SharePoint Server ファームの送信電子メールを構成するConfigure outgoing email for a SharePoint Server farm

適用対象: はい 2013  yes 2016  yes 2019  SharePoint なしAPPLIES TO: yes2013 yes2016 yes2019 noSharePoint

Note

SMTP 認証機能は、SharePoint Server 2019 でのみ使用できます。The SMTP authentication feature is only available in SharePoint Server 2019.

Note

TLS 接続暗号化機能は、SharePoint Server 2016 以降でのみ使用できます。The TLS connection encryption feature is only available in SharePoint Server 2016 or later.

この記事では、SharePoint Server 用のファームまたは特定の web アプリケーションの送信電子メールを構成する方法について説明します。This article describes how to configure outgoing email for a farm or for a specific web application for SharePoint Server. また、送信電子メールを有効にするために使用する必要のある SMTP サービスのインストールおよび構成方法についても説明します。This article also describes how to install and configure the SMTP service that you must use to enable outgoing email.

SharePoint Server をインストールし、サーバーファームの初期構成を完了したら、送信電子メールを構成できます。After you have installed SharePoint Server and completed the initial configuration of your server farm, you can configure outgoing email. そのためには、リスト、ライブラリ、ドキュメントなど、サイト アイテムを追跡するための通知をユーザーが作成できるようにします。Doing so enables users to create alerts to track such site items as lists, libraries, and documents. また、サイト管理者は、サイトの所有者が指定の記憶域を超過したという情報など、サイト管理者が対処するべき問題についての管理メッセージを受け取ることができます。In addition, site administrators can receive administrative messages about site administrator issues, such as the information that site owners have exceeded their specified storage space. 詳細については、「 SharePoint Server ファームの送信メールを計画する」を参照してください。For more information, see Plan outgoing email for a SharePoint Server farm.

特定の Web アプリケーションの送信電子メールを構成するには、まず、ファーム内のすべての Web アプリケーションに対して既定の送信電子メールを構成します。特定の Web アプリケーション用に送信電子メールを構成すると、その構成がファーム内のすべての Web アプリケーション用の既定の構成より優先されます。To configure outgoing email for a specific web application, first configure the default outgoing email for all web applications in the farm. If you configure the outgoing email for a specific web application, that configuration will override the default configuration for all web applications in the farm.

Microsoft PowerShell を使用して、特定の web アプリケーションの送信電子メールを構成することもできます。You can also configure outgoing email for a specific web application by using Microsoft PowerShell. 詳細については、「 SharePoint Server 2016 の送信電子メール構成の設定」の「特定の web アプリケーションの設定を構成する」を参照してください。For more information, see the "Configure the settings for a specific web application" section in SharePoint Server 2016 outgoing email configuration settings.

始める前にBefore you begin

この操作を開始する前に、前提条件に関する以下の情報を確認してください。Before you begin this operation, review the following information about prerequisites:

  • コンピューターで SharePoint Server 2019、SharePoint Server 2016、SharePoint Server 2013、または SharePoint Foundation 2013 が実行されています。Your computer is running SharePoint Server 2019, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2013, or SharePoint Foundation 2013.

  • サーバー ファーム内の 1 つ以上のサーバーが、簡易メール転送プロトコル (SMTP) サービスを実行していて、有効な SMTP サーバー アドレスを持っていること。または、ファーム外にあり、SMTP サービスを実行しているサーバーの名前を知っていること。One or more servers in the server farm are running the Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) service and have a valid SMTP server address. Alternatively, you must know the name of a server outside the farm that is running the SMTP service.

SMTP サービスをインストールおよび構成する。Install and configure the SMTP service

送信電子メールを有効にする前に、どの SMTP サーバーを使用するかを決定する必要があります。この SMTP サーバーは、匿名 SMTP 電子メールの送信を許可するように構成する必要があります。SMTP サーバーは、ファーム内のサーバーでもファーム外のサーバーでもかまいません。Before you can enable outgoing email, you must determine which SMTP server to use. This SMTP server must be configured to allow anonymous SMTP email submissions. The SMTP server can be a server in the farm or outside the farm.

Note

Exchange Server を使用して匿名 SMTP 電子メール メッセージを送信することが許可されていない組織の場合は、匿名電子メール メッセージを受信する SharePoint ファーム内のローカル SMTP サーバーを使用して、匿名 SMTP 電子メール メッセージを送信できます。ローカル SMTP サーバーは、メッセージを自動的に認証し、Exchange Server を実行するコンピューターに転送します。If your organization does not allow anonymous SMTP email messages to be sent by using Exchange Server, you can use a local SMTP server in the SharePoint farm that accepts anonymous email messages. The local SMTP server automatically authenticates the messages and then forwards them to the computer that's running Exchange Server.

SMTP サービスをインストールするInstall the SMTP service

SMTP サービスをインストールするには、サーバー マネージャーで機能の追加ウィザードを使用します。このウィザードは、既定の SMTP 構成を作成します。この既定の SMTP 構成をカスタマイズすることにより、組織の要求に対応できます。To install the SMTP service, use the Add Features Wizard in Server Manager. The wizard creates a default SMTP configuration. You can customize this default SMTP configuration to meet the requirements of your organization.

サーバーに SMTP サービスが既にインストールされている場合は、「 smtp サービスを構成する」に進みます。If you've already installed the SMTP service on a server, skip to Configure the SMTP service.

SMTP サービスをインストールするにはTo install the SMTP service

  1. この手順を実行するユーザーアカウントが、アプリケーションサーバーの Administrators グループのメンバーであることを確認します。Verify that the user account that is performing this procedure is a member of the Administrators group on the application server.

  2. サーバーマネージャーを開き、[管理] をクリックして、[役割と機能の追加] を選択します。Open Server Manager, click Manage, and select Add Roles and Features.

  3. [機能の選択] ページが表示されるまで [次へ] をクリックし、[ SMTP サーバー]、[機能の追加]、[次へ] の順にクリックします。Click Next until the Select features page appears, select SMTP Server, click Add Features, and then click Next..

  4. [インストール オプションの確認] ページで [ インストール] をクリックします。On the Confirm Installation Selections page, click Install.

  5. [インストールの結果] ページで、インストールが正常に終了したことを確認し、[閉じる] をクリックします。On the Installation Results page, check that the installation finished successfully, and then click Close.

SMTP サービスを構成するConfigure the SMTP service

SMTP サービスをインストールしたら、ファーム内のサーバーから電子メール メッセージを送信するようにサービスを構成する必要があります。After you install the SMTP service, you configure it to send email messages from servers in the farm.

明示的に除外したサーバー以外のすべてのサーバーに中継された電子メール メッセージを送信するように構成できます。また、明示的に含めたサーバー以外のすべてのサーバーへのメッセージを拒否することもできます。サーバーは、個別に追加することも、サブネット単位またはドメイン単位のグループで追加することもできます。You can decide to send relayed email messages to all servers except those that you specifically exclude. Alternatively, you can block messages to all servers except those that you specifically include. You can include servers individually or in groups by subnet or domain.

匿名アクセスと電子メール メッセージの中継の両方を有効にすると、SMTP サーバーが未承諾の広告宣伝メール (迷惑メール) の中継に利用される可能性が高くなります。迷惑メールを防ぐようにメール サーバーを慎重に構成し、この可能性を抑えることが重要です。これを行うための方法の 1 つとして、電子メール メッセージの中継を特定のサーバーまたはドメインに制限し、それ以外のすべてのサーバーからの中継を阻止する方法があります。If you enable anonymous access and relayed email messages, you increase the possibility that the SMTP server will be used to relay unsolicited commercial email messages (spam). It is important to limit this possibility by carefully configuring mail servers to help protect against spam. One way that you can do this is by limiting relayed email messages to a list of specific servers or to a domain, and by preventing relayed email messages from all other servers.

Note

Windows Server 2008、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016 で SMTP サービスを管理するには、インターネットインフォメーションサービス (IIS) の6.0 マネージャーを使用する必要があります。To manage the SMTP service on Windows Server 2008, Windows Server 2012 R2 and Windows Server 2016, you must use Internet Information Services (IIS) 6.0 Manager. サーバー マネージャーに IIS 6.0 管理ツールがインストールされていることを確認してください。Ensure that you install IIS 6.0 Management tools in Server Manager.

IIS 6.0 管理ツールをインストールするにはTo install IIS 6.0 Management tools

  1. 次の管理者の資格情報を持っていることを確認します。Verify that you have the following administrative credentials:
  • フロントエンド Web サーバーの Administrators グループのメンバーである必要があります。You must be a member of the Administrators group on the front-end web server.
  1. サーバーマネージャーを開き、[管理] をクリックして、[役割と機能の追加] を選択します。Open Server Manager, click Manage, and select Add Roles and Features.

  2. [サーバーの役割の選択] ページが表示されるまで [次へ] をクリックし、[管理ツール] および [ IIS 6 管理互換] を選択して、[インストール] をクリックします。Click Next until the Select server roles page appears, select Management Tools and IIS 6 Management compatibility, and then click Install.

  3. [ アプリケーション サーバー] セクションで、[ 役割サービスの追加] をクリックします。In Application Server section, click Add Role Services.

  4. [役割サービスの選択] ページで、[管理ツール] および [IIS 6 管理互換] をクリックし、[インストール] をクリックします。On the Select Role Services page, select Management Tools and IIS 6 Management compatibility, and then click Install.

SMTP サービスを構成するにはTo configure the SMTP service

  1. この手順を実行するユーザーアカウントが、アプリケーションサーバーの Administrators グループのメンバーであることを確認します。Verify that the user account that is performing this procedure is a member of the Administrators group on the application server.

  2. サーバーマネージャーを開き、[ツール] をクリックして、[インターネットインフォメーションサービス (IIS) 6.0 Manager] をクリックします。Open Server Manager, click Tools, and select click Internet Information Services (IIS) 6.0 Manager.

  3. IIS マネージャーで、構成する SMTP サーバーが含まれるサーバー名を展開します。In IIS Manager, expand the server name that contains the SMTP server that you want to configure.

  4. 構成する SMTP 仮想サーバーを右クリックし、[開始] をクリックして、サーバーを再度右クリックし、[プロパティ] をクリックします。Right-click the SMTP virtual server that you want to configure, and then click Start, and then right-click the server again and click Properties.

  5. [ アクセス] タブで、[ アクセス制御] 領域の [ 認証] をクリックします。On the Access tab, in the Access control area, click Authentication.

  6. [認証] ダイアログで、[匿名アクセス] が選択されていることを確認し、[ OK] をクリックします。In the Authentication dialog, verify that Anonymous access is selected, and click OK.

  7. [ アクセス] タブで、[ 中継の制限] 領域の [ 中継] をクリックします。On the Access tab, in the Relay restrictions area, click Relay.

  8. 電子メール メッセージを任意のサーバーに中継できるようにするには、[ 以下のリストに含まれるコンピューター以外のすべて] をクリックします。To enable relayed email messages to any server, click All except the list below.

  9. 1 つ以上の特定のサーバーから中継された電子メール メッセージを受け付けるようにするには、以下の手順に従います。To accept relayed email messages from one or more specific servers, follow these steps:

    • [ 以下のリストに含まれるコンピューターのみ] を選択します。Click Only the list below.

    • [ 追加] をクリックし、サーバーを IP アドレスで 1 つずつ追加するか、サブネットまたはドメインを使ってグループで追加します。Click Add, and then add servers one at a time by IP address, or in groups by using a subnet or domain.

    • [ OK] を3回クリックして、コンピューター中継の制限、およびプロパティdialoges を閉じます。Click OK three times to close the Computer, Relay Restrictions, and Properties dialoges.

SMTP サービスが実行中で、かつ自動的に開始されるように設定されていることを確認します。このように設定するには、以下の手順に従ってください。Ensure that the SMTP service is running and set to start automatically. To do this, use the following procedure.

SMTP サービスが自動的に開始されるように設定するにはTo set the SMTP service to start automatically

  1. サーバーマネージャーを開き、[ツール] をクリックし、[サービス] をクリックします。Open Server Manager, click Tools, and then click Services.

  2. [ サービス] で、[ Simple Mail Transfer Protocol (SMTP)] を右クリックし、[ プロパティ] をクリックします。In Services, right-click Simple Mail Transfer Protocol (SMTP), and then select Properties.

  3. [ Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) のプロパティ] ダイアログの [全般] タブで、[スタートアップの種類] の一覧から [自動] を選択し、[ OK] をクリックします。In the Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) Properties dialog, on the General tab, in the Startup type list, select Automatic, and then click OK.

ファーム内の各サーバーでアプリケーション資格情報キーを設定するSet the application credential key on each server in the farm

Note

SharePoint Server 2019 で SMTP 認証機能を使用している場合は、サーバーでアプリケーション資格情報キーを設定するだけでよい。You only need to set the application credential key on your servers if you're using the SMTP authentication feature on SharePoint Server 2019.

電子メールを送信する前に SMTP サーバーに対して認証を行う場合は、まず、証明書を提供する前に、ファーム内の各 SharePoint サーバーでアプリケーション資格情報キーを設定する必要があります。If you will authenticate to the SMTP server before sending email, you must first set an application credential key on each SharePoint server in the farm before providing the credentials. Application credential キーは、SMTP パスワードの暗号化と復号化に使用される個別のパスワードです。The application credential key is a separate password that is used to encrypt and decrypt the SMTP password. アプリケーション資格情報キーは、ファーム内のすべての SharePoint サーバーで同一である必要があります。The application credential key must be identical on all SharePoint servers in the farm.

ファーム内の各サーバーでアプリケーション資格情報キーを設定するにはTo set the application credential key on each server in the farm

  1. ファーム内の SharePoint サーバーの [スタート] メニューからSharepoint 管理シェルを起動します。Launch the SharePoint Management Shell from the Start menu of a SharePoint server in the farm.

  2. 次の PowerShell コマンドを実行し<ます。ここ>で、application CREDENTIAL キーは、SMTP パスワードの暗号化と復号化に使用するパスワードです。Run the following PowerShell commands, where <application credential key> is the password to be used to encrypt and decrypt the SMTP password:

    $key = ConvertTo-SecureString -String "<application credential key>" -AsPlainText -Force
    Set-SPApplicationCredentialKey -Password $key
    
  3. ファーム内の追加の各 SharePoint サーバーで、各サーバー上の同じアプリケーション資格情報キーを使用して、PowerShell コマンドを繰り返します。Repeat the PowerShell commands on each additional SharePoint server in the farm, using the same application credential key on each server.

ファームの送信電子メールを構成するConfigure outgoing email for a farm

SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトを使用して、ファームの送信電子メールを構成できます。送信電子メールを構成するには、以下の手順に従います。手順を完了すると、ユーザーは、個々のサイト コレクションの変更および更新を追跡できるようになります。さらに、サイト管理者は、ユーザーからサイトへのアクセス要求があった場合などに通知を受け取れるようになります。You can configure outgoing email for a farm by using the SharePoint Central Administration website. Use the following procedures to configure outgoing email. After you complete the procedures, users can track changes and updates to individual site collections. In addition, site administrators can, for example, receive notices when users request access to a site.

サーバーの全体管理を使用してファームの送信電子メールを構成するにはTo configure outgoing email for a farm by using Central Administration

  1. この手順を実行するユーザーアカウントが、サーバーの全体管理を実行しているサーバーの Farm Administrators グループのメンバーであることを確認します。Verify that the user account that is performing this procedure is a member of the Farm Administrators group on the server that is running Central Administration.

  2. サーバーの全体管理で、[ システム設定] をクリックします。In Central Administration, click System Settings.

  3. [システム設定] ページの [ 電子メールとテキスト メッセージ (SMS)] セクションで、[ 送信メール設定の構成] をクリックします。On the System Settings page, in the E-Mail and Text Messages (SMS) section, click Configure outgoing e-mail settings.

  4. [送信メールの設定] ページの [ メールの設定] セクションで、送信電子メール用の SMTP サーバー名 (mail.example.com など) を [ 送信 SMTP サーバー] ボックスに入力します。On the Outgoing E-Mail Settings page, in the Mail Settings section, type the SMTP server name for outgoing email (for example, mail.example.com) in the Outbound SMTP server box.

  5. [送信 smtp サーバーのポート] ボックスに、smtp サーバーのポート番号を入力します。In the Outbound SMTP server port box, type the port number of your SMTP server. ポート番号が指定されていない場合、SharePoint はポート25を使用するように既定で設定されます。If no port number is specified, SharePoint will default to using port 25.

  6. [ 差出人アドレス] ボックスに、電子メールの受信者に表示される電子メール アドレスを入力します。In the From address box, type the email address as you want it to be displayed to email recipients.

  7. [返信先アドレス] ボックスに、電子メールの受信者が返信に使用する電子メールアドレスを入力します。In the Reply-to address box, type the email address to which you want email recipients to reply.

  8. [ 文字セット] の一覧で、使用中の言語に適した文字セットを選択します。In the Character set list, select the character set that is appropriate for your language.

  9. SMTP サーバーが認証を必要としない場合は、[ smtp サーバーの認証] セクションで、[匿名] ラジオボタンを選択します。In the SMTP server authentication section, select the Anonymous radio button if your SMTP server doesn't require authentication. それ以外の場合は、SMTP サーバーで認証が必要な場合は、[認証済み] ラジオボタンを選択します。Otherwise, select the Authenticated radio button if your SMTP server requires authentication.

    • [認証済み] ラジオボタンを選択した場合は、[ユーザー名] ボックスにユーザー名を入力し、[パスワード] ボックスにパスワードを入力します。If you selected the Authenticated radio button, provide the user name in the User name box and the password in the Password box.

    Note

    SMTP サーバーに対して認証を行う Windows アカウントを使用している場合は、ユニバーサルプリンシパル名 (UPN) 形式 (user@domain.com) または NT4 ログイン形式 (DOMAIN\user) のいずれかを使用して、ユーザー名を指定できます。If you're using a Windows account to autheticate to the SMTP server, you can specify the user name using either the Universal Principal Name (UPN) format (user@domain.com) or the NT4 login format (DOMAIN\user). Windows 以外のアカウントを使用して SMTP サーバーに対して認証を行う場合は、電子メール管理者に連絡して、正しいユーザー名の形式を確認してください。If you're using a non-Windows account to authenticate to the SMTP server, contact your email administrator to determine the correct user name format.

  10. [ TLS 接続暗号化を使用する] ボックスで、 [はい] ラジオボタンを選択して、電子メールを送信する前に、SharePoint が SMTP サーバーへの暗号化された接続を確立するよう要求します。In the Use TLS connection encryption box, select the Yes radio button to require SharePoint to establish an encrypted connection to the SMTP server before sending email. それ以外の場合は、[いいえ] ラジオボタンを選択します。Otherwise, select the No radio button.

    Note

    TLS 経由で電子メールを送信するには、SharePoint サーバーによって信頼されている有効な TLS 証明書 (上記で入力した SMTP サーバー名と一致する) を使用して SMTP サーバーを構成する必要があります。The SMTP server must be configured with a valid TLS certificate (matching the SMTP server name entered above) that is trusted by the SharePoint server in order for email to be sent via TLS.

  11. [OK] をクリックします。Click OK.

Microsoft PowerShell を使用してファームの送信電子メールを構成するにはTo configure outgoing email for a farm by using Microsoft PowerShell

Note

SMTP 認証の資格情報を指定する手順は、SharePoint Server 2019 を実行している場合にのみ適用されます。These steps to specify credentials for SMTP authentication only apply if you're running SharePoint Server 2019.

  1. SharePoint 2019 管理シェルを開きます。Open the SharePoint 2019 Management Shell.

  2. 次の PowerShell コマンドを実行して、SharePoint サーバーの全体管理 web アプリケーションを取得し、その web アプリケーションの送信電子メール設定を構成します。Run the following PowerShell commands to get the SharePoint Central Administration web application and then configure the outgoing email settings for that web application. その web アプリケーションに格納されている設定は、ファーム全体に適用されます。The settings stored in that web application will apply to the entire farm.

$CentralAdmin = Get-SPWebApplication -IncludeCentralAdministration | ? { $_.IsAdministrationWebApplication -eq $true }

$SmtpServer = "mail.example.com"
$SmtpServerPort = 587
$FromAddress = "user@example.com"
$ReplyToAddress = "replyto@example.com"
$Credentials = Get-Credential

Set-SPWebApplication -Identity $CentralAdmin -SMTPServer $SmtpServer -SMTPServerPort $SmtpServerPort -OutgoingEmailAddress $FromAddress -ReplyToEmailAddress $ReplyToAddress -SMTPCredentials $Credentials

Note

SMTP 認証の資格情報を指定するには、資格情報を取得するコマンドレットを使用し、それを-SMTPCredentials パラメーターの値として渡します。To specify credentials for SMTP authentication, use the Get-Credential cmdlet and pass it as the value for the -SMTPCredentials parameter. SharePoint が SMTP サーバーに匿名で接続するように指定するには、-SMTPCredentials パラメーターの値として $nullを渡します。To specify that SharePoint should connect to the SMTP server anonymously, pass $null as the value for the -SMTPCredentials parameter. -SMTPCredentials パラメーターを指定しない場合は、既存の認証設定が保持されます。If you don't specify the -SMTPCredentials parameter, it will preserve the existing authentication settings.

特定の Web アプリケーションの送信電子メールを構成するConfigure outgoing email for a specific web application

サーバーの全体管理 Web サイトを使用して、特定の Web アプリケーションの送信電子メールを構成できます。送信電子メールを構成するには、以下の手順を使用します。You can configure outgoing email for a specific web application by using the Central Administration website. Use the following procedures to configure outgoing email.

Note

特定の Web アプリケーション用に送信電子メールを構成すると、その構成がファーム内のすべての Web アプリケーション用の既定の構成より優先されます。If you configure the outgoing email for a specific web application, that configuration will override the default configuration for all web applications in the farm.

サーバーの全体管理を使用して特定の Web アプリケーションの送信電子メールを構成するにはTo configure outgoing email for a specific web application by using Central Administration

  1. この手順を実行するユーザー アカウントが SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトを実行しているサーバーの Farm Administrators グループのメンバーであることを確認します。Verify that the user account that is performing this procedure is a member of the Farm Administrators group on the server that is running the SharePoint Central Administration website.

  2. サーバーの全体管理 の [ アプリケーション構成の管理] セクションで、[ Web アプリケーションの管理] をクリックします。In Central Administration, in the Application Management section, click Manage web applications.

  3. [Web アプリケーションの管理] ページで Web アプリケーションを選択し、リボンの [ 全般設定] グループで [ 送信電子メール] をクリックします。On the Web Applications Management page, select a web application, and then in the General Settings group on the ribbon, click Outgoing E-mail.

  4. [Web アプリケーションの送信メールの設定] ページの [ メールの設定] セクションで、送信電子メール用の SMTP サーバーの名前 (mail.fabrikam.com など) を [ 送信 SMTP サーバー] ボックスに入力します。On the Web Application Outgoing E-Mail Settings page, in the Mail Settings section, type the name of the SMTP server for outgoing email (for example, mail.fabrikam.com) in the Outbound SMTP server box.

  5. [送信 smtp サーバーのポート] ボックスに、smtp サーバーのポート番号を入力します。In the Outbound SMTP server port box, type the port number of your SMTP server. ポート番号が指定されていない場合、SharePoint はポート25を使用するように既定で設定されます。If no port number is specified, SharePoint will default to using port 25.

  6. [ 差出人アドレス] ボックスに、電子メールの受信者に表示される電子メール アドレスを入力します。In the From address box, type the email address as you want it to be displayed to email recipients.

  7. [ 返信先アドレス] ボックスに、電子メールの受信者が返信に使用できる電子メール アドレス (ヘルプ デスクのエイリアスなど) を入力します。In the Reply-to address box, type the email address (for example, a help desk alias) to which you want email recipients to reply.

  8. [ 文字セット] の一覧で、使用中の言語に適した文字セットをクリックします。In the Character set list, click the character set that is appropriate for your language.

  9. SMTP サーバーが認証を必要としない場合は、[ smtp サーバーの認証] セクションで、[匿名] ラジオボタンを選択します。In the SMTP server authentication section, select the Anonymous radio button if your SMTP server doesn't require authentication. それ以外の場合は、SMTP サーバーで認証が必要な場合は、[認証済み] ラジオボタンを選択します。Otherwise, select the Authenticated radio button if your SMTP server requires authentication.

    • [認証済み] ラジオボタンを選択した場合は、[ユーザー名] ボックスにユーザー名を入力し、[パスワード] ボックスにパスワードを入力します。If you selected the Authenticated radio button, provide the user name in the User name box and the password in the Password box.

    Note

    SMTP サーバーに対する認証に Windows アカウントを使用している場合は、ユニバーサルプリンシパル名 (UPN) 形式 (user@domain.com) または NT4 ログイン形式 (DOMAIN\user) のいずれかを使用して、ユーザー名を指定できます。If you're using a Windows account to authenticate to the SMTP server, you can specify the user name using either the Universal Principal Name (UPN) format (user@domain.com) or the NT4 login format (DOMAIN\user). Windows 以外のアカウントを使用して SMTP サーバーに対して認証を行う場合は、電子メール管理者に連絡して、正しいユーザー名の形式を確認してください。If you're using a non-Windows account to authenticate to the SMTP server, contact your email administrator to determine the correct user name format.

  10. [ TLS 接続の暗号化を使用する] セクションで、[はい] ラジオボタンを選択して、電子メールを送信する前に、SharePoint が SMTP サーバーへの暗号化された接続を確立するよう要求します。In the Use TLS connection encryption section, select the Yes radio button to require SharePoint to establish an encrypted connection to the SMTP server before sending email. それ以外の場合は、[いいえ] ラジオボタンを選択します。Otherwise, select the No radio button.

  11. [OK] をクリックします。Click OK.

Microsoft PowerShell を使用して特定の web アプリケーションの送信電子メールを構成するにはTo configure outgoing email for a specific web application by using Microsoft PowerShell

  1. SharePoint 2019 管理シェルを開きます。Open the SharePoint 2019 Management Shell.

  2. 次の PowerShell コマンドを実行して web アプリケーションを取得し、その web アプリケーションの送信電子メール設定を構成します。Run the following PowerShell commands to get the web application and then configure the outgoing email settings for that web application.

    $WebApp = Get-SPWebApplication -Identity &lt;web application URL&gt;
    
    $SmtpServer = "mail.example.com"
    $SmtpServerPort = 587
    $FromAddress = "user@example.com"
    $ReplyToAddress = "replyto@example.com"
    $Credentials = Get-Credential
    
    Set-SPWebApplication -Identity $CentralAdmin -SMTPServer $SmtpServer -SMTPServerPort $SmtpServerPort -OutgoingEmailAddress $FromAddress -ReplyToEmailAddress $ReplyToAddress -SMTPCredentials $Credentials
    

Note

SMTP 認証の資格情報を指定するには、資格情報を取得するコマンドレットを使用し、それを-SMTPCredentials パラメーターの値として渡します。To specify credentials for SMTP authentication, use the Get-Credential cmdlet and pass it as the value for the -SMTPCredentials parameter. SharePoint が SMTP サーバーに匿名で接続するように指定するには、-SMTPCredentials パラメーターの値として $null を渡します。To specify that SharePoint should connect to the SMTP server anonymously, pass $null as the value for the -SMTPCredentials parameter. -SMTPCredentials パラメーターを指定しない場合は、既存の認証設定が保持されます。If you don't specify the -SMTPCredentials parameter, it will preserve the existing authentication settings.

Note

ファームで SMTP 認証を設定した後、認証を行うかどうかを確認するためのテストを行うことができます。After you've set up SMTP authentication in your farm, you can test to see if it's authenticating. 詳細については、「[SMTP Auth は本当に動作しますか?]を参照してください。For more information, see [Is SMTP Auth Really Working?.

関連項目See also

概念Concepts

SharePoint Server ファームの送信メールを計画するPlan outgoing email for a SharePoint Server farm