System Center Configuration Manager でのオペレーティング システム展開のサイト システムの役割の準備Prepare site system roles for operating system deployments with System Center Configuration Manager

適用対象: System Center Configuration Manager (Current Branch)Applies to: System Center Configuration Manager (Current Branch)

Configuration Manager でオペレーティング システムを展開するには、まず特定の構成と考慮が必要な次のサイト システムの役割を準備する必要があります。To deploy operating systems in Configuration Manager, you must first prepare the following site system roles that require specific configurations and considerations.

配布ポイントDistribution points

配布ポイント サイト システムの役割は、クライアントがダウンロードするソース ファイルをホストします。The distribution point site system role hosts source files for clients to download. このコンテンツは、アプリケーション、ソフトウェア更新プログラム、OS イメージ、ブート イメージ、およびドライバー パッケージを対象としています。This content is for applications, software updates, OS images, boot images, and driver packages. 帯域幅、調整、およびスケジュールのオプションを使って、コンテンツの配布を制御できます。You can control content distribution by using bandwidth, throttling, and scheduling options.

コンピューターへのオペレーティング システムの展開をサポートできるだけの十分な配布ポイントを用意することが重要です。It's important that you have enough distribution points to support the deployment of operating systems to computers. さらに、階層内でこれらの配布ポイントをどのように配置するかについて計画を立てることも重要です。It's also important that you plan for the placement of these distribution points in your hierarchy. 詳細については、「コンテンツ管理インフラストラクチャの展開と管理」をご覧ください。For more information, see Manage content and content infrastructure. この記事には、OS の展開に応じて、配布ポイントの計画時にはさらに考慮すべき事項があります。This article includes some additional planning considerations for distribution points specific to OS deployment.

配布ポイントの計画に関する追加の考慮事項Additional planning considerations for distribution points

配布ポイントの計画時にさらに考慮すべき事項は次のとおりです。The following items are additional planning things to consider for distribution points:

  • 不要な OS の展開を行わないようにする方法How can I prevent unwanted OS deployments?

    Configuration Manager は、サイト サーバーと、コレクション内の他の展開先のコンピューターを区別しません。Configuration Manager doesn't distinguish site servers from other destination computers in a collection. サイト サーバーが含まれているコレクションに、必要なタスク シーケンスを展開すると、そのサイト サーバーは、コレクション内の他のコンピューターと同じ方法でタスク シーケンスを実行します。If you deploy a required task sequence to a collection that includes a site server, it runs the task sequence the same way as any other computer in the collection. OS の展開では必ず、目的のクライアントが含まれているコレクションを使用します。Make sure that your OS deployment uses a collection that includes the intended clients.

    危険度の高いタスク シーケンスの展開については、その動作を管理します。Manage the behavior for high-risk task sequence deployments. 危険度の高い展開はクライアントに自動的にインストールされ、望ましくない結果が生じる可能性があります。A high-risk deployment automatically installs on a client and has the potential to cause unwanted results. たとえば、OS を展開する必須の目的を持つタスク シーケンスなどがこれに該当します。For example, a task sequence with a purpose of required that deploys an OS. 望ましくない危険度の高い展開のリスクを減らすためには、展開検証設定を構成します。To reduce the risk of an unwanted high-risk deployment, configure deployment verification settings. 詳細については、「危険度の高い展開を管理するための設定」を参照してください。For more information, see Settings to manage high-risk deployments.

  • 1 つの配布ポイントから OS イメージを一度に受信できるコンピューターの数How many computers can receive an OS image at one time from a single distribution point?

    必要な配布ポイントの数を見積もるには、次の変数を考慮してください。To estimate how many distribution points you need, consider the following variables:

    • 配布ポイントの処理速度The processing speed of the distribution point
    • 配布ポイントのディスク速度The disk speed of the distribution point
    • ネットワークで使用できる帯域幅The available bandwidth on the network
    • イメージ パッケージのサイズThe size of the image package

    たとえば、他のサーバー リソース要因をまったく考慮しない場合、100 メガバイト/秒のイーサネット ネットワークにおいて 1 時間で 4 ギガバイト (GB) のイメージ パッケージを処理できるコンピューターの最大台数は 11 台になります。For example, if you don't consider any other server resource factors, the maximum number of computers that can process a four gigabyte (GB) image package in one hour on a 100-megabit/sec Ethernet network is 11 computers.

    100 megabits/sec = 12.5 megabytes/sec = 750 megabytes/min = 45 gigabytes/hour = 11 images @ 4 GB per image

    一定の時間内に特定の台数のコンピューターに OS を展開する必要がある場合は、適切な数の配布ポイントにイメージを配布します。If you must deploy an OS to a specific number of computers within a specific time frame, distribute the image to an appropriate number of distribution points.

  • 配布ポイントに OS を展開できるかどうかCan I deploy an OS to a distribution point?

    OS を配布ポイントに展開することはできますが、OS イメージは別の配布ポイントから受信する必要があります。You can deploy an OS to a distribution point, but the OS image must be received from a different distribution point.

PXE 要求を受け入れるための配布ポイントの構成Configuring distribution points to accept PXE requests

PXE ブート要求を作成する Configuration Manager クライアントにオペレーティング システムを展開するには、PXE 要求を受け入れるように 1 つ以上の配布ポイントを構成する必要があります。To deploy operating systems to Configuration Manager clients that make PXE boot requests, you must configure one or more distribution points to accept PXE requests. 構成された配布ポイントは、PXE ブート要求に応答し、実行する適切な展開アクションを決定します。Once you configure the distribution point, it responds to PXE boot requests and determines the appropriate deployment action to take. 詳細については、配布ポイントのインストールと変更に関するトピックを参照してください。For more information, see Install or modify a distribution point.

PXE 対応配布ポイント上の RamDisk TFTP ブロック サイズとウィンドウ サイズのカスタマイズCustomize the RamDisk TFTP block and window sizes on PXE-enabled distribution points

PXE 対応配布ポイントの RamDisk TFTP ブロック サイズとウィンドウ サイズをカスタマイズできます。You can customize the RamDisk TFTP block and window sizes for PXE-enabled distribution points. ネットワークをカスタマイズしている場合、ブロックまたはウィンドウのサイズが大きいと、ブート イメージのダウンロードがタイムアウト エラーで失敗する可能性があります。If you've customized your network, a large block or window size could cause the boot image download to fail with a time-out error. RamDisk TFTP ブロック サイズとウィンドウ サイズのカスタマイズにより、特定のネットワーク要件に対応する PXE を使用する場合に、TFTP トラフィックを最適化できます。The RamDisk TFTP block and window size customizations allow you to optimize TFTP traffic when using PXE to meet your specific network requirements. 最も効率的な構成を判断するには、環境内でカスタマイズした設定をテストします。To determine what configuration is most efficient, test the customized settings in your environment.

  • TFTP ブロック サイズ: ブロック サイズは、ファイルをダウンロードしているクライアントにサーバーが送信するデータ パケットのサイズです。TFTP block size: The block size is the size of the data packets that the server sends to the client that is downloading the file. ブロック サイズを大きくすると、サーバーとクライアントの間のラウンド トリップ遅延が少なくなるように、サーバーが送信するパケットを少なくすることができます。A larger block size allows the server to send fewer packets, so there are fewer round-trip delays between the server and the client. ただし、大きいサイズのブロックにより、ほとんどの PXE クライアントの実装がサポートしていない、断片化されたパケットが生成されます。However, a large block size leads to fragmented packets, which most PXE client implementations do not support.

  • TFTP ウィンドウ サイズ: TFTP では、送信されるデータの各ブロックの確認 (ACK) パケットが必要です。TFTP window size: TFTP requires an acknowledgment (ACK) packet for each block of data that is sent. 前のブロックの ACK パケットを受信するまで、サーバーは、シーケンス内の次のブロックを送信しません。The server does not send the next block in the sequence until it receives the ACK packet for the previous block. TFTP のウィンドウ化では、ウィンドウをいっぱいにするのに要するデータ ブロックの数を定義することができます。TFTP windowing enables you to define how many data blocks it takes to fill a window. サーバーは、ウィンドウがいっぱいになるまでデータ ブロックを連続で送信し、その後クライアントが ACK パケットを送信します。The server sends the data blocks back-to-back until the window is filled, and then the client sends an ACK packet. このウィンドウのサイズを増やすと、クライアントとサーバーの間のラウンド トリップ遅延回数が減少し、ブート イメージをダウンロードするために必要な全体の時間が短縮します。If you increase this window size, it reduces the number of round-trip delays between the client and server, and it decreases the overall required time to download a boot image.

RamDisk TFTP ウィンドウ サイズを変更するModify the RamDisk TFTP window size

RamDisk TFTP ウィンドウ サイズをカスタマイズするには、PXE 対応配布ポイント上に次のレジストリ キーを追加します。To customize the RamDisk TFTP window size, add the following registry key on PXE-enabled distribution points:

  • 場所: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SMS\DPLocation: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SMS\DP
  • 名前: RamDiskTFTPWindowSizeName: RamDiskTFTPWindowSize
  • : REG_DWORDType: REG_DWORD
  • : <カスタマイズされたウィンドウのサイズ>Value: <customized window size>
    既定値は 1 (1 つのデータ ブロックでウィンドウがいっぱいになります)The default value is 1 (one data block fills the window)

RamDisk TFTP ブロック サイズを変更するModify the RamDisk TFTP block size

RamDisk TFTP ウィンドウ サイズをカスタマイズするには、PXE 対応配布ポイント上に次のレジストリ キーを追加します。To customize the RamDisk TFTP window size, add the following registry key on PXE-enabled distribution points:

  • 場所: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SMS\DPLocation: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SMS\DP
  • 名前: RamDiskTFTPBlockSizeName: RamDiskTFTPBlockSize
  • : REG_DWORDType: REG_DWORD
  • : <カスタマイズされたブロック サイズ>Value: <customized block size>
    既定値は 4096 です。The default value is 4096.

マルチキャストをサポートする配布ポイントの構成Configure distribution points to support multicast

マルチキャストはネットワーク最適化の方法です。Multicast is a network optimization method. 複数のクライアントが同じ OS イメージを同時にダウンロードする可能性が高い場合は、配布ポイント上でマルチキャストを使用することができます。You can use it on distribution points when multiple clients are likely to download the same OS image at the same time. マルチキャストを使用すると、複数のコンピューターが同時に OS イメージをダウンロードすることができます。これは OS イメージが配布ポイントによってマルチキャストされるからです。When you use multicast, multiple computers can simultaneously download the OS image as it is multicast by the distribution point. マルチキャストを使用しない場合、配布ポイントは各クライアントに個別の接続を介してデータのコピーを送信します。Without multicast, the distribution point sends a copy of the data to each client over a separate connection. 詳細については、「Use multicast to deploy Windows over the network」(マルチキャストを使用した、ネットワーク経由での Windows の展開) を参照してください。For more information, see Use multicast to deploy Windows over the network.

OS を展開する前に、マルチキャストをサポートするように配布ポイントを構成します。Before you deploy the OS, configure a distribution point to support multicast. 詳細については、配布ポイントのインストールと構成に関するページを参照してください。For more information, see Install and configure distribution points.

状態移行ポイントState migration point

状態移行ポイントには、USMT があるコンピューターでキャプチャし、別のコンピューターで復元するユーザー状態データが保存されます。The state migration point stores user state data that USMT captures on one computer, and then restores on another computer. ただし、セットアップ先のコンピューターで Windows を更新する展開など、同じコンピューター上の OS 展開のユーザー設定をキャプチャする場合、データをハードリンクを使用して同じコンピューターに保存するか、または状態移行ポイントを使用して保存するかを選択することができます。However, when you capture user settings for an OS deployment on the same computer, such as a deployment where you refresh Windows on the destination computer, you can choose whether to store the data on the same computer by using hard-links or use a state migration point. 一部のコンピューター展開では、状態ストアを作成すると、Configuration Manager によって状態ストアと対象コンピューターの関連付けが自動的に作成されます。For some computer deployments, when you create the state store, Configuration Manager automatically creates an association between the state store and the destination computer. 状態移行ポイントを計画する際には、以下の点を検討してください。As you plan for the state migration point, consider the following factors:

ユーザー状態のサイズUser state size

ユーザー状態のサイズは、状態移行ポイントのディスク記憶域や移行中のネットワーク パフォーマンスに直接影響します。The size of the user state directly affects disk storage on the state migration point and network performance during the migration. ユーザー状態のサイズおよび移行するコンピューターの台数について検討します。Consider the size of the user state and the number of computers to migrate. また、どの設定をコンピューターから移行するのかについても検討します。Consider also what settings to migrate from the computer. たとえば、 [マイ ドキュメント] フォルダーがサーバーに既にバックアップされている場合、通常、イメージの展開の一部として移行する必要はありません。For example, if the My Documents folder is already backed up to a server, then perhaps you don't have to migrate it as part of the image deployment. 不必要な移行を避けると、ユーザー状態の全体的なサイズが小さく保たれ、ネットワーク パフォーマンスや状態移行ポイントのディスク記憶域に与える影響が軽減されます。Avoiding unnecessary migrations keeps the overall size of the user state smaller, and decreases the effect it would otherwise have on network performance and disk storage on the state migration point.

ユーザー状態移行ツールUser State Migration Tool

オペレーティング システムの展開中にユーザー状態をキャプチャして復元するには、USMT ソース ファイルをポイントするユーザー状態移行ツール (USMT) パッケージを使用する必要があります。To capture and restore the user state during the deployment of the operating systems, you must use a User State Migration Tool (USMT) package that points to the USMT source files. Configuration Manager コンソールの [ソフトウェア ライブラリ] > [アプリケーション管理] > [パッケージ] でこのパッケージが自動的に作成されます。Configuration Manager automatically creates this package in the Configuration Manager console in Software Library > Application Management > Packages. Configuration Manager では USMT 10 を使用して、ある OS からユーザー状態をキャプチャし、それを別の OS に復元します。Configuration Manager uses USMT 10 to capture the user state from one OS and then restore it to another. Windows 10 用の Windows アセスメント & デプロイメント キット (Windows ADK) には USMT 10 が含まれています。The Windows Assessment and Deployment Kit (Windows ADK) for Windows 10 includes USMT 10.

USMT 10.0 のさまざまな移行シナリオの詳細については、Windows ドキュメントの「Common Migration Scenarios」(移行の一般的なシナリオ) を参照してください。For a description of different migration scenarios for USMT 10, see Common Migration Scenarios in the Windows documentation.

ポリシーの保存Retention policy

状態移行ポイントを構成する場合は、状態移行ポイントに格納されたユーザー状態データを保存する期間を指定します。When you configure the state migration point, specify the length of time to keep the user state data that it stores. 状態移行ポイントにデータを保存する期間を決定するには、次の 2 つの点を考慮する必要があります。The length of time to keep the data on the state migration point depends on two considerations:

  • 格納されたデータがディスク記憶域に与える影響The effect that the stored data has on disk storage.

  • データの移行が再度必要になる場合に備えて、データを一時的に保存するための要件The potential requirement to keep the data for a time in case you must migrate the data again.

状態移行は、データのキャプチャとデータの復元の 2 段階で行われます。State migration occurs in two phases: capturing the data, and restoring the data. データをキャプチャするときに、ユーザー状態データが収集されて状態移行ポイントに保存されます。When you capture data, the user state data is collected and saved to the state migration point. データを復元するときに、ユーザー状態データが状態移行ポイントから取得されて対象コンピューターに書き込まれてから、[状態ストアのリリース] タスク シーケンス ステップによって、格納されたデータがリリースされます。When you restore the data, the user state data is retrieved from the state migration point, written to the destination computer, and then the Release State Store task sequence step releases the stored data. データがリリースされるときに、保存期間の開始として認識されます。When the data is released, the retention timer starts. 移行データを即時削除するオプションを選択している場合、リリース直後にユーザー状態データが削除されます。If you select the option to delete migrated data immediately, the user state data is deleted as soon as it's released. 一定期間データを保存するオプションを選択している場合、状態データのリリース後、データは指定期間が経過すると削除されます。If you select the option to keep the data for a certain period of time, the data is deleted when that period of time elapses after the state data is released. 設定したリテンション期間が長くなるほど、必要なディスク容量も大きくなります。The longer you set the retention period, the more disk space you're likely to require.

ユーザー状態移行データを格納するドライブの選択Select drive to store user state migration data

状態移行ポイントを構成するときに、ユーザー状態移行データの格納に使用するサーバー上のドライブを指定する必要があります。When you configure the state migration point, you must specify the drive on the server to store the user state migration data. ドライブは、固定リストから選択します。You select a drive from a fixed list of drives. ただし、CD ドライブなどの書き込みできないドライブや、ネットワーク共有でないドライブが表示されることがあります。However, some of these drives might represent non-writable drives, such as the CD drive, or a non-network share drive. また、コンピュータ上のどのドライブにもマップされていないドライブ文字が表示されていることもあります。Some drive letters might not be mapped to any drives on the computer. 状態移行ポイントを構成するときには、書き込み可能な共有ドライブを指定します。Specify a writable, shared drive when you configure the state migration point.

状態移行ポイントを構成するConfigure a state migration point

次の方法を使用して、ユーザー移行ポイントがユーザー状態データを保存するように構成できます。You can use the following methods to configure a state migration point to store the user state data:

  • サイト システム サーバーの作成ウィザードを使用して、状態移行ポイント用の新しいサイト システム サーバーを作成します。Use the Create Site System Server Wizard to create a new site system server for the state migration point.

  • サイト システムの役割の追加ウィザードを使用して、状態移行ポイントを既存のサーバーに追加します。Use the Add Site System Roles Wizard to add a state migration point to an existing server.

    これらのウィザードを使用すると、次の状態移行ポイント情報の入力を求められます。When you use these wizards, you're prompted to provide the following information for the state migration point:

  • ユーザー状態データを保存するフォルダーThe folders to store the user state data.

  • 状態移行ポイントにデータを保存できる最大クライアント数The maximum number of clients that can store data on the state migration point.

  • ユーザー状態データを保存するための状態移行ポイントの最低空き領域The minimum free space for the state migration point to store user state data.

  • 役割の削除ポリシー。The deletion policy for the role. ユーザー状態データがコンピューターに復元された後、またはユーザー データがコンピューターに復元されて特定の日数が経過した後のいずれかで、直ちにユーザー状態データが削除されるように指定します。Either specify that the user state data is deleted immediately after it is restored on a computer, or after a specific number of days after the user data is restored on a computer.

  • 状態移行ポイントがユーザー状態データの復元要求にのみ応答するかどうかWhether the state migration point responds only to requests to restore user state data. (このオプションを有効にすると、状態移行ポイントを使用してユーザー状態データを保存できません。)When you enable this option, you cannot use the state migration point to store user state data.

    サイト システムの役割をインストールする手順については、「Add site system roles」(サイト システムの役割の追加) を参照してください。For the steps to install a site system role, see Add site system roles.