SharePoint サイトを構築するBuild sites for SharePoint

SharePoint で Web サイトに適したモデルをオーサリングして公開している新規サイトについて説明します。Learn about the new site authoring and publishing model for websites in SharePoint.

SharePoint でのサイト発行について (設計者および開発者向け)Introduction to site publishing for designers and developers in SharePoint

SharePoint ではサイトのオーサリングと発行モデルを導入し、SharePoint 発行サイトを作成します。発行サイトを使用して、イントラネットまたはインターネットのサイトにコンテンツを発行することができます。発行サイトは、主にそのサイトの目的により、チーム サイトのような SharePoint の他の種類のサイトとは異なります。すなわち、多くのユーザーが発行サイトのコンテンツを読む一方で、ほんの一部の人だけが 1 つ以上のサイト コレクションのコンテンツを追加、更新、削除します。これらのサイトを、多くの人がコンテンツを共有、投稿するチーム サイトと対比します。SharePoint introduces a site authoring and publishing model to create publishing sites. You can use publishing sites to publish content on intranet or Internet sites. Publishing sites differ from other types of SharePoint sites, such as team sites, mainly due to their purpose—many users read publishing site content, but only a few contribute by adding, updating, and deleting content from one or more site collections. Contrast these sites with team sites, where many people may collaborate and contribute to the content.

SharePoint のサイト発行機能を使用し、特定のビジネス ニーズに適合する発行サイトの構築、カスタマイズ、管理ができます。HTML、CSS、JavaScript スキルのあるプロの設計者、あるいは SharePoint アプリを記述したり、カスタムの .NET コードを使用して、サイトやファーム ソリューションを作成する開発者の場合、SharePoint のサイト機能を使用して次のようなコンテンツのライフ サイクルのすべてのフェーズを管理することができます。You can use the SharePoint site publishing capabilities to build, customize, and maintain publishing sites that meet specific business needs. Whether you are a professional designer with HTML, CSS, and JavaScript skills or a developer who writes SharePoint apps and uses custom .NET code to build sites and farm solutions, you can use site features in SharePoint to manage all phases of the content life cycle, including:

  • サイトのコンテンツの Authoringと再利用。Authoring and reusing site content.

  • サイトの外観や動作の Brandingと設計。Branding and designing your site's look, feel, and behavior.

  • Managing metadata: 分類駆動型サイト ナビゲーション システムを構築可能。Managing metadata—you can build a taxonomy-driven site navigation system.

  • 現在のサイト コレクションへのコンテンツのスムーズな Publishing、またはイントラネットとインターネットの境界を越えたサイト コレクション間でのコンテンツの発行。Publishing content smoothly to the current site collection, or publishing content across site collections—even spanning the intranet and Internet site boundary.

  • Accessibility - 発行サイトのアクセシビリティを向上させるために使用することができます。Accessibility—you can use to improve the accessibility of your published sites.

SharePoint での Web サイト発行の設計者および開発者向けの最新情報の概要を表示するには、「SharePoint サイト開発の最新情報」を参照してください。If you want to see a summary of what's new for designers and developers of publishing websites in SharePoint, see What's new with SharePoint site development.

SharePoint での作成、設計、ブランド化Authoring, design, and branding in SharePoint

SharePoint は、Web サイトをデザインする際の新しいアプローチを提供しています。SharePoint provides a new approach for designing websites. コンテンツ作成ワークフローは、作成者の最高のコンテンツにあらゆる作成ツールとブランド化ツールを使用してコンテンツを作成できるように改訂されています。The content-creation workflow is revised so that you can create content using any authoring and branding tool to author great content. カスタムの .NET コードを記述することなくサイトをブランディングするには、デザイン マネージャーを使用してデザイン要素をインポートします。To brand your site without having to write custom .NET code, use the Design Manager to import design elements. デザイン マネージャーを使用すると、HTML ベースのマスターページを作成して、サイトのすべてのページで共有されるクロムを定義し、ページのテンプレートをデザインするページ レイアウトを作成することもできます。With Design Manager, you can also create an HTML-based master page to define the chrome shared by all of your site's pages and create page layouts to design templates for pages. カスタム コードを記述する場合は、.NET サーバー、.NET クライアント (CSOM.md)、Silverlight、および JavaScript ライブラリを使用できます。If you choose to write custom code, you can use .NET server, .NET client (CSOM.md), Silverlight, and JavaScript libraries.

サイトの発行、クライアント オブジェクト モデル プログラミング、および新しい SharePoint アプリ モデルPublishing sites, client object model programming, and the new SharePoint app model

.NET クライアント オブジェクト モデル (CSOM) を使用して、SharePoint アドイン用のモデル の SharePoint アプリを開発できます。また .NET サーバー プログラミングにも利用できる .NET クライアント オブジェクト モデルの API の多くを使用することができて, .NET クライアント、Silverlight、JavaScript、場合によっては Windows Phone の開発をサポートします。Web サイトのアプリ開発には、アンケート、アカウント管理アプリ、電子商取引サポート、ソーシャル機能と外部データの発行 Web サイトへの統合、外注コンテンツの追加、モバイル付属アプリのようなものがあります。You can use the new .NET client object model (CSOM) to develop SharePoint apps with the model for SharePoint Add-ins. You can use many of the APIs that are also available for .NET server programming in the .NET client object models, which support .NET client, Silverlight, JavaScript—and in some cases Windows Phone—development. Some ideas for developing apps for websites include surveys, account management apps, eCommerce support, integrating social features and external data into publishing websites, outsourced content additions, and mobile companion apps.

Web サイト発行のページ モデルPage model for publishing websites

SharePoint には Web サイト発行のページ モデルが含まれます。ページ モデルにはマスター ページ、ページ レイアウト、またサイトの構造、コンテンツ、外観、動作をレンダリングするその他のコンポーネントが含まれます。詳しくは、「 SharePoint ページ モデルの概要」をご覧ください。SharePoint includes a page model for publishing websites. The page model includes master pages, page layouts, and other components that render your site structure, content, look and feel, and behavior. To learn more, see Overview of the SharePoint page model.

マスター ページとページ レイアウトMaster pages and page layouts

マスター ページはメインのテンプレートで、サイトの共有構造要素であるクロムを定義します。サイト上のすべてのページはこれらの要素を共有し、要素はページ レイアウトのコンテンツを表示するページの領域を定義します。A master page is the main template that defines the shared structural elements of your site—the chrome. All of the pages on the site share these elements, which define the regions of the page that display page layout content.

ページ レイアウトは特定の種類の個々のページで使用されます。ページ レイアウトにはページ フィールドが配置されています。個々のページはページ上の個別の要素を定義します。個々のページはページ レイアウトに基づいており、カスタム コードまたはサイトのユーザーがページのフィールドに入力した内容のいずれかに基づき、Web ブラウザに生成されます。SharePoint のページ モデルについての詳細は、「 SharePoint ページ モデルの概要」を参照してください。Page layouts are used by individual pages of a certain type. They are populated with arrangements of page fields. These pages define individual elements on the page. Individual pages are based on page layouts and are created in your web browser either by custom code or by how the site's users fill out the page's fields. To learn more about the page model in SharePoint, see Overview of the SharePoint page model.

クライアント側のレンダリング コントロールClient-side rendering controls

SharePoint の新しいすべてのコントロールはレンダリングされます。データはクライアントサイドの JSON 配列のコントロールに書き込まれ、JavaScript、CSS、テンプレートを使用してコンテンツを表示することができます。設計者または開発者は、コンテンツをページでレンダリングする方法を管理し、様々なデザイン技術を駆使して、SharePoint のコンテンツ検索 Web パーツ や表示テンプレートのような機能を使用する発行ページの外観や動作を得ることができます。All new controls in SharePoint are rendered. Data is written to the controls in a client-side JSON array, and you can display content using JavaScript, CSS, and templates. As a designer or developer, you have control over how content is rendered on the page, and you can use various design techniques to get the look and behaviors you want on your published pages by using features like the Content Search web part in SharePoint and display templates.

サイトとモバイル デバイスSites and mobile devices

SharePoint での Web サイトの発行は、モバイル開発用に最適化されています。1 つ以上のデバイスのチャネル (デバイス チャネル) を定義し、各チャネルに代替のマスター ページを割り当て、一意の構造要素またはクロムを設定することができます。チャネルに任意のページ レイアウトの部分を含めるか除外するかを選択することができ、モバイル チャネルの設計がどのように進行しているかを開発中にプレビューすることができます。Publishing websites in SharePoint are optimized for mobile development. You can define channels for one or more devices (device channels) and assign an alternate master page for each channel, giving it unique structural elements, or chrome. You can choose to include or exclude portions of any page layout in a channel, and preview how mobile channel design is progressing while it's being developed.

SharePoint でのメタデータとナビゲーションMetadata and navigation in SharePoint

Microsoft SharePoint Server 2010 に導入された管理メタデータ機能は、SharePoint で改良や拡張が施され、パフォーマンスの向上、ユーザー インターフェイスを通じたより容易なアクセス、管理ナビゲーションと呼ばれる分類に基づくナビゲーションが実現しました。管理ナビゲーションまたは SharePoint Web サイト構造に基づく構造化ナビゲーションと呼ばれるナビゲーションを使用し、サイト ナビゲーションをビルドできます。管理ナビゲーションについて詳しくは、「 SharePoint のマネージ メタデータとナビゲーション」と「 SharePoint でのマネージ ナビゲーション」をご覧ください。Managed metadata capabilities introduced in Microsoft SharePoint Server 2010 are improved and extended in SharePoint for better performance, easier access through the user interface, and taxonomy-driven navigation—called managed navigation. You can use managed navigation or navigation based on the SharePoint website structure—called structured navigation—to build your site navigation. To learn more about managed navigation, see Managed metadata and navigation in SharePoint and Managed navigation in SharePoint.

SharePoint でのコンテンツの発行Publishing content in SharePoint

SharePoint は次のような新しいコンテンツ発行機能を提供し、柔軟性に富み、アクセスしやすい、複雑なトポロジとシナリオをサポートする発行サイトの開発が可能になります。SharePoint offers the following new content publishing features that enable you to develop publishing sites that support more flexible, more accessible, and more complex topologies and scenarios.

カタログCatalogs

SharePoint ではカタログが導入され、サイト コレクション間でコンテンツを発行することができます。クロスサイト発行機能はカタログに依存します。それらのカタログを使用すると、サイト間やイントラネット サイトとインターネット サイトの境界を越えてコンテンツを再利用することができます。定義済み検索クエリについては、カタログは検索でフラグが設定されます。SharePoint のコンテンツ検索 Web パーツを使用して、サイト コレクションをまたいだカタログに保存されたコンテンツを表示できます。SharePoint introduces catalogs, which you can use to publish content across site collections. Cross-site publishing features depend on catalogs. You can use them to reuse content across your sites and across the boundary between your intranet sites and Internet sites. For predefined search queries, catalogs are flagged in search. You can surface content stored in catalogs across site collections by using the Content Search web part in SharePoint.

クロスサイト発行Cross-site publishing

SharePoint ではクロスサイト発行機能が導入されており、複数のサイト コレクション間でコンテンツを再利用することができます。組み込みの検索機能を使用することで、発行のシナリオとアーキテクチャが有効になります。初めて複数の SharePoint ファームにわたるサイトを設計できるようになりました。これにより、イントラネットとインターネット間の境界をまたがるサイトが可能になります。CSWP を使用してサイト間やサイト コレクション間から発行された検索データを表示することができます。SharePoint introduces a cross-site publishing feature to reuse content across multiple site collections. It uses built-in search capabilities to enable publishing scenarios and architectures. For the first time, you can design sites that cross SharePoint farms—enabling your sites to span the boundary between intranets and the Internet. You can use the CSWP to display search data published from across sites and site collections.

バリエーションと多言語サイトVariations and multilingual sites

SharePoint のバリエーション機能を使用すると、多言語サイトやコンテンツの表現形式を多様化したいサイトを作成できます。You can use the variations feature in SharePoint to create multilingual sites or other sites where you want to vary the presentation of your content. バリエーション機能は、1 つのサイト コレクションに制限されます。The variations feature is constrained to one site collection. つまり、同じ SharePoint サイト コレクション内に、現在の Web サイトとして、ソース言語/ロケールのターゲット言語/ロケール バリエーションを作成できるということです。That is, you can create target language/locale "variants" of a source language/locale as current websites within the same SharePoint site collection. バリエーションは、フレンドリ URL と、サード パーティによる翻訳のための XLIFF ファイル形式によるコンテンツのエクスポートまたはインポート機能をサポートしています。Variations supports friendly URLs and the ability to export or import content for translation by a third party in XLIFF file format. エクスポート パッケージには、ラベル、翻訳およびレプリケーション用のページ、各種のリスト アイテム (document libraries.md など)、およびナビゲーションを含めることができます。You can include labels, a page for translation and replication, a variety of list items (for example, document libraries.md), and navigation in your export packages.

アクセスしやすいサイトAccessible sites

SharePoint のバリエーション機能を使用すると、アクセスしやすいサイトやさまざまなアクセシビリティのニーズをお持ちの方向けのコンテンツの表現形式に適応するサイトを作成できます。You can use the variations feature in SharePoint to create accessible sites or other sites where you want to adapt the presentation of your content for users who have a variety of accessibility needs. SharePoint では、"ユーザー補助機能" が提供されています。これは、SharePoint の Web ページを開き、[ユーザー補助機能を有効にする] リンクが表示されるまで、Tab キーを押すことでアクティブにすることができます。SharePoint provides a "More Accessible Mode", which can be activated by opening a SharePoint webpage, and pressing the TAB key until you find the "Turn on More Accessible Mode" link. この機能は、標準 HTML の Web ページをスクリーン リーダーになじむように再作成します。This feature recreates the webpage in standard HTML, making it friendlier for screen-readers. ユーザーが TAB キーを押してこのリンクをフォーカスできるようにすることにより、SharePoint Web ページのさらにアクセスしやすいバージョンを作成することができます。By ensuring that users are able to press the TAB key to focus on this link, you are able to create a more accessible version of your SharePoint webpage. この場合、JavaScript ベースのドロップダウン メニューはハイパーリンク一覧に変換され、オブジェクトはスクリーン リーダーがコンテンツを理解できるように単純な HTML に変換されます。This includes JavaScript-based drop-down menus being converted to hyperlink lists and objects are converted to simpler HTML to allow screen-readers to understand the content.

関連項目See also