SharePoint 製品で使用する Setup.exe のコマンド ライン スイッチSetup.exe command-line switches for SharePoint Products

の概要:SharePoint サーバーの Setup.exe のコマンド ライン スイッチを使用する方法について説明します。Summary: Learn how to use the Setup.exe command-line switches in SharePoint Server.

SharePoint server では、Setup.exe のコマンド ライン ツールは、非常にいくつかの操作に使用され、IT 管理者のみがこれらのほとんどすべて。In SharePoint Server, the Setup.exe command-line tool is used for very few operations, and almost all of these are for IT administrators only.

この記事の内容In this article

Setup.exe のコマンド ライン スイッチの使用方法How to use a Setup.exe command-line switch

コマンド ラインで Setup.exe を実行するときに、特定の指示を与えるためのスイッチとパラメーターを指定できます。これにより、コマンドの実行方法についての情報を追加できます。次のセクションの表では、スイッチの例を示します。When you run Setup.exe from the command line, you can specify switches and parameters to provide specific instructions that give the program more information about how to execute the command. The table in the next section contains several examples of switches.

使用できるスイッチとパラメーターAvailable switches and parameters

SharePoint 製品では、以下のコマンド ライン オプションが Setup.exe で認識されます。In SharePoint products, Setup.exe recognizes the following command-line options:

スイッチまたはパラメーターSwitch or parameter 説明Description
/config [パスとファイル名]/config [path and file name]
Setup.exe がインストールの間に使用する構成ファイルを指定します。既定では、コア製品フォルダーに格納される Config.xml ファイルであり、Setup.exe にその製品のインストールが指示されます。Config.xml ファイルを編集してインストールをさらにカスタマイズしたり、別の構成ファイルを指定したりできます。Specifies the configuration file that Setup.exe uses during the installation. By default, the Config.xml file stored in the core product folder directs Setup.exe to install that product. You can edit the Config.xml file to make additional customizations to the installation or you can point to a different configuration file.
特定の製品の既定の Config.xml ファイルの場所を指す、またはカスタム構成ファイルを指すように、セットアップのコマンドラインで/configを使用します。Use /config on the Setup command line to point to the location of the default Config.xml file for a particular product or to point to a custom configuration file.
Examples
カスタマイズした config.xml ファイルを指定するには以下を実行します。To point to a customized config.xml file:
\server\share\setup.exe/config\server\share\setup.exe /config
\server\share\folder\Config.xml\server\share\folder\Config.xml
フォルダー_は、Config.xml ファイルを含むフォルダーです。または、別の構成ファイルを指すようにします。where _folder is the folder that contains the Config.xml file. Or, to point to a different configuration file:
\server\share\setup.exe/config\server\share\setup.exe /config
\server\share\configfiles\oserver-quiet.xml\server\share\configfiles\oserver-quiet.xml
: 完全なパスを使用する必要があります。Setup.exe では、 /configを含む相対パスは認識されません。NOTE: You must use a full path. Setup.exe does not recognize relative paths that contain /config.
または変更する [ 商品コード ]/modify [ ProductID ]
メンテナンス モードで Setup.exe を実行し、追加機能や削除など、既存の SharePoint インストールを変更する変更した Config.xml ファイルを使用します。変更する製品の Setup.xml ファイルには、[商品コード] の値を検索します。Setup.xml ファイルは、コア製品フォルダーにあります。Setup.xml で [商品コード] は、セットアップの要素のId属性の値に等しい。例えば:Used with a modified Config.xml file to run Setup.exe in maintenance mode and make changes to an existing SharePoint installation, such as adding or removing features. Look up the value of [ ProductID] in the Setup.xml file for the product you want to modify. The Setup.xml file is located in the core product folder. In Setup.xml, [ ProductID] is equal to the value of the Id attribute of the Setup element. For example:
- <Setup Id="OServer" Type="Product" ProductCode="{40120000-110D-0000-0000-0000000FF1CE}">- <Setup Id="OServer" Type="Product" ProductCode="{40120000-110D-0000-0000-0000000FF1CE}"> Examples
\server\share\setup.exe または OServer/config を変更します。\server\share\setup.exe /modify OServer /config
\server\share\folder\AddConfig.xml\server\share\folder\AddConfig.xml
/修復する [ 商品コード ]/repair [ ProductID ]
指定した製品に必要なファイルを修復するのには、Setup.exe を実行します。[商品コード] の値を変更する製品の Setup.xml ファイルで検索します。修復モードで Setup.exe を実行しているだけのプログラムのファイルに影響を与えるし、サーバー構成やサイトは修復されません。Runs Setup.exe to repair the files that are needed for a specified product. Look up the value of [ ProductID] in the Setup.xml file for the product that you want to modify. Running Setup.exe in repair mode only affects the program files, and does not repair your server configuration or any sites.
: 構成の修復を完了するのには、 Setup.exe/repairを実行した後に、SharePoint 製品構成ウィザードを実行することもする必要があります。スタンドアロン構成を使用する場合は実行できますPsconfig.exe-セットアップウィザードを使用せずに構成を修復するコマンド ・ ラインから。サーバー ファーム構成の場合は、すべてウィザード インターフェイスを使用する必要があります。詳細については、SharePoint 製品構成ウィザードのヘルプを参照してください。NOTE: You should also run the SharePoint Products Configuration Wizard after you run Setup.exe /repair to complete the repair of the configuration. If you are using a stand-alone configuration, you can run Psconfig.exe -setup from a command line to repair the configuration instead of using the wizard. If you are in a server farm configuration, you should use the full wizard interface. For more information, see the Help for the SharePoint Products Configuration Wizard.
Example
\server\share\setup.exe/repair OServer\server\share\setup.exe /repair OServer
/アンインストール [ 商品コード ]/uninstall [ ProductID ]
指定された製品をユーザーのコンピューターから削除します。[商品コード] の値を変更する製品の Setup.xml ファイルで検索します。Removes the specified product from the user's computer. Look up the value of [ ProductID] in the Setup.xml file for the product that you want to modify.
Example
\server\share\setup.exe/OServer をアンインストールします。\server\share\setup.exe /uninstall OServer

コマンド プロンプトで Config.xml ファイルを指定して Setup.exe を実行するRun Setup.exe with a Config.xml file at a command prompt

構成ファイルを指定して Setup.exe を実行すると、サイレント インストールの間に構成の選択 (データの場所やサーバーの役割など) を指定できます。Running Setup.exe with a configuration file enables you to specify configuration choices (such as a data location or server role) during a quiet installation.

たとえば、config.xml ファイルは以下のタスクに使用できます。For example, you can use the config.xml file for the following tasks:

  • サイレント インストールを実行する。Perform a silent installation.

  • 共通の構成を使って複数のサーバーにインストールする。Install by using a common configuration across multiple servers.

  • 自動インストールまたはスクリプトによるインストールを実行する。Perform an automated or scripted install.

コマンド プロンプトで構成ファイル (Config.xml file) を使用して Setup.exe を実行するには、次の手順を使用します。Use the following procedure to run Setup.exe with a configuration file (Config.xml file) at a command prompt.

構成ファイルを使って Setup.exe を実行するTo run Setup.exe with a configuration file

  1. 製品の DVD があるドライブでルート ディレクトリに移動し、Setup.exe ファイルを見つけます。On the drive which contains the product DVD, change to the root directory to locate the Setup.exe file.

  2. Config.xml ファイルを指定して Setup.exe を実行します。Run Setup.exe with the selected Config.xml file.

    setup /config <path and file name>
    

    注意

    SharePoint サーバー 2016年の製品 DVD に含まれているファイルの例のいずれかを選択するか、独自の構成ファイルをカスタマイズできます。You can select one of the example files that is included in the SharePoint Server 2016 product DVD, or customize your own configuration file.

  3. ENTERキーを押します。Press ENTER.