Microsoft セキュリティ ベストプラクティス モジュール: ガバナンス、リスク、コンプライアンス

ガバナンス、リスク、コンプライアンス (GRC) 活動によって、ポリシーとベストプラクティスが常に経時的に順守されるため、組織のリスクを軽減することができます。 また、このセクションでは、クラウド セキュリティを正常に管理するために重要となる主要な役割と責任についても取り上げます。

詳細については、「ガバナンス、リスク、およびコンプライアンス機能」に関するトピックを参照してください。

次のビデオでは、ガバナンス、リスク、コンプライアンスに関するガイダンスを提供しています。 これらのビデオに関連する PowerPoint スライド をダウンロードすることもできます。

パート 1: 概要 + 接続されたテナントの管理 (08:45)

パート 2: 責任の明確な線引き(02:46)

パート 3: セグメント化戦略(02:11)

パート 4: 管理グループ (04:15)

パート 5: ルート管理グループ (03:06)

パート 6: GRC 上位のリスク (03:31)

パート 7: セキュリティ インシデントの通知 (03:35)

パート 8: アクセス レビュー (02:15)

パート 9: セキュリティ体制の向上 (03:30)

パート 10: セキュリティ担当者へのアクセス (03:18)

パート 11: セキュリティ保護されていないレガシ プロトコル (01:53)

パート 12: コンプライアンス (04:29)

パート 13: ベンチマーク (01:37)

パート 14: Azure Policy (02:30)

パート 15: 高度なセキュリティ機能(03:43)

パート 16: 一般的なガイダンス (03:01)

次のステップ

Microsoft のセキュリティに関するその他のガイダンスについては、Microsoft のセキュリティに関するドキュメントを参照してください。