場所を信頼するHow to: Trust a Location

アクセスする必要のあるブックは、信頼できる場所に置かなければなりません。そうしないと、そのブックを開く呼び出しが失敗します。この例では、[SharePoint サーバーの全体管理] ページを使用して、場所を信頼する方法について説明します。Workbooks that you want to access must be placed in a trusted location. If they are not, calls to open the workbooks will fail. This example shows you how to trust a location by using the SharePoint Central Administration page.

別の方法として、Windows PowerShell を使用して場所を信頼することもできます。詳細については、「 TechNet」にある Microsoft SharePoint Server 2010 IT Pro および管理に関する資料を参照してください。You can also trust a location by using Windows PowerShell. For more information, see the Microsoft SharePoint Server 2010 IT Pro and administration documentation on TechNet.

ヒント: 管理操作の改善点と、[信頼できるファイル保存場所] ページのスクリーン ショットの詳細については、「SharePoint 2010 管理における Excel Services の改善点」というブログ投稿を参照してください。Tip: For more information about administration improvement and to view screen shots of the Trusted File Locations page, see the blog post Excel Services in SharePoint 2010 Administration Improvements.

場所を信頼するにはTo trust a location

  1. [ スタート] メニューで [ すべてのプログラム] をクリックします。On the Start menu, click All Programs.

  2. [ Microsoft SharePoint 2010 製品] をポイントし、[ SharePoint 2010 サーバーの全体管理] をクリックします。Point to Microsoft SharePoint 2010 Products, and then click SharePoint 2010 Central Administration.

  3. [SharePoint 2010 サーバーの全体管理] ページで、[ アプリケーション構成の管理] の下の [ サービス アプリケーションの管理] をクリックします。On the SharePoint 2010 Central Administration page, under Application Management, click Manage service applications.

  4. [サービス アプリケーションの管理] ページで、[ Excel Services Application] をクリックします。On the Manage Service Application page, click Excel Services Application.

  5. [Excel Services Application] ページで、[ 信頼できるファイル保存場所] をクリックします。On the Manage Excel Services Application page, click Trusted File Locations.

  6. [Excel Services Application: 信頼できるファイル保存場所] ページで、[ 信頼できるファイル保存場所の追加] をクリックします。On the Excel Services Application Trusted File Locations page, click Add Trusted File Location.

  7. [Excel Services Application: 信頼できるファイル保存場所の追加] ページで、[ アドレス] ボックスに、ブックを保存する場所を入力します。例: http:// MyServer002/Shared%20Documents。On the Excel Services Application Add Trusted File Location page, in the Address text box, type the location to save your workbook—for example,http:// MyServer002/Shared%20Documents.

  8. [ 場所の種類] の下で、該当する場所の種類をクリックします。この例では、[ SharePoint Foundation] を選択してください。Under Location type, click the appropriate location type. In this example, select SharePoint Foundation.

  9. 子のライブラリまたはディレクトリを信頼するには、[ 子の信頼] の下で [ 子の信頼] を選択します。Under Trust Children, select Children trusted if you want to trust child libraries or directories.

  10. [OK] をクリックします。Click OK.

関連項目See also

タスクTasks

ステップ 3: UDF を展開して有効にするStep 3: Deploying and Enabling UDFs

方法: Excel クライアントからサーバーへの保存How to: Save from Excel Client to the Server

概念Concepts

Excel Services のアラートExcel Services Alerts

その他のリソースOther resources

チュートリアル: Excel Web Services を使用してカスタム アプリケーションを開発するWalkthrough: Developing a Custom Application Using Excel Web Services