マイクロソフト セキュリティ情報 MS11-074 - 重要

Microsoft SharePoint の脆弱性により、特権が昇格される (2451858)

公開日: 2011年9月14日 | 最終更新日: 2011年10月12日

バージョン: 1.3

概説

概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft SharePoint および Windows SharePoint Services に存在する 5 件の非公開で報告された脆弱性および 1 件の一般に公開された脆弱性を解決します。最も深刻な脆弱性により、ユーザーが特別に細工された URL をクリックするか、特別に細工された Web サイトを訪問した場合、特権が昇格される可能性があります。最も深刻な脆弱性について、インターネット ゾーン内の SharePoint サイトをブラウズしている Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 ユーザーはこの危険にさらされる可能性が低くなっています。その理由は、Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 の XSS フィルターにより、既定でインターネット ゾーン内の攻撃が阻止されるからです。ただし、Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 の XSS フィルターは既定では、イントラネット ゾーンで有効になっていません。

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office Groove 2007、Microsoft SharePoint Workspace 2010、Microsoft Office Forms Server 2007、Microsoft Office SharePoint Server 2007、Microsoft Office SharePoint Server 2010、Microsoft Office Groove Data Bridge Server 2007、Microsoft Office Groove Management Server 2007、Microsoft Groove Server 2010、Microsoft SharePoint Services 2.0、Microsoft SharePoint Services 3.0、Microsoft SharePoint Foundation 2010、Microsoft Office Web Apps 2010 および Microsoft Word Web App 2010 について深刻度を「重要」と評価しています。詳細情報は、このセクションの「影響を受けるソフトウェアおよび影響を受けないソフトウェア」のサブセクションを参照してください。

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft SharePoint がユーザー入力の検証と不適切な部分の削除、悪意のある XML ファイルおよび XSL ファイルの解析、特定のリクエスト パラメーター内にあるスクリプトの処理の方法を変更することにより、これらの脆弱性を解決します。これらの脆弱性の詳細については、次の「脆弱性の情報」のセクションの特定の脆弱性に関するサブセクション「よく寄せられる質問 (FAQ)」を参照してください。

推奨する対応策: お客様は Microsoft Update サービスを使用して Microsoft Update からオンラインで更新プログラムをチェックするための自動更新を構成することができます。Microsoft Update から更新プログラムをオンラインでチェックするために自動更新を有効にし、構成しているお客様は、通常このセキュリティ更新プログラムは自動でダウンロードおよびインストールされるため、特に操作をする必要はありません。自動更新を有効にしていない場合、この更新プログラムを手動で Microsoft Update で確認し、インストールする必要があります。サポートされているエディションの Windows XP および Windows Server 2003 の自動更新の特定の構成オプションの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 294871 を参照してください。Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、および Windows Server 2008 R2 のサポートされているエディションの自動更新の詳細については、「Windows 自動更新とは」を参照してください。

管理者およびエンタープライズのインストール、またはこのセキュリティ更新プログラムを手動でインストールしたいエンドユーザーは、更新プログラムの管理ソフトウェアまたは Microsoft Update サービスで更新プログラムを確認して、この更新プログラムをできる限り早期に適用することを推奨します。

このセキュリティ情報の後半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。

既知の問題: サポート技術情報 2451858 で、このセキュリティ更新プログラムをインストールする際に起こる可能性のある既知の問題に関して説明しています。また、これらの問題に対する推奨される解決策についても説明しています。なお、既知の問題および推奨される解決策がソフトウェアの特定のリリースにのみ該当する場合は、サポート技術情報に関連のリンクを掲載します。

影響を受けるソフトウェアと影響を受けないソフトウェア

ここに記載されているソフトウェアをテストし、影響を受けるバージョンまたはエディションを確認しました。その他のバージョンまたはエディションはサポート ライフサイクルが終了したか、または影響を受けません。ご使用中のソフトウェアのバージョンまたはエディションのサポート ライフサイクルを確認するには、マイクロソフト サポート ライフサイクルの Web サイトを参照してください。

影響を受けるソフトウェア

Microsoft Office

ソフトウェア 最も深刻な脆弱性の影響 総合的な深刻度 この更新プログラムにより置き換えられるセキュリティ情報
Microsoft Office Groove 2007 Service Pack 2
(KB2552997)
情報漏えい 重要 MS11-016
Microsoft SharePoint Workspace 2010 および Microsoft SharePoint Workspace 2010 Service Pack 1 (32 ビット版)
(KB2566445)
情報漏えい 重要 なし
Microsoft SharePoint Workspace 2010 および Microsoft SharePoint Workspace 2010 Service Pack 1 (64 ビット版)
(KB2566445)
情報漏えい 重要 なし
Microsoft サーバー ソフトウェア
ソフトウェア 更新プログラム パッケージ 最も深刻な脆弱性の影響 総合的な深刻度 この更新プログラムにより置き換えられるセキュリティ情報
Microsoft Forms Server
[Microsoft Office Forms Server 2007 Service Pack 2 (32 ビット版)](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=c4c8ad7e-50bd-460e-9678-d8c72c6ee7ab&displaylang=ja) (KB2553005) 対象外 特権の昇格 重要 なし
[Microsoft Office Forms Server 2007 Service Pack 2 (64 ビット版)](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=7390b526-f411-45a4-8587-8077b473ac17&displaylang=ja) (KB2553005) 対象外 特権の昇格 重要 なし
Microsoft SharePoint Server
Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (32 ビット版)[1] [Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (coreserver) (32 ビット版)](https://www.microsoft.com/download/ja-jp/details.aspx?familyid=ad52c341-13ce-4b53-87b4-269cb3f41275&displaylang=ja) (KB2508964) [Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (oserver) (32 ビット版)](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=fd6189c9-ab3b-441f-a901-6ac7f3b202aa&displaylang=ja) (KB2553001) [Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (sserverx) (32 ビット版)](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=d9601fae-4a80-45cd-a49b-ef441856d7e4&displaylang=ja) (KB2553002) [Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (dlc) (32 ビット版)](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=55b60e2f-ec68-4ccb-803a-5d03add8a1f1&displaylang=ja) (KB2553003) 特権の昇格 重要 [MS10-072](https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms10-072) の KB2345212 は KB2508964 によって置き換えられます KB2553001 によって置き換えられるセキュリティ情報はありません KB255002 によって置き換えられるセキュリティ情報はありません [MS10-104](https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms10-104) の KB2433089 は KB2553003 によって置き換えられます
Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (64 ビット版)[1] [Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (coreserver) (64 ビット版)](https://www.microsoft.com/download/ja-jp/details.aspx?familyid=e5e60751-242a-4fdb-9852-6d94050d3d0e&displaylang=ja) (KB2508964) [Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (oserver) (64 ビット版)](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=b1466366-e2ae-498e-b964-135e034e7348&displaylang=ja) (KB2553001) [Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (sserverx) (64 ビット版)](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=bb788c8d-8383-4e53-ac05-2a7dd9b83e70&displaylang=ja) (KB2553002) [Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (dlc) (64 ビット版)](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=e8e1a5bb-a552-45fe-8e81-e05fbfbb57ee&displaylang=ja) (KB2553003) 特権の昇格 重要 [MS10-072](https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms10-072) の KB2345212 は KB2508964 によって置き換えられます KB2553001 によって置き換えられるセキュリティ情報はありません KB255002 によって置き換えられるセキュリティ情報はありません [MS10-104](https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms10-104) の KB2433089 は KB2553003 によって置き換えられます
Microsoft Office SharePoint Server 2010 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 Service Pack 1 [Microsoft Office SharePoint Server 2010 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 Service Pack 1 (osrchwfe)](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=c17eb04d-cbbc-457e-a424-4ee26b7a9654&displaylang=ja) (KB2494022) [Microsoft Office SharePoint Server 2010 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 Service Pack 1 (osrv)](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=2a80a849-b712-47d4-9def-9395ee54a265&displaylang=ja) (KB2560885) [Microsoft Office SharePoint Server 2010 and Microsoft Office SharePoint Server 2010 Service Pack 1 (pplwfe)](https://www.microsoft.com/download/ja-jp/details.aspx?familyid=b84c2bcb-0327-4916-871e-7a5c19b8c41b) (KB2560890) [Microsoft Office SharePoint Server 2010 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 Service Pack 1 (ppsmawfe)](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=1597f295-02a9-4479-9d52-f18f0e83eaba&displaylang=ja) (KB2566456) [Microsoft Office SharePoint Server 2010 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 Service Pack 1 (dlc)](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=e6b666a4-a795-441c-9bda-23e2de2e7b05&displaylang=ja) (KB2566954) [Microsoft Office SharePoint Server 2010 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 Service Pack 1 (ppsmamui)](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=57592ce4-5d99-45c2-830f-380d67af8899&displaylang=ja) (KB2566958) [Microsoft Office SharePoint Server 2010 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 Service Pack 1 (wosrv)](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=dd64a635-1e55-4b4d-9718-9b94c31c5625&displaylang=ja) (KB2566960) 特権の昇格 重要 なし
Microsoft Groove Server
[Microsoft Office Groove Data Bridge Server 2007 Service Pack 2](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?displaylang=ja&familyid=5958247e-204e-409c-bdc1-7aff06e854b8&displaylang=ja) (KB2552999) 対象外 特権の昇格 重要 なし
[Microsoft Office Groove Management Server 2007 Service Pack 2](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?displaylang=ja&familyid=6b5b4caf-6a95-487d-ac17-c4435225af3a&displaylang=ja) (KB2552998) 対象外 特権の昇格 重要 なし
[Microsoft Groove Server 2010 および Microsoft Groove Server 2010 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?displaylang=ja&familyid=71c0f217-5112-4dca-b9aa-46c69f6099e4&displaylang=ja) (KB2508965) 対象外 特権の昇格 重要 [MS10-072](https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms10-072)
Windows SharePoint Services および Microsoft SharePoint Foundation
[Microsoft Windows SharePoint Services 2.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=71e32745-cb05-4b87-a447-741ccdac7450&displaylang=ja) (KB2494007) 対象外 特権の昇格 重要 なし
[Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack 2 (32 ビット版)](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=0f306cbd-a652-4e77-b394-1a6dc38ba83c&displaylang=ja) (KB2493987) 対象外 特権の昇格 重要 [MS10-072](https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms10-072)
[Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack 2 (64 ビット版)](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=3137e4c6-783d-4461-88bd-90da064e3105&displaylang=ja) (KB2493987) 対象外 特権の昇格 重要 [MS10-072](https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms10-072)
[Microsoft SharePoint Foundation 2010 および Microsoft SharePoint Foundation 2010 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=0db799e2-896f-464b-8cd5-ecf2014f0588&displaylang=ja) (KB2494001) 対象外 特権の昇格 重要 [MS10-072](https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms10-072)
[1] サポートされているエディションの Microsoft Office SharePoint Server 2007 について、お客様はこのセキュリティ情報で説明している脆弱性に対する保護を行うために、Microsoft Office SharePoint 2007 用のセキュリティ更新プログラム パッケージ (KB2508964、KB2553001、KB2553002、および KB2553003) とともに、Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 のセキュリティ更新プログラム (KB2493987) もインストールする必要があります。

Microsoft Office Web Apps

ソフトウェア コンポーネント 最も深刻な脆弱性の影響 総合的な深刻度 この更新プログラムにより置き換えられるセキュリティ情報
Microsoft Office Web Apps 2010 および Microsoft Office Web Apps 2010 Service Pack 1
(KB2566449)
対象外 情報漏えい 重要 MS11-022
Microsoft Office Web Apps 2010 および Microsoft Office Web Apps 2010 Service Pack 1 Microsoft Word Web App 2010 および Microsoft Word Web App 2010 Service Pack 1
(KB2566450)
情報漏えい 重要 MS10-079
影響を受けないソフトウェア | Office およびその他のソフトウェア | |---------------------------------------------------------------| | Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003 Service Pack 3 | このセキュリティ更新プログラムに関するよく寄せられる質問 (FAQ) -------------------------------------------------------------- - なぜ、このセキュリティ情報は 2011 年10 月 12 日に更新されたのですか? インストールの問題を解決するために検出ロジックが変更されました。これにより、Microsoft Office SharePoint Server 2010 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 Service Pack 1 (pplwfe) 用の更新プログラム (KB2560890) は、複数コンピューター SharePoint サーバー ファームの一部として構成されているコンピューター上で Microsoft Office SharePoint Server 2010 を実行しているお客様に提供されなくなります。代わりに、Microsoft SharePoint Server 2010 ファーム内のサーバーに手動で更新プログラムを適用する必要があります。更新プログラムの Microsoft SharePoint Server 2010 ファームへのインストールの詳細については、TechNet の記事 [Install a software update (SharePoint Server 2010)](https://technet.microsoft.com/en-us/library/ff806338.aspx) を参照してください。これは検出ロジックに対する変更のみです。セキュリティ更新プログラムのファイルへの変更はありません。KB2560890 更新プログラムを正常に適用された Microsoft Office SharePoint Server 2010 のお客様は、その他の対策を行う必要はありません。 - 提供の問題を解決するために検出ロジックを修正しました。これにより、Microsoft SharePoint Foundation 2010 および Microsoft SharePoint Foundation 2010 Service Pack 1 用の更新プログラム (KB2494001) で、以前の更新プログラムのパッケージが適切に置き換えられます。これは検出ロジックに対する変更のみです。セキュリティ更新プログラムのファイルへの変更はありません。KB2494001 更新プログラムを正常に適用された Microsoft SharePoint Foundation 2010 のお客様は、その他のアクションを行う必要はありません。 ファイル情報の詳細はどこにありますか?  ファイル情報の詳細の場所については、「セキュリティ更新プログラムの適用」の参照表をご覧ください。 このセキュリティ更新プログラムは MS11-050 とどのような関連がありますか?  HTML のサニタイズの脆弱性 (CVE-2011-1252) は、この更新プログラム (MS11-074) および [Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム](https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms11-050) (MS11-050) により解決されます。 問題を解決するために必要な変更が別々の Microsoft 製品に含まれているために、この 2 種類の異なる更新プログラムが必要になります。この更新プログラム (MS11-074) は、影響を受けるマイクロソフトのプロダクティビティ ソフトウェアの脆弱性を解決し、MS11-050 は Internet Explorer の脆弱性を解決します。 なぜこの更新プログラムはいくつかの報告されたセキュリティ上の脆弱性を解決するのですか?  これらの問題を解決するために必要な変更が関連するファイルに存在するため、この更新プログラムはいくつかの脆弱性を解決します。 Microsoft Office SharePoint Server 2007 について、なぜ複数のサーバー更新プログラム パッケージがあるのですか?   このセキュリティ情報で説明している脆弱性を解決するために必要な更新プログラムは、Microsoft SharePoint Server 2007 がコンポーネント単位のサービス モデルであるため、「影響を受けるソフトウェア」表に示すようにさまざまなサーバー更新プログラム パッケージで提供されています。Coreserverx、oserver、sserverx、および dlc は、このサービス モデルの SharePoint コンポーネントの内部名です。 Microsoft Office SharePoint Server 2010 について、なぜ複数のサーバー パッケージ用の更新プログラムが  あるの ですか? このセキュリティ情報で説明している脆弱性を解決するために必要な更新プログラムは、Microsoft SharePoint Server 2010 がコンポーネント単位のサービス モデルであるため、「影響を受けるソフトウェア」表に示すようにさまざまなサーバー更新プログラム パッケージで提供されています。Mosrchwfe、osrv、pplwfe、ppsmawfe、dlc、ppsmamui、および wosrv は、このサービス モデルの SharePoint コンポーネントの内部名です。 Microsoft Office SharePoint Server 2007 または Microsoft Office SharePoint Server 2010 を使用しています。「影響を受けるソフトウェア」の表に記載されている すべての これらのソフトウェア用の更新プログラムをインストールする必要があるのでしょうか?  はい。お客様は、各システムにインストールされているソフトウェア向けに提供されている、すべてのサーバー更新プログラムを適用することをお勧めします。 管理者およびエンタープライズのインストール、または Microsoft Office SharePoint Server の構成に応じて、このセキュリティ更新プログラムを手動でインストールしたいエンド ユーザーについて、このセキュリティ情報に記載されたすべてのサーバー更新プログラム パッケージが適用されるわけではありません。SharePoint 環境のサーバー更新プログラム パッケージの適用性の詳細については、[サポート技術情報 2451858](https://support.microsoft.com/kb/2451858)を参照してください。 これらのセキュリティ更新プログラムは、特別な順番でインストールする必要がありますか?  いいえ。1 つのバージョンの Microsoft Office SharePoint Server 用の複数の更新プログラムは、どのような順番でも適用できます。 この更新プログラムはそのほかのセキュリティ関連の変更を含みますか?  はい。このセキュリティ情報の「脆弱性の情報」の欄に記載されている変更の他、この更新プログラムには Microsoft SharePoint によるアプリケーション間リダイレクト処理を向上させる多層防御の変更が含まれています。 多層防御とは何ですか?   情報セキュリティにおいて多層防御とは、攻撃者にネットワークやシステムのセキュリティを侵害させないために複数層の防御を設置するというアプローチを指します。 Microsoft Groove Server 2010 とは何ですか?  Microsoft Groove Server 2010 は、Microsoft SharePoint Workspace を管理するための包括的なサービスを提供します。Groove Server 2010 には、ふたつのコンポーネントが含まれています。Groove Server 2010 Manager および Groove Server 2010 Relay はそれぞれ、エンタープライズ ネットワークの Windows server で実行します。 Microsoft Office Web Apps とは何ですか?  [Microsoft Office Web Apps](https://office.microsoft.com/ja-jp/web-apps/) は Office Word、Excel、PowerPoint および OneNote のアプリケーションに対するオンライン コンパニオンで、ユーザーの位置する場所に関わらずドキュメントへのアクセスおよび編集ができます。ユーザーは、個人のコンピューター、携帯電話および Web を使用して他のユーザーとドキュメントの閲覧、共有および作業ができます。Office Web Apps は Microsoft Office 2010 のボリューム ライセンスおよび Microsoft SharePoint 2010 製品をベースにしたドキュメント管理のソリューションを使用されているビジネス カスタマーに利用していただけます。 Microsoft Office Web Apps に適用する更新プログラムはどこで入手できますか?  SharePoint 環境に Microsoft Office Web Apps を適用しているお客様は、これらのコンポーネントがインストールされているサーバーに Microsoft Office Web Apps 用の更新プログラムを適用する必要があります。Microsoft Office Web Apps の適用の詳細については、Microsoft TechNet の記事 [Understanding Office Web Apps](https://technet.microsoft.com/en-us/library/ff431685.aspx) (英語情報) を参照してください。 注意: Microsoft Office Web Apps 用の更新プログラムは、Web ブラウザーを使用して Microsoft Office Web Apps にアクセスするクライアント ワークステーションには適用されません。 Microsoft SharePoint Foundation 2010 とは何ですか?  [Microsoft SharePoint Foundation 2010](https://technet.microsoft.com/ja-jp/sharepoint/ee263910.aspx) とは、新しいバージョンの Microsoft Windows SharePoint Services です。これは安全で、管理可能な Web ベースのコラボレーション プラットフォームが必要な組織に必要なソリューションです。SharePoint は、人、ドキュメント、および十分理解して判断を下し業務を遂行するための情報に容易なアクセスを提供して、チームのつながり、生産性を維持します。SharePoint Foundation を使用して、スケジュールの調整、ドキュメントの作成およびチームのワークスペースを介して議論に参加、ブログ、wiki 、および SharePoint Server の基本的なインフラであるプラットフォームでライブラリをドキュメント化できます。 Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 とは何ですか?  [Windows SharePoint Services 3.0](https://technet.microsoft.com/ja-jp/windowsserver/sharepoint/bb684453) は、コラボレーティブ アプリケーション用のプラットフォームを提供し、ドキュメント管理のための共通のフレーム ワークと、すべてのドキュメントの種類を保存するための共通のリポジトリを提供します。Windows Workflow サービスおよび Windows Rights Management サービスのような主要な Windows Server のサービスを示しています。 Windows SharePoint Services 3.0 はサポートされているエディションの Windows Server 2003 および Windows Server 2008 用の無料のダウンロードとして提供されています。 Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 は Microsoft Office SharePoint Server 2007 とどのような関連がありますか?  Microsoft Office SharePoint Server 2007 は、サーバー機能が一体化されたスィートで、Windows SharePoint Services 3.0 上に構築されています。 Microsoft Office SharePoint Server 2007 がインストールされているシステムについては、Windows SharePoint Services 3.0 の KB2493987 更新プログラムを適用する必要があります。Microsoft Office SharePoint Server 2007 のみがインストールされ、Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 がインストールされていない構成はありません。 このセキュリティ情報で説明しているソフトウェアの旧バージョンを使用しています。どうすればよいですか?  このセキュリティ情報に記載されている影響を受けるソフトウェアのテストを行い、影響を受けるリリースを確認しました。その他のリリースは、サポート ライフサイクルが終了しました。製品のライフサイクルに関する詳細については、[マイクロソフト サポート ライフサイクル](https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=21742)の Web ページを参照してください。 今後、脆弱性の影響を受けないようにするため、旧リリースのソフトウェアを使用しているお客様は、サポート対象のリリースに移行することを強く推奨します。使用するソフトウェアのサポート ライフサイクルを確認するには、[プロダクト サポート ライフサイクル - 製品一覧](https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=169555)を参照してください。これらのソフトウェアのリリースのサービス パックの詳細については、[ライフサイクル サポート対象サービスパック](https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=89213)を参照してください。 以前のソフトウェアに関するカスタム サポートが必要なお客様は、担当営業、またはマイクロソフト アカウント チームの担当者、担当テクニカル アカウント マネージャー (TAM)、またはカスタム サポート オプションのマイクロソフト パートナー担当者までご連絡ください。プレミア契約をお持ちでないお客様は、マイクロソフト サポート契約センター (営業時間 9:30-12:00 13:00-19:00 土日祝祭日を除く TEL:0120-17-0196 FAX:03-5388-8253) までお問い合わせください。連絡先の情報は、[Microsoft Worldwide Information](https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=33329) Web サイトの Contact Information のプルダウン リストから、国を選択し、\[Go\] ボタンをクリックすると、連絡先の電話番号が表示されます。お問い合わせの際、お住まいの地域のプレミア サポート営業担当にご連絡ください。詳細については、[マイクロソフト サポート ライフサイクル ポリシー FAQ](https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=169557) を参照してください。 ### 脆弱性の情報 深刻度および脆弱性識別番号 -------------------------- 次の深刻度の評価は、脆弱性の影響が最も深刻な場合を想定しています。深刻度の評価およびセキュリティ上の影響に関連して、このセキュリティ情報の公開から 30 日間でこの脆弱性が悪用される可能性に関する情報については、[9 月のセキュリティ情報の概要](https://technet.microsoft.com/security/bulletin/ms11-sep)の Exploitability Index を参照してください。詳細については、[Microsoft Exploitability Index](https://technet.microsoft.com/ja-JP/library///technet.microsoft.com/ja-jp/security/cc998259(v=Security.10)) (悪用可能性指標) を参照してください。
影響を受けるソフトウェアごとの脆弱性の深刻度および最大のセキュリティ上の影響
影響を受けるソフトウェア SharePoint カレンダーの XSS の脆弱性 - CVE-2011-0653 HTML のサニタイズの脆弱性- CVE-2011-1252 Editform のスクリプト挿入の脆弱性 - CVE-2011-1890 連絡先情報を反映した XSS の脆弱性 - CVE-2011-1891 SharePoint リモート ファイル公開の脆弱性 - CVE-2011-1892 SharePoint XSS の脆弱性 - CVE-2011-1893 総合的な深刻度
Microsoft Office クライアント ソフトウェア
Microsoft Office Groove 2007 Service Pack 2 対象外 対象外 対象外 対象外 重要  情報漏えい 対象外 重要
Microsoft SharePoint Workspace 2010 および Microsoft SharePoint Workspace 2010 Service Pack 1 (32 ビット版) 対象外 対象外 対象外 対象外 重要  情報漏えい 対象外 重要
Microsoft SharePoint Workspace 2010 および Microsoft SharePoint Workspace 2010 Service Pack 1 (64 ビット版) 対象外 対象外 対象外 対象外 重要  情報漏えい 対象外 重要
Microsoft Forms Server
Microsoft Office Forms Server 2007 Service Pack 2 (32 ビット版) 対象外 対象外 対象外 対象外 重要  情報漏えい 対象外 重要
Microsoft Office Forms Server 2007 Service Pack 2 (64 ビット版) 対象外 対象外 対象外 対象外 重要  情報漏えい 対象外 重要
Microsoft SharePoint Server
Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (32 ビット版) 対象外 重要  情報漏えい 対象外 対象外 重要  情報漏えい 対象外 重要
Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (64 エディション) 対象外 重要  情報漏えい 対象外 対象外 重要  情報漏えい 対象外 重要
Microsoft Office SharePoint Server 2010 重要 特権の昇格 重要  情報漏えい 重要 特権の昇格 対象外 重要  情報漏えい 重要 特権の昇格 重要
Microsoft Office SharePoint Server 2010 Service Pack 1 重要 特権の昇格 重要  情報漏えい 対象外 対象外 重要  情報漏えい 対象外 重要
Microsoft Groove Server
Microsoft Office Groove Data Bridge Server 2007 Service Pack 2 対象外 対象外 対象外 対象外 重要  情報漏えい 対象外 重要
Microsoft Office Groove Management Server 2007 Service Pack 2 対象外 対象外 対象外 対象外 重要  情報漏えい 対象外 重要
Microsoft Groove Server 2010 および Microsoft Groove Server 2010 Service Pack 1 対象外 重要  情報漏えい 対象外 対象外 重要  情報漏えい 対象外 重要
Windows SharePoint Services および Microsoft SharePoint Foundation
Microsoft Windows SharePoint Services 2.0 対象外 対象外 対象外 対象外 対象外 重要 特権の昇格 重要
Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack 2 (32 ビット版) 対象外 重要  情報漏えい 対象外 重要 特権の昇格 重要  情報漏えい 重要 特権の昇格 重要
Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack 2 (64 ビット版) 対象外 重要  情報漏えい 対象外 重要 特権の昇格 重要  情報漏えい 重要 特権の昇格 重要
SharePoint Foundation 2010 重要 特権の昇格 重要  情報漏えい 重要 特権の昇格 重要 特権の昇格 重要  情報漏えい 重要 特権の昇格 重要
SharePoint Foundation 2010 Service Pack 1 対象外 重要  情報漏えい 対象外 重要 特権の昇格 対象外 対象外 重要
Microsoft Office Web Apps 2010 および Microsoft Office Web Apps 2010 Service Pack 1 対象外 対象外 対象外 対象外 重要  情報漏えい 対象外 重要
Microsoft Office Web Apps 2010 および Microsoft Office Web Apps 2010 Service Pack 1 対象外 対象外 対象外 対象外 重要  情報漏えい 対象外 重要

SharePoint カレンダーの XSS の脆弱性 - CVE-2011-0653

Microsoft SharePoint 2010 にはクロスサイト スクリプティングに脆弱性があり、ユーザーが悪意ある JavaScript 要素を含む特別に細工された URL をクリックすると、情報の漏えいや特権の昇格が起こる可能性があります。この脆弱性により、悪意ある JavaScript がユーザーのブラウザーにエコー バックされると、表示されたページで攻撃者は、標的となる SharePoint サイトの認証ユーザーとして SharePoint コマンドを発行できます。

Common Vulnerabilities and Exposures のリストの標準のエントリとしてこの脆弱性を確認するには、CVE-2011-0653 を参照してください。

「SharePoint カレンダーの XSS の脆弱性」の問題を緩和する要素 - CVE-2011-0653

緩和する要素は、既定の状態における設定、一般的な構成または最善策を示し、脆弱性悪用の深刻度が下がる場合があります。お客様の状況で、次の「緩和する要素」が役立つ場合があります。

  • Web ベースの攻撃では、この脆弱性の悪用に使用する Web ページが含まれる Web サイトを攻撃者がホストしているケースなどが挙げられます。また、侵害された Web サイトやユーザーによって提供されたコンテンツや広告を容認またはホストする Web サイトに、この脆弱性を悪用するために特別に細工したコンテンツが含まれている場合があります。ただし、いずれの場合も、攻撃者が強制的にユーザーをこのような Web サイトにアクセスさせることはできません。その代わり、通常、攻撃者は電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャーのメッセージ内のリンクをクリックさせて、ユーザーを攻撃者の Web サイトに誘導し、脆弱性を悪用するために特別に細工した URL をクリックさせることが攻撃者にとっての必要条件となります。
  • 既定で Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 の XSS フィルターはインターネット ゾーンでこの攻撃を防ぐため、インターネット ゾーンで SharePoint サイトを閲覧している Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 ユーザーはこの脆弱性の危険にさらされる可能性が低くなります。ただし、Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 の XSS フィルターは既定では、イントラネット ゾーンで有効になっていません。
  • 攻撃者は、ユーザーが特別に細工された URL をクリックすると任意の JavaScript が実行されるようにできますが、SharePoint Server が HttpOnly 認証 Cookie を処理する方法のため、ログオンしているユーザーの認証資格情報を盗むことはできません。
  • この脆弱性は、電子メールを介して、自動的に悪用されることはありません。ユーザーが電子メール メッセージで送信された特別に細工された URL をクリックしない限り、攻撃は行われません。

SharePoint カレンダーの XSS の脆弱性の回避策 - CVE-2011-0653

回避策は、根本的な脆弱性を正すものではありませんが、更新プログラムを適用するまでの間、既知の攻撃方法の阻止に役立つ設定または構成の変更を示します。マイクロソフトは次の回避策をテストし、回避策が機能性を低下させるかどうかの情報を提供しています。

  • ローカル イントラネット セキュリティ ゾーンで Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 の XSSフィルターを有効にする

    ローカル イントラネット セキュリティ ゾーンで XSS フィルターを有効にするよう設定を変更することにより、この脆弱性が悪用されないよう保護できます。(XSS フィルターは、インターネット セキュリティ ゾーンでは既定で有効になっています。) これを行うためには、次のステップを実行します。

    1. Internet Explorer 8 または Internet Explorer 9 の [ツール] メニューで [インターネット オプション] をクリックします。
    2. [セキュリティ] タブをクリックします。
    3. [ローカル イントラネット] をクリックし、[レベルのカスタマイズ] をクリックします。
    4. [設定] の [スクリプト] セクションの [XSS フィルターを有効にする] で [有効にする] をクリックします。次に [OK] をクリックします。
    5. [OK] を 2 回クリックし、Internet Explorer に戻ります。

    回避策の影響: 以前はフラグがなかった社内サイトに、XSS の危険性に関するフラグを付けることができます。

    回避策の解除方法:

    本回避策を解除するには、以下のステップを行ってください。

    1. Internet Explorer 8 または Internet Explorer 9 の [ツール] メニューで [インターネット オプション] をクリックします。
    2. [セキュリティ] タブをクリックします。
    3. [ローカル イントラネット] をクリックし、[レベルのカスタマイズ] をクリックします。
    4. [設定] の [スクリプト] セクションの [XSS フィルターを有効にする] で [無効にする] をクリックします。次に [OK] をクリックします。
    5. [OK] を 2 回クリックし、Internet Explorer に戻ります。

「SharePoint カレンダーの XSS の脆弱性」のよく寄せられる質問 - CVE-2011-0653

この脆弱性により、どのようなことが起こる可能性がありますか?
これはクロスサイト スクリプティングの脆弱性で、特権の昇格や情報の漏えいを引き起こす可能性があります。

何が原因で起こりますか?
Microsoft SharePoint が特別に細工された URL に含まれる悪意ある JavaScript 要素を正しく処理できず、スクリプトがユーザーのブラウザーに表示されてしまう場合に脆弱性が発生します。

クロスサイト スクリプティングとは何ですか?
クロスサイト スクリプティング (XSS) は、攻撃者がユーザーの Web サイトのセッションにスクリプト コードを「仕掛ける」ことが可能なセキュリティの脆弱性です。この脆弱性は HTML 形式のページを動的に生成する Web サーバーに影響を与える可能性があります。これらのサーバーが、ブラウザーに送り返す動的なページにブラウザー入力を組み込む場合、これらのサーバーは動的なページに悪質に提供されたコンテンツを含むように操作される可能性があります。これにより、悪意のあるスクリプトが実行されます。信頼されると思われるサイトおよび頻繁に表示する Web サイトの状態を維持するための Cookie の使用により、Web ブラウザーにこの問題が残る場合があります。XSS 攻撃は Web サイトのコンテンツを変更しません。その代わりに、新しい悪意のあるスクリプトが挿入され、信頼されるサーバーに関連するコンテキストで、ブラウザーで実行される可能性があります。

この脆弱性により、攻撃者は何を行う可能性がありますか?
この脆弱性をうまく悪用した攻撃者は、許可されてないコンテンツを読んだり、被害者の ID を利用して被害者になりすまして、権限の変更、コンテンツの削除、被害者のブラウザーへの悪意あるコンテンツの挿入といった SharePoint サイトの操作を実行できます。

攻撃者はこの脆弱性をどのように悪用する可能性がありますか?
この脆弱性を悪用するには、標的となる SharePoint サイトにユーザーを誘導し、ユーザーのブラウザーにスクリプトを表示させる特別に細工された URL を、ユーザーがクリックしなければなりません。

電子メールでの攻撃のシナリオでは、攻撃者は特別に細工した URL を含む電子メール メッセージを標的となる SharePoint サイトのユーザーに送信し、そのユーザーにその特別に細工した URL をクリックさせることで、この脆弱性を悪用する可能性があります。

Web ベースの攻撃のシナリオでは、この脆弱性を悪用する対象となる SharePoint サイトへの、特別に細工した URL を含む Web サイトをホストしていることが、攻撃者にとっての必要条件となります。さらに、侵害された Web サイトやユーザー提供のコンテンツを受け入れる、またはホストする Web サイトには、特別に細工したコンテンツが含まれており、この脆弱性が悪用される可能性があります。攻撃者は、特別に細工した Web サイトにユーザーを強制的に訪問させることはできないと考えられます。その代わり、通常、攻撃者は電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャーのメッセージ内のリンクをユーザーにクリックさせて攻撃者の Web サイトに誘導し、特別に細工した URL をクリックさせることが、攻撃者にとっての必要条件となります。

主にどのコンピューターがこの脆弱性による危険にさらされますか?
ワークステーションやターミナル サーバーなど、SharePoint サーバーを使用しているコンピューターが主にこの脆弱性による危険にさらされます。

Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 の クロスサイト スクリプティング (XSS) フィルターとは何ですか?
クロスサイト スクリプティング攻撃はユーザーが使用する Web サイトで脆弱性を悪用しようとします。この脆弱性が存在する場合、ユーザーは JavaScript 要素が含まれた特別に細工した Web サイトのアドレスを含む電子メール メッセージを受け取る可能性があります。ユーザーが URL をクリックすると、正当な SharePoint サイトに接続され、そこで攻撃者が提供したスクリプトが実行されます。クロスサイト スクリプティング攻撃は、オンラインでの脅威となるため、Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 にはこのような種類の攻撃を検出し、有害なスクリプトを無効にできるクロスサイト スクリプティング フィルターが含まれています。既定で、クロスサイト スクリプティング フィルターは Internet Explorer 8 でインターネット ゾーンで有効となっています。

この更新プログラムはどのように問題を修正しますか?
この更新プログラムは、Microsoft SharePoint によるユーザー入力の検証方法と不適切な部分の削除方法を変更することにより、この脆弱性を解決します。

このセキュリティ情報の公開時に、この脆弱性は一般に知られていましたか?
いいえ。マイクロソフトは協調的な脆弱性の公開を通して、この脆弱性に関する情報を受けました。

このセキュリティ情報の公開時に、マイクロソフトはこの脆弱性が悪用されたという報告を受けていましたか?
いいえ。マイクロソフトは、このセキュリティ情報が最初に公開された際に、この脆弱性が一般で悪用され、お客様が攻撃されていたことを示す情報を受けていませんでした。

HTML のサニタイズの脆弱性- CVE-2011-1252

SafeHTML が HTML をサニタイズする方法に、情報漏えいの脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、クロスサイト スクリプティング攻撃の実行し、ログオン ユーザーのセキュリティ コンテキストでスクリプトを実行する可能性があります。

Common Vulnerabilities and Exposures のリストの標準のエントリとしてこの脆弱性を確認するには、CVE-2011-1252 を参照してください。

「HTML のサニタイズの脆弱性」の問題を緩和する要素 - CVE-2011-1252

マイクロソフトは、この脆弱性の問題を緩和する要素を確認していません。

「HTML のサニタイズの脆弱性」の回避策 - CVE-2011-1252

マイクロソフトは、この脆弱性の回避策を確認していません。

「HTML のサニタイズの脆弱性」のよく寄せられる質問 - CVE-2011-1252

この脆弱性により、どのようなことが起こる可能性がありますか?
これは情報漏えいの脆弱性です。攻撃者によりこの脆弱性が悪用された場合、SafeHTML を介して HTML コンテンツをフィルタリングするユーザーに対しクロスサイト スクリプティング攻撃が持続的に行われる可能性があります。

何が原因で起こりますか?
この脆弱性は、SafeHTML 機能が HTML をサニタイズする方法が原因で起こります。

クロスサイト スクリプティングとは何ですか?
クロスサイト スクリプティング (XSS) は、攻撃者がユーザーの Web サイトのセッションにスクリプト コードを「仕掛ける」ことが可能なセキュリティの脆弱性です。この脆弱性は HTML 形式のページを動的に生成する Web サーバーに影響を与える可能性があります。これらのサーバーが、ブラウザーに送り返す動的なページにブラウザー入力を組み込む場合、これらのサーバーは動的なページに悪質に提供されたコンテンツを含むように操作される可能性があります。これにより、悪意のあるスクリプトが実行されます。信頼されると思われるサイトおよび頻繁に表示する Web サイトの状態を維持するための Cookie の使用により、Web ブラウザーにこの問題が残る場合があります。XSS 攻撃は Web サイトのコンテンツを変更しません。その代わりに、新しい悪意のあるスクリプトが挿入され、信頼されるサーバーに関連するコンテキストで、ブラウザーで実行される可能性があります。

この脆弱性により、攻撃者は何を行う可能性がありますか?
攻撃者によりこの脆弱性が悪用された場合、HTML をサニタイズするために SafeHTML を使用する標的のサイトのユーザーに対し、クロスサイト スクリプティング攻撃が行われる可能性があります。攻撃者はサイトで影響を受けるユーザーの代わりに、スクリプトを実行する可能性があります。

攻撃者はこの脆弱性をどのように悪用する可能性がありますか?
この脆弱性が悪用されるには、SafeHTML を使用している標的のサイトに特別な細工がされたスクリプトを送信できることが攻撃者にとっての必要条件となります。この脆弱性のため、特定の状況で、特別に細工されたスクリプトが適切にサニタイズされず、このため攻撃者が提供したスクリプトが Web サイトで悪意のあるコンテンツを閲覧するユーザーのセキュリティ コンテキストで実行される可能性があります。

クロスサイト スクリプティング攻撃を通して悪意のある操作が行われるには、ユーザーが侵害されたサイトを訪問することが攻撃者にとっての必要条件となります。例えば、攻撃者が標的となる SafeHTML を使用しているサイトに特別に細工されたスクリプトを送信した後、その特別な細工がされたスクリプトが含まれるサイトの Web ページすべてが、持続的なクロスサイト スクリプティング攻撃の方法となる可能性があります。ユーザーが特別な細工がされたスクリプトが含まれる Web ページを訪問した場合、そのスクリプトがユーザーのセキュリティ コンテキストで実行される可能性があります。

主にどのコンピューターがこの脆弱性による危険にさらされますか?
ワークステーションやターミナル サーバーなど、HTML コンテンツをサニタイズするために SafeHTML を使用しているサーバーに接続しているシステムが、主にこの脆弱性による危険にさらされます。

この更新プログラムはどのように問題を修正しますか?
この更新プログラムは SafeHTML が HTML コンテンツをサニタイズする方法を変更することにより、この脆弱性を解決します。

このセキュリティ情報の公開時に、この脆弱性は一般に知られていましたか?
はい。この脆弱性は一般で公開されていました。これは Common Vulnerability and Exposure の CVE-2011-1252 にアサインされています。

このセキュリティ情報の公開時に、マイクロソフトはこの脆弱性が悪用されたという報告を受けていましたか?
いいえ。このセキュリティ情報が最初にリリースされた段階で、マイクロソフトはこの脆弱性が悪用され、お客様が攻撃されたということを示す情報は受けておらず、また、公開された検証用コードのいかなる実例の存在も確認しておりません。

Editform のスクリプト挿入の脆弱性 - CVE-2011-1890

クロスサイト スクリプティング、情報の漏えい、特権の昇格などの脆弱性は、ユーザーが特別に細工された Web サイトを表示した場合に Microsoft SharePoint 2010 および Microsoft Foundation 2010 で発生します。この脆弱性のために、標的となる SharePoint サイトに作成されたポストに、悪意ある JavaScript が挿入される可能性があります。挿入されたスクリプトにより攻撃者は、標的となる SharePoint サイトの認証ユーザーとして SharePoint コマンドを発行できます。

Common Vulnerabilities and Exposures のリストの標準のエントリとしてこの脆弱性を確認するには、CVE-2011-1890 を参照してください。

「Editform のスクリプト挿入の脆弱性」の問題を緩和する要素 - CVE-2011-1890

緩和する要素は、既定の状態における設定、一般的な構成または最善策を示し、脆弱性悪用の深刻度が下がる場合があります。お客様の状況で、次の「緩和する要素」が役立つ場合があります。

  • Web ベースの攻撃では、この脆弱性の悪用に使用する Web ページが含まれる Web サイトを攻撃者がホストしているケースなどが挙げられます。また、侵害された Web サイトやユーザーによって提供されたコンテンツや広告を容認またはホストする Web サイトに、この脆弱性を悪用するために特別に細工したコンテンツが含まれている場合があります。ただし、いずれの場合も、攻撃者が強制的にユーザーをこのような Web サイトにアクセスさせることはできません。その代わりに攻撃者は、ユーザーをこのような Web サイトにアクセスさせるように誘導する必要があります。そのためによく用いられる方法として、電子メール メッセージやインスタント メッセージのリンクをクリックするように仕向け、クリックすると攻撃者の Web サイトに誘導されるという方法があります。
  • 既定で Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 の XSS フィルターはインターネット ゾーンでこの攻撃を防ぐため、インターネット ゾーンで SharePointサイトを閲覧している Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 ユーザーがこの脆弱性の危険にさらされる可能性は低くなります。ただし、Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 の XSS フィルターは、イントラネット ゾーンでは既定で有効になっていません。
  • 攻撃者は、ユーザーが特別に細工された Web サイトを表示すると任意の JavaScript が実行されるようにできますが、SharePoint Server が HttpOnly 認証 Cookie を処理する方法のため、ログオンしているユーザーの認証資格情報を盗むことはできません。
  • この脆弱性は、電子メールを介して、自動的に悪用されることはありません。ユーザーが電子メール メッセージで送信された特別に細工された Web サイトをクリックしない限り、攻撃は行なわれません。

Editform のスクリプト挿入の脆弱性の回避策 - CVE-2011-1890

回避策は、根本的な脆弱性を正すものではありませんが、更新プログラムを適用するまでの間、既知の攻撃方法の阻止に役立つ設定または構成の変更を示します。マイクロソフトは次の回避策をテストし、回避策が機能性を低下させるかどうかの情報を提供しています。

  • ローカル イントラネット セキュリティ ゾーンで Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 の XSS フィルターを有効にする

    ローカル イントラネット セキュリティ ゾーンで XSS フィルターを有効にするよう設定を変更することにより、この脆弱性が悪用されないよう保護できます (XSS フィルターは、インターネット セキュリティ ゾーンでは既定で有効になっています)。これを行うためには、次のステップを実行します。

    1. Internet Explorer 8 または Internet Explorer 9 の [ツール] メニューで [インターネット オプション] をクリックします。
    2. [セキュリティ] タブをクリックします。
    3. [ローカル イントラネット] をクリックし、[レベルのカスタマイズ] をクリックします。
    4. [設定] の [スクリプト] セクションの [XSS フィルターを有効にする] で [有効にする] をクリックします。次に [OK] をクリックします。
    5. [OK] を 2 回クリックし、Internet Explorer に戻ります。

    回避策の影響: 以前はフラグがなかった社内サイトに、XSS の危険性に関するフラグを付けることができます。

    回避策の解除方法:

    本回避策を解除するには、以下のステップを行ってください。

    1. Internet Explorer 8 または Internet Explorer 9 の [ツール] メニューで [インターネット オプション] をクリックします。
    2. [セキュリティ] タブをクリックします。
    3. [ローカル イントラネット] をクリックし、[レベルのカスタマイズ] をクリックします。
    4. [設定] の [スクリプト] セクションの [XSS フィルターを有効にする] で [無効にする] をクリックします。次に [OK] をクリックします。
    5. [OK] を 2 回クリックし、Internet Explorer に戻ります。

「Editform のスクリプト挿入の脆弱性」のよく寄せられる質問 - CVE-2011-1890

この脆弱性により、どのようなことが起こる可能性がありますか?
これはクロスサイト スクリプティングの脆弱性で、特権の昇格や情報の漏えいを引き起こす可能性があります。

何が原因で起こりますか?
この脆弱性は、Microsoft SharePoint が EditForm.aspx Web ページに投稿されるユーザー入力を正しく検証しない場合に発生します。

クロスサイト スクリプティングとは何ですか?
クロスサイト スクリプティング (XSS) は、攻撃者がユーザーの Web サイトのセッションにスクリプト コードを「仕掛ける」ことが可能なセキュリティの脆弱性です。この脆弱性は HTML 形式のページを動的に生成する Web サーバーに影響を与える可能性があります。これらのサーバーが、ブラウザーに送り返す動的なページにブラウザー入力を組み込む場合、これらのサーバーは動的なページに悪質に提供されたコンテンツを含むように操作される可能性があります。これにより、悪意のあるスクリプトが実行されます。信頼されると思われるサイトおよび頻繁に表示する Web サイトの状態を維持するための Cookie の使用により、Web ブラウザーにこの問題が残る場合があります。XSS 攻撃は Web サイトのコンテンツを変更しません。その代わりに、新しい悪意のあるスクリプトが挿入され、信頼されるサーバーに関連するコンテキストで、ブラウザーで実行される可能性があります。

この脆弱性により、攻撃者は何を行う可能性がありますか?
この脆弱性をうまく悪用した攻撃者は、標的となる SharePoint サイトの認証ユーザーとして SharePoint コマンドを発行できます。

攻撃者はこの脆弱性をどのように悪用する可能性がありますか?
電子メールでの攻撃のシナリオでは、攻撃者は特別に細工した Web サイトへのリンクを含む電子メール メッセージを標的となる SharePoint サイトのユーザーに送信し、ユーザーにそのリンクをクリックさせることで、この脆弱性を悪用する可能性があります。

Web ベースの攻撃のシナリオでは、この脆弱性の悪用を意図した特別な細工がされた Web ページを含む Web サイトをホストしていることが、攻撃者にとっての必要条件となります。さらに、侵害された Web サイトやユーザー提供のコンテンツを受け入れる、またはホストする Web サイトには、特別に細工したコンテンツが含まれており、この脆弱性が悪用される可能性があります。攻撃者は、特別に細工した Web サイトにユーザーを強制的に訪問させることはできないと考えられます。その代わり、通常、ユーザーに電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャーのメッセージ内の攻撃者の Web サイトへのリンクをクリックさせ、その Web サイトにユーザーを誘導することが攻撃者にとっての必要条件となります。

主にどのコンピューターがこの脆弱性による危険にさらされますか?
ワークステーションやターミナル サーバーなど、SharePoint サーバーを使用しているコンピューターが主にこの脆弱性による危険にさらされます。

この更新プログラムはどのように問題を修正しますか?
この更新プログラムは、Microsoft SharePoint によるユーザー入力の検証方法を変更して、悪意ある JavaScript が挿入され、ユーザーのブラウザーで表示されないようにすることで脆弱性を解決します。

このセキュリティ情報の公開時に、この脆弱性は一般に知られていましたか?
いいえ。マイクロソフトは協調的な脆弱性の公開を通して、この脆弱性に関する情報を受けました。

このセキュリティ情報の公開時に、マイクロソフトはこの脆弱性が悪用されたという報告を受けていましたか?
いいえ。マイクロソフトは、このセキュリティ情報が最初に公開された際に、この脆弱性が一般で悪用され、お客様が攻撃されていたことを示す情報を受けていませんでした。

連絡先情報を反映した XSS の脆弱性 - CVE-2011-1891

Microsoft SharePoint のクロスサイト スクリプティングの脆弱性により、攻撃者が、有効なユーザー アカウントの制御、ユーザーになりすました操作、ユーザーの悪意あるサイトへの誘導やユーザー資格情報の盗用を行う可能性があります。

Common Vulnerabilities and Exposures のリストの標準のエントリとしてこの脆弱性を確認するには、CVE-2011-1891 を参照してください。

「連絡先情報を反映した XSS の脆弱性」の問題を緩和する要素 - CVE-2011-1891

緩和する要素は、既定の状態における設定、一般的な構成または最善策を示し、脆弱性悪用の深刻度が下がる場合があります。お客様の状況で、次の「緩和する要素」が役立つ場合があります。

  • Web ベースの攻撃では、この脆弱性の悪用に使用する Web ページが含まれる Web サイトを攻撃者がホストしているケースなどが挙げられます。また、侵害された Web サイトやユーザーによって提供されたコンテンツや広告を容認またはホストする Web サイトに、この脆弱性を悪用するために特別に細工したコンテンツが含まれている場合があります。ただし、いずれの場合も、攻撃者が強制的にユーザーをこのような Web サイトにアクセスさせることはできません。その代わり、通常、攻撃者は電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャーのメッセージ内のリンクをクリックさせて、ユーザーを攻撃者の Web サイトに誘導し、脆弱性を悪用するために特別に細工した URL をクリックさせることが攻撃者にとっての必要条件となります。
  • 既定で Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 の XSS フィルターはインターネット ゾーンでこの攻撃を防ぐため、インターネット ゾーンで SharePointサイトを閲覧している Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 ユーザーがこの脆弱性の危険にさらされる可能性は低くなります。ただし、Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 の XSS フィルターは、イントラネット ゾーンでは既定で有効になっていません。
  • 攻撃者は、ユーザーが特別に細工された URL をクリックすると任意の JavaScript が実行されるようにできますが、SharePoint Server が HttpOnly 認証 Cookie を処理するため、ログオンしているユーザーの認証資格情報を盗むことはできません。
  • この脆弱性は、電子メールを介して、自動的に悪用されることはありません。ユーザーが電子メール メッセージで送信された特別に細工された URL をクリックしない限り、攻撃は行われません。

連絡先情報を反映した XSS の脆弱性の回避策 - CVE-2011-1891

回避策は、根本的な脆弱性を正すものではありませんが、更新プログラムを適用するまでの間、既知の攻撃方法の阻止に役立つ設定または構成の変更を示します。マイクロソフトは次の回避策をテストし、回避策が機能性を低下させるかどうかの情報を提供しています。

  • ローカル イントラネット セキュリティ ゾーンで Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 の XSS フィルターを有効にする

    ローカル イントラネット セキュリティ ゾーンで XSS フィルターを有効にするよう設定を変更することにより、この脆弱性が悪用されないよう保護できます (XSS フィルターは、インターネット セキュリティ ゾーンでは既定で有効になっています)。これを行うためには、次のステップを実行します。

    1. Internet Explorer 8 または Internet Explorer 9 の [ツール] メニューで [インターネット オプション] をクリックします。
    2. [セキュリティ] タブをクリックします。
    3. [ローカル イントラネット] をクリックし、[レベルのカスタマイズ] をクリックします。
    4. [設定] の [スクリプト] セクションの [XSS フィルターを有効にする] で [有効にする] をクリックします。次に [OK] をクリックします。
    5. [OK] を 2 回クリックし、Internet Explorer に戻ります。

    回避策の影響: 以前はフラグがなかった社内サイトに、XSS の危険性に関するフラグを付けることができます。

    回避策の解除方法:

    本回避策を解除するには、以下のステップを行ってください。

    1. Internet Explorer 8 または Internet Explorer 9 の [ツール] メニューで [インターネット オプション] をクリックします。
    2. [セキュリティ] タブをクリックします。
    3. [ローカル イントラネット] をクリックし、[レベルのカスタマイズ] をクリックします。
    4. [設定] の [スクリプト] セクションの [XSS フィルターを有効にする] で [無効にする] をクリックします。次に [OK] をクリックします。
    5. [OK] を 2 回クリックし、Internet Explorer に戻ります。

「連絡先情報を反映した XSS の脆弱性」のよく寄せられる質問 - CVE-2011-1891

この脆弱性により、どのようなことが起こる可能性がありますか?
これはクロスサイト スクリプティングの脆弱性で、特権の昇格や情報の漏えいを引き起こす可能性があります。

何が原因で起こりますか?
この脆弱性は、特定の SharePoint パラメーターの入力校正が正しくない場合に発生します。

クロスサイト スクリプティングとは何ですか?
クロスサイト スクリプティング (XSS) は、攻撃者がユーザーの Web サイトのセッションにスクリプト コードを「仕掛ける」ことが可能なセキュリティの脆弱性です。この脆弱性は HTML 形式のページを動的に生成する Web サーバーに影響を与える可能性があります。これらのサーバーが、ブラウザーに送り返す動的なページにブラウザー入力を組み込む場合、これらのサーバーは動的なページに悪質に提供されたコンテンツを含むように操作される可能性があります。これにより、悪意のあるスクリプトが実行されます。信頼されると思われるサイトおよび頻繁に表示する Web サイトの状態を維持するための Cookie の使用により、Web ブラウザーにこの問題が残る場合があります。XSS 攻撃は Web サイトのコンテンツを変更しません。その代わりに、新しい悪意のあるスクリプトが挿入され、信頼されるサーバーに関連するコンテキストで、ブラウザーで実行される可能性があります。

この脆弱性により、攻撃者は何を行う可能性がありますか?
ユーザーが、あるサイトに誘導され、悪意あるスクリプトを含む特別に細工されたフォームを脆弱な SharePoint サイトに送信することで脆弱性が発生します。

この脆弱性をうまく悪用した攻撃者は、ユーザー資格情報をフィッシングするスクリプトを挿入したり、標的となる SharePoint サイトで権限の変更、コンテンツの変更または削除など、ユーザーになりすまして操作する可能性があります。

攻撃者はこの脆弱性をどのように悪用する可能性がありますか?
攻撃者は、ユーザーに、影響を受ける SharePoint 2007 インスタンスに悪意あるスクリプトを送信する特別に細工されたフォームを送信させることで、この脆弱性を悪用する可能性があります。

主にどのコンピューターがこの脆弱性による危険にさらされますか?
SharePoint 2007 および SharePoint 2007 サーバーに接続されているクライアント システムはこの脆弱性の影響を受ける可能性があります。

Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 の クロスサイト スクリプティング (XSS) フィルターとは何ですか?
クロスサイト スクリプティング攻撃はユーザーが使用する Web サイトで脆弱性を悪用しようとします。この脆弱性が存在する場合、ユーザーは JavaScript 要素が含まれた特別に細工した Web サイトのアドレスを含む電子メール メッセージを受け取る可能性があります。ユーザーが URL をクリックすると、正当な SharePoint サイトに接続され、そこで攻撃者が提供したスクリプトが実行されます。クロスサイト スクリプティング攻撃は、オンラインでの脅威となるため、Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 にはこのような種類の攻撃を検出し、有害なスクリプトを無効にできるクロスサイト スクリプティング フィルターが含まれています。既定で、クロスサイト スクリプティング フィルターは Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 でインターネット ゾーンで有効となっています。

この更新プログラムはどのように問題を修正しますか?
この更新プログラムは SharePoint Server がスクリプト リクエストを処理する方法を修正することにより、この脆弱性を解決します。

このセキュリティ情報の公開時に、この脆弱性は一般に知られていましたか?
いいえ。マイクロソフトは協調的な脆弱性の公開を通して、この脆弱性に関する情報を受けました。

このセキュリティ情報の公開時に、マイクロソフトはこの脆弱性が悪用されたという報告を受けていましたか?
いいえ。マイクロソフトは、このセキュリティ情報が最初に公開された際に、この脆弱性が一般で悪用され、お客様が攻撃されていたことを示す情報を受けていませんでした。

SharePoint リモート ファイル公開の脆弱性 - CVE-2011-1892

Microsoft Office SharePoint に存在するファイル公開の脆弱性により、悪意ある認証ユーザーが特別に細工された XML を使用して、SharePoint を実行しているアカウントのセキュリティ下で SharePoint サーバーのローカル ファイルへの読み取り専用アクセス権限を取得できる可能性があります。

Common Vulnerabilities and Exposures のリストの標準のエントリとしてこの脆弱性を確認するには、CVE-2011-1892 を参照してください。

「SharePoint リモート ファイル公開の脆弱性」の問題を緩和する要素 - CVE-2011-1892

緩和する要素は、既定の状態における設定、一般的な構成または最善策を示し、脆弱性悪用の深刻度が下がる場合があります。お客様の状況で、次の「緩和する要素」が役立つ場合があります。

  • 攻撃者は標的となる SharePoint サーバーで任意のコードを実行できないと考えられます。これは情報漏えいの脆弱性だけです。
  • この脆弱性が悪用されるには、SharePoint サイトで認証されていることが攻撃者にとっての必要条件となります。

SharePoint リモート ファイル公開の脆弱性の回避策 - CVE-2011-1892

マイクロソフトは、この脆弱性の回避策を確認していません。

「SharePoint リモート ファイル公開の脆弱性」のよく寄せられる質問 - CVE-2011-1892

この脆弱性により、どのようなことが起こる可能性がありますか?
これは情報漏えいの脆弱性です。

何が原因で起こりますか?
この脆弱性は、SharePoint が、特別に細工した XML クラスと外部団体の使用を Web パーツで正しく制限していない場合に発生します。

この脆弱性により、攻撃者は何を行う可能性がありますか?
攻撃者は、この脆弱性を使用して、IIS AppPool アカウントのアクセス権限を使用してローカル SharePoint サーバーのファイル システム上のファイルへの読み取り専用アクセス権限を取得する可能性があります。

攻撃者はこの脆弱性をどのように悪用する可能性がありますか?
SharePoint サイトの認証ユーザーは、特別に細工された XML ファイルおよび XSL ファイルを使用して、標的となる SharePoint サーバーでのファイル アクセス権を取得できる悪意ある XML Web パーツを作成する可能性があります。

主にどのコンピューターがこの脆弱性による危険にさらされますか?
影響を受ける Microsoft SharePoint ソフトウェアを実行しているサーバーが主にこの脆弱性による危険にさらされます。

この更新プログラムはどのように問題を修正しますか?
この更新プログラムは、Microsoft SharePoint による悪意ある XML ファイルおよび XSL ファイルの解析方法を変更し、ローカル SharePoint サーバーのファイル システム上のファイルの公開を制限することで脆弱性を解決します。

このセキュリティ情報の公開時に、この脆弱性は一般に知られていましたか?
いいえ。マイクロソフトは協調的な脆弱性の公開を通して、この脆弱性に関する情報を受けました。

このセキュリティ情報の公開時に、マイクロソフトはこの脆弱性が悪用されたという報告を受けていましたか?
いいえ。マイクロソフトは、このセキュリティ情報が最初に公開された際に、この脆弱性が一般で悪用され、お客様が攻撃されていたことを示す情報を受けていませんでした。

SharePoint XSS の脆弱性 - CVE-2011-1893

クロスサイト スクリプティング、情報の漏えい、特権の昇格の脆弱性は、Microsoft SharePoint Server および Windows SharePoint Services で特別に細工された URL にエンコードされた JavaScript によって開いたページで、それがユーザーに反映される可能性があり、これにより、攻撃者は標的となる SharePoint サイトの認証ユーザーのコンテキストで SharePoint コマンドを発行できます。

Common Vulnerabilities and Exposures のリストの標準のエントリとしてこの脆弱性を確認するには、CVE-2011-1893 を参照してください。

「SharePoint XSS の脆弱性」の問題を緩和する要素 - CVE-2011-1893

緩和する要素は、既定の状態における設定、一般的な構成または最善策を示し、脆弱性悪用の深刻度が下がる場合があります。お客様の状況で、次の「緩和する要素」が役立つ場合があります。

  • Web ベースの攻撃では、この脆弱性の悪用に使用する Web ページが含まれる Web サイトを攻撃者がホストしているケースなどが挙げられます。また、侵害された Web サイトやユーザーによって提供されたコンテンツや広告を容認またはホストする Web サイトに、この脆弱性を悪用するために特別に細工したコンテンツが含まれている場合があります。ただし、いずれの場合も、攻撃者が強制的にユーザーをこのような Web サイトにアクセスさせることはできません。その代わりに攻撃者は、ユーザーをこのような Web サイトにアクセスさせるように誘導する必要があります。そのためによく用いられる方法として、電子メール メッセージやインスタント メッセージのリンクをクリックするように仕向け、クリックすると攻撃者の Web サイトに誘導されるという方法があります。
  • 既定で Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 の XSS フィルターはインターネット ゾーンでこの攻撃を防ぐため、インターネット ゾーンで SharePointサイトを閲覧している Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 ユーザーがこの脆弱性の危険にさらされる可能性は低くなります。ただし、Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 の XSS フィルターは、イントラネット ゾーンでは既定で有効になっていません。
  • 攻撃者は、ユーザーが特別に細工された Web サイトを表示すると任意の JavaScript が実行されるようにできますが、SharePoint Server が HttpOnly 認証 Cookie を処理する方法のため、ログオンしているユーザーの認証資格情報を盗むことはできません。
  • この脆弱性は、電子メールを介して、自動的に悪用されることはありません。ユーザーが電子メール メッセージで送信された特別に細工された Web サイトをクリックしない限り、攻撃は行なわれません。

SharePoint XSS の脆弱性の回避策 - CVE-2011-1893

回避策は、根本的な脆弱性を正すものではありませんが、更新プログラムを適用するまでの間、既知の攻撃方法の阻止に役立つ設定または構成の変更を示します。マイクロソフトは次の回避策をテストし、回避策が機能性を低下させるかどうかの情報を提供しています。

  • ローカル イントラネット セキュリティ ゾーンで Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 の XSS フィルターを有効にする

    ローカル イントラネット セキュリティ ゾーンで XSS フィルターを有効にするよう設定を変更することにより、この脆弱性が悪用されないよう保護できます (XSS フィルターは、インターネット セキュリティ ゾーンでは既定で有効になっています)。これを行うためには、次のステップを実行します。

    1. Internet Explorer 8 または Internet Explorer 9 の [ツール] メニューで [インターネット オプション] をクリックします。
    2. [セキュリティ] タブをクリックします。
    3. [ローカル イントラネット] をクリックし、[レベルのカスタマイズ] をクリックします。
    4. [設定] の [スクリプト] セクションの [XSS フィルターを有効にする] で [有効にする] をクリックします。次に [OK] をクリックします。
    5. [OK] を 2 回クリックし、Internet Explorer に戻ります。

    回避策の影響: 以前はフラグがなかった社内サイトに、XSS の危険性に関するフラグを付けることができます。

    回避策の解除方法:

    本回避策を解除するには、以下のステップを行ってください。

    1. Internet Explorer 8 または Internet Explorer 9 の [ツール] メニューで [インターネット オプション] をクリックします。
    2. [セキュリティ] タブをクリックします。
    3. [ローカル イントラネット] をクリックし、[レベルのカスタマイズ] をクリックします。
    4. [設定] の [スクリプト] セクションの [XSS フィルターを有効にする] で [無効にする] をクリックします。次に [OK] をクリックします。
    5. [OK] を 2 回クリックし、Internet Explorer に戻ります。

「SharePoint XSS の脆弱性」のよく寄せられる質問 - CVE-2011-1893

この脆弱性により、どのようなことが起こる可能性がありますか?
これはクロスサイト スクリプティングの脆弱性で、特権の昇格や情報の漏えいを引き起こす可能性があります。

何が原因で起こりますか?
JavaScript 要素を含む悪意のある URL をユーザーに表示されることを許可する入力サニテーションにより、この脆弱性が起こります。

クロスサイト スクリプティングとは何ですか?
クロスサイト スクリプティング (XSS) は、攻撃者がユーザーの Web サイトのセッションにスクリプト コードを「仕掛ける」ことが可能なセキュリティの脆弱性です。この脆弱性は HTML 形式のページを動的に生成する Web サーバーに影響を与える可能性があります。これらのサーバーが、ブラウザーに送り返す動的なページにブラウザー入力を組み込む場合、これらのサーバーは動的なページに悪質に提供されたコンテンツを含むように操作される可能性があります。これにより、悪意のあるスクリプトが実行されます。信頼されると思われるサイトおよび頻繁に表示する Web サイトの状態を維持するための Cookie の使用により、Web ブラウザーにこの問題が残る場合があります。XSS 攻撃は Web サイトのコンテンツを変更しません。その代わりに、新しい悪意のあるスクリプトが挿入され、信頼されるサーバーに関連するコンテキストで、ブラウザーで実行される可能性があります。

この脆弱性により、攻撃者は何を行う可能性がありますか?
この脆弱性をうまく悪用した攻撃者は、悪意のある JavaScript をユーザーのブラウザーに反映し、それにより攻撃者はページ コンテンツの変更、フィッシング、ユーザーになりすました操作を行う可能性があります。

攻撃者はこの脆弱性をどのように悪用する可能性がありますか?
この脆弱性を悪用するには、ユーザーが特別に細工された URL をクリックする必要があります。

電子メールでの攻撃のシナリオでは、攻撃者は特別に細工した URL を含む電子メール メッセージを標的となる SharePoint サイトのユーザーに送信し、そのユーザーにその特別に細工した URL をクリックさせることで、この脆弱性を悪用する可能性があります。

Web ベースの攻撃のシナリオでは、この脆弱性を悪用する対象となる SharePoint サイトへの、特別に細工した URL を含む Web サイトをホストしていることが、攻撃者にとっての必要条件となります。さらに、侵害された Web サイトやユーザー提供のコンテンツを受け入れる、またはホストする Web サイトには、特別に細工したコンテンツが含まれており、この脆弱性が悪用される可能性があります。攻撃者は、特別に細工した Web サイトにユーザーを強制的に訪問させることはできないと考えられます。その代わり、通常、攻撃者は電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャーのメッセージ内のリンクをユーザーにクリックさせて攻撃者の Web サイトに誘導し、特別に細工した URL をクリックさせることが、攻撃者にとっての必要条件となります。

主にどのコンピューターがこの脆弱性による危険にさらされますか?
ワークステーションやターミナル サーバーなど、Microsoft Windows SharePoint Services を使用、または Microsoft SharePoint Server に接続しているクライアント システムが主に危険にさらされます。

この更新プログラムはどのように問題を修正しますか?
この更新プログラムは、Microsoft SharePoint によるユーザー入力の検証方法と不適切な部分の削除方法を変更し、反映される XSS 攻撃方法をブロックすることにより、この脆弱性を解決します。

このセキュリティ情報の公開時に、この脆弱性は一般に知られていましたか?
いいえ。マイクロソフトは協調的な脆弱性の公開を通して、この脆弱性に関する情報を受けました。

このセキュリティ情報の公開時に、マイクロソフトはこの脆弱性が悪用されたという報告を受けていましたか?
いいえ。マイクロソフトは、このセキュリティ情報が最初に公開された際に、この脆弱性が一般で悪用され、お客様が攻撃されていたことを示す情報を受けていませんでした。

更新プログラムに関する情報

検出および適用ツールとガイダンス

セキュリティ セントラル

組織のサーバー、デスクトップ、モバイル コンピューターに適用する必要があるソフトウェアおよびセキュリティ更新プログラムを管理してください。詳細については、TechNet 更新プログラム管理センターを参照してください。Microsoft TechNet セキュリティ センターでは、マイクロソフト製品に関するセキュリティ情報を提供しています。

セキュリティ更新プログラムは、Microsoft Update および Windows Update から入手できます。セキュリティ更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターからもダウンロードすることができます。「セキュリティ更新プログラム」のキーワード探索で容易に見つけられます。

Microsoft Office for Mac をご利用のお客様は、Microsoft AutoUpdate for Mac を使用して、ご利用中のマイクロソフトのソフトウェアを最新に保つことができます。Microsoft AutoUpdate for Mac のご利用の詳細については、「更新プログラムを自動的にチェックする」を参照してください。

さらに、セキュリティ更新プログラムは、Microsoft Update カタログからダウンロードできます。Microsoft Update カタログは、セキュリティ更新プログラム、ドライバーおよび Service Pack などが含まれるコンテンツを検索するカタログで、Windows Update および Microsoft Update でご利用になれます。セキュリティ情報番号 (例えば「MS07-036」など) を使用して検索することで、バスケットに適用可能な更新プログラムをすべて追加でき (異なる言語の更新プログラムを含む)、選択しているフォルダーにダウンロードできます。「Microsoft Update カタログ」の詳細については、Microsoft Update Catalog FAQ (英語情報) を参照してください。

検出および適用のガイダンス

マイクロソフトは、セキュリティ更新プログラムの検出および適用に関して、ガイダンスを提供しています。このガイダンスには、IT プロフェッショナルがセキュリティ更新プログラムの検出および適用のための多様なツールの使用方法を理解するのに役立つ推奨策および情報が含まれています。詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 961747 を参照してください。

Microsoft Baseline Security Analyzer

Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) を使用して、管理者はローカルおよびリモートで一般的に誤った構成のセキュリティ更新プログラムと不足しているセキュリティ更新プログラムをスキャンできます。MBSA の詳細については、Microsoft Baseline Security Analyzerを参照してください。

次の表にこのセキュリティ更新プログラムについての MBSA の検出の概要を記載します。

ソフトウェア MBSA
Microsoft Office Groove 2007 Service Pack 2
Microsoft SharePoint Workspace 2010 および Microsoft SharePoint Workspace 2010 Service Pack 1
Microsoft Office Forms Server 2007 Service Pack 2 (32 ビット版)
Microsoft Office Forms Server 2007 Service Pack 2 (64 ビット版)
Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (32 ビット版)
Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (64 エディション)
Microsoft Office SharePoint Server 2010 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 Service Pack 1
Microsoft Office Groove Data Bridge Server 2007 Service Pack 2
Microsoft Office Groove Management Server 2007 Service Pack 2
Microsoft Groove Server 2010 および Microsoft Groove Server 2010 Service Pack 1
Microsoft Windows SharePoint Services 2.0
Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack 2 (32 ビット版)
Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack 2 (64 ビット版)
SharePoint Foundation 2010 および SharePoint Foundation 2010 Service Pack 1
Microsoft Office Web Apps 2010 および Microsoft Office Web Apps 2010 Service Pack 1
Microsoft Word Web App 2010 および Microsoft Word Web App 2010 Service Pack 1

注: MBSA、Microsoft Update および Windows Server Update Services でサポートされていないレガシ製品をご使用のお客様は、Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) をご覧のうえ、レガシ製品のサポート セクションのレガシ ツールで包括的にセキュリティ更新プログラムを検出する方法をご参照ください。

Windows Server Update Services

Microsoft Windows Server Update Services (WSUS) により、情報技術の管理者は最新のマイクロソフト製品の更新プログラムを Windows オペレーティング システムを実行しているコンピューターに適用できます。Windows Server Update Services を使用して、セキュリティ更新プログラムを展開する方法の詳細については、TechNet の記事 Windows Server Update Services (WSUS) を参照してください。

Systems Management Server

次の表は、このセキュリティ更新プログラムに関する SMS の検出および適用についての概要です。

ソフトウェア SMS 2003 with ITMU Configuration Manager 2007
Microsoft Office Groove 2007 Service Pack 2
Microsoft SharePoint Workspace 2010 および Microsoft SharePoint Workspace 2010 Service Pack 1
Microsoft Office Forms Server 2007 Service Pack 2 (32 ビット版)
Microsoft Office Forms Server 2007 Service Pack 2 (64 ビット版)
Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (32 ビット版) はい。以下の Microsoft Office SharePoint Server 2007 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 についての注意を参照してください。 はい。以下の Microsoft Office SharePoint Server 2007 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 についての注意を参照してください。
Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (64 エディション) はい。以下の Microsoft Office SharePoint Server 2007 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 についての注意を参照してください。 はい。以下の Microsoft Office SharePoint Server 2007 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 についての注意を参照してください。
Microsoft Office SharePoint Server 2010 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 Service Pack 1 はい。以下の Microsoft Office SharePoint Server 2007 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 についての注意を参照してください。 はい。以下の Microsoft Office SharePoint Server 2007 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 についての注意を参照してください。
Microsoft Office Groove Data Bridge Server 2007 Service Pack 2
Microsoft Office Groove Management Server 2007 Service Pack 2
Microsoft Groove Server 2010 および Microsoft Groove Server 2010 Service Pack 1
Microsoft Windows SharePoint Services 2.0
Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack 2 (32 ビット版)
Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack 2 (64 ビット版)
SharePoint Foundation 2010 および SharePoint Foundation 2010 Service Pack 1
Microsoft Office Web Apps 2010 および Microsoft Office Web Apps 2010 Service Pack 1
Microsoft Word Web App 2010 および Microsoft Word Web App 2010 Service Pack 1

注: マイクロソフトは 2011 年 4 月 12 日付で SMS 2.0 のサポートを終了しました。また SMS 2003 についても、マイクロソフトは 2011 年 4 月 12 日付で Security Update Inventory Tool (SUIT) のサポートを終了しました。マイクロソフトはお客様に System Center Configuration Manager 2007 にアップグレードすることを推奨します。また、SMS 2003 Service Pack 3 を引き続きご使用のお客様については、Microsoft 更新プログラム用 SMS 2003 インベントリ ツール (ITMU) もオプションです。

SMS 2003 では、SMS 2003 Inventory Tool for Microsoft Updates (ITMU) を SMS で使用すると、Microsoft Update により提供され Windows Server Update Service によりサポートされるセキュリティ更新プログラムを検出できます。SMS 2003 ITMU の詳細については、Microsoft 更新プログラム用 SMS 2003 インベントリ ツールを参照してください。SMS のスキャンニング ツールの詳細については、SMS 2003 Software Update Scanning Tools を参照してください。Systems Management Server 2003 ダウンロードも参照してください。

System Center Configuration Manager 2007 は WSUS 3.0 を使用して更新プログラムを検出します。Configuration Manager 2007 Software Update Management に関する詳細については、System Center Configuration Manager 2007 を参照してください。

SMS の詳細については、SMS Web サイトを参照してください。

詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 910723 を参照してください。「毎月リリースされる検出と展開の手引きの一覧」

Microsoft Office SharePoint Server 2007 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 についての注意: 上記の検出の表は、単一サーバー上の Microsoft Office SharePoint Server 2007 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 の展開に基づいています。検出ツールは複数のシステム上の SharePoint サーバー ファームのある組織の一部として構成されているシステムに対する更新プログラムの適用性に関しては検出しません。

注: Office XP または Office 2003 を適用するために管理者用インストール ポイント (AIP) を使用した場合、元のベースラインから AIP を更新している場合、SMS を使用して更新プログラムを適用できない可能性があります。詳細については、このセクションの「Office の管理者用インストール ポイント」の欄を参照してください。

Office の管理者用インストール ポイント

アプリケーションをサーバー ロケーションからインストールした場合、サーバー管理者は管理者アップデートでサーバー ロケーションを更新し、その更新をコンピューターに適用する必要があります。

Update Compatibility Evaluator および Application Compatibility Toolkit

更新プログラムはアプリケーションを実行させるために、たびたび同じファイルやレジストリ構成に書き込みをすることがあります。これにより、非互換性が起こったり、セキュリティ更新プログラムの適用時間が長くなったりする可能性があります。Application Compatibility Toolkit (英語情報) に含まれている Update Compatibility Evaluator (英語情報) コンポーネントでインストールされているアプリケーションに対し、Windows の更新プログラムのテストおよび確認を効率化することができます。

Application Compatibility Toolkit (ACT) には、お客様の環境に Microsoft Windows Vista、Windows Update、Microsoft Security Update または Windows Internet Explorer の新しいバージョンを適用する前に、アプリケーションの互換性問題を評価し、緩和するために必要なツールやドキュメントが含まれています。

セキュリティ更新プログラムの展開

影響を受けるソフトウェア

影響を受けるソフトウェア用の特定のセキュリティ更新プログラムについては、該当リンクの情報を参照してください。

Microsoft Office Groove 2007 (すべてのエディション)

参照表

次の表では、このソフトウェア用のセキュリティ更新プログラムの情報を記載しています。追加情報については、このセクションのサブセクション「展開に関する情報」を参照してください。

この修正を含む予定のサービス パック この問題に対する更新プログラムは今後リリースされるサービス パックまたは更新プログラムのロールアップに含まれる予定です。
適用
ユーザーの操作なしでインストールする Office Groove 2007 Service Pack 2:
groove2007-kb2552997-fullfile-x86-glb.exe /passive
再起動しないでインストールする Office Groove 2007 Service Pack 2:
groove2007-kb2552997-fullfile-x86-glb.exe /norestart
ログ ファイル 対象外
詳細情報 検出および適用の詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。
再起動の必要性
再起動の必要性: この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。この動作が起こった場合、再起動を促すメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムをインストールする前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
ホットパッチ 対象外
削除に関する情報: [コントロール パネル] の [プログラムの追加と削除] を使用します。
ファイルに関する情報: サポート技術情報 2552997 を参照してください。
レジストリ キーの確認: 対象外
#### 適用に関する情報 更新プログラムのインストール この更新プログラムは「影響を受けるソフトウェアおよび影響を受けないソフトウェア」のセクションにある、適切なダウンロード リンクからインストールすることができます。アプリケーションをサーバー ロケーションからインストールした場合、サーバー管理者は管理者アップデートでサーバー ロケーションを更新し、その更新をコンピューターに適用する必要があります。管理者インストール ポイントの詳細については、「検出および適用のツールおよびガイダンス」のサブセクション「Office 管理者インストール ポイント」を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは、コンピューターに Windows インストーラー 3.1 またはそれ以降のバージョンがインストールされている必要があります。 Windows Installer の 3.1 バージョンまたはそれ以降のバージョンをインストールするには、次の Web サイトをご覧ください。 - [Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003 および Windows XP 用の Windows Installer 4.5 Redistributable](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=5a58b56f-60b6-4412-95b9-54d056d6f9f4&displaylang=en) - [Windows Server 2003、Windows XP、および Microsoft Windows 2000 用の Windows Installer 3.1 Redistributable](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=889482fc-5f56-4a38-b838-de776fd4138c&displaylang=en) このセキュリティ情報で使用されている用語 ("修正プログラム" など) については、[マイクロソフト サポート技術情報 824684](https://support.microsoft.com/kb/824684) を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ

スイッチ 説明
/?  または /help 使用ダイアログを表示します。
/passive 無人モードを指定します。ユーザーの操作を必要としません。ユーザーには基本的な進行ダイアログが表示されますがキャンセルはできません。
/quiet Quiet モードを指定します。パッケージ処理の状況を表示しません。
/norestart 更新プログラムが再起動を必要とする場合、再起動しません。
/forcerestart 再起動の必要性の有無にかかわらず、更新プログラムの適用後にコンピューターを自動的に再起動します。
/extract インストールせずに、ファイルを解凍します。ターゲット フォルダーについてメッセージが表示されます。
/extract:<完全なパス> 作成者が定義したインストール コマンドを上書きします。Setup.inf ファイルまたは .exe ファイルのパスおよび名前を指定します。
/lang:<LCID> 更新プログラムのパッケージが特定の言語をサポートしている場合、その言語の使用を強制します。
/log:<ログ ファイル> 更新プログラムのインストール中、Vnox とインストーラーの両方によるログの記録を有効にします。

注 : これらのスイッチを 1 つのコマンドに組み込むことができます。旧バージョンとの互換性のため、このセキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムが使用しているセットアップ スイッチもサポートしています。サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 262841 を参照してください。

更新プログラムの削除

この更新プログラムを削除するためには、[コントロール パネル] の [プログラムの追加と削除] を使用してください。

注: この更新プログラムを削除する場合、CD ドライブに 2007 Microsoft Office の CD を挿入するようメッセージが表示される場合があります。さらに、[コントロール パネル] の [アプリケーションの追加と削除] から更新プログラムをアンインストールするオプションがない場合もあります。この問題について、いくつかの考えられる原因があります。削除の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 903771 を参照してください。

更新プログラムが適用されたかどうかを確認する方法

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるコンピューターにセキュリティ更新プログラムが適用されていることを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) ツールが使用できます。詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。

  • ファイル バージョンの確認:

    Microsoft Windows にはいくつかのエディションがあるため、次のステップは使用中のシステムにより異なる場合があります。その場合、製品の説明書をご覧いただきステップを完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索の開始] ボックスに更新ファイル名を入力します。
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    3. [全般] タブで、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表とファイルのサイズを比較します。
      注: オペレーティング システムのエディション、またはシステムにインストールしたプログラムのエディションにより、ファイル情報に記載されているファイルでインストールされないものがある場合もあります。
    4. [詳細] タブをクリックし、ファイル バージョンや変更された日付などの情報を、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表と比較することもできます。
      注: ファイルのバージョン以外の属性はインストール中に変更される場合があります。その他のファイルの属性とファイル情報の表の情報を比較することは、更新プログラムの適用を確認する方法としてサポートされていません。また、インストール中にファイル名が変更される場合があります。ファイルまたはバージョン情報が存在しない場合、その他の利用可能な方法のひとつを使用して、更新プログラムのインストールを確認してください。
    5. 最後に、[以前のバージョン] タブをクリックし、ファイルの新しいまたは更新されたバージョンについて、ファイルの以前のバージョンをファイル情報と比較することもできます。

Microsoft SharePoint Workspace 2010 (すべてのエディション)

参照表

次の表では、このソフトウェア用のセキュリティ更新プログラムの情報を記載しています。追加情報については、このセクションのサブセクション「展開に関する情報」を参照してください。

この修正を含む予定のサービス パック この問題に対する更新プログラムは今後リリースされるサービス パックまたは更新プログラムのロールアップに含まれる予定です。
適用
ユーザーの操作なしでインストールする SharePoint Workspace 2010 および SharePoint Workspace 2010 Service Pack 1 (32 ビット版):
workspaces2010-kb2566445-fullfile-x86-glb.exe /passive
SharePoint Workspace 2010 および SharePoint Workspace 2010 Service Pack 1 (64 ビット版):
workspaces2010-kb2566445-fullfile-x64-glb.exe /passive
再起動しないでインストールする SharePoint Workspace 2010 および SharePoint Workspace 2010 Service Pack 1 (32 ビット版):
workspaces2010-kb2566445-fullfile-x86-glb.exe /norestart
SharePoint Workspace 2010 および SharePoint Workspace 2010 Service Pack 1 (64 ビット版):
workspaces2010-kb2566445-fullfile-x64-glb.exe /norestart
ログ ファイル 対象外
詳細情報 検出および適用の詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。
再起動の必要性
再起動の必要性: この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。この動作が起こった場合、再起動を促すメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムをインストールする前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
ホットパッチ 対象外
削除に関する情報: [コントロール パネル] の [プログラムの追加と削除] を使用します。
ファイルに関する情報: サポート技術情報 2566445を参照してください。
レジストリ キーの確認: 対象外
#### 適用に関する情報 更新プログラムのインストール この更新プログラムは「影響を受けるソフトウェアおよび影響を受けないソフトウェア」のセクションにある、適切なダウンロード リンクからインストールすることができます。アプリケーションをサーバー ロケーションからインストールした場合、サーバー管理者は管理者アップデートでサーバー ロケーションを更新し、その更新をコンピューターに適用する必要があります。管理者インストール ポイントの詳細については、「検出および適用のツールおよびガイダンス」のサブセクション「Office 管理者インストール ポイント」を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは、コンピューターに Windows インストーラー 3.1 またはそれ以降のバージョンがインストールされている必要があります。 Windows Installer の 3.1 バージョンまたはそれ以降のバージョンをインストールするには、次の Web サイトをご覧ください。 - [Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003 および Windows XP 用の Windows Installer 4.5 Redistributable](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=5a58b56f-60b6-4412-95b9-54d056d6f9f4&displaylang=en) - [Windows Server 2003、Windows XP、および Microsoft Windows 2000 用の Windows Installer 3.1 Redistributable](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=889482fc-5f56-4a38-b838-de776fd4138c&displaylang=en) このセキュリティ情報で使用されている用語 ("修正プログラム" など) については、[マイクロソフト サポート技術情報 824684](https://support.microsoft.com/kb/824684) を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ

スイッチ 説明
/?  または /help 使用ダイアログを表示します。
/passive 無人モードを指定します。ユーザーの操作を必要としません。ユーザーには基本的な進行ダイアログが表示されますがキャンセルはできません。
/quiet Quiet モードを指定します。パッケージ処理の状況を表示しません。
/norestart 更新プログラムが再起動を必要とする場合、再起動しません。
/forcerestart 再起動の必要性の有無にかかわらず、更新プログラムの適用後にコンピューターを自動的に再起動します。
/extract インストールせずに、ファイルを解凍します。ターゲット フォルダーについてメッセージが表示されます。
/extract:<完全なパス> 作成者が定義したインストール コマンドを上書きします。Setup.inf ファイルまたは .exe ファイルのパスおよび名前を指定します。
/lang:<LCID> 更新プログラムのパッケージが特定の言語をサポートしている場合、その言語の使用を強制します。
/log:<ログ ファイル> 更新プログラムのインストール中、Vnox とインストーラーの両方によるログの記録を有効にします。

注 : これらのスイッチを 1 つのコマンドに組み込むことができます。旧バージョンとの互換性のため、このセキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムが使用しているセットアップ スイッチもサポートしています。サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 262841 を参照してください。

更新プログラムの削除

この更新プログラムを削除するためには、[コントロール パネル] の [プログラムの追加と削除] を使用してください。

注: この更新プログラムを削除する場合、CD ドライブに 2007 Microsoft Office の CD を挿入するようメッセージが表示される場合があります。さらに、[コントロール パネル] の [アプリケーションの追加と削除] から更新プログラムをアンインストールするオプションがない場合もあります。この問題について、いくつかの考えられる原因があります。削除の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 903771 を参照してください。

更新プログラムが適用されたかどうかを確認する方法

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるコンピューターにセキュリティ更新プログラムが適用されていることを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) ツールが使用できます。詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。

  • ファイル バージョンの確認:

    Microsoft Windows にはいくつかのエディションがあるため、次のステップは使用中のシステムにより異なる場合があります。その場合、製品の説明書をご覧いただきステップを完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索の開始] ボックスに更新ファイル名を入力します。
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    3. [全般] タブで、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表とファイルのサイズを比較します。
      注: オペレーティング システムのエディション、またはシステムにインストールしたプログラムのエディションにより、ファイル情報に記載されているファイルでインストールされないものがある場合もあります。
    4. [詳細] タブをクリックし、ファイル バージョンや変更された日付などの情報を、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表と比較することもできます。
      注: ファイルのバージョン以外の属性はインストール中に変更される場合があります。その他のファイルの属性とファイル情報の表の情報を比較することは、更新プログラムの適用を確認する方法としてサポートされていません。また、インストール中にファイル名が変更される場合があります。ファイルまたはバージョン情報が存在しない場合、その他の利用可能な方法のひとつを使用して、更新プログラムのインストールを確認してください。
    5. 最後に、[以前のバージョン] タブをクリックし、ファイルの新しいまたは更新されたバージョンについて、ファイルの以前のバージョンをファイル情報と比較することもできます。

SharePoint Server 2007 (すべてのエディション) および Forms Server 2007 (すべてのエディション)

参照表

次の表では、このソフトウェア用のセキュリティ更新プログラムの情報を記載しています。追加情報については、このセクションのサブセクション「展開に関する情報」を参照してください。

この修正を含む予定のサービス パック 今後のこのソフトウェア向けのサービス パックは予定されていません。この問題に対する更新プログラムは今後リリースされる更新プログラムのロールアップに含まれる可能性があります。
適用
ユーザーの操作なしでインストールする Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (32 ビット版):
Office2007-kb2508964-fullfile-x86-glb.exe /passive
Office2007-kb2553001-fullfile-x86-glb.exe /passive
Office2007-kb2553002-fullfile-x86-glb.exe /passive
Office2007-kb2553003-fullfile-x86-glb.exe /passive
Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (64 ビット版):
Office2007-kb2508964-fullfile-x64-glb.exe /passive
Office2007-kb2553001-fullfile-x64-glb.exe /passive
Office2007-kb2553002-fullfile-x64-glb.exe /passive
Office2007-kb2553003-fullfile-x64-glb.exe /passive
Microsoft Office Forms Server 2007 Service Pack 2 (32 ビット版):
formsserver2007-kb2553005-fullfile-x86-glb.exe /passive
Microsoft Office Forms Server 2007 Service Pack 2 (64 ビット版):
formsserver2007-kb2553005-fullfile-x64-glb.exe /passive
再起動しないでインストールする Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (32 ビット版):
Office2007-kb2508964-fullfile-x86-glb.exe /norestart
Office2007-kb2553002-fullfile-x86-glb.exe /norestart
Office2007-kb2553003-fullfile-x86-glb.exe /norestart
Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (64 ビット版):
Office2007-kb2508964-fullfile-x64-glb.exe /norestart
Office2007-kb2553002-fullfile-x64-glb.exe /norestart
Office2007-kb2553003-fullfile-x64-glb.exe /norestart
Microsoft Office Forms Server 2007 Service Pack 2 (32 ビット版):
formsserver2007-kb2553005-fullfile-x86-glb.exe /norestart
Microsoft Office Forms Server 2007 Service Pack 2 (64 ビット版):
formsserver2007-kb2553005-fullfile-x64-glb.exe /norestart
ログ ファイル 対象外
詳細情報 検出および適用の詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。
再起動の必要性
再起動の必要性: この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。この動作が起こった場合、再起動を促すメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムをインストールする前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
ホットパッチ 対象外
削除に関する情報: この更新プログラムは削除することができません。
ファイルに関する情報: Microsoft Office SharePoint Server 2007 の詳細については、サポート技術情報 2508964サポート技術情報 2553002、および サポート技術情報 2345212 を参照してください。
Microsoft Office Forms Server 2007 の詳細については、サポート技術情報 2553005を参照してください。
レジストリ キーの確認: 対象外
#### 適用に関する情報 更新プログラムのインストール この更新プログラムは「影響を受けるソフトウェアおよび影響を受けないソフトウェア」のセクションにある、適切なダウンロード リンクからインストールすることができます。アプリケーションをサーバー ロケーションからインストールした場合、サーバー管理者は管理者アップデートでサーバー ロケーションを更新し、その更新をコンピューターに適用する必要があります。管理者インストール ポイントの詳細については、「検出および適用のツールおよびガイダンス」のサブセクション「Office 管理者インストール ポイント」を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは、コンピューターに Windows インストーラー 3.1 またはそれ以降のバージョンがインストールされている必要があります。 Windows Installer の 3.1 バージョンまたはそれ以降のバージョンをインストールするには、次の Web サイトをご覧ください。 - [Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003 および Windows XP 用の Windows Installer 4.5 Redistributable](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=5a58b56f-60b6-4412-95b9-54d056d6f9f4&displaylang=en) - [Windows Server 2003、Windows XP、および Windows 2000 用の Windows Installer 3.1 Redistributable](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=889482fc-5f56-4a38-b838-de776fd4138c&displaylang=en) このセキュリティ情報で使用されている用語 ("修正プログラム" など) については、[マイクロソフト サポート技術情報 824684](https://support.microsoft.com/kb/824684) を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ

スイッチ 説明
/?  または /help 使用ダイアログを表示します。
/passive 無人モードを指定します。ユーザーの操作を必要としません。ユーザーには基本的な進行ダイアログが表示されますがキャンセルはできません。
/quiet Quiet モードを指定します。パッケージ処理の状況を表示しません。
/norestart 更新プログラムが再起動を必要とする場合、再起動しません。
/forcerestart 再起動の必要性の有無にかかわらず、更新プログラムの適用後にコンピューターを自動的に再起動します。
/extract インストールせずに、ファイルを解凍します。ターゲット フォルダーについてメッセージが表示されます。
/extract:<完全なパス> 作成者が定義したインストール コマンドを上書きします。Setup.inf ファイルまたは .exe ファイルのパスおよび名前を指定します。
/lang:<LCID> 更新プログラムのパッケージが特定の言語をサポートしている場合、その言語の使用を強制します。
/log:<ログ ファイル> 更新プログラムのインストール中、Vnox とインストーラーの両方によるログの記録を有効にします。

注 : これらのスイッチを 1 つのコマンドに組み込むことができます。旧バージョンとの互換性のため、このセキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムが使用しているセットアップ スイッチもサポートしています。サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 262841 を参照してください。

更新プログラムの削除

この更新プログラムは削除することができません。

更新プログラムが適用されたかどうかを確認する方法

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるコンピューターにセキュリティ更新プログラムが適用されていることを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) ツールが使用できます。詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。

  • ファイル バージョンの確認:

    Microsoft Windows にはいくつかのエディションがあるため、次のステップは使用中のシステムにより異なる場合があります。その場合、製品の説明書をご覧いただきステップを完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索の開始] ボックスに更新ファイル名を入力します。
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    3. [全般] タブで、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表とファイルのサイズを比較します。
    4. [詳細] タブをクリックし、ファイル バージョンや変更された日付などの情報を、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表と比較することもできます。
    5. 最後に、[以前のバージョン] タブをクリックし、ファイルの新しいまたは更新されたバージョンについて、ファイルの以前のバージョンをファイル情報と比較することもできます。

SharePoint Server 2010 (すべてのエディション)

参照表

次の表では、このソフトウェア用のセキュリティ更新プログラムの情報を記載しています。追加情報については、このセクションのサブセクション「展開に関する情報」を参照してください。

この修正を含む予定のサービス パック 今後のこのソフトウェア向けのサービス パックは予定されていません。この問題に対する更新プログラムは今後リリースされる更新プログラムのロールアップに含まれる可能性があります。
適用
ユーザーの操作なしでインストールする Microsoft Office SharePoint Server 2010 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 Service Pack 1:
officeserver2010-kb2494022-fullfile-x64-glb.exe /passive
officeserver2010-kb2560885-fullfile-x64-glb.exe /passive
officeserver2010-kb2560890-fullfile-x64-glb.exe /passive
officeserver2010-kb2566456-fullfile-x64-glb.exe /passive
Office2010-kb2566954-fullfile-x64-glb.exe /passive
officeserver2010-kb2566958-fullfile-x64-glb.exe /passive
officeserver2010-kb2566960-fullfile-x64-glb.exe /passive
再起動しないでインストールする Microsoft Office SharePoint Server 2010 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 Service Pack 1:
officeserver2010-kb2494022-fullfile-x64-glb.exe /norestart
officeserver2010-kb2560885-fullfile-x64-glb.exe /norestart
officeserver2010-kb2560890-fullfile-x64-glb.exe /norestart
officeserver2010-kb2566456-fullfile-x64-glb.exe /norestart
Office2010-kb2566954-fullfile-x64-glb.exe /norestart
officeserver2010-kb2566958-fullfile-x64-glb.exe /norestart
officeserver2010-kb2566960-fullfile-x64-glb.exe /norestart
ログ ファイル 対象外
詳細情報 検出および適用の詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。
再起動の必要性
再起動の必要性: この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。この動作が起こった場合、再起動を促すメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムをインストールする前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
ホットパッチ 対象外
削除に関する情報: この更新プログラムは削除することができません。
ファイルに関する情報: マイクロソフト サポート技術情報 2494022
マイクロソフト サポート技術情報 2560885
レジストリ キーの確認: 対象外
#### 適用に関する情報 更新プログラムのインストール この更新プログラムは「影響を受けるソフトウェアおよび影響を受けないソフトウェア」のセクションにある、適切なダウンロード リンクからインストールすることができます。アプリケーションをサーバー ロケーションからインストールした場合、サーバー管理者は管理者アップデートでサーバー ロケーションを更新し、その更新をコンピューターに適用する必要があります。管理者インストール ポイントの詳細については、「検出および適用のツールおよびガイダンス」のサブセクション「Office 管理者インストール ポイント」を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは、コンピューターに Windows インストーラー 3.1 またはそれ以降のバージョンがインストールされている必要があります。 Windows Installer の 3.1 バージョンまたはそれ以降のバージョンをインストールするには、次の Web サイトをご覧ください。 - [Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003 および Windows XP 用の Windows Installer 4.5 Redistributable](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=5a58b56f-60b6-4412-95b9-54d056d6f9f4&displaylang=en) - [Windows Server 2003、Windows XP、および Windows 2000 用の Windows Installer 3.1 Redistributable](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=889482fc-5f56-4a38-b838-de776fd4138c&displaylang=en) このセキュリティ情報で使用されている用語 ("修正プログラム" など) については、[マイクロソフト サポート技術情報 824684](https://support.microsoft.com/kb/824684) を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ

スイッチ 説明
/?  または /help 使用ダイアログを表示します。
/passive 無人モードを指定します。ユーザーの操作を必要としません。ユーザーには基本的な進行ダイアログが表示されますがキャンセルはできません。
/quiet Quiet モードを指定します。パッケージ処理の状況を表示しません。
/norestart 更新プログラムが再起動を必要とする場合、再起動しません。
/forcerestart 再起動の必要性の有無にかかわらず、更新プログラムの適用後にコンピューターを自動的に再起動します。
/extract インストールせずに、ファイルを解凍します。ターゲット フォルダーについてメッセージが表示されます。
/extract:<完全なパス> 作成者が定義したインストール コマンドを上書きします。Setup.inf ファイルまたは .exe ファイルのパスおよび名前を指定します。
/lang:<LCID> 更新プログラムのパッケージが特定の言語をサポートしている場合、その言語の使用を強制します。
/log:<ログ ファイル> 更新プログラムのインストール中、Vnox とインストーラーの両方によるログの記録を有効にします。

注 : これらのスイッチを 1 つのコマンドに組み込むことができます。旧バージョンとの互換性のため、このセキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムが使用しているセットアップ スイッチもサポートしています。サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 262841 を参照してください。

更新プログラムの削除

この更新プログラムは削除することができません。

更新プログラムが適用されたかどうかを確認する方法

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるコンピューターにセキュリティ更新プログラムが適用されていることを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) ツールが使用できます。詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。

  • ファイル バージョンの確認:

    Microsoft Windows にはいくつかのエディションがあるため、次のステップは使用中のシステムにより異なる場合があります。その場合、製品の説明書をご覧いただきステップを完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索開始] に更新ファイル名を入力します。
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    3. [全般] タブの下で、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表とファイルのサイズを比較します。
    4. [詳細] タブをクリックし、ファイル バージョンや変更された日付などの情報を、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表と比較することもできます。
    5. 最後に、[以前のバージョン] タブをクリックし、ファイルの新しいまたは更新されたバージョンについて、ファイルの以前のバージョンをファイル情報と比較します。

Groove Server 2007 (すべてのエディション)

参照表

次の表では、このソフトウェア用のセキュリティ更新プログラムの情報を記載しています。追加情報については、このセクションのサブセクション「展開に関する情報」を参照してください。

この修正を含む予定のサービス パック 今後のこのソフトウェア向けのサービス パックは予定されていません。この問題に対する更新プログラムは今後リリースされる更新プログラムのロールアップに含まれる可能性があります。
適用
ユーザーの操作なしでインストールする Microsoft Office Groove Data Bridge Server 2007 Service Pack 2:
groovedatabridge2007-kb2552999-fullfile-x64-glb.exe /passive
Microsoft Office Groove Management Server 2007 Service Pack 2:
groovedatabridge2007-kb2552998-fullfile-x64-glb.exe /passive
再起動しないでインストールする Microsoft Office Groove Data Bridge Server 2007 Service Pack 2:
groovedatabridge2007-kb2552999-fullfile-x64-glb.exe /norestart
Microsoft Office Groove Management Server 2007 Service Pack 2:
groovemanagementserver2007-kb2552998-fullfile-x64-glb.exe /norestart
ログ ファイル 対象外
詳細情報 検出および適用の詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。
再起動の必要性
再起動の必要性: この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。この動作が起こった場合、再起動を促すメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムをインストールする前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
ホットパッチ 対象外
削除に関する情報: この更新プログラムは削除することができません。
ファイルに関する情報: Microsoft Office Groove Data Bridge Server 2007 の詳細については、サポート技術情報 2552999を参照してください。
Microsoft Office Groove Management Server 2007 の詳細については、サポート技術情報 2552998を参照してください。
レジストリ キーの確認: 対象外
#### 適用に関する情報 更新プログラムのインストール この更新プログラムは「影響を受けるソフトウェアおよび影響を受けないソフトウェア」のセクションにある、適切なダウンロード リンクからインストールすることができます。アプリケーションをサーバー ロケーションからインストールした場合、サーバー管理者は管理者アップデートでサーバー ロケーションを更新し、その更新をコンピューターに適用する必要があります。管理者インストール ポイントの詳細については、「検出および適用のツールおよびガイダンス」のサブセクション「Office 管理者インストール ポイント」を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは、コンピューターに Windows インストーラー 3.1 またはそれ以降のバージョンがインストールされている必要があります。 Windows Installer の 3.1 バージョンまたはそれ以降のバージョンをインストールするには、次の Web サイトをご覧ください。 - [Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003 および Windows XP 用の Windows Installer 4.5 Redistributable](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=5a58b56f-60b6-4412-95b9-54d056d6f9f4&displaylang=en) - [Windows Server 2003、Windows XP、および Windows 2000 用の Windows Installer 3.1 Redistributable](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=889482fc-5f56-4a38-b838-de776fd4138c&displaylang=en) このセキュリティ情報で使用されている用語 ("修正プログラム" など) については、[マイクロソフト サポート技術情報 824684](https://support.microsoft.com/kb/824684) を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ

スイッチ 説明
/?  または /help 使用ダイアログを表示します。
/passive 無人モードを指定します。ユーザーの操作を必要としません。ユーザーには基本的な進行ダイアログが表示されますがキャンセルはできません。
/quiet Quiet モードを指定します。パッケージ処理の状況を表示しません。
/norestart 更新プログラムが再起動を必要とする場合、再起動しません。
/forcerestart 再起動の必要性の有無にかかわらず、更新プログラムの適用後にコンピューターを自動的に再起動します。
/extract インストールせずに、ファイルを解凍します。ターゲット フォルダーについてメッセージが表示されます。
/extract:<完全なパス> 作成者が定義したインストール コマンドを上書きします。Setup.inf ファイルまたは .exe ファイルのパスおよび名前を指定します。
/lang:<LCID> 更新プログラムのパッケージが特定の言語をサポートしている場合、その言語の使用を強制します。
/log:<ログ ファイル> 更新プログラムのインストール中、Vnox とインストーラーの両方によるログの記録を有効にします。

注 : これらのスイッチを 1 つのコマンドに組み込むことができます。旧バージョンとの互換性のため、このセキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムが使用しているセットアップ スイッチもサポートしています。サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 262841 を参照してください。

更新プログラムの削除

この更新プログラムは削除することができません。

更新プログラムが適用されたかどうかを確認する方法

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるコンピューターにセキュリティ更新プログラムが適用されていることを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) ツールが使用できます。詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。

  • ファイル バージョンの確認:

    Microsoft Windows にはいくつかのエディションがあるため、次のステップは使用中のシステムにより異なる場合があります。その場合、製品の説明書をご覧いただきステップを完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索の開始] ボックスに更新ファイル名を入力します。
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    3. [全般] タブで、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表とファイルのサイズを比較します。
    4. [詳細] タブをクリックし、ファイル バージョンや変更された日付などの情報を、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表と比較することもできます。
    5. 最後に、[以前のバージョン] タブをクリックし、ファイルの新しいまたは更新されたバージョンについて、ファイルの以前のバージョンをファイル情報と比較することもできます。

Groove Server 2010 (すべてのエディション)

参照表

次の表では、このソフトウェア用のセキュリティ更新プログラムの情報を記載しています。追加情報については、このセクションのサブセクション「展開に関する情報」を参照してください。

この修正を含む予定のサービス パック 今後のこのソフトウェア向けのサービス パックは予定されていません。この問題に対する更新プログラムは今後リリースされる更新プログラムのロールアップに含まれる可能性があります。
適用
ユーザーの操作なしでインストールする Microsoft Groove Server 2010 および Microsoft Groove Server 2010 Service Pack 1:
grooveserver2010-kb2508965-fullfile-x64-glb.exe /passive
再起動しないでインストールする Microsoft Groove Server 2010 および Microsoft Groove Server 2010 Service Pack 1:
grooveserver2010-kb2508965-fullfile-x64-glb.exe /norestart
ログ ファイル 対象外
詳細情報 検出および適用の詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。
再起動の必要性
再起動の必要性: この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。この動作が起こった場合、再起動を促すメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムをインストールする前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
ホットパッチ 対象外
削除に関する情報: この更新プログラムは削除することができません。
ファイルに関する情報: サポート技術情報 2508965を参照してください。
レジストリ キーの確認: 対象外
#### 適用に関する情報 更新プログラムのインストール この更新プログラムは「影響を受けるソフトウェアおよび影響を受けないソフトウェア」のセクションにある、適切なダウンロード リンクからインストールすることができます。アプリケーションをサーバー ロケーションからインストールした場合、サーバー管理者は管理者アップデートでサーバー ロケーションを更新し、その更新をコンピューターに適用する必要があります。管理者インストール ポイントの詳細については、「検出および適用のツールおよびガイダンス」のサブセクション「Office 管理者インストール ポイント」を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは、コンピューターに Windows インストーラー 3.1 またはそれ以降のバージョンがインストールされている必要があります。 Windows Installer の 3.1 バージョンまたはそれ以降のバージョンをインストールするには、次の Web サイトをご覧ください。 - [Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003 および Windows XP 用の Windows Installer 4.5 Redistributable](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=5a58b56f-60b6-4412-95b9-54d056d6f9f4&displaylang=en) - [Windows Server 2003、Windows XP、および Windows 2000 用の Windows Installer 3.1 Redistributable](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=889482fc-5f56-4a38-b838-de776fd4138c&displaylang=en) このセキュリティ情報で使用されている用語 ("修正プログラム" など) については、[マイクロソフト サポート技術情報 824684](https://support.microsoft.com/kb/824684) を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ

スイッチ 説明
/?  または /help 使用ダイアログを表示します。
/passive 無人モードを指定します。ユーザーの操作を必要としません。ユーザーには基本的な進行ダイアログが表示されますがキャンセルはできません。
/quiet Quiet モードを指定します。パッケージ処理の状況を表示しません。
/norestart 更新プログラムが再起動を必要とする場合、再起動しません。
/forcerestart 再起動の必要性の有無にかかわらず、更新プログラムの適用後にコンピューターを自動的に再起動します。
/extract インストールせずに、ファイルを解凍します。ターゲット フォルダーについてメッセージが表示されます。
/extract:<完全なパス> 作成者が定義したインストール コマンドを上書きします。Setup.inf ファイルまたは .exe ファイルのパスおよび名前を指定します。
/lang:<LCID> 更新プログラムのパッケージが特定の言語をサポートしている場合、その言語の使用を強制します。
/log:<ログ ファイル> 更新プログラムのインストール中、Vnox とインストーラーの両方によるログの記録を有効にします。

注 : これらのスイッチを 1 つのコマンドに組み込むことができます。旧バージョンとの互換性のため、このセキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムが使用しているセットアップ スイッチもサポートしています。サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 262841 を参照してください。

更新プログラムの削除

この更新プログラムは削除することができません。

更新プログラムが適用されたかどうかを確認する方法

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるコンピューターにセキュリティ更新プログラムが適用されていることを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) ツールが使用できます。詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。

  • ファイル バージョンの確認:

    Microsoft Windows にはいくつかのエディションがあるため、次のステップは使用中のシステムにより異なる場合があります。その場合、製品の説明書をご覧いただきステップを完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索の開始] ボックスに更新ファイル名を入力します。
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    3. [全般] タブで、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表とファイルのサイズを比較します。
    4. [詳細] タブをクリックし、ファイル バージョンや変更された日付などの情報を、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表と比較することもできます。
    5. 最後に、[以前のバージョン] タブをクリックし、ファイルの新しいまたは更新されたバージョンについて、ファイルの以前のバージョンをファイル情報と比較することもできます。

SharePoint Windows SharePoint Services 2.0

参照表

次の表では、このソフトウェア用のセキュリティ更新プログラムの情報を記載しています。追加情報については、このセクションのサブセクション「展開に関する情報」を参照してください。

この修正を含む予定のサービス パック 今後のこのソフトウェア向けのサービス パックは予定されていません。この問題に対する更新プログラムは今後リリースされる更新プログラムのロールアップに含まれる可能性があります。
適用
ユーザーの操作なしでインストールする Microsoft Windows SharePoint Services 2.0:
WSS2003-kb2494007-fullfile-JPN.exe /passive
再起動しないでインストールする Microsoft Windows SharePoint Services 2.0:
WSS2003-kb2494007-fullfile-JPN.exe /norestart
ログ ファイル 対象外
詳細情報 検出および適用の詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。
再起動の必要性
再起動の必要性: この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。この動作が起こった場合、再起動を促すメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムをインストールする前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
ホットパッチ 対象外
削除に関する情報: この更新プログラムは削除することができません。
ファイルに関する情報: Microsoft Windows SharePoint Services 2.0 の詳細については、サポート技術情報 2494007 を参照してください。
レジストリ キーの確認: 対象外
#### 適用に関する情報 更新プログラムのインストール この更新プログラムは「影響を受けるソフトウェアおよび影響を受けないソフトウェア」のセクションにある、適切なダウンロード リンクからインストールすることができます。アプリケーションをサーバー ロケーションからインストールした場合、サーバー管理者は管理者アップデートでサーバー ロケーションを更新し、その更新をコンピューターに適用する必要があります。管理者インストール ポイントの詳細については、「検出および適用のツールおよびガイダンス」のサブセクション「Office 管理者インストール ポイント」を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは、コンピューターに Windows インストーラー 3.1 またはそれ以降のバージョンがインストールされている必要があります。 Windows Installer の 3.1 バージョンまたはそれ以降のバージョンをインストールするには、次の Web サイトをご覧ください。 - [Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003 および Windows XP 用の Windows Installer 4.5 Redistributable](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=5a58b56f-60b6-4412-95b9-54d056d6f9f4&displaylang=en) - [Windows Server 2003、Windows XP、および Windows 2000 用の Windows Installer 3.1 Redistributable](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=889482fc-5f56-4a38-b838-de776fd4138c&displaylang=en) このセキュリティ情報で使用されている用語 ("修正プログラム" など) については、[マイクロソフト サポート技術情報 824684](https://support.microsoft.com/kb/824684) を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ

スイッチ 説明
/?  または /help 使用ダイアログを表示します。
/passive 無人モードを指定します。ユーザーの操作を必要としません。ユーザーには基本的な進行ダイアログが表示されますがキャンセルはできません。
/quiet Quiet モードを指定します。パッケージ処理の状況を表示しません。
/norestart 更新プログラムが再起動を必要とする場合、再起動しません。
/forcerestart 再起動の必要性の有無にかかわらず、更新プログラムの適用後にコンピューターを自動的に再起動します。
/extract インストールせずに、ファイルを解凍します。ターゲット フォルダーについてメッセージが表示されます。
/extract:<完全なパス> 作成者が定義したインストール コマンドを上書きします。Setup.inf ファイルまたは .exe ファイルのパスおよび名前を指定します。
/lang:<LCID> 更新プログラムのパッケージが特定の言語をサポートしている場合、その言語の使用を強制します。
/log:<ログ ファイル> 更新プログラムのインストール中、Vnox とインストーラーの両方によるログの記録を有効にします。

注 : これらのスイッチを 1 つのコマンドに組み込むことができます。旧バージョンとの互換性のため、このセキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムが使用しているセットアップ スイッチもサポートしています。サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 262841 を参照してください。

更新プログラムの削除

この更新プログラムは削除することができません。

更新プログラムが適用されたかどうかを確認する方法

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるコンピューターにセキュリティ更新プログラムが適用されていることを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) ツールが使用できます。詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。

  • ファイル バージョンの確認:

    Microsoft Windows にはいくつかのエディションがあるため、次のステップは使用中のシステムにより異なる場合があります。その場合、製品の説明書をご覧いただきステップを完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索開始] に更新ファイル名を入力します。
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    3. [全般] タブの下で、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表とファイルのサイズを比較します。
    4. [詳細] タブをクリックし、ファイル バージョンや変更された日付などの情報を、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表と比較することもできます。
    5. 最後に、[以前のバージョン] タブをクリックし、ファイルの新しいまたは更新されたバージョンについて、ファイルの以前のバージョンをファイル情報と比較します。

Windows SharePoint Services 3.0 (すべてのバージョン)

参照表

次の表では、このソフトウェア用のセキュリティ更新プログラムの情報を記載しています。追加情報については、このセクションのサブセクション「展開に関する情報」を参照してください。

この修正を含む予定のサービス パック 今後のこのソフトウェア向けのサービス パックは予定されていません。この問題に対する更新プログラムは今後リリースされる更新プログラムのロールアップに含まれる可能性があります。
適用
ユーザーの操作なしでインストールする Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack 2 (32 ビット版):
wss-kb2493987-fullfile-x86-glb.exe /passive
Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack 2 (64 ビット版):
wss-kb2493987-fullfile-x64-glb.exe /passive
再起動しないでインストールする Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack 2 (32 ビット版):
wss-kb2493987-fullfile-x86-glb.exe /norestart
Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack 2 (64 ビット版):
wss-kb2493987-fullfile-x64-glb.exe /norestart
ログ ファイル 対象外
詳細情報 検出および適用の詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。
再起動の必要性
再起動の必要性: この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。この動作が起こった場合、再起動を促すメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムをインストールする前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
ホットパッチ 対象外
削除に関する情報: この更新プログラムは削除することができません。
ファイルに関する情報: サポート技術情報 2493987を参照してください。
レジストリ キーの確認: 対象外
#### 適用に関する情報 更新プログラムのインストール この更新プログラムは「影響を受けるソフトウェアおよび影響を受けないソフトウェア」のセクションにある、適切なダウンロード リンクからインストールすることができます。アプリケーションをサーバー ロケーションからインストールした場合、サーバー管理者は管理者アップデートでサーバー ロケーションを更新し、その更新をコンピューターに適用する必要があります。管理者インストール ポイントの詳細については、「検出および適用のツールおよびガイダンス」のサブセクション「Office 管理者インストール ポイント」を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは、コンピューターに Windows インストーラー 3.1 またはそれ以降のバージョンがインストールされている必要があります。 Windows Installer の 3.1 バージョンまたはそれ以降のバージョンをインストールするには、次の Web サイトをご覧ください。 - [Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003 および Windows XP 用の Windows Installer 4.5 Redistributable](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=5a58b56f-60b6-4412-95b9-54d056d6f9f4&displaylang=en) - [Windows Server 2003、Windows XP、および Windows 2000 用の Windows Installer 3.1 Redistributable](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=889482fc-5f56-4a38-b838-de776fd4138c&displaylang=en) このセキュリティ情報で使用されている用語 ("修正プログラム" など) については、[マイクロソフト サポート技術情報 824684](https://support.microsoft.com/kb/824684) を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ

スイッチ 説明
/?  または /help 使用ダイアログを表示します。
/passive 無人モードを指定します。ユーザーの操作を必要としません。ユーザーには基本的な進行ダイアログが表示されますがキャンセルはできません。
/quiet Quiet モードを指定します。パッケージ処理の状況を表示しません。
/norestart 更新プログラムが再起動を必要とする場合、再起動しません。
/forcerestart 再起動の必要性の有無にかかわらず、更新プログラムの適用後にコンピューターを自動的に再起動します。
/extract インストールせずに、ファイルを解凍します。ターゲット フォルダーについてメッセージが表示されます。
/extract:<完全なパス> 作成者が定義したインストール コマンドを上書きします。Setup.inf ファイルまたは .exe ファイルのパスおよび名前を指定します。
/lang:<LCID> 更新プログラムのパッケージが特定の言語をサポートしている場合、その言語の使用を強制します。
/log:<ログ ファイル> 更新プログラムのインストール中、Vnox とインストーラーの両方によるログの記録を有効にします。

注 : これらのスイッチを 1 つのコマンドに組み込むことができます。旧バージョンとの互換性のため、このセキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムが使用しているセットアップ スイッチもサポートしています。サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 262841 を参照してください。

更新プログラムの削除

この更新プログラムは削除することができません。

更新プログラムが適用されたかどうかを確認する方法

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるコンピューターにセキュリティ更新プログラムが適用されていることを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) ツールが使用できます。詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。

  • ファイル バージョンの確認:

    Microsoft Windows にはいくつかのエディションがあるため、次のステップは使用中のシステムにより異なる場合があります。その場合、製品の説明書をご覧いただきステップを完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索開始] に更新ファイル名を入力します。
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    3. [全般] タブの下で、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表とファイルのサイズを比較します。
    4. [詳細] タブをクリックし、ファイル バージョンや変更された日付などの情報を、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表と比較することもできます。
    5. 最後に、[以前のバージョン] タブをクリックし、ファイルの新しいまたは更新されたバージョンについて、ファイルの以前のバージョンをファイル情報と比較します。

Microsoft SharePoint Foundation 2010 (すべてのバージョン)

参照表

次の表では、このソフトウェア用のセキュリティ更新プログラムの情報を記載しています。追加情報については、このセクションのサブセクション「展開に関する情報」を参照してください。

この修正を含む予定のサービス パック 今後のこのソフトウェア向けのサービス パックは予定されていません。この問題に対する更新プログラムは今後リリースされる更新プログラムのロールアップに含まれる可能性があります。
適用
ユーザーの操作なしでインストールする Microsoft SharePoint Foundation 2010 および Microsoft SharePoint Foundation 2010 Service Pack 1:
sharepointfoundation2010-kb2494001-fullfile-x64-glb.exe /passive
再起動しないでインストールする Microsoft SharePoint Foundation 2010 および Microsoft SharePoint Foundation 2010 Service Pack 1:
sharepointfoundation2010-kb2494001-fullfile-x64-glb.exe /norestart
ログ ファイル 対象外
詳細情報 検出および適用の詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。
再起動の必要性
再起動の必要性: この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。この動作が起こった場合、再起動を促すメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムをインストールする前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
ホットパッチ 対象外
削除に関する情報: この更新プログラムは削除することができません。
ファイルに関する情報: サポート技術情報 2494001を参照してください。
レジストリ キーの確認: 対象外
#### 適用に関する情報 更新プログラムのインストール この更新プログラムは「影響を受けるソフトウェアおよび影響を受けないソフトウェア」のセクションにある、適切なダウンロード リンクからインストールすることができます。アプリケーションをサーバー ロケーションからインストールした場合、サーバー管理者は管理者アップデートでサーバー ロケーションを更新し、その更新をコンピューターに適用する必要があります。管理者インストール ポイントの詳細については、「検出および適用のツールおよびガイダンス」のサブセクション「Office 管理者インストール ポイント」を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは、コンピューターに Windows インストーラー 3.1 またはそれ以降のバージョンがインストールされている必要があります。 Windows Installer の 3.1 バージョンまたはそれ以降のバージョンをインストールするには、次の Web サイトをご覧ください。 - [Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003 および Windows XP 用の Windows Installer 4.5 Redistributable](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=5a58b56f-60b6-4412-95b9-54d056d6f9f4&displaylang=en) - [Windows Server 2003、Windows XP、および Windows 2000 用の Windows Installer 3.1 Redistributable](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=889482fc-5f56-4a38-b838-de776fd4138c&displaylang=en) このセキュリティ情報で使用されている用語 ("修正プログラム" など) については、[マイクロソフト サポート技術情報 824684](https://support.microsoft.com/kb/824684) を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ

スイッチ 説明
/?  または /help 使用ダイアログを表示します。
/passive 無人モードを指定します。ユーザーの操作を必要としません。ユーザーには基本的な進行ダイアログが表示されますがキャンセルはできません。
/quiet Quiet モードを指定します。パッケージ処理の状況を表示しません。
/norestart 更新プログラムが再起動を必要とする場合、再起動しません。
/forcerestart 再起動の必要性の有無にかかわらず、更新プログラムの適用後にコンピューターを自動的に再起動します。
/extract インストールせずに、ファイルを解凍します。ターゲット フォルダーについてメッセージが表示されます。
/extract:<完全なパス> 作成者が定義したインストール コマンドを上書きします。Setup.inf ファイルまたは .exe ファイルのパスおよび名前を指定します。
/lang:<LCID> 更新プログラムのパッケージが特定の言語をサポートしている場合、その言語の使用を強制します。
/log:<ログ ファイル> 更新プログラムのインストール中、Vnox とインストーラーの両方によるログの記録を有効にします。

注 : これらのスイッチを 1 つのコマンドに組み込むことができます。旧バージョンとの互換性のため、このセキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムが使用しているセットアップ スイッチもサポートしています。サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 262841 を参照してください。

更新プログラムの削除

この更新プログラムは削除することができません。

更新プログラムが適用されたかどうかを確認する方法

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるコンピューターにセキュリティ更新プログラムが適用されていることを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) ツールが使用できます。詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。

  • ファイル バージョンの確認:

    Microsoft Windows にはいくつかのエディションがあるため、次のステップは使用中のシステムにより異なる場合があります。その場合、製品の説明書をご覧いただきステップを完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索開始] に更新ファイル名を入力します。
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    3. [全般] タブの下で、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表とファイルのサイズを比較します。
    4. [詳細] タブをクリックし、ファイル バージョンや変更された日付などの情報を、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表と比較することもできます。
    5. 最後に、[以前のバージョン] タブをクリックし、ファイルの新しいまたは更新されたバージョンについて、ファイルの以前のバージョンをファイル情報と比較します。

Office Web Apps および Word Web App (すべてのバージョン)

参照表

次の表では、このソフトウェア用のセキュリティ更新プログラムの情報を記載しています。追加情報については、このセクションのサブセクション「展開に関する情報」を参照してください。

この修正を含む予定の サービス パック 今後のこのソフトウェア向けのサービス パックは予定されていません。この問題に対する更新プログラムは今後リリースされる更新プログラムのロールアップに含まれる可能性があります。
適用
ユーザーの操作なしでインストールする Office Web Apps 2010 および Office Web Apps 2010 Service Pack 1:
webapps-kb2566449-fullfile-x64-glb.exe /passive
Word Web App 2010 および Word Web App 2010 Service Pack 1:
wordwebapp-kb2566450-fullfile-x64-glb.exe /passive
再起動しないでインストールする Office Web Apps 2010 および Office Web Apps 2010 Service Pack 1:
webapps-kb2566449-fullfile-x64-glb.exe /norestart
Word Web App 2010 および Word Web App 2010 Service Pack 1:
wordwebapp-kb2566450-fullfile-x64-glb.exe /norestart
ログ ファイル 対象外
詳細情報 検出および適用の詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。
再起動の必要性
再起動の必要性: この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。この動作が起こった場合、再起動を促すメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムをインストールする前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
ホットパッチ 対象外
削除に関する情報: この更新プログラムは削除することができません。
ファイルに関する情報: Office Web Apps 2010 および Office Web Apps 2010 Service Pack 1 の詳細については、サポート技術情報 2566449を参照してください。
Word Web App 2010 および Word Web App 2010 Service Pack 1 の詳細については、サポート技術情報 2566450 を参照してください。
レジストリ キーの確認: 対象外
#### 適用に関する情報 更新プログラムのインストール この更新プログラムは「影響を受けるソフトウェアおよび影響を受けないソフトウェア」のセクションにある、適切なダウンロード リンクからインストールすることができます。アプリケーションをサーバー ロケーションからインストールした場合、サーバー管理者は管理者アップデートでサーバー ロケーションを更新し、その更新をコンピューターに適用する必要があります。管理者インストール ポイントの詳細については、「検出および適用のツールおよびガイダンス」のサブセクション「Office 管理者インストール ポイント」を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは、コンピューターに Windows インストーラー 3.1 またはそれ以降のバージョンがインストールされている必要があります。 Windows Installer の 3.1 バージョンまたはそれ以降のバージョンをインストールするには、次の Web サイトをご覧ください。 - [Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003 および Windows XP 用の Windows Installer 4.5 Redistributable](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=5a58b56f-60b6-4412-95b9-54d056d6f9f4&displaylang=en) - [Windows Server 2003、Windows XP、および Windows 2000 用の Windows Installer 3.1 Redistributable](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=889482fc-5f56-4a38-b838-de776fd4138c&displaylang=en) このセキュリティ情報で使用されている用語 ("修正プログラム" など) については、[マイクロソフト サポート技術情報 824684](https://support.microsoft.com/kb/824684) を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ

スイッチ 説明
/?  または /help 使用ダイアログを表示します。
/passive 無人モードを指定します。ユーザーの操作を必要としません。ユーザーには基本的な進行ダイアログが表示されますがキャンセルはできません。
/quiet Quiet モードを指定します。パッケージ処理の状況を表示しません。
/norestart 更新プログラムが再起動を必要とする場合、再起動しません。
/forcerestart 再起動の必要性の有無にかかわらず、更新プログラムの適用後にコンピューターを自動的に再起動します。
/extract インストールせずに、ファイルを解凍します。ターゲット フォルダーについてメッセージが表示されます。
/extract:<完全なパス> 作成者が定義したインストール コマンドを上書きします。Setup.inf ファイルまたは .exe ファイルのパスおよび名前を指定します。
/lang:<LCID> 更新プログラムのパッケージが特定の言語をサポートしている場合、その言語の使用を強制します。
/log:<ログ ファイル> 更新プログラムのインストール中、Vnox とインストーラーの両方によるログの記録を有効にします。

注 : これらのスイッチを 1 つのコマンドに組み込むことができます。旧バージョンとの互換性のため、このセキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムが使用しているセットアップ スイッチもサポートしています。サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 262841 を参照してください。

更新プログラムの削除

この更新プログラムは削除することができません。

更新プログラムが適用されたかどうかを確認する方法

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるコンピューターにセキュリティ更新プログラムが適用されていることを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) ツールが使用できます。詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。

  • ファイル バージョンの確認:

    Microsoft Windows にはいくつかのエディションがあるため、次のステップは使用中のシステムにより異なる場合があります。その場合、製品の説明書をご覧いただきステップを完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索の開始] ボックスに更新ファイル名を入力します。
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    3. [全般] タブで、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表とファイルのサイズを比較します。
    4. [詳細] タブをクリックし、ファイル バージョンや変更された日付などの情報を、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表と比較することもできます。
    5. 最後に、[以前のバージョン] タブをクリックし、ファイルの新しいまたは更新されたバージョンについて、ファイルの以前のバージョンをファイル情報と比較することもできます。

関連情報

謝辞

この問題を連絡し、顧客の保護に協力してくださった下記の方に対し、マイクロソフトは深い謝意を表します。

  • 「SharePoint カレンダーの XSS の脆弱性 (CVE-2011-0653)」を報告してくださった Critical Path Training, LLC の Andrew Connell 氏
  • 「SharePoint カレンダーの XSS の脆弱性 (CVE-2011-0653)」を報告してくださった Raytheon の David Feldman 氏
  • 「HTML のサニタイズの脆弱性」(CVE-2011-1252) を報告してくださった IBM Rational Application Security の Adi Cohen 氏
  • 「HTML のサニタイズの脆弱性」(CVE-2011-1252) についてマイクロソフトに協力してくださった Trend Micro
  • 「Editform のスクリプト挿入の脆弱性 (CVE-2011-1890)」を報告してくださった ITT の Pedro Jimenez 氏
  • 「連絡先情報を反映した XSS の脆弱性 (CVE-2011-1891)」を報告してくださった Seeker (自動アプリケーション セキュリティ テスト ソリューション)
  • 「SharePoint リモート ファイル公開の脆弱性 (CVE-2011-1892)」を報告してくださった Agarri の Nicolas Grégoire 氏
  • 「SharePoint XSS の脆弱性 (CVE-2011-1893)」を報告してくださった LaValley Consulting, LLC の Jim LaValley 氏
  • Microsoft SharePoint でのアプリケーション間リダイレクト処理を向上させる多層防御の更新プログラムに関して協力してくださった、Seeker の Irene Abezgauz 氏

Microsoft Active Protections Program (MAPP)

お客様のセキュリティ保護をより向上させるために、マイクロソフトは、月例のセキュリティ更新プログラムの公開に先立ち、脆弱性情報を主要なセキュリティ ソフトウェア プロバイダーに提供しています。セキュリティ ソフトウェア プロバイダーは、この脆弱性の情報を使用し、ウイルス対策、ネットワーク ベースの侵入検出システムまたはホスト ベースの侵入防止システムを介して、お客様に最新の保護環境を提供します。このような保護環境を提供するセキュリティ ソフトウェア ベンダーの情報については、Microsoft Active Protections Program (MAPP) パートナーに記載されている各社の Web サイトを参照してください。

サポート

  • セキュリティ関連、およびセキュリティ更新プログラムに関するご質問や、ご不明な点などがありましたら、マイクロソフト セキュリティ情報センターまでご連絡ください。マイクロソフトでは、お問い合わせの内容が弊社製品の不具合が原因である場合、無償でサポートをご提供いたします。利用可能なサポート オプションの詳細については、マイクロソフト サポート オンラインを参照してください。
  • その他、製品に関するご質問は、マイクロソフト プロダクト サポートまでご連絡ください。マイクロソフトでは、お問い合わせの内容が弊社製品の不具合が原因である場合、無償またはインシデントの未消費にてサポートをご提供いたします。マイクロソフト プロダクト サポートへの連絡方法については、こちらを参照してください。

免責

この文書に含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行いません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。Microsoft Corporation 及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation 及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません (Microsoft Corporation、その関連会社またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます)。結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。

更新履歴

  • V1.0 (2011/09/14):このセキュリティ情報ページを公開しました。
  • V1.1 (2011/09/16): Microsoft Office SharePoint Server 2010 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 Service Pack 1 (pplwfe) (KB2560890) の更新プログラムの更新リンクおよびパッケージの情報を追加しました。これは、情報の変更のみです。セキュリティ更新プログラムのファイルまたは検出ロジックの変更はありません。
  • V1.2 (2011/09/22): このセキュリティ情報ページを更新し、Microsoft Groove Server 2007 についての参照表から誤った記載であった「サポート技術情報 2553001」を削除しました。今回の更新は情報のみの変更です。このセキュリティ情報のセキュリティ更新プログラムのファイルおよび検出ロジックへの変更はありません。
  • V1.3 (2011/10/12): 一部の影響を受ける構成の検出ロジックへの変更を通知しました。セキュリティ更新プログラムのファイルへの変更はありません。詳細については、更新プログラムに関する FAQ を参照してください。

Built at 2014-04-18T01:50:00Z-07:00