SharePoint Server で診断ログを構成するConfigure diagnostic logging in SharePoint Server

適用対象: はい 2013  yes 2016  yes 2019  SharePoint なしAPPLIES TO: yes2013 yes2016 yes2019 noSharePoint

前提条件Prerequisites

サーバーの全体管理 からこの操作を実行するユーザー アカウントは、ファームの管理者 SharePoint グループのメンバーである必要があります。The user account that is performing procedures from Central Administrationmust be a member of the Farm Administrators SharePoint group.

診断ログ設定のベスト プラクティスDiagnostic logging setting best practices

SharePoint Server 環境では、最初の展開またはアップグレードの後や、環境に何らかの変更があった場合に (サーバーの追加/削除など)、診断ログ設定の構成が必要になることがあります。具体的な環境に合わせたベスト プラクティスの形成には、以下のガイドラインが参考になります。The SharePoint Server environment might require configuration of the diagnostic logging settings after initial deployment, after upgrade, and if a change is made to the environment, such as adding or removing a server. The guidelines in the following list can help you form best practices for the specific environment.

  • サーバーがログを書き込むドライブを変更します。Change the drive to which the server writes logs.

    既定では、SharePoint Server のインストール先と同じドライブとパーティションに診断ログが書き込まれるように構成されています。診断ログは大量のディスク領域を使用する場合があり、ログの書き込みはドライブのパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。したがって、SharePoint Server は、SharePoint Server のインストール先とは別のドライブに書き込まれるように構成することをお勧めします。また、SharePoint Server がログを書き込むドライブへの接続速度を検討する必要もあります。詳細レベルのログ出力が構成されている場合は、サーバーは大量のデータを記録するので、接続速度が遅いとログのパフォーマンスが低下する可能性があります。By default, SharePoint Server writes diagnostic logs to the same drive and partition on which it was installed. Because diagnostic logging can use a large amount of drive space and compromise drive performance, you should configure SharePoint Server to write to another drive on which SharePoint Server is not installed. You should also consider the connection speed to the drive on which SharePoint Server writes the logs. If verbose-level logging is configured, the server records a large amount of data. Therefore, a slow connection might result in poor log performance.

  • ログによるディスク領域の使用を制限します。Restrict log disk space usage.

    既定では、診断ログで使用できるディスク領域の量が制限されていません。したがって、特に詳細レベルのイベントを書き込むようにログを構成している場合は、ログで使用するディスク領域を制限してください。ディスクの使用量がこの制限に達すると、SharePoint Server は一番古いログを削除してから、新しいログ データを記録します。By default, the amount of disk space that diagnostic logging can use is unlimited. Therefore, restrict the disk space that logging uses, especially if you configure logging to write verbose-level events. When the disk reaches the restriction, SharePoint Server removes the oldest logs before it records new logging data.

  • 詳細設定の使用は控えめにします。Use the Verbose setting sparingly.

    診断ログは、詳細レベルのイベントを記録するように構成できます。このように構成すると、SharePoint Server は自身が行うすべての処理を記録しますが、詳細レベルのログは急速にドライブの領域を使用し、これがドライブやサーバーのパフォーマンスに影響を与える場合があります。詳細レベルのログは、重要な変更を行う場合に、より詳細な情報を記録するときに使用します。変更が完了したら、概要レベルのイベントのみが記録されるようにログを再構成します。You can configure diagnostic logging to record verbose-level events. This means that SharePoint Server records every action that it takes. Verbose-level logging can quickly use drive space and affect drive and server performance. You can use verbose-level logging to record more detail when you are making critical changes and then reconfigure logging to record only higher-level events after you make the change.

  • 定期的にログをバックアップします。Regularly back up logs.

    診断ログには重要なデータが含まれます。したがって、定期的にログをバックアップし、このデータが失われないようにします。ログ ドライブの領域の使用を制限するか、数日間しかログを保持しない場合、しきい値に達すると、SharePoint Server は、一番古いものから順番にログ ファイルを自動的に削除していきます。Diagnostic logs contain important data. Therefore, back up the logs regularly to ensure that this data is preserved. When you restrict log drive space usage, or if you keep logs for only a few days, SharePoint Server automatically deletes log files, starting with the oldest files first, when the threshold is met.

  • イベント ログのオーバーフロー防止機能を有効にします。Enable event log flooding protection.

    この設定を有効にすると、Windows イベント ログに繰り返し出現するイベントが SharePoint Server によって検出されます。ログに繰り返し記録されるイベントが検出されると、通常の状態に戻るまでそのイベントは抑制されます。When you enable this setting, SharePoint Server detects repeating events in the Windows event log, and suppresses them until conditions return to a typical state.

イベント ログとトレース ログの診断ログのレベルは設定できます。これにより、各ログに書き込まれる情報の種類と量が制限されます。次の表は、イベント ログとトレース ログで設定できるレベルを示しています。You can set the level of diagnostic logging for the event log and for the trace log. This limits the types and amount of information that are written to each log. The following tables define the levels of logging that are available for the event log and trace log.

イベント ログのレベルEvent log levels

レベルLevel 定義Definition
なしNone
ログを記録しません。No logging occurs.
重大Critical
このメッセージの種類は、ソリューションに重い障害を引き起こす重大なエラーが発生したことを意味します。This message type indicates a serious error that has caused a major failure in the solution.
エラーError
このメッセージの種類は、緊急事態が発生したことを意味します。すべてのエラー イベントを調査する必要があります。This message type indicates an urgent condition. You should investigate all error events.
警告Warning
このメッセージの種類は、潜在的な問題や留意すべき問題が存在することを意味します。警告メッセージは継続的に調査して、問題のパターンを把握する必要があります。This message type indicates a potential problem or issue that might require attention. You should review and track warning messages for patterns over time.
情報Information
情報メッセージについては、特に対処は必要ありません。このメッセージにより、ソリューションの状態を監視する際に役立つデータを入手できます。Information messages do not require any action. However, they can provide valuable data for monitoring the state of your solution.
詳細Verbose
このイベント ログ レベルでは、イベントまたはメッセージが詳細に記録されます。This event log level corresponds to lengthy events or messages.

トレース ログのレベルTrace log levels

レベルLevel 定義Definition
なしNone
トレース ログは記録されません。No trace logs are written.
原因不明Unexpected
ソリューションの処理を停止させるようなイベントに関するメッセージが記録されます。このレベルが設定されたログには、原因不明、例外、アサート、およびクリティカル レベルのイベントが含まれます。This level records messages about events that cause solutions to stop processing. When set to this level, the log will include events at the Unexpected, Exception, Assert, and Critical levels.
モニター可能Monitorable
ソリューションの機能性を制限するが、アプリケーションの停止には至らないような、修復不可能なすべてのイベントに関するメッセージが記録されます。また、このレベルが設定されたログには、"原因不明" 設定によって記録されたすべてのイベントが含まれます。This level records messages about all unrecoverable events that limit the functionality of the solution but do not stop the application. When set to this level, the log also includes events that the Unexpected setting records.
High
原因不明であるが、ソリューションの処理を停止させないようなすべてのイベントが記録されます。また、このレベルが設定されたログには、"モニター可能" 設定によって記録されたすべてのイベントが含まれます。This level records all events that are unexpected but which do not stop the processing of a solution. When set to log at this level, the log also includes all events that the Monitorable setting records.
Medium
このレベルが設定されたトレース ログには、詳細および VerboseEx 以外のすべてのメッセージが含まれます。このレベルでは、実行された処理に関するすべての概要情報のほか、データ フローと処理シーケンスを構築できるだけの詳細情報も記録されます。管理者やサポート担当者がトラブルシューティングの目的で、このレベルのログを使用する場合もあります。また、このレベルが設定されたログには、"高" 設定によって記録されたすべてのイベントが含まれます。When set to this level, the trace log includes all messages except Verbose and VerboseEx messages. This level records all high-level information about operations that were performed. This level provides enough detail to construct the data flow and sequence of operations. Administrators or support professionals could use this level of logging to troubleshoot issues. When set to this level, the log will also include all events that the High setting records.
詳細Verbose
このレベルが設定したトレース ログにはほとんどの操作が含まれます。詳細トレースでは大量のログ メッセージが生成されます。このレベルは、通常、開発環境においてデバッグの目的でのみ使われます。また、このレベルが設定されたログには、"中" 設定によって記録されたすべてのイベントが含まれます。When set to this level, the log includes most actions. Verbose tracing produces many log messages. This level is typically used only for debugging in a development environment. When set to log at this level, the log will also include all events that the Medium setting records.
VerboseExVerboseEx
Set-SPLogLevel PowerShell コマンドレットでのみサポートされ、非常に細かな診断データが含まれるこのレベルは、開発環境でのみ使用することをお勧めします。このレベルが設定されたログには、"詳細" 設定によって記録されたすべてのイベントが含まれます。 This level is only supported by the Set-SPLogLevel PowerShell cmdlet, and includes very low-level diagnostic data. This level should only be used in a development environment. When set to this level, the log includes all events that the Verbose setting records.

サーバーの全体管理を使用して診断ログを構成するConfigure diagnostic logging by using Central Administration

SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトを使用して、診断ログを構成できます。You can use the SharePoint Central Administration website to configure diagnostic logging.

サーバーの全体管理を使用して診断ログを構成するにはTo configure diagnostic logging by using Central Administration

  1. サーバーの全体管理のホーム ページで、[ 監視] をクリックします。In Central Administration, on the home page, click Monitoring.

  2. [監視] ページの [ レポート] セクションで、[ 診断ログの構成] をクリックします。On the Monitoring page, in the Reporting section, click Configure diagnostic logging.

  3. [診断ログ] ページの [ 記録されるイベントの設定] セクションで、次のように記録されるイベントを構成します。On the Diagnostic Logging page, in the Event Throttling section, configure event throttling as follows:

    すべてのカテゴリについて記録されるイベントを構成するには:To configure event throttling for all categories:

  4. [ すべてのカテゴリ] チェック ボックスをオンにします。Select the All Categories check box.

  5. [ イベント ログの記録対象となる重要度の最も低いイベント] の一覧で、イベント ログのレベルを選択します。Select the event log level from the Least critical event to report to the event log list.

  6. [ トレース ログの記録対象となる重要度の最も低いイベント] の一覧で、トレース ログのレベルを選択します。Select the trace log level from the Least critical event to report to the trace log list.

    特定のカテゴリについて記録されるイベントを構成するには:To configure event throttling for one or more categories:

  7. 対象のカテゴリのチェック ボックスをオンにします。Select the check boxes of the categories that you want.

  8. [ イベント ログの記録対象となる重要度の最も低いイベント] の一覧で、イベント ログのレベルを選択します。Select the event log level from the Least critical event to report to the event log list.

  9. [ トレース ログの記録対象となる重要度の最も低いイベント] の一覧で、トレース ログのレベルを選択します。Select the trace log level from the Least critical event to report to the trace log list.

    特定のサブカテゴリについて記録されるイベントを構成するには (カテゴリを展開し、任意のサブカテゴリを選択できます):To configure event throttling for one or more subcategories (you can expand one or more categories and select any subcategory):

  10. カテゴリの横にあるプラス記号 [ (+)] をクリックして、カテゴリを展開します。Click the plus (+) next to the category to expand the category.

  11. サブカテゴリのチェック ボックスをオンにします。Select the check box of the subcategory.

  12. [ イベント ログの記録対象となる重要度の最も低いイベント] の一覧で、イベント ログのレベルを選択します。Select the event log level from the Least critical event to report to the event log list.

  13. [ トレース ログの記録対象となる重要度の最も低いイベント] の一覧で、トレース ログのレベルを選択します。Select the trace log level from the Least critical event to report to the trace log list.

    すべてのカテゴリについて記録されるイベントを既定の設定に戻すには:To return event throttling for all categories to default settings:

  14. [ すべてのカテゴリ] チェック ボックスをオンにします。Select the All Categories check box.

  15. [ イベント ログの記録対象となる重要度の最も低いイベント] ボックスの一覧から [ 既定に戻す] を選択します。Select Reset to default from the Least critical event to report to the event log list.

  16. [ トレース ログの記録対象となる重要度の最も低いイベント] ボックスの一覧から [ 既定に戻す] を選択します。Select Reset to default from the Least critical event to report to the trace log list.

  17. [ イベント ログのオーバーフロー防止] セクションで、[ イベント ログのオーバーフロー防止機能を有効にする] チェック ボックスをオンにします。In the Event Log Flood Protection section, select the Enable Event Log Flood Protection check box.

  18. [ トレース ログ] セクションの [ パス] ボックスに、ログを書き込むフォルダーのパスを入力します。In the Trace Log section, in the Path box, type the path of the folder to which you want logs to be written.

  19. [ ログ ファイルの保存日数] ボックスに、ログを保持する日数 (1 ~ 366) を入力します。この期間が過ぎると、ログは自動的に削除されます。In the Number of days to store log files box, type the number of days (1-366) that you want logs to be kept. After this time, logs will automatically be deleted.

  20. ログが使用できるディスク領域を制限するには、[ トレース ログのディスク領域の使用を制限する] チェック ボックスをオンにし、ログ ファイルの制限値をギガバイト (GB) 単位で入力します。ログがこの値に達すると、古いログが自動的に削除されます。To restrict the disk space that logs can use, select the Restrict Trace Log disk space usage check box, and then type the number gigabytes (GB) you want to restrict log files to. When logs reach this value, older logs will automatically be deleted.

  21. [診断ログ] ページで必要な変更を行った後、[ OK] をクリックします。After you have made the changes that you want on the Diagnostic Logging page, click OK.

PowerShell を使用して診断ログを構成するConfigure diagnostic logging by using PowerShell

PowerShell を使用して、診断ログを構成できます。You can use PowerShell to configure diagnostic logging.

PowerShell を使用して診断ログを構成するにはTo configure diagnostic logging by using PowerShell

  1. 次のメンバーシップがあることを確認します。Verify that you have the following memberships:
  • SQL Server インスタンスにおける securityadmin 固定サーバー ロール。securityadmin fixed server role on the SQL Server instance.

  • 更新するすべてのデータベースに対する db_owner 固定データベース ロール。db_owner fixed database role on all databases that are to be updated.

  • PowerShell コマンドレットを実行するサーバーでの Administrators グループ。Administrators group on the server on which you are running the PowerShell cmdlets.

    管理者は Add-SPShellAdmin コマンドレットを使用して、PowerShell のコマンドレットを使用する権限を付与できます。An administrator can use the Add-SPShellAdmin cmdlet to grant permissions to use PowerShell cmdlets.

    Note

    アクセス許可がない場合は、セットアップ管理者または SQL Server 管理者に連絡してアクセス許可を要求してください。PowerShell アクセス許可の詳細については、「Add-SPShellAdmin」を参照してください。If you do not have permissions, contact your Setup administrator or SQL Server administrator to request permissions. For additional information about PowerShell permissions, see Add-SPShellAdmin.

  1. SharePoint 管理シェルから、サーバーがログを書き込むドライブを変更します。From the SharePoint Management Shell, change the drive to which the server writes logs.

  2. PowerShell コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。At the PowerShell command prompt, type the following command:

Set-SPDiagnosticConfig -LogLocation D:\DiagnosticLogs
  1. ログによるディスク領域の使用を制限するには、PowerShell のコマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。To restrict log disk space usage, at the PowerShell command prompt, type the following command:
Set-SPDiagnosticConfig -LogMaxDiskSpaceUsageEnabled
<span data-ttu-id="f22dc-226">または、ログの最大ディスク領域を割り当てます。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="f22dc-226">Or assign the maximum disk space for logs:</span></span>
Set-SPDiagnosticConfig -LogDiskSpaceUsageGB 500
  1. 現在のログ レベルを表示するには、PowerShell のコマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。To view the current logging level, at the PowerShell command prompt, type the following command:
Get-SPLogLevel
  1. ログ レベルを変更するには、PowerShell のコマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。To change the logging level, at the PowerShell command prompt, type the following command:
Set-SPLogLevel -TraceSeverity Monitorable
<span data-ttu-id="f22dc-229">すべてのカテゴリの設定を既定のレベルに戻すには、PowerShell のコマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="f22dc-229">To set all categories back to default levels, at the PowerShell command prompt, type the following command, and then press ENTER:</span></span> 
Clear-SPLogLevel
  1. イベント ログのオーバーフロー防止機能を有効にするには、PowerShell のコマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。To enable event log flooding protection, at the PowerShell command prompt, type the following command:
Set-SPDiagnosticConfig -EventLogFloodProtectionEnabled

詳細については、「Set-SPDiagnosticConfig」、「Set-SPLogLevel」、「Get-SPLogLevel」を参照してください。For more information, see Set-SPDiagnosticConfig, Set-SPLogLevel and Get-SPLogLevel.

関連項目See also

概念Concepts

SharePoint Server 2016 での監視の概要Overview of monitoring in SharePoint Server