SharePoint で SQL Server の外部コンテンツ タイプを作成するHow to: Create external content types for SQL Server in SharePoint

SharePoint で SQL Server 向けの外部コンテンツ タイプを作成する方法を確認します。Learn how to create an external content type for SQL Server in SharePoint.

外部コンテンツ タイプの作成は外部データを操作する場合の重要なタスクです。外部コンテンツ タイプには、接続、アクセス、操作方法、列、フィルター、およびその他、外部データ ソースからのデータ取得に使用されるメタデータに関する重要な情報が含まれています。Creating an external content type is a pivotal task when you are working with external data. An external content type contains important information about connections, access, methods of operation, columns, filters, and other metadata that is used to retrieve the data from the external data source.

はじめにBefore you begin

外部データを操作する場合、データに安全にアクセスできるよう前提条件となるタスクがいくつか必要です。以下の情報を使用すると、次のステップの計画に役立ちます。また、外部データの操作に問題がある場合は、この情報が問題の特定に役立ちます。外部データにアクセスするには、ユーザーまたは管理者が次の作業を実行する必要があります。Working with external data requires several prerequisite tasks to enable secure access to the data. The following information can help you plan your next steps. Also, if you have problems trying to work with external data, this information can help you identify the issue. To access external data, you or an administrator must do the following:

SQL Server の準備 データベース管理者は適切なユーザーがデータへのアクセス権を持ち、データが間違ったユーザーに渡らないようにアクセス許可を与える必要があります。また、データベース管理者は db_owner アクセス許可が割り当てられた SQL Server アカウントを作成する必要があります。データベース管理者はこのほか、特定のテーブル、ビュー、クエリ、列のエイリアスなどを作成して結果を必要なものに限定したり、パフォーマンス向上に役立てることができます。Prepare SQL Server A database administrator needs to provide permissions to make sure that that the right people have access to the data and that the data does not end up in the wrong hands. The database administrator must also create a SQL Server account that has db_owner permission. The database administrator might also want to create specific tables, views, queries, column aliases, and so on to limit the results to just what is needed and to help improve performance.

SharePoint サービスの構成 管理者は Business Connectivity Services (BCS) および Secure Store Service をアクティブ化する必要があります。Configure SharePoint services An administrator must activate Business Connectivity Services (BCS) and the Secure Store Service.

Secure Store Service の構成 管理者は外部データ ソース用の最適なアクセス モードを決定し、ターゲット アプリケーションを作成し、ターゲット アプリケーションの資格情報を設定する必要があります。Configure the Secure Store service An administrator must determine the best access mode for the external data source, create a target application, and set the credentials for the target application.

Business Data Connectivity Services の構成 管理者は、外部コンテンツ タイプの作成者が Business Data Connectivity (BDC) メタデータ ストアへのアクセス許可を所有し、適切なユーザーが外部リストのベースである外部コンテンツ タイプへのアクセス権を所有するようにする必要があります。Configure Business Data Connectivity Services An administrator must make sure that the user who creates the external content type has permission to the Business Data Connectivity (BDC) metadata store and that appropriate users have access to the external content type on which the external list is based.

Office 2013 の使用準備完了の確認 外部データを Office 2013 製品に同期するには、Windows 7 以降のバージョンを使用し、Business Connectivity Services (BCS) の Office インストール オプションを有効にする必要があります (この設定が既定です)。このオプションにより、次の処理 (外部データのキャッシュおよび同期、ビジネス データから外部コンテンツ タイプへのマップ、Office 製品での外部アイテム ピッカーの表示、Office 製品内でのカスタム ソリューションの実行) を担う Business Connectivity Services Client Runtime がインストールされます。このほか、各クライアント コンピューターに SQL Server Compact 4.0, .NET Framework 4、および WCF Data Services 5.0 for OData V3 を用意する必要があります (必要な場合は、ソフトウェアのダウンロードが自動的に案内されます)。Be sure Office 2013 is ready to use To synchronize external data with Office 2013 products, you must use Windows 7 or a later version, and make sure that the Office installation option for Business Connectivity Services (BCS) is enabled (this is the default). This option installs the Business Connectivity Services Client Runtime which does the following: caches and synchronizes with external data, maps business data to external content types, displays the external item picker in Office products, and runs custom solutions inside Office products. You must also have SQL Server Compact 4.0, .NET Framework 4, and WCF Data Services 5.0 for OData V3 on each client computer (If necessary, you are automatically prompted to download the software).

全般的な情報を定義するDefine general information

  1. Microsoft SharePoint Designer 2013を起動します。Start Microsoft SharePoint Designer 2013.

  2. [ サイトを開く] をクリックし、適切なサイト名を入力します。Click Open Site, and then enter the appropriate site name.

  3. ナビゲーション ウィンドウの [サイト オブジェクト][外部コンテンツ タイプ] を選択します。In the Navigation pane, under Site Objects, select External Content Types.

    注意

    SharePoint Designer 2013 では、外部コンテンツ タイプ デザイナーの最初のウィンドウの名前空間で外部コンテンツ タイプをグループ化します。Note: SharePoint Designer 2013 groups external content types by the namespace in the initial window of the External Content Type Designer.

  4. 外部コンテンツ タイプ デザイナーを開くには、リボンで [外部コンテンツ タイプ] をクリックします。To open the External Content Type Designer, on the ribbon, click External Content Type.

  5. [ 新しい外部コンテンツ タイプ] ページで、次の操作を行います。On the New External Content Type page, do the following:

    • [ 名前] の横の [ 新しい外部コンテンツ タイプ] をクリックし、外部コンテンツ タイプの一意名を入力します。Next to Name, click New external content type, and then enter a unique name for the external content type.
  • わかりやすい表示名が必要な場合は、[ 表示名] の横に別の名前を入力します。Next to Display Name, enter a different name if you want a more descriptive display name.

一般的な動作および Office の動作を定義するDefine general and Office behaviors

  1. [ Office 項目の種類] ドロップダウン リストで、次のオプションのいずれかを選択します。In the Office Item Type drop-down list, select one of the following:

    • 標準リスト このオプションは任意のリストの種類に使用できます。Generic List Select this option for any type of list.
  • Appointment, Contact, Task, or Post (予定、連絡先、タスク、または投稿) Outlook の連絡先、タスク、予定、または投稿アイテムのように動作するリストを作成する場合は、このオプションを選択します。ここで選択する Office 項目の種類によって、外部コンテンツ タイプに接続する Outlook の動作が決まります。たとえば、"顧客" 外部コンテンツ タイプの動作は Outlook の固有の連絡先アイテムのように動作します。Appointment, Contact, Task, or Post Select this option if you are creating a list that behaves like an Outlook Contact, Task, Appointment, or Post item. The Office item type that you select here determines the Outlook behavior that you want to attach to the external content type. For example, a Customer external content type behaves as a native Contact Item in Outlook.
  1. [外部リストへのオフライン同期] チェック ボックスで、既定の [有効] が選択されていることを確認します。In the Offline Sync for External List check box, make sure Enabled is selected, which is the default.

    注意

    このオプションを無効にすると、[SharePoint Connect to Outlook] (SharePoint から Outlook に接続) コマンドが外部リストで使用できなくなります。If you disable this option, then the SharePoint Connect to Outlook command is not available for an external list.

注意

ファームおよびサイト機能の外部リストへのオフライン同期も有効でなければなりません。Note: The Farm and Site feature, Offline Synchronization for External Lists, must also be active. この機能は、ファーム レベルでは既定で有効ですが、サイト レベルでは既定では有効ではありません。This feature is active by default at the Farm level, but not active by default at the site level.

外部データへの接続を作成するCreate a connection to the external data

  1. 外部コンテンツ タイプの SQL Server データベースを指定するには、[ ここをクリックして、外部データソースの検出と操作の定義を行います。] をクリックします。To specify the SQL Server database for the external content type, click Click here to discover external data sources and define operations.

  2. [ 接続の追加] をクリックし、[ 外部データ ソース タイプの選択] ダイアログ ボックスの [ SQL Server] を選択し、[ OK] をクリックします。Click Add Connection, select SQL Server in the External Data Source Type Selection dialog box, and then click OK.

  3. [ SQL Server 接続] ダイアログ ボックスで、サーバーの名前、データベース名、オプションの説明を入力し、[ OK] をクリックします。In the SQL Server Connection dialog box, enter the name of the server, the database name, an optional description, and then click OK.

  4. 認証モードを選択するには、次のいずれかを選択します。To choose an authentication mode, select one of the following:

    • ユーザーの ID で接続 パススルー認証モードを使用します。Connect with User's Identity Uses the Pass-through authentication mode.
  • 偽装した Windows ID で接続 WindowsCredentials 認証モードを使用します。Connect with Impersonated Windows Identity Uses the WindowsCredentials authentication mode.

  • 偽装したカスタム ID で接続 RDBCredentials 認証モードを使用します。Connect with Impersonated Custom Identity Uses the RDBCredentials authentication mode.

  1. [ Secure Store アプリケーション ID] ボックスに、Secure Store Service で作成したターゲット アプリケーションの ID 名を入力します。In the Secure Store Application ID box, enter the target application ID name created in the Secure Store Service.

  2. [OK] をクリックします。Click OK.

SharePoint Designer 2013では、接続情報の検証およびテストを行います。メッセージが表示された場合は、解決してから続行してください。SharePoint Designer 2013 validates and tests the connection information. If you see messages, you must resolve them before you continue.

テーブル、ビュー、またはルーチンの選択Select a table, view, or routine

  1. データ ソース エクスプローラーで、データベースを展開し、そこに含まれるテーブル、ビュー、またはルーチンを表示します。In the Data Source Explorer, expand the database to view the tables, views, and routines that it contains.

  2. テーブル、ビュー、またはルーチンを選択します。Select a table, view, or routine.

操作の定義Define operations

  1. データ ソース エクスプローラーで、テーブル、ビュー、またはルーチンを右クリックし、次のいずれかを選択します。In the Data Source Explorer, right-click the table, view, or routine, and then select one of the following:

    • すべての操作を作成 アイテムの作成、アイテムの削除、アイテムの読み取り、リストの読み取り、アイテムの更新の操作を定義します。Create All Operations Defines a create item, delete item, read item, read list, and update item operation.

      注意

      [すべての操作を作成] はテーブルおよびビューに対してのみ使用できます。Note:Create All Operations is available only for tables and views. ルーチンには個別の操作が必要です。Routines require specific operations.

    • "アイテム読み取り" 操作の新規作成 アイテムの読み取り操作を定義します。New Read Item Operation Defines a read item operation.

  • "リストの読み取り" 操作の新規作成 リストの読み取り操作を定義します。New Read List Operation Defines a read list operation.

  • "更新" 操作の新規作成 項目の更新操作を定義します。New Update Operation Defines an update item operation.

  • "削除" 操作の新規作成 項目の削除操作を定義します。New Delete Read Defines a delete item operation.

  • 更新 データ ソース エクスプローラーで、テーブル、ビュー、およびルーチンのリストを更新します。Refresh Refreshes the list of tables, views, and routines in the Data Source Explorer.

  1. [ 次へ] をクリックします。Click Next.

注意

  • 複数のテーブルにわたるビューでは、書き込み操作がサポートされているようにしてください。書き込み操作がサポートされていないと、[ すべての操作を作成] または [ "更新" 操作の新規作成] が失敗する場合があります。On views that span multiple tables, make sure that that write operations are supported. Otherwise, Create All Operations or New Update Operation might fail.
  • 少なくとも、[ "項目の読み取り" 操作の新規作成] および [ "リストの読み取り" 操作の新規作成] は必ず定義してください。外部リストなどの SharePoint 機能がこうした操作に依存しているためです。Always define at least a New Read Item Operation and New Read List Operation because SharePoint features, such as external lists, rely on these operations.
  • テーブルまたはビューで特定の操作がサポートされていない場合は、[ すべての操作を作成] ではなく個別の操作を選択してください。Choose specific operations, instead of Create All Operations, when the table or view does not support certain operations.

列を追加するAdd columns

  1. テーブルまたはビューから表示する列を指定するには、[ 次へ] をクリックします。To specify the columns that you want to display from the table or view, click Next.

  2. [ パラメーター構成] ダイアログ ボックスでは、既定ですべての列 ( データ ソース要素と呼ばれます) が選択されています。不要な列を削除するには、対応するチェック ボックスをオフにします。In the Parameters Configuration dialog box, by default all columns (known as Data Source Elements) are selected. To remove unnecessary columns, clear the corresponding check boxes.

    注意

    ネイティブの SharePoint リストとは異なり、外部リストの列名は変更できません。SQL 列のエイリアスを使用して、分かりやすい名前または短い名前を指定することをお勧めします。Unlike a native SharePoint list, you cannot change the column name of an external list. Consider using an SQL column alias to provide a more meaningful name or a shorter name.

  3. 識別子フィールドを選択するには、フィールド (通常は一意の値のフィールド) をクリックして強調表示し、[プロパティ][識別子にマッピング] をクリックします。To select an identifier field, click and highlight a field (typically a unique-valued field), and then under Properties, click Map to Identifier.

重要

ID、プライマリ キー フィールドなど特定のフィールドが更新されないようにするには、[必須] チェック ボックスをオフにし、[読み取り専用] チェック ボックスをオンにします。この設定は、他のフィールドを更新する場合の項目の取得に必要です。To prevent specific fields from being updated, such as an ID or primary key field, clear the Required check box, but select the Read-Only check box, which is needed to retrieve items so you can update other fields.

ヒント

[エラーと警告] ウィンドウのメッセージは常に慎重に確認してください。Tip: Always carefully read the messages in the Errors and Warnings pane. このメッセージでは、操作の確認と問題のトラブルシューティングに役立つ情報が提供されます。They provide useful information to confirm your actions or troubleshoot any issues. [エラーと警告] ウィンドウを定期的にクリックし、エラーや警告がないことを確認します。Periodically click the Errors and Warnings pane and make sure that there are no more errors or warnings.

Outlook のフィールドのマッピングMap Outlook fields

外部コンテンツ タイプを Outlook アイテムの種類にマップする場合、外部コンテンツ タイプの 1 つ以上のフィールドを Outlook アイテム フィールドにマップする必要があります。"顧客" などの外部コンテンツ タイプを、連絡先などの Outlook アイテムの種類にマップする場合、顧客の姓、顧客の名、顧客の住所、顧客の電話番号などの外部コンテンツ タイプの個々のフィールドをそれぞれ、連絡先の姓、名、事業所住所、事業所電話番号などの Outlook アイテムの種類フィールドに明示的にマップする必要があります。If your external content type maps to an Outlook item type, you must map one or more fields from your external content type to the Outlook item fields. When you map an external content type, such as a Customer, to an Outlook item type, such as a Contact, you must explicitly map the individual fields in the external content type, such as Customer First Name, Customer Last Name, Customer Address, and Customer Phone, to their respective Outlook item type fields, such as a contact's FirstName, LastName, BusinessAddress, and BusinessPhone.

  • 各フィールドについて、次を実行してください。For the each field, do the following:
  1. フィールドをクリックして強調表示します。Click and highlight the field.

  2. [プロパティ][オフィス プロパティ] の横で、下向き矢印をクリックし、適切な一致フィールドを選択します。Under Properties, next to Office property, click the down arrow. and then select the appropriate matching field.

注意

対応するフィールドをすべてマップする必要はありません。ただし、次の表に示すフィールドはマップする必要があります。You do not need to map all the corresponding fields. However, the fields shown in the following table must be mapped.

表: Outlook アイテム フィールドにマッピングする Outlook アイテムの種類Table: Outlook item type mapped to Outlook item field

Outlook アイテムの種類Outlook item type Outlook アイテム フィールドOutlook item field
ContactContact
LastNameLastName
タスクTask
SubjectSubject
AppointmentAppointment
開始、終了、および件名Start, End, and Subject
投稿Post
SubjectSubject

マップされていないフィールドは数によって、下に示す拡張プロパティとして表示されます。Unmapped fields, depending on the number, are displayed as extended properties as follows:

  • Adjoining (隣接) Outlook フォームの既定のページ下部にあるフォーム領域に追加されます (フィールド数が 2 ~ 5 の場合)。Adjoining Appended to the form region at the bottom of an Outlook form's default page (two to five fields).

  • Separate (分離) 新しいページとして Outlook フォームに追加されます (フィールド数が 6 以上の場合)。Separate Added as a new page to an Outlook form (six or more fields).

外部アイテム ピッカー コントロールの設定Set up the external item picker control

外部アイテム ピッカー コントロールを使用すると、ID フィールドや一意の値を持つフィールドを選択して、簡単にアイテムを選択できます。このコントロールは SharePoint および Office 2013製品に提供されています。たとえば、このコントロールを使用して顧客の外部リストからアイテムを選択したり、Word 2013ではこのコントロールを、外部データ列にリンクされているコンテンツ コントロールと共に使用できます。既定の操作はすべての列の表示ですが、ほとんどの場合必ずしも必要でないため、外部アイテム ピッカー コントロールに表示する特定の列を選択することをおすすめします。The external item picker control allows users to select a field, such as an ID field or a field that has unique values, to conveniently choose an item. This control is available in SharePoint and Office 2013 products. For example, users can use this control to choose an item from an external list of customers and Word 2013 enables this control for use with content controls that are linked to external data columns.It's a good idea to select the specific columns you want to display in the external item picker control because the default operation is to show all the columns, which in most cases, is not necessary.

  1. 外部アイテム ピッカー コントロールに表示するフィールドごとに、フィールドをクリックして強調表示し、[ プロパティ] の下で [ ピッカーに表示] チェック ボックスをオンにします。For each field that you want displayed in the external content item picker, click and highlight the field, and then under Properties, click the Show in Picker check box.

  2. [次へ] をクリックします。Click Next.

注意

定義したフィルターはすべて、外部アイテム ピッカー コントロールに表示されます。Note: All filters that you define are displayed in the external item picker control. 外部アイテム ピッカー コントロールから特定のフィルターを削除することはできませんが、フィルターの作成また変更時に [フィルターの構成] ダイアログ ボックスの [既定] をクリックして、既定のフィルターを定義することができます。Although you cannot remove specific filters from the external item picker control, you can define a default filter by clicking Is Default in the Filter configuration dialog box when you are creating or modifying the filter.

フィルターを定義するDefine filters

フィルターを定義しない場合、外部リストから Business Connectivity Services (BCS) の調整制限 (既定では 2,000 アイテム) を上限とするデータがすべて返されるか、現在の調整制限に満たない場合は、外部コンテンツ タイプに定義されているすべてのデータが返されます。また、結果の処理はすべて SharePoint 製品で行われます。フィルターを少なくとも 1 つ定義することをおすすめします。一般に、知っておく必要のあるフィルターが 2 種類あります。If you do not define a filter, an external list returns all of the data up to the Business Connectivity Services (BCS) throttle limit (by default, 2,000 items) or all the data that is defined in the external content type, if less than the current throttle limit. In addition, the entire processing of the results occurs within the SharePoint product. It's a good idea to define at least one filter. In general, there are two types of filters that you need to be aware:

  • データ ソース フィルター 外部コンテンツ タイプのフィルター (データ ソース フィルター) を作成する場合、フィルター操作は SQL Server データベース内で発生します。膨大なデータを操作する場合、SharePoint 製品から外部データベースに処理をオフロードし、パフォーマンスを向上できるので、これは重要です。外部リストを作成できたら、[ リスト ビュー] 設定ページの [ データ ソース フィルター] セクションでさまざまなフィルター値が指定されたビューを作成して、データ ソース フィルターを使用できます。Data Source Filter When you create an external content type filter, which is known as a Data Source Filter, the filter operation occurs within the SQL Server database. This is important when you are working with lots of data because you can offload processing from SharePoint products to the external database and gain performance improvements. After you create the external list, you can use the Data Source Filter by creating a view that specifies different filter values in the Data Source Filter section of the List View settings page.

  • SharePoint フィルター SharePoint フィルター (列ヘッダー フィルターまたは [ リスト ビュー] 設定ページの [ フィルター] セクション) を使用して、データをフィルター処理することもできます。この場合、フィルター操作は SQL Server データベース内ではなく、SharePoint 製品内で発生します。SharePoint filter Users can still filter the data by using a SharePoint filter, either the column header filter or by using the Filters section in the List View settings page. In this case, the filter operation occurs within the SharePoint product, not within the SQL Server database.

大量のデータをまず外部データ ソースでフィルター処理してから、ユーザーが SharePoint フィルターでさらにその結果をフィルター処理し、絞り込むようにする個別のデータ ソース フィルターを使用して、外部リスト ビューのセットを作成する方法をおすすめします。A good strategy to consider is to create a set of external list views based on specific Data Source Filters that make sure that larger amounts of data are filtered first in the external data source, and then users can further filter and refine the results by using SharePoint filters.

いくつかの異なる種類のフィルターを作成できます。作成した各フィルターに対して、次の操作を実行します。You can create several different types of filters. For each filter that you create, do the following:

  1. [ プロパティ] の [ データ ソース要素] の横で、フィールドを選択します。Under Properties, next to Data Source Element, select a field.

  2. [ プロパティ] の [ フィルター] の横で、[ クリックして追加] をクリックして [ フィルターの構成] ダイアログ ボックスを表示します。Under Properties, next to Filter, click Click to Add to display the Filter Configuration dialog box.

  3. [ フィルター パラメーターの追加] をクリックします。Click Add Filter Parameter.

  4. [ 新しいフィルター] ボックスに、フィルターの名前を入力します。In the New Filter box, enter a filter name.

  5. [ フィルターの種類] ボックスで、フィルターの種類を選択します。In the Filter Type box, select a filter type:

比較Comparisons

<span data-ttu-id="4479f-240">比較フィルターは条件 (State = "New Jersey" など) に基づいて、返されるアイテムを制限するフィルターで、SQL WHERE 句に変換されます。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="4479f-240">A Comparison filter limits what items are returned based on a condition (such as State = "New Jersey") and is converted to an SQL WHERE clause.</span></span>
  1. [ フィルターの種類] ボックスで、[ 比較] を選択します。In the Filter Type box, select Comparison.

  2. [ 演算子] ボックスで、演算子を選択します。In the Operator box, select an operation.

  3. [ フィルター フィールド] ボックスで、比較するフィールドが選択されていることを確認します。In the Filter Field box, make sure that the field that you want to compare is selected.

  4. ユーザーが入力した値を大文字と小文字を区別して一致させたい場合は、[大文字を小文字を区別] をクリックします。If you want values entered by the user to match by case, click Case Sensitive.

  5. 複数の一致アイテムが存在する場合に外部アイテム ピッカー コントロールに一致リストを表示する場合は、[外部アイテム ピッカーの一致リストの作成に使用] を選択します。If you want to display a list of possible matches ??n the external item picker control when there is more than one matching item, select Use to create match list in external item picker.

  6. [OK] をクリックします。Click OK.

  7. [ プロパティ] の [ 既定値] の隣に、ユーザーが値を入力しなかった場合の絞り込みに使用する初期値を入力します。値を入力しない場合、外部リストにはアイテムが表示されません。Under Properties, next to Default Value, enter the initial value that you want to filter by, if the user does not enter a value. If you do not enter a value, the external list does not display any items.

ワイルドカードWildcards

<span data-ttu-id="4479f-250">ワイルド カード フィルターは、ユーザーが入力した文字列値 (State Contains "New" など) に基づいて、返される項目を制限し、SQL LIKE 句に変換されます。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="4479f-250">A Wildcard filter limits what items are returned based on a user-entered string value (such as State Contains "New") and is converted to an SQL LIKE clause.</span></span> <span data-ttu-id="4479f-251">有効な SQL Server のワイルド カード文字は、任意の数の文字に一致することを意味する \* (アスタリスク) と、1 文字のみに一致することを意味する \_ (アンダースコア) です。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="4479f-251">Valid SQL Server wildcard characters are \* (asterisk) which means match any number of characters and \_ (underscore) which means match one and only one character.</span></span> 
  1. [フィルター タイプ] ボックスで、[ワイルドカード] を選択します。In the Filter Type box, select Wildcard.

  2. [ フィルター フィールド] ボックスで、フィールドを選択します。In the Filter Field box, select a field.

  3. ユーザーが入力した値を大文字と小文字を区別して一致させたい場合は、[大文字を小文字を区別] をクリックします。If you want values entered by the user to match by case, click Case Sensitive.

  4. 複数の一致アイテムが存在する場合に外部アイテム ピッカー コントロールに一致リストを表示する場合は、[外部アイテム ピッカーの一致リストの作成に使用] を選択します。If you want to display a list of possible matches ??n the external item picker control when there is more than one matching item, select Use to create match list in external item picker.

  5. [OK] をクリックします。Click OK.

  6. [プロパティ][既定値] の隣に、ユーザーが値を入力しなかった場合の絞り込みに使用する初期値を入力します。Under Properties, next to Default Value, enter the initial value that you want to filter by, if the user does not enter a value. 値を入力しない場合、外部リストにはアイテムが表示されません。If you do not enter a value, the external list does not display any items. * (アスタリスク) を既定として入力することをお勧めします。It's a good idea to enter an * (asterisk) as the default.

制限Limit

<span data-ttu-id="4479f-p125">ほとんどの場合、読み取りおよびリストの読み取り操作向けに制限フィルターを定義する必要があります。[ **Default Limit**] (既定の制限) 値を定義しない場合、外部データ ソースからデータが取得されません。Business Connectivity Services (BCS) の既定の調整数は 2,000 アイテムなので、制限フィルター用の既定値は 2,000 未満にします。必要な場合は、この制限値を増やすことができます。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="4479f-p125">In most cases, you must define a Limit Filter for Read and Read List operations. If you do not define a **Default Limit** value, no data is retrieved from the external data source. Ensure that the default value that you enter for the limit filter is less than 2,000, because the default Business Connectivity Services (BCS) throttle is 2,000 items. You can increase this limit if it is necessary.</span></span>
  1. [ フィルターの種類] ボックスで、[ 制限] を選択します。In the Filter Type box, select Limit.

  2. [数値] ボックスに数値を入力します。In the Number box, enter a number.

  3. 複数の一致アイテムが存在する場合に外部アイテム ピッカー コントロールに一致リストを表示する場合は、[外部アイテム ピッカーの一致リストの作成に使用] を選択します。If you want to display a list of possible matches ??n the external item picker control when there is more than one matching item, select Use to create match list in external item picker.

  4. [ プロパティ] の [ 既定値] の隣に、ユーザーが値を入力しなかった場合の絞り込みに使用する初期値を入力します。値を入力しない場合、外部リストにはアイテムが表示されません。Under Properties, next to Default Value, enter the initial value that you want to filter by, if the user does not enter a value. If you do not enter a value, the external list does not display any items.

  5. [OK] をクリックします。Click OK.

    注意

    SQL Server データベース管理者は、特定のテーブル、ビュー、インデックス、および最適化されたクエリを作成して結果を必要なものに限定したり、パフォーマンス向上に役立てることができます。Note: The SQL Server database administrator might want to create specific tables, views, indexes, and optimized queries to limit the results to just what is needed and to help improve performance.

ページ番号Page Number

<span data-ttu-id="4479f-p127">外部コンテンツ タイプ "ページ番号" を使用して、外部リストの [ **リスト ビュー**] ページに定義された SharePoint のページの制限を置き換えることができます。次に違いを示します。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="4479f-p127">Use the external content type Page Number to supersede the SharePoint page limit defined in the **List View** page of the external list. Here's the difference:</span></span>
  • 外部コンテンツ タイプ "ページ番号" は、まず SQL Server データベース内で結果を処理してから、[ページ サイズ] の値で指定された行数のみを返し、表示します。The external content type Page Number first processes the results within the SQL Server database, and then returns and displays only the number of rows determined by the Page Size value.

  • SharePoint のページ制限は、SQL Server データベースから [既定値] サイズを上限としてすべての行を返してから、[ リスト ビュー] 設定ページの SharePoint のページ制限値で指定された行数を表示します。The SharePoint page limit returns all the rows up to the Default Value size from the SQL Server database, and then displays the number of rows determined by the SharePoint page limit value in the List View settings page.

<span data-ttu-id="4479f-p128">外部コンテンツ タイプ "ページ番号" を使用するほうが通常は効率がよくなります。また、[ **順序**] 値の使用により、返された結果を正確に表示できるようになります。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="4479f-p128">Using the external content type Page Number is generally more efficient. In addition, the **Order** value helps make sure that an accurate display of the results returned.</span></span>
  1. [ フィルターの種類] ボックスで、[ ページ番号] を選択します。In the Filter Type box, select Page Number.

  2. [ ページ サイズ] ボックスに、数を入力します。In the Page Size box, enter a number.

  3. [ 順序] ボックスで、並べ替え順を選択します。In the Order box, select a sort direction.

  4. [OK] をクリックします。Click OK.

  5. [ プロパティ] の [ 既定値] の隣に、ユーザーが値を入力しなかった場合の絞り込みに使用する初期値を入力します。値を入力しない場合、外部リストにはアイテムが表示されません。Under Properties, next to Default Value, enter the initial value that you want to filter by, if the user does not enter a value. If you do not enter a value, the external list does not display any items.

  6. フィールドの表示のみ行い、変更は行わない場合、フィールドをクリックして強調表示し、[ プロパティ] の下で [ 読み取り専用] を選択します。If you want to display but not modify a field, click and highlight the field, and then under Properties, select Read-Only.

  7. フィールドが作成または変更される場合に必ず値を持つようにするには、フィールドをクリックして強調表示し、[ プロパティ] の下で [ 必須] を選択します。If you want to make sure that a field always has a value when it's created or modified, click and highlight the field, and then under Properties, select Required.

  8. SQL Server の列名から派生した [ データ ソース要素] 名のわかりやすい名前を外部アイテム ピッカー コントロールに表示するには、[ プロパティ] の下の [ 表示名] ボックスに名前を入力します。To provide a descriptive name in the external item picker control of the Data Source Element name, which is derived from the SQL Server column name, click and highlight the field, and then under Properties, in the Display Name box, enter a name.

  9. フィルターの既定値を定義するには ([ リスト ビュー] 設定ページの [ データ ソース フィルター] セクションにも表示されます)、[ フィルター パラメーター] でフィルターをクリックして強調表示し、[ 既定値] ボックスに適切な値を入力します。値を入力しない場合、フィルターの初回使用時にアイテムが表示されません。To define a default value for the filter (which also displays in the Data Source Filter section of the List View settings page), under Filter Parameters, click and highlight the filter, and then in the Default Value box, enter an appropriate value. If you do not enter a value, then when that filter is used for the first time, no items are displayed.

外部リストのタイトル フィールドの設定Set the Title field for an external list

  1. リボンで [ 概要ビュー] をクリックします。On the ribbon, click Summary View.

  2. [フィールド] セクションの [フィールド名] でフィールドを選択します。In the Fields section, under Field Name, select a field.

    重要: 一般的に、タイトルは一意の値を持つフィールドにすることをお勧めします。Important: In general, it's a good idea to make the Title a field that has a unique value. [タイトル] フィールドは、リストまたは InfoPath フォームを表示するのに使用します。The Title field is used to display list or InfoPath forms. 一度 [タイトル] フィールドを設定すると、変更することはできません。Once you set the Title field, you cannot change it.

  3. リボンで [タイトルとして設定] をクリックします。On the ribbon, click Set as Title.

外部コンテンツ タイプの完成Complete the external content type

  • クイック アクセス ツールバーで [保存] をクリックします。これにより、外部コンテンツ タイプ定義が Business Data Connectivity メタデータ ストアに格納されます。On the Quick Access Toolbar, click Save. This stores the external content type definition in the Business Data Connectivity metadata store.

注意

Business Data Connectivity ではパフォーマンスをさらに向上するため、すべてのオブジェクトをメタデータ ストアにキャッシュし、1 分間隔で実行されるタイマージョブを使用して変更内容を更新します。変更内容をファーム内のすべてのサーバーに反映するのに最大 1 分かかります。ただし、変更を行ったサーバーでは直ちに反映されます。To provide better performance, Business Data Connectivity caches all the objects in the metadata store and updates changes by using a timer job that runs every minute. It might take up to one minute for changes to propagate to all the servers in the farm, but changes are immediate on the server where you make the change.

外部コンテンツ タイプが SharePoint および Office 2013 製品で利用できるようになりました。The external content type is now available for use in SharePoint and Office 2013 products.

関連項目See also