タスク シーケンスの展開Deploy a task sequence

タスク シーケンスを作成し、参照コンテンツを配布したら、それをデバイス コレクションに展開します。After you create a task sequence, and distribute the referenced content, deploy it to a device collection. この操作により、タスク シーケンスがデバイスで実行できるようになります。This action allows the task sequence to run on a device. 展開したタスク シーケンスは、自動的に実行することも、デバイスのユーザーがインストール時に実行することもできます。A deployed task sequence can run automatically, or when installed by a user of the device.

警告

危険度の高いタスク シーケンスの展開については、その動作を管理することができます。You can manage the behavior for high-risk task sequence deployments. 危険度の高い展開とは、展開が自動的にインストールされますが、望ましくない結果が生じる可能性がある展開です。A high-risk deployment is a deployment that is automatically installed and has the potential to cause unwanted results. たとえば、OS を展開する必須目的のタスク シーケンスは、危険度の高い展開と見なされます。For example, a task sequence that has a purpose of Required that deploys an OS is considered a high-risk deployment. 詳細については、「危険度の高い展開を管理するための設定」を参照してください。For more information, see Settings to manage high-risk deployments.

プロセスProcess

タスク シーケンスをコレクション内のコンピューターに展開するには、次の手順に従います。Use the following procedure to deploy a task sequence to the computers in a collection.

注意

タスク シーケンスの展開に関する状態メッセージは、プライマリ サイトではメッセージ ウィンドウに表示されますが、中央管理サイトでは表示されません。The status messages for the task sequence deployment are displayed in the message window on a primary site, but they aren't displayed on a central administration site.

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [オペレーティング システム] を展開して [タスク シーケンス] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Operating Systems, and then select the Task Sequences node.

  2. [タスク シーケンス] 一覧で、展開するタスク シーケンスを選択します。In the Task Sequence list, select the task sequence that you want to deploy.

  3. リボンの [ホーム] タブの [展開] グループで、 [展開] を選択します。On the Home tab of the ribbon, in the Deployment group, select Deploy.

    注意

    [展開] を使用できない場合は、タスク シーケンスに無効な参照が含まれています。If Deploy isn't available, the task sequence has a reference that's not valid. 参照を修正してから、あらためて、タスク シーケンスを展開してみてください。Correct the reference and then try to deploy the task sequence again.

  4. [全般] ページで、以下の情報を指定します。On the General page, specify the following information.

    • [タスク シーケンス] : 展開するタスク シーケンスを指定します。Task sequence: Specify the task sequence to deploy. 既定では、このボックスには選んだタスク シーケンスが表示されます。By default, this box displays the selected task sequence.

    • [コレクション] : タスク シーケンスを実行するコンピューターを含むコレクションを選択します。Collection: Select the collection that contains the computers to run the task sequence.

      OS をインストールするタスク シーケンスを不適切なコレクション (すべてのデータ センター サーバーのコレクションなど) に展開しないでください。Don't deploy a task sequence that installs an OS to inappropriate collections, such as a collection of all your data center servers. 必ず、選択するコレクションにはタスク シーケンスを実行するコンピューターのみが含まれるようにしてください。Be sure that the selected collection contains only those computers that you want to run the task sequence.

      危険度の高い展開の詳細については、「危険度の高い展開」を参照してください。For more information about high-risk deployments, see High-risk deployments.

    • [このコレクションに関連付けられている既定の配布ポイント グループを使用する] -- コレクションの既定の配布ポイント グループにタスク シーケンスのコンテンツを保存します。Use default distribution point groups associated to this collection: Store the task sequence content on the collection's default distribution point group. 選択したコレクションが配布ポイント グループと関連付けられていない場合は、このオプションは淡色表示されます。If you haven't associated the selected collection with a distribution point group, this option is grayed out.

    • [依存している項目のコンテンツを自動的に配布する] : 参照されているコンテンツに依存関係がある場合は、依存コンテンツも配布ポイントに送信されます。Automatically distribute content for dependencies: If any referenced content has dependencies, then the site also sends dependent content to distribution points.

    • [このタスク シーケンスのダウンロード済みコンテンツ] : 詳しくは、「コンテンツの事前キャッシュを構成する」をご覧ください。Pre-download content for this task sequence: For more information, see Configure pre-cache content.

    • [展開テンプレートの選択] : Configuration Manager バージョン 1802 以降では、Select Deployment Template: Starting in Configuration Manager version 1802, タスク シーケンスの展開テンプレートを保存および指定できます。you can save and specify a deployment template for a task sequence.

      重要

      Configuration Manager バージョン 1802 では、テンプレートに一部の項目が保存されません。In Configuration Manager version 1802, some items aren't saved in the template. 展開ウィザードを実行するときは、以下の項目を適用してください。Make sure you apply the following items when you run the deployment wizard:

      • ソフトウェアのインストールSoftware Installation
      • スケジュールScheduling
      • コンテンツの事前ダウンロードPre-download content
    • [コメント (オプション)] : タスク シーケンスの展開について説明する追加情報を指定します。Comments (optional): Specify additional information that describes this deployment of the task sequence.

  5. [展開設定] ページで、次の情報を指定します。On the Deployment Settings page, specify the following information:

    • [目的] : ドロップダウン リストから、次のいずれかのオプションを選びます。Purpose: From the drop-down list, choose one of the following options:

      • [利用可能] : ユーザーはソフトウェア センターでタスク シーケンスを確認し、必要に応じてインストールすることができます。Available: The user sees the task sequence in Software Center and can install it on demand.

      • [必須] : タスク シーケンスは、構成されているスケジュールに従って自動的に実行されます。Required: Configuration Manager automatically runs the task sequence according to the configured schedule. タスク シーケンスが非表示になっていなければ、ユーザーはその展開状態を引き続き追跡できます。If the task sequence isn't hidden, a user can still track its deployment status. ソフトウェア センターを使用して、期限前にタスク シーケンスをインストールすることもできます。They can also use Software Center to install the task sequence before the deadline.

      注意

      デバイスに複数のユーザーがサインインしている場合、パッケージとタスク シーケンスの展開がソフトウェア センターに表示されない場合があります。If multiple users are signed into the device, package and task sequence deployments may not appear in Software Center.

    • [利用できるようにする項目] : 次のいずれかの種類に対してタスク シーケンスを利用できるかどうかを指定します。Make available to the following: Specify whether the task sequence is available to one of the following types:

      • Configuration Manager クライアントのみOnly Configuration Manager clients
      • Configuration Manager クライアント、メディア、PXEConfiguration Manager clients, media, and PXE
      • メディアと PXE のみOnly media and PXE
      • メディアと PXE のみ (非表示)Only media and PXE (hidden)

      重要

      自動タスク シーケンスの展開に [メディアと PXE のみ (非表示)] 設定を使用します。Use the Only media and PXE (hidden) setting for automated task sequence deployments. ユーザーの操作なしでコンピューターが展開に自動的に起動されるようにするには、 [オペレーティング システムの無人展開を許可する] を選択し、メディアの一部として SMSTSPreferredAdvertID 変数を設定します。To have the computer automatically boot to the deployment with no user interaction, select Allow unattended operating system deployment and set the SMSTSPreferredAdvertID variable as part of the media. タスク シーケンス変数について詳しくは、「タスク シーケンス変数」をご覧ください。For more information about task sequence variables, see Task sequence variables.

    • [ウェイクアップ パケットを送信する] : 展開が [必須] の場合、このオプションを選択すると、クライアントが展開を実行する前に、コンピューターにウェイクアップ パケットが送信されます。Send wake-up packets: If the deployment is Required and you select this option, the site sends a wake-up packet to computers before the client runs the deployment. このパケットで、インストールの期限時間にコンピューターのスリープ状態が解除されます。This packet wakes the computer from sleep at the installation deadline time. このオプションを使用する前に、コンピューターおよびネットワークを Wake On Lan 用に構成する必要があります。Before using this option, computers and networks must be configured for Wake On LAN. 詳細については、「クライアントをウェイクアップする方法の計画」をご覧ください。For more information, see Plan how to wake up clients.

    • [インストールの期限後、クライアントが従量制のインターネット接続を使用してコンテンツをダウンロードできるようにする (追加料金が生じる可能性があります)] : このオプションは、 [必須] の展開に対してのみ使用できます。Allow clients on a metered Internet connection to download content after the installation deadline, which might incur additional costs: This option is only available for Required deployments. アプリケーションをインストールし、OS を展開しないカスタム タスク シーケンスがある場合、従量制インターネット接続を使用するときに、クライアントがインストールの期限後にコンテンツをダウンロードすることを許可するかどうかを指定できます。When you have a custom task sequence that installs an application but doesn't deploy an OS, you can specify whether to allow clients to download content after an installation deadline when they use metered internet connections. インターネット プロバイダーは、従量制のインターネット接続を使用しているときに使用したデータ量に基づいて課金することがあります。Internet providers sometimes charge by the amount of data that you use when you're on a metered internet connection.

      注意

      従量制インターネット接続は、OS を展開しないタスク シーケンスで使用できる可能性がありますが、サポートされません。While using a metered internet connection might work for task sequences that don't deploy an OS, it's not supported.

  6. [スケジュール] ページで、次の情報を指定します。On the Scheduling page, specify the following information:

    重要

    PXE またはブート メディアから Windows PE クライアントを起動した時は、クライアントは展開スケジュールを評価しません。When a Windows PE client starts from PXE or boot media, the client doesn't evaluate deployment schedules. これらのスケジュールには、開始、期限切れ、期限の日時が含まれます。These schedules include start, expire, and deadline times. 完全な Windows OS から開始されるクライアントへの展開でのスケジュールのみが構成されます。Only configure schedules in deployments to clients that start from the full Windows OS. Windows PE から起動するクライアントに展開されているアクティブなタスク シーケンスを制御するメンテナンス ウィンドウなど、他の方法を使用してください。Consider using other methods, such as maintenance windows, to control active task sequences deployed to clients that start from Windows PE.

    • [この展開が使用可能になる日時を指定する] : タスク シーケンスを対象コンピューターで実行可能にする日時を指定します。Schedule when this deployment will become available: Specify the date and time when the task sequence is available to run on the destination computer. [UTC] オプションを選択すると、同時に複数のコンピューターに対してタスク シーケンスを使用できます。When you select the UTC option, the task sequence is available for multiple computers at the same time. オンにしないと、展開はデプロイは各コンピューターのローカル時刻に従って異なる時刻に使用できます。Otherwise the deployment is available at different times, according to the local time on each computer.

      必要な時刻よりも開始時刻が早い場合、クライアントは、開始時刻にタスク シーケンスのコンテンツをダウンロードします。If the start time is earlier than the required time, the client downloads the task sequence content at the start time.

    • [この展開の有効期限を指定する] : タスク シーケンスを対象コンピューターで期限切れにする日時を指定します。Schedule when this deployment will expire: Specify the date and time when the task sequence expires on the destination computer. [UTC] オプションを選択すると、タスク シーケンスは同時に複数の対象コンピューターで期限切れになります。When you select the UTC option, the task sequence expires on multiple destination computers at the same time. オンにしないと、展開はデプロイは各コンピューターのローカル時刻に従って異なる時刻に期限が切れます。Otherwise the deployment expires at different times, according to the local time on each computer.

    • [割り当てスケジュール] : 必須の展開の場合、クライアントがタスク シーケンスを実行するときを指定します。Assignment schedule: For a Required deployment, specify when the client runs the task sequence. 複数のスケジュールを追加することができます。You can add multiple schedules. 割り当てスケジュールの構成は次のずれかです。The assignment schedule can have one of the following configurations:

      • 特定の日付と時刻A specific date and time
      • 毎月、毎週、またはカスタム繰り返しパターンMonthly, weekly, or custom recurrence pattern
      • 直ちにAs soon as possible
      • ログオンまたはログオフ イベントLog on or log off events

      注意

      必須の展開の開始日時をタスク シーケンスが使用できるようになる日時より前のスケジュールした場合、Configuration Manager クライアントは割り当てられている開始日時にコンテンツをダウンロードします。If you schedule a start time for a required deployment that's earlier than the date and time when the task sequence is available, the Configuration Manager client downloads the content at the assigned start time. この動作は、それより後にタスク シーケンスを使用できるようにスケジュールした場合でも発生します。This behavior occurs even though you scheduled the task sequence to be available at a later time.

    • [再実行の動作] : タスク シーケンスをどのような場合に再実行するかを指定します。Rerun behavior: Specify when the task sequence reruns. 次のいずれかのオプションを選択します。Select one of the following options:

      • [展開されたプログラムを再実行しない] : クライアントで以前タスク シーケンスが実行されている場合、再実行されません。Never rerun deployed program: If the client has previously run the task sequence, it doesn't rerun. 最初に実行が失敗していても、またはタスク シーケンス ファイルが変更されていても、タスク シーケンスは再実行されません。The task sequence doesn't rerun even if it originally failed or the task sequence files have changed.

      • [プログラムを常に再実行する] : 展開がスケジュールされていると、タスク シーケンスは常にクライアントで再実行されます。Always rerun program: The task sequence always reruns on the client when the deployment is scheduled. タスク シーケンスが既に正常に実行された場合でも、再実行されます。It reruns even if the task sequence has already run successfully. この設定は、タスク シーケンスが定期的に更新される反復的な展開を使用する場合に便利です。This setting is useful when you use recurring deployments in which the task sequence is routinely updated.

        重要

        既定では、このオプションはオンです。This option is selected by default. ただし、必須の展開を割り当てるまで有効にはなりません。However, it has no effect until you assign a required deployment. ユーザーは、使用可能な展開をいつでも再実行できます。A user can always rerun available deployments.

      • [前回失敗した場合に再実行する] : 展開がスケジュールされている場合、タスク シーケンスは前回の実行が失敗した場合にのみ再実行されます。Rerun if failed previous attempt: The task sequence reruns when the deployment is scheduled, only if it previously failed to run. この設定は展開が必要な場合に便利です。This setting is useful for a required deployment. 前回の実行の試行に失敗した場合、割り当てスケジュールに従って、自動的に再実行が試行されます。If the last attempt to run was unsuccessful, it automatically tries to rerun according to the assignment schedule.

      • [前回成功した場合に再実行する] : 前回クライアントで正常に実行された場合にのみ、タスク シーケンスが再実行されます。Rerun if succeeded on previous attempt: The task sequence reruns only if it previously ran successfully on the client. この設定は、特に、タスク シーケンスが定期的に更新され、それぞれの更新で前回の更新プログラムが正常にインストールされていることが必要となる反復的な展開を使用する場合に便利です。This setting is useful when you use recurring deployments in which the task sequence is routinely updated, and each update requires that the previous update is installed successfully.

      注意

      ユーザーは、使用可能なタスク シーケンスの展開を再実行できます。A user can rerun an available task sequence deployment. 運用環境に使用可能なタスク シーケンスを展開する前にまず、ユーザーがタスク シーケンスを複数回再実行した場合にどうなるかをテストします。Before you deploy an available task sequence in a production environment, first test what happens if a user reruns the task sequence multiple times.

  7. [ユーザー側の表示と操作] ページで、次の情報を指定します。On the User Experience page, specify the following information:

    • [割り当てられたプログラムの個別の実行をユーザーに許可する] : ユーザーが割り当てスケジュールの期間外に必須の展開を実行できるかどうかを指定します。Allow user to run the program independently of assignments: Specify whether a user can run a required deployment outside of the assignment schedule. 使用可能な展開の場合、このオプションは常に有効です。This option is always enabled for available deployments.

    • [タスク シーケンスの進行状況の表示] : 構成マネージャー クライアントでタスク シーケンスの進捗状況を表示するかどうかを指定します。Show Task Sequence progress: Specify whether the Configuration Manager client displays the progress of the task sequence.

    • [ソフトウェアのインストール] : スケジュールされている日時以降の構成済みメンテナンス期間外でユーザーがソフトウェアをインストールできるようにするかどうかを指定します。Software installation: Specify whether the user is allowed to install software outside a configured maintenance window after the scheduled time.

    • [システムの再起動 (インストールの完了に必要な場合)] : ソフトウェアのインストール後に、割り当て日時より後のメンテナンス期間外でユーザーがコンピューターを再起動できるようにするかどうかを指定します。System restart (if required to complete the installation): Specify whether the user is allowed to restart the computer after a software installation outside a configured maintenance window after the assignment time.

    • Windows Embedded デバイスに対してフィルター処理を書き込む: この設定は、書き込みフィルターを使用して有効になっている Windows Embedded デバイス上のインストールの動作を制御します。Write filter handling for Windows Embedded devices: This setting controls the installation behavior on Windows Embedded devices that are enabled with a write filter. インストールの期限またはメンテナンス期間中に変更をコミットするオプションを選択します。Choose the option to commit changes at the installation deadline or during a maintenance window. このオプションを選択する場合、再起動が必要で、変更はデバイスに保持されます。When you select this option, a restart is required and the changes persist on the device. それ以外の場合、アプリケーションは一時的なオーバーレイにインストールされ、後でコミットされます。Otherwise, the application is installed to the temporary overlay, and committed later. タスク シーケンスを Windows Embedded デバイスに展開する場合、デバイスが、メンテナンス期間が構成されたコレクションのメンバーであることを確認します。When you deploy a task sequence to a Windows Embedded device, make sure the device is a member of a collection that has a configured maintenance window.

    • [クライアントのタスク シーケンスをインターネット上で実行できるようにする] : インターネット ベースのクライアントでタスク シーケンスを実行できるようにするかどうかを指定します。Allow task sequence to run for client on the Internet: Specify whether the task sequence is allowed to run on an internet-based client. OS のインストールなど、ブートメディアを必要とする操作は、この設定ではサポートされていません。Operations that require a boot media, such as the installation of an OS, aren't supported with this setting. このオプションは、標準 OS で操作を実行する一般的なソフトウェアのインストールまたはスクリプト ベースのタスク シーケンスにのみ使用してください。Use this option only for generic software installations or script-based task sequences that perform operations in the standard OS.

      • バージョン 1802 以降では、クラウド管理ゲートウェイ経由のインターネット ベース クライアントへの Windows 10 一括アップグレード タスク シーケンスの展開でこの設定がサポートされます。Starting in version 1802, this setting is supported for deployments of a Windows 10 in-place upgrade task sequence to internet-based clients through the cloud management gateway. 詳細については、「CMG を通して Windows 10 の一括アップグレードを展開する」を参照してください。For more information, see Deploy Windows 10 in-place upgrade via CMG.
  8. [アラート] ページで、このタスク シーケンスによる展開に必要なアラート設定を指定します。On the Alerts page, specify the alert settings that you want for this task sequence deployment.

  9. [配布ポイント] ページで、次の情報を指定します。On the Distribution Points page, specify the following information:

    • [展開オプション] : 次のいずれかを指定することができます。Deployment options: Specify one of the following options:

      注意

      OS の展開にマルチキャストを使用する場合、必要に応じて、またはタスク シーケンスの実行前に、コンテンツをコンピューターにダウンロードします。When you use multicast to deploy an OS, download the content to the computers either as needed or before the task sequence runs.

      • [実行中のタスク シーケンスでコンテンツが必要になったときにローカルにダウンロードする] : タスク シーケンスで必要になったら、クライアントが配布ポイントからコンテンツをダウンロードするように指定します。Download content locally when needed by the running task sequence: Specify that clients download content from the distribution point as it's needed by the task sequence. クライアントは、タスク シーケンスを開始します。The client starts the task sequence. タスク シーケンスのステップでコンテンツが必要な場合、ステップ実行前にダウンロードされます。When a step in the task sequence requires content, it's downloaded before the step runs.

      • [タスク シーケンスを開始する前にすべてのコンテンツをローカルにダウンロードする] : タスク シーケンスを実行する前に、クライアントが配布ポイントからすべてのコンテンツをダウンロードするように指定します。Download all content locally before starting task sequence: Specify that clients download all the content from the distribution point before the task sequence runs. [展開設定] ページでタスク シーケンスを PXE およびブート メディアの展開に使用できるように指定した場合、このオプションは表示されません。If you make the task sequence available to PXE and boot media deployments on the Deployment Settings page, this option isn't shown.

      • [実行中のタスク シーケンスでコンテンツが必要になったときに、配布ポイントから直接実行する] : クライアントが配布ポイントからコンテンツを実行するように指定します。Access content directly from a distribution point when needed by the running task sequence: Specify that clients run the content from the distribution point. タスク シーケンスに関連付けられたすべてのパッケージが、配布ポイントでパッケージ共有を使用できるように構成されている場合にのみ、このオプションを使用できます。This option is only available when you enable all packages associated with the task sequence to use a package share on the distribution point. コンテンツがパッケージ共有を使用できるようにするには、各パッケージの [プロパティ][データ アクセス] タブを参照してください。To enable content to use a package share, see the Data Access tab in the Properties for each package.

        重要

        セキュリティを最大限に高めるため、 [実行中のタスク シーケンスでコンテンツが必要になったときにローカルにダウンロードする] または [タスク シーケンスを開始する前にすべてのコンテンツをローカルにダウンロードする] のいずれかのオプションを選択します。For greatest security, select the options to Download content locally when needed by the running task sequence or Download all content locally before starting task sequence. これらのオプションのいずれかを選択すると、パッケージの整合性を確保するため、Configuration Manager によってパッケージがハッシュされます。When you select either of these options, Configuration Manager hashes the package, so that it can ensure package integrity. [実行中のタスク シーケンスでコンテンツが必要になったときに、配布ポイントから直接実行する] オプションを選択すると、指定したプログラムを実行する前に、Configuration Manager によるパッケージ ハッシュの検証が行われません。When you select the option to Access content directly from a distribution point when needed by the running task sequence, Configuration Manager doesn't verify the package hash prior to running the specified program. サイトがパッケージの整合性を保証できないため、管理者権限があるユーザーがパッケージ コンテンツの変更または改ざんを行う可能性があります。Because the site can't ensure package integrity, it's possible for users with administrative rights to alter or tamper with package contents.

    • [ローカルの配布ポイントを利用できない場合は、リモートの配布ポイントを使用する] : クライアントが近隣境界グループからの配布ポイントを使用してタスク シーケンスに必要なコンテンツをダウンロードするかどうかを指定します。When no local distribution point is available, use a remote distribution point: Specify whether clients can use distribution points from a neighbor boundary group to download the content that's required by the task sequence.

    • [既定サイトの境界グループからの配布ポイントの使用をクライアントに許可する] : コンテンツが現在または近隣境界グループの配布ポイントから利用できないときに、クライアントでサイトの既定の境界グループの配布ポイントからコンテンツをダウンロードするかどうかを指定します。Allow clients to use distribution points from the default site boundary group: Specify if clients should download content from a distribution point in the site default boundary group, when it isn't available from a distribution point in the current or neighbor boundary groups.

      注意

      バージョン 1810 以降では、デバイスでタスク シーケンスが実行され、コンテンツを取得する必要がある場合、構成マネージャー クライアントに似た境界グループの動作が使用されます。Starting in version 1810, when a device runs a task sequence and needs to acquire content, it uses boundary group behaviors similar to the Configuration Manager client. 詳細については、「Task sequence support for boundary groups」(境界グループのタスク シーケンス サポート) を参照してください。For more information, see Task sequence support for boundary groups.

  10. Configuration Manager 1802 以降では、 [概要] タブで、 [テンプレートとして保存] を選択して、再度使用する設定を保存します。Beginning in Configuration Manager 1802, on the Summary tab, select Save As Template to save settings to use again. テンプレートの名前を指定して、保存する設定を選択します。Supply a name for the template and select the settings to save.

  11. ウィザードを完了します。Complete the wizard.

CMG を通して Windows 10 の一括アップグレードを展開するDeploy Windows 10 in-place upgrade via CMG

バージョン 1802 以降では、Windows 10 の一括アップグレード タスク シーケンスで、クラウド管理ゲートウェイ (CMG) を通して管理されるインターネット ベースのクライアントへの展開がサポートされます。Starting in version 1802, the Windows 10 in-place upgrade task sequence supports deployment to internet-based clients managed through the cloud management gateway (CMG). この機能により、リモート ユーザーはより簡単に Windows 10 にアップグレードでき、イントラネットに接続する必要はありません。This ability allows remote users to more easily upgrade to Windows 10 without needing to connect to the intranet.

一括アップグレード タスク シーケンスによって参照されているすべてのコンテンツが、クラウド配布ポイントに配布されることを確認します。Make sure all of the content referenced by the in-place upgrade task sequence is distributed to a cloud distribution point. 配布されないと、デバイスはタスク シーケンスを実行できません。Otherwise devices can't run the task sequence.

アップグレード タスク シーケンスを展開するときは、次の設定を使います。When you deploy an upgrade task sequence, use the following settings:

  • 展開の [ユーザー エクスペリエンス] タブの [クライアントのタスク シーケンスをインターネット上で実行できるようにする]Allow task sequence to run for client on the Internet, on the User Experience tab of the deployment.

  • 展開の [配布ポイント] タブの [タスク シーケンスを開始する前にすべてのコンテンツをローカルにダウンロードする]Download all content locally before starting task sequence, on the Distribution Points tab of the deployment. [実行中のタスク シーケンスでコンテンツが必要になったときにローカルにダウンロードする] などの他のオプションは、このシナリオでは機能しません。Other options such as Download content locally when needed by the running task sequence don't work in this scenario. タスク シーケンス エンジンは、現在、クラウド配布ポイントからコンテンツを取得できません。The task sequence engine is currently unable to obtain content from a cloud distribution point. Configuration Manager クライアントは、タスク シーケンスを開始する前に、クラウド配布ポイントからコンテンツをダウンロードする必要があります。The Configuration Manager client must download the content from the cloud distribution point before starting the task sequence.

  • (省略可能) 展開の [全般] タブの [このタスク シーケンスのコンテンツを事前にダウンロードする](Optional) Pre-download content for this task sequence, on the General tab of the deployment. 詳細については、「コンテンツの事前キャッシュを構成する」を参照してください。For more information, see Configure pre-cache content.

危険度の高い展開High-risk deployments

危険度の高い展開 (OS など) を行う際に、 [コレクションの選択] ウィンドウには、サイトのプロパティで構成されている展開の検証の設定に適合するカスタム コレクションのみが表示されます。When you deploy a high-risk deployment, such as an OS, the Select Collection window displays only the custom collections that meet the deployment verification settings that are configured in the site's properties. 危険度の高い展開は、常にカスタム コレクション、作成されたコレクション、および組み込みの 不明なコンピューター コレクションに制限されています。High-risk deployments are always limited to custom collections, collections that you create, and the built-in Unknown Computers collection. 危険度の高い展開を作成する際、すべてのシステムなどの組み込みのコレクションは選択できません。When you create a high-risk deployment, you can't select a built-in collection such as All Systems. 構成済みの最大サイズよりクライアント数が少ないすべてのカスタム コレクションを表示するには、 [メンバー数がサイトの最小サイズ構成を超えるコレクションを非表示にする] オプションを無効にします。To see all custom collections that contain fewer clients than the configured maximum size, disable the option to Hide collections with a member count greater than the site's minimum size configuration. 詳細については、「危険度の高い展開を管理するための設定」を参照してください。For more information, see Settings to manage high-risk deployments.

展開の検証の設定は、コレクションの現在のメンバーシップに基づきます。The deployment verification settings are based on the current membership of the collection. タスク シーケンスを展開した後に、コレクションのメンバーシップは危険度の高い展開の設定に対して再評価されません。After you deploy the task sequence, Configuration Manager doesn't reevaluate the collection membership for the high-risk deployment settings.

たとえば、 [既定サイズ] を 100、 [最大サイズ] を 1000 に設定します。For example, let's say you set Default size to 100 and the Maximum size to 1000. 危険度の高い展開の作成時に、 [コレクションの選択] ウィンドウには、含まれるクライアント数が 100 未満のコレクションのみが表示されます。When you create a high risk deployment, the Select Collection window only displays collections that contain fewer than 100 clients. [メンバー数がサイトの最小サイズ構成を超えるコレクションを非表示にする] の設定をオフにすると、含まれるクライアント数が 1000 未満のコレクションがウィンドウに表示されます。If you clear the Hide collections with a member count greater than the site's minimum size configuration setting, the window displays collections that contain fewer than 1000 clients.

サイトの役割を含むコレクションを選択すると、次の動作が適用されます。When you select a collection that contains a site role, the following behavior applies:

  • コレクションにサイト システム サーバーが含まれていて、展開の検証の設定で、サイト システム サーバーが含まれるコレクションをブロックするように構成されていると、エラーが発生します。If the collection contains a site system server, and you configured the deployment verification settings to block collections with site system servers, then an error occurs. 展開の作成を続行することはできません。You can't continue creating the deployment.

  • 次の条件のいずれかに当てはまる場合は、ソフトウェアの展開ウィザードに危険度が高いことを示す警告が表示されます。If one of the following criteria applies, then the Deploy Software Wizard displays a high-risk warning. 続行するには、危険度の高い展開を作成することに同意する必要があります。To continue, you need to agree to create a high-risk deployment. サイトでは監査ステータス メッセージが生成されます。The site generates an audit status message.

    • コレクションにサイト システム サーバーが含まれていて、展開の検証の設定で、サイト システム サーバーが含まれるコレクションについて警告するように構成されている場合If the collection contains a site system server, and you configured the deployment verification settings to warn on collections with site system servers

    • コレクションのサイズが既定値を超えている場合If the collection exceeds the default size value

    • コレクションにサーバーが含まれている場合If the collection contains a server

関連項目See also

タスクを自動化するためのタスク シーケンスの管理Manage task sequences to automate tasks