Configuration Manager の配布ポイントのインストールと構成Install and configure distribution points in Configuration Manager

「オブジェクトの適用対象: System Center Configuration Manager (Current Branch)Applies to: System Center Configuration Manager (Current Branch)

Configuration Manager 配布ポイントをインストールし、デバイスやユーザーに展開するコンテンツ ファイルをホストします。Install Configuration Manager distribution points to host the content files that you deploy to devices and users. 配布ポイント グループを作成すると、配布ポイントの管理と配布ポイントへのコンテンツの配布が簡単になります。Create distribution point groups to simplify how you manage distribution points, and how you distribute content to distribution points.

インストール ウィザードを使用し、新しい配布ポイントをインストールします。You install a new distribution point by using the installation wizard. 詳細については、「配布ポイントをインストールする」を参照してください。For more information, see Install a distribution point. 既存の配布ポイントのプロパティを管理するには、配布ポイントのプロパティを編集します。To manage the properties of an existing distribution point, edit the properties of the distribution point. 詳細については、配布ポイントの構成に関するページを参照してください。For more information, see Configure a distribution point.

配布ポイント設定のほとんどはいずれかの方法で構成します。Configure most of the distribution point settings with either method. インストールまたは編集のいずれか一方を行うときに使用可能な設定はいくつか用意されていますが、両方を行う設定はありません。A few settings are available only when you're either installing or editing, but not both:

  • 配布ポイントをインストールするときにのみ使用可能な設定:Settings that are available only when you're installing a distribution point:

    • Configuration Manager が配布ポイントのコンピューターに IIS をインストールすることを許可するAllow Configuration Manager to install IIS on the distribution point computer

    • 配布ポイントのドライブ容量の設定を構成するConfigure drive space settings for the distribution point

  • 配布ポイントのプロパティを編集するときにのみ使用可能な設定:Settings that are available only when you're editing the properties of a distribution point:

    • 配布ポイント グループの関係を管理するManage distribution point group relationships

    • 配布ポイントに展開されているコンテンツを表示するView Content deployed to the distribution point

    • 配布ポイントへのデータ転送の転送率の制限を構成するConfigure Rate limits for data transfers to distribution points

    • 配布ポイントへのデータ転送のスケジュールを構成するConfigure Schedules for data transfers to distribution points

配布ポイントをインストールするInstall a distribution point

クライアント コンピューターでコンテンツを使用できるようにする前に、サイト システム サーバーを配布ポイントとして選択します。Choose a site system server as a distribution point before content can be made available to client computers. オンプレミスのクライアント コンピューターがコンテンツ ソースの場所として配布ポイントを使用する前に、少なくとも 1 つの境界グループに配布ポイントを割り当てます。Assign a distribution point to at least one boundary group before on-premises client computers can use that distribution point as a content source location. 配布ポイントの役割を新しいサイト システム サーバーに追加するか、それを既存のサイト システム サーバーに追加します。Add the distribution point role to a new site system server, or add it to an existing site system server.

必要条件Prerequisites

新しい配布ポイントをインストールするとき、インストール ウィザードを利用します。利用可能な設定を段階的に実行できます。When you install a new distribution point, you use an installation wizard that walks you through the available settings. 開始する前に、次の前提条件を考慮してください。Before you start, consider the following prerequisites:

  • 配布ポイントを作成して構成するには、次のセキュリティ権限が必要です。You must have the following security permissions to create and configure a distribution point:

    • 配布ポイント オブジェクトの 読み取りRead for the Distribution Point object

    • 配布ポイント オブジェクトの 配布ポイントにコピーCopy to Distribution Point for the Distribution Point object

    • サイト オブジェクトの 変更Modify for the Site object

    • サイト オブジェクトの オペレーティング システム展開の証明書の管理Manage Certificates for Operating System Deployment for the Site object

  • 配布ポイントをホストする Windows サーバーにインターネット インフォメーション サービス (IIS) をインストールします。Install Internet Information Services (IIS) on the Windows server that hosts the distribution point. あるいは、サイト システムの役割をインストールするとき、Configuration Manager によって IIS をインストールし、構成できます。Or, when you install the site system role, Configuration Manager can install and configure IIS for you.

配布ポイントをインストールする手順Procedure to install a distribution point

この手順を使用し、新しい配布ポイントを追加できます。Use this procedure to add a new distribution point. 既存の配布ポイントの構成を変更するには、「配布ポイントの構成」セクションを参照してください。To change the configuration of an existing distribution point, see the Configure a distribution point section.

サイト システムの役割をインストールする一般的な手順から始めます。Start with the general procedure to Install site system roles. サイト システム サーバーの作成ウィザードの [システムの役割の選択] ページで配布ポイントの役割を選択します。Select the Distribution point role on the System Role Selection page of the Create Site System Server wizard. このアクションにより次のページがウィザードに追加されます。This action adds the following pages to the wizard:

重要

次の設定は、配布ポイントをインストールするときにのみ使用できます。The following settings are available only when you're installing a distribution point:

  • Configuration Manager が配布ポイントのコンピューターに IIS をインストールすることを許可するAllow Configuration Manager to install IIS on the distribution point computer

  • 配布ポイントのドライブ容量の設定を構成するConfigure drive space settings for the distribution point

配布ポイントの役割に固有のウィザード ページに関する詳細については、「配布ポイントの構成」を参照してください。For more information on the pages of the wizard specific to the distribution point role, see the Configure a distribution point section. たとえば、プル配布ポイントとして配布ポイントをインストールする場合、 [この配布ポイントで他の配布ポイントからのコンテンツのプルを有効にする] を選択します。For example, if you want to install the distribution point as a pull-distribution point, choose the option to Enable this distribution point to pull content from other distribution points. 次に、プル配布ポイントで必要となる追加構成を行います。Then make the additional configurations that pull-distribution points require.

サイト システム サーバーの作成ウィザードを完了すると、サイトにより、配布ポイントの役割がサイト システム サーバーに追加されます。After you finish the Create Site System Server wizard, the site adds the distribution point role to the site system server.

配布ポイント グループの管理Manage distribution point groups

配布ポイントを論理的な "配布ポイント グループ" に分けることができます。Distribution point groups provide a logical grouping of distribution points for content distribution. これらのグループを使用し、複数のサイトに配置されている配布ポイントのコンテンツを 1 か所で管理し、監視することができます。Use these groups to manage and monitor content from a central location for distribution points that span multiple sites. 次の点を考慮してください。Keep the following point in mind:

  • 階層内の任意のサイトから配布ポイント グループに 1 つまたは複数の配布ポイントを追加します。Add one or more distribution points from any site in the hierarchy to a distribution point group.

  • 1 つの配布ポイントを複数の配布ポイント グループに追加します。Add a distribution point to more than one distribution point group.

  • 配布ポイント グループにコンテンツを配布すると、Configuration Manager により、グループに属するすべての配布ポイントにコンテンツが配布されます。When you distribute content to a distribution point group, Configuration Manager distributes the content to all distribution points that are members of the group.

  • 最初にコンテンツを配布した後にグループに配布ポイントを追加すると、Configuration Manager により、新しい配布ポイント メンバーにコンテンツが自動的に配布されます。If you add a distribution point to the group after an initial content distribution, Configuration Manager automatically distributes the content to the new distribution point member.

  • コレクションを配布ポイント グループに関連付けます。Associate a collection with a distribution point group. コンテンツをそのコレクションに配布すると、Configuration Manager により、コレクションに関連付けられているグループが特定されます。When you distribute content to that collection, Configuration Manager determines which groups are associated with the collection. 次に、それらのグループに属するすべての配布ポイントにコンテンツが配布されます。It then distributes the content to all distribution points that are members of those groups.

    注意

    コンテンツをコレクションに配布した後でコレクションを新しい配布ポイント グループに関連付けた場合は、コンテンツが新しい配布ポイント グループに配布される前に、コンテンツをコレクションに再配布する必要があります。After you distribute content to a collection, if you then associate the collection with a new distribution point group, you must redistribute the content to the collection before the content is distributed to the new distribution point group.

後続のセクションでは、配布ポイント グループを管理する次のアクションの手順をまとめています。The next sections list the procedures for the following actions to manage distribution point groups:

新しい配布ポイント グループを作成して構成する手順Procedure to create and configure a new distribution point group

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動し、 [配布ポイント グループ] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, and select the Distribution Point Groups node.

  2. リボンで [グループの作成] を選択します。In the ribbon, select Create Group.

  3. 新しい配布ポイント グループの作成ウィザードで、 [名前] を入力し、任意でグループの [説明] を入力します。In the Create New Distribution Point Group window, enter the Name, and optionally a Description for the group.

  4. [メンバー] タブで [追加] を選択します。On the Members tab, select Add.

  5. [配布ポイントの追加] ウィンドウで、グループのメンバーとして追加する配布ポイントを 1 つまたは複数選択します。In the Add Distribution Points window, select one or more distribution points to add as members of the group. 次に [OK] を選択します。Then choose OK.

  6. 必要に応じて、[新しい配布ポイント グループの作成] ウィンドウの [コレクション] タブに切り替え、 [追加] を選択します。If necessary, switch to the Collections tab of the Create New Distribution Point Group window, and select Add.

  7. [コレクションの選択] ウィンドウで、配布ポイント グループに関連付けるコレクションを選択し、 [OK] を選択します。In the Select Collections window, select the collections to associate with the distribution point group, and then choose OK.

  8. [新しい配布ポイント グループの作成] ウィンドウで、 [OK] を選択し、グループを作成します。In the Create New Distribution Point Group window, choose OK to create the group.

既存の配布ポイントから新しいグループを作成するCreate a new group from an existing distribution point

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動して、 [配布ポイント] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, and select the Distribution Points node. 新しい配布ポイント グループに追加する配布ポイント グループを 1 つまたは複数選択します。Select one or more distribution points to add to a new distribution point group.

  2. リボンで、 [選択した項目の追加] を選択し、 [選択した項目を新しい配布ポイント グループに追加] を選択します。In the ribbon, select Add Selected Items, and then select Add Selected Items to New Distribution Point Group.

このプロセスにより、[新しい配布ポイント グループの作成] ウィンドウの [メンバー] タブに選択したサーバーが自動的に入力されます。This process automatically populates the Members tab of the Create New Distribution Point Group window with the selected servers.

既存の配布ポイント グループを変更する手順Procedure to modify an existing distribution point group

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動し、 [配布ポイント グループ] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, and select the Distribution Point Groups node.

  2. 変更する既存の配布ポイント グループを選択します。Select an existing distribution point group to modify. リボンで、 [プロパティ] を選択します。In the ribbon, select Properties.

  3. 新しいコレクションとこのグループを関連付けるには、 [コレクション] タブに切り替え、 [追加] を選択します。To associate new collections with this group, switch to the Collections tab, and choose Add. コレクションを選択し、 [OK] を選択します。Select the collections, and then choose OK.

  4. このグループに新しい配布ポイントを追加するには、 [メンバー] タブに切り替え、 [追加] を選択します。To add new distribution points to this group, switch to the Members tab, and choose Add. 配布ポイントを選択し、 [OK] を選択します。Select the distribution points, and then choose OK.

  5. [OK] をクリックして配布ポイント グループに加えた変更を保存します。Choose OK to save changes to the distribution point group.

選択した配布ポイント グループを既存の配布ポイント グループに追加する手順Procedure to add selected distribution points to existing distribution point groups

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動して、 [配布ポイント] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, and select the Distribution Points node. 既存のグループに追加する配布ポイント グループを 1 つまたは複数選択します。Select one or more distribution points to add to an existing group.

  2. リボンで、 [選択した項目の追加] を選択し、 [選択した項目を既存の配布ポイント グループに追加] を選択します。In the ribbon, select Add Selected Items, and then select Add Selected Items to Existing Distribution Point Groups.

  3. [利用可能な配布ポイント グループ] で、選択した配布ポイントがメンバーとして追加されるグループを選択します。In the Available distribution point groups, select the groups to which the selected distribution points are added as members. 次に [OK] を選択します。Then choose OK.

配布ポイントの再割り当てReassign a distribution point

多くのお客様が大きな Configuration Manager インフラストラクチャを持っており、環境を簡素化するためにプライマリ サイトまたはセカンダリ サイトを減らしています。Many customers have large Configuration Manager infrastructures, and are reducing primary or secondary sites to simplify their environment. それでも、管理されたクライアントにコンテンツを提供するためにブランチ オフィスの所在地で配布ポイントを保持する必要があります。They still need to retain distribution points at branch office locations to serve content to managed clients. 多くの場合、これらの配布ポイントには数テラバイト以上のコンテンツが含まれています。These distribution points often contain multiple terabytes or more of content. これらのリモート サーバーに配布するための時間とネットワーク帯域幅を考えると、このコンテンツにはコストがかかります。This content is costly in terms of time and network bandwidth to distribute to these remote servers.

この機能を使用することで、コンテンツを再配布せずに配布ポイントを別のプライマリ サイトに再割り当てできます。This feature lets you reassign a distribution point to another primary site without redistributing the content. この操作により、サーバー上のすべてのコンテンツを保持したままで、サイト システムの割り当てが更新されます。This action updates the site system assignment while persisting all of the content on the server. 複数の配布ポイントを再割り当てする必要がある場合は、まず、単一の配布ポイントでこの操作を実行します。If you need to reassign multiple distribution points, first perform this action on a single distribution point. 次に、一度に 1 つずつ追加のサーバーで操作を続行します。Then proceed with additional servers one at a time.

重要

ターゲット サーバーでホストできるのは配布ポイントの役割のみです。The target server can only host the distribution point role. サイト システム サーバーで、状態移行ポイントなどの別の Configuration Manager サーバーの役割をホストする場合、配布ポイントを再割り当てすることはできません。If the site system server hosts another Configuration Manager server role, such as the state migration point, you cannot reassign the distribution point. また、クラウド配布ポイントを再割り当てすることはできません。You cannot reassign a cloud distribution point.

配布ポイントを再割り当てする前に、ターゲットの配布ポイント サーバー上のローカル管理者グループに、接続先のサイト サーバーのコンピューター アカウントを追加します。Before reassigning a distribution point, add the computer account of the destination site server to the local Administrator group on the target distribution point server.

配布ポイントを再割り当てするには、以下の手順に従います。Follow these steps to reassign a distribution point:

  1. Configuration Manager コンソールで、中央管理サイトに接続します。In the Configuration Manager console, connect to the central administration site.

  2. [管理] ワークスペースに移動して、 [配布ポイント] ノードを選択します。Go to the Administration workspace, and select the Distribution Points node.

  3. ターゲットの配布ポイントを右クリックして、 [配布ポイントの再割り当て] を選択します。Right-click the target distribution point, and select Reassign Distribution Point.

  4. この配布ポイントを再割り当てする、ターゲットのサイト サーバーとサイト コードを選択します。Select the target site server and site code to which you want to reassign this distribution point.

新しい役割を追加する場合と同じように再割り当てを監視します。Monitor the reassignment similarly as when you add a new role. 最も簡単な方法は、数分後にコンソール ビューを更新することです。The simplest method is to refresh the console view after several minutes. ビューにサイト コード列を追加します。Add the site code column to the view. この値は、Configuration Manager でのサーバーの再割り当て時に変更されます。This value changes when Configuration Manager reassigns the server. コンソール ビューを更新する前にターゲット サーバーで別の操作を実行しようすると、"オブジェクトが見つかりません" というエラーが発生します。If you try to perform another action on the target server before you refresh the console view, an "object not found" error occurs. サーバーで他の操作を開始する前に、プロセスが完了したことを確認し、コンソール ビューを更新してください。Ensure the process is complete and refresh the console view before starting any other actions on the server.

配布ポイントの再割り当て後に、サーバーの証明書を更新します。After reassigning a distribution point, refresh the server's certificate. 新しいサイト サーバーでは、その公開キーを使用して、この証明書を再暗号化し、サイト データベースに格納する必要があります。The new site server needs to re-encrypt this certificate using its public key and store it in the site database. 詳細については、配布ポイント プロパティの [全般] タブの [配布ポイントの自己署名入り証明書を作成するか、公開キー基盤 (PKI) クライアント証明書をインポートする] 設定を参照してください。For more information, see the Create a self-signed certificate or import a public key infrastructure (PKI) client certificate for the distribution point setting on the General tab of the distribution point properties.

  • PKI 証明書の場合、新しい証明書を作成する必要はありません。For PKI certificates, you don't need to create a new certificate. 同じ PFX をインポートして、パスワードを入力します。Import the same .PFX and enter the password.

  • 自己署名証明書の場合は、有効期限の日付または時刻を調整して更新します。For self-signed certificates, adjust the expiration date or time to update it.

  • 証明書を更新しない場合、配布ポイントでは引き続きコンテンツが提供されますが、以下の機能でエラーが発生します。If you don't refresh the certificate, the distribution point still serves content, but the following functions fail:

    • コンテンツの検証メッセージ (distmgr.log に、証明書の暗号化を解除できないと示される)Content validation messages (the distmgr.log shows that it can't decrypt the certificate)

    • クライアントの PXE サポートPXE support for clients

ヒントTips

  • 中央管理サイトからこの操作を実行します。Perform this action from the central administration site. この実習は、プライマリ サイトへのレプリケーションに役立ちます。This practice helps with replication to the primary sites.

  • ターゲット サーバーにコンテンツを配布してから、再割り当てを試行しないでください。Don't distribute content to the target server and then attempt to reassign it. 進行中のコンテンツの配布タスクは再割り当てプロセス中に失敗する可能性がありますが、通常どおり再試行されます。Distribute content tasks that are in progress may fail during the reassignment process, but it retries per normal.

  • サーバーが Configuration Manager クライアントでもある場合は、必ず、新しいプライマリ サイトにクライアントを再割り当てしてください。If the server is also a Configuration Manager client, make sure to also reassign the client to the new primary site. この手順は、クライアント コンポーネントを使用してコンテンツをダウンロードする、プル配布ポイントで特に重要です。This step is especially critical for pull-distribution points, which use client components to download content.

  • このプロセスでは、古いサイトの既定の境界グループから配布ポイントが削除されます。This process removes the distribution point from the old site's default boundary group. 必要に応じて、新しいサイトの既定の境界グループに手動で追加する必要があります。You need to manually add it to the new site's default boundary group, if necessary. 他のすべての境界グループの割り当ては変わりません。All other boundary group assignments remain the same.

メンテナンス モードMaintenance mode

バージョン 1902 以降、メンテナンス モードで配布ポイントを設定できます。Starting in version 1902, you can set a distribution point in maintenance mode. ソフトウェア更新プログラムをインストールするとき、またはサーバーのハードウェアを変更するときに、メンテナンス モードを有効にします。Enable maintenance mode when you're installing software updates, or making hardware changes to the server.

配布ポイントがメンテナンス モードの間の動作は、次のようになります。While the distribution point is in maintenance mode, it has the following behaviors:

  • サイトからそれに対してコンテンツは何も配布されません。The site doesn't distribute any content to it.

  • 管理ポイントからクライアントに、この配布ポイントの場所は返されません。Management points don't return the location of this distribution point to clients.

  • サイトを更新すると、メンテナンス モードの配布ポイントも更新されます。When you update the site, a distribution point in maintenance mode still updates.

  • 配布ポイントのプロパティは読み取り専用です。The distribution point properties are read-only. たとえば、証明書を変更したり、境界グループを追加したりすることはできません。For example, you can't change the certificate or add boundary groups.

  • コンテンツの検証などのすべてのスケジュールされたタスクは、同じスケジュールで引き続き実行されます。Any scheduled task, like content validation, still runs on the same schedule.

複数の配布ポイントでメンテナンス モードを有効にするときは注意してください。Be careful about enabling maintenance mode on more than one distribution point. この操作を行うと、他の配布ポイントのパフォーマンスに影響する場合があります。This action may cause a performance impact to your other distribution points. 境界グループの構成によっては、クライアントのダウンロード時間が長くなったり、コンテンツをダウンロードできなくなる可能性があります。Depending upon your boundary group configurations, clients may have increased download times or be unable to download content.

メンテナンス モードを有効にするEnable maintenance mode

配布ポイントをメンテナンス モードにするには、ユーザー アカウントにサイト クラスに対する変更アクセス許可が必要です。To put a distribution point in maintenance mode, your user account requires the Modify permission on the Site class. たとえば、インフラストラクチャ管理者完全な権限を持つ管理者の組み込みロールはこのアクセス許可を持っています。For example, the Infrastructure Administrator and Full Administrator built-in roles have this permission.

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace.

  2. [配布ポイント] ノードを選択します。Select the Distribution Points node.

  3. 対象の配布ポイントを選択して、リボンの [メンテナンス モードを有効にする] を選択します。Select the target distribution point, and choose Enable maintenance mode from the ribbon.

配布ポイントの現在の状態を見るには、コンソールの [配布ポイント] ノードに "メンテナンス モード" 列を追加します。To view the current state of the distribution points, add the "Maintenance mode" column to the Distribution Points node in the console.

Configuration Manager SDK を使用してこのプロセスを自動化する方法の詳細については、クラス SMS_DistributionPointInfo の SetDPMaintenanceMode メソッドに関する記事を参照してください。For more information on automating this process with the Configuration Manager SDK, see SetDPMaintenanceMode method in class SMS_DistributionPointInfo.

配布ポイントの構成Configure a distribution point

それぞれの配布ポイントは、さまざまな構成をサポートします。Individual distribution points support a variety of different configurations. ただし、すべての配布ポイントの種類ですべての構成がサポートされるわけではありません。However, not all distribution point types support all configurations. たとえば、クラウド配布ポイントでは、PXE 対応またはマルチキャスト対応の展開がサポートされていません。For example, cloud distribution points don't support PXE- or multicast-enabled deployments. 具体的な制限事項に関する詳細については、次の記事を参照してください。For more information about specific limitations, see the following articles:

後続のセクションでは、新しい配布ポイントをインストールするとき、または既存の配布ポイントを編集するときの配布ポイント構成について説明します。The following sections describe the distribution point configurations when you're installing a new one or editing an existing one:

配布ポイントを変更する手順Procedure to change a distribution point

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動して、 [配布ポイント] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, and select the Distribution Points node.

  2. 構成する配布ポイントを選択します。Select the distribution point to configure. リボンで、 [プロパティ] を選択します。In the ribbon, choose Properties.

  3. 配布ポイントのプロパティを編集するとき、後続のセクションの情報を利用します。Use the information in the following sections when you're editing the properties of the distribution point.

  4. 必要な変更を行ったら、 [OK] を選択して設定を保存し、配布ポイントのプロパティを閉じます。After you make the changes that you want, select OK to save your settings and close the distribution point properties.

全般General

注意

バージョン 1902 以前では、このページに HTTP/HTTPS と証明書に関する追加の設定があります。In version 1902 and earlier, this page has additional settings for HTTP/HTTPS and certificates. バージョン 1906 以降では、これらの設定は [通信] ページに示されるようになりました。Starting in version 1906, these settings are now on the Communication page.

次の設定は、サイト システム サーバーの作成ウィザードの [配布ポイント] ページと [配布ポイントのプロパティ] ウィンドウの [全般] タブにあります。The following settings are on the Distribution point page of the Create Site System Server wizard, and the General tab of the distribution point properties window:

  • 説明: この配布ポイントの役割の説明 (任意指定)。Description: An optional description for this distribution point role.

  • Configuration Manager で必要な場合は IIS をインストールして構成する:IIS がまだサーバー上にインストールされていない場合、Configuration Manager によってインストールされ、構成されます。Install and configure IIS if required by Configuration Manager: If IIS isn't already installed on the server, Configuration Manager installs and configures it. Configuration Manager では、すべての配布ポイントで IIS が必要になります。Configuration Manager requires IIS on all distribution points. この設定を選択しないとき、IIS がサーバーにインストールされていない場合、先に IIS をインストールしないと、Configuration Manager では配布ポイントを正常にインストールできません。If you don't choose this setting, and IIS isn't installed on the server, first install IIS before Configuration Manager can successfully install the distribution point.

    注意

    このオプションは、サイト システム サーバーの作成ウィザードの [配布ポイント] ページにのみあります。This option is only on the Distribution point page of the Create Site System Server wizard. 新しい配布ポイントをインストールするときにのみ使用できます。It's available only when you're installing a new distribution point.

  • この配布ポイントの BranchCache を有効にして構成する: この設定を選択すると、Configuration Manager で、配布ポイント サーバーに対して Windows BranchCache を構成することができます。Enable and configure BranchCache for this distribution point: Choose this setting to let Configuration Manager configure Windows BranchCache on the distribution point server. 詳細については、「BranchCache」を参照してください。For more information, see BranchCache.

  • 未使用のネットワーク帯域幅を使用するためにダウンロード速度を調整する (Windows LEDBAT)Adjust the download speed to use the unused network bandwidth (Windows LEDBAT):バージョン 1806 以降、ネットワークの輻そう制御を使用する配布ポイントを有効にします。: Starting in version 1806, enable distribution points to use network congestion control. 詳細については、「Windows LEDBAT」を参照してください。For more information, see Windows LEDBAT. LEDBAT サポートの最小要件:Minimum requirements for LEDBAT support:

    • Configuration Manager バージョン 1806 (一般リリース)Configuration Manager version 1806 (general release)

      • Windows Server、バージョン 1709 以降Windows Server, version 1709 or later
    • Configuration Manager バージョン 1806 以降、更新プログラムのロールアップ (4462978) ありConfiguration Manager version 1806 with update rollup (4462978), or later

      • Windows Server、バージョン 1709 以降Windows Server, version 1709 or later
      • Windows Server 2016、更新プログラムの KB4132216 と KB4284833 を含むWindows Server 2016 with updates KB4132216 and KB4284833
    • Configuration Manager バージョン 1810 以降Configuration Manager version 1810 or later:

      • Windows Server、バージョン 1709 以降Windows Server, version 1709 or later
      • Windows Server 2016、更新プログラムの KB4132216 と KB4284833 を含むWindows Server 2016 with updates KB4132216 and KB4284833
      • Windows Server 2019Windows Server 2019
  • 事前設定されたコンテンツ用にこの配布ポイントを有効にする: この設定により、ソフトウェアを配布する前にサーバーにコンテンツを追加できます。Enable this distribution point for prestaged content: This setting enables you to add content to the server before you distribute software. コンテンツ ファイルは既にコンテンツ ライブラリに格納されているため、ソフトウェアを配布するときにネットワークを介してファイルが転送されることはありません。Because the content files are already in the content library, they don't transfer over the network when you distribute the software. 詳細については、「事前設定されたコンテンツ」を参照してください。For more information, see Prestaged content.

  • 配信の最適化のネットワーク内キャッシュ サーバーとして使用するためにこの配布ポイントを有効にする:バージョン 1906 以降では、自分の配布ポイントで配信の最適化のネットワーク内キャッシュ (DOINC) サーバーをインストールできます。Enable this distribution point to be used as Delivery Optimization In-Network Cache server: Starting in version 1906, you can install a Delivery Optimization In-Network Cache (DOINC) server on your distribution points. このコンテンツをオンプレミスでキャッシュすることによって、クライアントは配信の最適化機能から恩恵を受けることができますが、お客様が WAN リンクを保護するのに役立てることができます。By caching this content on-premises, your clients can benefit from the Delivery Optimization feature, but you can help to protect WAN links. 追加設定の説明を含む詳細については、Configuration Manager での配信の最適化のネットワーク内キャッシュに関するページを参照してください。For more information, including description of the additional settings, see Delivery Optimization In-Network Cache in Configuration Manager.

通信Communication

注意

バージョン 1906 以降では、以下の設定は [通信] タブにあります。バージョン 1902 以前では、これらの設定は [全般] タブにあります。Starting in version 1906, the following settings are on the Communication tab. In version 1902 and earlier, these settings are on the General tab.

次の設定は、サイト システム サーバーの作成ウィザードと [配布ポイントのプロパティ] ウィンドウの [通信] ページにあります。The following settings are on the Communication page of the Create Site System Server wizard and the distribution point properties window:

  • クライアント デバイスがどのように配布ポイントと通信するかを構成する: HTTP または HTTPS を使用する場合は、それぞれ長所と欠点があります。Configure how client devices communicate with the distribution point: There are advantages and disadvantages to using HTTP or HTTPS. 詳細については、「コンテンツ管理について推奨する運用方法」を参照してください。For more information, see Security best practices for content management.

  • クライアントに匿名接続を許可する: この設定は、配布ポイントのコンテンツ ライブラリに、構成マネージャー クライアントから匿名で接続できるようにするかどうかを指定します。Allow clients to connect anonymously: This setting specifies whether the distribution point allows anonymous connections from Configuration Manager clients to the content library.

    重要

    この設定を使用しない場合、Microsoft サポート技術情報の Windows 7 クライアントに関する記事 2619572 で説明されている変更を適用してください。If you don't use this setting, apply the changes described in Microsoft Knowledge Base article 2619572 on Windows 7 clients. この変更を適用しないと、Windows インストーラー アプリケーションの修復が失敗することがあります。Otherwise repair of Windows Installer applications can fail.

    Windows インストーラー アプリケーションを展開すると、構成マネージャー クライアントではファイルがそのローカル キャッシュにダウンロードされます。When you deploy a Windows Installer application, the Configuration Manager client downloads the file to its local cache. クライアントでは最終的に、インストール完了後、そのファイルが削除されます。The client eventually removes the files after the installation finishes. 構成マネージャー クライアントにより、アプリケーションの Windows インストーラー ソース リストが更新されます。The Configuration Manager client updates the Windows Installer source list for the application. 関連付けられている配布ポイントでコンテンツ ライブラリのコンテンツ パスが設定されます。It sets the content path to the content library on associated distribution points. 後で、デバイスでアプリケーションを修正しようとすると、MSIExec により、匿名ユーザーを利用してコンテンツ パスへのアクセスが試行されます。Later, if you try to repair the application on the device, MSIExec attempts to access the content path by using an anonymous user.

    クライアントに更新プログラムをインストールし、文書化されているレジストリ キーを変更すると、MSIExec はサインイン ユーザー アカウントを利用してコンテンツ パスにアクセスします。After you install the update on clients and modify the documented registry key, MSIExec accesses the content path by using the signed-in user account.

  • 自己署名入り証明書を作成するか、PKI クライアント証明書をインポートする: Configuration Manager では、次の目的でこの証明書が使用されます。Create a self-signed certificate or import a PKI client certificate: Configuration Manager uses this certificate for the following purposes:

    • 配布ポイントがステータス メッセージを管理ポイントに送信する前に、管理ポイントから認証を受けるようにします。It authenticates the distribution point to a management point before the distribution point sends status messages.

    • [PXE 設定] ページでクライアントの PXE サポートを有効にすると、配布ポイントにより、PXE で起動するコンピューターに PXE サポートが送信されます。When you Enable PXE support for clients on the PXE Settings page, the distribution point sends it to computers that PXE boot. その後、OS 展開プロセスの間、コンピューターは PXE サポートを利用し、管理ポイントに接続します。These computers then use it to connect to a management point during the OS deployment process.

    HTTP のサイトですべての管理ポイントを構成するとき、自己署名入り証明書を作成するオプションを選択します。When you configure all your management points in the site for HTTP, select the option to Create self-signed certificate. HTTPS の管理ポイントを構成するとき、PKI から証明書をインポートするオプションを使用します。When you configure the management points for HTTPS, use the option to Import certificate from PKI.

    証明書をインポートするには、有効な公開キー暗号化標準ファイル (PKCS #12) を参照します。To import the certificate, browse to a valid Public Key Cryptography Standard (PKCS #12) file. この PFX または CER ファイルには、Configuration Manager の次の要件を持つ PKI 証明書が含まれています。This PFX or CER file has the PKI certificate with the following requirements for Configuration Manager:

    • 使用目的にクライアント認証が含まれるThe intended use includes client authentication

    • 秘密キーのエクスポートを有効にするEnable the private key to be exported

    ヒント

    証明書のサブジェクトまたはサブジェクトの別名 (SAN) に関する要件は特にありません。There are no specific requirements for the certificate subject or subject alternative name (SAN). 必要に応じて、同じ証明書を複数の配布ポイントで使用できます。If necessary, use the same certificate for multiple distribution points.

    証明書の要件のについては、「PKI 証明書の要件」をご覧ください。For more information about the certificate requirements, see PKI certificate requirements.

    この証明書の展開の例については、「配布ポイント用のクライアント証明書の展開」を参照してください。For an example deployment of this certificate, see Deploying the client certificate for distribution points.

ドライブ設定Drive settings

注意

これらのオプションは、新しい配布ポイントをインストールするときにのみ使用できます。These options are available only when you're installing a new distribution point.

配布ポイントのドライブ設定を指定します。Specify the drive settings for the distribution point. 最大でコンテンツ ライブラリ用に 2 つのディスク ドライブ、パッケージ共有用に 2 つのディスク ドライブを構成します。Configure up to two disk drives for the content library and two disk drives for the package share. Configuration Manager は、最初の 2 つが構成されたドライブの予約領域に達すると、追加のドライブを使用できます。Configuration Manager can use additional drives when the first two reach the configured drive space reserve. [ドライブ設定] ページで、ディスク ドライブの優先度と各ディスク ドライブに残しておく空き容量を構成します。The Drive Settings page configures the priority for the disk drives and the amount of free disk space that remains on each disk drive.

  • ドライブの予約領域 (MB) : この値により、ドライブ上の空き領域が決定されます。空き領域がこの値に達すると、Configuration Manager により別のドライブが選択され、そのドライブでコピーが続行されます。Drive space reserve (MB): This value determines the amount of free space on a drive before Configuration Manager chooses a different drive and continues the copy process to that drive. コンテンツ ファイルは、複数のドライブにまたがって保存されます。Content files can span multiple drives.

  • コンテンツの場所: この配布ポイント上でコンテンツ ライブラリとパッケージの共有の場所を指定します。Content locations: Specify the locations for the content library and package share on this distribution point. 既定では、コンテンツの場所はすべて [自動] に設定されます。By default, all content locations are set to Automatic. Configuration Manager は、ドライブの空き領域が [ドライブの予約領域 (MB)] で指定した値になるまで、コンテンツの第 1 の場所にコンテンツをコピーします。Configuration Manager copies content to the primary content location until the amount of free space reaches the value specified for Drive space reserve (MB). [自動] を選択すると、Configuration Manager によって、インストール時にディスク領域が最も空いていたディスク ドライブにプライマリ コンテンツの場所が設定されます。When you select Automatic, Configuration Manager sets the primary content locations to the disk drive with the most disk space at installation. セカンダリの場所は空き容量が 2 番目に多いディスク ドライブに設定されます。It sets the secondary locations to the disk drive with the second-most free disk space. プライマリの場所とセカンダリの場所が予約領域に達すると、Configuration Manager によって空き容量が最も多い別のディスク ドライブが選択され、コピーが続行されます。When the primary and secondary locations reach the drive space reserve, Configuration Manager selects another available drive with the most free disk space to continue the copy process.

ヒント

Configuration Manager が特定のドライブにインストールされないようにするには、配布ポイントをインストールする前に、no_sms_on_drive.sms という名前の空のファイルを作成して、ドライブのルート フォルダーにコピーしておきます。To prevent Configuration Manager from installing on a specific drive, create an empty file named no_sms_on_drive.sms and copy it to the root folder of the drive before you install the distribution point.

詳細については、コンテンツ ライブラリに関するページを参照してください。For more information, see The content library.

ファイアウォールの設定Firewall Settings

配布ポイントでは、Windows ファイアウォールに次の受信規則が構成されている必要があります。The distribution point must have the following inbound rules configured in the Windows firewall:

  • Windows Management Instrumentation (DCOM-In)Windows Management Instrumentation (DCOM-In)
  • Windows Management Instrumentation (WMI-In)Windows Management Instrumentation (WMI-In)

これらの規則がない場合、クライアントでコンテンツのダウンロードを試みると、DataTransferService.log にエラー 0x801901F4 が記録されます。Without these rules clients will receive error 0x801901F4 in DataTransferService.log when attempting to download content.

プル配布ポイントPull distribution point

[この配布ポイントで他の配布ポイントからのコンテンツのプルを有効にする] を選択すると、そのポイントがプル配布ポイントになります。When you Enable this distribution point to pull content from other distribution points, it becomes a pull-distribution point. 配布ポイントに配布するコンテンツを配布ポイントが取得する動作を変更できます。You change the behavior of how the distribution point gets the content that you distribute to it. 詳細については、「プル配布ポイントの使用」をご覧ください。For more information, see Use a pull-distribution point.

構成するそれぞれのプル配布ポイントに対して、それがコンテンツを取得するソース配布ポイントを 1 つまたは複数指定します。For each pull-distribution point that you configure, specify one or more source distribution points from which it gets the content:

  • [追加] を選択し、1 つまたは複数の使用できる配布ポイントをソースとして選択します。Choose Add, and then select one or more of the available distribution points to be sources.

  • 矢印ボタンを使用し、優先順位を調整します。Use the arrow buttons to adjust the priority. プル配布ポイントでコンテンツの転送を試行するとき、ソース配布ポイントに接触する順序が優先されます。When the pull-distribution point attempts to transfer content, the priority is the order in which it contacts the source distribution points. 最も小さい値の配布ポイントが最初に接触されます。It first contacts distribution points with the lowest value.

PXEPXE

配布ポイントで PXE を有効にするかどうかを指定します。Specify whether to enable PXE on the distribution point. PXE を使用し、クライアントの OS 展開を開始します。Use PXE to start OS deployments on clients. Configuration Manager で PXE を使用する方法に関する詳細については、「PXE を使用したネットワーク経由での Windows の展開」を参照してください。For more information on how to use PXE in Configuration Manager, see Use PXE to deploy Windows over the network.

PXE を有効にすると、必要に応じて、Configuration Manager がサーバー上に Windows 展開サービス (WDS) をインストールします。When you enable PXE, Configuration Manager installs Windows Deployment Services (WDS) on the server, if necessary. WDS は、PXE ブートを実行してオペレーティング システムをインストールするサービスです。WDS is the service that performs the PXE boot to install operating systems. 配布ポイントを作成するウィザードを完了した後、Configuration Manager は PXE ブート機能を使用する WDS のプロバイダーをインストールします。After you finish the wizard to create the distribution point, Configuration Manager installs a provider in WDS that uses the PXE boot functions.

バージョン 1806 以降では、WDS がなくても配布ポイントで PXE を有効にできます。Starting in version 1806, you can enable PXE on a distribution point without WDS.

[クライアントの PXE サポートを有効にする] オプションを選択し、次の設定を構成します。Select the option to Enable PXE support for clients, and then configure the following settings:

注意

[PXE の必須ポートの確認] ダイアログ ボックスで [はい] を選択し、PXE を有効にすることを確認します。Select Yes in the Review Required Ports for PXE dialog box to confirm that you want to enable PXE. Configuration Manager は、Windows ファイアウォールに自動的に既定のポートを構成します。Configuration Manager automatically configures the default ports on Windows firewall. 別のファイアウォールを使用する場合は、手動でポートを構成します。If you use a different firewall, manually configure the ports.

WDS と DHCP を同じサーバーにインストールする場合、別のポートで待ち受けるように WDS を構成します。If you install WDS and DHCP on the same server, configure WDS to listen on a different port. 既定では、DHCP が同じポートをリッスンします。By default, DHCP listens on the same port. 詳細については、「同じサーバー上に WDS と DHCP がある場合の考慮事項を参照してください。For more information, see Considerations when you have WDS and DHCP on the same server.

  • この配布ポイントが受信 PXE 要求に応答できるようにする: PXE サービス要求に応答するように WDS を有効にするかどうかを指定します。Allow this distribution point to respond to incoming PXE requests: Specify whether to enable WDS to respond to PXE service requests. この設定を使用し、配布ポイントから PXE 機能を削除せずにサービスを有効/無効にします。Use this setting to enable and disable the service without removing the PXE functionality from the distribution point.

  • 不明なコンピューターのサポートを有効にする: Configuration Manager で管理されていないコンピューターのサポートを有効にするかどうかを指定します。Enable unknown computer support: Specify whether to enable support for computers that Configuration Manager doesn't manage. 詳細については、「不明なコンピューターの展開の準備」を参照してください。For more information, see Prepare for unknown computer deployments.

  • Windows 展開サービスなしで PXE レスポンダーを有効にする: バージョン 1806 以降では、このオプションにより、配布ポイントで PXE レスポンダーが有効にされるため、Windows 展開サービス (WDS) は必要ありません。Enable a PXE responder without Windows Deployment Service: Starting in version 1806, this option enables a PXE responder on the distribution point, which doesn't require WDS. この PXE レスポンダーでは、IPv6 ネットワークがサポートされています。This PXE responder supports IPv6 networks. 既に PXE が有効になっている配布ポイントでこのオプションを有効にした場合、Configuration Manager により WDS サービスが一時停止されます。If you enable this option on a distribution point that's already PXE-enabled, Configuration Manager suspends the WDS service. このオプションを無効にしたとき、 [クライアントの PXE サポートを有効にする] がまだ指定されていると、配布ポイントでは WDS が再び有効になります。If you disable this option, but still Enable PXE support for clients, then the distribution point enables WDS again.

    注意

    バージョン 1810 以前では、DHCP サーバーも実行しているサーバーで、WDS なしで PXE レスポンダーを使用することはサポートされていません。In version 1810 and earlier, it's not supported to use the PXE responder without WDS on servers that are also running a DHCP server.

    バージョン 1902 以降では、Windows 展開サービスのない配布ポイントで PXE レスポンダーを有効にするときは、DHCP サービスと同じサーバーでもかまわなくなりました。Starting in version 1902, when you enable a PXE responder on a distribution point without Windows Deployment Service, it can now be on the same server as the DHCP service.

  • コンピューターで PXE を使用する場合にパスワードを要求する: PXE 展開のセキュリティを強化するには、強力なパスワードを指定します。Require a password when computers use PXE: To provide additional security for your PXE deployments, specify a strong password.

  • ユーザーとデバイスのアフィニティ: 配布ポイントがどのようにユーザーと PXE 展開の展開先コンピューターを関連付けるのかを指定します。User device affinity: Specify how you want the distribution point to associate users with the destination computer for PXE deployments. 次のいずれかのオプションを選択します。Choose one of the following options:

    • ユーザーとデバイスのアフィニティを自動的に承認する: この設定を選択して、承認を待機せずに自動的にユーザーと展開先コンピューターを関連付けます。Allow user device affinity with auto-approval: Choose this setting to automatically associate users with the destination computer without waiting for approval.

    • ユーザーとデバイスのアフィニティを管理者の承認待ちにする: この設定を選択して、管理者ユーザーからの承認を待って、ユーザーを展開先コンピューターと関連付けます。Allow user device affinity pending administrator approval: Choose this setting to wait for approval from an administrative user before users are associated with the destination computer.

    • ユーザーとデバイスのアフィニティを許可しない: この設定を選択すると、ユーザーと展開先コンピューターが関連付けられないように指定されます。Do not allow user device affinity: Choose this setting to specify that users aren't associated with the destination computer. この設定が既定です。This setting is the default.

      ユーザーとデバイスのアフィニティの詳細については、「ユーザーとデバイスのアフィニティへのユーザーとデバイスの関連付け」をご覧ください。For more information about user device affinity, see Link users and devices with user device affinity.

  • ネットワーク インターフェイス: 配布ポイントがすべてのネットワーク インターフェイスまたは特定のネットワーク インターフェイスからの PXE 要求に応答することを指定します。Network interfaces: Specify that the distribution point responds to PXE requests from all network interfaces or from specific network interfaces. 配布ポイントが特定のネットワーク インターフェイスに応答する場合は、各ネットワーク インターフェイスの MAC アドレスを指定します。If the distribution point responds to specific network interfaces, then provide the MAC address for each network interface.

    注意

    ネットワーク インターフェイスを変更するとき、構成が適切に保存されるように、WDS サービスを再起動します。When changing the network interface, restart the WDS service to make sure it properly saves the configuration. バージョン 1806 より、PXE レスポンダー サービスを使用するとき、ConfigMgr PXE レスポンダー サービス (SccmPxe) を再起動します。Starting in version 1806, when using the PXE responder service, restart the ConfigMgr PXE Responder Service (SccmPxe).

  • PXE サーバーの応答待機時間を秒単位で指定する: 複数の PXE サーバーを使用するとき、コンピューターの要求に応える前に、この PXE 対応配布ポイントが待機する時間を指定します。Specify the PXE server response delay (seconds): When you use multiple PXE servers, specify how long this PXE-enabled distribution point should wait before it responds to computer requests. 既定では、Configuration Manager の PXE 対応配布ポイントはすぐに応答します。By default, the Configuration Manager PXE-enabled distribution point responds immediately.

マルチキャストMulticast

配布ポイントでマルチキャストを有効にするかどうかを指定します。Specify whether to enable multicast on the distribution point. マルチキャスト展開では、複数の構成マネージャー クライアントに同時にデータを送信することで、ネットワークの帯域幅を節約します。Multicast deployments conserve network bandwidth by simultaneously sending data to multiple Configuration Manager clients. マルチキャストを使用しない場合、サーバーにより、各クライアントに個別の接続を介してデータのコピーが送信されます。Without multicast, the server sends a copy of the data to each client over a separate connection. マルチキャストを使用して OS システムを展開する方法の詳細については、「マルチキャストを使用した、ネットワーク経由での Windows の展開」を参照してください。For more information about using multicast for OS deployment, see Use multicast to deploy Windows over the network.

マルチキャストを有効にすると、必要に応じて、Configuration Manager がサーバー上に Windows 展開サービス (WDS) をインストールします。When you enable multicast, Configuration Manager installs Windows Deployment Services (WDS) on the server, if necessary.

[複数のクライアントに同時にデータを送信するマルチキャストを有効にする] オプションを選択し、次の設定を構成します。Select the option to Enable multicast to simultaneously send data to multiple clients, and then configure the following settings:

  • マルチキャスト接続アカウント: マルチキャストの Configuration Manager データベース接続を構成するときに使用するアカウントを指定します。Multicast Connection Account: Specify the account to use when you configure Configuration Manager database connections for multicast. 詳細については、「マルチキャスト接続アカウント」を参照してください。For more information, see the Multicast connection account.

  • マルチキャスト アドレス設定: 対象コンピューターにデータを送信するための IP アドレスを指定します。Multicast address settings: Specify the IP addresses for sending data to the destination computers. 既定では、マルチキャスト アドレスの配布が有効になっている DHCP サーバーから IP アドレスが取得されます。By default, it obtains the IP address from a DHCP server that's enabled to distribute multicast addresses. ネットワーク環境によって、239.0.0.0 ~ 239.255.255.255 の範囲の IP アドレスを指定できます。Depending on the network environment, you can specify a range of IP addresses from 239.0.0.0 through 239.255.255.255.

    重要

    OS イメージを要求する展開先コンピューターは、構成する IP アドレスにアクセスできる必要があります。The IP addresses that you configure must be accessible by the destination computers that request the OS image. ルーターとファイアウォールで展開先コンピューターと配布ポイント間のマルチキャスト トラフィックが許可されていることを確認してください。Verify that routers and firewalls allow for multicast traffic between the destination computer and the distribution point.

  • マルチキャストの UDP ポートの範囲: 対象コンピューターへのデータ送信に使用する UDP ポートの範囲を指定します。UDP port range for multicast: Specify the range of UDP ports that are used to send data to the destination computers.

    重要

    OS イメージを要求する展開先コンピューターは、UDP ポートにアクセスできる必要があります。The UDP ports must be accessible by the destination computers that request the OS image. ルーターとファイアウォールが、展開先コンピューターとサイト サーバー間のマルチキャスト トラフィックを許可していることを確認してください。Verify that routers and firewalls allow for multicast traffic between the destination computer and the site server.

  • 最大クライアント数: この配布ポイントから OS イメージをダウンロードできる展開先のコンピューターの最大数を指定します。Maximum clients: Specify the maximum number of destination computers that can download the OS image from this distribution point.

  • スケジュールされたマルチキャストを有効にする: Configuration Manager がどのように展開先コンピューターへのオペレーティング システムの展開開始日時を制御するかを指定します。Enable scheduled multicast: Specify how Configuration Manager controls when to start deploying operating systems to destination computers. 次のオプションを構成します。Configure the following options:

    • セッション開始の待ち時間 (分) : 最初の展開要求に応答する前に Configuration Manager が待機する時間 (分) を指定します。Session start delay (minutes): Specify the number of minutes that Configuration Manager waits before it responds to the first deployment request.

    • 最小セッション サイズ (クライアント数) : Configuration Manager がオペレーティング システムの展開を開始する前に受信しなければならない要求数を指定します。Minimum session size (clients): Specify how many requests must be received before Configuration Manager starts to deploy the operating system.

重要

バージョン 1806 より、配布ポイントのプロパティの [マルチキャスト] タブでマルチキャストを有効にして構成するには、配布ポイントで Windows 展開サービスが使用されている必要があります。Starting in version 1806, to enable and configure multicast on the Multicast tab of the distribution point properties, the distribution point must use Windows Deployment Service.

  • [クライアントの PXE サポートを有効にする][複数のクライアントに同時にデータを送信するマルチキャストを有効にする] を指定する場合は、 [Windows 展開サービスなしで PXE レスポンダーを有効にする] を指定できません。If you Enable PXE support for clients and Enable multicast to simultaneously send data to multiple clients, then you can't Enable a PXE responder without Windows Deployment Service.

  • [クライアントの PXE サポートを有効にする][Windows 展開サービスなしで PXE レスポンダーを有効にする] を指定する場合は、 [複数のクライアントに同時にデータを送信するマルチキャストを有効にする] を指定できません。If you Enable PXE support for clients and Enable a PXE responder without Windows Deployment Service, then you can't Enable multicast to simultaneously send data to multiple clients

グループの関係Group relationships

注意

これらのオプションは、以前にインストールされた配布ポイントのプロパティを編集する場合にのみ使用できます。These options are available only when you're editing the properties of a previously installed distribution point.

配布ポイントがメンバーである配布ポイントのグループを管理します。Manage the distribution point groups in which this distribution point is a member.

この配布ポイントを既存の配布ポイント グループのメンバーとして追加するには、 [追加] をクリックします。To add this distribution point as a member to an existing a distribution point group, choose Add. [配布ポイント グループに追加] ウィンドウで既存のグループを選択し、 [OK] を選択します。In the Add to Distribution Point Groups window, select an existing group, and then choose OK.

この配布ポイントを配布ポイント グループから削除するには、一覧でグループを選択して [削除] を選択します。To remove this distribution point from a distribution point group, select the group in the list, and then choose Remove. 配布ポイント グループから配布ポイントを削除しても、配布ポイントからコンテンツは削除されません。Removing the distribution point from a distribution point group does not remove any content from the distribution point.

コンテンツContent

注意

これらのオプションは、以前にインストールされた配布ポイントのプロパティを編集する場合にのみ使用できます。These options are available only when you're editing the properties of a previously installed distribution point.

配布ポイントに配布したコンテンツを管理します。Manage the content that you distributed to the distribution point. 展開パッケージの一覧から選択し、次のアクションを実行します。Select from the list of deployment packages, and perform the following actions:

  • 検証: ソフトウェアのコンテンツ ファイルの整合性を検証するプロセスを開始します。Validate: Start the process to validate the integrity of the content files for the software. コンテンツの検証プロセスの結果を見るには、 [監視] ワークスペースをクリックして [配布ステータス] を展開し、 [コンテンツの状態] ノードを選択します。To view the results of the content validation process, in the Monitoring workspace, expand Distribution Status, and then choose the Content Status node. 詳細については、「コンテンツの検証」を参照してください。For more information, see Validate content.

  • 再配布: 選択したソフトウェアのコンテンツ ファイルをすべて配布ポイントにコピーし、既存のファイルを上書きします。Redistribute: Copies all of the content files for the selected software to the distribution point, and overwrites the existing files. この操作は通常、コンテンツ ファイルの修復に使用します。You typically use this action to repair content files. 詳細については、「コンテンツの再配布」をご覧ください。For more information, see Redistribute content.

  • 削除: 配布ポイントからソフトウェアのコンテンツ ファイルを削除します。Remove: Removes the content files for the software from the distribution point. 詳細については、「コンテンツの削除」を参照してください。For more information, see Remove content.

コンテンツの検証Content validation

配布ポイントにあるコンテンツ ファイルの整合性を検証するスケジュールを設定します。Set a schedule to validate the integrity of content files on the distribution point. スケジュールに基づくコンテンツの検証を有効にすると、指定した時刻に Configuration Manager によりそのプロセスが開始されます。When you enable content validation on a schedule, Configuration Manager starts the process at the scheduled time. ローカル SMS_PackagesInContLib SCCMDP クラスに基づき、配布ポイント上のすべてのコンテンツが検証されます。It verifies all content on the distribution point based on the local SMS_PackagesInContLib SCCMDP class. また、コンテンツの検証の優先度を構成することもできます。You can also configure the content validation priority. 既定では、優先度は [最低] に設定されます。By default, the priority is set to Lowest. 優先度を上げると、検証プロセスの間、サーバー上でプロセッサとディスクの利用率が増えることがありますが、検証プロセスが短時間で完了します。Increasing the priority might increase the processor and disk utilization on the server during the validation process, but it should complete faster.

コンテンツの検証プロセスの結果を見るには、 [監視] ワークスペースをクリックして [配布ステータス] を展開し、 [コンテンツの状態] ノードを選択します。To view the results of the content validation process, in the Monitoring workspace, expand Distribution Status, and then choose the Content Status node. アプリケーション、ソフトウェアの更新パッケージ、ブート イメージなど、ソフトウェアの種類別にコンテンツが表示されます。It shows the content for each software type, for example, application, software update package, and boot image.

警告

コンテンツの検証スケジュールはコンピューターのローカル時刻を使用して指定しますが、Configuration Manager コンソールに表示されるスケジュールでは UTC が使用されます。Although you specify the content validation schedule by using the local time for the computer, the Configuration Manager console shows the schedule in UTC.

詳細については、「コンテンツの検証」を参照してください。For more information, see Validate content.

Boundary groupsBoundary groups

この配布ポイントを割り当てる境界グループを管理します。Manage the boundary groups to which you assign this distribution point. 配布ポイントを少なくとも 1 つの境界グループに追加します。Add the distribution point to at least one boundary group. コンテンツを展開するときに、クライアントがコンテンツのソースの場所として配布ポイントを使用するには、クライアントは、その配布ポイントに関連付けられた境界グループ内になければなりません。During content deployment, clients must be in a boundary group associated with a distribution point to use that distribution point as a source location for content.

コンテンツを検索するために、クライアントがいつ、どの境界グループまでフォールバックできるかを定義する、境界グループの関係 を構成します。Configure boundary group relationships that define when and to which boundary groups a client can fall back to find content. 詳細については、「境界グループ」を参照してください。For more information, see Boundary groups.

[追加] を選択し、一覧から既存の境界グループを選択します。Choose Add and select an existing boundary group from the list.

この配布ポイントに新しい境界グループを作成するには、 [作成] を選択します。To create a new boundary group for this distribution point, choose Create. 境界グループを作成し、構成する方法に関する詳細については、「境界グループの手順」を参照してください。For more information on how to create and configure a boundary group, see Procedures for boundary groups.

以前にインストールした配布ポイントのプロパティを編集するときは、オンデマンド配布に対して有効にするオプションを管理します。When you're editing the properties of a previously installed distribution point, manage the option to Enable for on-demand distribution. このオプションにより、Configuration Manager では、クライアントが要求したとき、このサーバーにコンテンツが自動的に配布されます。This option allows Configuration Manager to automatically distribute content to this server when a client requests it. 詳細については、「オンデマンドのコンテンツ配布」を参照してください。For more information, see On-demand content distribution.

スケジュールSchedule

注意

これらのオプションは、以前にインストールされた配布ポイントのプロパティを編集する場合にのみ使用できます。These options are available only when you're editing the properties of a previously installed distribution point.

このタブは、サイト サーバーのリモートにある配布ポイントのプロパティを編集するときにのみ利用できます。This tab is available only when you edit the properties for a distribution point that's remote from the site server.

Configuration Manager で配布ポイントにいつデータを転送できるかを制限するスケジュールを構成します。Configure a schedule that restricts when Configuration Manager can transfer data to the distribution point. データは優先順位で制限するか、選択した期間で接続を切断します。Restrict data by priority or close the connection for selected time periods.

データを制限するには、グリッドで期間を選択し、次の [可用性] の設定からいずれかを選択します。To restrict data, select the time period in the grid, and then choose one of the following settings for Availability:

  • すべての優先順位に対して開く: Configuration Manager によって配布ポイントに制限なしでデータが送信されます。Open for all priorities: Configuration Manager sends data to the distribution point with no restrictions. この設定はすべての期間に対して既定となります。This setting is the default for all time periods.

  • 中および高優先順位を許可する: Configuration Manager によって中および高優先順位のデータのみが配布ポイントに送信されます。Allow medium and high priority: Configuration Manager sends only medium-priority and high-priority data to the distribution point.

  • 高優先順位のみ許可する: Configuration Manager によって高優先順位のデータのみが配布ポイントに送信されます。Allow high priority only: Configuration Manager sends only high-priority data to the distribution point.

  • [終了] : Configuration Manager によって、配布ポイントにデータは一切送信されません。Closed: Configuration Manager doesn't send any data to the distribution point.

ソフトウェアのプロパティの [配布の設定] タブでソフトウェアの配布優先度を構成します。Configure the Distribution priority of software on the Distribution Settings tab of the software's properties.

重要

スケジュールは、配布ポイントではなく、送信側サイトのタイム ゾーンに基づきます。The schedule is based on the time zone from the sending site, not the distribution point.

転送率の制限Rate limits

注意

これらのオプションは、以前にインストールされた配布ポイントのプロパティを編集する場合にのみ使用できます。These options are available only when you're editing the properties of a previously installed distribution point.

このタブは、サイト サーバーのリモートにある配布ポイントのプロパティを編集するときにのみ利用できます。This tab is available only when you edit the properties for a distribution point that's remote from the site server.

コンテンツを配布ポイントに転送するときに Configuration Manager で使用されるネットワーク帯域幅を制御するために転送率を構成します。Configure rate limits to control the network bandwidth that Configuration Manager uses to transfer content to the distribution point. 次のオプションを選択します。Choose from the following options:

  • この宛先に送信する場合は制限しない: Configuration Manager によってコンテンツが配布ポイントに転送率の制限なしで送信されます。Unlimited when sending to this destination: Configuration Manager sends content to the distribution point with no rate limit restrictions. この設定が既定です。This setting is the default.

  • パルス モード: このオプションにより、サイト サーバーにより配布ポイントに送信されるデータ ブロックのサイズが指定されます。Pulse mode: This option specifies the size of the data blocks that the site server sends to the distribution point. また、データ ブロックを送信する間隔を指定することもできます。You can also specify a time delay between sending each data block. このオプションは、帯域幅が非常に小さなネットワーク接続でデータを配布ポイントに送信しなければならない場合に使用してください。Use this option when you must send data across a very low-bandwidth network connection to the distribution point. たとえば、リンク速度や特定の時間帯の使用率に関係なく、5 秒に 1 KB のデータを送信するように制約します。For example, you have constraints to send 1 KB of data every five seconds, regardless of the speed of the link or its usage at a given time.

  • [指定された時間帯の最大転送率を制限する] : この設定を指定して、構成した時間の割合 (%) のみを使用してサイトが配布ポイントにデータを送信するようにします。Limited to specified maximum transfer rates by hour: Specify this setting to have a site send data to a distribution point by using only the percentage of time that you configure. このオプションを使用すると、Configuration Manager ではネットワークの使用可能な帯域幅が特定されません。When you use this option, Configuration Manager doesn't identify the network's available bandwidth. その代わり、データを送信できる時間が分割されます。Instead it divides the time that it can send data. 短期間でサーバーによりデータが送信され、その後、データが送信されない期間が続きます。The server sends data for a short period of time, which is followed by periods of time when data isn't sent. たとえば、使用可能な帯域幅の制限50% に設定すると、Configuration Manager ではある一定の時間だけデータが転送され、その後、同じ長さの時間だけ転送が停止されます。For example, if you set Limit available bandwidth to 50%, Configuration Manager transmits data for a period of time followed by an equal period of time when no data is sent. データの実際の量やデータ ブロックのサイズは管理されません。The actual size amount of data, or size of the data block, isn't managed. データが送信される時間だけが管理されます。It only manages the amount of time during which it sends data.