SQL Server オンデマンド評価の概要

SQL Server Assessment によって、オンプレミス、Microsoft Azure 仮想マシン (VM)、またはアマゾン ウェブ サービス (AWS) の VM 上で実行している SQL Server 環境の潜在的な問題を診断できます。 単一のサーバー、複数のサーバー、または、SQL Server 2012、SQL Server 2014、SQL Server 2016、SQL Server 2017またはSQL Server 2019インスタンスを実行するフェイルオーバークラスターを評価できます。Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016、Windows Server 2019フェールオーバークラスター、またはスタンドアロンサーバーのインストールがサポートされています。

推奨事項は、SQL 環境の主要コンポーネントに関する変更管理、監視、ディザスター リカバリー、サービス レベル アグリーメント、構成項目、適正動作といった領域が対象になります。

この評価は、SQL Server および組織のリスクを軽減するために、重点分野の具体的で実践的なガイダンスをグループ化して提示するように設計されています。

SQL Server 評価では、次のように複数の主要な柱に重点を置きます。

  • SQL Server の構成
  • データベースの設計
  • セキュリティ
  • パフォーマンス
  • Always On
  • クラスター
  • アップグレードの準備状態
  • エラー ログの分析
  • オペレーショナル エクセレンス

SQL Server Assessment の実行

前提条件

サービス ハブを通じて使用できるオンデマンド評価のメリットを最大限に活かすには、次のことを行う必要があります。

  1. アクティブな Azure サブスクリプションをサービス ハブにリンクさせて、SQL Server Assessment を追加する。 詳細については、次を参照してください。オンデマンド評価をはじめに、またはビデオのリンク方法をご覧ください。
  2. Microsoft Monitoring Agent をインストールし、サポートされる Windows Server マシンで適切な エージェントのセットアップ を選択します。 また、 エージェントのインストール方法 または ゲートウェイの構成方法に関するビデオガイドご覧ください。
  3. 次の権限を持つドメインアカウント(ユーザーまたはManaged Service Account):
  • 環境に含まれるすべてのサーバーにおけるローカル管理者グループのメンバー
  • 環境に含まれるすべての Microsoft SQL Server におけるシステム管理者ロール
  1. SQL Server 評価の 前提条件のドキュメント をご確認ください。 このドキュメントは、SQL Server Assessment の詳細な技術文書と、評価の実行に必要なサーバーの準備について説明します。 また、評価によって収集される異なる種類のデータについても説明しています。

注意

ご使用の環境の初期構成を行い、オンデマンド評価を実行するには、平均して 1 時間かかります。 評価を実行した後、Azure Log Analytics でデータを確認できます。 これにより、推奨事項の優先順位付けられたリストが提供されます。これは 6 つの重点分野にまたがって分類されます。 これにより、ユーザーとユーザーのチームが、リスク レベル、ご使用の環境の正常性、リスクを軽減する行為をすばやく理解し、IT 全体の正常性を向上できます。

SQL Server 評価をセットアップする - ビデオ ガイドを見る

注意

AzureサブスクリプションをServices Hubにリンクして、正常性>Services Hubでの評価からSQL Server評価を追加した場合にのみ、評価を正常にセットアップできます。

  1. データ収集マシン上で次のフォルダーを作成します。C:\LogAnalytics\SQLServer (またはその他の任意のフォルダー)

  2. ユーザードメインアカウントを使用している場合、管理者モードで通常のPowerShell(ISEではない)を開き、以下のcmdletを実行します:

    Add-SQLAssessmentTask -SQLServerName <YourServerName> –WorkingDirectory <Directory>

    where YourServerName is the fully qualified domain name (FQDN) or the NetBIOS name of single server or failover cluster running SQL Server environment.

複数の環境に評価を実施する場合は、各環境の間に「;」を入れます。 フェールオーバー クラスターについては、フェールオーバー クラスター仮想ネットワーク名を確認します。 ディレクトリは、環境からデータを収集し、分析する間に作成されたファイルの保存に使用する既存ディレクトリまでのパスです。 この記事の前半で説明されている要件を満たす、必要なユーザー アカウントの資格情報を提供します。

  1. グループ管理サービスアカウントを使用している場合は、管理者モードで (ISEではなく)通常のPowerShellを開き、以下のcmdletを実行します:

    Add-SQLAssessmentTask -SQLServerName <YourServerName> –WorkingDirectory <Directory> -RunWithManagedServiceAccount $True

    where YourServerName is the fully qualified domain name (FQDN) or the NetBIOS name of single server or failover cluster running SQL Server environment. When prompted for password just press enter, as you are using a gMSA you don't need to provide a password as it is handled by the system

複数の環境に評価を実施する場合は、各環境の間に「;」を入れます。 フェールオーバー クラスターについては、フェールオーバー クラスター仮想ネットワーク名を確認します。 ディレクトリは、環境からデータを収集し、分析する間に作成されたファイルの保存に使用する既存ディレクトリまでのパスです。 この記事の前半で説明されている要件を満たす、必要なユーザー アカウントの資格情報を提供します。

  1. データ収集は、前回のスクリプトの実行から 1 時間以内に、そしてその後は 7 日ごとに、SQLAssessment という名前のスケジュール化されたタスクによってトリガーされます。 [タスク スケジューラ ライブラリ] > [Microsoft] > [Operations Management Suite] > [AOI***] > [評価] > [SQLAssessment] から、タスクを変更して別の日付/時刻に実行することや、即時実行を強制することができます。
  2. 収集および分析している間に、セットアップ時に構成された作業ディレクトリ フォルダー下にデータが一時的に保存されます。
  3. 数時間後に、評価結果が Log Analytics とサービス ハブ ダッシュボードに掲載されます。 [Services Hub]> [IT 正常性]> [評価]に移動して、アクティブな評価に対して すべてのレコメンデーションを表示する をクリックすると、結果を表示できます。
  4. SQL Server 環境に関する問題を Microsoft 認定エンジニアと共に行いたい場合は、Microsoft 担当者に連絡し、リモートまたはオンサイト CE 主導デリバリーについて問い合わせてください。
契約 リモート エンジニア オンサイト エンジニア
Premier SQL リモート データシート SQL オンサイト データシート
ユニファイド SQL リモート データシート SQL オンサイト データシート

リソースセンターまたはコンテンツに関する一般的なフィードバックについては、UserVoice に応答を送信してください。 Services Hubに関する特定の要求やコンテンツの更新については、サポートチームに連絡してケースを送信してください。