System Center Configuration Manager のサービス接続ポイントについてAbout the service connection point in System Center Configuration Manager

適用対象: System Center Configuration Manager (Current Branch)Applies to: System Center Configuration Manager (Current Branch)

System Center Configuration Manager サービス接続ポイントは、階層のいくつかの重要な機能を提供するサイト システムの役割です。The System Center Configuration Manager service connection point is a site system role that serves several important functions for the hierarchy. サービス接続ポイントを設定する前に、その使用範囲を理解し、計画を立ててください。Before you set up the service connection point, understand and plan for its range of uses. 使用計画によっては、このサイト システムの役割の設定方法に影響がある可能性があります。Planning for usage might affect how you set up this site system role:

  • Microsoft Intune を使用してモバイル デバイスを管理する – この役割は、Configuration Manager の前のバージョンによって使用される Windows Intune コネクタを置き換え、Intune のサブスクリプションの詳細で構成することができます。Manage mobile devices with Microsoft Intune - This role replaces the Windows Intune connector that previous versions of Configuration Manager used and can be configured with your Intune subscription details. System Center Configuration Manager と Microsoft Intune を使用するハイブリッド モバイル デバイス管理 (MDM)」をご覧ください。See Hybrid mobile device management (MDM) with System Center Configuration Manager and Microsoft Intune.

  • オンプレミス MDM を使用してモバイル デバイスを管理する – この役割は、インターネットに接続しない管理対象オンプレミス デバイスのサポートを提供します。Manage mobile devices with on-premises MDM - This role provides support for on-premises devices that you manage and that do not connect to the internet. System Center Configuration Manager でオンプレミス インフラストラクチャを使用したモバイル デバイスの管理」をご覧ください。See Manage mobile devices with on-premises infrastructure in System Center Configuration Manager.

  • Configuration Manager インフラストラクチャからの使用データのアップロード – アップロードする詳細のレベルと量を制御することができます。Upload usage data from your Configuration Manager infrastructure - You can control the level or amount of detail that you upload. アップロードされるデータは、次の点で役立ちます。Uploaded data helps:

    • 問題の早期識別とトラブルシューティングProactively identify and troubleshoot problems

    • Microsoft の製品やサービスの向上Improve our products and service

    • 使用する Configuration Manager のバージョンに適用する Configuration Manager の更新プログラムの識別Identify updates for Configuration Manager that apply to the version of Configuration Manager that you use

    各レベルで収集されるデータ、および役割をインストールした後で収集レベルを変更する方法については、「診断結果と使用状況データ」を参照してください。For information about data that each level collects and how to change the collection level after the role installs, see Diagnostics and usage data. その後、使う Configuration Manager のバージョンに対応するリンクをご覧ください。Then follow the link for the version of Configuration Manager that you use.

    詳細については、「使用状況データのレベルと設定」を参照してください。For more information, see Usage data levels and settings.

  • Configuration Manager インフラストラクチャに適用される更新プログラムのダウンロード – アップロードする使用データに基づいて、インフラストラクチャに関連する更新プログラムのみを入手することができます。Download updates that apply to your Configuration Manager infrastructure - Only relevant updates for your infrastructure are made available based on usage data you upload.

  • 各階層は、この役割の単一インスタンスをサポートします。Each hierarchy supports a single instance of this role:

    • このサイト システムの役割は、階層の最上位層サイト (中央管理サイトまたはスタンドアロン プライマリ サイト) のみにインストールできます。The site system role can only be installed at the top-tier site of your hierarchy, which is a central administration site or stand-alone primary site.

    • スタンドアロン プライマリ サイトをより大きな階層に拡張する場合、この役割をアンインストールする必要があり、その後、中央管理サイトにインストールすることができます。If you expand a stand-alone primary site to a larger hierarchy, you must uninstall this role from the primary site and can then install it at the central administration site.

操作モードModes of operation

サービス接続ポイントは、操作の 2 つのモードをサポートしています。The service connection point supports two modes of operation:

  • オンライン モードでは、サービス接続ポイントは 24 時間ごとに更新プログラムを自動的にチェックします。In online mode, the service connection point automatically checks every 24 hours for updates. そして、現在のインフラストラクチャおよび製品バージョンで使用可能な新しい更新プログラムをダウンロードし、Configuration Manager コンソールで使用できるようにします。It downloads new updates that are available for your current infrastructure and product version to make them available in the Configuration Manager console.

  • オフライン モードでは、サービス接続ポイントは、Microsoft クラウド サービスに接続しません。In offline mode, the service connection point does not connect to the Microsoft cloud service. 使用可能な更新プログラムを手動でインポートするには、System Center Configuration Manager のサービス接続ツールを使いますUse the Service Connection Tool for System Center Configuration Manager to import available updates manually.

サービス接続ポイントをインストールした後でオンライン モードとオフライン モードを変更する場合は、Configuration Manager SMS_Executive サービスの SMS_DMP_DOWNLOADER スレッドを再起動する必要があります。これにより、この変更が有効になります。If you change between online or offline modes after you install the service connection point, you must restart the SMS_DMP_DOWNLOADER thread of the Configuration Manager SMS_Executive service before the change becomes effective. Configuration Manager の Service Manager を使って、SMS_Executive サービスの SMS_DMP_DOWNLOADER スレッドのみを再起動できます。You can use the Configuration Manager Service Manager to restart only the SMS_DMP_DOWNLOADER thread of the SMS_Executive service. また、Configuration Manager の SMS_Executive サービスを再起動することもでき、それによりほとんどのサイト コンポーネントが再起動されます。You can also restart the SMS_Executive service for Configuration Manager, which restarts most site components. または、サイトのバックアップなどのスケジュールされたタスクを待つこともできます。そうすると、SMS_Executive サービスが自動的に停止されて後で再起動されます。Alternatively, you can wait for a scheduled task like a site backup, which stops and then later restarts the SMS_Executive service for you.

Configuration Manager サービス マネージャーを使用するには、コンソールで [監視] > [システムのステータス] > [コンポーネントのステータス] に移動して [開始] を選択してから、[Configuration Manager サービス マネージャー] を選択します。To use the Configuration Manager Service Manager, in the console go to Monitoring > System Status > Component Status, choose Start, and then choose Configuration Manager Service Manager. サービス マネージャー:In the service manager:

  • ナビゲーション ウィンドウで、サイトを展開してから [コンポーネント] を展開し、再起動するコンポーネントを選択します。In the navigation pane, expand the site, expand Components, and then choose the component that you want to restart.

  • 詳細ウィンドウで、コンポーネントを右クリックして、[クエリ] を選択します。In the details pane, right-click the component, and then choose Query.

  • コンポーネントのステータスを確認したら、コンポーネントを再び右クリックして、[停止] を選択します。After the status of the component is confirmed, right-click the component again, and then choose Stop.

  • コンポーネントを再びクエリして停止していることを確認します。Query the component again to confirm that it is stopped. コンポーネントをもう一度右クリックし、[開始] を選びます。Right-click the component one more time, and then choose Start.

重要

サービス接続ポイントに Microsoft Intune サブスクリプションを追加するプロセスで、サイト システムの役割が自動的にオンラインに設定されます。The process that adds a Microsoft Intune subscription to the service connection point automatically sets the site system role to be online. サービス接続ポイントは Intune サブスクリプションで設定されている場合にオフライン モードをサポートしません。The service connection point does not support offline mode when it's set up with an Intune subscription.

サイト サーバーからリモートにあるコンピューターに役割をインストールする場合:When the role installs on a computer that is remote from the site server:

  • サイト サーバーのコンピューター アカウントは、リモート サービス接続をホストするコンピューターのローカル管理者である必要があります。The computer account of the site server must be a local admin on the computer that hosts a remote service connection.

  • 役割をホストするサイト システム サーバーをサイト システムのインストール アカウントで設定する必要があります。You must set up the site system server that hosts the role with a Site System Installation Account.

  • サイト サーバー上の配布マネージャーは、サイト システムのインストール アカウントを使って、サービス接続ポイントから更新プログラムを転送します。The distribution manager on the site server uses the Site System Installation Account to transfer updates from the service connection point.

インターネット アクセス要件Internet access requirements

操作を有効にするには、サービス接続ポイントをホストするコンピューター、およびそのコンピューターとインターネットの間のファイアウォールが、HTTPS の場合は送信ポート TCP 443、HTTP の場合は送信ポート TCP 80 を通して、次のインターネット上の場所に通信が届くようにする必要があります。To enable operation, the computer that hosts the service connection point and any firewalls between that computer and the internet must pass communications through outgoing port TCP 443 for HTTPS and outgoing port TCP 80 for HTTP to the below internet locations. サービス接続ポイントから、これらの場所を利用する際は、Web プロキシ (認証あり、または認証なし) を使用することもできます。The service connection point also supports using a web proxy (with or without authentication) to use these locations. Web プロキシ アカウントを構成する必要がある場合は、「System Center Configuration Manager でのプロキシ サーバーのサポート」を参照してください。If you need to configure a web proxy account See: Proxy server support in System Center Configuration Manager.

更新プログラムとサービスUpdates and servicing

  • *.akamaiedge.net*.akamaiedge.net

  • *.akamaitechnologies.com*.akamaitechnologies.com

  • *.manage.microsoft.com*.manage.microsoft.com

  • go.microsoft.comgo.microsoft.com

  • blob.core.windows.netblob.core.windows.net

  • download.microsoft.comdownload.microsoft.com

  • download.windowsupdate.comdownload.windowsupdate.com

  • sccmconnected-a01.cloudapp.netsccmconnected-a01.cloudapp.net

  • configmgrbits.azureedge.netconfigmgrbits.azureedge.net

Microsoft IntuneMicrosoft Intune

Windows 10 サービスWindows 10 servicing

サービス接続ポイントをインストールするInstall the service connection point

[セットアップ] を実行して階層の最上位サイトをインストールする場合、サービス接続ポイントをインストールするオプションがあります。When you run Setup to install the top-tier site of a hierarchy, you have the option to install the service connection point.

[セットアップ] を実行した後、またはサイト システムの役割を再インストールする場合は、サイト システムの役割の追加ウィザード、またはサイト システム サーバーの作成ウィザードを使用して、サーバー上のサイト システムを階層の最上位サイト (中央管理サイトまたはスタンドアロン プライマリ サイト) にインストールします。After setup runs, or if you are reinstalling the site system role, use the Add Site System Roles wizard or the Create Site System Server wizard to install the site system on a server at the top-tier site of your hierarchy, that is, the central administration site or a stand-alone primary site. どちらのウィザードも、コンソールの [ホーム] タブの、[管理] > [サイトの構成] > [サーバーとサイト システムの役割] にあります。Both wizards are on the Home tab in the console at Administration > Site Configuration > Servers and Site System Roles.

サービス接続ポイントにより使用されるログ ファイルLog files used by the service connection point

Microsoft へのアップロードに関する情報については、サービス接続ポイントを実行するコンピューターの Dmpuploader.log をご覧ください。To view information about uploads to Microsoft, view the Dmpuploader.log on the computer that runs the service connection point. 更新プログラムのダウンロード進捗状況など、ダウンロードについては、Dmpdownloader.log をご覧ください。For downloads, including download progress of updates, view Dmpdownloader.log. サービス接続ポイント関連のログの完全な一覧については、Configuration Manager ログ ファイルの記事の「サービス接続ポイント」を参照してください。For the complete list of logs related to the service connection point, see Service connection point in the Configuration Manager log files article.

更新プログラムをダウンロードするプロセスと更新プログラムを他のサイトに複製するプロセスの流れや重要なログ エントリについては、次のフローチャートを使用して理解に役立てることもできます。You can also use the following flowcharts to understand the process flow and key log entries for update downloads and replication of updates to other sites: