起動可能なメディアの作成Create bootable media

適用対象: System Center Configuration Manager (Current Branch)Applies to: System Center Configuration Manager (Current Branch)

Configuration Manager の起動可能なメディアには、ブート イメージ、オプションとして起動前コマンドとそれに関連付けられているファイル、および Configuration Manager ファイルが含まれています。Bootable media in Configuration Manager contains the boot image, optional prestart commands and associated files, and Configuration Manager files. 事前設定されたメディアは、次の OS の展開シナリオに使用します。Use prestaged media for the following OS deployment scenarios:

使用方法Usage

起動可能なメディアを起動すると、次のプロセスが行われます。The following process occurs when you boot to bootable media:

  1. 対象コンピューターが起動するThe destination computer starts
  2. ネットワークに接続するIt connects to the network
  3. サイトから次のコンテンツを取得するIt retrieves the following content from the site:
    • 指定したタスク シーケンスThe specified task sequence
    • OS イメージOS image
    • その他の必要なコンテンツAny other required content

タスク シーケンスはメディアにはないため、タスク シーケンスやコンテンツを変更しても、メディアを再作成する必要はありません。Because the task sequence isn't on the media, you can change the task sequence or content without having to recreate the media.

起動可能なメディアのパッケージは暗号化されていません。The packages on bootable media aren't encrypted. 承認されていないユーザーからパッケージのコンテンツを守るため、適切なセキュリティ手段を講じてください。To make sure that the package contents are secured from unauthorized users, take appropriate security measures. たとえば、メディアにパスワードを追加します。For example, add a password to the media.

[前提条件]Prerequisites

タスク シーケンス メディアの作成ウィザードを使用して、起動可能なメディアを作成する前に、これらの条件がすべて満たされていることを確認してください。Before you create bootable media by using the Create Task Sequence Media Wizard, be sure that all of these conditions are met.

ブート イメージBoot image

OS を展開するためにタスク シーケンスで使用するブート イメージについて、次の点を考慮してください。Consider the following points about the boot image that you use in the task sequence to deploy the OS:

  • ブート イメージのアーキテクチャが、展開先のコンピューターのアーキテクチャに対して適切である必要があります。The architecture of the boot image must be appropriate for the architecture of the destination computer. たとえば、x64 のコンピューターでは、x86 または x64 のブート イメージを起動して実行できます。For example, an x64 destination computer can boot and run an x86 or x64 boot image. ただし、x86 のコンピューターで起動して実行できるのは、x86 ブート イメージのみです。However, an x86 destination computer can boot and run only an x86 boot image.
  • ブート イメージに、対象コンピューターのプロビジョニングに必要なネットワーク ドライバーと記憶装置ドライバーが含まれている必要があります。Make sure that the boot image contains the network and storage drivers that are required to provision the destination computer.

OS を展開するためのタスク シーケンスの作成Create a task sequence to deploy an OS

起動可能なメディアの一部として、OS を展開するタスク シーケンスを指定します。As part of the bootable media, specify the task sequence to deploy the OS. 詳しくは、OS をインストールするタスク シーケンスの作成に関するページをご覧ください。For more information, see Create a task sequence to install an OS.

タスク シーケンスに関連付けられているすべてのコンテンツを配布するDistribute all content associated with the task sequence

少なくとも 1 つの配布ポイントに対して、タスク シーケンスで必要なすべてのコンテンツを配布します。Distribute all content that the task sequence requires to at least one distribution point. このコンテンツには、ブート イメージと、その他の関連する起動前ファイルが含まれます。This content includes the boot image and other associated prestart files. 起動可能なメディアの作成時に、ウィザードによって配布ポイントからコンテンツが収集されます。The wizard gathers the content from the distribution point when it creates the bootable media.

ユーザー アカウントには、少なくとも配布ポイントのコンテンツ ライブラリへの読み取りアクセス権が必要です。Your user account needs at least Read access rights to the content library on that distribution point. 詳細については、「コンテンツの配布」をご覧ください。For more information, see Distribute content.

リムーバブル USB ドライブを準備するPrepare the removable USB drive

リムーバブル USB ドライブを使用している場合は、タスク シーケンス メディアの作成ウィザードを実行するコンピューターにそれを接続します。If you're using a removable USB drive, connect it to the computer where you run the Create Task Sequence Media wizard. USB ドライブは、リムーバブル デバイスとして Windows で検出できる必要があります。The USB drive must be detectable by Windows as a removal device. メディアの作成時に、ウィザードによって USB ドライブに直接書き込まれます。The wizard writes directly to the USB drive when it creates the media.

出力フォルダーを作成するCreate an output folder

タスク シーケンス メディアの作成ウィザードを実行して CD または DVD セット用のメディアを作成する前に、ウィザードで作成される出力ファイル用のフォルダーを作成します。Before you run the Create Task Sequence Media Wizard to create media for a CD or DVD set, create a folder for the output files it creates. CD または DVD セット用に作成されるメディアは、そのフォルダーに .ISO ファイルとして直接書き込まれます。Media that it creates for a CD or DVD set is written as an .ISO file directly in the folder.

プロセスProcess

  1. Configuration Manager コンソールで、[ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、[オペレーティング システム] を展開して [タスク シーケンス] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Operating Systems, and select the Task Sequences node.

  2. リボンの [ホーム] タブにある [作成] グループで、[タスク シーケンス メディアの作成] を選択します。On the Home tab of the ribbon, in the Create group, select Create Task Sequence Media. このアクションにより、タスク シーケンス メディアの作成ウィザードが起動します。This action starts the Create Task Sequence Media Wizard.

  3. [メディアの種類の選択] ページで次のオプションを指定します。On the Select Media Type page, specify the following options:

    • [起動可能なメディア] を選択します。Select Bootable media.

    • 必要に応じて、ユーザーの入力なしに OS を展開できるようにするには、[オペレーティング システムの無人展開を許可する] を選択します。Optionally, if you want to only allow the OS to be deployed without requiring user input, select Allow unattended operating system deployment.

      重要

      このオプションを選択すると、ネットワーク構成情報またはオプションのタスク シーケンスのプロンプトはユーザーに表示されません。When you select this option, the user isn't prompted for network configuration information or for optional task sequences. メディアにパスワード保護を構成した場合、ユーザーは引き続きパスワードの入力を求められます。If you configure the media for password protection, the user is still prompted for a password.

  4. [メディア管理] ページで次のオプションのいずれかを指定します。On the Media Management page, specify one of the following options:

    • [動的メディア]: サイト境界内のクライアントの場所に基づいて、ある管理ポイントから別の管理ポイントにメディアをリダイレクトできるようにします。Dynamic media: Allow a management point to redirect the media to another management point, based on the client location in the site boundaries.

    • [サイトベースのメディア]: メディアを指定した管理ポイントにのみ接続します。Site-based media: The media only contacts the specified management point.

  5. [メディアの種類] ページで、メディアが [リムーバブル USB ドライブ][CD/DVD セット] のいずれであるかを指定します。On the Media Type page, specify whether the media is a Removable USB drive or a CD/DVD set. 次のオプションを構成します。Then configure the following options:

    重要

    メディアでは FAT32 ファイル システムが使用されています。Media uses a FAT32 file system. メディアは、コンテンツにサイズが 4 GB を超えるファイルが入っている USB ドライブには作成できません。You can't create media on a USB drive whose content contains a file over 4 GB in size.

    • [リムーバブル USB ドライブ] を選択した場合は、コンテンツを格納するドライブを選択します。If you select Removable USB drive, select the drive where you want to store the content.

      • リムーバブル USB ドライブをフォーマットし (FAT32)、起動可能にする: 既定では、Configuration Manager で USB ドライブを準備することができます。Format removable USB drive (FAT32) and make bootable: By default, let Configuration Manager prepare the USB drive. 多くの新しい UEFI デバイスには起動可能な FAT32 パーティションが必要です。Many newer UEFI devices require a bootable FAT32 partition. ただし、このフォーマットではファイルのサイズとドライブの全体的な容量も制限されます。However, this format also limits the size of files and overall capacity of the drive. リムーバブル ドライブを既にフォーマットして構成している場合は、このオプションを無効にします。If you've already formatted and configured the removable drive, disable this option.
    • [CD/DVD セット] を選択した場合は、メディアの容量 ([メディアのサイズ]) および出力ファイル ([メディア ファイル]) の名前とパスを指定します。If you select CD/DVD set, specify the capacity of the media (Media size) and the name and path of the output file (Media file). この場所に出力ファイルが書き込まれます。The wizard writes the output files to this location. 例: \\servername\folder\outputfile.isoFor example: \\servername\folder\outputfile.iso

      メディアにコンテンツ全体を保存しきれない場合は、複数のファイルが作成されます。If the capacity of the media is too small to store the entire content, it creates multiple files. その後、コンテンツを複数の CD または DVD に保存する必要があります。Then you need to store the content on multiple CDs or DVDs. 複数のメディア ファイルが必要な場合は、Configuration Manager が作成する各出力ファイルの名前に連番が付けられます。When it requires multiple media files, Configuration Manager adds a sequence number to the name of each output file that it creates.

      重要

      既存の .iso イメージを選択した場合は、タスク シーケンス メディア ウィザードの次のページに進むと、ドライブまたは共有フォルダーからイメージが削除されます。If you select an existing .iso image, the Task Sequence Media Wizard deletes that image from the drive or share as soon as you proceed to the next page of the wizard. 既存のイメージは、ウィザードをキャンセルしても削除されます。The existing image is deleted, even if you then cancel the wizard.

    • ステージング フォルダーStaging folder: メディアの作成プロセスでは、一時ドライブの多くの空き領域が必要になる場合があります。: The media creation process can require a lot of temporary drive space. 既定では、この場所は次のようなパスになります。%UserProfile%\AppData\Local\TempBy default this location is similar to the following path: %UserProfile%\AppData\Local\Temp. これらの一時ファイルの格納場所をより柔軟に選択できるようにするため、バージョン 1902 以降では、この値を別のドライブおよびパスに変更します。Starting in version 1902, to give you greater flexibility with where to store these temporary files, change this value to another drive and path.

    • メディア ラベルMedia label: バージョン 1902 以降では、ラベルをタスク シーケンス メディアに追加します。: Starting in version 1902, add a label to task sequence media. このラベルは、作成したメディアを識別しやすくするのに役立ちます。This label helps you better identify the media after you create it. 既定値は Configuration Manager です。The default value is Configuration Manager. このテキスト フィールドは、次の場所に表示されます。This text field appears in the following locations:

      • ISO ファイルをマウントすると、Windows では、マウントされたドライブの名前としてこのラベルが表示されますIf you mount an ISO file, Windows displays this label as the name of the mounted drive

      • USB ドライブをフォーマットする場合、ラベルの最初の 11 文字が名前として使用されますIf you format a USB drive, it uses the first 11 characters of the label as its name

      • Configuration Manager では、MediaLabel.txt というテキスト ファイルがメディアのルートに書き込まれます。Configuration Manager writes a text file called MediaLabel.txt to the root of the media. 既定では、このファイルには、label=Configuration Manager の 1 行テキストが含まれます。By default, the file includes a single line of text: label=Configuration Manager. メディアのラベルをカスタマイズする場合は、既定値の代わりにカスタム ラベルがこの行で使用されます。If you customize the label for media, this line uses your custom label instead of the default value.

    • メディアに autorun.inf ファイルを含めるInclude autorun.inf file on media: バージョン 1902 以降では、Configuration Manager で autorun.inf ファイルが既定で追加されません。: Starting in version 1902, Configuration Manager doesn't add an autorun.inf file by default. 通常、このファイルはマルウェア対策製品によってブロックされます。This file is commonly blocked by antimalware products. Windows の自動実行機能の詳細については、「Creating an AutoRun-enabled CD-ROM Application」 (自動実行が有効にされた CD-ROM アプリケーションを作成する) を参照してください。For more information on the AutoRun feature of Windows, see Creating an AutoRun-enabled CD-ROM Application. 引き続きシナリオに必要な場合は、このオプションを選択してファイルに含めます。If still necessary for your scenario, select this option to include the file.

  6. [セキュリティ] ページで、次のオプションを指定します。On the Security page, specify the following options:

    • [不明なコンピューターのサポートを有効にする]: メディアが Configuration Manager で管理されていないコンピューターに OS を展開できるようにします。Enable unknown computer support: Allow the media to deploy an OS to a computer that's not managed by Configuration Manager. これらのコンピューターのレコードは Configuration Manager データベースには存在しません。There's no record of these computers in the Configuration Manager database. 詳細については、「不明なコンピューターの展開の準備」を参照してください。For more information, see Prepare for unknown computer deployments.

    • [パスワードでメディアを保護する]: 承認されていないアクセスからメディアを保護するために強力なパスワードを入力します。Protect media with a password: Enter a strong password to help protect the media from unauthorized access. パスワードを指定すると、ユーザーは起動可能なメディアを使用するためにパスワードを入力する必要があります。When you specify a password, the user must provide that password to use the bootable media.

      重要

      セキュリティのベスト プラクティスとして、起動可能なメディアの保護に役立つパスワードを常に割り当てることをお勧めします。As a security best practice, always assign a password to help protect the bootable media.

    • HTTP 通信の場合は、[自己署名入りメディア証明書を作成する] を選択します。For HTTP communications, select Create self-signed media certificate. 次に、証明書の開始日と終了日を指定します。Then specify the start and expiration date for the certificate.

    • HTTPS 通信の場合は、[PKI 証明書のインポート] を選択します。For HTTPS communications, select Import PKI certificate. 次に、インポートする証明書とそのパスワードを指定します。Then specify the certificate to import and its password.

      ブート イメージで使用される、このクライアント証明書の詳細については、PKI 証明書の要件に関するページを参照してください。For more information about this client certificate that boot images use, see PKI certificate requirements.

    • [ユーザーとデバイスのアフィニティ]: Configuration Manager でユーザー中心の管理をサポートするため、ユーザーと対象コンピューターをメディアによって関連付ける方法を指定します。User device affinity: To support user-centric management in Configuration Manager, specify how you want the media to associate users with the destination computer. OS の展開でユーザーとデバイスのアフィニティをサポートする方法については、展開先のコンピューターにユーザーを関連付ける方法に関するページをご覧ください。For more information about how OS deployment supports user device affinity, see Associate users with a destination computer.

      • [ユーザーとデバイスのアフィニティを自動的に承認する]: メディアによってユーザーと対象コンピューターが自動的に関連付けられます。Allow user device affinity with auto-approval: The media automatically associates users with the destination computer. この機能は、OS を展開するタスク シーケンスのアクションに基づきます。This functionality is based on the actions of the task sequence that deploys the OS. このシナリオでは、タスク シーケンスで展開先のコンピューターに OS が展開されるときに、指定のユーザーと展開先のコンピューターのリレーションシップが作成されます。In this scenario, the task sequence creates a relationship between the specified users and destination computer when it deploys the OS to the destination computer.

      • [ユーザーとデバイスのアフィニティを管理者の承認待ちにする]: 承認後にユーザーと展開先のコンピューターがメディアによって関連付けられます。Allow user device affinity pending administrator approval: The media associates users with the destination computer after approval is granted. この機能は、OS を展開するタスク シーケンスのスコープに基づきます。This functionality is based on the scope of the task sequence that deploys the OS. このシナリオでは、タスク シーケンスは、指定のユーザーと展開先のコンピューターのリレーションシップを作成しますが、OS を展開する前に管理ユーザーからの承認を待機します。In this scenario, the task sequence creates a relationship between the specified users and the destination computer, but waits for approval from an administrative user before the OS is deployed.

      • [ユーザーとデバイスのアフィニティを使用しない]: ユーザーと展開先のコンピューターがメディアによって関連付けられません。Do not allow user device affinity: The media doesn't associate users with the destination computer. このシナリオでは、タスク シーケンスでは OS の展開時にユーザーが展開先のコンピューターに関連付けられません。In this scenario, the task sequence doesn't associate users with the destination computer when it deploys the OS.

  7. [ブート イメージ] ページで、次のオプションを指定します。On the Boot image page, specify the following options:

    重要

    配布するブート イメージのアーキテクチャが、配布先のコンピューターのアーキテクチャに適している必要があります。The architecture of the boot image that you distribute must be appropriate for the architecture of the destination computer. たとえば、x64 のコンピューターでは、x86 または x64 のブート イメージを起動して実行できます。For example, an x64 destination computer can boot and run an x86 or x64 boot image. ただし、x86 のコンピューターで起動して実行できるのは、x86 ブート イメージのみです。However, an x86 destination computer can boot and run only an x86 boot image.

    • [ブート イメージ]: ターゲット コンピューターを起動するブート イメージを選択します。Boot image: Select the boot image to start the destination computer.

    • [配布ポイント]: ブート イメージがある配布ポイントを選択します。Distribution point: Select the distribution point that has the boot image. 配布ポイントからブート イメージが取得されてメディアに書き込まれます。The wizard retrieves the boot image from the distribution point and writes it to the media.

      注意

      ユーザー アカウントには、少なくとも配布ポイントのコンテンツ ライブラリへの読み取りアクセス権が必要です。Your user account needs at least Read permissions to the content library on the distribution point.

    • [管理ポイント]: サイトベースのメディアに対してのみ、プライマリ サイトから管理ポイントを選択します。Management point: Only for site-based media, select a management point from a primary site.

    • [関連付けられている管理ポイント]: [動的メディア] に対してのみ、使用するプライマリ サイトの管理ポイントと、初期通信での優先順位を選択します。Associated management points: Only for dynamic media, select the primary site management points to use, and a priority order for the initial communication.

  8. [カスタマイズ] ページで、次のオプションを指定します。On the Customization page, specify the following options:

    • タスク シーケンスで使用される変数を追加します。Add any variables that the task sequence uses.

    • [起動前コマンドを有効にする]: タスク シーケンスを実行する前に、実行する起動前コマンドを指定します。Enable prestart command: Specify any prestart commands that you want to run before the task sequence runs. 起動前コマンドは、タスク シーケンスを実行する前に、Windows PE でユーザーと対話できるスクリプトまたは実行可能ファイルです。Prestart commands are a script or an executable that can interact with the user in Windows PE before the task sequence runs. 詳細については、「タスク シーケンス メディアの起動前コマンド」を参照してください。For more information, see Prestart commands for task sequence media.

      ヒント

      メディアの作成中に、タスク シーケンスによって、パッケージ ID と起動前コマンドライン (タスク シーケンスの変数の値を含む) が、Configuration Manager コンソールを実行しているコンピューターの CreateTSMedia.log というログファイルに書き込まれます。During media creation, the task sequence writes the package ID and prestart command-line, including the value for any task sequence variables, to the CreateTSMedia.log file on the computer that runs the Configuration Manager console. このログ ファイルで、タスク シーケンスの変数の値を確認できます。You can review this log file to verify the value for the task sequence variables.

      起動前コマンドで何らかのコンテンツが必要な場合は、[起動前コマンドにファイルを含める] オプションを選択します。If the prestart command requires any content, select the option to Include files for the prestart command.

  9. ウィザードを完了します。Complete the wizard.

別の方法Alternate method

リムーバブル USB ドライブが Configuration Manager コンソールを実行しているコンピューターに接続されていない場合は、ドライブに起動可能なメディアを作成できます。You can create bootable media on a removable USB drive when the drive isn't connected to the computer running the Configuration Manager console.

  1. タスク シーケンス起動メディアを作成しますCreate the task sequence boot media. [メディアの種類] ページで、[CD/DVD セット] を選択します。On the Media type page, select CD/DVD set. ウィザードで指定した場所に出力ファイルが書き込まれます。The wizard writes the output files to the location that you specify. 例: \\servername\folder\outputfile.isoFor example: \\servername\folder\outputfile.iso.

  2. リムーバブル USB ドライブを準備します。Prepare the removable USB drive. ドライブは書式設定され、空であり、かつ、起動可能である必要があります。The drive must be formatted, empty, and bootable.

  3. 共有の場所から ISO をマウントし、ISO イメージから USB ドライブにファイルを転送します。Mount the ISO from the share location and transfer the files from the ISO to the USB drive.

次のステップNext steps

起動可能なメディアを使用したネットワーク経由での Windows の展開Use bootable media to deploy Windows over the network