コンテンツ ライブラリのクリーンアップ ツールContent library cleanup tool

適用対象: System Center Configuration Manager (Current Branch)Applies to: System Center Configuration Manager (Current Branch)

配布ポイントのパッケージまたはアプリケーションと関連付けられなくなったコンテンツを削除するには、コンテンツ ライブラリ クリーンアップ コマンドライン ツールを使います。Use the content library cleanup command-line tool to remove content that's no longer associated with any package or application on a distribution point. この種類のコンテンツのことを "孤立コンテンツ" と呼びます。This type of content is called orphaned content. このツールは、過去の Configuration Manager 製品用にリリースされた同様のツールの古いバージョンに代わるものです。This tool replaces older versions of similar tools released for past Configuration Manager products.

このツールでは、ツールを実行するときに指定する配布ポイントのコンテンツのみが処理されます。The tool only affects the content on the distribution point that you specify when you run the tool. このツールで、サイト サーバー上のコンテンツ ライブラリからコンテンツを削除することはできません。The tool can't remove content from the content library on the site server.

サイト サーバーの CD.Latest\SMSSETUP\TOOLS\ContentLibraryCleanupContentLibraryCleanup.exe を探します。Find ContentLibraryCleanup.exe in CD.Latest\SMSSETUP\TOOLS\ContentLibraryCleanup on the site server.

[要件]Requirements

  • 一度に 1 つの配布ポイントに対してのみツールを実行します。Only run the tool against a single distribution point at a time.

  • クリーンアップする配布ポイントをホストしているコンピューター上で直接、または別のサーバーからリモートで、ツールを実行します。Run it directly on the computer that hosts the distribution point to cleanup, or remotely from another computer.

  • ツールを実行するユーザー アカウントには、Configuration Manager の完全な権限を持つ管理者セキュリティ ロールと同じアクセス許可が必要です。The user account that runs the tool must have permissions the same as the Full Administrator security role in Configuration Manager.

操作モードModes of operation

ツールの実行モードは、What-if モードと削除モードの 2 つです。Run the tool in the following two modes: What-if and Delete.

ヒント

最初に What-if モードを使います。Start with the what-if mode. 結果に満足した後、"削除" モードでツールを実行します。When you're satisfied with the results, then run the tool in delete mode.

What-if モードWhat-if mode

/delete パラメーターを指定しないと、ツールは What-if モードで実行します。If you don't specify the /delete parameter, the tool runs in what-if mode. このモードでは、配布ポイントから削除されるコンテンツが識別されます。This mode identifies the content that would be deleted from the distribution point.

  • このモードでツールを実行した場合、データは削除されません。When run in this mode, the tool doesn't delete any data.

  • 削除されるコンテンツに関する情報がログ ファイルに書き込まれます。The tool writes to the log file information about the content that it would delete. 各削除候補についての確認は求められません。You're not prompted to confirm each potential deletion.

削除モードDelete mode

/delete パラメーターを使ってツールを実行すると、ツールは削除モードで実行されます。When you run the tool with the /delete parameter, the tool runs in delete mode.

  • このモードでツールを実行すると、指定した配布ポイントで検出された孤立コンテンツを、配布ポイントのコンテンツ ライブラリから削除することができます。When run in this mode, orphaned content that it finds on the specified distribution point can be deleted from the distribution point's content library.

  • 各ファイルを削除する前に、ツールがそれを削除する必要があることを確認します。Before deleting each file, confirm that the tool should delete it. 削除する場合は [Y]、削除しない場合は [N]、以降のメッセージを省略してすべての孤立コンテンツを削除する場合は [すべてはい] を選択します。Select Y for yes, N for no, or Yes to all to skip further prompts and delete all orphaned content.

ログ ファイルLog file

いずれかのモードでツールを実行すると、ログが自動的に作成されます。When the tool runs in either mode, it automatically creates a log. ログ ファイルの名前は次の情報を基にして付けられます。It names the log file with the following information:

  • ツールが実行されたモードThe mode the tool runs in
  • 配布ポイントの名前The name of the distribution point
  • 操作日時The date and time of operation

ツールが終了すると、Windows でログ ファイルが自動的に開かれます。When the tool finishes, it automatically opens the log file in Windows.

既定では、ログ ファイルはツールが実行されているユーザー アカウントの一時フォルダーに書き込まれます。By default, the tool writes the log file to the temp folder of the user account that runs the tool. この場所は、常にツールを実行したコンピューター上であり、ツールのターゲットではありません。This location is on the computer where you run the tool, which isn't always the target of the tool. ネットワーク共有などの別の場所にログ ファイルをリダイレクトするには、/log パラメーターを使います。Use the /log parameter to redirect the log file to another location, including a network share.

ツールを実行します。Run the tool

ツールを実行するには:To run the tool:

  1. コマンド プロンプトを管理者として開きます。Open a command prompt as an administrator. ContentLibraryCleanup.exe を含むフォルダーにディレクトリを変更します。Change directory to the folder that contains ContentLibraryCleanup.exe.

  2. 必須のコマンド ライン パラメーターと、使用する省略可能なパラメーターを含むコマンド ラインを入力します。Enter a command line that includes the required command-line parameters, and any optional parameters you want to use.

コマンド ライン パラメーターCommand-line parameters

以下のコマンド ライン パラメーターを任意の順で使います。Use these command-line parameters in any order.

必須のパラメーターRequired parameters

パラメーターParameter 詳細Details
/dp <distribution point FQDN> クリーンアップする配布ポイントの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を指定します。Specify the fully qualified domain name (FQDN) of the distribution point to clean.
/ps <primary site FQDN> セカンダリ サイトで配布ポイントからコンテンツをクリーンアップする場合にのみ "必須" です。Required only when cleaning content from a distribution point at a secondary site. このツールは、親プライマリ サイトに接続して、SMS プロバイダーに対するクエリを実行します。The tool connects to the parent primary site to run queries against the SMS Provider. これらのクエリにより、ツールは配布ポイントに必要なコンテンツを決定します。These queries let the tool determine what content should be on the distribution point. その後、削除する孤立コンテンツを特定できます。It can then identify the orphaned content to remove. 必要な情報がセカンダリ サイトからは直接入手できないため、親プライマリ サイトへのこの接続はセカンダリ サイトの配布ポイントに対して行う必要があります。This connection to the parent primary site must be made for distribution points at a secondary site because the required details aren't available directly from the secondary site.
/sc <primary site code> セカンダリ サイトで配布ポイントからコンテンツをクリーンアップする場合にのみ "必須" です。Required only when cleaning content from a distribution point at a secondary site. 親プライマリ サイトのサイト コードを指定します。Specify the site code of the parent primary site.

例: 削除するコンテンツをスキャンしてログに記録する (What-if)Example: Scan and log what content it would delete (what-if)

ContentLibraryCleanup.exe /dp server1.contoso.com

例: セカンダリ サイトの配布ポイントをスキャンしてコンテンツを記録するExample: Scan and log content for a DP at a secondary site

ContentLibraryCleanup.exe /dp server1.contoso.com /ps siteserver1.contoso.com /sc ABC

省略可能なパラメーターOptional parameters

パラメーターParameter 詳細Details
/delete 配布ポイントからコンテンツを削除する準備ができたらこのパラメーターを使います。Use this parameter when you're ready to delete content from the distribution point. コンテンツを削除する前にユーザーの確認を求めます。It prompts you before it deletes content.
このパラメーターを使用しないと、ツールは削除されるコンテンツに関する結果を記録します。When you don't use this parameter, the tool logs results about what content it would delete. このパラメーターを指定しないと、配布ポイントからコンテンツが実際に削除されることはありません。Without this parameter, it doesn't actually delete any content from the distribution point.
/q このパラメーターは、すべてのプロンプトを表示しない Quiet モードでツールを実行します。This parameter runs the tool in a quiet mode that suppresses all prompts. コンテンツを削除するときのプロンプトが含まれます。These prompts include when it deletes content. また、自動的にログ ファイルを開きません。It also doesn't automatically open the log file.
/ps <primary site FQDN> プライマリ サイトで配布ポイントからコンテンツをクリーニングする場合にのみ省略可能です。Optional only when cleaning content from a distribution point at a primary site. 配布ポイントが属するプライマリ サイトの FQDN を指定します。Specify the FQDN of the primary site that the distribution point belongs to.
/sc <primary site code> プライマリ サイトで配布ポイントからコンテンツをクリーニングする場合にのみ省略可能です。Optional only when cleaning content from a distribution point at a primary site. 配布ポイントが属するプライマリ サイトのサイト コードを指定します。Specify the site code of the primary site that the distribution point belongs to.
/log <log file directory> ツールがログ ファイルを書き込む場所を指定します。Specify the location where the tool writes the log file. ローカル ドライブやネットワーク共有上の場所を指定できます。This location can be a local drive or a network share.
このパラメーターを使用しないと、ログ ファイルはツールを実行ているコンピューター上のユーザーの一時ディレクトリに格納されます。When you don't use this parameter, the tool places the log file in the user's temp directory on the computer where the tool runs.

例: コンテンツを削除するExample: Delete content

ContentLibraryCleanup.exe /dp server1.contoso.com /delete

例: プロンプトを表示せずにコンテンツを削除するExample: Delete content without prompts

ContentLibraryCleanup.exe /q /dp server1.contoso.com /delete

例: ローカル ドライブにログを格納するExample: Log to local drive

ContentLibraryCleanup.exe /dp server1.contoso.com /log C:\Users\Administrator\Desktop

例: ネットワーク共有にログを格納するExample: Log to network share

ContentLibraryCleanup.exe /dp server1.contoso.com /log \\server\share

既知の問題Known issue

いずれかのパッケージまたは展開が失敗した場合、または実行中の場合、ツールは次のエラーを返す可能性があります。System.InvalidOperationException: This content library cannot be cleaned up right now because package <packageID> is not fully installed.When any package or deployment has failed, or is in progress, the tool might return the following error: System.InvalidOperationException: This content library cannot be cleaned up right now because package <packageID> is not fully installed.

この問題の回避策はありません。There's no workaround for this issue. コンテンツの展開が進行中または失敗した場合、このツールは孤立ファイルを確実に識別することはできません。The tool can't reliably identify orphaned files when content is in progress or has failed to deploy. その問題を解決するまで、ツールではコンテンツのクリーンアップが許可されません。The tool won't allow you to clean up content until you resolve that issue.