サイト アドレスを変更する

注意

この機能は、Microsoft 365 Government GCC をご利用のお客様はご利用いただけません。

組織のグローバル管理者または SharePoint 管理者として、次の種類の SharePoint サイト (以前の "サイト コレクション") の URL を変更することができます。

  • Microsoft 365 グループに接続されているチーム サイト
  • Microsoft 365 グループに属していない最新のチーム サイト
  • コミュニケーション サイト
  • 従来のチーム サイト

注意

発行機能が現在アクティブ化されている場合、またはサイトで以前にアクティブ化されている場合は、サイト アドレスの変更はサポートされていません。

URL 内のサイトのアドレスのみを変更できます。たとえば、次のようになります。

https://contoso.sharepoint.com/sites/projectx
変更後: https://contoso.sharepoint.com/sites/projecty

ドメイン (前の例の "contoso") やパスのその他の部分は変更できません。 たとえば、"/web サイト" から "/teams" にサイトを移動することはできません。

サイトのアドレスを変更するには (サイトのサイズに応じて) 10 分ほどかかることがあります。その間、サイトは読み取り専用になります。 サイトの使用率が低い時間帯にアドレスを変更することをお勧めします。

一度に最大 100 サイトのアドレスを変更できます。 追加のサイト アドレスを変更するには、別の変更が完了するまで待ちます。

アドレスの変更をユーザーに通知する

サイトのアドレスを変更する前に、サイトのユーザーに変更を通知することが重要です (通常、サイトの編集または表示が可能なユーザーがいる場合)。 これにより、ユーザーの混乱やヘルプ デスクへの問い合わせを減らすことができます。 サイト アドレスを変更するときの影響を確認し、ユーザーに次の情報を知らせます。

  • 変更が発生する時間
  • 新しい URL
  • アドレスの変更中はファイルを閉じ、編集を加えないこと
  • サイトのごみ箱を確認して、保持したいファイルが含まれていないことを確認すること
  • ファイルのアクセス許可と共有は変更されないこと

新しい SharePoint 管理センターのサイト アドレスを変更すること

  1. 新しい SharePoint 管理センターの [アクティブなサイト] ページに移動し、組織の管理者権限が付与されているアカウントでサインインします。

    注意

    Office 365 Germany を使用している場合は、Microsoft 365 管理センターにサインインし、次に SharePoint 管理センターに移動して [アクティブなサイト] ページを開きます。

    21Vianet (中国) によって運用されている Office 365 を使用している場合は、Microsoft 365 管理センターにサインインし、次に SharePoint 管理センターに移動して [アクティブなサイト] ページを開きます。

  2. [詳細] ウィンドウを開くには、サイト名を選択します。

  3. [全般] タブの [URL] で、[編集] を選択します。

    サイトのアドレスを変更する

  4. 新しいサイトのアドレスを入力し、[保存] を選択します。

    注意

    ハブ サイト、ロックまたは保留されているサイト、Project Web App (PWA) サイト、または BCS 接続を持つサイトのアドレスを変更できません。

    サイト アドレスを変更すると、以前のアドレスへのリダイレクトが作成されます。 以前のアドレスを再利用する場合は、リダイレクトを削除する必要があります。 方法はこちら

Microsoft PowerShell を使用してサイト アドレスを変更する

  1. 最新の SharePoint Online 管理シェルをダウンロードします

    注意

    SharePoint Online 管理シェルの以前のバージョンがインストールされている場合は、[プログラムの追加と削除] に移動して、"SharePoint Online 管理シェル" をアンインストールします。

  2. Microsoft 365 のグローバル管理者または SharePoint 管理者として SharePoint Online に接続します。 方法の詳細については、「SharePoint Online 管理シェルの使用を開始する」を参照してください。

  3. 次のコマンドを実行して、サイト アドレスを変更できることを確認します。

    Start-SPOSiteRename -Identity <SiteURL> -NewSiteUrl <NewSiteURl> -ValidationOnly
    
  4. サイト アドレスを変更するには、次のコマンドを実行します。

    Start-SPOSiteRename -Identity <SiteURL> -NewSiteUrl <NewSiteURl>
    

    このコマンドレットの詳細については 、「Start-SPOSiteRename」を参照してください

サイト アドレスを変更した場合の影響

変更中は、サイトは読み取り専用に設定され、リダイレクトが作成されます。 変更の完了後、サイトをお気に入りとして保存した場合、またはサイトへのリンクを選択した場合は、新しい URL にユーザーがリダイレクトされます。

アプリ
組織内のアプリがサイトの URL を参照している場合、サイトのアドレスを変更するときに、アプリの再発行が必要になることがあります。

カスタム フォームの作成Power Apps
サイト アドレスの変更後に、カスタム フォームを作成し直す必要があります。

ハブ サイト
サイトがハブに関連付けられている場合、サイト アドレスを変更した後に再び関連付ける必要があります。

InfoPath フォーム
URL を参照している InfoPath フォームは、サイト アドレスが変更されると、動作しない可能性があります。

リスト ビュー Web パーツ
リスト ビュー Web パーツがページに追加され、そのリスト内の特定のフォルダーの範囲内にある場合は、サイトの URL を変更すると、エラーが表示されることがあります。 この問題を修正するには、Web パーツを編集して、フォルダーのパスをリセットするか、ページから Web パーツを削除してもう一度追加します。

Microsoft Forms
サイトが Microsoft Forms にフォームMicrosoft 365を含むグループ接続サイトである場合、フォーム内アップロード質問は壊れる可能性があります。 この問題を解決するには、ファイルのアップロードに関する質問を再作成して、応答者がファイルを再度アップロードできます。

OneNote
サイト アドレスの変更中にノートブックを開いている場合、ノートブックの同期エラーが表示されます。 アドレスを変更すると、次の OneNote アプリが自動的にノートブックを検出して、新しいサイトの URL にシームレスに同期します。

  • OneNote デスクトップ アプリ: バージョン 16.0.8326.2096 (以降)
  • Windows 10 用の OneNote: バージョン 16.0.8431.1006 (以降)
  • OneNote モバイル アプリ: バージョン 16.0.8431.1011 (以降)

ユーザーはもう一度サインインまたはその他のアクションをする必要はありません。

アクセス許可
サイトへのアクセス許可を持つユーザーは、サイト アドレスの変更中および変更後にサイトにアクセスできます。

Power Apps
アプリまたはアプリをデータソースに再接続する必要があります。 まず、データに再接続する前に、リストへの既存の SharePoint の接続を削除します。 完了したら、使用していた SharePoint リストにアプリを再接続します。 ほとんどのフィールドは、自動的に更新されます。 特定の型は更新時に問題が発生している可能性がありますが、フィールドを削除してから削除を取り消すことで修正できます。

Power Automate
サイト アドレスを変更した後に、フローを再作成する必要があります。

Office アプリ内の最近使用したリスト
Word、Excel、PowerPoint のデスクトップ アプリと Web 用アプリには、変更後の新しい URL が表示されます。

ごみ箱 ごみ箱内のファイルは、通常の削除の期間に従って復元できます。

Android および iOS 用の SharePoint モバイル アプリ
SharePoint モバイルアプリがサイトの新しい URL を検出します。 ユーザーがアプリを最新バージョンに更新していることを確認してください。

SharePoint ワークフロー 2013
SharePoint 2013 のワークフローは、サイト アドレスの変更後に再発行する必要があります。

リンクの共有
サイト アドレスを変更すると、新しい URL に共有リンクが自動的にリダイレクトされます。

サイトのカスタマイズと埋め込みコード
サイトのカスタマイズと URL を参照する埋め込みコードは、サイト アドレスの変更後に修正が必要になる場合があります。 サイト アドレスを変更すると、SharePoint に保存されているデータは保持されますが、カスタム ソリューションの URL の依存関係は変更されません。

同期された場所
OneDrive 同期アプリは、サイト アドレスが変更された後に、新しいサイトの URL への同期を自動的に検出し、シームレスに転送します。 ユーザーはもう一度サインインまたはその他のアクションをする必要はありません。 (同期アプリのバージョン 17.3.6943.0625 以降が必要です)。サイト アドレスの変更中にユーザーがファイルを更新すると、変更中はファイルのアップロードが保留中であることを示すメッセージが表示されます。

Teams (Microsoft 365 グループに接続されているサイト)
サイト アドレスの変更が完了すると、ユーザーは Teams アプリの SharePoint ファイルにアクセスできます。ただし、次の制限があります。

機能 制限
チャネルの [ファイル] タブ アドレスの変更後に、[ファイル] タブを更新する必要があります。
Teams でのファイルの表示 アドレスの変更前にチャネルで共有されていたファイルは、Teams アプリのチャネルの [ファイル] タブに表示できます。また、チャネルの [ファイル] タブまたは [会話] から Web 用 Officeアプリで表示することもできます。 デスクトップ アプリで Word、Excel、PowerPoint のファイルを表示するには、次の操作を行います。
チャネルの [ファイル] タブで、[デスクトップで開く] オプションを選択します。
Web 用 Office アプリでファイルを開き、[デスクトップで開く] を選択します。
チャネルへのファイルのアップロード コンピューターまたは OneDrive からチャネルへのファイルのアップロードは、サイト内のチャネルの [ファイル] タブを訪れた後に機能します。
ファイル検索 Teams の検索では、アドレスが変更されていないサイトからのファイルのみが表示されます。
ファイル アプリ - Microsoft Teams ページ Teams ファイル アプリの Microsoft Teams ページは、サイト内のチャネルの [ファイル] タブを訪れた後に機能します。
Teams モバイル アプリ [開く] と [ダウンロード] は引き続き機能します。 サイト内の Word、Excel、または PowerPoint のファイルを編集するには、Web 用またはデスクトップ版の Office アプリを使用します。 サイト アドレスを変更した後に共有されたファイルは、Office モバイル アプリで編集できます。