SOAP API へのアクセスAccessing the SOAP API

Excel Web Services は、HTTP 上の簡易オブジェクト アクセス プロトコル (SOAP) を使用し、クライアント プログラムと Excel Services の間の接続インターフェイスとして機能します。Web サービスは、メソッドと、Excel Web Services の完全な機能へのアクセスに使用できる複合型オブジェクトのセットで構成されています。サービスを呼び出すには、Excel Web Services の WSDL (Web Services Description Language) を参照する必要があります。Excel Web Services uses Simple Object Access Protocol (SOAP) over HTTP and acts as a communications interface between client programs and Excel Services. The Web service consists of methods and a set of complex type objects that you can use to access the complete functionality of Excel Web Services. To call the service, you must reference the Excel Web Services Web Services Description Language (WSDL).

WSDL を参照するReferencing the WSDL

Web サービスを正常に呼び出すには、サービスへのアクセス方法、サービスがサポートする操作、サービスが想定するパラメータ、およびサービスが返すものを知っておく必要があります。WSDL は、これらの情報をコンピュータでの表示および処理が可能な XML ドキュメントで提供します。To call a Web service successfully, you must know how to access the service, what operations the service supports, what parameters the service expects, and what the service returns. WSDL provides this information in an XML document that can be read or processed by a computer.

Excel Web Services エンドポイントの WSDL には、 ExcelServices.asmx?wsdl を使用してアクセスします。WSDL は、Microsoft .NET Framework SDK などの SOAP および Web サービスをサポートする開発キットによって使用できます。The WSDL for the Excel Web Services endpoint is accessed through ExcelServices.asmx?wsdl. WSDL can be consumed by development kits that support SOAP and Web services, such as the Microsoft .NET Framework SDK.

以下の例は、Excel Web Services の WSDL ファイルへの URL の書式を示しています。The following example shows the format of the URL to the Excel Web Services WSDL file:

http://<server>/<customsite>/_vti_bin/excelservice.asmx?WSDL

カスタム サイトがない場合は、一時的に以下の URL を使用できます。If you do not have a custom site, you can use the following URL temporarily:

http://<server>/_vti_bin/excelservice.asmx?WSDL

カスタム サイトを作成して、URL 書式でカスタム サイトが含まれる URL を使用することをお勧めします。It is recommended that you create a custom site, and then use the URL that includes the custom site in the URL format.

次の表では、URL の各要素を説明します。The following table describes each element in the URL.

URL 要素URL element 説明Description
serverserver
Microsoft SharePoint Server 2010 が展開されているサーバーの名前。The name of the server on which Microsoft SharePoint Server 2010 is deployed.
customsitecustomsite
サーバー管理者が作成する SharePoint Server 2010 のカスタム サイト。A custom SharePoint Server 2010 site that the server administrator creates.
.asmx.asmx
Web サービス エンドポイントの名前。Excel Web Services の場合は、 ExcelService.asmx です。The name of the Web service endpoint. For Excel Web Services, it is ExcelService.asmx.

WSDL 書式の詳細については、http://www.w3.org/TR/wsdl にある W3C (World Wide Web Consortium) WSDL の仕様を参照してください。For more information about the WSDL format, see the World Wide Web Consortium (W3C) WSDL specification at http://www.w3.org/TR/wsdl.

関連項目See also

その他のリソースOther resources

ステップ 1: Web サービス クライアント プロジェクトを作成するStep 1: Creating the Web Service Client Project

手順 2: Web 参照を追加するStep 2: Adding a Web Reference

手順 3: Web サービスへのアクセスStep 3: Accessing the Web Service

手順 4: アプリケーションのビルドとテストを行うStep 4: Building and Testing the Application

チュートリアル: Excel Web Services を使用してカスタム アプリケーションを開発するWalkthrough: Developing a Custom Application Using Excel Web Services