構成データベース設定の指定Specify configuration database settings

の概要:SharePoint サーバーのデータベース設定を構成する方法について説明します。Summary: Learn how to configure database settings in SharePoint Server.

構成データベースを使用して、サーバー ファームの構成情報とサイトマッピング情報を保存します。サーバー ファームが 1 台のコンピューター上にすべて展開されている場合でも、複数台のコンピューターが使用されている場合でも、サーバー ファームには 1 つの構成データベースが必要です。The configuration database is used to store configuration and site-mapping information for your server farm. There must be one configuration database for your server farm whether your server farm is one computer with everything on it, or several computers.

データベース設定Database Settings

既存のデータベース サーバーに対する接続設定を、既存のユーザー アカウントを使用して指定する必要があります。You must provide connectivity settings to an existing database server through an existing user account.

データベース サーバーDatabase server

サポートされているバージョンの SQL Server 2014 SP1 の 64 ビット エディションを実行しているコンピューターの名前を入力する必要があります。サーバーまたは server\instance のいずれかとして、SQL Server を実行しているコンピューターの名前を入力することができます。You must type the name for the computer that is running a supported version of the 64 bit edition of SQL Server 2014 SP1. You can type the name of the computer that is running SQL Server as either server or server\instance.

データベース名Database name

新しい構成データベースを作成する場合は、作成する構成ウィザードのデータベース名を入力するか、事前に用意されているデータベース名を入力できます。既存のデータベース名を使用する場合は、コマンド ラインから Psconfig.exe を実行してそのデータベースに接続する必要があります。既存のデータベースには、テーブル、ストアド プロシージャ、またはその他のオブジェクトを含めることはできません。If you are creating a new configuration database, you can either type the name of the database for the configuration wizard to create, or you can type the name of a database that has been provisioned in advance. If you want to use an existing database you must run Psconfig.exe from the command line to connect to that database, and it must not contain any tables, stored procedures, or other objects.

既存の構成データベースに接続する場合は、データベース名の取得を選択できます。SQL Server を実行しているコンピューター上に存在する構成データベースが返されます、および適切な構成データベースを選択することができます。If you are connecting to an existing configuration database, you can click Retrieve Database Names. The configuration databases that exist on the computer that is running SQL Server will be returned, and you can choose the appropriate configuration database.

データベース アクセス アカウントDatabase access account

構成データベースに接続するときに常に使用される既存のユーザー アカウントの資格情報を入力する必要があります。構成データベースが別のコンピューター上でホストされている場合は、ドメイン アカウントの資格情報を指定する必要があります。You must enter the credentials for an existing user account that will always be used to connect to the configuration database. If the configuration database is hosted on a different computer, you must provide the credentials for a domain account.

SQL Server インストールを使用しているインストール環境で、ローカルまたはドメイン アカウントを入力できますが、ローカル アカウントがシングル サーバー配置でのみ使用します。後でより多くのコンピューターをファームに追加するのには柔軟性を維持するためにドメイン アカウントを使用することをお勧めします。Although you can enter either a local or a domain account in installations in which you are using a SQL Server installation, a local account will work only for single-server deployments. We recommend that you use a domain account so that you preserve the flexibility to later add more computers to the farm.

SharePoint 製品をサーバー ファーム環境に展開するには、SharePoint サービス アカウントとして指定できる一意のドメイン ユーザー アカウントが必要です。このユーザー アカウントは、構成データベースにアクセスするために使用されます。データベース アクセス アカウントは、初期データベース構成と、このファーム内のサーバーからデータベースへの継続中の接続の両方で使用されます。To deploy SharePoint products in a server farm environment, you will need a unique domain user account that you can specify as the SharePoint service account. This user account is used to access the configuration database. The database access account will be used for both initial database configuration, and ongoing connections from servers in this farm to the databases.

重要

データベース アクセス アカウントとして選択されたアカウントをサービスとして実行することを禁止するグループ ポリシーがドメインに設定されていないことを確認してください。Ensure that your domain does not have Group Policy that prohibits the account chosen as your database access account from running as a service.

このアカウントは、SharePoint サーバーの全体管理アプリケーション プールのアプリケーション プール id としても機能し、SharePoint タイマー サービスを実行するアカウントです。2016 製品を SharePoint 構成ウィザードでは、このアカウントを SQL Server ログイン、サーバーの SQL Server データベース作成者の役割とサーバーの SQL Server のセキュリティ管理者の役割に追加します。最小特権の原則に従うし、このユーザーのアカウントを web サーバーまたはデータベース サーバーの特定のセキュリティ グループのメンバーを行わないことをお勧めします。This account also acts as the application pool identity for the SharePoint Central Administration application pool and it is the account under which the SharePoint Timer service runs. The SharePoint 2016 Products Configuration Wizard adds this account to the SQL Server Logins, the SQL Server Database Creator server role, and the SQL Server Security Administrators server role. We recommend that you follow the principle of least privilege and do not make this user account a member of any particular security group on your web servers or your database servers.

データベース アクセス アカウントは次のアクセス許可を持つ必要があります: セキュリティ管理者、データベースの作成者、およびすべての SharePoint データベースのデータベース所有者 (DBO)。インストールし、SQL 認証を使用するアカウントを指定してコマンドラインから Psconfig.exe を実行する場合は、SQL Server のこのアカウントのアクセス許可を構成しなければなりません。構成ウィザードでは、SQL 認証オプションを使用してコマンドラインから Psconfig.exe ファイルを実行するとき、この構成は実行されません。The database access account must have the following permissions: security administrator, database creator, and database owner (DBO) of all SharePoint databases. If you run Psconfig.exe from the command line to install and specify the account using SQL authentication, then permissions for this account must be configured in SQL Server. The configuration wizard does not perform this configuration when you run the Psconfig.exe file from the command line with the SQL authentication option.

データベースにアクセスするために指定するアカウントには、少なくとも次のプロパティが設定されている必要があります。The account that you specify for database access must have the following properties, at minimum:

  • 構成データベースの読み取り許可と書き込み許可。The ability to read from and write to the configuration database.

  • サーバー全体のアクセス許可 (セキュリティ管理者) SQL Server にします。Server-wide permissions (security administrator) in SQL Server.

  • スキーマを作成して追加する場合は、DBO アクセス許可。To create and add a schema, the account must have DBO permissions.

さらに、構成ウィザードで新しい構成データベースを作成する場合、データベース アクセス アカウントは次のアクセス許可を持っている必要があります。Additionally, if the configuration wizard is creating a new configuration database, the database access account must have the following permissions:

  • データベースの作成Create Database

  • プロシージャの作成Create Procedure

タスクTasks

構成データベースを作成する場合、構成ウィザードは次のタスクを実行します。To create the configuration database, the configuration wizard performs the following tasks:

  1. SQL Server が最小要件を満たしていることを検証します。Validate that SQL Server meets minimum requirements.

  2. 新しいデータベースを作成するか、既存の空のデータベースに接続します。Either create a new database or connect to an existing empty database.

  3. データベース スキーマを新しい構成データベースに追加します。Add database schema to a new configuration database.

  4. 現在のサーバーをトポロジに追加します。Add current server to the topology.

  5. データベース アクセス アカウントの資格情報を構成データベースに追加します。Add database access account credentials to the configuration database.

  6. データベース接続文字列をローカル コンピューターのレジストリに書き込みます。Write database connection string to the registry on the local computer.

構成データベースから切断する場合、構成ウィザードは次のタスクを実行します。To disconnect from a configuration database, the configuration wizard performs the following tasks:

  1. 構成データベース接続文字列を削除します。Remove the configuration database connection string.

  2. ローカル コンピューターで実行中のジョブ/タスク スケジューリング NT サービスを停止します。Stop the job/task scheduling NT service running on the local computer.

  3. コンピューター固有のデータを古い構成データベースから削除します。Remove computer-specific data from the old configuration database.