SharePoint 用語集

SharePoint 開発者向けドキュメントで使用される用語の定義を示します。

用語集

用語 定義
アクセス制御エントリ
セキュリティ設定が可能なオブジェクトの随意アクセス制御リスト (DACL) またはオブジェクトのシステム アクセス制御リスト (SACL) 内のエントリ。DACL の場合、このエントリによって、ユーザーまたはグループに対してアクセス許可が付与または拒否されます。SACL の場合、このエントリによって、特定のユーザーまたはグループに対して監査するセキュリティ イベントが指定されるか、またはオブジェクトの Windows 整合性レベルが制御されます。
アクセス制御リスト
Windows ベースのシステムで、オブジェクト全体、オブジェクトのプロパティのセット、またはオブジェクトの個別のプロパティに適用され、1 つ以上のセキュリティ プリンシパルに対して付与されるアクセス権を定義するアクセス制御エントリ (ACE) のリスト。
アクセス URL
クローラーがアイテムの識別およびアクセスに使用する内部 URL。
ACE
セキュリティ設定が可能なオブジェクトの随意アクセス制御リスト (DACL) またはオブジェクトのシステム アクセス制御リスト (SACL) 内のエントリ。DACL の場合、このエントリによって、ユーザーまたはグループに対してアクセス許可が付与または拒否されます。SACL の場合、このエントリによって、特定のユーザーまたはグループに対して監査するセキュリティ イベントが指定されるか、またはオブジェクトの Windows 整合性レベルが制御されます。
ACL
Windows ベースのシステムで、オブジェクト全体、オブジェクトのプロパティのセット、またはオブジェクトの個別のプロパティに適用され、1 つ以上のセキュリティ プリンシパルに対して付与されるアクセス権を定義するアクセス制御エントリ (ACE) のリスト。
アクティビティ フィード
フォローしている連絡先、ドキュメント、タグに基づいて、情報、通知、および更新情報を提供するフィード。
アクティビティ フロー
一連のアクション インスタンスやアクティビティ モデル インスタンスから成る、実行中のワークフローのインスタンス。アクション インスタンスおよびアクティビティ モデル インスタンスは、任意の順に並べて、1 つのアクティビティ フローを作成することがことができます。
アクティビティ モデル
定義済みの一連のアクション。
After イベント
そのイベントを発生させたアクションが完了した後だけ、イベント ハンドラーが実行される非同期イベント。
警告サブスクリプション
ユーザー定義の条件が満たされた場合に、インターネット メッセージを自動的に受信するようにという要求。 ドキュメント、Web ページ、リスト アイテム、サイト、サーバー上のその他のリソースなどのアイテムが変更されたときに、このようなメッセージが自動的に生成されます。
代替アカウント
別のドメインに存在するものの、プライマリ アカウントと同じフォレスト内に存在する追加のユーザー アカウント。
アプリ カタログ
管理者が Office 用アプリや SharePoint 用アプリをエンド ユーザーに配布するときに使用できる SharePoint ドキュメント ライブラリ。
アプリ カスタム アクション
SharePoint アドイン (以前の SharePoint 用アプリ) によってホスト サイトに追加され、そのアドインに含まれる、より多くの機能へリンクするカスタム アクションの種類。
SharePoint 用アプリ
シナリオにフォーカスした豊富なコンテンツとサービスを SharePoint 環境に統合するクラウド対応アプリ。 「SharePoint アドイン」と呼ばれるようになりました。
アプリ パーツ
サイト ページに埋め込んで、アドインの機能を公開できる、SharePoint アドイン (以前の SharePoint 用アプリ) のコンポーネント。
アプリ Web
ホスト Web にアドインをインストールする際に、アドインの SharePoint コンポーネントを展開するサブ Web サイト。
アプリケーション ディレクトリ
フルテキスト インデックス カタログの作成、またはフルテキスト インデックス カタログでのクエリの実行のために、すべてのファイルを格納するインデックス サーバーまたはクエリ サーバー上のディレクトリ。
アプリケーション セッション
アプリケーションが実行されている期間。アプリケーションが起動すると、セッションが開始されます。アプリケーションが終了すると、セッションも終了します。
AppSource
Office ストアと呼ばれていました。 Microsoft パートナーが開発した Microsoft Office ユーザー向けの製品およびサービスのコレクションを提供するインターネット サイト。
対象ユーザー識別子
対象ユーザーを一意に識別するのに使用される GUID または文字列。
対象ユーザー ルール
あるユーザー プロファイルが対象ユーザーのメンバーになれるかどうかを決定する論理条件のセット。
優先するページ
サイト コレクション管理者が他の Web ページよりも関連性が高いものとして指定した Web ページ。 通常、これは組織のイントラネットのホーム ページの URL になります。 ページに割り当てられる権限レベルが高くなるほど、より頻繁にそのページが検索結果に表示されます。 「優先するページ」とも呼ばれます。
権限レベル
特定の Web ページの関連性が他の Web ページよりも高いことを指定する浮動小数点数。 使用できる値は 0、1、2 です。 ゼロ (0) は、最も重要で優先されるページであることを示します。
権限ページ
サイト コレクション管理者が他の Web ページよりも関連性が高いものとして指定した Web ページ。 通常、これは組織のイントラネットのホーム ページの URL になります。 ページに割り当てられる権限レベルが高くなるほど、より頻繁にそのページが検索結果に表示されます。 「優先するページ」とも呼ばれます。
autohost
適切なホストでアドインのコンポーネントを展開し、自動的にアドインの分離を行うこと。
利用可能なサイト テンプレート
サイト定義構成またはサイト テンプレートとして格納され、サイトの作成時に使用できる定義済みまたはユーザー定義の設定の XML ベースのコレクション。
バックワード署名
画像または .ink ファイルで、署名の文字の方向 (右から左、または、左から右) を示す手書き署名の状態。
基本ビュー識別子
リストのビュー定義を一意に識別する整数。
基本ページ
Web パーツ領域を 1 つだけ含むと共に、既定でコンテンツ エディター Web パーツを含む Web パーツ ページ。
BCS
ユーザーが Office スイートおよび SharePoint 内からバックエンド (LOB) データを操作できるようにする機能。
BCS ソリューション展開
ClickOnce テクノロジに基づいた、BCS サーバーからクライアントへのソリューション展開。
Before イベント
そのイベントを発生させたアクションが開始される前に、イベント ハンドラーが実行される同期イベント。
空のサイト
"空の" サイト テンプレートを使用して作成されたサイト。
Business Connectivity
ユーザーが Office スイートおよび SharePoint 内からバックエンド (LOB) データを操作できるようにする機能。
Business Connectivity Services
ユーザーが Office スイートおよび SharePoint 内からバックエンド (LOB) データを操作できるようにする機能。
CAML
SharePoint 製品およびテクノロジに基づくサイトで、クエリ、ビューなど、さまざまな要素を記述するのに使用される XML ベースの言語。
サーバーの全体管理サイト
SharePoint 製品およびテクノロジを実行しているファームのすべてのサイトとサーバーを管理者が管理できる特別な SharePoint サイト。
Chrome コントロール
SharePoint 用アプリで使用できる、トップ クロムを表示する HTML および JavaScript ベースのコントロール。
Collaborative Application Markup Language
SharePoint 製品およびテクノロジに基づくサイトで、クエリ、ビューなど、さまざまな要素を記述するのに使用される XML ベースの言語。
コンテンツ移行パッケージ
サイト コレクション、サイト、およびリスト間のコンテンツの移行に使用する XML 形式のファイルのパッケージ。
コンテンツ プレースホルダー
バインドされている発行ページ フィールドの値で動的に設定されるページ レイアウトの領域。
コンテンツ タイプ グループ
同様の目的のコンテンツ タイプをまとめるのに使用するコンテンツ タイプの名前付きカテゴリ。
コンテンツ タイプ識別子
コンテンツ タイプに割り当てられる一意の識別子。
コンテンツ タイプの順序
コンテンツ タイプが表示される順序。
コンテンツ タイプ リソース フォルダー
コンテンツ タイプに関連付けられているリソース ファイルを格納するフォルダー。
コンテンツ タイプ スキーマ
あるコンテンツ タイプのコンテンツを説明する XML 定義。
コンテンツ タイプ固有ビュー
フォルダーに関連付けられた特定のコンテンツ タイプに関連付けられたビュー。
コンテキスト サイト
現在の要求のコンテキストに対応するサイト。
コンテキスト タイプ
イベント レシーバーの分類として使用される GUID。
コンテキスト検索範囲
必要に応じてクエリに追加し、特定のサイトまたはリストのアイテムにクエリ結果を制限するシステム定義の制限。
クロール ログ
表示 URL のクロール結果に関する情報を提供するプロパティのセット。この情報には、クロールが成功したかどうかの情報、表示 URL が属するコンテンツ ソース、および発生したエラーのレベル、メッセージ、時間、識別子が含まれます。
クロール キュー
次にクロールするアイテムのリストを格納するデータ構造。
クロールされたプロパティ
クロール中に発見され、1 つ以上のアイテムに適用できるメタデータの種類。これは管理プロパティにマッピングできます。
クロスドメイン ライブラリ
クロスドメインのクライアントレベル通信を可能にする、SharePoint 用アプリで利用できる JavaScript ライブラリ。
カスタム アクション
サイト ページに追加される、ドロップダウン メニュー項目またはリボン コンポーネント。
データ ビュー Web パーツ
リストにアイテムを表示するのに使用される Web パーツ。
宣言型ワークフローの関連付け
XAML (Extensible Application Markup Language) を使用した、特定のリストまたはコンテンツ タイプへの宣言型ワークフローのコードフリー バインド。
既定のリスト ビュー
ユーザーがビューを指定せずにリストを閲覧する際に表示される、リストの所有者によって定義されたリストのビュー。
既定のモバイル リスト ビュー
ユーザーがビューを指定せずにモバイル デバイスからリストを閲覧する際に表示される、リストの所有者によって定義されたリストのビュー。
既定の検索範囲
検索範囲表示グループに自動的に割り当てられる検索範囲。
既定のユーザー ストア
ユーザー ストアが FAST Search Authorization でまだ指定されていないとき、グループ メンバーシップを展開する出発点として提供されるユーザー ストア。
展開システム オブジェクト
サイトまたはサイト コレクションの一部として作成されるオブジェクト。展開システム オブジェクトの例としては、サイトまたはサイト コレクションの作成中に作成されるルート フォルダー、カタログ、既定のページ、およびギャラリーがあります。展開システム オブジェクトは、テンプレートの一部ではありません。
子孫コンテンツ タイプ
別のコンテンツ タイプから継承される任意のコンテンツ タイプ。
動的ランク
クエリ テキストがどの程度インデックス付きアイテムと一致するかに依存するランクのコンポーネント。
除外アイテム
ホスト サイトの管理者またはクローラーの検索管理者によってクロールから除外されるアイテム。
抽出された定義
クロール中にインデックス サーバーによって取得される定義。これによって、アイテム内の任意の文が、用語を定義するパターンと一致するかどうかを確認します。
抽出された用語
抽出された定義を適用する用語。
ファーム管理者グループ
サーバー ファーム内のすべてのサーバーを管理する権限を持つユーザーのグループ。 ファーム管理者グループのメンバーは、そのサーバーまたはサーバー ファーム用のコマンドラインの操作およびサーバーの全体管理のすべての管理タスクを実行できます。
ファーム ソリューション
ファームの管理者によってファームに展開されるカスタム ソリューション。ファーム ソリューションには、ファーム内のシステム リソースおよび他のサイトへの完全なアクセス権があります。
機能定義
機能およびその属性を定義する XML 断片。
機能識別子
機能を識別する GUID。
機能のプロパティ
特定の範囲でアクティブな機能と関連付けられているプロパティ。
機能の範囲
機能をアクティブ化できる範囲。
フェデレーション対象
指定の検索クエリに対して検索結果のセットを返すソース。ソースは、ローカル サーバー ファームまたは別のサーバー ファーム内の検索サービスの場合もあれば、OpenSearch プロトコルに準拠する別の検索エンジンの場合もあります。
フェデレーション対象定義
所定のフェデレーション対象へのクエリの発行方法、および検索結果の表示方法を記述する構成設定。
フィールドの内部名
コンテンツ タイプまたは SharePoint リストのフィールドを一意に識別する文字列。
第 1 ステージのごみ箱
削除されたアイテム用のコンテナー。このコンテナー内のアイテムは、適切なアクセス許可を持つユーザー、および、サイト コレクション管理者に表示されます。
FSA マネージャー
FAST Search Authorization の管理機能を提供する Windows サービス。
FSA ワーカー
FAST Search Authorization でユーザー検索セキュリティ フィルターを生成する Windows サービス。
フルテキスト インデックス コンポーネント
アイテムのセットから抽出されたすべてのインデックス キーを含むファイルのセット。
ジェネリック リスト
ベース タイプがジェネリック リストであるリスト。
申請書識別子
申請書ワークフロー用に定義されたポリシーに従うドキュメントを一意に識別する文字列。この文字列はプロトコル サーバーによって生成され、自動的にドキュメントに割り当てられます。
精度の高いプロパティ
関連が深いアイテムの良い指標として管理者が特定するメタデータ インデックスの管理プロパティ。精度の高い検索結果を生成するのに使用されます。
精度の高い検索結果
精度の高いプロパティ値とクエリ テキストのトークンとが正確に一致するため、非常に関連が深いと考えられる検索結果。
高信頼アプリ
サーバー間 (S2S) プロトコルを使用するアプリで、そのアプリがアクセス トークンのユーザー部分を作成する役割を果たすため、任意のユーザー ID のアサートを信頼できるアプリ。
ホスト Web
アドインがインストールされている SharePoint サイト。
アイテム識別子
SharePoint リストのアイテムを一意に識別する整数。
キーワード コンシューマー
キーワード、同意語、およびおすすめコンテンツの特定のセットを使用するサイト コレクション。
キーワード同意語
特定のキーワードの代替フレーズ。ユーザーがキーワード同意語を入力すると、検索によってキーワードと同じおすすめコンテンツの結果が返されます。
言語の自動検出
ドキュメント内のテキストの言語コード識別子 (LCID) を自動的に判定するプロセス。
リスト フォルダー
SharePoint リスト内に含まれるフォルダー。リスト フォルダーには、ドキュメントまたはリスト アイテムを含めることができ、カスタマイズ可能なスキーマなど、リスト内の他のアイテムの特性を保持します。
リスト フォーム
ユーザーがリスト内にアイテムを作成、表示、編集できるページ。
リスト フォーム Web パーツ
リスト内のアイテムの表示、編集、または参照に使用される Web パーツ。
リスト識別子
サイト コレクション内のリストの識別に使用される GUID。
リスト アイテムの添付ファイル
リスト アイテム内に含まれ、"添付ファイル" というセグメントでリスト内のフォルダーに格納されるファイル。
リスト アイテム識別子
SharePoint リストのアイテムを一意に識別する整数。
リスト サーバー テンプレート
リストに使用するテンプレートを識別する値。
リスト テンプレート
フィールドとビュー、および必要に応じてリスト アイテムを含む XML ベースのリスト設定の定義。リスト テンプレートは、コンテンツ データベースの .stp ファイルに格納されます。
リスト テンプレート識別子
リスト テンプレートの識別に使用される GUID。
リスト ビュー ページ
リストのビューを表示する Web パーツ ページ。
リスト ビュー Web パーツ
SharePoint リストのアイテムの HTML ベースのビューを生成する再利用可能なコンポーネント。
ログ レベル
1 つのトランザクションに対してログ ファイルに格納される情報量。ログ レベルは、最も詳細なものから、最も情報量が少ないものまで、数値または語句によって表現できます。
管理キーワード
管理キーワード列の値として、またはソーシャル タグとして SharePoint アイテムに追加される単語あるいはフレーズ。
メンバー グループ
ユーザー プロファイル サービスに特有のユーザーのグループ。
メンバー グループ ソース
メンバー グループのソースを識別する完全修飾ドメイン名 (domain.corp.microsoft.com など)。
メンバー グループ
SharePoint サイト上のユーザーの既定のグループ。既定では、メンバー グループには "投稿" のアクセス許可レベルが割り当てられます。
メンバーシップ グループ レコード識別子
メンバー グループ レコードの一意の識別子。
メタデータ インデックス
各アイテムに関連付けられたプロパティ、およびそれらのプロパティの属性を格納するバックエンド データベース サーバー上のデータ構造。
メタデータ スキーマ
アイテムに関する情報の管理に使用されるスキーマ。
Microsoft Business Connectivity Services
ユーザーが Office スイートおよび SharePoint 内からバックエンド (LOB) データを操作できるようにする機能。
モデレート オブジェクト
モデレーターが校閲し、オブジェクトへの追加または変更を承認あるいは却下する対象のオブジェクト。新しいオブジェクト、および既存のオブジェクトへの変更は、モデレーターによって承認されるまで他のユーザーからは参照できません。
モデレート状態
リスト内のアイテムのコンテンツ承認の状態。
複数の値を持つプロパティ
同じバリアント型の複数の値を含めることができるプロパティ。
ナビゲーション構成
関連するコンテンツ (たとえば、サイト内のリスト) 間のリンクの階層構成。
新しいフォーム
リスト アイテムを作成できるフォーム。
Office SharePoint Server Search Service
フロントエンド Web サーバーからのクエリ要求に応答するか、またはアイテムをクロールする、ファーム レベルのサービス。
Office ストア
「AppSource」と呼ばれるようになりました。 Microsoft パートナーが開発した Microsoft Office ユーザー向けの製品およびサービスのコレクションを提供するインターネット サイト。
アイテムを開く権限
ユーザーにファイル全体を取得することを許可する権限。
Web を開く権限
SharePoint サイトのインポートまたはエクスポート中に必要な権限。
オペレーター アカウント
展開パッケージのインポート プロセスを管理しているユーザーのアカウント。
組織識別子
組織を一意に識別する整数。
切り離されたオブジェクト
対応するオブジェクトへの必須の関連付けが不足しているコンテンツ データベースのオブジェクト。
ページ表示
1 つ以上のページをサポートする表示。ページ表示は、パフォーマンスおよび管理の容易さの向上のため、大きなデータのセットを小さなセットに分割するのに使用されます。
親ファーム
別のファームからコンテンツをクロールし、そのファームからのクエリ要求にも応答するファーム。
親リスト
リスト アイテムまたはリスト フォルダーを含むリスト。
PerformancePoint データ接続ライブラリ
PerformancePoint データ ソースを含む SharePoint ドキュメント ライブラリ。
個人用サイト
個人の生産性向上のために個々のユーザーが使用する SharePoint サイトの種類。このサイトは "個人用サイト" としてユーザーに表示されます。
ポータル コンテンツ
メインの検索カタログ。クロールに関連するコンテンツ ソースおよび設定を含みます。
主要エイリアス
ユーザーまたはグループがどのユーザー ストアに認証されるかに関係なく、そのユーザーまたはグループに表示の権利があるすべてのドキュメントを返すために、あるユーザー ストアのユーザーまたはグループを、別のユーザー ストアのユーザーまたはグループにマッピングするプロセス。
プライバシー レベル
他のユーザーの個人情報 (ユーザー プロファイル プロパティ、仕事仲間、メンバーシップなど) を表示できるユーザーのカテゴリを指定する設定。
準備済み
作成および展開が成功したオブジェクトの状態。
パブリック フィルター
すべてのユーザーにアクセス権があるドキュメントを検索する FSA の検索セキュリティ フィルター。
サーバーに公開
ドキュメントまたはドキュメントの一部を Web サーバーに容易に保存できるようにするプロセス。
発行済みバージョン
承認され、すべてのユーザーが参照できるリスト アイテムのバージョン。発行済みバージョンのユーザー インターフェイス (UI) のバージョン番号は、次のメジャー バージョン番号になるよう増加し、マイナー バージョンは 0 になります。
発行レベル
そのバージョンのドキュメントの発行状態を示すために、ドキュメントに割り当てられる整数。
発行ページ
読者に表示する HTML ページを生成するためにページ レイアウトにバインドされたドキュメント。発行ページには、HTML ページで表示されるコンテンツを含む特有のフィールドがあります。
クエリ非依存ランク
アイテムをランク付けするシステムで、異なるクエリでも変わらない機能を使用するシステム。
クエリ テーブル
外部データ ソースからのデータを表示する 2 次元のテーブル。
ランク付けパラメーター
アイテムのランクを決定するアルゴリズムの操作に使用する値。
ロール識別子
サイト内のロールの定義を一意に識別する整数。
ロールの種類
定義済みロール定義。
ルート ドキュメント
サイトのルート フォルダーにあるドキュメント。
スケジュール済み
リスト アイテムまたはドキュメントに適用される状態で、そのアイテムまたはドキュメントが発行または未発行となる時期が特定されている状態。
スキーマのバージョン
展開パッケージのスキーマのバージョン番号を表す整数値。
検索アプリケーション
共有サービス プロバイダーに 1 対 1 で関連付けられている検索設定の一意のグループ。
検索カタログ
特定の検索アプリケーションに関連付けられたすべてのクロール データ。 検索カタログは、クエリの結果を生成するために使用される情報を提供します。
検索データベース
検索関連の情報を格納するデータベース。これには、クローラー データ、ドキュメント メタデータ、および管理情報に使用するストアド プロシージャおよびテーブルがあります。
検索クエリ ログ
ユーザーの検索に関する情報のレコード (検索用語、アクセス時間など)。
検索範囲コンシューマー
特定の検索範囲表示グループを使用するサイト コレクション。
検索範囲表示グループ
管理者によって、またはプログラム的に定義された検索範囲の順序付けされたセット。検索範囲のグループを返す際に使用されます。検索範囲表示グループは、検索範囲コンシューマーごとに保存されます。検索範囲は複数の検索範囲表示グループに入れることができます。
検索範囲インデックス
最適化されたクエリのスコープ プロパティの値で構築されたフルテキスト インデックス カタログの専用コンポーネント。
検索範囲ルール
指定した検索範囲にどのアイテムが含まれるかを指定する属性。
検索サービス アカウント
検索サービスの実行に使用するユーザー アカウント。
検索共有アプリケーション オブジェクト
検索に特有の設定を保持する検索用の共有アプリケーションのインスタンス。
第 2 ステージのごみ箱
第 1 ステージのごみ箱から削除されたアイテム用のコンテナー。第 2 ステージのごみ箱内のアイテムは、サイト コレクション管理者にのみ表示されます。
サーバー間プロトコル
2 つのサーバーまたはサービス間の認証プロトコル。
共有ドキュメント ライブラリ
既定で "チーム サイト" サイト テンプレートに含まれるドキュメント ライブラリ。
共有ビュー
適切なアクセス許可を持つすべてのユーザーが参照できるリストまたは Web パーツ ページのビュー。
SharePoint アドイン
以前の "SharePoint 用アプリ"。 シナリオにフォーカスした豊富なコンテンツとサービスを SharePoint 環境に統合するクラウド対応アドイン。
SharePoint 検索 SQL 構文
エンタープライズ検索の SQL クエリの構造を定めるルール。
シングル サインオン チケット
シングル サインオン (SSO) ユーザーの暗号化された ID をセキュリティ識別子文字列および nonce の形式で含むトークン。
サイト コレクション管理者
サイト コレクションの管理権限を持つユーザー。
サイト コレクション フラグ
サイト コレクションに対してグローバルなプロパティを指定する 4 バイトの符号なし整数のビット マスク。このビット マスクに対して 1 つ以上の値を設定できます。
サイト コレクション識別子
サイト コレクションを識別する GUID。 ストアド プロシージャでは、識別子は通常 @SiteId または @webSiteId です。 データベースでは、識別子は通常の iteId/tp_SiteId です。
サイト コレクション クォータ
サイト コレクション用のオプション。これを使用すると、管理者は、利用できる最大記憶域、使用できる最大ユーザー数、および最大レベルと関連付けられた警告の各レベルを設定できます。
サイト内の列
サイトまたはサイト コレクション内のコンテンツ タイプあるいはリストに関連付けることができるフィールド。
サイト コンテンツ タイプ
個々のサイト内のリスト用のメタデータを格納する設定およびフィールドの一意に識別可能な名前付きコレクション。
サイト定義
サイト定義構成のファミリ。各サイト定義に名前を付け、サイト定義構成のリストを含めます。
サイト定義構成
SharePoint サイトの種類をまとめて定義する、リスト、機能、モジュール、その他のデータの XML ベースの定義。サイト定義構成は、ONET.xml ファイルに格納されます。
サイト定義バージョン
サイト定義のバージョン番号を示す 0 から始まる整数。サイト定義を更新するたびに、バージョン番号を進めることをお勧めします。
サイト フラグ
サイトに対して一意のプロパティを指定する 4 バイトの符号なし整数のビット マスク。
サイト識別子
SharePoint サイト コレクション内のサイトの識別に使用される GUID。
サイト メンバーシップ
サイトのメンバーであり、そのサイトのコンテンツにアクセスしたり、管理したりするユーザー権利の定義済みのセットを保持している状態。
サイト プロパティ
タイトルまたは既定の言語など、サイトのメタデータとして機能する名前と値の組の文字列。
サイト ソリューション
サイトに適用する機能、サイト定義、およびアセンブリのセットを含み、個々に有効化または無効化できる、展開可能で再利用可能なパッケージ。
サイト テンプレート
書式設定、リスト、ビュー、および要素 (テキスト、グラフィックス、ページ レイアウト、スタイルなど)を含む XML ベースのサイト設定の定義。サイト テンプレートは、コンテンツ データベースの .stp ファイルに格納されます。
開始アドレス
クロールを開始するポイントを特定する URL。管理者は、コンテンツ ソースを作成または編集するときに、開始アドレスを指定します。
静的ランク
検索クエリに依存しないランクのコンポーネント。これは、認識されている、アイテムの重要性を表します。アイテムの由来、およびアイテムと他のアイテムとの関係、または検索アプリケーションで定義されるビジネス ルールに関連がある場合があります。
信頼された認証
ユーザー アカウントまたはプロセス アカウントを現在のユーザーの代わりに、操作の実行に使用できるメカニズム。
信頼されたサブシステム
2 つのサーバー コンポーネント間で双方向の信頼が確立されている通信方法。各サーバー コンポーネントは、ファイルおよび設定の取得など、特権的なアクションの実行を許可されているアカウントを使用して、他方のコンポーネントと通信します。
UI カルチャ
ユーザー インターフェイスで文字列および他のグラフィック要素の表示に使用される言語。
ユーザーの表示名
ユーザーの優先する名前を含めることができるユーザー プロファイル プロパティ。
ユーザー プロファイル変更エントリ ログ
ユーザー プロファイルで発生するすべての変更を記録するリポジトリ。
ユーザー プロファイル変更イベント
任意のユーザー プロファイルのプロパティが変更されるときに発生するイベント。
ユーザー プロファイルのインポート
ディレクトリ サービスからユーザー プロファイル ストアにレコードをインポートするプロセス。
ユーザー プロファイル レコード識別子
ユーザー プロファイル レコードを一意に識別する整数。
ユーザー プロファイル ストア
各ユーザー プロファイルの情報を格納するデータ ベース。
ユーザー検索セキュリティ フィルター
特定の FAST 検索ユーザーのグループやユーザーのアクセス許可を指定するユーザー検索セキュリティ フィルター。 FAST Search Authorization (FSA) は、ユーザーの検索セキュリティ フィルターでユーザーのクエリを交差し、ユーザーがそのドキュメントを表示するアクセス許可を持っているかどうかを判別するために各ドキュメントのアクセス制御リストをチェックすることによって、不適切な検索結果をフィルター処理します。 ユーザー検索セキュリティ フィルターは、ドキュメント レベルのセキュリティ (「セキュリティ トリミング」) を実施する FSA の主な手段です。これにより、検索結果にユーザーが読み取りアクセス許可を持っているドキュメントのみを表示することができます。
User Store
FAST Search Authorization によってアクセスされるサード パーティのセキュリティ システムまたはコンテンツ システムのユーザー、グループ、およびコンテンツのアクセス許可の論理グループ。
表示範囲
サイト コレクション管理者およびユーザーに表示される検索範囲。
ビジター グループ
SharePoint サイト上のユーザーの既定のグループ。既定では、ビジター グループに読み取りアクセス許可レベルが割り当てられています。
Web アプリケーション識別子
Web アプリケーションを識別する GUID。
Web コントロール
ユーザー インターフェイスと関連する機能をカプセル化するサーバー側のコンポーネント。
Web ディスカッション コメント
Web ディスカッション内に追加される個々のコメント。
Web 識別子
SharePoint サイト コレクションのサイトを識別するために使用される GUID。
Web パーツ キャッシュ
Web パーツの内部情報のキャッシュおよび検索に使用するキーと値のペアのハッシュ テーブル。
Web パーツの枠の状態
Web パーツおよびそれを囲む Web パーツの枠の状態。 使用可能な値は、0 (通常の状態) または 1 (最小化された状態) です。
Web パーツ接続
2 つの Web パーツ間のプロバイダー コンシューマー データ リレーションシップを定義する Web パーツ ページ内の要素。 Web パーツ ページがレンダリングされるときに、1 つの Web パーツによって提供されるデータは、他の Web パーツによってレンダリングされる方法と内容に影響する可能性があります。
Web パーツ識別子
Web パーツを識別する GUID。
Web パーツ プロパティ
Web パーツの動作を決定する Web パーツの構成可能な特性。
Web パーツの種類識別子
各 Web パーツの種類に割り当てられる一意の 16 バイトの値。
Web パーツ領域識別子
Web パーツ ページ上の Web パーツ領域を識別する文字列。
Web パーツ領域インデックス
Web パーツ領域の Web パーツの相対位置を指定する整数。 Web パーツは、一番小さい領域インデックスから最も大きい領域インデックスに配置されていきます。 2 つ以上の Web パーツに同じ領域のインデックスがある場合は、任意の順序で互いに隣接して配置されます。
Web プロキシ
開発者が SharePoint 用アプリで使用できるリモート サービスに、SharePoint から要求を発行するために、クライアント オブジェクト モデルで公開されるメソッド。
Web サービス メソッド
Web サービス上で呼び出すことができる操作として、Web サービス クライアントに公開されるプロシージャ。
作業項目プロセス
作業項目を実行するプロセス。
作業項目の種類識別子
作業項目の種類の識別に使用される GUID。
ワークフローの関連付け
ワークフロー テンプレートを特定のリストまたはコンテンツ タイプに関連付けること。
ワークフロー構成ファイル
ワークフローの一部である、実装に特有のファイル。ワークフロー構成ファイルには、指定したワークフロー マークアップ ファイルおよびワークフロー ルール ファイルからワークフロー テンプレートを作成し、それを特定のリストに関連付けるのに必要な情報が含まれます。
ワークフロー履歴アイテム
ワークフローに関連付けられているドキュメントまたはアイテムの現在の状態および過去の操作に関する情報を格納するリスト アイテム。
ワークフロー履歴リスト
ビジネス プロセスのアクションまたはタスクの履歴を格納するリスト。
ワークフロー識別子
ワークフローの識別に使用される GUID。
ワークフロー マークアップ ファイル
ワークフローの機能的な動作を指定するマークアップを含むファイル。
ワークフロー タスク
組み込みまたはユーザー定義のビジネス プロセスに関連する、一連のアクションまたはタスク。
ワークフロー タスク リスト
ビジネス プロセスのアクションまたはタスクのシーケンスを格納するリスト。
0 から始まるインデックス
最初のアイテムのインデックスが 0 であるインデックス。