構成マネージャー クライアントのピア キャッシュPeer cache for Configuration Manager clients

適用対象: System Center Configuration Manager (Current Branch)Applies to: System Center Configuration Manager (Current Branch)

ピア キャッシュを使用すると、リモートの場所にあるクライアントへのコンテンツの展開を管理するのに役立ちます。 Use peer cache to help manage deployment of content to clients in remote locations. ピア キャッシュとは、クライアントがローカル キャッシュで他のクライアントとコンテンツを直接共有できるようにするための組み込みの Configuration Manager ソリューションです。Peer cache is a built-in Configuration Manager solution that enables clients to share content with other clients directly from their local cache.

注意

Configuration Manager では、このオプション機能は既定で無効です。Configuration Manager doesn't enable this optional feature by default. この機能は、使用する前に有効にする必要があります。You must enable this feature before using it. 詳細については、「更新プログラムのオプション機能の有効化」を参照してください。For more information, see Enable optional features from updates.

概要Overview

定義:Definitions:

  • ピア キャッシュ クライアント: ピアからコンテンツをダウンロードする任意の構成マネージャー クライアントPeer cache client: Any Configuration Manager client that downloads content from a peer

  • ピア キャッシュ ソース: ユーザーによってピア キャッシュを有効にされ、他のクライアントと共有するコンテンツを保持している構成マネージャー クライアントPeer cache source: A Configuration Manager client that you enable for peer cache, and that has content to share with other clients

クライアントの設定を使用して、ピア キャッシュ ソースとしてクライアントを有効にします。Use client settings to enable clients to be peer cache sources. ピア キャッシュ クライアントを有効にする必要はありません。You don't need to enable peer cache clients. ピア キャッシュ ソースとしてクライアントを有効にすると、管理ポイントによってコンテンツの場所のソースの一覧にクライアントが追加されます。When you enable clients to be peer cache sources, the management point includes them in the list of content location sources. この処理について詳しくは、「オペレーション」をご覧ください。For more information on this process, see Operations.

ピア キャッシュ ソースは、ピア キャッシュ クライアントの現在の境界グループのメンバーである必要があります。A peer cache source must be a member of the current boundary group of the peer cache client. 管理ポイントがクライアントを提供するコンテンツのソースの一覧に、近隣境界グループのピア キャッシュ ソースが含まれることはありません。The management point doesn't include peer cache sources from a neighbor boundary group in the list of content sources it provides the client. 近隣境界グループの配布ポイントのみが含まれます。It only includes distribution points from a neighbor boundary group. 現在および近隣の境界グループについて詳しくは、境界グループに関するページをご覧ください。For more information about current and neighbor boundary groups, see Boundary groups.

構成マネージャー クライアントは、ピア キャッシュを使用して、キャッシュ内のすべての種類のコンテンツを、他のクライアントに提供します。The Configuration Manager client uses peer cache to serve to other clients every type of content in the cache. このコンテンツには、Office 365 ファイルおよび高速インストール ファイルが含まれます。This content includes Office 365 files and express installation files.

ピア キャッシュによって、Windows BranchCache や配信の最適化などの他のソリューションが置き換えられることはありません。Peer cache doesn't replace the use of other solutions like Windows BranchCache or Delivery Optimization. ピア キャッシュは、他のソリューションと共に動作します。Peer cache works along with other solutions. これらのテクノロジにより、配布ポイントなどの従来のコンテンツ展開ソリューションを拡張するオプションが提供されます。These technologies give you more options for extending traditional content deployment solutions such as distribution points. ピア キャッシュは、BranchCache に依存しないカスタム ソリューションです。Peer cache is a custom solution with no reliance on BranchCache. BranchCache を有効にしていない場合または使用していない場合でも、ピア キャッシュは正常に動作します。If you don't enable or use BranchCache, peer cache still works.

注意

バージョン 1802 以降では、Windows BranchCache は常に展開で有効になります。Starting in version 1802, Windows BranchCache is always enabled on deployments. [同じサブネットにある他のクライアントとのコンテンツの共有を許可する] の設定は削除されます。The setting to Allow clients to share content with other clients on the same subnet is removed. BranchCache が配布ポイントでサポートされていて、クライアントの設定で有効になっている場合、クライアントは BranchCache を使用します。If the distribution point supports it, and it's enabled in client settings, clients use BranchCache. 詳しくは、「BranchCache の構成」をご覧ください。For more information, see Configure BranchCache.

オペレーションOperations

ピア キャッシュを有効にするには、クライアント設定をコレクションに展開します。To enable peer cache, deploy the client settings to a collection. すると、そのコレクションのメンバーは、同じ境界グループ内の他のクライアント用のピア キャッシュ ソースとして機能します。Then members of that collection act as a peer cache source for other clients in the same boundary group.

  • ピア コンテンツ ソースとして動作するクライアントは、キャッシュされている利用可能なコンテンツの一覧を管理ポイントに送信します。A client that operates as a peer content source submits a list of available cached content to its management point.

  • 同じ境界グループ内の別のクライアントは、管理ポイントに対してコンテンツの場所を要求します。Another client in the same boundary group makes a content location request to the management point. サーバーは、潜在的なコンテンツ ソースの一覧を返します。The server returns the list of potential content sources. この一覧には、コンテンツがあり、オンラインになっている各ピア キャッシュ ソースが含まれます。This list includes each peer cache source that has the content and is online. また、その境界グループにおける配布ポイントやその他のコンテンツ ソースの場所も含まれます。It also includes the distribution points and other content source locations in that boundary group. 詳しくは、「コンテンツ ソースの優先順位」をご覧ください。For more information, see Content source priority.

  • 通常どおり、コンテンツをシークしているクライアントは、指定されたリストから 1 つのソースを選択します。As usual, the client that's seeking the content selects one source from the provided list. 次にクライアントは、コンテンツの取得を試みます。The client then attempts to get the content.

注意

コンテンツの近隣境界グループへのフォールバックがクライアントによって行われる場合、管理ポイントは、近隣境界グループからのピア キャッシュ ソースを、潜在的なコンテンツ ソースの場所の一覧に追加しません。If the client falls back to a neighbor boundary group for content, the management point doesn't add the peer cache sources from the neighbor boundary group to the list of potential content source locations.

ピア キャッシュ ソースとして最適なクライアントのみを選択します。Choose only clients best suited as peer cache sources. シャーシの種類、ディスク容量、ネットワーク接続などの属性に基づいてクライアントの適合性を評価します。Evaluate client suitability based on attributes such as chassis type, disk space, and network connectivity. ピア キャッシュで使用する最適なクライアントを選択するのに役立つ詳細については、Microsoft のコンサルタントによる、このブログを参照してください。For more information that can help you select the best clients to use for peer cache, see this blog by a Microsoft consultant.

ピア キャッシュ ソースへのアクセス制限Limited access to a peer cache source

ピア キャッシュ ソースは、ピアによるコンテンツの要求が次の条件のいずれかを満たす場合、コンテンツの要求を拒否します。A peer cache source rejects requests for content when it meets any of the following conditions at the time a peer requests content:

  • バッテリ低下モードであるLow battery mode

  • プロセッサの負荷が 80% を超えているProcessor load exceeds 80%

  • ディスク I/O に 10 を超える AvgDiskQueueLength があるDisk I/O has an AvgDiskQueueLength that exceeds 10

  • コンピューターへの使用可能な接続がそれ以上ないThere are no more available connections to the computer

ヒント

これらの設定は、Configuration Manager SDK のピア ソース機能 (SMS_WinPEPeerCacheConfig) のクライアント構成サーバー WMI クラスを使って構成します。Configure these settings using the client configuration server WMI class for the peer source feature (SMS_WinPEPeerCacheConfig) in the Configuration Manager SDK.

ピア キャッシュ ソースがコンテンツの要求を拒否すると、ピア キャッシュ クライアントは、コンテンツ ソースの場所の一覧でコンテンツを引き続きシークします。When the peer cache source rejects a request for the content, the peer cache client continues to seek content from its list of content source locations.

[要件]Requirements

  • ピア キャッシュは、クライアントとデバイスのサポートされるオペレーティング システムに関するページでサポート対象として記載されているすべてのバージョンの Windows をサポートします。Peer cache supports all Windows versions listed as supported in Supported operating systems for clients and devices. Windows 以外のオペレーティング システムは、ピア キャッシュ ソースまたはピア キャッシュ クライアントとしてサポートされていません。Non-Windows operating systems aren't supported as peer cache sources or peer cache clients.

  • ピア キャッシュ ソースは、ドメインに参加している構成マネージャー クライアントである必要があります。A peer cache source must be a domain-joined Configuration Manager client. ただし、ドメインに参加していないクライアントでも、ドメインに参加しているピア キャッシュ ソースからコンテンツを取得できます。However, a client that's not domain-joined can get content from a domain-joined peer cache source.

  • クライアントは、同じ現在の境界グループ内にあるピア キャッシュ ソースのコンテンツのみをダウンロードできます。Clients can only download content from peer cache sources in their current boundary group.

  • 次の例外を除き、ネットワーク アクセス アカウントは必要ありません。A network access account isn't required with the following exception:

    • ピア キャッシュ対応のクライアントがソフトウェア センターからタスク シーケンスを実行し、そのタスク シーケンスがブート イメージで再起動する場合は、サイトでネットワーク アクセス アカウントを構成します。Configure a network access account in the site when a peer cache-enabled client runs a task sequence from Software Center, and it reboots to a boot image. Windows PE のデバイスは、ネットワーク アクセス アカウントを使用してピア キャッシュ ソースからコンテンツを取得します。When the device is in Windows PE, it uses the network access account to get content from the peer cache source.

    • 必要に応じて、ピア キャッシュ ソースはピアからのダウンロード要求を認証するためにネットワーク アクセス アカウントを使用します。When required, the peer cache source uses the network access account to authenticate download requests from peers. このような目的でこのアカウントを使用する場合はドメイン ユーザーのアクセス許可のみが必要です。This account requires only domain user permissions for this purpose.

  • クライアントの最後の定期探索送信により、ピア キャッシュ ソースの現在の境界が決定します。The client's last heartbeat discovery submission determines the current boundary of a peer cache source. 異なる境界グループにローミングしたクライアントは、ピア キャッシュの目的で、引き続き以前の境界グループのメンバーである場合があります。A client that roams to a different boundary group might still be a member of its former boundary group for the purposes of peer cache. この動作により、直接のネットワークの場所にないピア キャッシュ ソースがクライアントに提供されます。This behavior results in a client being offered a peer cache source that isn't in its immediate network location. ローミング クライアントをピア キャッシュ ソースとして有効にしないでください。Don't enable roaming clients as a peer cache source.

  • ピア キャッシュ クライアントは、コンテンツのダウンロードを試みる前に、ピア キャッシュ ソースがオンラインになっていることを検証します。Before attempting to download content, the peer cache client first validates that the peer cache source is online. この検証はクライアント通知用の "高速チャネル" で行われ、TCP ポート 10123 を使用します。This validation happens via the "fast channel" for client notification, which uses TCP port 10123.

注意

Configuration Manager の新機能を利用するには、最初にクライアントを最新バージョンに更新します。To take advantage of new Configuration Manager features, first update clients to the latest version. サイトとコンソールを更新すると Configuration Manager コンソールに新しい機能が表示されますが、クライアントのバージョンも最新になるまでは完全なシナリオは機能しません。While new functionality appears in the Configuration Manager console when you update the site and console, the complete scenario isn't functional until the client version is also the latest.

ピア キャッシュ クライアントの設定Peer cache client settings

ピア キャッシュ クライアントの設定について詳しくは、「クライアント キャッシュ設定」をご覧ください。For more information about the peer cache client settings, see Client cache settings.

これらの設定の構成について詳しくは、クライアント設定を構成する方法に関するページをご覧ください。For more information on configuring these settings, see How to configure client settings.

Windows ファイアウォールを使用するピア キャッシュ対応のクライアント上では、Configuration Manager が、クライアント設定で指定されたファイアウォール ポートを構成します。On peer cache-enabled clients that use the Windows Firewall, Configuration Manager configures the firewall ports that you specify in client settings.

一部ダウンロードのサポートPartial download support

バージョン 1806 以降では、クライアント ピア キャッシュ ソースのコンテンツを分割できます。 Starting in version 1806, client peer cache sources can now divide content into parts. これにより、ネットワーク転送が最小限に抑えられ、WAN の使用率が減ります。These parts minimize the network transfer to reduce WAN utilization. 管理ポイントでは、コンテンツの各パートをより詳細に追跡することができます。The management point provides more detailed tracking of the content parts. 境界グループごとに同じ内容が複数回ダウンロードされないようにします。It tries to eliminate more than one download of the same content per boundary group.

シナリオ例Example scenario

Contoso には、2 つの境界グループ (本社 (HQ) と支社) を持つ 1 つのプライマリ サイトがあります。Contoso has a single primary site with two boundary groups: Headquarters (HQ) and Branch Office. 2 つの境界グループ間には 30 分のフォールバック リレーションシップがあります。There's a 30-minute fallback relationship between the boundary groups. サイトの管理ポイントと配布ポイントは HQ 境界にのみ存在します。The management point and distribution point for the site are only in the HQ boundary. 支社の場所にはローカル配布ポイントはありません。The branch office location has no local distribution point. 支社の 4 つのクライアントのうち 2 つは、ピア キャッシュ ソースとして構成されています。Two of the four clients at the branch office are configured as peer cache sources.

シナリオ例で説明されているネットワーク構成の図

  1. 支社の 4 つのすべてのクライアントを、コンテンツを含む展開の対象とします。You target a deployment with content to all four clients in the branch office. コンテンツは配布ポイントにのみ配布されています。You only distributed the content to the distribution point.

  2. Client3 と Client4 には、展開するローカル ソースはありません。Client3 and Client4 don't have a local source for the deployment. 管理ポイントは、リモート境界グループにフォールバックするまでクライアントに 30 分待機するよう指示します。The management point instructs the clients to wait 30 minutes before falling back to the remote boundary group.

  3. Client1 (PCS1) は、管理ポイントでポリシーを更新する最初のピア キャッシュ ソースです。Client1 (PCS1) is the first peer cache source to refresh policy with the management point. このクライアントがピア キャッシュ ソースとして有効になっているため、管理ポイントは、配布ポイントからパート A のダウンロードをすぐに開始するように指示します。Because this client is enabled as a peer cache source, the management point instructs it to immediately start downloading part A from the distribution point.

  4. Client2 (PCS2) が管理ポイントに接続するときに、パート A は既に進行中ですが、まだ完了していないため、管理ポイントは、配布ポイントからパート B のダウンロードをすぐに開始するように指示します。When Client2 (PCS2) contacts the management point, as part A is already in progress but not yet complete, the management point instructs it to immediately start downloading part B from the distribution point.

  5. PCS1 はパート A のダウンロードを終了し、すぐに管理ポイントに通知します。PCS1 finishes downloading part A, and immediately notifies the management point. パート B は既に進行中ですが、まだ完了していないため、管理ポイントは、配布ポイントからパート C のダウンロードを開始するように指示します。As part B is already in progress but not yet complete, the management point instructs it to start downloading part C from the distribution point.

  6. PCS2 はパート B のダウンロードを終了し、すぐに管理ポイントに通知します。PCS2 finishes downloading part B, and immediately notifies the management point. 管理ポイントは、配布ポイントからパート D のダウンロードを開始するように指示します。The management point instructs it to start downloading part D from the distribution point.

  7. PCS1 はパート C のダウンロードを終了し、すぐに管理ポイントに通知します。PCS1 finishes downloading part C, and immediately notifies the management point. 管理ポイントは、リモート配布ポイントから利用可能なパートがなくなったことを通知します。The management point informs it that there are no more parts available from the remote distribution point. 管理ポイントは、ローカル ピア PCS2 からパート B をダウンロードするように指示します。The management point instructs it to download part B from its local peer, PCS2.

  8. このプロセスは、両方のクライアント ピア キャッシュ ソースが互いにすべてのパートを取得するまで続きます。This process continues until both client peer cache sources have all of the parts from each other. 管理ポイントは、ピア キャッシュ ソースにローカル ピアからパートをダウンロードするよう指示する前に、リモート配布ポイントからのパートに優先順位を付けます。The management point prioritizes parts from the remote distribution point before instructing the peer cache sources to download parts from local peers.

  9. Client3 は、30 分のフォールバック期間が過ぎた後、ポリシーを更新する最初のクライアントです。Client3 is the first to refresh policy after the 30-minute fallback period expires. ここで管理ポイントをもう一度確認し、クライアントに新しいローカル ソースを通知します。It now checks back with the management point, which informs the client of new local sources. WAN 経由で配布ポイントからコンテンツをすべてダウンロードするのではなく、クライアントのいずれかのピア キャッシュ ソースからコンテンツをすべてダウンロードします。Instead of downloading the content in full from the distribution point across the WAN, it downloads the content in full from one of the client peer cache sources. クライアントはローカル ピア ソースに優先順位を付けます。Clients prioritize local peer sources.

注意

クライアントのピア キャッシュ ソースの数がコンテンツ パートの数より大きい場合、管理ポイントは通常のクライアントのようにフォールバックを待機するよう追加のピア キャッシュ ソースに指示します。If the number of client peer cache sources is greater than the number of content parts, then the management point instructs the additional peer cache sources to wait for fallback like a normal client.

一部ダウンロードを構成するConfigure partial download

  1. 通常どおり、境界グループとピア キャッシュ ソースを設定します。Set up boundary groups and peer cache sources per normal.

  2. Configuration Manager コンソールで、[管理] ワークスペースに移動し、[サイトの構成] を展開して [サイト] を選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, expand Site Configuration, and select Sites. リボンの [階層設定] をクリックします。Click Hierarchy Settings in the ribbon.

  3. [全般] タブで、コンテンツを分割するようクライアントのピア キャッシュ ソースを構成するオプションを有効にします。On the General tab, enable the option to Configure client peer cache sources to divide content into parts.

  4. コンテンツを含む必要な展開を作成します。Create a required deployment with content.

    注意

    この機能は、必要な展開などを含め、クライアントがバックグラウンドでコンテンツをダウンロードする場合にのみ動作します。This functionality only works when the client downloads content in the background, such as with a required deployment. ユーザーがソフトウェア センターで利用可能な展開をインストールする場合など、オンデマンド ダウンロードは、通常どおり動作します。On-demand downloads, such as when the user installs an available deployment in Software Center, behaves as usual.

コンテンツの分割ダウンロードの処理を確認するには、クライアントのピア キャッシュ ソースの ContentTransferManager.log と、管理ポイントの MP_Location.log を調べます。To see them handling the download of content in parts, examine the ContentTransferManager.log on the client peer cache source and the MP_Location.log on the management point.

キャッシュの管理に関するガイダンスGuidance for cache management

ピア キャッシュは構成マネージャー クライアント キャッシュに依存してコンテンツを共有します。 Peer cache relies on the Configuration Manager client cache to share content. お使いの環境内でのクライアント キャッシュの管理については、次の点を考慮してください。Consider the following points for managing the client cache in your environment:

  • 構成マネージャー クライアント キャッシュは、配布ポイントのコンテンツ ライブラリのようなものではありません。The Configuration Manager client cache isn't like the content library on a distribution point. 配布ポイントに配布するコンテンツはユーザーが管理しますが、構成マネージャー クライアントはキャッシュ内のコンテンツを自動的に管理します。While you manage the content that you distribute to a distribution point, the Configuration Manager client automatically manages the content in its cache. ピア キャッシュ ソースのキャッシュ内のコンテンツを制御するのに役立つ設定と方法があります。There are settings and methods to help control what content is in the cache of a peer cache source. 詳しくは、「Configuration Manager クライアントにクライアントキャッシュを構成する」をご覧ください。For more information, see Configure the client cache for Configuration Manager clients.

  • 通常のキャッシュ サイズとメンテナンスが、ピア キャッシュ ソースに適用されます。Normal cache size and maintenance applies to peer cache sources. 詳しくは、「クライアント キャッシュ サイズの構成」をご覧ください。For more information, see Configure client cache size. OS アップグレード パッケージや Windows 10 高速更新プログラム ファイルなどの大きいコンテンツのサイズを検討します。Consider the size of larger content such as OS upgrade packages or Windows 10 express update files. このコンテンツに必要な量と、ピア キャッシュ ソースで使用可能なディスク領域を比較します。Compare your need for this content against the available disk space on peer cache sources.

  • ピア キャッシュ ソース クライアントは、ピアがキャッシュ内のコンテンツをダウンロードするときに、その最終参照時刻を更新します。The peer cache source client updates the last referenced time of content in the cache when a peer downloads it. クライアントは、キャッシュの自動メンテナンスでこのタイムスタンプを使用して、古いコンテンツから先に削除します。The client uses this timestamp when it automatically maintains its cache, removing older content first. したがって、ピア キャッシュ クライアントが頻繁にダウンロードするコンテンツがある場合は削除を待つ必要があります。So it should wait to remove content that peer cache clients more frequently download, if at all.

  • 必要な場合は、OS 展開タスク シーケンスの間に、SMSTSPreserveContent 変数を使用してクライアント キャッシュ内のコンテンツを保持します。If necessary, during an OS deployment task sequence, use the SMSTSPreserveContent variable to keep content in the client cache. 詳しくは、「タスク シーケンス変数」をご覧ください。For more information, see Task sequence variables.

  • 必要に応じて、次のソフトウェアを作成するときに、[クライアント キャッシュの内容を保持する] オプションを使用します。If necessary, when creating the following software, use the option to Persist content in the client cache:

    • アプリケーションApplications
    • パッケージPackages
    • OS イメージOS images
    • OS アップグレード パッケージOS upgrade packages
    • ブート イメージBoot images

監視Monitoring

クライアントが正常にピア キャッシュの使用を把握しやすいように、クライアント データ ソース ダッシュボードを表示します。To help you understand the use of peer cache, view the Client Data Sources dashboard. 詳しくは、「クライアント データ ソース ダッシュボード」をご覧ください。For more information, see Client data sources dashboard.

また、レポートを使用してピア キャッシュの使用状況を表示します。Also use reports to view peer cache use. コンソールで [監視] ワークスペースに移動し、[レポート] を展開して、[レポート] ノードを選択します。In the console, go to the Monitoring workspace, expand Reporting, and select the Reports node. 次のレポートの種類はすべてソフトウェア配布コンテンツです。The following reports all have a type of Software Distribution Content:

  1. ピア キャッシュ ソース コンテンツの拒否: 境界グループ内のピア キャッシュ ソースがコンテンツ要求を拒否した頻度です。Peer cache source content rejection: How often the peer cache sources in a boundary group reject a content request.

    注意

    既知の問題: MaxCPULoadMaxDiskIO などの結果にドリルダウンすると、レポートまたは詳細情報が見つからないことを示すエラーが発生する場合があります。Known issue: When drilling down on results like MaxCPULoad or MaxDiskIO, you might receive an error that suggests the report or details can't be found. この問題を回避するには、結果を直接表示する他の 2 つのレポートを使ってください。To work around this issue, use the other two reports that directly show the results.

  2. ピア キャッシュ ソース コンテンツの拒否 (条件別): 指定した境界グループまたは拒否の種類の拒否の詳細が表示されます。Peer cache source content rejection by condition: Shows rejection details for a specified boundary group or rejection type.

    注意

    既知の問題: 使用可能なパラメーターから選ぶことができず、代わりに手入力する必要があります。Known issue: You can't select from available parameters and instead must enter them manually. ピア キャッシュ ソース コンテンツの拒否レポートに表示される境界グループ名拒否の種類の値を入力します。Enter the values for Boundary Group Name and Rejection Type as seen in the Peer cache source content rejection report. たとえば、拒否の種類には、MaxCPULoadMaxDiskIO などと入力します。For example, for Rejection Type you might enter MaxCPULoad or MaxDiskIO.

  3. ピア キャッシュ ソース コンテンツの拒否の詳細: 拒否されたときにクライアントが要求していたコンテンツが表示されます。Peer cache source content rejection details: Show the content that the client was requesting when rejected.

    注意

    既知の問題: 使用可能なパラメーターから選ぶことができず、代わりに手入力する必要があります。Known issue: You can't select from available parameters and instead must enter them manually. [ピア キャッシュ ソース コンテンツの拒否] レポートに表示されている "拒否の種類" の値を入力します。Enter the value for Rejection Type as displayed in the Peer cache source content rejection report. 詳細情報を確認するコンテンツ ソースの "リソース ID" を入力します。Then enter the Resource ID for the content source about which you want more information.

    コンテンツ ソースのリソース ID を調べるには:To find the Resource ID of the content source:

    1. [ピア キャッシュ ソース コンテンツの拒否 (条件別)] レポートの結果に "ピア キャッシュ ソース" として表示されるコンピューター名を確認します。Find the computer name that displays as the Peer cache source in the results of the Peer cache source content rejection by condition report.

    2. [資産とコンプライアンス] ワークスペースに移動し、[デバイス] ノードを選択して、そのコンピューターの名前を検索します。Go to the Assets and Compliance workspace, select the Devices node, and search for that computer's name. [リソース ID] 列の値を使います。Use the value from the Resource ID column.