Office 365 コンテンツ配信ネットワーク ( CDN) の使用Use the Office 365 content delivery network (CDN)

適用対象: Office 365Applies to: Office 365

Office 365 コンテンツ配信ネットワーク (CDN) で静的資産をホストすることで、SharePoint Online ページのパフォーマンスを向上させることができます。You can host static assets in the Office 365 content delivery network (CDN) to provide better performance for your SharePoint Online pages. 静的資産とは、画像、ビデオ、オーディオ、スタイル シート、フォント、JavaScript ファイルのような、あまり頻繁には変更されないファイルのことです。Static assets are files that don't change very often, like images, video and audio, style sheets, fonts, and JavaScript files. CDN は、静的資産をそれを要求したブラウザーの近くにキャッシュすることにより、地理的に分散したキャッシュ プロキシとして機能します。The CDN works as a geographically distributed caching proxy, by caching static assets closer to the browsers requesting them.

Office 365 CDN の基本Office 365 CDN basics

Office 365 CDN は、SharePoint Online サブスクリプションの一部として含まれます。The Office 365 CDN is included as part of your SharePoint Online subscription. 追加料金はかかりません。You don't have to pay extra for it. Office 365 はプライベート アクセスとパブリック アクセスの両方をサポートし、静的資産を複数の場所 (つまり配信元となる場所) にホストすることができます。Office 365 provides support for both private and public access and allows you to host static assets in multiple locations, or origins. Office 365 CDN は Azure CDN と同じではありません。The Office 365 CDN is not the same as the Azure CDN. CDN を使用する理由や一般的な CDN の概念の詳細については、「コンテンツ配信ネットワーク」を参照してください。If you need more information about why to use a CDN or about general CDN concepts, see Content delivery networks.

Office 365 CDN の種類Office 365 CDN types

Office 365 には、パブリックおよびプライベートという 2 種類の CDN があります。Office 365 offers you two types of CDNs: Public and Private. どちらもパフォーマンスを向上させますが、それぞれに固有の属性と利点があります。Both options provide performance improvements, but each has unique attributes and advantages.

Office 365 パブリック CDNOffice 365 Public CDN

Office 365 パブリック CDN の使用法を示す図

  1. 管理者がテナントの Office 365 パブリック CDN を有効にします。Administrator enables Office 365 Public CDN for the tenant.
  2. CDN から共有される静的資産が、パブリック CDN の配信元として有効にされた SharePoint ライブラリにアップロードされます。Static assets to be shared from CDN are uploaded to SharePoint libraries, which are enabled as Public CDN origins.
  3. 構成されたライブラリとフォルダーの資産が CDN サービスに伝搬されます。Assets from the configured libraries and folders are propagated to the CDN service.
  4. CDN の場所を指す URL が SharePoint サイトと、SharePoint ページで実行されているカスタマイズで利用できるようになります。URLs pointing to CDN location are available to be used in the SharePoint sites and in customizations running on SharePoint pages.

注意

組織の機密とされているリソースは、パブリック CDN の配信元として構成されているドキュメント ライブラリには決して配置しないでください。You should never place resources that are considered sensitive to your organization in a Document library configured as a Public CDN origin.

Office 365 パブリック CDN の属性と利点Office 365 Public CDN attributes and advantages

  • パブリックの配信元で公開されている資産には、すべてのユーザーが匿名でアクセスできます。Assets exposed in a public origin are accessible by everyone anonymously.
  • パブリックの配信元から資産を削除した場合、その資産は最大 30 日間はキャッシュから引き続き使用できます。ただし、CDN 内の資産へのリンクは 15 分以内に無効になります。If you remove an asset from a public origin, the asset may continue to be available for up to 30 days from the cache; however, we will invalidate links to the asset in the CDN within 15 minutes.
  • パブリックの配信元にスタイル シート (CSS ファイル) をホストする場合は、コード内で相対パスと URI を使用できます。When you host style sheets (CSS files) in a public origin, you can use relative paths and URIs within the code. つまり、背景画像と他のオブジェクトの場所を、呼び出し元の資産の場所からの相対位置で参照することができます。This means that you can reference the location of background images and other objects relative to the location of the asset that's calling it.
  • パブリックの配信元の URL をハード コーディングすることはできますが、お勧めできません。While you can hard code a public origin's URL, doing so is not recommended. CDN にアクセスできなくなった場合、SharePoint Online でその URL は自動的に組織に対して解決されず、結果としてリンクが壊れて他のエラーが発生する可能性があるためです。The reason for this is that if access to the CDN becomes unavailable, the URL will not automatically resolve to your organization in SharePoint Online and might result in broken links and other errors. したがって、SharePoint URL を使用し、パブリック CDN の URL が有効になったときに SharePoint で自動的にその URL がパブリック CDN の URL に書き換えられるようにすることをお勧めします。Therefore, the recommendation is to use SharePoint URLs and have SharePoint automatically rewrite the URL to the public CDN URL when it's enabled.
  • パブリックの配信元用に含まれている既定のファイルの種類は、css、.eot、.gif、.ico、.jpeg、.jpg、.js、.map、.png、.svg、.ttf、.woff です。The default file types that are included for public origins are .css, .eot, .gif, .ico, .jpeg, .jpg, .js, .map, .png, .svg, .ttf, and .woff. CDN の構成を変更して、他のファイルの種類を指定することもできます。You can specify additional file types by changing the CDN's configuration.
  • 必要な場合には、指定するサイトの分類で特定された資産を除外するポリシーを構成できます。If you want, you can configure a policy to exclude assets that have been identified by site classifications that you specify. たとえば、許可されているファイルの種類のもので、パブリックの配信元にある資産であっても、"社外秘" または "制限付き" としてマークされている資産はすべて除外する、といったことができます。For example, you can choose to exclude all assets that are marked as "confidential" or "restricted" even if they are an allowed file type and are located in a public origin.

Office 365 プライベート CDNOffice 365 Private CDN

Office 365 プライベート CDN の使用法を示す図

  1. 管理者がテナントの Office 365 プライベート CDN を有効にします。Administrator enables Office 365 Private CDN for the tenant
  2. CDN から共有される静的資産が、プライベート CDN の配信元として有効にされた SharePoint ライブラリにアップロードされます。Static assets to be shared from CDN are uploaded to SharePoint libraries, which are enabled as Private CDN origins
  3. 指定されたプライベート CDN の配信元の資産が CND サービスに配布されます。Assets from the designated Private CDN Origins are distributed to the CDN service
  4. いずれかの CDN の配信元に保存された資産を使用するページをユーザーがリクエストすると、SharePoint によって資産の URL が CDN の URL に自動的に書き換えられ、それらの資産は CDN から提供されます。When users request pages using assets stored in any of the CDN origins, SharePoint automatically rewrites the assets' URL to the CDN URL, so that these assets are served from the CDN
  5. URL の書き換えが行われるときには、CDN から提供される資産は公開されているメジャー バージョンを含んでいなければならず、ユーザーは対象資産へのアクセス許可を持っていなければなりません。Assets being served from the CDN must have a major version published and users must have permissions to access these assets, when URL rewriting happens

Office 365 プライベート CDN の属性と利点Office 365 Private CDN attributes and advantages

  • ユーザーがプライベートの配信元の資産にアクセスできるのは、その権限を持っている場合のみです。Users can only access the assets from a private origin if they are authorized to do so. これらの資産に匿名でアクセスすることはできません。Anonymous access to these assets is prevented.
  • プライベートの配信元から資産を削除した場合、その資産は最大 1 時間はキャッシュから引き続き使用できます。ただし、CDN 内の資産へのリンクは 15 分以内に無効になります。If you remove an asset from the private origin, the asset may continue to be available for up to an hour from the cache; however, we will invalidate links to the asset in the CDN within 15 minutes.
  • プライベートの配信元用に含まれている既定のファイルの種類は、.gif、.ico、.jpeg、.jpg、.js、.png です。The default file types that are included for private origins are .gif, .ico, .jpeg, .jpg, .js, and .png. CDN の構成を変更して、他のファイルの種類を指定することもできます。You can specify additional file types by changing the CDN's configuration.
  • パブリックの配信元と同様、ワイルドカードを使用してフォルダーまたはサイト ライブラリ内のすべての資産を含める場合でも、指定するサイトの分類で特定された資産を除外するためのポリシーを構成できます。Just like public origins, you can configure a policy to exclude assets that have been identified by site classifications that you specify even if you use wildcards to include all assets within a folder or site library.

CDN の URL に自動的に書き換える発行機能Publishing feature auto-rewriting to CDN URLs

組織において既存のポータルを更新することなく Office 365 CDN の機能を利用できるようにするために、SharePoint の発行機能が更新されました。CDN の配信元に保存されている資産の URL は、対応する CDN の URL に自動的に書き換えられ、資産は SharePoint ではなく CDN サービスから提供されます。To help organizations take advantage of the Office 365 CDN capabilities without having to update their existing portals, the SharePoint Publishing feature has been updated to automatically rewrite URLs of assets stored in CDN origins to their CDN equivalents so that assets are served from the CDN service instead of SharePoint.

SharePoint 発行機能によって自動的に書き換えられるのは次のようなリンクです。The following is an overview of which links are automatically rewritten by the SharePoint Publishing feature:

  • 従来の発行ページの HTML 応答の IMG/LINK/CSS URLIMG/LINK/CSS URLs in classic publishing page HTML responses
    • これには、ページの HTML コンテンツ内に作成者によって追加された画像が含まれます。This includes images added by authors within the HTML content of a page
    • ページを拡張する場合、次のようにしてページ上で URL の自動書き換えを一時的に無効にできます。When extending pages, you can temporarily disable auto-rewriting URLs on a page by:
      • ページをチェックアウトするchecking out the page
      • クエリ文字列パラメーター ?NoAutoReWrites=true を指定するproviding the query string parameter ?NoAutoReWrites=true
  • 画像ライブラリ スライドショー Web パーツの画像 URLPicture Library SlideShow webpart image URLs
  • SPList REST API (RenderListDataAsStream) 結果の画像フィールドImage fields in SPList REST API (RenderListDataAsStream) results
    • 新しいプロパティ ImageFieldsToTryRewriteToCdnUrls を使用して、フィールドのコンマ区切りリストを指定します。Use the new property ImageFieldsToTryRewriteToCdnUrls to provide a comma separated list of Fields.
    • ハイパーリンク フィールド (画像またはリンク) と PublishingImage フィールドをサポートします。Supports Hyperlink Fields (Picture or Link) and PublishingImage Fields.
  • SharePoint イメージ表示SharePoint Image renditions

Office 365 CDN のセットアップと構成Set up and configure the Office 365 CDN

SharePoint Online 管理シェルまたは Office 365 CLI を使用して、テナントで Office 365 CDN をセットアップおよび構成できます。You can set up and configure the Office 365 CDN in your tenant using the SharePoint Online Management Shell or the Office 365 CLI.

SharePoint Online 管理シェルを使用して Office 365 CDN をセットアップおよび構成するSet up and configure the Office 365 CDN using the SharePoint Online Management Shell

注意

テナントでサイト コレクションのアプリ カタログを管理するには、まず SharePoint Online 管理シェルがインストールされていることを確認してください。Before you can manage site collection app catalogs in your tenant, ensure that you have installed the SharePoint Online Management Shell. 次に、Connect-SPOService コマンドレットを使用してご利用の SharePoint Online テナントに接続します。Next, connect to your SharePoint Online tenant using the Connect-SPOService cmdlet.

Office 365 CDN を有効にするEnable Office 365 CDN

テナントの Office 365 CDN の状態は Set-spotenantcdnenabled コマンドレットを使用して管理できます。You can manage the state of the Office 365 CDN in your tenant using the Set-SPOTenantCdnEnabled cmdlet.

テナントで Office 365 パブリック CDN を有効にするには、次のように実行します。To enable the Office 365 Public CDN in your tenant execute:

Set-SPOTenantCdnEnabled -CdnType Public -Enable $true

Office 365 プライベート CDN を有効にするには、次のように実行します。To enable the Office 365 Private CDN, execute:

Set-SPOTenantCdnEnabled -CdnType Private -Enable $true

または、両方の種類の CDN を使用する場合、次のようにしてそれらを有効にできます。Alternatively, if you want to use both CDN types, you can enable them using:

Set-SPOTenantCdnEnabled -CdnType Both -Enable $true

標準の CDN の配信元を使用しない場合は、-NoDefaultOrigins パラメーターを次のように追加します。If you don't want to use the standard CDN origins, add the -NoDefaultOrigins parameter:

Set-SPOTenantCdnEnabled -CdnType Both -Enable $true -NoDefaultOrigins

Office 365 CDN の現在の状況を確認するView the current status of the Office 365 CDN

特定の種類の Office 365 CDN の有効/無効を確認するには、Get-SPOTenantCdnEnabled コマンドレットを使用します。To check, if the particular type of Office 365 CDN is enabled or disabled, use the Get-SPOTenantCdnEnabled cmdlet.

Office 365 パブリック CDN が有効かどうかを確認するには、次のように実行します。To check if the Office 365 Public CDN is enabled, execute:

Get-SPOTenantCdnEnabled -CdnType Public

Office 365 CDN の配信元を確認するView Office 365 CDN origins

現在構成されている Office 365 パブリック CDN の配信元を確認するには、次のように実行します。To view the currently configured Office 365 Public CDN origins execute:

Get-SPOTenantCdnOrigins -CdnType Public

Office 365 CDN の配信元を追加するAdd Office 365 CDN origin

注意

組織の機密とされているリソースは、パブリック CDN の配信元として構成されている SharePoint ドキュメント ライブラリには決して配置しないでください。You should never place resources that are considered sensitive to your organization in a SharePoint Document library configured as a Public CDN origin

[Add-SPOTenantCdnOrigin](https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/sharepoint-online/add-spotenantcdnorigin?view=sharepoint-ps) コマンドレットを使用して、CDN の配信元を定義します。Use the [Add-SPOTenantCdnOrigin](https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/sharepoint-online/add-spotenantcdnorigin?view=sharepoint-ps) cmdlet to define a CDN origin. 複数の配信元を定義できます。You can define multiple origins. 配信元は、CDN でホストする資産が含まれる SharePoint ライブラリまたはフォルダーを指す URL です。The origin is a URL that points to a SharePoint library or folder that contains the assets that you want to be hosted by the CDN.
Add-SPOTenantCdnOrigin -CdnType <Public | Private> -OriginUrl <path>

path は、資産が含まれるフォルダーのパスです。Where path is the path to the folder that contains the assets. 相対パスに加え、ワイルドカードも使用できます。You can use wildcards in addition to relative paths.

すべてのサイトのマスター ページ ギャラリーをパブリック CDN の配信元にして、そこにある資産すべてを含める場合、次のように実行します。To include all assets in the Master Page Gallery of all sites as a public CDN origin, execute:

Add-SPOTenantCdnOrigin -CdnType Public -OriginUrl */masterpage

特定のサイト コレクションのプライベートの配信元を構成するには、次のように実行します。To configure a private origin for a specific site collection, execute:

Add-SPOTenantCdnOrigin -CdnType Private -OriginUrl sites/site1/siteassets

注意

CDN の配信元の追加後、CDN サービス経由でファイルを取得できるようになるまで最大 15 分かかることがあります。After adding a CDN origin, it might take up to 15 minutes for you to be able to retrieve files via the CDN service. 特定の配信元が既に有効かどうかは、Get-SPOTenantCdnOrigins コマンドレットを使用して検証できます。You can verify if the particular origin has already been enabled using the Get-SPOTenantCdnOrigins cmdlet.

Office 365 CDN の配信元を削除するRemove Office 365 CDN origin

[Remove-SPOTenantCdnOrigin](https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/sharepoint-online/remove-spotenantcdnorigin?view=sharepoint-ps) コマンドレットを使用して、指定した種類の CDN の配信元を削除します。Use the [Remove-SPOTenantCdnOrigin](https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/sharepoint-online/remove-spotenantcdnorigin?view=sharepoint-ps) cmdlet to remove a CDN origin for the specified CDN type.

パブリック CDN の構成から配信元を削除するには、次のように実行します。To remove an origin from the Public CDN configuration, execute:

Remove-SPOTenantCdnOrigin -CdnType Public -OriginUrl */masterpage

注意

CDN の配信元を削除しても、その配信元に一致するドキュメント ライブラリに保存されたファイルには影響はありません。Removing a CDN origin doesn't affect the files stored in any Document library matching that origin. それらの資産が SharePoint URL を使用して参照されていた場合、それは SharePoint によって、対象のドキュメント ライブラリを指す元の URL に自動的に切り替えられます。If these assets have been referenced using their SharePoint URL, SharePoint will automatically switch back to the original URL pointing to the Document library. ただし、資産がパブリック CDN の URL を使用して参照されていた場合、それらのリンクは壊れることになり、手動での変更が必要になります。If, however, assets have been referenced using the Public CDN URL, then these links will now be broken and will need to be manually changed.

Office 365 CDN の配信元を変更するModify Office 365 CDN origin

既存の CDN の配信元を変更することはできません。It's not possible to modify an existing CDN origin. 代わりに、Remove-SPOTenantCdnOrigin コマンドレットを使用して定義済みの CDN の配信元を削除して、Add-SPOTenantCdnOrigin コマンドレットで新しい配信元を作成する必要があります。Instead, you should remove the previously defined CDN origin using the Remove-SPOTenantCdnOrigin cmdlet and add a new one using the Add-SPOTenantCdnOrigin cmdlet.

Office 365 CDN に含めるファイルの種類を変更するChange the types of files to include in Office 365 CDN

既定でパブリック CND に含まれるファイルの種類は、.css、.eot、.gif、.ico、.jpeg、.jpg、.js、.map、.png、.svg、.ttf、.woff です。By default, the following file types are included in the Public CDN: .css, .eot, .gif, .ico, .jpeg, .jpg, .js, .map, .png, .svg, .ttf, and .woff. CDN に他の種類のファイルを含める必要がある場合、Set-SPOTenantCdnPolicy コマンドレットを使用して CDN 構成を変更できます。If you need to include additional file types in the CDN, you can change the CDN configuration using the Set-SPOTenantCdnPolicy cmdlet.

注意

ファイルの種類のリストを変更する場合、現在定義されているリストを上書きします。When changing the list of file types, you overwrite the currently defined list. 他のファイルの種類を追加する場合は、Get-spotenantcdnpolicies コマンドレットを最初に使用して現在構成されているファイルの種類を確認します。If you want to include additional file types, first use the Get-SPOTenantCdnPolicies cmdlet to find out which file types are currently configured.

ファイルの種類 JSON を、パブリック CDN に含まれるファイルの種類の既定リストに追加するには、次のように実行します。To add the JSON file type to the default list of file types included in the Public CDN, execute:

Set-SPOTenantCdnPolicy -CdnType Public -PolicyType IncludeFileExtensions -PolicyValue "CSS,EOT,GIF,ICO,JPEG,JPG,JS,MAP,PNG,SVG,TTF,WOFF,JSON"

Office 365 CDN から除外するサイトの分類のリストを変更するChange the list of site classifications you want to exclude from the Office 365 CDN

[Set-SPOTenantCdnPolicy](https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/sharepoint-online/set-spotenantcdnpolicy?view=sharepoint-ps) コマンドレットを使用して、CDN で利用できるようにしないサイトの分類を除外します。Use the [Set-SPOTenantCdnPolicy](https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/sharepoint-online/set-spotenantcdnpolicy?view=sharepoint-ps) cmdlet to exclude site classifications that you do not want to make available over the CDN. 既定で除外されるサイトの分類はありません。By default, no site classifications are excluded.

注意

除外するサイトの分類のリストを変更する場合、現在定義されているリストを上書きします。When changing the list of excluded site classifications, you overwrite the currently defined list. 他の分類を除外する場合は、Get-SPOTenantCdnPolicies コマンドレットを最初に使用して現在構成されている分類を確認します。If you want to exclude additional classifications, first use the Get-SPOTenantCdnPolicies cmdlet to find out which classifications are currently configured.

パブリック CDN から HBI として分類されたサイトを除外するには、次のように実行します。To exclude sites classified as HBI from the Public CDN, execute

Set-SPOTenantCdnPolicy -CdnType Public -PolicyType ExcludeRestrictedSiteClassifications -PolicyValue "HBI"

Office 365 CDN を無効にするDisable Office 365 CDN

Office 365 CDN を無効にするには、Set-SPOTenantCdnEnabled コマンドレットを使用します。たとえば、次のように実行します。To disable the Office 365 CDN use the Set-SPOTenantCdnEnabled cmdlet, for example:

Set-SPOTenantCdnEnabled -CdnType Public -Enable $false

Office 365 CLI を使用して Office 365 CDN をセットアップおよび構成するSet up and configure the Office 365 CDN using the Office 365 CLI

注意

テナントでサイト コレクションのアプリ カタログを管理するには、まず Office 365 CLI がインストールされていることを確認してください。Before you can manage site collection app catalogs in your tenant, ensure that you have installed the Office 365 CLI. 次に、spo connect コマンドを使用してご利用の SharePoint Online テナントに接続します。Next, connect to your SharePoint Online tenant using the spo connect command.

Office 365 CDN を有効にするEnable Office 365 CDN

テナントの Office 365 CDN の状態は spo cdn set コマンドを使用して管理できます。You can manage the state of the Office 365 CDN in your tenant using the spo cdn set command.

テナントで Office 365 パブリック CDN を有効にするには、次のように実行します。To enable the Office 365 Public CDN in your tenant execute:

spo cdn set --type Public --enabled true

Office 365 プライベート CDN を有効にするには、次のように実行します。To enable the Office 365 Private CDN, execute:

spo cdn set --type Private --enabled true

Office 365 CDN の現在の状況を確認するView the current status of the Office 365 CDN

特定の種類の Office 365 CDN の有効/無効を確認するには、spo cdn get コマンドを使用します。To check, if the particular type of Office 365 CDN is enabled or disabled, use the spo cdn get command.

Office 365 パブリック CDN が有効かどうかを確認するには、次のように実行します。To check if the Office 365 Public CDN is enabled, execute:

spo cdn get --type Public

Office 365 CDN の配信元を確認するView Office 365 CDN origins

現在構成されている Office 365 パブリック CDN の配信元を確認するには、次のように実行します。To view the currently configured Office 365 Public CDN origins execute:

spo cdn origin list --type Public

Office 365 CDN の配信元を追加するAdd Office 365 CDN origin

注意

組織の機密とされているリソースは、パブリック CDN の配信元として構成されている SharePoint ドキュメント ライブラリには決して配置しないでください。You should never place resources that are considered sensitive to your organization in a SharePoint Document library configured as a Public CDN origin

spo cdn origin add コマンドを使用して CDN の配信元を定義します。Use the spo cdn origin add command to define a CDN origin. 複数の配信元を定義できます。You can define multiple origins. 配信元は、CDN でホストする資産が含まれる SharePoint ライブラリまたはフォルダーを指す URL です。The origin is a URL that points to a SharePoint library or folder that contains the assets that you want to be hosted by the CDN.

spo cdn origin add --type [Public | Private] --origin <path>

path は、資産が含まれるフォルダーのパスです。Where path is the path to the folder that contains the assets. 相対パスに加え、ワイルドカードも使用できます。You can use wildcards in addition to relative paths.

すべてのサイトのマスター ページ ギャラリーをパブリック CDN の配信元にして、そこにある資産すべてを含める場合、次のように実行します。To include all assets in the Master Page Gallery of all sites as a public CDN origin, execute:

spo cdn origin add --type Public --origin */masterpage

特定のサイト コレクションのプライベートの配信元を構成するには、次のように実行します。To configure a private origin for a specific site collection, execute:

spo cdn origin add --type Private --origin sites/site1/siteassets

注意

CDN の配信元の追加後、CDN サービス経由でファイルを取得できるようになるまで最大 15 分かかることがあります。After adding a CDN origin, it might take up to 15 minutes for you to be able to retrieve files via the CDN service. 特定の配信元が既に有効かどうかは、spo cdn origin list コマンドを使用して検証できます。You can verify if the particular origin has already been enabled using the spo cdn origin list command.

Office 365 CDN の配信元を削除するRemove Office 365 CDN origin

spo cdn origin remove コマンドを使用して、指定した種類の CDN の配信元を削除します。Use the spo cdn origin remove command to remove a CDN origin for the specified CDN type.

パブリック CDN の構成から配信元を削除するには、次のように実行します。To remove an origin from the Public CDN configuration, execute:

spo cdn origin remove --type Public --origin */masterpage

注意

CDN の配信元を削除しても、その配信元に一致するドキュメント ライブラリに保存されたファイルには影響はありません。Removing a CDN origin doesn't affect the files stored in any Document library matching that origin. それらの資産が SharePoint URL を使用して参照されていた場合、それは SharePoint によって、対象のドキュメント ライブラリを指す元の URL に自動的に切り替えられます。If these assets have been referenced using their SharePoint URL, SharePoint will automatically switch back to the original URL pointing to the Document library. ただし、資産がパブリック CDN の URL を使用して参照されていた場合、それらのリンクは壊れることになり、手動での変更が必要になります。If, however, assets have been referenced using the Public CDN URL, then these links will now be broken and will need to be manually changed.

Office 365 CDN の配信元を変更するModify Office 365 CDN origin

既存の CDN の配信元を変更することはできません。It's not possible to modify an existing CDN origin. 代わりに、spo cdn origin remove コマンドを使用して定義済みの CDN の配信元を削除して、spo cdn origin add コマンドで新しい配信元を作成する必要があります。Instead, you should remove the previously defined CDN origin using the spo cdn origin remove command and add a new one using the spo cdn origin add command.

Office 365 CDN に含めるファイルの種類を変更するChange the types of files to include in Office 365 CDN

既定で CND に含まれるファイルの種類は、.css、.eot、.gif、.ico、.jpeg、.jpg、.js、.map、.png、.svg、.ttf、.woff です。By default, the following file types are included in the CDN: .css, .eot, .gif, .ico, .jpeg, .jpg, .js, .map, .png, .svg, .ttf, and .woff. CDN に他の種類のファイルを含める必要がある場合、spo cdn policy set コマンドを使用して CDN 構成を変更できます。If you need to include additional file types in the CDN, you can change the CDN configuration using the spo cdn policy set command.

注意

ファイルの種類のリストを変更する場合、現在定義されているリストを上書きします。When changing the list of file types, you overwrite the currently defined list. 他のファイルの種類を追加する場合は、spo cdn policy list コマンドを最初に使用して現在構成されているファイルの種類を確認します。If you want to include additional file types, first use the spo cdn policy list command to find out which file types are currently configured.

ファイルの種類 JSON を、パブリック CDN に含まれるファイルの種類の既定リストに追加するには、次のように実行します。To add the JSON file type to the default list of file types included in the Public CDN, execute:

spo cdn policy set --type Public --policy IncludeFileExtensions --value "CSS,EOT,GIF,ICO,JPEG,JPG,JS,MAP,PNG,SVG,TTF,WOFF,JSON"

Office 365 CDN から除外するサイトの分類のリストを変更するChange the list of site classifications you want to exclude from the Office 365 CDN

spo cdn policy set コマンドを使用して、CDN で利用できるようにしないサイトの分類を除外します。Use the spo cdn policy set command to exclude site classifications that you do not want to make available over the CDN. 既定で除外されるサイトの分類はありません。By default, no site classifications are excluded.

注意

除外するサイトの分類のリストを変更する場合、現在定義されているリストを上書きします。When changing the list of excluded site classifications, you overwrite the currently defined list. 他の分類を除外する場合は、spo cdn policy list コマンドを最初に使用して現在構成されている分類を確認します。If you want to exclude additional classifications, first use the spo cdn policy list command to find out which classifications are currently configured.

パブリック CDN から HBI として分類されたサイトを除外するには、次のように実行します。To exclude sites classified as HBI from the Public CDN, execute

spo cdn policy set --type Public --policy ExcludeRestrictedSiteClassifications --value "HBI"

Office 365 CDN を無効にするDisable Office 365 CDN

Office 365 CDN を無効にするには、spo cdn set コマンドを使用します。たとえば、次のように実行します。To disable the Office 365 CDN use the spo cdn set command, for example:

spo cdn set --type Public --enabled false

関連項目See also