ゼロ トラスト迅速モダン化計画

ゼロ トラスト原則によって保護されているテクノロジの柱ごとに詳細な構成手順を提供するデプロイ ガイダンスの代わりに、Rapid Modernization Plan (RaMP) ガイダンスはイニシアチブに基づいており、主要な保護レイヤーをより迅速に実装するための一連の展開パスを提供します。

RaMP ガイダンスでは、プロジェクト管理とチェックリストのアプローチを採用しています。

  • 主要な利害関係者、実装者、およびその説明責任の推奨されるマッピングを提供することで、内部プロジェクトをより迅速に整理し、それらを結論に導くタスクと所有者を定義できます。
  • デプロイの目標と実装手順のチェックリストを提供することで、インフラストラクチャ要件の全体像を確認し、進行状況を追跡できます。

ゼロ トラストの RaMP イニシアチブ

組織でゼロ トラストを迅速に採用するために、RaMP では、これらのイニシアチブで編成された技術的な展開ガイダンスを提供しています。

イニシアチブ 手順
優先度が最も高い 重要なセキュリティの最新化イニシアチブ:
User Access and Productivity
ユーザー アクセスと生産性
  1. すべてのアクセス要求の信頼を明示的に検証する
Data, compliance, and governance
データ、コンプライアンス、ガバナンス
  1. ランサムウェア回復の準備
  2. データ
セキュリティ操作を最新化する
  1. 応答を合理化する
  2. 可視性を統一する
  3. 手動作業を減らす
必要に応じて 運用テクノロジ (OT) または IoT の使用、オンプレミスとクラウドの導入、社内アプリ開発のセキュリティに基づくその他のイニシアチブ:
OT および Industrial IoT
  • 発見
  • 保護
  • モニター
データセンター & DevOpsセキュリティ
  • セキュリティの検疫
  • レガシ リスクを軽減する
  • DevOps統合
  • Microsegmentation

ゼロ トラストの全体的なアーキテクチャを次に示します。

The overall architecture for Zero Trust

ゼロ トラストの RaMP イニシアチブは、このアーキテクチャのすべての要素に対処します。 取り組みを進める際に、対象となる部分を示します。

次の手順

ユーザー アクセスと生産性を使用して、ゼロ トラスト RaMP デプロイ体験を開始します。