再利用可能な SharePoint 用コンポーネントを構築するBuild reusable components for SharePoint

Web パーツ、ワークフロー、カスタム リストなど、SharePoint で構築できる重要な再利用可能コンポーネントのいくつかについて説明します。Learn about some of the most important reusable components you can build in SharePoint, including web parts, workflows, custom lists, and more.

SharePointで再利用可能なコンポーネントReusable components in SharePoint

SharePoint を使用すると、さまざまなアプリケーション、サイト、およびソリューションで再利用できる、リスト、Web パーツ、およびコンテンツ タイプなどの各種コンポーネントを構築できます。このセクションでは、SharePoint で構築できる一般的な再利用可能コンポーネントについて概説します。このドキュメントの将来のアップデートでは、構築できるその他のコンポーネントについて説明します。Using SharePoint, you can build a variety of components, such as lists, web parts, and content types, which you can reuse in various apps, sites, and solutions. This section summarizes some of the most common reusable components that you can build in SharePoint. Future updates to this documentation will contain information about additional components you can build.

注意

SharePoint アドインで使用できるコンポーネントには、いくつかの制限事項があります。詳細については、「SharePoint のホスト Web、アドイン Web、および SharePoint コンポーネント」を参照してください。There are some restrictions on which components you can use in SharePoint Add-ins. For more information, see Host webs, add-in webs, and SharePoint components in SharePoint.

  • Web パーツは、SharePoint を拡張する最も一般的な手段です。Web パーツの構築方法を習得することは、SharePoint の開発を始めるためのすばらしい方法です。詳細については、「SharePoint 2010 の開発構成要素: SharePoint アプリケーションを作成するためのテクノロジ」を参照してください。Web Parts are the most common way to extend SharePoint. Learning to build web parts is a great way to start SharePoint development. For more information, see SharePoint Developer Building Blocks: Technologies for Creating SharePoint Applications.

  • SharePoint サイトの カスタム リストは、データを格納する場所を提供します。SharePoint リストでのデータ操作は、幅広く使用されている手法です。リストを使用すると、プログラムによってアクセスするデータを格納できます。詳細については、「 構成要素: リストとドキュメント ライブラリ」を参照してください。Custom lists in SharePoint sites provide locations to store data. Data manipulation in SharePoint lists is a widely used practice. You can use lists to contain data that you access programmatically. For more information, see Building Block: Lists and Document Libraries.

  • ワークフローを使用すると、ビジネス プロセスをコード化および標準化することができます。ワークフローは、特定のシナリオを実装するために不可欠なツールの 1 つです。詳細については、「 SharePoint のワークフロー」を参照してください。Workflows enable you to codify and standardize business processes, and are one of the essential tools for implementing certain scenarios. For more information, see Workflows in SharePoint.

  • 外部コンテンツ タイプは、SharePoint 展開外からのデータを SharePoint アプリケーションで使用可能にします。詳細については、「 SharePoint の外部コンテンツ タイプ」を参照してください。External content types make data from outside the SharePoint deployment available to the SharePoint application. For more information, see External content types in SharePoint.

  • リスト項目のプロトタイプである コンテンツ タイプを定義できます。リスト用のコンテンツ タイプを使用する場合は、1 つのコンテンツ タイプの項目だけが含まれるようにリストを定義したり、複数のコンテンツ タイプのいずれかのタイプの項目をリストに含めることができるように指定したりできます。詳細については、「 コンテンツ タイプについて」を参照してください。You can define a content type that is a prototype of a list item. If you are using content types for a list, you can define the list so that it contains only items of one content type, or you can specify that it can contain items of one of several content types. For more information, see Introduction to Content Types.

  • 列の型および フィールド型を使用すると、SharePoint リストの標準化されたフィールドや列のためにリッチ メタデータを定義できます。サイト全体で使用できる特定のデータ型のサイト列を (サイト列ギャラリー内に) 定義できます。これは、データベース スキーマ設計でのドメインの定義に似ています。こうすることで、複数のリスト内の列で同じ値空間が使用されることを保証できます。詳細については、「 ユーザー設定フィールド型」を参照してください。Column types and field types enable you to define rich metadata for standardized fields and columns in SharePoint lists. You can define a site column (in a site column gallery) of a specific data type that you can use throughout your site. This resembles defining domains in database schema design. It lets you ensure that columns in several lists use the same value space. For more information, see Custom Field Types.

  • イベント レシーバーを使用すると、たとえば、ユーザーが SharePoint のドキュメント ライブラリまたはリストで項目の追加、削除、または修正を行なう際に呼び出されるイベント ハンドラーを記述できます。詳細については、「 構成要素: イベント処理」を参照してください。Event receivers enable you to write event handlers that are called when, for example, users add, delete, or modify items in SharePoint document libraries or lists. For more information, see Building Block: Event Handling.

  • リモート イベント レシーバーは、SharePoint イベントの外部システムに通知する方法を提供します。イベントが発生したときに呼び出すエンドポイントとイベント プロパティを指定できます。詳細については、「 SharePoint アドインでリモート イベント レシーバーを作成する」を参照してください。Remote event receivers provide a way to notify external systems of SharePoint events. You can specify the endpoint and event properties to call when an event happens. For more information, see Create a remote event receiver in SharePoint Add-ins.

関連項目See also