SharePoint の一般的な開発環境を設定するSet up a general development environment for SharePoint

SharePoint および Visual Studio をインストールして SharePoint 開発環境をセットアップする手順について説明します。Learn the steps to set up a SharePoint development environment by installing SharePoint and Visual Studio.

必要な SharePoint 開発環境の決定方法How to determine the SharePoint development environment you need

作成するアプリを最初に決定します (SharePoint アドイン の詳細については、「 SharePoint アドイン」を参照してください)。First, decide what you want to build (to learn more about SharePoint Add-ins, see SharePoint Add-ins):

Microsoft Azure 仮想マシンでの SharePoint 開発環境の作成Create a SharePoint development environment on a Microsoft Azure virtual machine

MSDN サブスクリプションがあれば、Azure の仮想マシンをすぐにプロビジョニングできます。If you have an MSDN subscription, you can quickly provision a virtual machine in Azure.

MSDN サブスクリプションに付いてくる Microsoft Azure の特典をアクティブ化していない場合は、「 MSDN サブスクライバのための Microsoft Azure 特典」をご覧ください。If you haven't activated the Microsoft Azure benefit that comes with your MSDN subscription, you can learn more about it at Microsoft Azure Benefit for MSDN Subscribers.

注意

Microsoft Azure イメージ ギャラリーでは、SharePoint と Visual Studio がプレインストールされたイメージが提供されなくなりました。The Microsoft Azure Image Gallery no longer provides images with SharePoint and Visual Studio preinstalled. しかし、Microsoft Azure 仮想マシンは、引き続き開発用コンピューターとして優れた選択肢の 1 つです。But a Microsoft Azure VM is still a good option for a development machine. Microsoft Azure ポータルにサインインします。Sign in to the Microsoft Azure management portal. Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 x64、Windows Server 2012 (またはそれ以降) のギャラリーにあるイメージの 1 つを使用して VM を作成します。> Create a VM using one of the images in the gallery for Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 x64, Windows Server 2012 (or later). 仮想マシンの作成ウィザードの指示に従います。Follow the instructions provided by the virtual machine creation wizard. SharePoint 開発には、X-Large VM サイズをお勧めします。We recommend an X-Large VM size for SharePoint development. マシンをプロビジョニングして稼働中にした後、下記の「オンプレミスでの SharePoint 開発環境の作成」と同じ手順でセットアップを完了します After the machine is provisioned and running, complete the setup using the same procedures in the section below Create a SharePoint development environment on premises. (Skip the section about installing the operating system.) (オペレーティング システムのインストールに関するセクションは省略します)。開発環境を設定したら、Azure ポイント対サイト接続を使用して、仮想マシンの Visual Studio からソース管理にアクセスできます。(Skip the section about installing the operating system.)> Once you've set up your development environment, you can access your source control from Visual Studio on the virtual machine by using an Azure Point-to-Site connection. これを行う方法については、「証明書認証 (クラシック) を使用した VNet へのポイント対サイト接続の構成 (クラシック): Azure Portal」を参照してください。See Configure a point-to-site VPN connection to an Azure Virtual Network for instructions on how to do this.

オンプレミスでの SharePoint 開発環境の作成Create a SharePoint development environment on premises

SharePoint アドイン 開発環境用のオペレーティング システムのインストールInstall the operating system for your SharePoint Add-ins development environment

SharePoint インストール環境の開発環境の要件は、運用環境の要件に比べ、厳しいものではなく、コストも少なくて済みます。どんな開発環境でも、SharePoint をインストールして実行するには、x64 対応の CPU と少なくとも 16 GB の RAM が搭載されているコンピューターを使用する必要があります (24 GB の RAM を推奨)。お客様特有の要件と予算に応じて、以下のいずれかのオプションを選択できます。The requirements for a development environment for an installation of SharePoint are less stringent and costly than the requirements for a production environment. In any development environment, you should use a computer with an x64-capable CPU, and at least 16 GB of RAM to install and run SharePoint; 24 GB of RAM is preferable. Depending on your specific requirements and budget, you can choose one of the following options:

  • SharePoint を Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 x64 または Windows Server 2012 (またはそれ以降) にインストールします。Install SharePoint on Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 x64 or Windows Server 2012 (or later).

  • Microsoft Hyper-V を使用して、Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 x64 または Windows Server 2012 ゲスト オペレーティング システムが実行されている仮想マシンに SharePoint をインストールします。SharePoint 用に Microsoft Hyper-V 仮想マシンをセットアップする場合のガイダンスについては、「 SharePoint 仮想マシンと Hyper-V 環境にベスト プラクティスの構成を使用する」を参照してください。Use Microsoft Hyper-V and install SharePoint on a virtual machine running a Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 x64 or Windows Server 2012 guest operating system. See Use best practice configurations for the SharePoint virtual machines and Hyper-V environment for guidance on setting up a Microsoft Hyper-V virtual machine for SharePoint.

オペレーティングシステムと SharePoint のアプリ開発の前提条件のインストールInstall the app development prerequisites for the operating system and SharePoint

SharePoint のインストールを始める前にオペレーティングシステムのいくつかの前提条件をインストールする必要があります。このため、SharePoint には前提条件をすべてインストールする PrerequisiteInstaller.exe tool が含まれています。Setup.exe ツールを実行する前にこのツールを実行します。SharePoint requires your operating system to have certain prerequisites installed before installation begins. For this reason, SharePoint includes a PrerequisiteInstaller.exe tool that installs all of the prerequisites for you. Run this tool before running the Setup.exe tool.

  1. PrerequisiteInstaller.exe ツールを実行します。Run the PrerequisiteInstaller.exe tool.

  2. インストール ファイルに含まれている Setup.exe ツールを実行します。Run the Setup.exe tool included with your installation files.

  3. マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意します。Accept the Microsoft Software License Terms.

  4. [ インストールの種類を選択してください] ページで [ スタンドアロン] を選択します。On the Choose the installation you want page, choose Stand-alone.

    図 2. インストールの種類の選択Figure 2. Installation type choice

SharePoint インストール サーバーの種類

  1. インストール中にエラーが発生した場合は、ログ ファイルを確認します。ログ ファイルを見つけるには、コマンド プロンプト ウィンドウを開いて次のコマンドを入力します。インストールの完了時にはログ ファイルへのリンクも表示されます。If any errors occur in the installation, review the log file. To find the log file, open a Command Prompt window, and then type the following commands at the command prompt. A link to the log file also appears when the installation is complete.

cd %temp
dir /od *.log
  1. インストールが完了すると、SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードを開始するように求めるメッセージが表示されます。After the installation is complete, you are prompted to start the SharePoint Products and Technologies Configuration Wizard.

    注意

    SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードは、ドメインに参加しているのに、ドメイン コントローラーに接続されていないコンピューターでは失敗することがあります。このエラーが発生した場合は、直接または仮想プライベート ネットワーク (VPN) 接続を介してドメイン コントローラーに接続するか、そのコンピューターの管理者特権が付与されているローカル アカウントでサインインします。The SharePoint Products and Technologies Configuration Wizard can fail if you are using a computer that is joined to a domain but that is not connected to a domain controller. If this failure occurs, connect to a domain controller either directly or through a Virtual Private Network (VPN) connection, or sign in with a local account that has administrative privileges on the computer.

  2. 構成ウィザードが完了すると、新しい SharePoint サイトの [テンプレートの選択] ページが表示されます。After the configuration wizard is complete, you see the Template Selection page of the new SharePoint site.

    図 3. サイト テンプレートの選択ページFigure 3. Choose site template page

SharePoint サイト テンプレート

Visual Studio のインストールInstall Visual Studio

Visual Studio をインストールすると、ローカルの開発マシン上で SharePoint を開発するためのテンプレートとツールがすべて手に入ります。When you install Visual Studio, you get all of the templates, tools, and assemblies to develop SharePoint on your local development machine.

Visual Studio のインストール手順については、「 Visual Studio のインストール」を参照してください。See Installing Visual Studio for instructions about installing Visual Studio.

Visual Studio での詳細ログVerbose logging in Visual Studio

詳細ログを有効にする場合、次の手順を実行してください。Follow these steps if you want to turn on verbose logging:

  1. レジストリを開き、 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\VisualStudio\ nn.n\SharePointTools に移動します。 nn.n は Visual Studio のバージョン (12.0、14.0 など) です。Open the registry, and navigate to HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\VisualStudio\ nn.n\SharePointTools, where nn.n is the version of Visual Studio, such as 12.0 or 14.0.

  2. EnableDiagnostics という DWORD キーを追加します。Add a DWORD key named EnableDiagnostics.

  3. このキーの値に 1 を指定します。Give the key the value 1.

レジストリ パスは Visual Studio の将来のバージョンで変更されます。The registry path will change in future versions of Visual Studio.

次の手順Next steps

ワークフローを作成する予定の場合、続けて「 SharePoint ワークフロー マネージャーをセットアップおよび構成する」を実行します。If you will be creating workflows, continue with Set up and configure SharePoint Workflow Manager.

関連項目See also