Configuration Manager で OS イメージを管理するManage OS images with Configuration Manager

適用対象: System Center Configuration Manager (Current Branch)Applies to: System Center Configuration Manager (Current Branch)

Configuration Manager の OS イメージは、Windows イメージ (WIM) ファイル形式で格納されます。OS images in Configuration Manager are stored in the Windows image (WIM) file format. これらのイメージは、新しい OS をコンピューターにインストールして構成するために使用する参照ファイルとフォルダーのコレクションを圧縮したものです。These images are a compressed collection of reference files and folders use to install and configure a new OS on a computer. OS イメージは、多くの OS 展開シナリオで必要です。Many OS deployment scenarios require an OS image.

OS イメージの種類OS image types

既定の OS イメージを使用するか、構成する参照コンピューターから OS イメージをビルドすることができます。You can use a default OS image, or build the OS image from a reference computer that you configure. 参照コンピューターを構築するときに、OS ファイル、ドライバー、サポート ファイル、ソフトウェア更新プログラム、ツール、およびアプリケーションを OS に追加します。When you build the reference computer, you add OS files, drivers, support files, software updates, tools, and applications to the OS. それをキャプチャしてイメージ ファイルを作成します。Then you capture it to create the image file.

既定の画像Default image

Windows のインストール ファイルには、既定の OS イメージが含まれています。The Windows installation files include the default OS image. このイメージは、ドライバーの標準セットを含む基本的な OS イメージです。This image is a basic OS image that contains a standard set of drivers. 既定の OS イメージを使用する場合は、タスク シーケンス ステップを使用してアプリをインストールし、デバイスに OS をインストールした後に、その他の構成を行います。When you use the default OS image, use task sequence steps to install apps and make other configurations after the OS installs on a device. Windows ソース ファイル (\Sources\install.wim) で、既定の OS イメージを見つけます。Locate the default OS image in the Windows source files: \Sources\install.wim.

既定のイメージの長所Default image advantages

  • イメージのサイズは、キャプチャしたイメージのサイズよりも小さいです。The image size is smaller than a captured image.

  • タスク シーケンス ステップを使用したアプリのインストールと構成は、より動的です。Installing apps and configurations with task sequence steps is more dynamic. たとえば、デバイスを再イメージ化しなくても、タスク シーケンスで構成とインストールするアプリを変更できます。For example, change the configurations and apps that install in the task sequence, without having to reimage the device.

既定のイメージの短所Default image disadvantages

  • OS のインストールで、より時間がかかることがあります。OS installation can take more time. アプリケーションのインストールとその他の構成は、OS のインストールの完了後に行われます。The application installation and other configurations occur after the OS installation completes.

参照コンピューターからキャプチャされたイメージCaptured image from a reference computer

カスタマイズされた OS イメージを作成するには、目的の OS で参照コンピューターを構築します。To create a customized OS image, build a reference computer with the desired OS. 次に、アプリケーションをインストールし、設定を構成します。Then install applications and configure settings. 参照コンピューターから OS イメージをキャプチャして、WIM ファイルを作成します。Capture the OS image from the reference computer to create the WIM file. 参照コンピューターを手動で構築するか、タスク シーケンスを使用して構築ステップの一部またはすべてを自動化します。Manually build the reference computer, or use a task sequence to automate some or all of the build steps. 詳細については、OS イメージのカスタマイズに関するページを参照してください。For more information, see Customize OS images.

キャプチャしたイメージの長所Captured image advantages

  • インストール時間は、既定のイメージを使用する場合より短縮されます。The installation can be faster than using the default image. たとえば、キャプチャした OS イメージを使用して、アプリケーションをプレインストールできます。For example, applications can be preinstalled with the captured OS image. こうすると、タスク シーケンス ステップを使用して、後から同じアプリケーションをインストールする必要がなくなります。Then you don't need to install those same applications later by using task sequence steps.

キャプチャしたイメージの短所Captured image disadvantages

  • イメージのサイズは、既定のイメージのサイズよりも大きくなる可能性があります。The image size is potentially larger than the default image.

  • アプリケーションとツールの更新プログラムが必要な場合は、新しいイメージを作成する必要があります。Need to create a new image when you require updates for applications and tools.

OS イメージを追加するAdd an OS image

OS イメージを使用するには、最初にご使用の Configuration Manager サイトにイメージを追加します。Before you can use an OS image, add it to your Configuration Manager site.

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [オペレーティング システム] を展開して、 [オペレーティング システム イメージ] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Operating Systems, and then select the Operating System Images node.

  2. リボンの [ホーム] タブの [作成] グループで、 [オペレーティング システム イメージの追加] を選択します。On the Home tab of the ribbon, in the Create group, select Add Operating System Image. このアクションにより、オペレーティング システム イメージの追加ウィザードが開始されます。This action starts the Add Operating System Image Wizard.

  3. [データ ソース] ページで、次の情報を指定します。On the Data Source page, specify the following information:

    • OS イメージ ファイルへのネットワーク パスNetwork Path to the OS image file. たとえば、\\server\share\path\image.wim となります。For example, \\server\share\path\image.wim.

    • 指定された WIM ファイルから特定のイメージ インデックスを抽出し、一覧からイメージ インデックスを選択します。Extract a specific image index from the specified WIM file and then select an image index from the list. バージョン 1902 以降では、このオプションにより、ファイル内のすべてのイメージ インデックスではなく、1 つのインデックスが自動的にインポートされます。Starting in version 1902, this option automatically imports a single index rather than all image indexes in the file. このオプションを使用すると、イメージ ファイルが小さくなり、オフライン サービスが高速になります。Using this option results in a smaller image file, and faster offline servicing. さらに、ソフトウェア更新プログラムの適用後に小さくなったイメージ ファイルに対して、イメージ サービスを最適化するプロセスもサポートされます。It also supports the process to Optimize image servicing, for a smaller image file after applying software updates.

      注意

      Configuration Manager では、ソース イメージ ファイルは変更されません。Configuration Manager doesn't modify the source image file. 同じソース ディレクトリに新しいイメージ ファイルが作成されます。It creates a new image file in the same source directory.

      この抽出プロセスは、60 GB を超えるなど、非常に大きなイメージ ファイルの場合は失敗することがあります。This extraction process can fail for extremely large image files, for example over 60 GB. DISM エラーは Not enough storage is available to process this command. です。Configuration Manager によって使用されるコマンド ラインは、smsprov.log および dism.log にあります。The DISM error is Not enough storage is available to process this command. The command line that Configuration Manager uses is in the smsprov.log and dism.log. 手動で同じコマンドを実行して、イメージをインポートします。Manually run the same command and then import the image.

    • バージョン 1906 以降では、クライアントでコンテンツを事前キャッシュする場合は、イメージのアーキテクチャ言語を指定します。Starting in version 1906, if you want to pre-cache content on a client, specify the Architecture and Language of the image. 詳細については、「コンテンツの事前キャッシュを構成する」を参照してください。For more information, see Configure pre-cache content.

  4. [全般] ページで、以下の情報を指定します。On the General page, specify the following information. この情報は、複数の OS イメージがあるときに区別するのに役立ちます。This information is useful for identification purposes when you have more than one OS image.

    • 名前: イメージの一意の名前。Name: A unique name for the image. 既定では、名前は WIM ファイル名に由来します。By default, the name comes from the WIM file name.

    • バージョン: 省略可能なバージョン識別子。Version: An optional version identifier. このプロパティは、イメージの OS バージョンにする必要はありません。This property doesn't need to be the OS version of the image. 多くの場合は、パッケージの組織のバージョンです。It's often your organization's version for the package.

    • コメント: 省略可能な簡単な説明。Comment: An optional brief description.

  5. ウィザードを完了します。Complete the wizard.

このコンソール ウィザードに相当する PowerShell コマンドレットについては、「New-CMOperatingSystemImage (New-CMOperatingSystemImage)」をご覧ください。For the PowerShell cmdlet equivalent of this console wizard, see New-CMOperatingSystemImage.

次に、OS イメージを配布ポイントに配布します。Next, distribute the OS image to distribution points.

コンテンツを配布ポイントに配布するDistribute content to distribution points

他のコンテンツと同じように、配布ポイントに OS イメージを配布します。Distribute OS images to distribution points the same as other content. タスク シーケンスを展開する前に、少なくとも 1 つの配布ポイントに OS イメージを配布します。Before you deploy the task sequence, distribute the OS image to at least one distribution point. 詳細については、「コンテンツの配布」をご覧ください。For more information, see Distribute content.

ソフトウェア更新プログラムをイメージに適用Apply software updates to an image

注意

このセクションは、OS イメージOS アップグレード パッケージの両方に適用されます。This section applies to both OS images and OS upgrade packages. ここでは、Windows イメージ ファイル (WIM) を表すのに一般的な用語 "イメージ" を使用します。It uses the general term "image" to refer to the Windows image file (WIM). これらの両方のオブジェクトには WIM が存在し、これには Windows インストール ファイルが含まれます。Both of these objects have a WIM, which contains Windows installation files. ソフトウェア更新プログラムは、両方のオブジェクトでこれらのファイルに適用されます。Software updates are applicable to these files in both objects. このプロセスの動作は、両方のオブジェクト間で同じです。The behavior of this process is the same between both objects.

毎月、イメージに適用できる新しいソフトウェア更新プログラムが発行されます。Each month there are new software updates applicable to the image. ソフトウェア更新プログラムを適用するには、まず次の前提条件が必要となります。Before you can apply software updates to it, you need the following prerequisites:

  • ソフトウェア更新プログラムのインフラストラクチャA software updates infrastructure
  • 正常に同期されたソフトウェア更新プログラムSuccessfully synchronized software updates
  • サイト サーバー上のコンテンツ ライブラリにソフトウェア更新プログラムをダウンロード済みDownloaded the software updates to the content library on the site server

詳細については、「ソフトウェアの更新の展開方法」を参照してください。For more information, see Deploy software updates.

適用可能なソフトウェア更新プログラムを、指定したスケジュールでイメージに適用します。Apply applicable software updates to an image on a specified schedule. このプロセスはオフライン サービスと呼ばれることもあります。This process is sometimes called offline servicing. このスケジュールで、Configuration Manager により、選択したソフトウェア更新プログラムがイメージに適用されます。On this schedule, Configuration Manager applies the selected software updates to the image. その後、更新されたイメージを配布ポイントに再配布することもできます。It can then also redistribute the updated image to distribution points.

重要

バージョンに基づいてイメージに適用できる任意のソフトウェア更新プログラムを選択できますが、DISM では特定の種類の更新プログラムのみがイメージに適用できます。While you can select any software update that's applicable to the image based on version, DISM can only apply certain types of updates to the image. OfflineServicingMgr.log ファイルには、エントリ Not applying this update binary, it is not supported が表示されます。The OfflineServicingMgr.log file shows the following entry: Not applying this update binary, it is not supported.

サイト データベースには、インポート時点で適用されたソフトウェア更新プログラムなど、イメージに関する情報が保管されます。The site database stores information about the image, including the software updates that were applied at the time of the import. 最初の追加以降、イメージに適用したソフトウェア更新プログラムもサイト データベースに保管されます。Software updates that you apply to the image since it was initially added are also stored in the site database. ソフトウェア更新プログラムを適用するウィザードを起動すると、ウィザードは、サイトでイメージにまだ適用されていない適用可能なソフトウェア更新プログラムのリストを取得します。When you start the wizard to apply software updates, it retrieves the list of applicable software updates that the site hasn't yet applied to the image. Configuration Manager により、サイト サーバー上のコンテンツ ライブラリから選択したソフトウェア更新プログラムがコピーされます。Configuration Manager copies the software updates that you select from the content library on the site server. その後、ソフトウェア更新プログラムがイメージに適用されます。It then applies the software updates to the image.

サービス プロセスServicing process

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [オペレーティング システム] を展開して、 [オペレーティング システム イメージ] または [オペレーティング システム アップグレード パッケージ] を選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Operating Systems, and then select either Operating System Images or Operating System Upgrade Packages.

  2. ソフトウェア更新プログラムを適用するオブジェクトを選択します。Select the object to which to apply software updates.

  3. リボンで [更新のスケジュール] を選択して、ウィザードを起動します。On the ribbon, select Schedule Updates to start the wizard.

  4. [更新プログラムの選択] ページで、イメージに適用するソフトウェア更新プログラムを選択します。On the Choose Updates page, select the software updates to apply to the image. 更新プログラムのリストがウィザードに表示されるまで、多少時間がかかる場合があります。It may take some time for the list of updates to appear in the wizard. [フィルター] を使用して、メタデータ内の文字列を検索します。Use the Filter to search for strings in the metadata. [システム アーキテクチャ] ドロップダウン リストを使用して、 [X86][X64] 、または [すべて] でフィルター処理します。Use the System architecture drop-down list to filter on X86, X64, or All. リストで 1 つ、複数、またはすべての更新プログラムを選択できます。You can select one, many, or all updates in the list. 更新プログラムの選択が完了したら、 [次へ] を選択します。When you're finished selecting updates, select Next.

  5. [スケジュールの設定] ページで、次の設定を指定して、 [次へ] をクリックします。On the Set Schedule page, specify the following settings, and then click Next.

    1. スケジュール: サイトでソフトウェア更新プログラムをイメージに適用するスケジュールを指定します。Schedule: Specify the schedule for when the site applies the software updates to the image.

    2. エラー時に続行する: このオプションを選択すると、エラーが発生した場合でも、イメージにソフトウェア更新プログラムがそのまま適用されます。Continue on error: Select this option to continue to apply software updates to the image even when there's an error.

    3. イメージを使用して配布ポイントを更新する: このオプションを選択すると、サイトでソフトウェア更新プログラムが適用された後、配布ポイントのイメージが更新されます。Update distribution points with the image: Select this option to update the image on distribution points after the site applies the software updates.

  6. [更新のスケジュール] ウィザードを完了します。Complete the Schedule Updates Wizard.

注意

ペイロードのサイズを最小限に抑えるために、OS アップグレード パッケージと OS イメージのサービス提供では古いバージョンが削除されます。To minimize the payload size, the servicing of OS upgrade packages and OS images removes the older version.

サービス操作Servicing operations

Configuration Manager コンソールの [OS イメージ] ノードまたは [OS アップグレード パッケージ] ノードで、ビューに次の列を追加します。In the Configuration Manager console, in either the OS Images or OS Upgrade Packages node, add the following columns to the view:

  • スケジュールされた更新日: このプロパティは、次回の定義済みスケジュールを表示します。Scheduled Updates Date: This property shows the next schedule that you've defined.
  • スケジュールされた更新のステータス : このプロパティは、ステータスを表示します。Scheduled Updates Status: This property shows the status. たとえば、 [成功][進行中] などです。For example, Successful or In Process.

特定のイメージ オブジェクトを選択し、詳細ウィンドウの [更新状態] タブに切り替えます。Select a specific image object, and then switch to the Update Status tab in the details pane. このタブには、イメージの更新プログラムのリストが表示されます。This tab shows the list of updates in the image.

特定のイメージ オブジェクトを選択し、リボンで [プロパティ] を選択します。Select a specific image object, and select Properties in the ribbon. [インストールされた更新プログラム] タブには、イメージの更新プログラムのリストが表示されます。The Installed Updates tab shows the list of updates in the image. [サービス] タブは、現在のサービスのスケジュールと、適用するようスケジュールした更新プログラムの読み取り専用ビューです。The Servicing tab is a read-only view of the current servicing schedule and the updates that you've scheduled to apply.

ステータスが [進行中] の場合は、リボンで [スケジュールされた更新の取り消し] を選択できます。When the status is In Process, you can select Cancel Scheduled Updates on the ribbon. このアクションは、アクティブなサービス プロセスをキャンセルします。This action cancels the active servicing process.

このプロセスをトラブルシューティングするには、サイト サーバー上の OfflineServicingMgr.log ファイルと dism.log ファイルを確認します。To troubleshoot this process, view the OfflineServicingMgr.log and dism.log files on the site server. 詳細については、ログ ファイルに関するページを参照してください。For more information, see Log files.

オフライン OS イメージ サービス用のドライブを指定するSpecify the drive for offline OS image servicing

バージョン 1810 以降では、OS イメージのオフライン サービス中に Configuration Manager が使用するドライブを指定します。Starting in version 1810, specify the drive that Configuration Manager uses during offline servicing of OS images. このプロセスは、一時ファイルで大量のディスク領域を使用する可能性があります。This process can consume a large amount of disk space with temporary files. このオプションにより、使用するドライブを柔軟に選択できます。This option gives you flexibility to select the drive to use.

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動し、 [サイトの構成] を展開して [サイト] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, expand Site Configuration, and select the Sites node. リボンで [サイト コンポーネントの構成] をクリックし、 [オペレーティング システムの展開] を選択します。In the ribbon, click Configure Site Components and select Operating System Deployment.

  2. [オフライン サービス] タブで、 [イメージのオフライン サービスで使用するローカル ドライブ] のオプションを指定します。On the Offline Servicing tab, specify the option for A local drive to be used by offline servicing of images.

この設定の既定値は [自動] です。By default, this setting is Automatic. この値では、Configuration Manager がインストール対象のドライブを選択します。With this value, Configuration Manager selects the drive on which it's installed.

サイト サーバー上に存在しないドライブを選択すると、Configuration Manager は、 [自動] を選択した場合と同じ動作をします。If you select a drive that doesn't exist on the site server, Configuration Manager behaves the same as if you select Automatic.

オフライン サービス中、Configuration Manager は一時ファイルをフォルダー <drive>:\ConfigMgr_OfflineImageServicing に格納します。During offline servicing, Configuration Manager stores temporary files in the folder, <drive>:\ConfigMgr_OfflineImageServicing. また、このフォルダー内の OS イメージをマウントします。It also mounts the OS image in this folder.

最適化されたイメージ サービスOptimized image servicing

バージョン 1902 以降では、OS イメージにソフトウェア更新プログラムを適用するときに、置き換えられた更新プログラムを削除することによって、出力を最適化する新しいオプションがあります。Starting in version 1902, when you apply software updates to an OS image, there's a new option to optimize the output by removing any superseded updates. オフライン サービスに対する最適化は、単一インデックスのイメージにのみ適用されます。The optimization to offline servicing only applies to images with a single index.

サイトでの OS イメージに対するソフトウェア更新プログラムの適用をスケジュールするときは、Windows 展開イメージのサービスと管理 (DISM) のコマンド ライン ツールを使用します。When you schedule the site to apply software updates to an OS image, it uses the Windows Deployment Image Servicing and Management (DISM) command-line tool. この変更では、サービス プロセスに次の 2 つの追加ステップが導入されています。During the servicing process, this change introduces the following two additional steps:

  • マウントされているオフライン イメージに対し、パラメーター /Cleanup-Image /StartComponentCleanup /ResetBase を使用して DISM が実行されます。It runs DISM against the mounted offline image with the parameters /Cleanup-Image /StartComponentCleanup /ResetBase. このコマンドが失敗した場合、現在のサービス プロセスは失敗します。If this command fails, the current servicing process fails. イメージにはどのような変更もコミットされません。It doesn't commit any changes to the image.

  • イメージは、Configuration Manager によって変更をコミットされ、ファイル システムからマウント解除された後、別のファイルにエクスポートされます。After Configuration Manager commits changes to the image and unmounts it from the file system, it exports the image to another file. このステップでは、DISM パラメーター /Export-Image が使用されます。This step uses the DISM parameter /Export-Image. イメージから不要なファイルが削除されて、サイズが小さくなります。It removes unneeded files from the image, which reduces the size.

定期的にオフライン イメージに更新プログラムを適用することをお勧めします。Microsoft recommends that you regularly apply updates to your offline images. イメージのサービスを行うたびに、このオプションを使用する必要はありません。You don't have to use this option every time you service an image. このプロセスを毎月実行することで、時間の経過と共にこの新しいオプションによる大きなメリットがあります。When you do this process each month, this new option provides you the greatest advantage by using it over time. 詳細については、ソフトウェア更新プログラムのインストール手順の推奨事項に関するページを参照してください。For more information, see Recommendations for Install Software Updates step.

このオプションを使用すると、サービス対象のイメージの全体的なサイズを減らすのに役立ちますが、プロセスの完了に要する時間が長くなります。While this option helps reduce the overall size of the serviced image, it does take longer to complete the process. ウィザードを使用して、都合のよい時間にサービスが行われるようスケジュールを設定してください。Use the wizard to schedule servicing during convenient times. また、サイト サーバー上でストレージが余分に必要になります。It also requires additional storage on the site server. サイトで代替の場所を使用するようにカスタマイズできます。You can customize the site to use an alternate location. 詳細については、「オフライン OS イメージ サービス用のドライブを指定する」をご覧ください。For more information, see Specify the drive for offline OS image servicing.

イメージ サービスを最適化するプロセスProcess to optimize image servicing

  1. サービス プロセスを開始します。Start the servicing process.

  2. [スケジュールの設定] ページで、 [イメージが更新された後、置き換えられた更新プログラムを削除する] オプションをオンにします。On the Set Schedule page, select the option to Remove superseded updates after the image is updated. このオプションは、自動的には有効になりません。This option isn't automatically enabled. イメージに複数のインデックスがある場合は、このオプションを使用できません。If the image has more than one index, you can't use this option.

  3. イメージ サービスをスケジュールするには、ウィザードを使用します。To schedule image servicing, complete the wizard.

OfflineServicing.log を使用して、プロセスを検証し、監視します。Validate and monitor the process using the OfflineServicing.log.

マルチキャスト展開用に OS イメージを準備するPrepare the OS image for multicast deployments

マルチキャスト展開を使用して、複数のコンピューターで同時に OS イメージをダウンロードできるようにします。Use multicast deployments to allow more than one computer to simultaneously download an OS image. イメージは、各クライアントが個別の接続を経由して配布ポイントからイメージのコピーをダウンロードするのではなく、配布ポイントによりクライアントにマルチキャストされます。The image is multicast to clients by the distribution point, rather than each client downloading a copy of the image from the distribution point over a separate connection. OS の展開方法に [マルチキャストを使用した、ネットワーク経由での Windows の展開] を選択した場合は、マルチキャストをサポートするように OS イメージを構成します。When you choose the OS deployment method to Use multicast to deploy Windows over the network, configure the OS image to support multicast. 次に、イメージをマルチキャスト対応の配布ポイントに配布します。Then distribute the image to a multicast-enabled distribution point.

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [オペレーティング システム] を展開して、 [オペレーティング システム イメージ] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Operating Systems, and then select the Operating System Images node.

  2. マルチキャスト対応の配布ポイントに配布する OS イメージを選択します。Select the OS image that you want to distribute to a multicast-enabled distribution point.

  3. リボンの [ホーム] タブの [プロパティ] グループで、 [プロパティ] を選択します。On the Home tab of the ribbon, in the Properties group, select Properties.

  4. [配布の設定] タブに切り替えて、次のオプションを構成します。Switch to the Distribution Settings tab, and configure the following options:

    • このパッケージのマルチキャストでの送信を許可する (WinPE のみ) : マルチキャストを使用して OS イメージを同時に展開するには、Configuration Manager にこのオプションを選択します。Allow this package to be transferred via multicast (WinPE only): Select this option for Configuration Manager to simultaneously deploy OS images using multicast.

    • マルチキャスト パッケージを暗号化する: サイトでイメージを配布ポイントに送信する前に暗号化するかどうかを指定します。Encrypt multicast packages: Specify whether the site encrypts the image before it's sent to the distribution point. イメージに秘匿性の高い情報が含まれている場合は、このオプションを使用してください。If the image contains sensitive information, use this option. イメージが暗号化されていないと、その内容がネットワーク上にクリア テキストで表示されます。If the image isn't encrypted, its contents are visible in clear text on the network. 未承認ユーザーにイメージの内容がインターセプトされて表示される可能性があります。Then an unauthorized user could intercept and view the image contents.

    • このパッケージをマルチキャストでのみ送信する:マルチキャスト セッションの間だけ、配布ポイントがイメージを展開するかどうかを指定します。Transfer this package only via multicast: Specify whether you want the distribution point to deploy the image only during a multicast session.

      [このパッケージをマルチキャストでのみ送信する] を選択する場合は、タスク シーケンスの展開オプションを [実行中のタスク シーケンスでコンテンツが必要になったときにローカルにダウンロードする] に指定する必要もあります。If you select Transfer this package only via multicast, you must also specify the task sequence deployment option to Download content locally when needed by the running task sequence. 詳細については、「 Deploy a task sequence」をご覧ください。For more information, see Deploy a task sequence.

  5. [OK] を選択して設定を保存し、イメージのプロパティを閉じます。Select OK to save the settings and close the image properties.