Configuration Manager のデータ ウェアハウス サービス ポイントThe data warehouse service point for Configuration Manager

「オブジェクトの適用対象: System Center Configuration Manager (Current Branch)Applies to: System Center Configuration Manager (Current Branch)

データ ウェアハウス サービス ポイントを使用して、Configuration Manager 展開の長期的な履歴データを格納およびレポートします。 Use the data warehouse service point to store and report on long-term historical data for your Configuration Manager deployment.

注意

Configuration Manager では、このオプション機能は既定で無効です。Configuration Manager doesn't enable this optional feature by default. この機能は、使用する前に有効にする必要があります。You must enable this feature before using it. 詳細については、「更新プログラムのオプション機能の有効化」を参照してください。For more information, see Enable optional features from updates.

データ ウェアハウスでは、最大 2 TB のデータをサポートし、変更追跡にはタイムスタンプが使用されます。The data warehouse supports up to 2 TB of data, with timestamps for change tracking. データ ウェアハウスでは、Configuration Manager サイト データベースからデータ ウェアハウス データベースにデータを自動的に同期することで、データを格納します。The data warehouse stores data by automatically synchronizing data from the Configuration Manager site database to the data warehouse database. その後、レポート サービス ポイントからこの情報にアクセスできます。This information is then accessible from your reporting service point. データ ウェアハウス データベースに同期されたデータは、3 年間保持されます。Data synchronized to the data warehouse database is kept for three years. 3 年を経過したデータは、組み込みタスクによって定期的に削除されます。Periodically, a built-in task removes data that's older than three years.

同期されるデータには、グローバル データ グループとサイト データ グループからの次のデータが含まれます。Data that is synchronized includes the following from the Global Data and Site Data groups:

  • インフラストラクチャの正常性Infrastructure health
  • セキュリティSecurity
  • コンプライアンスCompliance
  • マルウェアMalware
  • ソフトウェアの展開Software deployments
  • インベントリの詳細 (ただし、インベントリの履歴は同期されない)Inventory details (however, inventory history isn't synchronized)

サイト システムの役割のインストール時には、データ ウェアハウス データベースがインストールされて構成されます。When the site system role installs, it installs and configures the data warehouse database. いくつかのレポートもインストールされるため、データを簡単に検索してレポートすることができます。It also installs several reports so you can easily search for and report on this data.

バージョン 1810 以降では、サイト データベースからより多くのテーブルをデータ ウェアハウスに同期できます。Starting in version 1810, you can synchronize more tables from the site database to the data warehouse. この変更により、お客様のビジネス要件に基づいてより多くのレポートを作成することができます。This change allows you to create more reports based on your business requirements.

[前提条件]Prerequisites

  • データ ウェアハウス サイト システムの役割は、階層の最上位サイトでのみサポートされます The data warehouse site system role is supported only at the top-tier site of your hierarchy. (たとえば、中央管理サイトやスタンドアロン プライマリ サイト)。For example, a central administration site or standalone primary site.

  • サイト システムのロールをインストールするコンピューターには、.NET Framework 4.5.2 以降が必要です。The computer where you install the site system role requires .NET Framework 4.5.2 or later.

  • レポート サービス ポイントのアカウントに、データ ウェアハウス データベースの db_datareader アクセス許可を付与します。Grant the Reporting Services Point Account the db_datareader permission on the data warehouse database.

  • データをデータ ウェアハウス データベースと同期するために、Configuration Manager ではサイト システム役割のコンピューター アカウントが使用されます。To synchronize data with the data warehouse database, Configuration Manager uses the computer account of the site system role. このアカウントには次の権限が必要です。This account requires the following permissions:

    • データ ウェアハウス データベースをホストするコンピューターの管理者Administrator on the computer that hosts the data warehouse database.

    • データ ウェアハウス データベースの DB_Creator 権限。DB_Creator permission on the data warehouse database.

    • 最上位サイトのデータベースに対する実行 が可能な DB_owner または DB_reader 権限。Either DB_owner or DB_reader with execute permissions to the top-tier site's database.

  • データ ウェアハウス データベースでは、SQL Server 2012 以降を使用する必要があります。The data warehouse database requires the use of SQL Server 2012 or later. Standard、Enterprise、または Datacenter Edition が利用できます。The edition can be Standard, Enterprise, or Datacenter. データ ウェアハウスの SQL Server バージョンは、サイト データベース サーバーと同じである必要はありません。The SQL Server version for the data warehouse doesn't need to be the same as the site database server.

  • ウェアハウス データベースでは、次の SQL Server 構成がサポートされています。The warehouse database supports the following SQL Server configurations:

    • 既定のインスタンス、または名前付きインスタンスA default or named instance

    • SQL Server AlwaysOn 可用性グループSQL Server Always On availability group

    • SQL Server フェールオーバー クラスターSQL Server failover cluster

  • 分散ビューを使用する場合、中央管理サイトのデータベースをホストしているのと同じサーバーに、データ ウェアハウス サービス ポイントをインストールする必要があります。If you use distributed views, the data warehouse service point must install on the same server that hosts the central administration site's database.

SQL Server ライセンスの詳細については、製品とライセンスに関する FAQ を参照してください。For more information on SQL Server licensing, see the product and licensing FAQ.

データ ウェアハウス データベースのサイズを、ご利用のサイト データベースと同じになるように設定します。Size the data warehouse database the same as your site database. データ ウェアハウスは最初は小さいサイズですが、時間の経過と共に大きくなります。While the data warehouse is smaller at first, it will grow over time.

[インストール]Install

最上位層サイトのどのサイト システムでも、各階層でこの役割の単一インスタンスがサポートされます。Each hierarchy supports a single instance of this role, on any site system of the top-tier site. ウェアハウスのデータベースをホストする SQL Server は、サイト システムの役割に対してローカルまたはリモートに配置できます。The SQL Server that hosts the database for the warehouse can be local to the site system role, or remote. データ ウェアハウスは、同じサイトにインストールされているレポート サービス ポイントで動作します。The data warehouse works with the reporting services point installed at the same site. 同じサーバー上に 2 つのサイト システムの役割をインストールする必要はありません。You don't need to install the two site system roles on the same server.

役割をインストールするには、[サイト システムの役割の追加ウィザード] または [サイト システム サーバーの作成ウィザード] を使用します。To install the role, use the Add Site System Roles Wizard or the Create Site System Server Wizard. 詳しくは、「サイト システムの役割のインストール」をご覧ください。For more information, see Install site system roles. ウィザードの [システムの役割の選択] ページで、[データ ウェアハウス サービス ポイント] の役割を選択します。On the System Role Selection page of the wizard, select the Data Warehouse service point role.

ロールをインストールすると、指定した SQL Server のインスタンス上にデータ ウェアハウス データベースが Configuration Manager によって作成されます。When you install the role, Configuration Manager creates the data warehouse database for you on the instance of SQL Server that you specify. 既存のデータベースの名前を指定すると、Configuration Manager で新しいデータベースが作成されません。If you specify the name of an existing database, Configuration Manager doesn’t create a new database. 代わりに、ユーザーが指定したものが使用されます。Instead it uses the one you specify. このプロセスは、データ ウェアハウス データベースを新しい SQL Server に移動する場合と同じです。This process is the same as when you move the data warehouse database to a new SQL Server.

プロパティの構成Configure properties

全般ページGeneral page

  • SQL Server の完全修飾ドメイン名:データ ウェアハウス サービス ポイント データベースをホストするサーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を指定します。SQL Server fully qualified domain name: Specify the full qualified domain name (FQDN) of the server that hosts the data warehouse service point database.

  • SQL Server インスタンス名 (該当する場合):SQL Server の既定のインスタンスを使用しない場合は、名前付きインスタンスを指定します。SQL Server instance name, if applicable: If you don't use a default instance of SQL Server, specify the named instance.

  • データベース名:データ ウェアハウス データベースの名前を指定します。Database name: Specify a name for the data warehouse database. Configuration Manager はこの名前を使用して、データ ウェアハウス データベースを作成します。Configuration Manager creates the data warehouse database with this name. SQL server のインスタンスに既に存在しているデータベース名を指定した場合、Configuration Manager はそのデータベースを使用します。If you specify a database name that already exists on the instance of SQL server, Configuration Manager uses that database.

  • 接続に使用するSQL Server ポート:データ ウェアハウス データベースをホストする SQL Server によって使われる TCP/IP ポート番号を指定します。SQL Server port used for connection: Specify the TCP/IP port number used by the SQL Server that hosts the data warehouse database. データ ウェアハウスの同期サービスでは、このポートを使用してデータ ウェアハウス データベースに接続します。The data warehouse synchronization service uses this port to connect to the data warehouse database. 既定では、通信に SQL Server ポート 1433 が使用されます。By default, it uses SQL Server port 1433 for communication.

  • データ ウェアハウス サービス ポイント アカウント:バージョン 1802 以降では、SQL Server Reporting Services でデータ ウェアハウス データベースに接続するときに使用されるユーザー名を設定します。Data warehouse service point account: Starting in version 1802, set the User name that SQL Server Reporting Services uses when it connects to the data warehouse database.

同期のスケジュール ページSynchronization schedule page

適用対象: バージョン 1806 以前Applies to version 1806 and earlier

  • 開始時刻:データ ウェアハウスの同期を開始する時刻を指定します。Start time: Specify the time that you want the data warehouse synchronization to start.

  • 繰り返しパターンRecurrence pattern

    • 毎日:同期が毎日実行されるように指定します。Daily: Specify that synchronization runs every day.

    • 毎週:各週の曜日を 1 つ指定して、同期が毎週繰り返されるようにします。Weekly: Specify a single day each week, and weekly recurrence for synchronization.

同期の設定ページSynchronization settings page

適用対象: バージョン 1810 以降Applies to version 1810 and later

  • データ同期のカスタム設定:[テーブルの選択] オプションを選択します。Data Synchronization custom setting: Choose the option to Select tables. [データベース テーブル] ウィンドウで、データ ウェアハウス データベースに同期するテーブル名を選択します。In the Database tables window, select the table names to synchronize to the data warehouse database. フィルターを使用して名前で検索するか、ドロップダウン リストを選択して特定のグループを選択します。Use the filter to search by name, or select the drop-down list to choose specific groups. 完了して保存する場合は、[OK] を選択します。Select OK when complete to save.

    注意

    既定では、役割で選択するテーブルは削除できません。You can't remove tables that the role selects by default.

  • 開始時刻:データ ウェアハウスの同期を開始する時刻を指定します。Start time: Specify the time that you want the data warehouse synchronization to start.

  • 繰り返しパターンRecurrence pattern

    • 毎日:同期が毎日実行されるように指定します。Daily: Specify that synchronization runs every day.

    • 毎週:各週の曜日を 1 つ指定して、同期が毎週繰り返されるようにします。Weekly: Specify a single day each week, and weekly recurrence for synchronization.

レポートReporting

データ ウェアハウス サービス ポイントをインストールした後、サイトのレポート サービス ポイントでいくつかのレポートが使用できるようになります。After you install a data warehouse service point, several reports become available on the reporting services point for the site. レポート サービス ポイントをインストールする前にデータ ウェアハウス サービス ポイントをインストールした場合は、後でレポート サービス ポイントをインストールしたときにレポートが自動的に追加されます。If you install the data warehouse service point before installing a reporting services point, the reports are automatically added when you later install the reporting services point.

警告

バージョン 1802 以降では、データ ウェアハウス ポイントで代替資格情報がサポートされます。Starting in version 1802, the data warehouse point supports alternative credentials. 以前のバージョンの Configuration Manager からアップグレードした場合は、SQL Server Reporting Services でデータ ウェアハウス データベースに接続するために使用される資格情報を指定する必要があります。If you upgraded from a previous version of Configuration Manager, you need to specify credentials that SQL Server Reporting Services uses to connect to the data warehouse database. 資格情報を追加するまで、データ ウェアハウスのレポートは開きません。Data warehouse reports don't open until you add credentials.

アカウントを指定するには、役割プロパティでデータ ウェアハウス サービス ポイント アカウントのユーザー名を設定します。To specify an account, set the User name for the data warehouse service point account in the role properties. 詳細については、「Configure properties」 (プロパティの構成) を参照してください。For more information, see Configure properties.

データ ウェアハウス サイト システムの役割には、データ ウェアハウス カテゴリの、次のレポートが含まれます。The data warehouse site system role includes the following reports, under the Data Warehouse category:

  • アプリケーションの展開 - 履歴:特定のアプリケーションとコンピューターについてアプリケーション展開の詳細を表示します。Application Deployment - Historical: View details for application deployment for a specific application and machine.

  • EndPoint Protection とソフトウェア更新プログラムのコンプライアンス - 履歴:ソフトウェアの更新プログラムが欠落しているコンピューターを表示します。Endpoint Protection and Software Update Compliance - Historical: View computers that are missing software updates.

  • 全般的なハードウェアのインベントリ - 履歴:特定のコンピューターのすべてのハードウェア インベントリを表示します。General Hardware Inventory - Historical: View all hardware inventory for a specific machine.

  • 全般的なソフトウェアのインベントリ - 履歴:特定のコンピューターのすべてのソフトウェア インベントリを表示します。General Software Inventory - Historical: View all software inventory for a specific machine.

  • インフラストラクチャの正常性の概要 - 履歴:Configuration Manager のインフラストラクチャの正常性の概要を表示します。Infrastructure Health Overview - Historical: Displays an overview of the health of your Configuration Manager infrastructure.

  • 検出されたマルウェアの一覧 - 履歴: 組織内で検出されたマルウェアを表示します。List of Malware Detected - Historical: View malware that has been detected in the organization.

  • ソフトウェア配布の概要 - 履歴:特定の提供情報を目的とし特定のコンピューターを対象としたソフトウェアの配布の概要。Software Distribution Summary - Historical: A summary of software distribution for a specific advertisement and machine.

サイトの拡張Site expansion

中央管理サイトをインストールして既存のスタンドアロン プライマリ サイトを拡張する前に、まず、データ ウェアハウス サービス ポイントの役割をアンインストールします。Before you can install a central administration site to expand an existing standalone primary site, first uninstall the data warehouse service point role. 中央管理サイトをインストールした後に、中央管理サイトでサイト システムの役割をインストールすることができます。After you install the central administration site, you can then install the site system role at the central administration site.

データ ウェアハウス データベースの移動とは異なり、この変更によって以前にプライマリ サイトで同期した履歴データが失われます。Unlike a move of the data warehouse database, this change results in a loss of the historic data you have previously synchronized at the primary site. プライマリ サイトからデータベースをバックアップして、中央管理サイトで復元することはサポートされていません。It isn't supported to back up the database from the primary site and restore it at the central administration site.

データベースの移動Move the database

データ ウェアハウス データベースを新しい SQL Server に移動するには、次の手順に従います。Use the following steps to move the data warehouse database to a new SQL Server:

  1. SQL Server Management Studio を使用して、データ ウェアハウス データベースをバックアップします。Use SQL Server Management Studio to back up the data warehouse database. 次に、そのデータベースをデータ ウェアハウスをホストしている新しいコンピューター上の SQL Server に復元します。Then, restore that database to a SQL Server on the new computer that hosts the data warehouse.

    注意

    新しいサーバーにデータベースを復元した後、新しいデータ ウェアハウス データベースに対するデータベース アクセス許可が、元のデータ ウェアハウス データベースの場合と同じであることを確認します。After you restore the database to the new server, make sure the database access permissions are the same on the new data warehouse database as they were on the original data warehouse database.

  2. Configuration Manager コンソールを使用して、データ ウェアハウス サービス ポイントの役割を現在のサーバーから削除します。Use the Configuration Manager console to remove the data warehouse service point role from the current server.

  3. データ ウェアハウス サービス ポイントを再インストールします。Reinstall the data warehouse service point. 新しい SQL Server の名前と、復元されたデータ ウェアハウス データベースをホストするインスタンスを指定します。Specify the name of the new SQL Server and instance that hosts the restored data warehouse database.

  4. サイト システムのロールがインストールされたら、移動は完了です。After the site system role installs, the move is complete.

トラブルシューティングTroubleshooting

ログ ファイルLog files

データ ウェアハウス サービス ポイントのインストールまたはデータの同期に関する問題を調査するには、次のログを使用します。Use the following logs to investigate problems with the installation of the data warehouse service point, or synchronization of data:

  • DWSSMSI.logDWSSSetup.log:データ ウェアハウス サービス ポイントのインストール時に発生したエラーを調査する場合に、これらのログを使用します。DWSSMSI.log and DWSSSetup.log: Use these logs to investigate errors when installing the data warehouse service point.

  • Microsoft.ConfigMgrDataWarehouse.log:サイト データベースとデータ ウェアハウス データベースの間のデータ同期について調査する場合に、このログを使用します。Microsoft.ConfigMgrDataWarehouse.log: Use this log to investigate data synchronization between the site database to the data warehouse database.

セットアップの失敗Set up failure

データ ウェアハウス サービス ポイントの役割が、リモート サーバーにインストールする最初のものである場合、データ ウェアハウスのインストールは失敗します。When the data warehouse service point role is the first one that you install on a remote server, installation fails for the data warehouse.

回避策Workaround

データ ウェアハウス サービス ポイントをインストールするコンピューターで、既に他の 1 つ以上の役割がホストされていることを確認します。Make sure that the computer on which you install the data warehouse service point already hosts at least one other role.

同期でスキーマ オブジェクトを取り込めないSynchronization failed to populate schema objects

同期に失敗し、Microsoft.ConfigMgrDataWarehouse.logfailed to populate schema objects というメッセージが表示されます。Synchronization fails with the following message in Microsoft.ConfigMgrDataWarehouse.log: failed to populate schema objects

回避策Workaround

サイト システム役割のコンピューター アカウントが、データ ウェアハウス データベースで db_owner であることを確認します。Make sure that the computer account of the site system role is a db_owner on the data warehouse database.

レポートが開けないReports fail to open

データ ウェアハウス データベースとレポート サービス ポイントが別のサイト システムにあるとき、データ ウェアハウスのレポートを開くことができません。Data warehouse reports fail to open when the data warehouse database and reporting service point are on different site systems.

回避策Workaround

レポート サービス ポイントのアカウントに、データ ウェアハウス データベースの db_datareader アクセス許可を付与します。Grant the Reporting Services Point Account the db_datareader permission on the data warehouse database.

レポートを開くときのエラーError opening reports

データ ウェアハウス レポートを開くと、次のエラーが返されます。When you open a data warehouse report, it returns the following error:

An error has occurred during report processing. (rsProcessingAborted)
Cannot create a connection to data source 'AutoGen__39B693BB_524B_47DF_9FDB_9000C3118E82_'. (rsErrorOpeningConnection)
A connection was successfully established with the server, but then an error occurred during the pre-login handshake. (provider: SSL Provider, error: 0 - The certificate chain was issued by an authority that is not trusted.)

回避策Workaround

次の手順を使用して、証明書を構成します。Use the following steps to configure certificates:

  1. データ ウェアハウス データベースをホストするコンピューターで、On the computer that hosts the data warehouse database:

    1. IIS を開き、[サーバー証明書] を選択してから [自己署名入り証明書の作成] を右クリックします。Open IIS, select Server Certificates, and then right-click on Create Self-Signed Certificate. 次に、証明書名の "フレンドリ名" を Data Warehouse SQL Server Identification Certificate (データ ウェアハウス SQL サーバーの識別証明書) に指定します。Then specify the "friendly name" of the certificate name as Data Warehouse SQL Server Identification Certificate. 証明書ストアを [個人] として選択します。Select the certificate store as Personal.

    2. [SQL Server 構成マネージャー] を開きます。Open SQL Server Configuration Manager. [SQL Server ネットワークの構成] の下にある [MSSQLSERVER のプロトコル] で、右クリックして [プロパティ] を選択します。Under SQL Server Network Configuration, right-click to select Properties under Protocols for MSSQLSERVER. [証明書] タブに切り替え、[Data Warehouse SQL Server Identification Certificate] (データ ウェアハウス SQL サーバーの識別証明書) を証明書として選択し、変更を保存します。Switch to the Certificate tab, select Data Warehouse SQL Server Identification Certificate as the certificate, and then save the changes.

    3. SQL Server 構成マネージャー[SQL Server サービス] で、SQL Server サービスレポート サービスの各サービスを再開します。In SQL Server Configuration Manager, under SQL Server Services, restart the SQL Server service and Reporting Service services.

    4. Microsoft 管理コンソール (MMC) を開き、証明書スナップインを追加します。Open the Microsoft Management Console (MMC), and add the Certificates snap-in. ローカル コンピューターの [コンピューター アカウント] を選択します。Select Computer account of the local machine. [個人用] フォルダーを展開し、[証明書] を選択します。Expand the Personal folder, and select Certificates. Data Warehouse SQL Server Identification Certificate (データ ウェアハウス SQL サーバーの識別証明書)DER encoded binary X.509 (.CER) ファイルとしてエクスポートします。Export the Data Warehouse SQL Server Identification Certificate as a DER encoded binary X.509 (.CER) file.

  2. SQL Server Reporting Services をホストするコンピューターで、MMC を開いて証明書スナップインを追加します。On the computer that hosts SQL Server Reporting Services, open the MMC, and add the Certificates snap-in. [コンピューター アカウント] を選択します。Select Computer account. [信頼されたルート証明機関] フォルダーで、Data Warehouse SQL Server Identification Certificate (データ ウェアハウス SQL サーバーの識別証明書) をインポートします。Under the Trusted Root Certificate Authorities folder, import the Data Warehouse SQL Server Identification Certificate.

データ フローData flow

データ ウェアハウスのサイト コンポーネント間の論理的なデータフローを示す図

データの格納と同期Data storage and synchronization

手順Step 詳細Details
11 サイト サーバーは、サイト データベースにデータを転送して格納します。The site server transfers and stores data in the site database.
22 データ ウェアハウス サービス ポイントでは、スケジュールと構成に基づいて、サイト データベースからデータを取得します。Based on its schedule and configuration, the data warehouse service point gets data from the site database.
33 データ ウェアハウス サービス ポイントでは、同期されたデータのコピーをデータ ウェアハウス データベースに転送して保存します。The data warehouse service point transfers and stores a copy of the synchronized data in the data warehouse database.

レポートReporting

手順Step 詳細Details
AA 組み込みのレポート機能を使用して、ユーザーがデータを要求します。Using built-in reports, a user requests data. この要求は SQL Server Reporting Services を使用して Reporting Services ポイントに渡されます。This request is passed to the reporting service point using SQL Server Reporting Services.
BB レポートの大部分は最新の情報に関するものです、これらの要求は、サイト データベースに対して実行されます。Most reports are for current information, and these requests are run against the site database.
CC レポートで、カテゴリデータ ウェアハウスになっているレポートの 1 つを使用して、履歴データを要求する場合、データ ウェアハウス データベースに対して要求が実行されます。When a report requests historical data by using one of the reports with a Category of Data Warehouse, the request runs against the data warehouse database.