Configuration Manager で OS をアップグレードするタスク シーケンスを作成するCreate a task sequence to upgrade an OS in Configuration Manager

適用対象: System Center Configuration Manager (Current Branch)Applies to: System Center Configuration Manager (Current Branch)

Configuration Manager でタスク シーケンスを使用して、OS をインストール先のコンピューターで自動的にアップグレードします。Use task sequences in Configuration Manager to automatically upgrade an OS on a destination computer. Windows 7 以降から Windows 10 に、または Windows Server 2012 以降から Windows Server 2016 にアップグレードできます。This upgrade can be from Windows 7 or later to Windows 10, or from Windows Server 2012 or later to Windows Server 2016. アプリケーションまたはソフトウェア更新プログラムなど、OS のアップグレード パッケージやインストールする他のコンテンツを参照するタスク シーケンスを作成します。Create a task sequence that references the OS upgrade package and any other content to install, such as applications or software updates. OS をアップグレードするタスク シーケンスは、「Windows を最新バージョンにアップグレードする」シナリオの一部です。The task sequence to upgrade an OS is part of the Upgrade Windows to the latest version scenario.

[前提条件]Prerequisites

タスク シーケンスを作成する前に、以下の要件を満たす必要があります。Before you create the task sequence, the following requirements must be in place:

必須Required

  • OS のアップグレード パッケージが Configuration Manager コンソールで使用可能である必要があります。The OS upgrade package must be available in the Configuration Manager console.

  • Windows Server 2016 にアップグレードする場合は、オペレーティング システムのアップグレードのタスク シーケンス ステップで、[Ignore any dismissable compatibility messages](互換性に関する却下可能なメッセージをすべて無視する) 設定を選択します。When upgrading to Windows Server 2016, select the Ignore any dismissable compatibility messages setting in the Upgrade Operating System task sequence step. そうしないと、アップグレードは失敗します。Otherwise the upgrade fails.

必須 (使用する場合)Required (if used)

OS をアップグレードするタスク シーケンスを作成するCreate a task sequence to upgrade an OS

クライアント上の OS をアップグレードするには、タスク シーケンスを作成し、タスク シーケンスの作成ウィザードで [オペレーティング システムをアップグレード パッケージからアップグレードする] を選択します。To upgrade the OS on clients, create a task sequence and select Upgrade an operating system from upgrade package in the Create Task Sequence Wizard. ウィザードにより、OS のアップグレード、ソフトウェア更新プログラムの適用、アプリケーションのインストールのタスク シーケンス ステップが追加されます。The wizard adds the task sequence steps to upgrade the OS, apply software updates, and install applications.

OS をアップグレードするタスク シーケンスを作成するにはTo create a task sequence that upgrades an OS

  1. Configuration Manager コンソールで、[ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、[オペレーティング システム] を展開して [タスク シーケンス] をクリックします。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Operating Systems, and then click Task Sequences.

  2. リボンの [ホーム] タブにある [作成] グループで、[タスク シーケンスの作成] をクリックします。On the Home tab of the ribbon, in the Create group, click Create Task Sequence.

  3. タスク シーケンスの作成ウィザードの [新しいタスク シーケンスの作成] ページで、[オペレーティング システムをアップグレード パッケージからアップグレードする] を選択してから、[次へ] をクリックします。On the Create a New Task Sequence page of the Create Task Sequence Wizard, select Upgrade an operating system from an upgrade package, and then click Next.

  4. [タスク シーケンス情報] ページで次の設定を指定し、[次へ] をクリックします。On the Task Sequence Information page, specify the following settings, and then click Next:

    • タスク シーケンス名:タスク シーケンスを識別する名前を指定します。Task sequence name: Specify a name that identifies the task sequence.

    • [説明]: 必要に応じて、説明を指定します。Description: Optionally specify a description.

  5. [Windows オペレーティング システムのアップグレード] ページで次の設定を指定し、[次へ] をクリックします。On the Upgrade the Windows Operating System page, specify the following settings, and then click Next:

    • [アップグレード パッケージ]: OS のアップグレードのソース ファイルを含むアップグレード パッケージを指定します。Upgrade package: Specify the upgrade package that contains the OS upgrade source files. [プロパティ] ウィンドウの情報を参照して、正しいアップグレード パッケージが選択されていることを確認します。Verify that you've selected the correct upgrade package by looking at the information in the Properties pane. 詳しくは、OS のアップグレード パッケージの管理に関するページをご覧ください。For more information, see Manage OS upgrade packages.

    • [エディション インデックス]: 複数の OS のエディション インデックスをパッケージから入手できる場合、希望のエディション インデックスを選択します。Edition index: If there are multiple OS edition indexes available in the package, select the desired edition index. 既定では、最初のインデックスが選択されます。By default, the wizard selects the first index.

    • [プロダクト キー]:インストールする OS の Windows プロダクト キーを指定します。Product key: Specify the Windows product key for the OS to install. エンコードされたボリューム ライセンス キーまたは標準のプロダクト キーを指定します。Specify encoded volume license keys or standard product keys. 標準のプロダクト キーを使う場合は、5 つの各文字グループをダッシュ (-) で区切ります。If you use a standard product key, separate each group of five characters by a dash (-). 例: XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXXFor example: XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX. ボリューム ライセンス版のアップグレードの場合、プロダクト キーは必要ないことがあります。When the upgrade is for a volume license edition, the product key may not be required.

      注意

      このプロダクト キーは、マルチ ライセンス認証キー (MAK) または汎用ボリューム ライセンス キー (GVLK) でもかまいません。This product key can be a multiple activation key (MAK), or a generic volume licensing key (GVLK). GVLK は、キー管理サービス (KMS) クライアント セットアップ キーとも呼ばれます。A GVLK is also referred to as a key management service (KMS) client setup key. 詳細については、「ボリューム ライセンス認証の計画」を参照してください。For more information, see Plan for volume activation. KMS クライアント セットアップ キーの一覧については、Windows Server のライセンス認証ガイドの「付録 A」を参照してください。For a list of KMS client setup keys, see Appendix A of the Windows Server activation guide.

    • [互換性に関するメッセージが無視できる場合、すべて無視する]: Windows Server 2016 にアップグレードする場合は、この設定を選択します。Ignore any dismissable compatibility messages: Select this setting if you're upgrading to Windows Server 2016. この設定を選択しないと、Windows アプリの互換性ダイアログで、ユーザーが [確認] をクリックするのを Windows セットアップが待機してしまうため、タスク シーケンスを完了できません。If you don't select this setting, the task sequence fails to complete because Windows Setup is waiting for the user to click Confirm on a Windows app compatibility dialog.

  6. [更新プログラムを含める] ページで、必要なソフトウェア更新プログラムまたはすべてのソフトウェア更新プログラムをインストールするか、まったくインストールしないかを指定します。On the Include Updates page, specify whether to install required, all, or no software updates. [次へ] をクリックします。Then click Next. ソフトウェア更新プログラムをインストールするように指定する場合、Configuration Manager は、セットアップ先のコンピューターがメンバーとなっているコレクション向けの更新プログラムのみをインストールします。If you specify to install software updates, Configuration Manager installs only those updates targeted to the collections of which the destination computer is a member.

  7. [アプリケーションのインストール] ページで、展開先コンピューターにインストールするアプリケーションを指定してから、[次へ] をクリックします。On the Install Applications page, specify the applications to install on the destination computer, and then click Next. 複数のアプリケーションを選択する場合は、特定のアプリケーションのインストールが失敗したときにタスク シーケンスを続行するかどうかも指定します。If you select more than one application, also specify whether the task sequence should continue if the installation of a specific application fails.

  8. ウィザードを完了します。Complete the wizard.

重要

タスク シーケンスがデバイス上で実行すると、構成マネージャー クライアントはさまざまなシナリオでタスク シーケンスの動作を制御するいくつかのスクリプトを作成します。When the task sequence runs on a device, the Configuration Manager client creates several scripts to control the task sequence behavior in various scenarios. タスク シーケンスが完了しても、クライアントはコンピューターが再起動するまでこれらのスクリプトを削除しません。When the task sequence completes, the client doesn't remove these scripts until the computer restarts. これらのスクリプト ファイルには、機密情報は含まれません。These script files don't contain sensitive information.

バージョン 1802 以降、Windows 10 の一括アップグレード用の既定のタスク シーケンス テンプレートに、アップグレード プロセスの前後に追加する推奨アクションを含む追加グループが含まれます。Starting in version 1802, the default task sequence template for Windows 10 in-place upgrade includes additional groups with recommended actions to add before and after the upgrade process. これらのアクションは、Windows 10 にデバイスを正常にアップグレードしている多くのユーザーに共通するものです。These actions are common among many customers who are successfully upgrading devices to Windows 10. 詳細については、アップグレードの準備および処理後の推奨されるタスク シーケンス ステップを参照してください。For more information, see recommended task sequence steps to prepare for upgrade and for post-processing.

バージョン 1806 以降では、このタスク シーケンス テンプレートには、アップグレード プロセスが失敗した場合に追加する推奨アクションを備えたグループも含まれます。Starting in version 1806, this task sequence template also includes a group with recommended actions to add in case the upgrade process fails. これらのアクションによって、トラブルシューティングが容易になりました。These actions make it easier to troubleshoot. 詳しくは、「失敗時の推奨されるタスク シーケンス ステップ」をご覧ください。For more information, see recommended task sequence steps on failure.

コンテンツの事前キャッシュを構成するConfigure pre-cache content

タスク シーケンスの利用可能な展開について、事前キャッシュ機能を使用することで、ユーザーがタスク シーケンスをインストールする前に、関連する OS アップグレード パッケージ コンテンツをクライアントにダウンロードさせることができます。 The pre-cache feature for available deployments of task sequences lets clients download relevant OS upgrade package content before a user installs the task sequence.

注意

Configuration Manager では、このオプション機能は既定で無効です。Configuration Manager doesn't enable this optional feature by default. この機能は、使用する前に有効にする必要があります。You must enable this feature before using it. 詳細については、「更新プログラムのオプション機能の有効化」を参照してください。For more information, see Enable optional features from updates.

たとえば、すべてのユーザーに対して、1 つのインプレース アップグレード タスク シーケンスのみを作成して、多くのアーキテクチャと言語を使用できます。For example, you only want a single in-place upgrade task sequence for all users, and have many architectures and languages. 以前のバージョンでは、ユーザーがソフトウェア センターから利用可能なタスク シーケンスの展開をインストールするときに、コンテンツのダウンロードが開始されます。In previous versions, the content starts to download when the user installs an available task sequence deployment from Software Center. この遅延のため、インストールできる状態になるまでさらに時間がかかります。This delay adds additional time before the installation is ready to start. タスク シーケンスで参照されているすべてのコンテンツがダウンロードされます。All content referenced in the task sequence is downloaded. このコンテンツには、すべての言語とアーキテクチャ用の OS アップグレード パッケージが含まれます。This content includes the OS upgrade package for all languages and architectures. 各アップグレード パッケージのサイズが約 3 GB の場合、コンテンツ全体が非常に大きくなります。If each upgrade package is roughly 3 GB in size, the total content is very large.

事前キャッシュ コンテンツにより、クライアントでは展開を受け取ったらすぐに適用可能な OS アップグレード パッケージと他のすべての参照コンテンツだけをダウンロードすることができます。Pre-cache content gives you the option for the client to only download the applicable OS upgrade package and all other referenced content as soon as it receives the deployment. ユーザーがソフトウェア センターで [インストール] をクリックすると、コンテンツの準備が完了します。When the user clicks Install in Software Center, the content is ready. コンテンツがローカルのハード ドライブ上にあるため、インストールはすぐに開始します。The installation starts quickly because the content is on the local hard drive.

注意

現在この動作は、OS アップグレード パッケージにのみ適用されます。This behavior currently only applies to the OS upgrade package. そのパッケージは、対応するアーキテクチャまたは言語を指定する唯一のコンテンツです。That package is the only content on which you specify the matching architecture or language. たとえば、タスク シーケンスが複数のドライバー パッケージも参照する場合、クライアントは現在、それらをすべてダウンロードします。For example, if the task sequence also references multiple driver packages, the client currently downloads them all. タスク シーケンス エンジンは、事前にではなく、タスク シーケンスを実行する際に条件を評価します。The task sequence engine evaluates the conditions on the steps when the task sequence runs, not in advance. クライアントは、パッケージのプロパティのタグを使って、事前にキャッシュに入れる対象のコンテンツを判断します。The client uses the tags on the package properties to determine which content to pre-cache.

事前キャッシュ機能を構成するにはTo configure the pre-cache feature

  1. 特定のアーキテクチャおよび言語に対応した OS アップグレード パッケージを作成します。Create OS upgrade packages for specific architectures and languages. パッケージの [データ ソース] タブでアーキテクチャと言語を指定します。Specify the architecture and language on the Data Source tab of the package. 言語については、10 進変換を使用します。For the language, use the decimal conversion. たとえば、1033 は英語を表す 10 進数値です。これを 16 進数で表すと 0x0409 となります。For example, 1033 is the decimal value for English, and 0x0409 is the hexadecimal equivalent.

    クライアントは、アーキテクチャと言語の値を評価し、事前キャッシュ中にダウンロードする OS アップグレード パッケージを決定します。The client evaluates the architecture and language values to determine which OS upgrade package it downloads during pre-caching.

  2. さまざまな言語およびアーキテクチャに対して条件付きステップを適用するタスク シーケンスを作成します。Create a task sequence with conditional steps for the different languages and architectures. たとえば、次の手順では英語版が使用されます。For example, the following step uses the English version:

    ENU、DEU、JPN の複数の OS アップグレード ステップを示すタスク シーケンス エディター

    ロケールおよび OSArchitecture の WMI WQL クエリを表示しているタスク シーケンス エディターの [オプション] タブ

  3. タスク シーケンスを展開します。Deploy the task sequence. 事前キャッシュの機能については、次の設定を構成します。For the pre-cache feature, configure the following settings:

    • [全般] タブで、[このタスク シーケンス用のコンテンツを事前にダウンロードする] を選択します。On the General tab, select Pre-download content for this task sequence.

    • [デプロイ設定] タブで、タスク シーケンスを [利用可能] として構成します。On the Deployment settings tab, configure the task sequence as Available.

    • [スケジュール] タブで、設定 [この展開が使用可能になる日時を指定する] について現在選択されている時間を選択します。On the Scheduling tab, choose the currently selected time for the setting, Schedule when this deployment will be available. クライアントは、展開の利用可能な時間にコンテンツの事前キャッシュを開始します。The client starts pre-caching content at the deployment's available time. 対象となるクライアントがこのポリシーを受け取ると、利用可能な時間が過去の時間となるため、すぐにダウンロードの事前キャッシュが開始されます。When a targeted client receives this policy, the available time is in the past, thus pre-cache download starts right away. クライアントがこのポリシーを受け取っても、利用可能な時間が未来の時間である場合、クライアントは利用可能な時間になるまでコンテンツの事前キャッシュを開始しません。If the client receives this policy but the available time is in the future, the client doesn't start pre-caching content until the available time occurs.

    • [配布ポイント] タブで、[展開オプション] 設定を構成します。On the Distribution Points tab, configure the Deployment options settings. ユーザーがインストールを開始する前にコンテンツを事前キャッシュしない場合は、クライアントはこれらの設定を使用します。If the content isn't pre-cached before a user starts the installation, the client uses these settings.

ユーザー側の表示と操作User experience

  • クライアントが、展開ポリシーを受け取ると、展開の利用可能な時間後にコンテンツの事前キャッシュを開始します。When the client receives the deployment policy, it starts to pre-cache the content after the deployment's available time. このコンテンツには、すべての参照先のパッケージが含まれていますが、パッケージのアーキテクチャと言語の属性と一致する OS アップグレード パッケージのみです。This content includes all referenced packages, but only the OS upgrade package that matches the architecture and language attributes on the package.

  • クライアントでユーザーが展開を利用できるようになったときに、ユーザーに新しい展開について知らせる通知が表示されます。When the client makes the deployment available to users, a notification displays to inform users about the new deployment. これで、タスク シーケンスはソフトウェア センターで表示されます。Now the task sequence is visible in Software Center. ユーザーはソフトウェア センターに移動し、[インストール] をクリックしてインストールを開始します。The user can go to Software Center and click Install to start the installation.

  • ユーザーがタスク シーケンスをインストールするときにコンテンツが完全に事前キャッシュされなかった場合、クライアントは、展開の [デプロイ オプション] タブで指定された設定を使用します。If the client hasn't fully pre-cached the content when the user installs the task sequence, then the client uses the settings that you specify on the Deployment Option tab of the deployment.

バージョン 1802 以降、Windows 10 の一括アップグレード用の既定のタスク シーケンス テンプレートに、アップグレード プロセスの前に追加する推奨アクションを含む追加グループが含まれます。Starting in version 1802, the default task sequence template for Windows 10 in-place upgrade includes additional groups with recommended actions to add before the upgrade process. [アップグレードの準備] グループのこれらのアクションは、Windows 10 にデバイスを正常にアップグレードしている多くのユーザーに共通するものです。These actions in the Prepare for Upgrade group are common among many customers who are successfully upgrading devices to Windows 10. 1802 より前のバージョンのサイトでは、[アップグレードの準備] グループでタスク シーケンスに手動でこれらのアクションを追加します。For sites on versions prior to 1802, manually add these actions to your task sequence in the Prepare for Upgrade group.

  • [バッテリのチェック]: コンピューターがバッテリを使っているか、または有線の電源を使っているかを確認するには、このグループにステップを追加します。Battery checks: Add steps in this group to check whether the computer is using battery, or wired power. このアクションには、このチェックを実行するためのカスタム スクリプトまたはユーティリティが必要です。This action requires a custom script or utility to perform this check.

  • [ネットワーク接続およびワイヤード接続のチェック]: コンピューターがネットワークに接続されているか、またワイヤレス接続を使っていないかどうかを確認するには、このグループにステップを追加します。Network/wired connection checks: Add steps in this group to check whether the computer is connected to a network, and isn't using a wireless connection. このアクションには、このチェックを実行するためのカスタム スクリプトまたはユーティリティが必要です。This action requires a custom script or utility to perform this check.

  • [互換性のないアプリケーションを削除する]: このバージョンの Windows 10 と互換性がないすべてのアプリケーションを削除するには、このグループにステップを追加します。Remove incompatible applications: Add steps in this group to remove any applications that are incompatible with this version of Windows 10. アプリケーションをアンインストールする方法はさまざまです。The method to uninstall an application varies.

    • アプリケーションが Windows インストーラーを使っている場合は、アプリケーションの Windows インストーラー展開の種類プロパティの [プログラム] タブから、[アンインストール プログラム] コマンド ラインをコピーします。If the application uses Windows Installer, copy the Uninstall program command line from the Programs tab on the Windows Installer deployment type properties of the application. そして、アンインストール プログラムのコマンド ラインの [コマンド ラインの実行] ステップを、このグループに追加します。Then add a Run Command Line step in this group with the uninstall program command line. 次に例を示します。For example:
      msiexec /x {150031D8-1234-4BA8-9F52-D6E5190D1CBA} /q
  • [互換性のないドライバーを削除する]: このバージョンの Windows 10 と互換性がないすべてのドライバーを削除するには、このグループにステップを追加します。Remove incompatible drivers: Add steps in this group to remove any drivers that are incompatible with this version of Windows 10.

  • [サード パーティ セキュリティの削除/停止]: ウイルス対策ソフトウェアなど、サード パーティのセキュリティ プログラムを削除または中断するには、このグループにステップを追加します。Remove/suspend third-party security: Add steps in this group to remove or suspend third-party security programs, such as antivirus.

    • サード パーティのディスク暗号化プログラムを使っている場合は、/ReflectDrivers コマンド ライン オプションで、Windows セットアップにその暗号化ドライバーを提供します。If you're using a third-party disk encryption program, provide its encryption driver to Windows Setup with the /ReflectDrivers command-line option. [タスク シーケンス変数の設定] ステップを、このグループのタスク シーケンスに追加します。Add a Set Task Sequence Variable step to the task sequence in this group. タスク シーケンス変数を OSDSetupAdditionalUpgradeOptions に設定します。Set the task sequence variable to OSDSetupAdditionalUpgradeOptions. 値をドライバーへのパス /ReflectDrivers に設定します。Set the value to /ReflectDrivers with the path to the driver. このタスク シーケンス変数は、タスク シーケンスで使用される Windows セットアップ コマンド ラインを追加します。This task sequence variable appends the Windows Setup command-line used by the task sequence. このプロセスの他のガイダンスについては、ソフトウェアの製造元にお問い合わせください。Contact your software vendor for any additional guidance on this process.

パッケージ コンテンツのダウンロードのタスク シーケンスのステップDownload Package Content task sequence step

以下のシナリオでは、オペレーティング システムのアップグレードのステップの前に、パッケージ コンテンツのダウンロードのステップを使います。Use the Download Package Content step before the Upgrade Operating System step in the following scenarios:

  • X86 と x64 の両方のプラットフォームで 1 つのアップグレード タスク シーケンスを使用します。You use a single upgrade task sequence for both x86 and x64 platforms. [アップグレードの準備] グループで 2 つの [パッケージ コンテンツのダウンロード] ステップを含めます。Include two Download Package Content steps in the Prepare for Upgrade group. クライアント アーキテクチャを検出するために各ステップで条件を設定します。Set conditions on each step to detect the client architecture. この条件により、ステップでは適切な OS アップグレード パッケージのみがダウンロードされるようになります。This condition causes the step to download only the appropriate OS upgrade package. 同じ変数を使用するようにそれぞれの [パッケージ コンテンツのダウンロード] ステップを構成して、 [オペレーティング システムのアップグレード] ステップ上のメディア パスにその変数を使用します。Configure each Download Package Content step to use the same variable, and use the variable for the media path on the Upgrade Operating System step.

  • 該当するドライバー パッケージを動的にダウンロードするには、ドライバー パッケージごとに適切なハードウェアの種類を検出する条件を含む 2 つの [パッケージ コンテンツのダウンロード] ステップを使用します。To dynamically download an applicable driver package, use two Download Package Content steps with conditions to detect the appropriate hardware type for each driver package. 同じ変数を使用するように [パッケージ コンテンツのダウンロード] ステップをそれぞれ構成します。Configure each Download Package Content step to use the same variable. その後、[オペレーティング システムのアップグレード] ステップのドライバー セクションの [ステージング済みコンテンツ] 値でその変数を使用します。Then use that variable for the Staged content value in the drivers section on the Upgrade Operating System step.

    注意

    複数のパッケージがある場合は、Configuration Manager によって、数字のサフィックスが変数名に追加されます。When there's more than one package, Configuration Manager adds a numerical suffix to the variable name. たとえば、カスタム変数として %mycontent% を指定した場合、クライアントは参照されているすべてのコンテンツをこの場所に格納します。For example, if you specify %mycontent% as a custom variable, the client stores all referenced content in this location. [オペレーティング システムのアップグレード] などのサブシーケンス ステップで変数を参照するときに、数字のサフィックスと共にこの変数を使用します。When you refer to the variable in a subsequent step, such as Upgrade Operating System, use the variable with a numerical suffix. この例では、%mycontent01% または %mycontent02% のようになります。この数字は、[パッケージ コンテンツのダウンロード] ステップでこの特定のコンテンツがリストされる順序に対応しています。In this example, %mycontent01% or %mycontent02%, where the number corresponds to the order in which the Download Package Content step lists this specific content.

推奨される処理後のタスク シーケンス ステップRecommended task sequence steps for post-processing

タスク シーケンスを作成した後で、これらの追加ステップを、後処理のタスク シーケンスのグループに追加します。After you create the task sequence, add additional steps in the Post-Processing group of the task sequence.

注意

このタスク シーケンスは直線的ではありません。This task sequence isn't linear. タスク シーケンスの結果に影響を与えるステップの条件があります。There are conditions on steps that can affect the results of the task sequence. この動作は、クライアント コンピューターを正常にアップグレードするかどうか、または元の OS にクライアント コンピューターをロールバックする必要があるかによって異なります。This behavior depends on whether it successfully upgrades the client computer, or if it has to roll back the client computer to the original OS.

バージョン 1802 以降、Windows 10 の一括アップグレード用の既定のタスク シーケンス テンプレートに、アップグレード プロセスの後に追加する推奨アクションを含む追加グループが含まれます。Starting in version 1802, the default task sequence template for Windows 10 in-place upgrade includes additional groups with recommended actions to add after the upgrade process. [後処理] グループのこれらのアクションは、Windows 10 にデバイスを正常にアップグレードしている多くのユーザーに共通するものです。These actions in the Post-Processing group are common among many customers who are successfully upgrading devices to Windows 10. 1802 より前のバージョンのサイトでは、[後処理] グループでタスク シーケンスに手動でこれらのアクションを追加します。For sites on versions prior to 1802, manually add these actions to your task sequence in the Post-Processing group.

  • [セットアップ ベースのドライバーを適用する]: パッケージからセットアップ ベースのドライバー (.exe) をインストールするには、このグループにステップを追加します。Apply setup-based drivers: Add steps in this group to install setup-based drivers (.exe) from packages.

  • [サード パーティ セキュリティのインストール/有効化]: ウイルス対策ソフトウェアなど、サードパーティ製のセキュリティ プログラムをインストールするか有効にするには、このグループにステップを追加します。Install/enable third-party security: Add steps in this group to install or enable third-party security programs, such as antivirus.

  • [Windows の既定のアプリと関連付けを設定する]: Windows の既定のアプリとファイルの関連付けを設定するには、このグループにステップを追加します。Set Windows default apps and associations: Add steps in this group to set Windows default apps and file associations. 最初に、必要なアプリの関連付けで参照コンピューターを準備します。First prepare a reference computer with your desired app associations. それから、次のコマンドを実行してエクスポートします。Then run the following command line to export:
    dism /online /Export-DefaultAppAssociations:"%UserProfile%\Desktop\DefaultAppAssociations.xml"
    XML ファイルをパッケージに追加します。Add the XML file to a package. [コマンド ラインの実行] ステップをこのグループに追加します。Then add a Run Command Line step in this group. XML ファイルを含むパッケージを指定し、次のコマンド ラインを指定します。Specify the package that contains the XML file, and then specify the following command line:
    dism /online /Import-DefaultAppAssociations:DefaultAppAssocations.xml
    詳細については、「Export or import default application associations」(既定のアプリケーションの関連付けをエクスポートまたはインポートする) を参照してください。For more information, see Export or import default application associations.

  • [Apply customizations and personalization](カスタマイズと個人用設定を適用する): プログラム グループの整理など、[スタート] メニューのカスタマイズを適用するには、このグループにステップを追加します。Apply customizations and personalization: Add steps in this group to apply Start menu customizations, such as organizing program groups. 詳細については、「Customize the Start screen」(スタート画面をカスタマイズする) を参照してください。For more information, see Customize the Start screen.

オプションのロールバックのタスク シーケンスのステップOptional task sequence steps for rollback

コンピューターの再起動後にアップグレード プロセスで問題が発生すると、Windows セットアップは前の OS にシステムをロールバックします。When something goes wrong with the upgrade process after the computer restarts, Windows Setup rolls back the system to the previous OS. その後、タスク シーケンスはロールバック グループのすべてのステップを続行します。The task sequence then continues with any steps in the Rollback group. タスク シーケンスの作成後に、必要に応じてこのグループにステップを追加します。After you create the task sequence, add optional steps in this group as necessary. たとえば、互換性のないソフトウェアをアンインストールするなど、[アップグレードの準備] グループで、システムに加えられた変更を取り消します。For example, reverse any changes made to the system in the Prepare for Upgrade group, such as uninstalling incompatible software.

バージョン 1806 以降では、Windows 10 の一括アップグレード用の既定のタスク シーケンス テンプレートには、失敗時にアクションを実行するためのグループが含まれます。Starting in version 1806, the default task sequence template for Windows 10 in-place upgrade includes a group to Run actions on failure. このグループには、アップグレード プロセスが失敗した場合に追加することが推奨されるアクションが含まれます。This group includes recommended actions to add in case the upgrade process fails. これらのアクションによって、トラブルシューティングが容易になりました。These actions make it easier to troubleshoot.

  • ログの収集: クライアントからログを収集するには、このグループに手順を追加します。Collect logs: To gather logs from the client, add steps in this group.

  • 診断ツールの実行: 追加の診断ツールを実行するには、このグループで手順を追加します。Run diagnostic tools: To run additional diagnostic tools, add steps in this group. 失敗後すぐにシステムから追加情報を収集するために、これらのツールを自動化します。Automate these tools for collecting additional information from the system right after the failure.

    • このようなツールの 1 つが、Windows の SetupDiag です。One such tool is Windows SetupDiag. これは、Windows 10 がアップグレードに失敗した詳細な理由を取得する、スタンドアロンの診断ツールです。It's a standalone diagnostic tool to obtain details about why a Windows 10 upgrade was unsuccessful.

      • Configuration Manager で、ツールのパッケージを作成します。In Configuration Manager, create a package for the tool.

      • コマンド ラインの実行手順を、タスク シーケンスのこのグループに追加します。Add a Run Command Line step to this group of your task sequence. [パッケージ] オプションを使用して、ツールを参照します。Use the Package option to reference the tool. 次の文字列は、コマンド ラインのサンプルです。The following string is an example Command line:
        SetupDiag.exe /Output:"%_SMSTSLogPath%\SetupDiagResults.log" /Mode:Online

その他の推奨事項Additional recommendations

  • Windows のドキュメント「Windows 10 のアップグレード エラーの解決」を参照してください。Review Windows documentation to Resolve Windows 10 upgrade errors. この記事には、アップグレード プロセスに関する詳細情報も含まれています。This article also includes detailed information about the upgrade process.

  • 既定の [準備の確認] ステップで、[最小空きディスク容量 (MB) を満たすことを確認する] を有効にします。On the default Check Readiness step, enable Ensure minimum free disk space (MB). 値を、32 ビット OS のアップグレード パッケージの場合は 16384 (16 GB) 以上、64 ビットの場合は 20480 (20 GB) 以上に設定します。Set the value to at least 16384 (16 GB) for a 32-bit OS upgrade package, or 20480 (20 GB) for 64-bit.

  • SMSTSDownloadRetryCount タスク シーケンス変数を使って、ポリシーのダウンロードを再試行します。Use the SMSTSDownloadRetryCount task sequence variable to retry downloading policy. 現在の既定では、クライアントは 2 回再試行します。この変数は 2 に設定されます。Currently by default, the client retries twice; this variable is set to two (2). クライアントがイントラネット ネットワークに有線接続されていない場合は、再試行回数を増やすと、クライアントがポリシーを取得するのに役立ちます。If your clients aren't on a wired intranet network connection, additional retries help the client obtain policy. この変数を使っても、ポリシーをダウンロードできない場合の障害の遅延以外に、悪影響はありません。Using this variable causes no negative side effect, other than delayed failure if it can't download policy. また、SMSTSDownloadRetryDelay 変数を既定値の 15 秒から増やします。Also increase the SMSTSDownloadRetryDelay variable from the default 15 seconds.

  • インラインの互換性評価を実行します。Perform an inline compatibility assessment:

    • [アップグレードの準備] グループの早い段階に、第 2 の [オペレーティング システムのアップグレード] ステップを追加します。Add a second Upgrade Operating System step early in the Prepare for Upgrade group. その名前を "アップグレード評価" にします。Name it Upgrade assessment. 同じアップグレード パッケージを指定し、[アップグレードを開始せずに Windows セットアップの互換性スキャンを実行する] オプションを有効にします。Specify the same upgrade package, and then enable the option to Perform Windows Setup compatibility scan without starting upgrade. [オプション] タブで [エラー時に続行する] を有効にします。Enable Continue on error on the Options tab.

    • この "アップグレード評価" ステップの直後に、[コマンド ラインの実行] ステップを追加します。Immediately following this Upgrade assessment step, add a Run Command Line step. 次のコマンド ラインを指定します。Specify the following command line:
      cmd /c exit %_SMSTSOSUpgradeActionReturnCode%
      [オプション] タブで、次の条件を追加します。On the Options tab, add the following condition:
      Task Sequence Variable _SMSTSOSUpgradeActionReturnCode not equals 3247440400
      このリターン コードは MOSETUP_E_COMPAT_SCANONLY (0xC1900210) に相当する 10 進数で、互換性スキャンが成功して問題がなかったことを示します。This return code is the decimal equivalent of MOSETUP_E_COMPAT_SCANONLY (0xC1900210), which is a successful compatibility scan with no issues. "アップグレード評価" ステップが成功してこのコードを返した場合、タスク シーケンスはこのステップをスキップします。If the Upgrade Assessment step succeeds and returns this code, the task sequence skips this step. 評価ステップが他のリターン コードを返した場合、このステップは Windows セットアップ互換性スキャンからのリターン コードでタスク シーケンスを失敗させます。Otherwise, if the assessment step returns any other return code, this step fails the task sequence with the return code from the Windows Setup compatibility scan. _SMSTSOSUpgradeActionReturnCode について詳しくは、「タスク シーケンス変数」をご覧ください。For more information on _SMSTSOSUpgradeActionReturnCode, see Task sequence variables.

    • 詳細については、「オペレーティング システムのアップグレード」を参照してください。For more information, see Upgrade operating system.

  • このタスク シーケンスの間にデバイスを BIOS から UEFI に変更する場合は、「インプレース アップグレード時に BIOS から UEFI に変換する」を参照してください。If you want to change the device from BIOS to UEFI during this task sequence, see Convert from BIOS to UEFI during an in-place upgrade.

  • BitLocker Disk Encryption を使っている場合、Windows セットアップはアップグレード中にそれを既定で自動的に一時停止します。If you're using BitLocker Disk Encryption, then by default Windows Setup automatically suspends it during upgrade. Windows 10 バージョン 1803 以降、Windows セットアップにはこの動作を制御するための /BitLocker コマンド ライン パラメーターが含まれます。Starting in Windows 10 version 1803, Windows Setup includes the /BitLocker command-line parameter to control this behavior. セキュリティ要件のためディスク暗号化を常にアクティブに維持する必要がある場合は、アップグレードの準備グループの OSDSetupAdditionalUpgradeOptions タスク シーケンス変数を使って /BitLocker TryKeepActive を含めます。If your security requirements necessitate keeping active disk encryption at all times, then use the OSDSetupAdditionalUpgradeOptions task sequence variable in the Prepare for Upgrade group to include /BitLocker TryKeepActive. 詳しくは、「Windows Setup Command-line Options」(Windows セットアップ コマンド ライン オプション) をご覧ください。For more information, see Windows Setup Command-line Options.

  • お客様によっては、Windows 10 に既定でプロビジョニングされるアプリを削除することがあります。Some customers remove default provisioned apps in Windows 10. たとえば、Bing 天気アプリや Microsoft Solitaire Collection などです。For example, the Bing Weather app, or the Microsoft Solitaire Collection. 状況によっては、Windows 10 の更新後にこれらのアプリが戻る場合があります。In some situations, these apps return after updating Windows 10. 詳しくは、「How to keep apps removed from Windows 10」(Windows 10 から削除されたアプリを維持する方法) をご覧ください。For more information, see How to keep apps removed from Windows 10. アップグレードの準備グループのタスク シーケンスにコマンド ラインの実行ステップを追加します。Add a Run Command Line step to the task sequence in the Prepare for Upgrade group. 次の例のようなコマンド ラインを指定します。Specify a command line similar to the following example:
    cmd /c reg delete "HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Appx\AppxAllUserStore\Deprovisioned\Microsoft.BingWeather_8wekyb3d8bbwe" /f cmd /c reg delete "HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Appx\AppxAllUserStore\Deprovisioned\Microsoft.BingWeather_8wekyb3d8bbwe" /f