Configuration Manager クライアントのピア キャッシュPeer Cache for Configuration Manager clients

適用対象: System Center Configuration Manager (Current Branch)Applies to: System Center Configuration Manager (Current Branch)

ピア キャッシュは、リモートの場所にあるクライアントへのコンテンツの展開を管理するのに役立ちます。Use Peer Cache to help manage deployment of content to clients in remote locations. ピア キャッシュとは、クライアントがローカル キャッシュで他のクライアントとコンテンツを直接共有できるようにするための組み込みの Configuration Manager ソリューションです。Peer Cache is a built-in Configuration Manager solution that enables clients to share content with other clients directly from their local cache.

ヒント

この機能はバージョン 1610 でプレリリース機能として初めて導入されました。This feature was first introduced in version 1610 as a pre-release feature. 1710 以降のバージョンでは、この機能はプレリリース機能ではありません。Beginning with version 1710, this feature is no longer a pre-release feature.

注意

Configuration Manager では、このオプション機能は既定で無効です。Configuration Manager doesn't enable this optional feature by default. この機能は、使用する前に有効にする必要があります。You must enable this feature before using it. 詳細については、「更新プログラムのオプション機能の有効化」を参照してください。For more information, see Enable optional features from updates.

概要Overview

ピア キャッシュ クライアントは、ピア キャッシュの使用が有効にされた構成マネージャー クライアントです。A Peer Cache client is a Configuration Manager client that is enabled to use Peer Cache. 追加のクライアントと共有できるコンテンツを含むピア キャッシュ クライアントは、ピア キャッシュ ソースです。A Peer Cache client that has content it can share with additional clients is a Peer Cache source.

  • クライアント設定を使用してピア キャッシュを使用するクライアントを有効にできます。You use client settings to enable clients to use Peer Cache.
  • ピア キャッシュ ソースとしてコンテンツを共有するには、ピア キャッシュ クライアントは以下である必要があります。To share content as a Peer Cache source, a Peer Cache client:
    • ドメインに参加している必要があります。Must be domain joined. ただし、ドメインに参加していないコンテンツは、ドメインに参加しているピア キャッシュ ソースからコンテンツを取得できます。However, a client that is not domain joined can get content from a domain joined Peer Cache source.
    • コンテンツをシークしている、クライアントの現在の境界グループのメンバーである必要があります。Must be a member of the current boundary group of the client that's seeking the content. クライアントがフォールバックを使用して近隣の境界グループからコンテンツをシークする場合は、近隣の境界グループのピア クライアントはコンテンツ ソースの場所の一覧に含まれません。When a client uses fallback to seek content from a neighbor boundary group, the list of content source locations does not include a Peer Cache client in a neighbor boundary group. 現在および近隣の境界グループの詳細については、「境界グループ」を参照してください。For more information about current and neighbor boundary groups, see Boundary groups.
  • Configuration Manager クライアントは、キャッシュ内のすべての種類のコンテンツを、ピア キャッシュを使用して他のクライアントに提供できます。The Configuration Manager client serves every type of content in the cache to other clients by using Peer Cache. このコンテンツは、Office 365 ファイルを含み、インストール ファイルを表します。This content includes Office 365 files and expresses installation files.
  • ピア キャッシュは、BranchCache のようなその他のソリューションに代わるものではありません。Peer Cache does not replace the use of other solutions like BranchCache. ピア キャッシュを他のソリューションと組み合わせて使用することで、配布ポイントなどの従来のコンテンツ展開ソリューションを拡張するためのオプションを増やすことができます。Peer Cache works along with other solutions to give you more options for extending traditional content deployment solutions such as distribution points. ピア キャッシュは、BranchCache に依存しないカスタム ソリューションです。Peer Cache is a custom solution with no reliance on BranchCache. Windows BranchCache を有効にしていない場合または使用していない場合でも、ピア キャッシュは正常に動作します。If you don’t enable or use Windows BranchCache, Peer Cache still works.

オペレーションOperations

ピア キャッシュを有効にするには、クライアント設定をコレクションに展開します。To enable peer cache, deploy the client settings to a collection. すると、そのコレクションのメンバーは、同じ境界グループ内の他のクライアント用のピア コンテンツ ソースとして機能します。Then members of that collection act as a peer content source for other clients in the same boundary group.

  • ピア コンテンツ ソースとして動作するクライアントは、キャッシュされている利用可能なコンテンツの一覧を管理ポイントに送信します。A client that operates as a peer content source submits a list of available cached content to its management point.
  • その境界グループ内の次のクライアントがそのコンテンツを要求すると、該当するコンテンツを含みオンラインになっている各ピア キャッシュ ソースが利用可能なコンテンツ ソースの一覧に返されます。When the next client in that boundary group requests that content, each peer cache source, which has the content and is online, is returned in the list of potential content sources. この一覧には、その境界グループにおける配布ポイントやその他のコンテンツ ソースの場所も含まれます。This list also includes the distribution points and other content source locations in that boundary group.
  • 標準プロセスごとに、コンテンツをシークしているクライアントは、指定されたリストから 1 つのソースを選択します。Per the normal process, the client that is seeking the content selects one source from the provided list. 次にクライアントは、コンテンツの取得を試みます。The client then attempts to get the content.

注意

コンテンツの近隣の境界グループへのフォールバックがクライアントによって行われる場合、近隣の境界グループからのピア キャッシュ コンテンツ ソースの場所は、潜在的なコンテンツ ソースの場所の一覧に追加されません。If the client falls back to a neighbor boundary group for content, it does not add the Peer Cache content source locations from the neighbor boundary group to the list of potential content source locations.

ピア キャッシュ ソースとして最適なクライアントのみを選択することをお勧めします。The best practice is to choose only clients best suited as peer cache sources. シャーシの種類、ディスク容量、ネットワーク接続などの属性に基づいてクライアントの適合性を評価します。Evaluate client suitability based on attributes such as chassis type, disk space, and network connectivity. ピア キャッシュで使用する最適なクライアントを選択するのに役立つ詳細については、Microsoft のコンサルタントによる、このブログを参照してください。For more information that can help you select the best clients to use for Peer Cache, see this blog by a Microsoft consultant.

ピア キャッシュ ソースへのアクセス制限Limited access to a peer cache source
バージョン 1702 以降、ピア キャッシュ ソース コンピューターが次のいずれかの条件を満たす場合、ピア キャッシュ ソース コンピューターはコンテンツの要求を拒否します。Beginning with version 1702, a peer cache source computer rejects requests for content when the peer cache source computer meets any of the following conditions:

  • バッテリ低下モードの場合。Is in low battery mode.
  • コンテンツの要求時に CPU 負荷が 80% を超えている場合。CPU load exceeds 80% at the time the content is requested.
  • ディスク I/O の AvgDiskQueueLength が 10 を超えている場合。Disk I/O has an AvgDiskQueueLength that exceeds 10.
  • 新たにコンピューターに接続できない場合。There are no more available connections to the computer.

これらの設定は、Configuration Manager SDK のピア ソース機能 (SMS_WinPEPeerCacheConfig) のクライアント構成サーバー WMI クラスを使って構成します。Configure these settings using the client configuration server WMI class for the peer source feature (SMS_WinPEPeerCacheConfig) in the Configuration Manager SDK.

コンピューターがコンテンツの要求を拒否すると、要求元のコンピューターは、利用可能なコンテンツ ソースの場所の一覧でコンテンツを引き続きシークします。When the computer rejects a request for the content, the requesting computer continues to seek content from the list of available content source locations.

監視Monitoring

クライアントが正常にピア キャッシュの使用を把握しやすいように、クライアント データ ソース ダッシュボードを表示できます。To help you understand the use of Peer Cache, you can view the Client Data Sources dashboard. Client Data Sources dashboard」 (クライアント データ ソースのダッシュボード) を参照してください。See Client Data Sources dashboard.

バージョン 1702 以降では、3 つのレポートを使ってピア キャッシュの使用状況を表示できます。Beginning with version 1702, you can use three reports to view peer cache use. コンソールで、[監視] > [レポート] > [レポート] に移動します。In the console, go to Monitoring > Reporting > Reports. すべてのレポートの種類はソフトウェア配布コンテンツです。The reports all have a type of Software Distribution Content:

  1. ピア キャッシュ ソース コンテンツの拒否:Peer cache source content rejection:
    境界グループ内のピア キャッシュ ソースがコンテンツ要求を拒否した頻度を把握するには、このレポートを使います。Use this report to understand how often the peer cache sources in a boundary group reject a content request.

    • 既知の問題: MaxCPULoadMaxDiskIO などの結果にドリルダウンすると、レポートまたは詳細情報が見つからないことを示すエラーが発生する場合があります。Known issue: When drilling down on results like MaxCPULoad or MaxDiskIO, you might receive an error that suggests the report or details cannot be found. この問題を回避するには、結果を直接表示する次の 2 つのレポートを使ってください。To work around this issue, use the following two reports that directly show the results.
  2. 条件別のピア キャッシュ ソース コンテンツの拒否:Peer cache source content rejection by condition:
    指定した境界グループまたは拒否の種類についての拒否の詳細を把握するには、このレポートを使います。Use this report to understand rejection details for a specified boundary group or rejection type. 以下を指定できますYou can specify

    • 既知の問題: 使用可能なパラメーターから選ぶことができず、代わりに手入力する必要があります。Known issue: You cannot select from available parameters and instead must enter them manually. 最初のレポートに表示される境界グループ名拒否の種類の値を入力します。Enter the values for Boundary Group Name and Rejection Type as seen in the first report. たとえば、拒否の種類には、MaxCPULoadMaxDiskIO などと入力します。For example, for Rejection Type you might enter MaxCPULoad or MaxDiskIO.
  3. ピア キャッシュ ソース コンテンツの拒否の詳細:Peer cache source content rejection details:
    拒否されたときにクライアントが要求していたコンテンツを把握するには、このレポートを使います。Use this report to understand the content that the client was requesting when rejected.

    • 既知の問題: 使用可能なパラメーターから選ぶことができず、代わりに手入力する必要があります。Known issue: You cannot select from available parameters and instead must enter them manually. [ピア キャッシュ ソース コンテンツの拒否] レポートに表示されている "拒否の種類" の値を入力します。Enter the value for Rejection Type as displayed in the Peer cache source content rejection report. 詳細情報を確認するコンテンツ ソースの "リソース ID" を入力します。Then enter the Resource ID for the content source about which you want more information. コンテンツ ソースのリソース ID を調べるには:To find the Resource ID of the content source:

      1. [ピア キャッシュ ソース コンテンツの拒否 (条件別)] レポートの結果に "ピア キャッシュ ソース" として表示されるコンピューター名を確認します。Find the computer name that displays as the Peer cache source in the results of the Peer cache source content rejection by condition report.
      2. 次に、[資産とコンプライアンス] > [デバイス] に移動し、そのコンピューター名を検索します。Next, go to Assets and Compliance > Devices and then search for that computers name. [リソース ID] 列の値を使います。Use the value from the Resource ID column.

ピア キャッシュの要件と考慮事項Requirements and considerations for Peer Cache

  • ピア キャッシュは、Configuration Manager クライアントとしてサポートされているすべての Windows OS でサポートされています。Peer Cache is supported on any Windows OS that is supported as Configuration Manager client. Windows 以外のオペレーティング システムは、ピア キャッシュではサポートされていません。Non-Windows operating systems are not supported for Peer Cache.

  • クライアントは、現在の境界グループ内にあるピア キャッシュ クライアントのコンテンツのみを転送できます。Clients can only transfer content from Peer Cache clients that are in their current boundary group.

  • バージョン 1706 以前の場合、クライアントがピア キャッシュを使用する各サイトは、ネットワーク アクセス アカウントを使用して構成する必要があります。Prior to version 1706, each site where clients use Peer Cache must be configured with a Network Access Account. バージョン 1706 以降、1 つの例外を除き、そのアカウントは不要になりました。Beginning with version 1706, that account is no longer required with one exception. その例外シナリオとは、ピア キャッシュ対応のクライアントがソフトウェア センターからタスク シーケンスを実行し、そのタスク シーケンスがブート イメージを再起動する場合です。The exception scenario is when a peer cache-enabled client runs a task sequence from the Software Center, and that task sequence reboots to a boot image. このシナリオでは、クライアントは引き続きネットワーク アクセス アカウントを必要とします。In this scenario, the client still requires the Network Access Account. クライアントが Windows PE で動作している場合、クライアントはネットワーク アクセス アカウントを使用してピア キャッシュ ソースからコンテンツを取得します。When the client is in Windows PE, it uses the Network Access Account to get content from the peer cache source.

    必要に応じて、ピア キャッシュ ソース コンピューターはピアからのダウンロード要求を認証するためにネットワーク アクセス アカウントを使用します。When required, the Peer Cache source computer uses the Network Access Account to authenticate download requests from peers. このような目的でこのアカウントを使用する場合はドメイン ユーザーのアクセス許可のみが必要です。This account requires only domain user permissions for this purpose.

  • クライアントの最後のハードウェア インベントリ送信により、ピア キャッシュ コンテンツ ソースの現在の境界が決定します。The client's last hardware inventory submission determines the current boundary of a Peer Cache content source. 異なる境界グループにローミングしたクライアントは、ピア キャッシュの目的で、引き続き以前の境界グループのメンバーである場合があります。A client that roams to a different boundary group might still be a member of its former boundary group for the purposes of Peer Cache. この動作により、直接のネットワークの場所にないピア キャッシュ コンテンツ ソースがクライアントに提供されます。This behavior results in a client being offered a Peer Cache content source that is not in its immediate network location. この構成の傾向のあるクライアントをピア キャッシュ ソースとして参加させないようにすることをお勧めします。We recommend excluding clients that are prone to this configuration from participating as a Peer Cache source.

  • バージョン 1706 以降、ピア キャッシュ クライアントは、ピア キャッシュ コンテンツ ソースがオンラインになっていることを検証してからコンテンツのダウンロードを試みます。Beginning with version 1706, the peer cache client first validates that the peer cache content source is online before attempting to download content.

クライアント ピア キャッシュのクライアント設定を構成するにはTo configure Client Peer Cache client settings

クライアント設定の構成については、「クライアント キャッシュ設定」を参照してください。For information about configuring the client settings, see Client cache settings. 詳しくは、「クライアント設定を構成する方法」をご覧ください。For more information, see How to configure client settings.

Windows ファイアウォールを使用するピア キャッシュ対応のクライアント上では、Configuration Manager が、クライアント設定で指定されたファイアウォール ポートを構成します。On peer cache-enabled clients that uses the Windows Firewall, Configuration Manager configures the firewall ports that you specify in client settings.