System Center Configuration Manager で Exchange ActiveSync 電子メール プロファイルを作成するExchange ActiveSync email profiles in System Center Configuration Manager

適用対象: System Center Configuration Manager (Current Branch)Applies to: System Center Configuration Manager (Current Branch)

Microsoft Intune と Exchange ActiveSync を利用すると、デバイスに電子メール プロファイルと制約を設定できます。By using Microsoft Intune and Exchange ActiveSync, you can set up devices with email profiles and restrictions. ユーザーは最小限の設定で自分のデバイスから会社の電子メールにアクセスできるようになります。This lets your users access corporate email on their devices with minimal setup required on their part.

次の種類のデバイスに電子メール プロファイルを構成できます。You can configure the following device types with email profiles:

  • Windows 10Windows 10
  • Windows Phone 8.1Windows Phone 8.1
  • iOS 9 以降を実行している iPhoneiPhones running iOS 9 and later
  • iOS 9 以降を実行している iPadiPads running iOS 9 and later
  • Samsung KNOX Standard (4 以降)Samsung KNOX Standard (4 and later)
  • Android for WorkAndroid for Work

電子メール プロファイルをデバイスに展開するには、デバイスを Intune に登録する必要があります。To deploy email profiles to devices, you must enroll the devices in Intune. デバイスの登録方法については、「 Microsoft Intune を使用したモバイル デバイスの管理」を参照してください。For information about how to get your devices enrolled, see Manage mobile devices with Microsoft Intune.

注意

Intune には Android for Work 電子メール プロファイルが 2 つあります。それぞれ、Gmail 電子メール アプリ用と Nine Work 電子メール アプリ用です。Intune provides two Android for Work email profiles, one each for the Gmail email app and the Nine Work email app. これらのアプリは Google Play ストアで入手できます。また、Exchange への接続をサポートしています。These apps are available in the Google Play Store, and they support connections to Exchange. 電子メール接続を有効にするには、いずれかの電子メール アプリをユーザーのデバイスに展開し、適切なプロファイルを作成して展開します。To enable the email connectivity, deploy one of these email apps to your users' devices, and then create and deploy the appropriate profile. Nine Work などの電子メール アプリは有料になる場合があります。Email apps like Nine Work might not be free. アプリケーションのライセンスの詳細を確認するか、アプリの会社に問い合わせてください。Review the app’s licensing details or contact the app company with any questions.

デバイスに電子メール アカウントを構成するだけでなく、アドレス帳、予定表、作業の同期を設定できます。In addition to configuring an email account on the device, you can configure synchronization settings for contacts, calendars, and tasks.

電子メール プロファイルを作成するとき、さまざまなセキュリティ設定を含めることができます。When you create an email profile, you can include a wide range of security settings. たとえば、ID の証明書、暗号化、System Center Configuration Manager プロファイルにより設定された署名などです。These settings include certificates for identity, encryption, and signing that have been set up by using System Center Configuration Manager certificate profiles. 証明書プロファイルの詳細については、「System Center Configuration Manager の証明書プロファイル」を参照してください。For more information about certificate profiles, see Certificate profiles in System Center Configuration Manager.

Exchange ActiveSync 電子メール プロファイルを作成するCreate an Exchange ActiveSync email profile

プロファイルを作成するには、Exchange ActiveSync 電子メール プロファイルの作成ウィザードを利用します。To create a profile, you use the Create Exchange ActiveSync Email Profile Wizard.

  1. Configuration Manager コンソールで、[資産とコンプライアンス] を選択します。In the Configuration Manager console, choose Assets and Compliance.

  2. [資産とコンプライアンス] ワークスペースで、[コンプライアンス設定][会社リソースのアクセス] の順に展開し、[電子メール プロファイル] を選択します。In the Assets and Compliance workspace, expand Compliance Settings, expand Company Resource Access, and then choose Email Profiles.

  3. [ホーム] タブの [作成] グループで、[Exchange ActiveSync 電子メール プロファイルの作成] を選択し、ウィザードを起動します。On the Home tab, in the Create group, choose Create Exchange ActiveSync Email Profile to start the wizard.

  4. ウィザードの [全般] ページで、次のように構成します。On the General page of the wizard, configure the following:

    • 名前Name. 電子メール プロファイルにわかりやすい名前を指定します。Provide a descriptive name for the email profile.

    • 説明Description. 必要に応じて、Configuration Manager コンソールで識別するのに役立つ電子メール プロファイルの説明を指定します。Optionally, provide a description for the email profile that will help you identify it in the Configuration Manager console.

    • この電子メール プロファイルは Android for Work 用ですThis email profile is for Android for Work. Android for Work デバイスにのみこの電子メール プロファイルを展開する場合、このオプションを選択します。Choose this option if you will deploy this email profile to only Android for Work devices. このチェック ボックスをオンにした場合、サポートされているプラットフォーム ウィザード ページは表示されません。If you check this box, the Supported Platforms wizard page is not shown. Android for Work の電子メール プロファイルのみが構成されます。Only Android for Work email profiles are configured.

  5. ウィザードの [Exchange ActiveSync] ページで、次の情報を指定します。On the Exchange ActiveSync page of the wizard, specify the following information:

    • Exchange ActiveSync ホストExchange ActiveSync host. Exchange ActiveSync サービスをホストする社内 Exchange サーバーのホスト名を指定します。Specify the host name of your company Exchange server that hosts Exchange ActiveSync services.

    • アカウント名Account name. ユーザーのデバイスに表示される電子メール アカウントの表示名を指定します。Specify the display name for the email account as it will be shown to users on their devices.

    • アカウントのユーザー名Account user name. クライアント デバイスで電子メール アカウントのユーザー名を構成する方法を選択します。Choose how the email account username is configured on client devices. ドロップダウン リストから次のオプションのいずれかを選択できます。You can choose one of the following options from the drop-down list:

      • ユーザー プリンシパル名User Principal Name. 完全なユーザー プリンシパル名を使用して Exchange にサインインします。Use the full user principal name to sign in to Exchange.

      • AccountNameAccountName. Active Directory の完全なユーザー アカウント名を使用します。Use the full user account name from Active Directory.

      • プライマリ SMTP アドレスPrimary SMTP Address. ユーザーのプライマリ SMTP アドレスを使用して Exchange にサインインします。Use the user's primary SMTP address to sign in to Exchange.

    • 電子メール アドレスEmail address. 各クライアント デバイスでユーザーの電子メール アドレスを生成する方法を選択します。Choose how the email address for the user on each client device is generated. ドロップダウン リストから次のオプションのいずれかを選択できます。You can choose one of the following options from the drop-down list:

      • プライマリ SMTP アドレスPrimary SMTP Address. ユーザーのプライマリ SMTP アドレスを使用して Exchange にサインインします。Use the user's primary SMTP address to sign in to Exchange.

      • ユーザー プリンシパル名User Principal Name. 電子メール アドレスとして完全ユーザー プリンシパル名を使用します。Use the full user principal name as the email address.

    • アカウント ドメインAccount domain. 次のいずれかのオプションを選択します。Choose one of the following options:

      • Active Directory から取得するObtain from Active Directory

      • カスタムCustom

        このフィールドは、[sAMAccountName][アカウントのユーザー名] ドロップボックス リストで選択されている場合にのみ該当します。This field is applicable only if sAMAccountName is selected in the Account user name drop-down list.

    • 認証方法Authentication method. Exchange ActiveSync への接続の認証に使用する認証方法を次から 1 つ選択します。Choose one of the following authentication methods that will be used to authenticate the connection to Exchange ActiveSync:

      • 証明書Certificates. ID 証明書を Exchange ActiveSync 接続の認証に使用します。An identity certificate will be used to authenticate the Exchange ActiveSync connection.

      • ユーザー名とパスワードUsername and Password. デバイスのユーザーが Exchange ActiveSync に接続するには、パスワードを入力する必要があります。The device user must supply a password to connect to Exchange ActiveSync. (ユーザー名は電子メール プロファイルの一部として構成されます。)(The username is configured as part of the email profile.)

    • ID 証明書Identity certificate. [選択] を選択し、ID として使用する証明書を選択します。Choose Select and then choose a certificate to use for identity.

      ID 証明書には SCEP 証明書を使用する必要があります。PFX 証明書は使用できません。Identity certificates must be SCEP certificates; you cannot use a PFX certificate. 詳細については、「Certificate profiles in System Center Configuration Manager」(System Center Configuration Manager の証明書プロファイル) を参照してください。To learn more, see Certificate profiles in System Center Configuration Manager.

      このオプションは、[認証方法] の下で [証明書] を選択した場合にのみ利用できます。This option is available only if you chose Certificates under Authentication method.

    • S/MIME を使用するUse S/MIME. S/MIME 暗号化を使用して送信メールを送信します。Send outgoing email by using S/MIME encryption. このオプションは iOS デバイスにのみ適用されます。This option is applicable to iOS devices only. 次のオプションを選択します。Choose from the following options:

      • [署名証明書]Signing certificates. [選択] を選択し、暗号化に使用する証明書プロファイルを選択します。Choose Select and then choose a certificate profile to use for encryption.

        SCEP 証明書または PFX 証明書のプロファイルを使用できます。The profile can be either a SCEP or PFX certificate. ただし、署名と暗号化の両方を使用する場合は、署名と暗号化の両方のために PFX 証明書プロファイルを選択する必要があります。However, if both signing and encryption are used, you must select PFX certificate profiles for both signing and encryption.

      • 暗号化証明書Encryption certificates. [選択] を選択し、暗号化に使用する証明書を選択します。Choose Select and then choose a certificate to use for encryption. 暗号化証明書として使うことができるのは、PFX 証明書だけです。You can choose only a PFX certificate to use as an encryption certificate.

      • iOS デバイス上のすべての電子メール メッセージを暗号化するには、[暗号化を必須にする] をオンにします。To encrypt all mail messages on iOS devices, enable the Require encryption checkbox.

        この項目を選択するには、証明書プロファイルを作成しておく必要があります。You must create certiciate profiles before you can choose them here. 詳細については、「Certificate profiles in System Center Configuration Manager」(System Center Configuration Manager の証明書プロファイル) を参照してください。To learn more, see Certificate profiles in System Center Configuration Manager.

Exchange ActiveSync 電子メール プロファイルの同期設定を構成します。Configure synchronization settings for the Exchange ActiveSync email profile

Exchange ActiveSync 電子メール プロファイルの作成ウィザードの [同期設定の構成] ページで、次の情報を指定します。On the Configure synchronization settings page of the Create Exchange ActiveSync Email Profile Wizard, specify the following information:

  • スケジュールSchedule. デバイスが Exchange サーバーからデータを同期するスケジュールを選択します。Choose the schedule by which devices will sync data from the Exchange server. このオプションは Windows Phone デバイスにのみ適用できます。This option is applicable to Windows Phone devices only. 次の中から選択します。Choose from:

    • 未構成Not Configured. 同期スケジュールは強制されません。A synchronization schedule is not enforced. それにより、独自の同期スケジュールを構成できます。This lets users configure their own synchronization schedule.

    • メッセージの着信時As messages arrive. 電子メールや予定表アイテムなどのデータが到着したとき、自動的に同期します。Data like emails and calendar items will be automatically synced when they arrive.

    • 15 分15 minutes. 電子メールや予定表アイテムなどのデータが 15 分おきに同期されます。Data like emails and calendar items will be automatically synced every 15 minutes.

    • 30 分30 minutes. 電子メールや予定表アイテムなどのデータが 30 分おきに同期されます。Data like emails and calendar items will be automatically synced every 30 minutes.

    • 60 分60 minutes. 電子メールや予定表アイテムなどのデータが 60 分おきに同期されます。Data like emails and calendar items will be automatically synced every 60 minutes.

    • 手動Manual. 手動で同期を開始する必要があります。The device user must initiate synchronization manually.

  • 同期する電子メールの日数Number of days of email to synchronize. ドロップダウン リストから、同期する電子メールの日数を選択します。次のいずれかの値を選択します。From the drop-down list, choose the number of days of email that you want to sync. Choose one of the following values:

    • 未構成Not Configured. 設定は強制されません。The setting is not enforced. そのため、デバイスにダウンロードする電子メールの量を構成できます。It lets users configure how much email is downloaded to their device.

    • 無制限Unlimited. 利用可能なすべての電子メールを同期します。Sync all available email.

    • 1 日1 day

    • 3 日間3 days

    • 1 週間1 week

    • 2 週間2 weeks

    • 1 か月1 month

  • 他の電子メール アカウントへのメッセージの移動を許可するAllow messages to be moved to other email accounts. このオプションを選択すると、デバイス上に構成されている複数のアカウント間で電子メール メッセージを移動できます。Choose this option to let users move email messages between different accounts that they have configured on their device. このオプションは iOS デバイスにのみ適用されます。This option is applicable to iOS devices only.

  • サード パーティ製アプリケーションからの電子メールの送信を許可するAllow email to be sent from third-party applications. このオプションを選択すると、既定ではない、サードパーティ製アプリケーションから電子メールを送信できます。Choose this option to let users send email from certain non-default, third-party email applications. このオプションは iOS デバイスにのみ適用されます。This option is applicable to iOS devices only.

  • 最近使用した電子メール アドレスを同期するSynchronize recently used email addresses. このオプションを選択すると、デバイスで最近使用された電子メール アドレスのリストが同期されます。Choose this option to sync the list of email addresses that have been recently used on the device. このオプションは iOS デバイスにのみ適用されます。This option is applicable to iOS devices only.

  • SSL の使用Use SSL. 電子メールの送受信と Exchange Server との通信に Secure Sockets Layer (SSL) 通信を使用するには、このオプションを選択します。Choose this option to use Secure Sockets Layer (SSL) communication for sending emails, receiving emails, and communicating with the Exchange server.

  • 同期するコンテンツの種類Content type to synchronize. デバイスに同期するコンテンツの種類を選択します。Choose the content types that you want to sync to devices. このオプションは Windows Phone デバイスにのみ適用できます。This option is applicable to Windows Phone devices only. 次の中から選択します。Choose from:

    • 電子メールEmail

    • 連絡先Contacts

    • カレンダーCalendar

    • タスクTasks

Exchange ActiveSync 電子メール プロファイルにサポートされているプラットフォームを指定します。Specify supported platforms for the Exchange ActiveSync email profile

  1. Exchange ActiveSync 電子メール プロファイルの作成ウィザードの [サポートされているプラットフォーム] ページで、電子メール プロファイルをインストールするオペレーティング システムを選択します。On the Supported Platforms page of the Create Exchange ActiveSync Email Profile Wizard, choose the operating systems on which the email profile will be installed. あるいは、[すべて選択] を選択し、利用可能なすべてのオペレーティング システムに電子メール プロファイルをインストールします。Or choose Select all to install the email profile on all available operating systems.

  2. ウィザードを終了します。Finish the wizard.

Exchange ActiveSync 電子メール プロファイルを展開する方法については、「How to Deploy Email Profiles in Configuration Manager」(System Center Configuration Manager でプロファイルを展開する方法) を参照してください。For information about how to deploy the Exchange ActiveSync email profiles, see How to deploy profiles in System Center Configuration Manager.