SharePoint 製品の構成Configuring SharePoint Products

の概要:SharePoint 構成ウィザードを使用して、SharePoint のサーバーを構成する方法について説明します。Summary: Learn how to use the SharePoint Configuration Wizard to configure SharePoint Server.

2016 製品を SharePoint 構成ウィザードは、次の構成タスクを実行します。The SharePoint 2016 Products Configuration Wizard performs the following configuration tasks:

  • データベース アクセスを構成し、構成データベースとサーバーの全体管理コンテンツ データベースを作成します。Configures database access and creates configuration and administration content databases.

  • 機能とサービスをインストールして構成します。Installs and configures features and services.

  • セキュリティを構成します。Configures security.

注意

各構成タスクを完了するためにかかる時間は一定ではありません。The time that is taken to complete each configuration task varies.

構成タスクの実行中にエラーが発生した場合、構成ウィザードは次の構成タスクに進みません。[構成の完了] ページが開き、構成エラー メッセージと、エラーの原因となった問題を解決するために使用できるログ ファイルへのリンクが表示されます。If the configuration wizard encounters an error while executing a configuration task, the wizard does not proceed to additional configuration tasks. The Configuration Complete page appears with a configuration failure message and a link to the log file that you can use to troubleshoot the issue that caused the failure.

構成ウィザードをキャンセルしても、完了した構成タスクは元に戻りません。サーバーの展開を完了するには、残りの構成タスクを実行する必要があります。残りの構成タスクを実行するには、構成ウィザードを再度実行する必要があります。If you cancel the configuration wizard, the configuration tasks that have completed are not undone; the remaining configuration tasks must be performed to complete the deployment of the server. To perform the remaining configuration tasks, you must run the configuration wizard again later.

サーバー ファームの更新Updating a server farm

サーバー ファームを更新する場合は、次のプロセスを使用します。If you are updating a server farm, you must use the following process:

  1. セットアップを実行し、ファームで SharePoint サーバーの全体管理 web サイトを実行しているサーバー上で SharePoint 2016 の製品の構成ウィザードを実行しています。Run Setup, and then run the SharePoint 2016 Products Configuration Wizard on the server that is running the SharePoint Central Administration web site in your farm.

  2. ファーム内の他のサーバーでセットアップを実行していることを知らせるメッセージが表示されたら、同じポイントに到達するその他のサーバーでセットアップおよび SharePoint 2016 製品構成ウィザードを実行してください。When you see the message about running Setup on other servers in the farm, you must run Setup and the SharePoint 2016 Products Configuration Wizard on the other servers to get to the same point.

  3. ファーム内のすべてのサーバーは、メッセージを表示するときに最初の web サーバーに戻るし、最初のサーバーのアップグレード処理を続行するのには[ok]をクリックします。When all servers in the farm display the message, return to the first web server, and then click OK to continue the upgrade process for the first server.

  4. 最初のサーバーでウィザードが完了したら、他のサーバーを構成できます。After the wizard has completed on the first server, you can configure each of the other servers.

セキュリティ アカウントの要件Security account requirements

サーバー ファーム環境に SharePoint 製品を展開するには、製品をインストールし、SharePoint 2016 製品構成ウィザードの実行に使用できるユーザー アカウントを必要があります。このアカウントは、サービス アカウントとして指定できる一意のドメイン ユーザー アカウントである必要があります。このユーザー アカウントは、構成データベースへのアクセスに使用されます。データベース アクセス アカウントは、初期のデータベースの構成とこのファーム内のサーバーからデータベースへの継続的な接続の両方に使用されます。To deploy SharePoint products in a server farm environment, you will need a user account that you can use to install the product and run the SharePoint 2016 Products Configuration Wizard. This account must be a unique domain user account that you can specify as the service account. This user account is used to access your configuration database. The database access account will be used for both initial database configuration, and ongoing connections from servers in this farm to the databases.

注意

データベース アクセス アカウントとして選択されたアカウントをサービスとして実行することを禁止するグループ ポリシーがドメインに設定されていないことを確認してください。Ensure that your domain does not have Group Policy that prohibits the account chosen as your database access account from running as a service.

このアカウントは、SharePoint サーバーの全体管理アプリケーション プールのアプリケーション プール ID としても機能し、SharePoint Timer Service を実行するアカウントです。このユーザー アカウントには、原則に従って最小限の権限を割り当てるとともに、Web サーバーまたはデーターベース サーバーの特定のセキュリティ グループのメンバーにしないことをお勧めします。This account also acts as the application pool identity for the SharePoint Central Administration application pool and it is the account under which the SharePoint Timer service runs. We recommend that you follow the principle of least privilege and do not make this user account a member of any particular security group on your web servers or your database servers.