Active Directory 以外の環境で自動更新を構成する

Active Directory 以外の環境では、次のいずれかの方法で自動更新を構成できます。

  • グループ ポリシー オブジェクト エディタを使用して、ローカル グループ ポリシー オブジェクトを編集する

  • レジストリ エディタ (Regedit.exe) を使用して、レジストリを直接編集する

  • Windows NT 4.0 形式のシステム ポリシーを使用して、これらのレジストリ エントリを中央から展開する

WSUS 環境のオプション

WSUS 環境のオプションのレジストリ エントリは、次のサブキーに格納されます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate

次の表に、キーと値の範囲を示します。

Windows Update エージェント環境のオプションのレジストリ キー
エントリ名 データ型
ElevateNonAdmins 範囲 = 1 または 0 1 = Users セキュリティ グループのユーザーが更新プログラムを承認するかどうか決定できます。 0 = Administrators ユーザー グループのユーザーのみが更新プログラムを承認するかどうか決定できます。 Reg_DWORD
TargetGroup クライアント側のターゲットに使用される、コンピュータが属しているコンピュータ グループの名前 ("TestServers" など)。このポリシーは、TargetGroupEnabled と互いにペアで使用されます。 Reg_String
TargetGroupEnabled 範囲 = 1 または 0 1 = クライアント側のターゲットを使用します。 0 = クライアント側のターゲットを使用しません。このポリシーは、TargetGroup とペアで使用されます。 Reg_DWORD
WUServer ** 自動更新および既定の API 呼び出し元によって使用される WSUS サーバーの HTTP URL。このポリシーは、WUStatusServer** とペアで使用されます。有効にするには、両方を同じ値に設定する必要があります。 Reg_String
WUStatusServer WUServer キーで構成された WSUS サーバーを使用するクライアント コンピュータに関して、レポート情報が送信されるサーバーの HTTP URL。このポリシーは、WUServer とペアで使用されます。有効にするには、両方を同じ値に設定する必要があります。 Reg_String

ページのトップへ

自動更新の構成オプション

自動更新の構成オプションのレジストリ エントリは、次のサブキーに格納されます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU

次の表に、キーと値の範囲を示します。

自動更新の構成のレジストリ キー
エントリ名 値の範囲と意味 データ型
AUOptions 範囲 = 2、3、4、または 5 2 = ダウンロードの前に通知を行います。 3 = 自動的にダウンロードとインストールの通知を行います。 4 = 自動的にダウンロードとスケジュールされたインストールを実行します。ScheduledInstallDayScheduledInstallTime の値が存在する場合のみ有効です。 5 = 自動更新は必須ですが、エンド ユーザーが構成できます。 Reg_DWORD
AutoInstallMinorUpdates 範囲 = 0 または 1 0 = 優先度の低い更新プログラムを他の更新プログラムと同様に扱います。 1 = 優先度の低い更新プログラムをサイレント インストールします。 Reg_DWORD
DetectionFrequency 範囲 = n。n = 時間 (1 ~ 22)。 検出サイクルの間隔。 Reg_DWORD
DetectionFrequencyEnabled 範囲 = 0 または 1 1 = DetectionFrequency を有効にします。 0 = カスタムの DetectionFrequency を無効にして、既定値の 22 時間を使用します。 Reg_DWORD
NoAutoRebootWithLoggedOnUsers 範囲 = 0 または 1 1 = ログオン中のユーザーが、コンピュータを再起動するかどうかを選択できます。 0 = 自動更新によって、5 分以内にコンピュータが再起動されることがユーザーに通知されます。 Reg_DWORD
NoAutoUpdate 範囲 = 0 または 1 0 = 自動更新を有効にします。 1 = 自動更新を無効にします。 Reg_DWORD
RebootRelaunchTimeout 範囲 = n。n = 分 (1 ~ 1440)。 スケジュールされた再起動の再確認間隔。 Reg_DWORD
RebootRelaunchTimeoutEnabled 範囲 = 0 または 1 1 = RebootRelaunchTimeout を有効にします。 0 = カスタムの RebootRelaunchTimeout を無効にして、既定値の 10 分を使用します。 Reg_DWORD
RebootWarningTimeout 範囲 = n。n = 分 (1 ~ 30)。 期日のある更新プログラム、またはスケジュールされた更新プログラムをインストールした後、再起動までの時間を警告としてカウントダウンする長さ (分)。 Reg_DWORD
RebootWarningTimeoutEnabled 範囲 = 0 または 1 1 = RebootWarningTimeout を有効にします。 0 = カスタムの RebootWarningTimeout を無効にして、既定値の 5 分を使用します。 Reg_DWORD
RescheduleWaitTime 範囲 = n。n = 分 (1 ~ 60)。 実行されなかったスケジュール済みのインストール時刻以降、自動更新がシステム起動後に更新プログラムを適用するまで待機する時間 (分)。 このポリシーは、スケジュールされたインストールにのみ適用され、期日のあるインストールには適用されません。期日が切れた更新プログラムは、常に直ちにインストールされます。 Reg_DWORD
RescheduleWaitTimeEnabled 範囲 = 0 または 1 1 = RescheduleWaitTime を有効にします。 0 = RescheduleWaitTime を無効にして、実行されなかったインストールを次にスケジュールされているインストール時刻に試行します。 Reg_DWORD
ScheduledInstallDay 範囲 = 0、1、2、3、4、5、6、または 7 0 = 毎日。 1 ~ 7 = 日曜 (1) ~ 土曜 (7) の該当日。 AUOptions が 4 の場合のみ有効です。 Reg_DWORD
ScheduledInstallTime 範囲 = n。n = 24 時間形式の時刻 (0 ~ 23)。 Reg_DWORD
UseWUServer このキーが設定されていない限り、WUServer の値は考慮されません。 Reg_DWORD

ページのトップへ