence and the OEM tool that converts the firmware from BIOS to UEFI, you can convert your computers from BIOS to UEFI during an in-place upgrade to the Windows 10 Creators Update. 詳細については、「Task sequence steps to manage BIOS to UEFI conversion」(BIOS からUEFI への変換を管理するためのタスク シーケンス手順) を参照してください。For details, see Task sequence steps to manage BIOS to UEFI conversion.

[アプリケーションのインストール] タスク シーケンスのステップの向上Improvements to the Install Applications task sequence step

このバージョンでは、次の機能強化が実施されています。This version introduced the following improvements:

  • [アプリケーションのインストール] タスク シーケンス ステップで、インストールできるアプリケーションの最大数が 99 に増えました。Increased the maximum number of applications that you can install to 99 in the Install Applications task sequence step. 以前のアプリケーションの最大数は 9 でした。The previous maximum number was 9 applications.
  • タスク シーケンス エディターでアプリケーションのインストール タスク シーケンス ステップにアプリケーションを追加する場合に、[インストールするアプリケーションの選択] ウィンドウから複数のアプリケーションを選択できるようになりました。When you add applications to the Install Applications task sequence step in the task sequence editor, you can now select multiple applications from the Select the application to install pane.

[ドライバーの自動適用] タスク シーケンスの機能強化Improvements to the Auto Apply Driver task sequence

HTTP カタログの要求時に [ドライバーの自動適用] タスク シーケンス ステップでタイムアウト値を構成する場合に、新しいタスク シーケンス変数を使用できるようになりました。New task sequence variables are now available to configure the timeout value on the Auto Apply Driver task sequence step when making HTTP catalog requests. 次の変数と既定値 (秒) を使用できます。The following variables and default values (in seconds) are available:

  • SMSTSDriverRequestResolveTimeOutSMSTSDriverRequestResolveTimeOut
    既定値: 60Default: 60
  • SMSTSDriverRequestConnectTimeOutSMSTSDriverRequestConnectTimeOut
    既定値: 60Default: 60
  • SMSTSDriverRequestSendTimeOutSMSTSDriverRequestSendTimeOut
    既定値: 60Default: 60
  • SMSTSDriverRequestReceiveTimeOutSMSTSDriverRequestReceiveTimeOut
    既定値: 480Default: 480

ビルド バージョンによる Windows 10 ADK の追跡Windows 10 ADK tracked by build version

ビルド バージョンで Windows 10 ADK を追跡できるようになりました。これで、Windows 10 ブート イメージのカスタマイズ時により多くの操作がサポートされるようになります。The Windows 10 ADK is now tracked by build version to ensure a more supported experience when customizing Windows 10 boot images. たとえば、サイトで Windows ADK for Windows 10 バージョン 1607 を使用する場合、コンソールでカスタマイズできるのはバージョン 10.0.14393 のブート イメージのみになります。For example, if the site uses the Windows ADK for Windows 10, version 1607, only boot images with version 10.0.14393 can be customized in the console. WinPE バージョンのカスタマイズの詳細については、「ブート イメージのカスタマイズ」を参照してください。For details about customizing WinPE versions, see Customize boot images.

既定のブート イメージのソース パスを変更できなくなりましたDefault boot image source path can no longer be changed

既定のブート イメージは Configuration Manager で管理され、既定のブート イメージのソース パスは Configuration Manager コンソールや Configuration Manager SDK を使用して変更できなくなりました。Default boot images are managed by Configuration Manager and the default boot image source path can no longer be changed in the Configuration Manager console or by using the Configuration Manager SDK. カスタム ブート イメージのカスタム ソース パスは引き続き構成可能です。You can continue to configure a custom source path for custom boot images.

Configuration Manager を新しいバージョンにアップグレードした後、既定のブート イメージが再生成されるDefault boot images are regenerated after upgrading Configuration Manager to a new version

このリリース以降、Windows ADK のバージョンをアップグレードし、更新プログラムとサービスを使用して、Configuration Manager の最新バージョンをインストールするときに、Configuration Manager によって既定のブート イメージが再生成されます。Beginning in this release, when you upgrade the Windows ADK version and then use updates and servicing to install the latest version of Configuration Manager, Configuration Manager regenerates the default boot images. これには、更新された Windows ADK の新しい Windows PE バージョン、新しいバージョンの Configuration Manager クライアント、ドライバー、カスタマイズが含まれます。カスタム ブート イメージは変更されません。This includes the new Window PE version from the updated Windows ADK, the new version of the Configuration Manager client, drivers, customizations, etc. Custom boot images are not modified. 詳細については、「ブート イメージの管理」を参照してください。For details, see Manage boot images.

ソフトウェア更新プログラムSoftware updates

クライアントに Office 365 アプリを展開するDeploy Office 365 apps to clients

1702 以降、Office 365 クライアント管理ダッシュボードから Office 365 のインストーラーを起動できます。インストーラーを使用すると、Office 365 のインストール設定を構成し、Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) からファイルをダウンロードし、Configuration Manager でファイルをアプリケーションとして展開できます。Beginning in version 1702, from the Office 365 Client Management dashboard, you can start the Office 365 Installer that lets you configure Office 365 installation settings, download files from Office Content Delivery Networks (CDNs), and deploy the files as an application in Configuration Manager. 詳細については、Office 365 ProPlus の更新プログラムの管理に関するページを参照してください。For details, see Manage Office 365 ProPlus updates.

重要

Configuration Manager で Office 365 アプリケーション ウィザードを使用して作成し、展開した Office 365 は、[Office 365 クライアント エージェントの管理を有効にする] ソフトウェア更新プログラム クライアント エージェント設定を有効にしない限り、Configuration Manager で自動的に管理されません。The Office 365 app that you create and deploy by using the Office 365 Application Wizard in Configuration Manager is not automatically managed by Configuration Manager until you enable the Enable management of the Office 365 Client Again software updates client agent setting. 詳細については、「System Center Configuration Manager のクライアント設定について」を参照してください。For details, see About client settings.

Windows 10 更新プログラムに対する高速インストール ファイルの管理Manage Express installation files for Windows 10 updates

バージョン 1702 以降、Configuration Manager では Windows 10 更新プログラムに対する高速インストール ファイルがサポートされています。Beginning in version 1702, Configuration Manager supports express installation files for Windows 10 updates. サポートされているバージョンの Windows 10 を使用する場合は、当月の Windows 10 累積的な更新プログラムと、前月の更新プログラムとの差分のみをダウンロードする Configuration Manager 設定を使用できます。When you use a supported version of Windows 10, you can use Configuration Manager settings to download only the changes between the current month's Windows 10 Cumulative Update and the previous month's update. 高速インストール ファイルを使用しない場合、Configuration Manager では完全な Windows 10 累積的な更新プログラム (以前の月の更新プログラムをすべて含む) が毎月ダウンロードされます。Without express installation files, Configuration Manager downloads the full Windows 10 Cumulative Update (including all updates from previous months) each month. 高速インストール ファイルを使用すると、クライアント上でのダウンロード量を少なくし、インストールに要する時間を短縮できます。Using express installation files provides for smaller downloads and faster installation times on clients. 詳細については、「Windows 10 更新プログラムに対する高速インストール ファイルの管理」 を参照してください。For details, see Manage express installation files for Windows 10 updates.

モバイル デバイス管理Mobile device management

ハイブリッド MDM の作成ウィザードで Android と iOS のバージョン指定が不要にAndroid and iOS versions are no longer targetable in creation wizards for hybrid MDM

ハイブリッド モバイル デバイス管理 (MDM) のバージョン 1702 以降、Intune で管理されるデバイスの新しいポリシーとプロファイルを作成する場合に Android および iOS の特定のバージョンを指定する必要がなくなりました。Beginning in version 1702 for hybrid mobile device management (MDM), you no longer need to target specific versions of Android and iOS when creating new policies and profiles for Intune-managed devices. 代わりに、次のデバイス タイプのいずれかを選択します。Instead, you choose one of the following device types:

  • AndroidAndroid
  • Samsung KNOX Standard 4.0 以降Samsung KNOX Standard 4.0 and higher
  • iPhoneiPhone
  • iPadiPad

この変更は、次の項目を作成するウィザードに影響します。This change affects the wizards for creating the following items:

  • 構成項目Configuration items
  • コンプライアンス ポリシーCompliance policies
  • 証明書プロファイルCertificate profiles
  • 電子メール プロファイルEmail profiles
  • VPN プロファイルVPN profiles
  • Wi-Fi プロファイルWi-Fi profiles

この変更により、新しい Configuration Manager のリリースまたは拡張機能を必要とせずに、ハイブリッド展開で新しい Android および iOS のバージョンによりすばやくサポートを提供できます。With this change, hybrid deployments can provide support more quickly for new Android and iOS versions without needing a new Configuration Manager release or extension. Intune スタンドアロンで新しいバージョンがサポートされると、ユーザーはモバイル デバイスをそのバージョンにアップグレードできるようになります。Once a new version is supported in Intune standalone, users will be able to upgrade their mobile devices to that version.

以前のバージョンの Configuration Manager からアップグレードする場合の問題を防ぐため、モバイルのオペレーティング システムのバージョンが各項目の [プロパティ] ページに表示されています。To prevent issues when upgrading from prior versions of Configuration Manager, mobile operating system versions are still available in the properties pages for these items. 特定のバージョンを対象にする必要がある場合は、新しい項目を作成し、新しく作成された項目の [プロパティ] ページで、対象のバージョンを指定します。If you still need to target a specific version, you can create the new item, and then specify the targeted version on the properties page of the newly created item.

注意

プロパティ ページで使用可能な最新のモバイル オペレーティング システム バージョンは、そのバージョンとすべての後続バージョンに適用されます。The last mobile operating system version available in the properties pages applies to that version and all subsequent versions. プロパティ ページには次の選択肢があり、Android 7 および iOS 10 以降のオペレーティング システムを対象としています。Properties pages provide the following choices for targeting operating systems later than Android 7 and iOS 10:

  • Android 7 以降Android 7 and higher
  • iOS 10 以降のすべての iPhone または iPod touch デバイスAll iOS 10 and higher iPhone or iPod touch devices
  • iOS 10 以降のすべての iPad デバイスAll iOS 10 and higher iPad devices

Android for Work のサポートAndroid for Work support

1702 以降、Microsoft Intune を使用したハイブリッド モバイル デバイスの管理では、Android for Work デバイスの登録と管理をサポートするようになりました。Starting with 1702, Hybrid mobile device management with Microsoft Intune now supports Android for Work device enrollment and management. Android for Work デバイス ガイダンスの管理: Managed Android for Work device guidance:

ボリューム購入 iOS アプリをデバイス コレクションに展開するDeploy volume-purchased iOS apps to device collections

ライセンスされたアプリをユーザーだけでなくデバイスにも展開できるようになりました。You can now deploy licensed apps to devices as well as users. デバイス ライセンスをサポートするアプリ機能に応じて、次のように、展開時に適切なライセンスが要求されます。Depending on the apps ability to support device licensing, an appropriate license will be claimed when you deploy it, as follows:

Configuration Manager バージョンConfiguration Manager version アプリでのデバイス ライセンスのサポートApp supports device licensing? 展開コレクションの種類Deployment collection type 要求されるライセンスClaimed license
1702 より前Earlier than 1702 Yes ユーザーUser ユーザー ライセンスUser license
1702 より前Earlier than 1702 ×No ユーザーUser ユーザー ライセンスUser license
1702 より前Earlier than 1702 Yes デバイスDevice ユーザー ライセンスUser license
1702 より前Earlier than 1702 ×No デバイスDevice ユーザー ライセンスUser license
1702 以降1702 and later Yes ユーザーUser ユーザー ライセンスUser license
1702 以降1702 and later ×No ユーザーUser ユーザー ライセンスUser license
1702 以降1702 and later Yes デバイスDevice デバイス ライセンスDevice license
1702 以降1702 and later ×No デバイスDevice ユーザー ライセンスUser license

ボリューム購入した iOS アプリの詳細については、「ボリューム購入 iOS アプリの管理」 を参照してください。For more information about volume-purchased iOS apps, see Manage volume-purchased iOS apps.

iOS Volume Purchase Program for Education のサポートSupport for iOS Volume Purchase Program for Education

iOS Volume Purchase Program for Education から購入したアプリを展開し追跡できるようになりました。You can now also deploy and track apps you purchased from the iOS Volume Purchase Program for Education. ボリューム購入した iOS アプリの詳細については、「ボリューム購入 iOS アプリの管理」 を参照してください。For more information about volume-purchased iOS apps, see Manage volume-purchased iOS apps.

複数の Volume Purchase Program トークンのサポートSupport for multiple volume-purchase program tokens

複数の Apple Volume Purchase Program トークンを Configuration Manager に関連付けることができるようになりました。You can now associate multiple Apple volume-purchase program tokens with Configuration Manager. ボリューム購入した iOS アプリの詳細については、「ボリューム購入 iOS アプリの管理」 を参照してください。For more information about volume-purchased iOS apps, see Manage volume-purchased iOS apps.

ビジネス向け Windows ストアで基幹業務アプリをサポートするSupport for line of business apps in Windows Store for Business

ビジネス向け Windows ストアから、カスタマイズされた基幹業務アプリを同期できるようになりました。You can now sync custom line of business apps from the Windows Store for Business.

条件付きアクセス デバイス コンプライアンス ポリシーの改善Conditional access device compliance policy improvements

ユーザーがアプリのコンプライアンス非対応リストに含まれているアプリを使用している場合、新しいデバイスのコンプライアンス ポリシー ルールを使用して、条件付きアクセスをサポートする会社のリソースへのアクセスをブロックできます。A new device compliance policy rule is available to help you block access to corporate resources that support conditional access, when users are using apps that are part of a non-compliant list of apps. アプリのコンプライアンス非対応リストは、管理者が新しい準拠ルール [インストールできないアプリ] の追加時に定義できます。The non-compliant list of apps can be defined by the admin when adding the new compliant rule Apps that cannot be installed. このルールを使用するには、管理者がコンプライアンス非対応リストにアプリを追加するときに、アプリ名アプリ IDアプリの発行元 (省略可能) を入力する必要があります。This rule requires the admin to enter the App Name, the App ID, and the App Publisher (optional) when adding an app to the non-compliant list. この設定は、iOS および Android デバイスにのみ適用されます。This setting only applies to iOS and Android devices.

また、組織はこの設定を使用して、セキュリティで保護されていないアプリを介したデータ漏えいを軽減し、特定のアプリ経由の過度なデータ使用を防ぐことができます。Additionally, this helps organizations to mitigate data leakage through unsecured apps, and prevent excessive data consumption through certain apps.

新しい Mobile Threat Defense 監視ツールNew Mobile Threat Defense monitoring tools

バージョン 1702 から、Mobile Threat Defense サービス プロバイダーでコンプライアンス状態を監視する新しい方法を利用できます。Beginning in version 1702, you have new ways to monitor the compliance status with your Mobile Threat Defense service provider.

デバイスを保護するProtect devices

古くなったマルウェア対策クライアント バージョンを検出するDetect outdated antimalware client versions

バージョン 1702 から、Endpoint Protection クライアントが古くならないようにするためのアラートを構成することができます。Beginning with version 1702, you can configure an alert to ensure Endpoint Protection clients are not outdated. 詳細については、古くなったマルウェア クライアントの警告 に関するページを参照してください。For more information, see Alert for outdated malware client.

デバイス正常性証明書の更新プログラムDevice health attestation updates

オンプレミス用のデバイス正常性証明書サービスを管理ポイントから構成および管理ポイントできるようになりました。Device health attestation service for on-premises clients can now be configured and managed from the management point. 詳細については、正常性構成証明書 に関するページを参照してください。For more information, see Health Attestation.

ビジネス向け Windows Hello の証明書プロファイルCertificate profiles for Windows Hello for Business

ビジネス向け Windows Hello キー コンテナーに証明書プロファイルを保存する場合、証明書プロファイルでスマート カード ログオン EKU が使用されているときには、キー登録で証明書が正しく検証されるようにアクセス許可を構成する必要があります。If you intend to store certificate profiles in the Windows Hello for Business key container, and the certificate profile uses the Smart Card Logon EKU, you must configure permissions for key registration to ensure the certificate is validated correctly. 詳細については、Windows Hello for Business の設定 に関するページを参照してください。For more information, see Windows Hello for Business settings.

エンド ユーザーを対象とした新しい Windows Hello for Business 通知New Windows Hello for Business notification for end users

新しい Windows 10 通知は、Windows Hello for Business のセットアップ (たとえば、PIN の設定) を完了するには追加の操作が必要である旨をエンドユーザーに通知します。A new Windows 10 notification informs end users that they must take additional actions to complete Windows Hello for Business setup (for example, setting up a PIN).