System Center Configuration Manager のコンテンツ ライブラリ クリーンアップ ツールThe Content library cleanup tool for System Center Configuration Manager

適用対象: System Center Configuration Manager (Current Branch)Applies to: System Center Configuration Manager (Current Branch)

バージョン 1702 以降では、コマンド ライン ツール (ContentLibraryCleanup.exe) を使って、どのパッケージまたはアプリケーションにも関連付けられなくなったコンテンツ (孤立コンテンツ) を配布ポイントから削除できます。Beginning with version 1702, you can use a command line tool (ContentLibraryCleanup.exe) to remove content that is no-longer associated with any package or application from a distribution point (orphaned content). このツールはコンテンツ ライブラリ クリーンアップ ツールと呼ばれ、過去の Configuration Manager 製品用にリリースされた同様のツールの古いバージョンに代わるものです。This tool is called the content library cleanup tool, and replaces older versions of similar tools released for past Configuration Manager products.

このツールでは、ツールを実行するときに指定する配布ポイントのコンテンツのみが処理されます。The tool only affects the content on the distribution point that you specify when you run the tool. このツールで、サイト サーバー上のコンテンツ ライブラリからコンテンツを削除することはできません。The tool cannot remove content from the content library on the site server.

ContentLibraryCleanup.exe は、中央管理サイトまたはプライマリ サイトのサイト サーバーの %CM_Installation_Path%\cd.latest\SMSSETUP\TOOLS\ContentLibraryCleanup* フォルダーにあります。You can find **ContentLibraryCleanup.exe* in the *%CM_Installation_Path%\cd.latest\SMSSETUP\TOOLS\ContentLibraryCleanup* folder on the site server at a central administration site or primary site.

[要件]Requirements

このツールは、一度に 1 つの配布ポイントに対してのみ実行できます。The tool can only run against a single distribution point at a time.

  • このツールは、クリーンアップする配布ポイントをホストするコンピューター上で直接実行することも、別のサーバーからリモートで実行することもできます。It can run directly on the computer that hosts the distribution point you want to clean, or remotely from another server.
  • ツールを実行するユーザー アカウントは、Configuration Manager 階層の完全な権限を持つ管理者と同じロールベース管理アクセス許可を直接持っている必要があります。The user account that runs the tool must have direct role-based administration permissions that are equal to a Full Administrator on the Configuration Manager hierarchy. 完全なアクセス許可を持つ管理者のアクセス許可がある Windows セキュリティ グループのメンバーとしてこれらのアクセス許可を付与される場合、このツールは機能しません。The tool does not work when the account receives these permissions as a member of a Windows security group that has the Full Administrator permissions.

操作モードModes of operation

このツールは、次の 2 つのモードで実行できます。You can run the tool in the following two modes. What If モードでツールを実行して結果を確認した後、削除モードでツールを実行することをお勧めします。We recommend you run the tool in What-If mode so you can review the results before you run the tool in delete mode:

  1. What If モード:What-If mode:
    /delete スイッチを指定しないと、ツールは What If モードで実行され、配布ポイントから削除されるコンテンツを識別します。If you do not specify the /delete switch, the tool runs in What-If mode and identifies the content that would be deleted from the distribution point.

    • このモードでツールを実行した場合、データは削除されません。When run in this mode the tool does not delete any data.
    • 削除されるコンテンツに関する情報はツールのログ ファイルに書き込まれ、可能性のある削除ごとにユーザーが確認を求められることはありません。Information about the content that would be deleted is written to the tools log file, and you are not prompted to confirm each potential deletion.
  2. 削除モード:Delete mode:
    /delete スイッチを使ってツールを実行すると、ツールは削除モードで実行されます。When you run the tool with the /delete switch, the tool runs in delete mode.

    • このモードでツールを実行すると、指定した配布ポイントで検出された孤立コンテンツを、配布ポイントのコンテンツ ライブラリから削除することができます。When run in this mode, orphaned content that is found on the specified distribution point can be deleted from the distribution point’s content library.
    • 各ファイルを削除する前に、ユーザーはファイルを削除することを確認する必要があります。Before deleting each file, you must confirm that the file should be deleted. 削除する場合は [Y] を選択し、削除しない場合は [N] を選択します。あるいは、[すべて削除] を選択すると、以降のメッセージは省略され、孤立したすべてのコンテンツが削除されます。You can select, Y for yes, N for no, or Yes to all to skip further prompts and delete all orphaned content.

ツールをどちらのモードで実行しても、自動的にログが作成されます。このログには、ツールの実行モード、配布ポイントの名前、日付、および操作時刻を含んだ名前が付けられます。When the tool runs in either mode, it automatically creates a log with a name that includes the mode the tool runs in, the name of the distribution point, and the date and time of operation. ツールが終了すると、ログ ファイルが自動的に開きます。The log file automatically opens when the tool finishes.

既定では、ログ ファイルは、ツールが実行されているコンピューターの、ツールを実行しているユーザー アカウントの一時フォルダーに書き込まれます。By default, the log file is written to the temp folder of the user account that runs the tool, on the computer where the tool is run. /log スイッチを使って、ネットワーク共有などの別の場所にログ ファイルをリダイレクトできます。You can use the /log switch to redirect the log file to another location, including a network share.

ツールを実行します。Run the tool

ツールを実行するには:To run the tool:

  1. 管理コマンド プロンプトで、ContentLibraryCleanup.exe を含むフォルダーを開きます。Open an administrative command prompt to a folder that contains ContentLibraryCleanup.exe.
  2. 次に、必須のコマンド ライン スイッチと、使用する省略可能なスイッチを含めたコマンドラインを入力します。Next, enter a command line that includes the required command line switches, and optional switches you want to use.

既知の問題 パッケージまたは展開が失敗した場合、または進行中の場合、ツールを実行すると、次のようなエラーが返される可能性があります。Known issue When the tool is run, an error like the following might be returned when any package or deployment has failed, or is in progress:

  • System.InvalidOperationException: This content library cannot be cleaned up right now because package is not fully installed. (System.InvalidOperationException: パッケージ <パッケージ ID> が完全にインストールされていないため、このコンテンツ ライブラリを今すぐクリーンアップすることはできません。)System.InvalidOperationException: This content library cannot be cleaned up right now because package is not fully installed.

対応策 : なし。Workaround: None. コンテンツの展開が進行中または失敗した場合、このツールは孤立ファイルを確実に識別することはできません。The tool cannot reliable identify orphaned files when content is in progress or has failed to deploy. したがって、その問題が解決されるまで、ツールではコンテンツのクリーンアップが許可されません。Therefore, the tool will not allow you to clean-up content until that issue is resolved.

コマンド ライン スイッチCommand line switches

コマンドライン スイッチは、任意の順に使用できます。The following command line switches can be used in any order.

スイッチSwitch 詳細Details
/delete/delete 省略可能Optional
配布ポイントからコンテンツを削除する場合は、このスイッチを使用します。Use this switch when you want to delete content from the distribution point. コンテンツが削除される前に確認を求めるメッセージが表示されます。You are prompted before content is deleted.

このスイッチが使われていない場合、ツールはどのコンテンツが削除対象かについて結果をログに記録しますが、配布ポイントからコンテンツを削除しません。When this switch is not used, the tool logs results about what content would be deleted, but does not delete content from the distribution point.

例: ContentLibraryCleanup.exe /dp server1.contoso.com /deleteExample: ContentLibraryCleanup.exe /dp server1.contoso.com /delete
/q/q 省略可能Optional
このスイッチを指定すると、ツールはすべてのプロンプト (コンテンツを削除する場合のプロンプトなど) を非表示にする Quiet モードで実行し、ログ ファイルは自動的に開かれません。This switch runs the tool in a quiet mode that suppresses all prompts (like the prompts to delete content), and does not automatically open the log file.

例: ContentLibraryCleanup.exe /q /dp server1.contoso.comExample: ContentLibraryCleanup.exe /q /dp server1.contoso.com
/dp <配布ポイント FQDN>/dp <distribution point FQDN> 必須Required
クリーニングする配布ポイントの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を指定します。Specify the fully qualified domain name (FQDN) of the distribution point that you want to clean.

例: ContentLibraryCleanup.exe /dp server1.contoso.comExample: ContentLibraryCleanup.exe /dp server1.contoso.com
/ps <プライマリ サイト FQDN>/ps <primary site FQDN> プライマリ サイトで配布ポイントからコンテンツをクリーニングする場合は省略可能Optional when cleaning content from a distribution point at a primary site.
セカンダリ サイトで配布ポイントからコンテンツをクリーニングする場合は必須Required when cleaning content from a distribution point at a secondary site.

このツールは、親プライマリ サイトに接続して、SMS_Provider に対するクエリを実行します。The tool connects to the parent primary site to run queries against SMS_Provider. このクエリによって、どのコンテンツを配布ポイントに置くかをツールが決定して、孤立しているコンテンツや削除できるコンテンツを特定できるようになります。These queries let the tool determine what content should be on the distribution point so it can identify the content that is orphaned and can be removed. 必要な情報がセカンダリ サイトからは直接入手できないため、親プライマリ サイトへのこの接続はセカンダリ サイトの配布ポイントに対して行う必要があります。This connection to the parent primary site must be made for distribution points at a secondary site because the required details are not available directly from the secondary site.

配布ポイントが属するプライマリ サイトの FQDN を指定します。または、配布ポイントがセカンダリ サイトにある場合は、親であるプライマリ サイトの FQDN を指定します。Specify the FQDN of the primary site that the distribution point belongs to, or of the parent primary parent when the distribution point is at a secondary site.

例: ContentLibraryCleanup.exe /dp server1.contoso.com /ps siteserver1.contoso.comExample: ContentLibraryCleanup.exe /dp server1.contoso.com /ps siteserver1.contoso.com
/sc <プライマリ サイト コード>/sc <primary site code> プライマリ サイトで配布ポイントからコンテンツをクリーニングする場合は省略可能Optional when cleaning content from a distribution point at a primary site.
セカンダリ サイトで配布ポイントからコンテンツをクリーニングする場合は必須Required when cleaning content from a distribution point at a secondary site.

配布ポイントが属するプライマリ サイトのサイト コードを指定します。あるいは、配布ポイントがセカンダリ サイトにある場合は親であるプライマリ サイトのサイト コードを指定します。Specify the site code of the primary site that the distribution point belongs to, or of the parent primary site when the distribution point is at a secondary site.

例: ContentLibraryCleanup.exe /dp server1.contoso.com /sc ABCExample: ContentLibraryCleanup.exe /dp server1.contoso.com /sc ABC
/log /log 省略可能Optional
ツールがログ ファイルを書き込む場所を指定します。Specify the location where the tool writes the log file. ローカル ドライブやネットワーク共有上の場所を指定できます。This can be a local drive or on a network share.

このスイッチを指定しないと、ログ ファイルは、ツールが実行されているコンピューター上のユーザーの一時フォルダーに格納されます。When this switch is not used, the log file is placed in the temp folder of the user, on the computer where the tool runs.

ローカル ドライブの例: ContentLibraryCleanup.exe /dp server1.contoso.com /log C:\Users\Administrator\DesktopExample of local drive: ContentLibraryCleanup.exe /dp server1.contoso.com /log C:\Users\Administrator\Desktop

ネットワーク共有の例: ContentLibraryCleanup.exe /dp server1.contoso.com /log \<share>&lt;folder>Example of network share: ContentLibraryCleanup.exe /dp server1.contoso.com /log \<share>&lt;folder>