ステップ 3: UDF を展開して有効にするStep 3: Deploying and Enabling UDFs

この手順では、以下の操作を実行します。In this step, you will:

  1. SampleUdf.dll (「 ステップ 2: マネージ コード UDF を作成する」で作成したもの) を、Microsoft SharePoint Server 2010 がインストールされているコンピューターのフォルダーに展開します。Deploy SampleUdf.dll, which you created in Step 2: Creating a Managed-Code UDF, to a folder on a computer that has Microsoft SharePoint Server 2010 installed.

  2. ユーザー定義関数 (UDF) を特定の信頼できる場所 (たとえば、信頼できる共有ドキュメントの保存場所) から呼び出せるようにします。Allow user-defined functions (UDFs) to be called from a specific trusted location, for example, trusted Shared Documents location.

  3. SampleUdf.dll を有効にします。Enable SampleUdf.dll.

UDF を展開するDeploying UDFs

UDF を展開するにはTo deploy UDFs

  1. UDF を展開する予定のコンピューターのローカル ドライブに "UDFs" という名前のフォルダーを作成します。たとえば、"C:\UDFs" です。Create a folder named "UDFs" on the local drive of the computer to which you want to deploy UDFs. For example, "C:\UDFs".

  2. SampleUdf.dll アセンブリをコピーします。Copy the SampleUdf.dll assembly.

  3. SampleUdf.dll を "C:\UDFs" に保存します。Save SampleUdf.dll in "C:\UDFs".

場所を信頼するTrusting a Location

場所を信頼するにはTo trust a location

  1. [ スタート] メニューで [ すべてのプログラム] をクリックします。On the Start menu, click All Programs.

  2. [ Microsoft SharePoint 2010 製品] をポイントし、[ SharePoint サーバーの全体管理] をクリックします。Point to Microsoft SharePoint 2010 Products and click SharePoint Central Administration.

  3. [ アプリケーション構成の管理] の下で、[ サービス アプリケーションの管理] をクリックします。Under Application Management click Manage service applications.

  4. [サービス アプリケーションの管理] ページで、[ Excel Services Application] をクリックします。On the Manage Service Applications page, click Excel Services Application.

  5. [ Excel Services Application] ページで、[ 信頼できるファイル保存場所] をクリックします。On the Excel Services Application page, click Trusted File Locations.

  6. [信頼できるファイル保存場所] ページで、[ 信頼できるファイル保存場所の追加] をクリックします。On the Trusted File Locations page, click Add Trusted File Location.

  7. [信頼できるファイル保存場所の追加] ページの [アドレス] ボックスに、ブックを保存する場所を入力します。例: http://MyServer002/Shared%20DocumentsOn the Add Trusted File Location page, in the Address box, type the location where you will save your workbook—for example, http://MyServer002/Shared%20Documents.

  8. [ 場所の種類] の下で、該当する場所の種類をクリックします。この例では、[Microsoft SharePoint Foundation] を選択してください。Under Location type, click the appropriate location type. In this example, select Microsoft SharePoint Foundation.

  9. 子のライブラリまたはディレクトリを信頼するには、[ 子の信頼] の下で [ 子の信頼] を選択します。Under Trust Children, select Children trusted to trust child libraries or directories.

  10. [ ユーザー定義関数を使用可能にする] の下で [ ユーザー定義関数が使用可能] を選択することにより、この信頼できる場所に保存されたブックから UDF を呼び出せるようにします。Under Allow User-Defined Functions, select User-defined functions allowed to allow UDFs to be called from workbooks stored in this trusted location.

  11. [ OK] をクリックします。Click OK.

UDF を有効にするEnabling UDFs

以下の手順を実行するには、SharePoint Server 2010 がインストールされたコンピューターが必要です。To do the following steps, you need a computer that has SharePoint Server 2010 installed.

UDF を有効にするにはTo enable UDFs

  1. 前の手順 (「場所を信頼するには」) のステップ 1 から 3 を実行して、SSP の [共有サービス] ホーム ページを表示します。Follow steps 1 through 3 in the previous procedure ("To trust a location") to display the Shared Services home page for an SSP.

  2. [Excel Services の設定] で、[ユーザー定義関数アセンブリ] をクリックします。Under Excel Services Settings, click User-defined function assemblies.

  3. [Excel Services のユーザー定義関数] ページで [ユーザー定義関数の追加] をクリックして、[ExcelServices: ユーザー定義関数アセンブリの追加] ページを開きます。On the Excel Services User-Defined Functions page, click Add User-Defined Function to open the ExcelServices Add User-Defined Function Assembly page.

  4. [アセンブリ] ボックスに、SampleUdf.dll アセンブリへのパスを入力します。この例では C:\UDFs\SampleUdf.dll です。In the Assembly box, type the path to the SampleUdf.dll assembly. In this example, it would be C:\UDFs\SampleUdf.dll.

  5. [ アセンブリの場所] の下で、[ ファイル パス] をクリックします。Under Assembly Location, click File path.

  6. [ アセンブリを使用可能にする] の下で、[ アセンブリが使用可能] チェック ボックスが既定でオンになっているはずです。Under Enable Assembly, the Assembly enabled check box should be selected by default.

  7. [OK] をクリックします。Click OK.

堅牢なプログラミングRobust programming

UDF 呼び出しを含むブックでセッションが開始された時に AllowUdfs 値が false の場合、UDF 呼び出しは失敗します。If the AllowUdfs value is false when a session is started on a workbook that has UDF calls, the UDF calls will fail.

注意

AllowUdfs フラグは、[ユーザー定義関数が使用可能] オプション (「場所を信頼する」セクションのステップ 9 を参照) で示されています。The AllowUdfs flag is denoted by the User-defined functions allowed option (see step 9 in the "Trusting a Location" section).

セッションが開始した後に AllowUdfs 値を true に変更した場合にも、UDF 呼び出しは失敗します。これは、 AllowUdfs フラグの変更が次回のセッションで有効になるからです。Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) をリセットして、これを回避することができます。IIS をリセットすると、UDF が再読み込みされます。If you change the AllowUdfs value to true after a session has started, the UDF calls will also fail. This is because changes in the AllowUdfs flag take effect on the next session. You can get around this by resetting Microsoft Internet Information Services (IIS). Resetting IIS will reload UDFs.

IIS のリセットに関する詳細は、「 UDF を有効にする方法」を参照してください。For more information about resetting IIS, see How to: Enable UDFs.

関連項目See also